東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » 姿勢 » 

姿勢について具体的な話

読了までの目安時間:約 3分

先日の患者さんにベッドに”普通”に座ってもらいました。


猫背姿勢

どんな感じですか?と聞くと、普通です、いつもこんな感じ、とのことでした。
で、写真を撮って見て頂きました。
あれっ、けっこう丸いですね。
はい、そうなんですよ、けっこう丸くて猫背ですね。

普段の自分の姿勢を普通に感じているので、普段の姿勢は真っ直ぐな感じがします。
そんなに丸くないだろうとか、そんなに反っていないだろうと思っています。
これ自体は普通のことです。
人間はそうやって普段が普通と感じるように出来ています。
いちいち違和感感じていたら大変ですから。
でも、丸いですね。
そこで、姿勢を少し変えてもらいました。


普通姿勢

感想を聞くと、けっこう反ってますね、とのこと。
写真を撮って見て頂きました。
あれっ、けっこう真っ直ぐですね。
はい、そうなんですよ、これでけっこう真っ直ぐなんです。
反ってる程ではない。

だから普段が変なんです、とは言いません。
普段は普段ですから、普通に感じるのがあたりまえです。
今は急に真っ直ぐにしたので、普段よりも反っている感覚がある。
それが普通です。

幾つか確認していきます。
股関節が緩んでいるか。
坐骨が立っているか。(骨盤が立っているか)
背骨・腰骨も立っているか。
頭は骨盤のだいたい真上にあるか。

その上でいつもより腰が反った感じだけど、それは反った感じだけで、力を入れてる訳じゃないのを感じてもらいます。
もしくは、力が抜けてる場所・位置・状態を探してもらいます。
瞬間的に感じるよりは、力が入っていないことに気が付きます。

これでも良いかも、というのを確認したいんです。
腰を反らすんじゃなくて、股関節を緩め、骨盤が力を入れなくても立てる位置を探し、その上に肋骨や頭を乗っけていく。
出来るだけ力がいらない場所を探します。

そうやって姿勢を作ってもらいます。
こんな状態もあるということを感じてもらいます。
たまに、試してもらえれば、少しずつ姿勢が変わる可能性が出てくる。

姿勢は呼吸や血流や内臓の状態に影響します。
見た目的にも大切ですけど、それ以上に体のために大切です。
気をつけて下さい。
良い姿勢で生きていこう。

ビフォーアフター

読了までの目安時間:約 3分

卒業生に聞かれました。

患者さんのビフォーアフターの写真を撮って並べてみたら、ビフォー(前)の方が姿勢が良く見えて、アフター(後)の方が姿勢が悪くだらしなく見えるんですけど、これってどういう事でしょう?

卒業生としては緊張が抜けて、良い塩梅に柔らかな筋肉になったと思ったが、立って写真を撮ったらどうも違うということになったらしい。
ビフォーアフターが思い通りに写らないと、つい写真を撮り直したくなったりします。
でも、そこはヤラセのような事は出来ないので、どう解釈すれば良いか、どう解説すれば良いかというところなんだろうと思います。

たぶん、ビフォー(前)の姿勢は胸を張って腰が反り、力んで立っている姿勢なのではと思います。
(写真がなかったので説明だけで解釈しました。)
一般的に良い姿勢に見える姿勢です。
良い姿勢に見える姿勢の呪縛は、けっこう多くの人が持っています。
つい”良い”という言葉に引っ張られて力を入れてしまうんですね。
でもこれだと疲れが溜まるし、腰が痛くなったりします。

アフター(後)の姿勢は力が抜けて、単に脱力してしまっただけの姿勢なのかなと思います。
完全脱力になってしまっていて、自然な体の状態を作る適度な緊張もない状態です。
これだと、猫背になってしまったり、うつむき加減になってしまったりします。

整体をやった後に、立ち方の指導も必要だったのかなと思います。
特にそういう要望がなければやらないのかもしれませんが、立ったときに完全脱力姿勢になってしまうのなら、少しは指導しても良いと思います。
姿勢が変われば腰痛や肩こりも起きにくくなるからです。

卒業生にはそういった話をしました。
思い当たる部分があったようで、次の整体から作戦を考える的な事を言っていました。

てあて整体スクールでは姿勢についても授業があります。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT

自分を使う練習

読了までの目安時間:約 2分

変な題名で失礼します。

自分の使い方です。

んなの知ってるよ。
自分の体は自分が一番知っている。
と思う人が多いと思います。
でもそれ意外に違います。
自分の体が上手く使えるのであれば、趣味のダンスだって絵画だってすぐに上手く出来るようになるはずです。
姿勢や歩き方や立ち方だって、自分で自分が分かるなら、すぐに治せるし、そもそも変な姿勢や歩き方にはならないはずです。

人は意外に自分の使い方が分かっていません。

正確には、分かってはいるけど、思ったように使えているとは限らない。
ということです。
思ったように使えるならば、ダンスだってすぐに出来るだろうし、絵画だってすぐに思ったように描ける。
姿勢だって歩き方だって、思っている感じている姿勢や歩き方と同じだったら、変な姿勢や歩き方にはならない。
でしょ。

自分を使う練習はたまにやらなと上手く使えるようになりません。
元十種競技日本記録保持者の武井壮さんが言ってた事があります。
スポーツを上手くなるには、自分の体を自分の思い通りに使えるようになる練習が効果的だ。
本当にそう思います。
良いフォームや記録の出る方法を知っていても、それを自分の体で表現出来なければ上手く行きません。

鏡や人のいう事を参考にすると良いと思います。
その時の自分の体の中の感覚と、鏡に映った状態が違っていたら、それを修正します。
胸を反らせて立っていると思っても、鏡や写真で見ると真っ直ぐなら、自分が胸を反らせている時は真っ直ぐ、というのを覚えて起きます。
人のいう事もそうです。
変なアドバイスされたと思わず、実際にはそうかもしれないと思って動画や写真で確認する事です。
意外に自分が間違っている事が多いと思います。


てあて整体スクールLPバナー

立って居る・座って居る、という動作

読了までの目安時間:約 2分

立っている姿勢
座っている姿勢
そのままで居る時、動いているとはあまり感じません。
でも、姿勢は動きの中にあります。

立って居る、座って居る、という動作です。

動作なので変えることが出来ます。
姿勢は形として固まって居る訳ではなく、自分の使い方の結果です。
自分の使い方、自分の動きを変えれば、立って居る姿勢も座って居る姿勢も変わります。
猫背も反り腰も巻肩もです。
生まれながらにそうなっている訳ではありません。

まず、自分の動きに気が付くことです。

どこに力が入って居るか。
どこの力が抜けて居るか。
どこが止まっていて、どこが動いているか。
そういった自分の状態を感じる事が大切です。

自分を感じないままに、姿勢を変えると、ただ形を変えただけで、固まってしまいます。
固まった使い方は、良い姿勢に見えても、どんどん苦しくなります。

良い姿勢は楽な姿勢です。

普段も楽だと思っているかもしれませんが、それは普段自分の体を感じていないだけかもしれません。
猫背や巻肩を楽だと感じるのは、普段あまり自分を感じない事や、”いつもの”感じだけを感じているからかもしれません。
息は出来ているか、固まっていないか、どこかに力が入りすぎていないか。
それを感じるようにして下さい。
まずはそこからです。

巻肩のセルフケア4種【動画】

読了までの目安時間:約 1分

巻肩が気になっている人がいると思います。
本来は全身の姿勢を見直す必要がありますが、すぐに出来る事もあります。


胸骨ずりずり
小胸筋押し押し
鎖骨下筋緩め
肩前回し


これだと何だか分かりませんね。
詳しくは動画をご覧ください。


脱力について

読了までの目安時間:約 1分

脱力について。

最近、整体を受けにこられる方々も、脱力が苦手な方がいらっしゃいます。
そして脱力と言えば”完全脱力”と考えていて、力が入っている状態と完全脱力を行ったり来たりしてしまう方も。
完全脱力では立っていられないし姿勢も保てない。
でも力が入っていると緊張してしまって疲れてしまう。

脱力についてはどう考えれば良いのか。
動画に撮りました。
次は脱力の練習方法も撮ります。


楽な椅子の座り方

読了までの目安時間:約 2分

長時間椅子に座っていると腰が疲れます。
酷くなると腰痛になったりする事もあります。


どうやって椅子に座れば良いのか。


日本人は椅子の座り方を学んで来ませんでした。
知らないうちに椅子に座る文化、というか生活になってしまい。
それを指導する人たちはいなかった。
電車に乗って座っている人を見ると、ほとんどが同じ。
仙骨座りと言うんでしょうか、骨盤を後ろに寝かせたような姿勢で。
背中も腰も丸くしています。
姿勢を良くしようとすると、つい胸を張ってしまい、すぐに疲れてしまいます。


そこで、超簡単に楽に座れる方法があります。
クッションを用意して下さい。
これで座ると骨盤が立ち、背骨も立って、自然と楽に座れるようになります。
たまに、こうやって自分の姿勢を楽に作ると、それが習慣化されるようになれば、どんどん楽に座れるようになってきます。
詳しくは動画をご覧ください。


ボディマッピング 〜 カラダはどこから動くのか

読了までの目安時間:約 1分

体の仕組みは外から見た形と、中で実際に動く場所が違ったりします。
そこに大きな差があると、体を動かす時や使う時に、上手くいかない原因になったり、故障の原因になったりすることがあります。
解剖学的な話をすると、ちょっと難しい感じがするかもしれませんが、実際に動く場所を確認するだけだと思ってみれば、そうでもないんじゃないかと思います。
外から見た形と中の構造の差が大きい、と荒木が思っている場所について、動画で解説しています。
頭と首、肩と腕、胴体と脚、足部について。
4本あるので気になるところをご覧ください。


頭と首は肩こりの人
肩と腕も肩こりの人
胴体と脚は腰痛の人
足部は脚の太さや姿勢が気になる人











【 頭と首のマッピング 】動画 @カラダのハナシ

読了までの目安時間:約 1分

整体スクールのユーチューブチェンネルに「カラダのハナシ」と言うシリーズがあります。
今回は【頭と首のマッピング】です。
頭の下に首がありますが、この位置関係やどこから動くかなど、意外に間違ったイメージを持っている人が多くいます。
頭と首の形や位置関係のイメージが変わるだけで、姿勢が改善されたり動きやすくなったりすることがあります。
動画で解説していますのでご覧ください。


呼吸と姿勢、立ち方や歩き方

読了までの目安時間:約 3分

呼吸や姿勢を指導するのは難しい。

例えば猫背の人に背中を反らせてと言えば猫背ではなくなる。
でも猫背が治ったかというとそんなことはなく、背中を反らせるのをやめると元の猫背に戻ってしまう。
呼吸も姿勢も似ているところがあって、それはそもそもの人としての在り方の問題で、どうするとかこうするという方法の問題ではなく、その人がどうあるかが問題になってしまうところ。
分かりにくい話をしたい訳ではないので、別の書き方をします。

呼吸も姿勢も知らないうちに勝手にそうなっているものです。
自分でそうしようと思ってしている訳ではなく、気がついたら猫背や反り腰になっていて、気がついたら息が止まっていたりします。
ポイントは多分、自律神経系と運動神経系という二つの神経系が関係していると思います。
呼吸も姿勢も自分の意思が働いていると思ってなくても、そうなります。
でも、意思の力を働かせてどうこうする事も出来ます。
どっちでも何とかなるってのが諸悪の根源、というか問題の発端だろうと思います。

こうやろうと思ってやって出来ても、こうやろうと思っていないと出来ない。
だからこうやろうと思わなくても出来るようにするのが難しい。
ってことかなと思っています。

気が付くってことが最初だと思います。
アレクサンダーテクニークでもそんな風なアプローチをしますが、観察して今やっていることに気が付く。
本当はやらなくても良いけど気がついたらやっている事、に気がついたら、そのやってる事をやめるというアプローチがアレクサンダーの方法です。
だから先ずは気が付くこと。

立ち方や歩き方もそれです。
呼吸や姿勢と同じで知らないうちにそうなっている。
気をつけてみると、普通に歩いていると思うけど、そこから先にもう少し観察してみると、肩に力が入っていたり前ももばっかり使っていたり。
そこに気づくことから始まります。

結局、何もやらなければ良いんだ。

みたいなことを、様々な道(どう)と呼ばれる事の大御所は言います。
真髄を掴んでみると、何かをやっているというより、不要なことをやらないでいる状態なのかもしれません。

姿勢のアドバイス

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019