整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 

骨格調整の授業

読了までの目安時間:約 3分

骨格調整・てあて整体スクール

骨格調整の授業でした。
腰椎の調整は患者さんに側臥位(横向き)になってもらい、そのままの姿勢で調整を始めます。
脚の位置を決めたり、腕を引っ張ったり。
そして骨盤を動かしてもらって。。。
そうやって調整します。
でもその前に気をつけることがあります。
その前だけでなく、調整している間、ずっと気をつけることです。


倒れないようにする。


患者さんが側臥位からパタンと倒れないように気をつけます。
当たり前ですね。
でもこの当たり前がなかなか出来ない。
整体を習い始めた時には、自分がやる事で精一杯です。
脚の位置を決めたり、腕を引っ張ったり。
骨盤を動かしてもらうために指示したり。
触診でもそうでしたが、先ずは自分の事だけになってしまいます。
患者さんを見られなくなる。
そうならないように気をつけます。


側臥位から倒れてしまわない為に、何もしないでいると患者さんは体のどこかに力を入れます。
力を入れて倒れないようにしようとする。
そうすると、調整がしにくくなってしまいます。
力を抜いて下さいね、とただ言っても、倒れないように力は入ります。
整体師は患者さんのどこかに触れます。(気づかれないように。)
患者さんが倒れないように、整体師の太ももを背中に当てたり、手で大転子や膝に触れたりします。
そうする事で、患者さんは無意識に力が抜けたり抜きやすくなったりします。


触れ方にも気をつけます。
指先は患者さんのどこであっても、なるべく触れないようにします。
また、指が内股や膝の裏や脇の下などに行かないようにします。
こういった場所に触れられると、ナントナク嫌、気になる、という事になります。
そして患者さんに力が入る事もあります。
当然ですけど、患者さんに触れる時には「無意識に」という事はありません。
倒れないように背中に太ももを当てる時には、無意識にそこにある、ように意識的にあてます。


整体師が覚える事は手技だけではありません。
そういう事も教えています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

今週の授業

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール東京の今週月曜の授業は骨格調整でした。
来週まで骨格調整をしたら来月は指針整体をやります。





動画の最後のところで「ちょっと待って下さい。どっちですか?」と言っているのは荒木です。
生徒さんが骨格調整の練習を始めて、ちょうど間違えた瞬間です。

骨格調整の授業では先ず調整法の説明をします。
マッスルエナジー・テクニック(MET)はどんな部位でも基本的には同じこをとしますが、部位によって骨格も筋肉も違うので、肢位を変えることになります。
肢位を変えて手順を説明した後に、その意味を話をします。
最後にそのそれぞれの肢位での説明と意味の話をした後に、実際に生徒さんに受けてもらって実演をします。
その後に生徒さん同士で練習をしてもらいます。
手順を間違えれば、その時に止めて再度説明します。
間違ってしまうのは最初なんだから仕方のないことです。
そこでもう一度説明をします
そしても確認したら、繰り返し練習をする。
METはボキボキしない調整法なので、間違ってしまっても大きな問題にはなりません。
強い力を使わない利点の一つでもあります。
とは言え間違ってはいけませんけどね。

てあて整体スクールの骨盤調整は三方向から行います。
三方向に分けて調整することで、確実に歪みが取れて行きます。
しかもMETなので強い力を使わない。
安心して出来るのも良い点の一つです。

明日16日から19日まで名古屋で授業です。
授業見学出来ます。
お待ちしていあます。

てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
teate@nifty.com
03-3922-7230

全体と繋がりを見る目

読了までの目安時間:約 2分

世の中はどんどん細かくなって来ていますね。
重箱の隅をつつくようなと言われますけど、確かにそんな感じがします。
イターネットの浸透も一役買っていると思います。
そして科学や文化がどんどん進歩しているということも言えると思います。
それは良いことです。
でも良いことだけではありません。
細すぎる。
細かいことだけに拘泥する、囚われてしまうこともあります。
医学では分野がさまざまに分けられ、どんどん細かくなることによって、原因が分かるようになったという利点はあります。
逆に病気は見ているけれど病人は見ていない、人は見ていないということになっている部分もあります。


整体や手技療法でも部分だけを見る傾向が少し出てきているようなイメージがあります。
原因と結果を一体一に繋げてしまうような考え方です。
この場合はコレ。
みたいなことですね。
分かりやすいし簡単です。
どんどん細かく見ていけば対処も出来ることがあります。
でも、その人は見ていない。
そんなことが起こってしまいます。
全員じゃないですよ。
でもそんなことも増えてきているように思います。


体は全部繋がっています。
繋がっていないものは体とは言わないし、その人とも言われないと思います。
繋がりに変化があれば、状態も変わります。
繋がりが見えないということは、部分だけを見ているということかもしれません。


部分も大切です。
ひとつひとつの事象を細かく見ていく。
それが分かった上で、繋がりを見る。
繋がりを見ていく中で、その人がどうなのかを見る。
体の状態だけではない部分もあるかもしれません。

アレクサンダー教師はどうしてピアニストもバイオリニストもダンサーも俳優も乗馬の選手も見られるのか。

読了までの目安時間:約 4分

アレクサンダー・テクニークにはさまざまな人が受けに来ます。
荒木のところにも本当にいろいろな人が気まました。
ピアニスト、バイオリニスト、ギタリスト、声楽家、ダンサー、俳優などなど
アレクサンダー教師はこれらの人たちにアレクサンダー・テクニークを教えます。
受けに来る人たちは生徒さんと呼ばれ、アレクサンダー・テクニークの使い方を学びます。
でも、アレクサンダー・テクニーク教師はピアノやバイオリンやダンスなどの専門家ではありません。
もちろんそれらの専門技術を知っていたり自分自身もやっていることもあります。
でも全てをやっているということはもちろんなく、ひとつひとつの技能については門外漢です。
では何故、アレクサンダー・テクニーク教師はピアノやバイオリンや声楽のプロでもないのに、ピアニストやバイオリニストや声楽家に教えることが出来るんでしょうか。


一言で言えば、それら全ての人に共通することのプロだからと言えます。


それら全ての人に共通することって何でしょう。
ピアニストでもバイオリニストでも、声楽家でもダンサーでも俳優さんでも。
共通しているのはそれぞれの体やその人自身を使って何かをしているということです。
その人自身や体の使い方が共通していることなので、そのことについてアレクサンダー・テクニーク教師はプロだと言えます。


でも、それぞれの体の使い方は違います。
バイオリンの弾き方とピアノの弾き方は違います。
ピアノの弾き方とダンスの踊り方は違います。
それのどこに共通している部分があるんでしょう。
視点を少し変えてみると分かります。
ピアノもバイオリンも指の曲げ伸ばしをします。
では、ダンスと声楽にも共通する部分があるんでしょうか。
筋肉を使っているという点と何かをしようと思ってしているという点です。


アレクサンダー・テクニーク教師はピアノやバイオリンやダンスなどの、それぞれの技法を教えているのではありません。
その人自身の使い方を教えています。
自分の使い方。
自分で自分をどう使うかという方法。
そんなの分かってる!
はい。
確かに。
分かっている。
つもりになっている。
だって、分かっているんなら出来るはずでしょ。
でもそれが出来ない。
つまり自分で自分を使って上手くいったと思っているのに、上手くいかないからアレクサンダー・テクニーク教師が登場する訳です。
分かります!?


人には独特な自分の使い方があります。
何かをやろうとするとつい出てしまうクセのようなもの。
そのクセに気づいて、気づいたクセをやめてみる。
そういう手法をとったりします。
やってることをやめるんだから、新しい何かを教える訳ではない。
だからピアニストだってダンサーだって教えられます。
新しいピアノの弾き方や新しい踊り方を教えるのではなく、今やっている無用なことをやめるお手伝いをする訳ですから。
でも、やらなくても良いけどやっている何かもそれぞれの技法やテクニックでしょ。
確かにそうです。
それをどう見つけるのか。
テクニックや技法の見極めが必要か。
いえいえ。
テクニックや技法では見極めません。
不要であったりいらないテクニックや技法をしてしまう時に独特の体の使い方を見極めます。
そう、今、ここ、これこれ、みたいな。
そんな瞬間を捉えます。


アレクサンダー・テクニーク教師は、そういう見極めの訓練は受けています。
だからダンスが踊れなくてもピアノが弾けなくても指導することが出来ます。

16日から19日までは名古屋です。

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールには練馬区大泉学園の他に名古屋にも教室があります。
毎月4日連続で授業をやっています。
今月の授業は来週4月16日から19日まで。
JR・地下鉄千種駅前1分の教室で開催しています。


今月の授業は解剖学と指針整体。
どの授業も曜日も見学が出来ます。
どこの整体が良いのか考えている人は来て下さい。
指針整体は他にはない手技なので、見て受けてみるのが一番早いです。
名古屋教室を卒業して開業している卒業生がいます。
てあて整体スクールを卒業するとどんな感じなのか、試しに見に行くのも良いかもしれません。


■整体屋 しみず >>>
 岐阜県可児市で路面で開業している先生です。
 しみず先生は東京に通って卒業されました。

■やまのて整体 >>>
 薮谷先生は他の手技で開業していた先生です。
 指針整体に惚れ込んで入学してくれました。

■ヨージック >>>
 パーソナルトレーナーの藤田先生は整体もメニューにいれて開業しています。

■ハスハナ整体サロン >>>
 整体スクール名古屋教室の大家さん
 現在は水素サロンとしても営業しています。

■ひといき整体院 >>>
 転職してぼちぼち仕事を始めた先生です。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
2F 水素ハスハナ内
teate@nifty.com
03-3922-7230

大型連休中の整体スクール・整体院の営業について

読了までの目安時間:約 2分

今年の連休(4月27日から5月6日まで)の営業についてお知らせです。


てあて整体院
てあて整体院は期間中ずっと営業しています。
予約もぼちぼち入り始めていますので、どうしようか考えている方は早めに連絡下さい。
改元記念で何かやろうかと考えていますが、とりあえずブログやツィッターなどご覧になった方は初診料無料にしようと思っています。
お問い合わせ下さい。


てあて整体スクール
てあて整体スクールは前半は授業がありますが、後半は授業がありません。
4月27・28・29日は通常の授業ですので、授業見学やスクール説明、整体の体験をしたい方は連絡ください。
5月4・5・6日は授業はありませんので授業見学は出来ません。
ただ、連休中はいつでもスクール見学や整体体験には対応します。
どうしても連休後半しか時間が取れない方は、連絡して下さい。
日時を決めてスクールの説明や資料提供、整体体験をすることが出来ます。


てあて整体スクール・整体院

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


てあて整体スクール授業風景2

まだまだ動ける体を創る

読了までの目安時間:約 3分

まだまだ大丈夫と思って動いてみたら
あれっあれれっ!?
ってことありますよね。
動けることは動けるんだけどちょっと違う。
なんとなくの違和感。
どこが変なんだろう。
でもまあ今日はね。
調子がちょっと悪いのかな。
まぁだそんな歳じゃないし。
行けるでしょ。
でも。
でも待てよ。
ひょっとして。。。


40代位からですかね。
でもまだ40代はけっこう動けます。
50代になると違和感というか自分の感覚と実際の動きの差が乖離が大きくなる。
あれ。
が。
あれれ。
になり。
あれれれれれれ!
になる。


【マダカラ】は自分のためもあって始めたクラスです。
以前はコア・ストレッチと題して、コンテンポラリーダンスのフロアワークをやっていました。
床の上でゴロゴロしながら動くことで、体の芯から緩めていく。
でも緩めるだけじゃちょと足りない。
ということで簡単なステップも入れてみることにしました。
ステップと言っても踊りってほどではありません。
将来的には踊りもやってみたいですけど、今は違う。
歩幅を大きく歩いてみるとか。
歩きながら腕を振るとか。
床の上を四足で移動してみるとかそんなことをやります。
今月も東京と名古屋でやります。
待ってます。


【マダカラ】@東京

日時 : 2019年 4月23日(火)19:00~20:00
場所 : ホール DOZ (六本木駅7分・EXシアター裏手)
     港区西麻布 1-5-11 2階
料金 : 1,500円(当日精算)
問合 : teate@nifty.com
      03-3922-7230


【マダカラ】@名古屋

日時 : 2019年 4月16日(火)18:00~19:30
場所 : 名古屋市短歌会館 B1F (地下鉄 伏見駅1分)
     名古屋市中区錦 2-13ー22(http://www.homex.jp/tanka/access/access.htm)
料金 : 2,000円(当日精算)
問合 : teate@nifty.com
      03-3922-7230

力を使わないで体を動かす。

読了までの目安時間:約 2分

何かの動きがやりにくい時。
必要以上の力や使わなくても良い力を使ったりしています。
そんな時。


必要最小限の力だけ使って動かす。


と考えて体をコントロールすると上手くいかない。
それより。


「力」を使わないで動かす。


と考えると上手く行くことがある。
それはつまり、「力を使う」という指令で中枢からの指令を出すのか、「力を使わない」という指令で中枢からの指令を出すのかの違いではないかと思っている。
「力」を使うという指令では「使う」が前提になっているが、「力」を使わないという指令では「使わない」が前提になっている。
もちろん「力」は使う。
体を動かす時に全く筋力を使わずに動かすことは出来ないし動かない。
ただ、感覚に登ってくる「力(の感覚)」とそうでない「力」(感覚に登らない)がある場合、またはいつも使っていない「力」が使われている場合、力は使っていないという感覚になる。
そういう使い方をしたいのなら、「使わない」が前提になっている方が使いやすいという訳の分からないことになるのかもしれない。
いや、書いている自分としてはとても良く分かるが、言葉としては訳が分からない。
「使わない」前提で使っている筋肉を使うということですね。




力の使い方について。
思いついたことの走り書き。
もう少し言葉を選んで分かりやすく書けるように。
先ずはこのまま掲載してみる。

助かりました。

読了までの目安時間:約 2分

お茶・てあて整体スクール

てあて整体院では整体が終わるとお茶を出します。
昔の整体院はどこもそうでした。
そうじゃないところもありましたけど、多くの整体院がそうやってお茶を出して、終わった後に話をしました。
痛みがあったり症状があったりして通い始めのころは、今日の状態、何をやったか、これからの推移の予測、どれくらい通えば良いか、次の予約、など話をします。
暫くするとそうでない話もするようになります。
リラックスしてもらうためだったり、患者さんの今置かれている状況を知るためであったり。


助かりました。


患者さんが帰り際におっしゃった言葉です。
いろいろな話をばばばばば~っとされて、整体が終わって。
体もスムーズになり心も少しスムーズになったと言うことのようでした。
あぁ~
あははははははは
へへへ
みたいになります。
荒木がです。
もう20年もやっているのにです。
なるべく顔には出さないようにします。
ま、嬉しい訳です。
助かったなんて言われる訳ですから。
そりゃ嬉しい。
でも助けようとしている訳ではありません。
普通にやっています。

痛みが取れれば。
硬さが取れれば。
引っかかりが取れれば。
楽になったら。

そんな風に思ってやっています。
整体師は3日やったらやめられない。

5月のバレエカレッジ企画講座は腕と肩!

読了までの目安時間:約 2分

5月12日にバレエカレッジ企画の講座をやります。
新宿芸能家伝舎で午前中にやる予定にしています。
この講座は昨年秋から始まって今回で6回目。
一応、シリーズの最終回となります。
シリーズが終わったらどうなるのか!?
企画をしていただいている㈱オンポワントさんにも荒木にも分からないという。(笑)
とにかくバレエをやっている人に必要なものを伝えたいという想いだけは十二分にあるので、何らかの形で残したい個人的には思っています。
(とにかく頑張って資料を作ったので、このまま埋もれさせたくはない。汗)


今回の内容は【腕と肩】です。
打ち合わせやこれまで参加した皆さんに聞いたりして、だいたいのテーマを考えました。
以下のようなことについて解説出来ればと思っています。


・腕と肩を美しく使えない
・腕や肩が硬い
・肩の正しい位置がわからない
(前にかぶってくる、猫背っぽく見えてしまう)
・肩が上がってしまう
・アンオーの時の肩
・肩甲骨が出ている
・指が開いてしまう
・手首から先が下がる
・第一アラベスクから第二アラベスクに上手く変わらない


心当たりがある方や、そうそうそこが気になっていたという方は、5月12日のお昼すぎまで時間を開けておいて下さい。
もう少ししたら告知や募集が始まります。