整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 

名古屋です。

読了までの目安時間:約 4分

名古屋教室2009

名古屋教室3日目です。
明日で名古屋も終わり、東京に戻ります。
今月の授業はアレクサンダーテクニークと姿勢と歩き方と指針整体。
名古屋教室での授業は毎月4日連続で行います。
新型コロナウィルス感染症の影響もあり、今年に入っては入学生一人。
ということで少人数でやっております。

名古屋の教室はJR・地下鉄千種駅から徒歩1分のエルシドというビル二階でやっています。
「水素ハスハナ」という卒業生がやっているサロンを借りて、もう名古屋では10年目くらいになります。
知らないうちに長くなってしまいました。
授業は13:00に終わります。
その後は整体師として患者さんを診たり、アレクサンダー教師として生徒さんに指導したりしています。
アレクサンダーテクニークはする方を教師、受ける方を生徒と呼ぶので、教えていると言っていますが、整体のように個人レッスンを受けているという感じです。
それが終わると自分の時間。
今月は終わって映画を観に行きました。
伏見にあるミリオン座という小さな映画館です。
ここでは単館上映されるような映画が多く、静かに観られるものが多いので良く来ます。
今回は「オフィシャル・シークレット」。
湾岸戦争の時の話でキーラナイトレイさんが主人公。
面白い映画でした。
実話を元にしていて、日本ではこの事件は知られているんだろうか。
たぶん政治通には認知されていると思いますが、政府が公文書にあたるようなメールをリークした職員を訴えた訳ですが、それが初回公判で訴追しないという結果になったというものです。
訴えると政府自身が法律違反をしたことが証明されてしまうから、というようなストーリーでした。
怖いコワイ。

伏見からはいつも名古屋駅まで歩きます。
名古屋は道も広く散歩がてら歩くのは気分転換になります。
途中、バーがあって入ろうかと思いましたが、中がかなり明るく蛍光灯で照らされていて入るのをやめました。
バーに入るなら少し静かで落ち着ける方が良い派です。

明日には東京に戻ります。
明後日から東京のスクール授業。
日曜にはNHK文化センター柏でアレクサンダーテクニークの講座もあります。
土曜はアレクサンダーテクニークで見ている生徒さん(声楽をやっている)が、歌の発表をします。
大きなホールで歌うとのことで時間を作りました。
彼は今年のコンクールで入賞し、年末には横浜の大きなホールでも歌うことが決まっています。
来年はデビューなんてことになったら嬉しいのにと思います。

スクールの生徒さん募集しています。
授業見学や整体体験も受け付けています。
これからの時代、世界は人に触れることがとても大切になります。
そのスキルを身に着けるために、整体はとても良い方法だと思います。
お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

9月22日から25日は名古屋教室の授業です。 ~ 見学受付中 ~

読了までの目安時間:約 1分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。
9月22日から25日は名古屋教室で授業があります。
授業見学や整体体験をしたい人は連絡下さい。


てあて整体スクール 名古屋教室
日時 : 9月22日~25日 9:00~13:00
場所 : 愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
     JR・地下鉄 千種駅徒歩1分
申込 : teate@nifty.com


今月の授業はアレクサンダーテクニークと姿勢と歩き方。
そして指針整体の実技練習です。
アレクサンダーテクニークも姿勢と歩き方も他校にはないユニークな授業です。
患者さんの姿勢や歩き方、身体の使い方の指導をする時のヒントが沢山。
興味のある人はメールをお待ちしています。


名古屋200819

基本をゆっくり練習します。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでは指針整体という全身の筋肉を緩め動きやすくし整える整体と、マッスルエナジーテクニックというボキボキしない骨格調整を教えています。
指針整体はうつ伏せと仰向けで全身の経絡(筋肉と骨)に刺激を入れていきますが、順番が決まっています。
指を当てるラインも方向も場所も、経絡に沿っているので決まった通りに出来るようにします。
順番だけなら頑張れば数回で覚えることが出来ますが、このルーティンのような手技を何度も何度も練習します。
整体と言えば”やり方”を覚えるものと思っているかもしれませんが、やり方だけならすぐに覚えられます。

問題はそのやり方で効果があるのか。
何度やっても同じように効果が出るのか。
何度でも同じように出来るのか。

がポイントです。
てあて整体スクールは指針整体の手技を身に着けて卒業してもらいます。
ただ、覚えるだけでは卒業は出来ません。
自分の身体で方法を覚えるまで練習してもらいます。
手技が複雑だからということではありません。
基本的には指を当ててパッと離すだけ。
だからとても単純です。
単純なだけに奥が深く、最初はなかなか出来ません。
すこしずつ出来るようになって、出来るようになったら繰り返し出来るまで練習する。
そのための整体スクールです。

マッスルエナジーテクニックは繰り返し練習しなくても、出来てしまう手技です。
マニュアル通りに手順通りにすれば出来てしまいます。
こちらの問題は触診です。
触診でどちらに歪んでいるのかが分からなければ、手技が出来たとしても調整することが出来ません。
それと手指の感覚です。
骨や筋肉が動く緩む感覚。
それを体感できるようになることがポイントです。
だから触診を何度も練習します。

てあて整体スクールは手順を覚える整体学校とは違います。
手技を身に着けてもらう整体スクールです。
その為に来年からは期間を1年に伸ばします。
じっくり時間をかけて練習して下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

姿勢を気にする整体スクール

読了までの目安時間:約 3分

姿勢を気にする整体スクール

てあて整体スクールは姿勢を気にします。
気にすると言うより、姿勢のことを良く注意されます。
整体をしている時の姿勢や、調整をしている時の姿勢です。
理由があります。


整体の効果が上がります。
患者さんの受ける印象が良くなります。
自分が楽に健康になります。


整体の効果が上がるってどういうことでしょう。
姿勢が良いと言っている時の姿勢は、見た目が綺麗だとかシュッとしているとか背筋が伸びているとか大きく見えるとか、そう言うこともあるかもしれないけど、そう言うことではありません。
生理的な状態。
無駄がなく不要な力が入っていない。
ただ、必要な力だけが入っている。
無理無駄な力が入っていないと、呼吸が深くなり、血流が良くなります。
その上、見た目も大きく楽に見えます。
無駄な力が入っていないので、整体をしていると患者さんに力の伝導効率が良い。
強い力を使わなくても、相手に必要な刺激がきちんと伝わるということです。
肩に力が入っていないとか、息が止まっていないとか、そう言う状態でもあります。


患者さんの受ける印象が変わります。
姿勢が良い、生理的に楽な状態、無理無駄のない状態の整体師に触れられると、必要以上の力が加わることがありません。
必要な力が真っすぐに歪むことなく伝わります。
無理に力を入れていない手で触れられるので、柔らかな手で触れられることになります。
だから受ける印象が柔らかく気持ち良いものになります。


自分が楽になります。
当たり前です。
無理無駄な力を排除しているので、楽に体を使うことが出来る。
だから整体はやっているうちに、どんどん自分が楽になる。
もちろん筋力的には疲れはあります。
ただ、姿勢が良い状態だと、血流や呼吸が楽になる分、身体は整っていく感覚があります。
これは多くの整体師も言っていることだと思います。


だから姿勢を気にします。
以前からそうでしたら、アレクサンダーテクニークを取り入れてからは、姿勢を整える方法も話をするようになったので尚更です。
てあて整体スクールは姿勢を気にする整体スクールです。


触診・てあて整体スクール

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230
見学申し込み >>>

てあて整体スクール 授業見学について 2020年9月

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール 東京校・名古屋教室では9月も授業見学を行っています。
授業が始まる30分ほど前に来て頂いてスクールの説明を聞いた後、一日授業を体験することが出来ます。
てあて整体スクールで指導している指針整体やMETは、他にはない独特な手技です。
押さない揉まない体重をかけない指針整体や、ボキボキしない骨格調整のMETを一度体験して下さい。
授業の見学や整体体験は無料で受けて頂くことが出来ます。


東京校 授業スケジュール
日程 : 5日(土)・ 6日(日)・ 7日(月)
    12日(土)・13日(日)・14日(月)
    19日(土)・20日(日)・21日(月)
    26日(土)・27日(日)・28日(月)
時間 :土曜 10:00~、日曜 16:00~、月曜 10:00~
場所 :東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
申込 :teate@nifty.com


名古屋教室 授業スケジュール
日程 :22日(火)・23日(水)・24日(木)・25日(金)
時間 :10:00~
場所 :愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
申込 :teate@nifty.com


どうして基本が大切なのか。

読了までの目安時間:約 6分

どうして基本が大切なのか。
てあて整体スクールでは基本を大切にしています。
当たり前だと思うでしょ。
でもこれが意外にそうではないのが現代なんです。
では整体師にとっての基本とな何か。


・患者さんの状態が分かること。
・患者さんの体(骨格・筋肉)の調整が出来ること。
・痛みや症状の原因が分かっていること。


なんだ当たり前か。
そう思われた方が多いと思います。
でも、最近の世の中の様子を見ていると、そうでもな動きがあるように思います。


患者さんの状態が分かること。
患者さんの状態が分かるためには、触診が出来ることが必須です。
体の上に手指を置いて触れて、骨格の歪みや関節の硬さ、筋肉や筋膜の硬さや動き、温かさや張り具合などを調べるのが触診です。
てあて整体スクールでは入学当初から触診の練習に時間を取り、触診の出来る手指を作ることに時間を割いています。
触診の順番や触診する場所は一度教えられれば分かります。
でも、分かることと出来ることは違います。
背骨(脊柱)に沿って指を当てて行く、というのは分かります。
では、背骨(脊柱)がどこにあるのか、は意外に分かりません。
分からないというか正確には触れられない。
それを正確に触れられるようにするのが、まず第一です。
正確に触れられるようになったら、ソコが歪んでいるのか硬くなっているのか、動きが悪いのかなどを、指から感知します。
この、指から感知、というのが曲者です。
触れれば分かる、と思っていたら大間違い。
最初は触れても分かりません。
というか断定出来ない。
触れれば分かることを、最初は断定できないものです。
先ずは量をこなすこと、沢山の体に触れてみることが大切です。
そうやって少しずつ、解像度を上げて行くのが触診の”練習”です。


触診だけでなく、患者さんの状態を知るには問診も大切です。
問診は問診票に書いてもらうだけでは不十分です。
書きたくないことは書かれていないし、忘れたことも書かれていません、そんなに大切じゃないと患者さんが判断したことも書かれていません。
それらを引き出す話が必要です。
そのためには整体をしている最中に話をすることが必要になります。
話をするというのは、手を動かしながら口も動かすことで、同時に頭も働かせている。
だから、てあて整体スクールの授業は雑談をしながら手技の練習をします。
特に指針整体は全身の順番が決まった整体なので、整体をしながら口を動かす練習をします。
見学に来ると少し驚かれる方もいます。
もちろん手技をしないで説明だけすることもありますが、説明は手技をしながら手を止めないでしたりすることもあります。


調整が出来ること。
患者さんの体(骨格・筋肉)の調整が出来るというのは、痛みを取ることとは別です。
痛みを取るためにする手技を指導している先生もいます。
でもそれは応用編だったりアドバンスクラスだったりします。
先ずは患者さんの骨格の歪みやズレを元に戻す。
動きが悪くなった関節の動きを動きやすくする。
硬くなってしまった筋肉を柔らかくする。
そういうベーシックな調整が出来ることが大切です。
例えば、背骨が真っすぐでも、動きがなくなっていたら、その背骨の動きが出るように調整することが出来なければいけません。
ただ、右にズレている左にズレている骨を戻すだけの手技だけでは、ちょっと足りないということです。


痛みや症状の原因が分かること
最近になって「腰痛はコレだけ!」「5分で肩こりをなくす!」みたいな手技を見かけます。
確かに腰痛や肩こりが治ると思います。
でも、整体院には本当に沢山の患者さんが来ます。
特に最近は整形外科病院に行っても接骨院に行っても治らないという方たちが来ています。
普通の肩こりや腰痛の方も来ますが、そう言う他で見てもらっても良くならない人たちが来る。
それに患者さん全員が同じ原因で痛みを発していて、同じ調整法ややり方で良くなるということはありません。
必ず初めての症例や今まで聞いたことがない症状、学校や仲間や先輩からも聞いたことがないことを言う患者さんが来ることになります。
そんな時に必要で大切なことは、自分の頭で原因を考えられるかです。
自分で組み立てが出来るのか。
そこがポイントになって来ます。
てあて整体スクールでは腰痛や肩こりの原因のパターンも話はしますが、どうして痛みが出てしまうのか、それにはどんな対処法があるのかなどの話もします。


患者さんの状態が分かり。
原因を自分で考えられ。
その原因を元に戻すような手技が身についていること。
これが基本だと思っています。
だから基本は大切だと思います。
応用が悪い訳ではありません。
でも、先に勉強し身に着けるのは基本の方だろうと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

名古屋教室の授業でした。

読了までの目安時間:約 3分

名古屋200819

木曜まで名古屋教室の授業でした。
本来は金曜までですが、都合により生徒さんが来られないということで最終日はお休みにしました。
ま、こういうこともあります。
新型コロナウィルス感染症にどう対処するのか、というのは自分の行動規範がどんなことになっているのかを考える上でも興味深いことだと思います。

卒業生が数人授業に来ていたので、手技のチェックをしました。
卒業後の手技にはあまり口出しをしないことにしていますが、卒業して暫くの間は注意をします。
もちろん希望されれば5年経とうが10年経とうが注意やアドバイスをします。
でも、卒業生は卒業生。
一人前の整体師としてお付き合いすることになるので、自分で手技をアレンジするのも自由です。
ただ、卒業して3年から5年位はアレンジしない方が良いとアドバイスもしています。
自分流にしてしまって良いのは、10年を超えたくらいからではないかと思います。
それまでは素人に毛が生えたくらいのものですから。

「いろいろな手技を学んで自分流にアレンジし、新しい体系を作り上げた。」
なんてのはたいがいはあまり良くありません。
全てとはあえて言いませんが、でも無理でしょう。
勉強したばかりでは、その手技はまだ自分の身になっていないし、効果も影響もまだ分かっていません。
アマチュアがプロの技術を批判したり評価することがよくありますが、それはアマチュアの目から見たことで、プロの目からは違う世界が見えています。
イチロー選手に野球のアドバイスするようなものです。

でもまあ、それくらいの意気込みがあるのは悪いことではないとも思います。
出来れば5年位は頑張って先達の作り上げた体系を体現できるようになってもらいたいと思います。

昔の言葉で「守破離」というのがありますね。
武術や伝統芸能などで、先ずは「型」を身に着けて徹底的に、それまで作られてきた伝統的なものを守る。
その上で様々な修行や練習や研究を重ねることで、「型」を「破る」。
それを続けて行くことで、「型」から「離れて」自在(自由・融通無碍)になることが出来る。
というようなことです。
先ずは型を守ること、それを続けながら自分の型を見つけて行くこと、その上で続けていると、型から自由になることが出来る。
かもしれないですよ。

「型」がなければ「型なし」
「型」があるから「型破り」
なんて言った人もいましたね。

練習練習。

GDPと整体

読了までの目安時間:約 3分

2020年4月から6月期の国内総生産(GDP)が速報値ではあるが、前期比7.8%減、年率換算では27.8%減になったらしい。
恐ろしい数字だと思います。
こんな数字今までに見たことも聞いたこともない。
リーマンショックの時だってここまでは酷くなかった。(09年1~3月期 年率17・8%減)

どうなんですかね。

自分の目で見聞きしているのは、市中の店舗の状況くらいで、あとは患者さんの話。
飲食業や流通小売りの中でも服飾や装飾品などはかなり厳しい印象を受けています。
売上9割減なんて言っているところもありますが、本当に9割減だったら言っていられるのもあと数か月で、それ以降は店を締めなくてはいけなくなってしまうんでしょう。
だって固定費は出ていきますから。
持続化給付金や協力金も出ていますが、ある程度の店になると春くらいから夏過ぎ位までしか手当出来ない金額だろうと思います。
患者さん達は大変とは言っているが、給料が減るという話にはまだなっていない。
失業率は7末の速報で6月が2.8%位でまだ止まっている。
日本の企業は意外に頑張っているんだろうと思います。
外国と違って雇用を切るということは難しい仕組みになっているのが、良いんだろうと思います。
ただまあ、それも正社員の話で、非正規雇用の人たちは売上にある程度比例している部分もあって、これはまたかなり酷い状況もあるようです。
(イギリス 4%、フランス 8%、アメリカ 12・3%位。)

リーマンショックの時は整体の勉強をする人が増えました。
今回はどうなんでしょうか。
受け入れ態勢は出来ていますが、気持ちがどう変わっているのかが分かりません。
何か新しいことを始めるのであれば、将来に向けて準備をしようというのであれば、自分の状況が酷くなる前に動き出す方が良いと思います。
少なくとも状況が悪くなる前に考え、様々な選択肢があるうちに決断をすべきだろうと思います。
焦ると良い考えは浮かびませんから。

整体師は自分の体に技術や知識を付けるものです。
会社や組織を使わない分、身軽に行動が出来ます。
さまざまな形態で仕事をすることが出来るし、どこでも仕事をすることが出来ます。
勉強したことは体から抜けてなくなることはありません。
少しずつ練習を続ければ、積みあがって行き深みが増していくものです。
もし整体師やセラピストってどうなんだろうと思ったら、連絡をください。
授業の見学や整体の体験だけでなく、業界の話や起業のこと就職のことなど相談に乗ります。
いつでも待ってます。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

8月18日から21日は名古屋教室で授業です。

読了までの目安時間:約 4分

******************************

来週、8月18日から21日までは名古屋教室で授業です。

今月も予定通り行います。

授業見学なども受け付けていますのでよろしくお願いします。

******************************

感染症予防には注意を払って授業を行いますが、心配なスクール生や卒業生はお休みして下さい。
こういう時には自分で調べ考え判断することが大切です。
誰かに言われたことを守るというのは、整体など手技療法を行う人としてはダメですね。
また、開業を目指している人にとっても、そう言う判断方法ではダメです。
自分で調べ自分で判断する。

てあて整体スクールはその判断を尊重します。

なので休んでも何の問題もないし気にしません。
どうして来ないんだとか、どうして来たんだとか、そう言うことは言いません。
安心して自分で判断して下さい。
そういう練習をする場でもあります。

国ではGoToキャンペーンをやっていて、地方では帰省は自粛してと言われています。
接待を伴う飲食は自粛しても、満員電車の自粛は聞きません。
要・急(不要不急ではない)の用事については、そもそも自分で判断しましょうというメッセージでしょう。
不要不急でない場合は、仕方がないでも、大丈夫でも、許されるでもなく、自分で判断することです。

どこも感染者数は増えていますが、東京では陽性率は6・7%で横ばいです。
どちらかと言えば愛知の方が率的には高いですね。
そもそも陽性者と感染者と発症者の違いもはっきりしていません。(調べた限り個別には分からない。)
だから心配ないとは思いませんが、今のところ感染予防を徹底した上で、仕事は出来るだけ通常通り行うことにしています。

先月、PCR検査を受けて7月17日に陰性になりました。
症状は全くなく熱もありませんでしたが、名古屋に行くのに確認のために受けました。
とは言え陰性だったからと言って、それはその時点での状態で、当日以降どうなっているかは分かりません。
ただ、それまでの感染症予防の対策が、効果がなかったことはなかっただろうというくらいのことは考えても良いと思っています。
仕事の性質から一日に数人の人としか会いませんし、会っていても(患者さん)お互いにマスクをし、整体後のお話も1メートル以上の距離を空けて、互いに斜め前を向いたままマスクを着けたままで、帰った後は患者着るタオルなど全て洗濯、手指の触れた場所などはアルコール消毒をしています。
外で飲むことはなく、外で食事をすることも殆どありませんが、もししたとしても一人誰とも話をせずに食べています。

てことで、来週は名古屋に行きます。
宜しくお願いします。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

マッスルエナジー・テクニックはどんな手技なのか

読了までの目安時間:約 3分

マッスルエナジーテクニック(MET)は骨格調整だけでなく筋肉調整も出来る手技です。
てあて整体スクールでは筋肉と骨格調整の殆どをこの手技を使って行っています。


PNFと関節モビライゼーションを併せた手技


と、METの本の副題にはあります。
PNFとは神経筋促通手技のことで、ファシリテーションテクニック(促通手技)の一つです。
ファシリテーションテクニックは神経と筋肉の持っている独特の性質を使って筋肉を緩めたり、動きやすくしたりする手技の総称です。
スポーツの現場などで使われることがよくあるので、聞いたことがある人もいるかもしれません。
関節モビライゼーションとは関節を動かしていく手技のことです。
荒木の感覚としては、テコの原理を応用して関節のズレや歪みを調整している印象です。
どちらもやっていることは同じで、患者さんに2・30%の力で動いてもらい、これに抵抗を加えて動きを止めることで調整します。
弱い力を使って調整するので、ボキボキ調整音が鳴ることもなく、安心して使うことが出来ます。


MET1・てあて整体スクール

METの特徴は上にも書いたように、弱い力を使うというところです。
力を使わないので整体師にも負担がなく、当然、受けている患者さんへの負担も少ない手技です。
ボキボキもしないので、調整による事故の心配もありません。
また、様々な部位の調整を行いますが、全て同じ原理を使っているので、原則的にやっていることは同じです。
患者さんに2・30%の力を入れてもらい、これに抵抗を加えて止める。
その後にゆっくりストレッチしたり、ゆっくり関節を動かすようにしたりします。
首でも腰でも膝でも同じことです。
部位が違うので姿勢や持つ位置などが違っているだけ。
繰り返し練習していると、狙った部位が緩んだり動いたりするのが、手指から伝わってくるようになります。


てあて整体スクールには骨格調整だけを学ぶコースもあり、他の整体学校や整体専門学校などを卒業された方や、ダンサーやピラティスやヨガの指導者も受けに来てくれています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

1 2 3 76
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019