整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 姿勢 » 

姿勢と歩き方の授業

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールには「姿勢と歩き方」の授業があります。
患者さんやクライアントさんに姿勢や歩き方を指導するための授業です。
姿勢や歩き方の指導が難しいのは、「指示すれば出来る」からです。
猫背の人でも背筋を伸ばして、と指示すれば背筋が伸びて猫背ではなくなる。
でも、指示を忘れていると元に戻る。
かと言って整体で歪みを調整して猫背でなくなるかというと、そう言うものではありません。
そう言う先生もいらっしゃいますが、てあて整体スクールでは歪みの調整や硬さの調整や動きの調整はしますけど、(自分の)使い方は自分のものですから。


姿勢授業・てあて整体スクール

姿勢の授業ではチェックする部位の確認はします。
でも、そこをこうすれば良い姿勢になるみたいな指導はしません。
例えば写真のようなことをして、自分で感覚してもらう。
無駄な力が入っていない、呼吸が楽、血流が良い姿勢を体感してもらうことから始めたりします。
歩き方はまた少し違う。
歩き方を二種類に分類します。
分類した歩き方のどちらに属するのかを見る見方を学びます。
簡単なようで意外に難しい。
でも分かってしまえ単純です。
それで分類した歩き方で、どこに特徴があるのか、その歩き方をしているとどうなるのかなどを学びます。
そして指導。
指導も爪先を蹴ってとか、膝を伸ばして、というような指導ではありません。
後ろ歩きをすることで歩き方の指導をします。
その後ろ歩きの指導方法を学びます。


歩き方・てあて整体スクール

後ろ歩きの練習をしていると、普通に前に歩いていても歩き方が変わり改善されて行きます。
不思議ですね。
何かを変えようとしなくても変わります。
そんな授業をしています。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

良い姿勢ってどんな姿勢

読了までの目安時間:約 6分

昨日、スクール見学に来た方に聞かれました。
「良い姿勢ってどんな姿勢ですか?」
椅子に座って話しをしている最中にまた聞かれました。
「先生はそうやってずっと良い姿勢で座ってますけど、疲れませんか?」


「ああぁ疲れないですね。
 そう言えばこれ、良い姿勢なんですね。」


良い姿勢は疲れません。
だって良い姿勢なんだから。
もし疲れるようなら良い姿勢ではありません。
だって疲れるんだから。(笑)
良いってことは疲れないってことも含まれますね。
見た目に綺麗に格好良く見える姿勢は、見た目にと言う点で嗜好が入ってくる可能性があります。
人によって違うと言うこと。
良い姿勢と一言で言う姿勢は「万人にとって良い姿勢」。
では良い姿勢ってどういう姿勢でしょう。


生理的な状態。
と言っています。
生理的とは理屈ではなく本能的とも言われたりします。
もう少し具体的に言うとどうなるか。


呼吸がし易い。
動きやすい。



てことですかね。
呼吸がしにくいのも動きにくいのも生理的な状態とは言えない。
一口で言えば「楽」と言うことなんですが、これがなかなか実はむつかしい。
「楽」だと感じるのは頭です。
でも、頭は時に頭(自分)を騙します。
猫背の人が体を真っ直ぐにすると、反ってると感じます。
鳩胸の人が体を真っ直ぐにすると、猫背だと感じます。
普段から良くない姿勢をしている人も、その姿勢に自然になってしまうから、つまり楽だからその姿勢になる。
呼吸がしずらい姿勢をしていても、そのこと(呼吸の浅さ)に気がつきません。
そこがちょっと難しいところですね。


分かった分かった。
じゃあどうすれば良い姿勢になれるんですか!
はい。
そこが聞きたいところでしょうね。
でも、言葉だけで説明は難しい。
なので出来るところまで書いてみます。


先ずは自分の状態を正しく知ることからです。
と言うか感じられるようになること。
さっきも書いたように、自分は自分を時に騙します。
自分はいま真っ直ぐなのか、猫背なのか胸が反っているのか。
正しくとまでは行かないまでも、だいたい分かるようになっておきたい。
そのために何をするのか。


先ずはじっくり自分を感じて見てください。


普段の生活でそんな時間なかなか取らないでしょう。
椅子に座っていても。
立っていても。
寝ていても。
ゆっくり体の各部がどうなっているか感じてみます。
楽なのかなぁ。
大変なのか。
硬いのか。
柔らかいのか。
息は止まっていないか。
どこか動きにくいところはあるか。
先ずはそれを感じます。
なんとなく分かってきたら鏡で確認してみます。
違っていたら違っているところがどうなっているか確認。
ちょっと動かしてみます。
ああそうかと思ったらそれで良し。
深く追求する必要はありません。
いまこんな感じなのかながわかればOKです。
それがなかなか分かりにくかったら。


横になって寝てみてやってみます。
横になって力を抜きます。(抜けていると感じられればOK)
息をします。
ゆっくりしていきます。
体と床が触れているところを感じて行きます。
頭の後ろ。
肩甲骨。
腕。
肘。
手。
背中。
腰。
左右のお尻。
太ももの裏。
ふくらはぎ。
左右の踵。
上から順番に触れてるところの左右の違いを感じていきます。
息をしながら。
そうやって行くと、少し力が抜けやすくなります。
力が抜けてきたら、また呼吸をします。
ゆっくり。
胸だけでなく、胸からお腹に空気を入れていきます。
体の中の広がりは胸腔から腹腔、首から頭、胴体から両腕、胴体から両下肢へとつながります。
それが感じられれば少しずつ緩みます。
緩んでいると、体を感じやすい。
その状態の自分を感じます。
そうやって自分を感じる。
感じて緩めていく。
そこからです。


その緩んだ感覚を感じたら立ちます。
立った時に同じように緩んだ感じが感じられるかどうか。
息が深く入るか。
肩や股関節や膝が動きやすいか。
首は回るか。
そんなことを少しずつ確認してみてください。


そんな風に少しずつやってみてください。
しばらくすると少し分かってくると思います。
それでも分からない!と言うなら、アレクサンダー教師や整体師に聞きに来てください。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

その姿勢では美人になれない。

読了までの目安時間:約 5分

昨夜、テレビを見ていた訳です。
某局の某幸せボンビー何とかという番組です。
汗にまみれて車の整備の勉強をしている女性を綺麗にという内容でした。
20前後の女性が10名くらいいたと思います。
それぞれ皆さん普段はスッピンにつなぎで汗を流しながら整備の勉強と実習をしています。
それが、フェミニンというんでしょうか、女性らしいスカートなどを履いてメイクもしてもらって登場した訳です。
コーディネイトはプロがやっているので、着ている服は似合っております。
メイクも始めてとは思えないくらい。
ついでに髪の毛もいつものように後ろで束ねてってのではなく、クルクルしていました。
クルクルのふんわりです。


ところが ・・・ です。


登場する姿を見ると美しく見えない訳です。
いつもより美しいはずなのに。
ぜんぜん見えないんです。
いつものスパナ持って繋ぎ着てる方が格好良いくらい。
ええ
ええ
いやそうではないんです。
ブサイクということではありません。
髪も
メイクも
服装も
靴も
バッチリな訳です。
ところが、美しく見えない。


これは僕だけのことかもしれません。
もちろんです。
要素は揃ってる訳ですから。
でも、やっぱり。。。
ダメ。


姿勢です。


姿勢が全くダメなんです。
頭が前に出てしまっています。
まるで千と千尋のカオナシみたいです。
そして背中が丸い。
そのうえ脚が内股。
全員ではありません。
でもその傾向がかなり強い。
頭・顔に関しては全員だったと思います。
10人いて10人。
ということは、全員です。
20前後は殆どがそうだろうということになります。


もう一つ。
脚です。
歩いていません。
見た限り、あの脚は歩いている脚ではない。
太い訳ではありません。
歩いていないので、締まらない。
筋肉がついていないので、細くとも張りのある脚になっていない。


残念です。


先ずは歩くことです。
若い人なら歩くことで何とかなると思います。
歩くというのは基本的な運動です。
股関節・膝関節・足関節を継続的に動かし、その上に乗っかっている骨盤や脊椎を揺らすことになります。
そうすれば歪みだって整う。
全身の筋肉は脚に7割あると言われています。
歩くことでかなりの運動量になる計算です。


姿勢と脚を何とかするために、歩く時の注意を考えました。
とは言え難しいことや沢山あっては無理なので、2つだけにしました。
この2つを気にして歩いてみてください。
いつもより多めに。
出来れば5、000歩位から始めて。
できたら10,000歩くらい。
たぶん5,000歩で合計50分位です。


注意 :

1.頭を背骨の上に
2.歩幅を少し広く

これだけです。
頭を背骨の上にが分からなかったら、耳の後ろを天井に少し持ち上げてみてください。
頭を背骨の上にすると、背筋が自動的に伸びます。
自動的ですよ自動的。
そして歩幅を広くすると内股では歩けません。
少し外股になる。
少し外股になると、お尻や脚の後ろの筋肉を使う。
お尻や脚の後ろの筋肉を使うと、ヒップアップして骨盤も立ちます。
その上、呼吸が深くなる。
呼吸が深くなると、背筋を伸ばす効果もありますが、血流がよくなる。
血流と呼吸が深くなると、肌のくすみも取れたりします。
もちろんむくみも。
いいことばっかりでしょ。

とは言え毎日暑い。
だから朝や夜に歩けたらと思います。
それだけで姿勢が変わり美人に見えるようになると思います。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

反り腰

読了までの目安時間:約 3分

最近、大学生の患者さんが来るようになった。
整体スクールの生徒さんでパーソナルトレーナーをやっている人の、クライアントさんからの紹介で来た人が最初だった。
若い女性に反り腰が多いとは聞いていたが、てあて整体院には殆ど反り腰の方が来ていなかったので、構造的に分かってはいても実感がわいていなかった。


かなり大変そうです。


反り腰が気になって来院された訳ではなく、別の症状でいらした方々だけど、なんとなくわかってくることがある。
浮き指。
足の親指の爪先が天井を向いている。
歩いている時に爪先(爪のところ)ではなく、第一関節や拇指丘(拇指の付け根の膨らみ)で足を蹴っているんだと思う。
立ってみると、やはり爪先までは使っておらず、踵(かかと)と拇指丘と小指丘で立っている。
この立ち方(踵・拇指丘・小指丘)だと、太ももの前に力が入りやすく、膝を後ろに押し気味になり、骨盤が前傾しやすい。
踵・拇指丘・小指丘で立ってみると分かる。
前ももに力・膝が後ろ・骨盤が前傾、で落ち着く。
そうなると、骨盤の前傾に伴って腰椎(腰の骨)の前傾が強くなる。
反り腰の出来上がりですね。
人によっては、腰の前傾が強くなることで、胸椎の後傾が強くなり肩が前に出る。
猫背になりたくないので、胸を張る。
そうやって肩こりになったり腰痛になったりします。


原因は何だろうと思います。
やっぱり日常運動の不足に行き着くような気がします。
日常的に歩いていない。
そして筋肉を固くしたままにしている。
湯船ではなくシャワー。
睡眠不足。
スマホを見続けることによる目の疲れと姿勢からの首肩のコリと疲れ。


整体で調整することは難しくありません。
硬くなった筋肉を緩め、歪みをとり、立ち方を指導する。
でもやっぱり日常的な運動には勝てません。


反り腰は立ち方と筋肉の硬さ。
立ち方は筋肉の使い方だから、結局、筋肉の使い方とその使い方による硬さの偏り。
先ずは爪先まで使って歩くこと。
硬くなっている筋肉を緩めること。
立ち方を見直すこと。
そこからですね。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

正しい姿勢!?

読了までの目安時間:約 9分

てあて整体スクールには「姿勢」の授業があります。
姿勢の見方やアドバイスの仕方の授業です。
いつもビフォーアフターの写真を撮ります。
今回は殆ど手を触れずにアドバイスだけでやってみました。
左ビフォーで右アフターです。
嘘みたいな人がいますけど、ヤラセではありません。
最初にその嘘みたいな人の写真にします。(笑)
どうでしょう。


姿勢の授業1・てあて整体スクール

ずいぶん反っていたのが戻った感じですね。
当然ですけど本人は反っていたつもりは全くありません。
ではこのビフォーとアフターの間に何をしたのか!?
実際にやってもらったことは、椅子に座って立ち上がって歩いてもらっただけです。

どんな風にやったのか。

この後の二人も同じですが、最初に椅子に座ってもらいます。
座ったら坐骨を感じてもらいます。
坐骨を感じたら、坐骨の上に背骨(脊柱)、背骨の上に頭が乗っているのを感じてもらいます。
この時点で自分のいつもの姿勢になります。
いつもの姿勢は猫背だったり胸を張っていたりします。
でも、調整はしません。

力が入らない場所を探してもらいます。
ここポイントです。
猫背にしたり胸を反らしたり首を少し前後にしたりして、力が入ってない感じのところを探してもらいます。

見つかったら、そのままの上半身(坐骨から上)で、坐骨を前後に揺らしてもらいます。
坐骨を前後に揺らしますが、多くの人は腰椎から上を前後に揺らしてしまいます。
ではなくて、坐骨を前後に揺らします。
坐骨には脊柱が繋がっているので、自動的に脊柱と頭は前後に揺れます。
その坐骨に繋がって揺れているというのを感じてもらいます。
ゆっくりゆっくりですね。

前に行った時、後ろに来た時にも、坐骨から背骨から頭の状態(位置や感じ)が変わっていないのを感じてもらいます。
前に行っても後ろに来ても、坐骨から背骨から頭までの長さが変わらない感じ。
そしたらゆっくり坐骨に乗ってもらいます。
一番、力が入らないところで止まります。
止まると言っても、手の上に棒を乗せてバランスとってるみたいな感じです。

ここまでで殆ど出来上がり。
座って力が入らない場所を探している時に、少しアドバイスしたり触れたりします。
でも触れるくらい。
こっちではどうですか?みたいな感じ。
そして立ち上がります。
立ち上がり方は後で。
では、二人目と三人目を見てみましょう。


姿勢の授業2・てあて整体スクール

姿勢の授業3・てあて整体スクール

最初の人と比べると劇的ではありませんけど、でもずいぶん変わりました。
この二人は頭と首と肩の位置関係を見て下さい。
最初の人は反ってましたが、この二人はちょっと猫背気味でした。
(猫背気味というのはアフターを見て思ったことで、実は最初はそんなに分かりませんでした。)
それが頭の位置が少し後ろに戻って、首の傾きが浅くなりました。
胸を反らして!とか顎を引いて!なんて一言も言ってません。
不思議!?ですか。
実は全然不思議ではないんです。
ちょっと長くなりますけど、何をしたかを書いておきます。


姿勢を直したい人の問題は、今の姿勢が「普通」だというところです。
写真の最初の人も二番目も三番目の人も、左側の今の姿勢に違和感は感じていません。
ただ、写真や鏡を見ると、あれっ反ってるとか猫背気味!?と思う訳です。
でも普段はそんなこと感じていないし思っていない。
そこが最大のポイントです。


変だと思っていないことを、知らず知らずのうちには直せない。


ってことなんです。
そこで、本来の姿勢を作ってみます。
椅子に座って坐骨から頭までを乗っけるというのがそれです。
立って確認しないのは、立ってしまうと分かりにくいから。
坐骨を床や椅子につけると、頭からの体重を直接感じることが出来ます。
直接感じている感覚を大切にして、首や頭や胸や腰の張り具合が前後で同じ感じになるところを探します。
(立ってしまうと、いつもと同じ感じの方が強くなって、前後の感じが感じにくくなります。)
坐骨から頭までが積み木を下から上まで乗せたように出来ると、無駄な筋力を使わなくても立っていられることになります。
この上半身(坐骨から頭)を感じたまま、立ち上がります。
真っ直ぐな感じがなくなったら、また座って最初からやりなおしです。
そうやって立ち上がると、「いつもと違う感じ」になることが殆どです。
写真や鏡をみると、いつもと違って反っていなかったり猫背でなかったりします。


たとえばこんな風に考えます。

・今の姿勢 = 本来の姿勢 + いらない何か → いつもの感じ、普通の感じ

本来の姿勢に戻るには、「いらない何か」を取ることです。
今の姿勢の感じをそのままにして、新しく前重心にしたり胸を張ったりするとどうなるか。

・今の姿勢 + 前重心 = 本来の姿勢 + いらない何か + 前重心
・今の姿勢 + 胸を張る = 本来の姿勢 + いらない何か + 胸を張る

となってしまいます。
これだと、「いらない何か」はそのままで新しく「前重心」や「胸を張る」がたされてしまい、大変なことになります。
猫背の人が胸を張れば、短時間なら猫背は直ります。
でもすぐにまた猫背になってしまうのはこのためです。
だから、上に書いたようなやりかたをするようにしました。
相手の姿勢の見方やアドバイス方法が分かれば出来るようになります。
ただし、直った本人はとても変な感じみたいです。
最初の反っていた人は、「だらだらした感じ。」「きちんとしなさいっ!って先生に怒られるような姿勢」「やっちゃいけない姿勢」「だらしない姿勢」と思ったそうです。
写真見てびっくりしてましたけどね。


最後に立ち上がり方を書いておきます。
椅子から立ち上がる時に、坐骨から足裏に体重を移します。
足裏に体重が乗ったら、膝と股関節をゆっくり伸ばして行きます。
この時、坐骨から背骨から頭までの感じが変わらないように。
変わりそうになったらやりなおしです。
なんだそれだけ?と思うと思いますが、これを厳密にやってもらいます。
難しいポイントは坐骨から足裏に体重を乗せるところです。
多くの人は体重を足裏に乗せるのではなく、立ち上がろうとして前腿に力が入ります。
(もちろん少しは入りますけど。)
前腿に力が入って、足裏に体重が乗る前に骨盤が浮いて来ます。
骨盤が脚と一緒に浮くと、上半身は頭から腰部までというイメージになります。
上半身は頭から坐骨まで。
この感覚を持ったまま、坐骨の体重を足裏に乗せていく。
これ意外に難しいポイントです。
それが出来れば出来上がりです。


題名に、正しい姿勢!?と書きました。
正しい姿勢は人それぞれです。
頭や肩や足の位置だけで決めるのは難しいと思います。
こうやって立つと、呼吸が楽になり筋肉も柔らかいまま立てます。
そこを目指したいと思っています。
そんなことを指導できる整体師になってもらいたいと思っています、。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

自律神経と指針整体

読了までの目安時間:約 4分

自律神経を整え血流を整え呼吸を整える指針整体。
何か漢字が多いですね。
むつかしそうに聞こえる。


てあて整体スクールで教えている指針整体は、トントンと軽い刺激を全身に入れていくだけの、とてもユニーク(独特・他にない)な整体です。
トントンする(刺激を入れる)のは経絡と呼ばれている、体を流れるラインです。
東洋医学では気血水が流れていると言われています。
血液やリンパや神経系や筋肉・筋膜の走行など、どれか1つではなく全体から捉えられる流れのようなものですね。
昔の人は体の中の詳しいことは分かりませんから、外から感じられる熱や張りや筋肉の走行や関節の動きや何かの流れをそう感じていたんでしょう。
これらの経絡に順番に全体に刺激を入れることで、血流が改善します。
指針整体をしていると、受けている途中から、ポカポカして来たとか、手足が温かくなって来たと良く言われます。
体の後ろ面だけでなく、前面にも刺激を入れることで、毛細血管が全体に流れが良くなると思われます。


また、トントンとリズミカルな刺激は自律神経を整えるようです。
指針整体を受けていると、良く眠れないと言う患者さんもスースーと寝息を立てる方が殆どです。
副交感神経が刺激されリラックスしているのではと考えてます。
同時に呼吸はゆっくりと深くなっていきます。


ヒトの体は交感神経と副交感神経の自律神経でコントロールされていると言います。
(意識でコントロールする部分ではない部分ですね。)
体の不調はこの自律神経のバランスの悪さが大きく影響しています。
例えば交感神経が優位になり過ぎると、血流が早くなり(血圧上昇)過ぎてしまい、体の隅々に行く血液の量が少なくなってしまいます。
血液の供給量が少なくなると、細胞の状態は悪くなってしまいます。
それが不調の原因になってしまう。
これを解消するには副交感神経を活性化させて、自律神経のバランスを良くすること。
このことに指針整体が良いようです。


指針整体は軽い刺激なので揉み返しもなく、背骨のそばを刺激していくので、歪みも調整されてしまいます。
(しつこい歪みなどは個別に調整が必要ですけどね。)
押さない揉まない体重を掛けない指針整体の効果は、こんなことからも分かります。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

姿勢は、体感9割・見た目1割

読了までの目安時間:約 3分

姿勢の本を書きたいなと思う今日このごろです。
『姿勢は、体感9割・見た目1割』的な内容を思いつけば書けるのかもしれないけど、これじゃ9割1割の題名にしたところで売れない感じですね。(笑)


姿勢のポイントは体感だと思います。
でも、その体感がない。
ない、と言うとちょっと言い過ぎかもしれませんけど、あまり自分の体を感じにくくなているのは確かだろうと思います。
だから体感9割と言い切ってしまうと、実は多くの人に分からないということになりかねないような気もします。
逆に体感を得るための方法が書ければ、多くの人の役に立つかも知れないと思います。
とするとこの題名は意外に良いのか・・・


姿勢を良くするためには、良い姿勢の定義が必要です。
先ずはそこから。
楽なのが良いのか、見た目に格好良いのが良いのか。
楽なのと見た目が良いのは違うのか。
それとも同じなのか。
実は同じなんだろうと思いますが、楽で見た目が良いのの他に、楽ではないのに格好良いという姿勢があるように思います。
格好良いというのは、時代や年代や国や性別などで違う可能性があるからです。
自分の考えている楽な姿勢が良い姿勢で、楽ではない姿勢は良くない姿勢、と言い切ってしまうのは簡単ですけど、それで良いのかとも思います。
昔、自分の子供のころを思い出すと、軍隊式に脚を閉じて膝を伸ばし両手を体側につけて胸を張り背中側の背中を伸ばした格好が良い格好と思っていました。
子供が思っていたということは、大人が思わせたと言うことでしょう。
これが良い姿勢と指導を受けた気がします。
今となってはそれは苦痛を伴う姿勢と言われることもありますが、50歳代以上にとっては良い姿勢と言えばアレだろうと思います。


呼吸が楽に出来る。
血流の滞りがどこにもない。
筋肉が緊張しすぎていない。
関節がすぐに動く状態。
などなど


そういったことが合わさって出来上がる、結果としての良い姿勢。
その上見た目も格好良かったら最高だと思います。
そんなのを考えています。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

姿勢についての考え方

読了までの目安時間:約 4分

姿勢は自分の使い方の結果です。


最近は変わりましたけど、例えば背の高い女性や胸の大きな女性は猫背になったりします。
昔は背が高いことや胸が大きいことを恥ずかしいと思う女性がいたからです。
こちらはあまり変わっていないかもしれませんが、背の低い男性は胸を張った姿勢になったりします。
少しでも大きく見せたいと言う気持ちが表れているのかもしれません。
そうはならない場合もあります。
人それぞれと言えばそれぞれです。
でも、その人の身体の使い方が身体に現れたのが姿勢です。


人それぞれの身体の使い方は、人それぞれの考え方が現れたりします。
人の身体を外から見ると、骨格や筋肉のつき方とは違って見える時があります。
例えば頭と首の関係。
頭は首の前についているように見えたりします。
そうすると、頭が前に出ます。
頭が前に出ると、背骨(脊椎)の曲がり(湾曲)は強くなります。
背骨が曲がってCの字のようになると、肩甲骨は背中側から外から前の方向に滑って行きます。
そうなると肩は前に出てしまい、猫背のような姿勢になってしまいます。


偏った姿勢を直したい時に厄介なことがあります。
その偏った姿勢が楽だと言うことです。
いつもいつも昔からずっとその姿勢でいることで、その姿勢に慣れてしまうと、その姿勢を楽に感じるようになります。
楽とは言わないまでも、苦痛を感じない。
逆に元の姿勢に治すと、戻した分だけ引っ張ったり伸ばしたりと言う感覚になります。
これを大変と感じてしまいます。
猫背の場合だと、元々の姿勢から胸を閉じたり、肩を前に出したり、頭を前に出したりと言う刺激を、いつもの刺激として感じにくくなっていると言うことです。
(新しい刺激として感じないから。)
そこが難しいところです。
元に戻るだけで良いのに、新しく姿勢を直すと言う方法になると長続きしない。


てあて整体スクールの姿勢の授業ではそこのところの話を多くします。
直す訳ではなく元に戻す。
そのために何をするのか。
いろいろな方法があります。
自分で開発することも出来ます。
なかなか楽しい授業です。


姿勢・てあて整体スクール

以前の姿勢の授業で生徒さんを題材に話をした時の写真です。
左がビフォーで右がアフター。
かなり反っていたのが戻りました。
本人は何もしていない。
でも、意識したり感じたりしていることはあります。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

先日の姿勢の授業

読了までの目安時間:約 4分

【姿勢】の授業では参加した生徒さんを題材に、姿勢の見方や指導法を勉強します。
その日その時にどんな状態なのか分からない生徒さんが相手なので、とても楽しい授業になります。
姿勢を見るポイントとしている部位があります。


・首の後
・胸の上(デコルテと呼ばれている部位)
・腰の後
・股関節の前
・膝の後
・足首(これはたまにしか見ない)


これらの状態を見て姿勢を判断して行きます。
この日の生徒さんはこんな感じでした。


姿勢1・てあて整体スクール

上に書いたポイントを見てみて下さい。
この後、体の使い方を感じてもらい、重心を感じてもらって立ってみました。


姿勢2・てあて整体スクール

どうでしょうか分かりにくいのでビフォー・アフターにしてみます。
左:ビフォーで右:アフターです。


姿勢3・てあて整体スクール

どうでしょう。
はっきり言って変化はあまりありません。
本人的には重心が変わっていますが、横から見ても変わらない。
そこで、筋肉のバランスを取るため、固くなっている筋肉を緩めました。
その後の写真がこれです。


姿勢4・てあて整体スクール

どうでしょう。
やっぱり最初の立ち姿と並べてみます。
(左:ビフォー、右:アフター)


姿勢6・てあて整体スクール

ここまで来ると変化が分かります。
分かりやすいところは、アゴのライン、首の長さ、アゴからバストットップまでのライン、手の位置、です。
アゴのラインは左(ビフォー)の方がクッキリしています。
これは頭が前に出ていたからで、頭の位置が上半身の上に乗ったのが分かります。
首の長さがスッキリと長く見えます。
Tシャツの首の後ろから耳の下までのラインが伸びているのが分かります。
アゴからバストトップまでのラインが、ビフォーよりも縦長になって伸びているのが分かります。
アゴの位置が少し後ろに下がった結果だと思われます。
手の位置はビフォーの時よりも、体側に戻ってきています。
ビフォーでは腰が反って、手が前に出てしまっていたからと思われます。
全体に上下に伸びたように見えます。
そして何故かバストトップが上がっています。


本人が気にしているのは、重心の位置です。
上下に伸びようとはしていません。
また、アゴやバストトップや腰の反り具合などを直そうともしていません。
指導した体の使い方をして、楽な状態を保っているだけです。
本人的にはいつもと違う感覚なので、変な感じがしていると言っていました。


姿勢の授業はこうやって進みます。
実際に見ながら話をしながら、使い方を指導しながらやるようにしています。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

姿勢

読了までの目安時間:約 3分

来年のテーマは【姿勢】
になると思います。
てあて整体スクールのテーマであり、あら木のテーマです。
今年は「姿勢と歩き方」の授業を始めました。
実を言うと少し勇み足的な感じで始めました。


どこを見るか。
どうやって見るか。
どんな風に指導するか。


これらのことは分かっていましたが、系統だっていなかった。
だから授業では毎回、参加した生徒さんを題材にして、どこを見るか、どうやって見るか、どんな風に指導するかを臨床的に進めました。
教え方についてはだいたい固まって来ましたが、それがまだテキストに出来るほどにはなっていません。
そこを何とかしたいと言うのが来年です。


姿勢は形です。
でもその形はその人が自分の体を使って立ったり歩いたりした結果です。
結果的にそう見えているのが、今の姿勢です。
猫背を直そうと思えば、胸を張れば直ります。
でもそれが継続出来ないから困ります。
何もやっていなくても(と本人が感じている)猫背が治っている。
それが目標です。
筋肉や骨格の問題もありますが、それよりも使い方の問題が大きい。
筋肉を緩めれば、崩れた姿勢が元に戻りやすくなりますが、それだけで治る訳ではない。
そこのところを系統立てたいと思います。


来年のテーマは【姿勢】
宜しくお願いします。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>