整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 

カリキュラム・授業料などの変更について

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。
てあて整体スクール 荒木です。


てあて整体スクールは現在(2020年6月)、新規の生徒さんの募集を止めております。
新型コロナウィルス感染症の影響で4月5月は募集を中止しておりましたが、その後の6月も募集をやめているのには理由があります。
カリキュラムや授業の受け方や授業時間、授業料などの見直しを考えています。
少し前にこのブログに書いた時には、見直しを考えているがそのままになるかもしれないと書きましたが、たぶん変更になると思います。
授業内容はそれほど大きな変更にはなりませんが、授業の受け方についてはかなり大きな変更になると思います。
今のところ6ヶ月のカリキュラムを12ヶ月(実質10ヶ月)にしようと思っています。
倍ですね。
期間が倍になります。
替わりに1日当たりの授業時間を4時間から3時間に変更する予定にしています。
とは言えこれまで通り、授業の無料リピート制は継続する予定です。


ここのところ3年位の卒業生の在籍日数を計算してみました。
驚くことに約2年(24ヶ月)在籍されていました。
基本のカリキュラムは6ヶ月なので、平均して4クール受講していることになります。
同じことを4回も受けてから卒業される方が殆どだったということになります。
(3年前に特に長い期間在籍される方が多かったので、直近2年だともう少し短い期間になります。)
驚きました。
ちょっと本当に驚きました。
ここ5年くらいはそういう傾向があると思っていました。
スクールを始めた15年前は平均して、8ヶ月から10ヶ月くらいで殆どの方が卒業されていました。
それが最近は2年近くになっていたことになります。
そして基本カリキュラムは6か月です。
こうなると、荒木の指導法や心構えが実情と合っていないことになります。
半年から1年の間に卒業してもらおうと思って指導しているのと、(結果的にではありますが)2年近くをかけて卒業している生徒さんとでは、一回当たりの授業に求めるものも違います。
ゆっくり勉強しようと思っている人に、今日、覚えてもらおうと指導している訳ですから。
リピート受講はきちんと出来るようになってから卒業するためには必要なシステムだと思っていますが、それが逆に長期間いることが出来るための甘えになっていないかという気持ちもあります。


今回、基本的なカリキュラムを1年(12ヶ月)にしようと計画しているのは、その溝を埋めようと思ったことが一つです。
1年位をかけて手技や整体師・セラピストとしての考え方を体に染み込ませるように指導するように、指導方針を変えます。
そのために入学してすぐの時期には指針整体を受けてもらえるようなカリキュラムにする。
そうなると、入学時期がいつでもOKというのは難しくなります。
現状では年に4回の入学時期に変更して、それ以外の月には入学が出来なくすることになると思います。
その上で時間がやっぱり足りない人にはリピート受講をしてもらえるようにリピート制は残します。


もう一つは必要最小限だけでなく、プラスアルファを身に着けて貰いたいと思います。
半年間6か月で整体師に必要な最小限の技術知識を身に着けてもらうということを目的に指導して来ましたが、必要最小限の技術・知識では心配がぬぐい切れない人が増えました。
10年前と違い慎重になっている人が多いということだと思います。
大丈夫だよ。
心配しないで。
やってみれば良い。
というのは簡単です。
だってやってみれば出来し、それだけの技術・知識は身についているから。
でも、心配があってはそれが出来ません。
心配を減らすためには、臨床経験が必要です。
それをカリキュラムやカリキュラム以外にも組み込んでいくことを考えています。


もう暫くしたら新たな体制で募集を始めようと思います。
入学を考えている人で何か疑問や質問があれば、いつでも連絡下さい。
お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

6月は生徒募集をしません。

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。
てあて整体スクール 荒木です。


2020年6月は生徒募集を行わないことにします。


新型コロナウィルス感染症の影響で4月は授業をお休みし、5月にはオンラインで授業を行い、6月に入って毎週の授業を再開しました。
さあこれからというタイミングですが、6月は当面新規生徒さんの募集を行わないことにしました。
これまでにも色々なタイミングで、授業内容や授業時間数、期間や授業料などを検討し変更して来ました。
今回は少し時間を取って考えなければいけないのではないかと思っています。


このところ入学される生徒さん達は、在学期間が平均すると一年程度になっています。
じっくり学んで納得いくまで勉強し身に着けるという方が増えているようです。
整体は全く初めてで体のことも基礎から学びたいという方が多くいます。
整体を受けたことはあるが、揉み解し系が多く調整を受けたことはあまりないような方々です。
また10年前と比べれば生徒さんの人数も少なくなって来ています。
きちんとした整体やセラピーに対する需要は増え、今までよりも整体師やセラピストなどの職種に対する重要度も深まると思います。
ただ、感染症の蔓延でここから半年くらいは、整体やセラピーなど接触する必要のある学びも敬遠されるのではないか、ということも実はあります。
このタイミングで少し時間を取って、どんな人たちにどんな内容を提供していくのかを考えたいと思います。
考えてみたらやっぱり今までのままということになるかもしれません。
ひょっとして期間が増えるかもしれないし、逆に短くなるかもしれません。
授業料も増えるかもしれないし、減るかもしれません。


授業見学は受け付けます。
問い合わせも受け付けています。
指針整体とマッスルエナジーテクニックによる骨格調整を基本とすることは変わりません。
だから卒業した時の整体師としてのスキルは今までと同じだと思います。
(在校生の皆さんは心配なく!)
大変申し訳ありませんが、少しだけ時間をください。
宜しくお願いします。

てあて整体スクール 荒木


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

2020年6月 授業見学・整体体験のお知らせ

読了までの目安時間:約 4分

4月5月と自粛をしていました、てあて整体スクールの授業見学・整体体験を6月から再開します。
人に触れる仕事は今まで以上に重要度を増し価値が上がります。
整体師やセラピストはなくてはならない仕事として、今後伸びていくことが考えられます。
( 詳しくは後半 )
このタイミングで時間をかけて手技や考え方の勉強を初めてください。





授業見学・整体体験
日時:6月 6・7・8日
     13・14・15日
     20・21・22日
     27・28・29日

   土 9:30~,日 10:00~,月 9:30~

場所:てあて整体スクール
   東京都練馬区東大泉 5-27-18-A

申込:teate@nifty.com
  申込フォーム >>>

名古屋教室 23・24・25・26日 詳細 >>>


どうして整体やセラピストの重要度が高まるのか。

新型コロナウィルス感染症により「新しい日常」や「新しい生活様式」が提案されています。
人と人はソーシャルディスタンスを取り、三密は避けるように。
出来るだけ人と触れ合う機会を少なくするようにというようなイメージです。
確かに暫くの間はそれがとても大切なことになります。
ワクチンや治療薬が出来るまでは、感染自体を避けることが大切だからです。
では暫くしてワクチンや治療薬が出来たら、昔と同じような日常に戻るかというと、そうはならないと思います。
今回のことでリモートワークやオンラインで出来る仕事がこんなにもあるということが証明されてしまいました。
通勤ラッシュに乗るくらいなら、郊外で生活をしながらリモートワークをする方が、社員の健康にも良く交通費も家賃も掛かりません。

そうなると今までよりは日常的に人と触れ合う機会は減ってくることになると思います。

とは言え、何度も書いたことですが、人間は哺乳動物です。
接触刺激や圧迫刺激を快と感じ、近くに長時間居る人に好意を持つ動物です。
そうでなければ社会は形成されず、腕力の弱い人間は生存戦略上的には負けてしまうことになってしまいます。
人と近くに住み集団を作ることが人間に生来備わった性質だと思います。

休みや自分の時間が増えた時に、仕事でのストレスや足りなくなって来た人と近くに居ることや接触を、気持ちとは関係なく人は欲することになると思います。
何となくマッサージを受けたいとか、誰かの隣に居たいとか、触れられるだけで身体や心が楽になることの大切さが見直されてくることと思います。
整体師やセラピストの手は、人の本質的なところ根源的なところに響くツールになってくることになります。
すぐに開業というのは難しいかもしれません。
ただ、必ず必要になり受容が今にも増して増える分野であると思います。

人に喜ばれる仕事。

まさにそういう仕事になります。
指針整体で軽く心地よい刺激を与えられる整体師になって下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-6922-7230

てあて整体スクール オンライン説明会

読了までの目安時間:約 2分

5月中はスクール授業も短縮授業を行っています。
スクール説明会や指針整体体験は6月以降に行う予定にしています。
そこで、5月中にオンラインでスクール説明会を行うことにします。
夏や秋以降に整体スクールの入学やセラピストを目指している人は、ご自宅で「てあて整体スクール」の説明を聞いて下さい。
オンライン・ツールはZOOMを使います。
使ったことがない方でも出来るように、最初に少し時間を取ります。


てあて整体スクール オンライン説明会
日時 : 5月23日(土)18:30~
申込 : 氏名・住まい(地域でも可)・資料の要不要明記
     teate@nifty.com
参加 : Zoomを使います。
     事前にZoomをダウンロードをお願いします。
内容 : 通学方法やカリキュラム、特徴などを説明します。
     質問タイムあり。
     なんでも答えます。
資料 : 必要な方はPDFファイルで送ります。


オンライン説明会・てあて整体スクール

整体師という仕事

読了までの目安時間:約 4分

一昨日から整体院の営業を再開しています。
4月1日から一か月お休みをしました。
営業自粛に入る直前に予約のあった患者さんに連絡をし、1人を除いた他全員に5月への予約変更をお願いしました。
連休中に1人だけ6月に再度予約変更の連絡がありましたが、その方は病院勤務の方で、今は職場(病院)以外には外に出ない方が良いとの判断でした。

久しぶりに患者さんの身体に触れると、皆さん筋肉が重く、動きが止まり、停滞しているようなイメージになっていました。
硬くなっているのとは少し違い、動いていない動けていない動かそうとすることが出来ない感じです。
いろいろな話をしながら、身体の奥に眠っている流れを探し、チョロチョロと流れていた地下水脈を少しは見えるような流れにするようにしました。
元通りにはなりませんが、もうちょっとで動き出しそう、という感じにはなりました。
それでも。

いや~良かった!
やっぱり2か月は無理ですよ!
ナンカ背中がふわふわする。

と言って頂きました。
「患者さんの笑顔が目の前で見られる。」ことが、整体師としてのやりがいだとか喜びだとか、そんなことを開業して5年目くらいいや10年目くらいまでは言っていました。
それを少し忘れていたのを思いだします。
いや。
良い仕事ですよ。
自慢出来る仕事だと思います。
ひそかにそんな風に思ってます。

昨日も同じような意味合いのことを書きましたが、今回の新型コロナウィルス感染症は自分の仕事について少し考える契機になりました。
緊急事態が起こった時に、営業を自粛するのかしないのか。
人が生きていく上での重要度の、どのあたりに自分の仕事はあるのか。
食べ物や病院などは最後まで自粛出来ません。
それがないと直ぐに生きていけなくなるかもしれないからです。
2・3か月前に言われていた、では芸術や文化はどうなんだろう。
最初の頃にも書きましたが、芸術も文化も芸事もそれがなくては人として生きていけなくなります。
食料よりは優先順位は後になるとは思いますが、今、自粛生活の中で音楽や様々な映像がなくなったらどうなるかは、考えてみればすぐに分かる。
では自分の仕事は・・・と思います。
それが確認できたのも良かった。
1か月休んでおいてなんですが、やはりなくてはならないモノでした。

整体師になりたい人が増えると思っています。
ただ、すぐに習い始めようという人は増えないと思います。
まだ、暫くは人と近距離で触れあっての授業は怖い人もいるでしょう。
6月からスクール見学や整体体験を受け付けます。
秋くらいから勉強始めませんか。
整体師はやっぱり良い仕事です。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

協力金と給付金

読了までの目安時間:約 4分

東京都感染拡大防止協力金と政府の持続化給付金の申請をしました。
都の協力金は会計士や税理士など専門家に、事前チェックをしてもらってからだと迅速に対応されるとのことだったので、毎年決算をお願いしている会計士に資料をまとめて送り申請してもらいました。
正確に言うと、荒木が申請するものを会計士に事前チェックしてもらいました。
政府の方はパソコンから出来るとのことだったので、事前に資料を集めておいてパソコンから入力しました。
入力自体は10分くらいで終わりました。
意外に簡単でこれだと不正申請する人はいるかもしれないなと思いました。
とは言えこういう時は仕方がないのかなと思います。

申請しただけで給付されるかどうかは分かりませんが、政府の持続化給付金は金額が大きくなって少し驚きました。
目の前では毎月一か月分の売上を見ているので、年間で計算してみると大きな数字になります。
その数字(金額)を見て、考えてみればこれから半年くらいはこの状況が続く可能性があるということだと、改めて思いました。
能天気なのか何なのか、厳しい状況も分かっているし、楽な状態でもないし、明後日までは休業中なんですが、そうかそうだったかと思いましたね。
以前もどこかで書いたかもしれませんが、開業して売上が厳しいい時、家賃や光熱費や自分の生活費を振り込んだ後の、会社の月末銀行残高が数万円になったことがありました。
次の月末までに売上が回復しなければ、支払いが出来ない金額です。
何もしなかった訳ではなかったので、それまでの仕掛けや準備や対策が奏功して、何とか乗り切りました。
心が震えたし怖くて心配でしたけど、でも何とかなった。
この、何とかなったという経験があると、今のような状況も少しは楽なのかと思います。

今回は二つのことを考えておく必要があります。
一つは目の前の危機の乗り切り方。
感染症という病気に対してどうするか。
この状況での売り上げなど経営についてどうするか。
そしてもう一つは少し先のことです。
コロナ後という言葉が出て来ています。
社会が変わるのではないかという話です。
それは人と人との関わりの話だったり、生き方の話だったりするようです。
ここで考えておくべきことは、今の仕事の形態や業態や方針や方法を少し先まで続けるのかどうかということです。
リモートワークやオンラインでの仕事に切り替える、というのは目の前の業務に対する対処です。
整体やアレクサンダー・テクニークや整体の指導などオンラインでは難しい(と荒木は思っている)ことについて、どう考えるのかということです。

考えると意外に難しいかもしれないし、意外に簡単かもしれません。
哺乳類にとって接触刺激や圧迫刺激は快刺激です。
触れることで安心する部分がある。
それは生まれつき生まれる前から備わった、哺乳類や人間にとっての生存戦略でもあると思います。
この部分が無くなることは、たぶんない。
というのが荒木の考えです。
逆に増えて来るあるいは重要になってくると考えています。
ではどんな形なのか。
はたまた形を変えるのとは違う何かがあるのか。
考えはまだまとまりませんが、触れる仕事は、今は厳しい状況にあるかもしれませんが、今後は更に一層大切さを増していくだろうと思います。

5月7日から営業再開します。
いろいろと対策をしながら始めます。
スクールも短縮授業で再開です。

とは言えもう一か月はプライベートの自粛生活は続きます。
頑張りましょう。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

緊急事態宣言と営業自粛について

読了までの目安時間:約 5分

今日で丸々一か月営業自粛をしました。
一か月もの間、営業をしなかったのは、開業前に会社を辞め半年は遊んで暮らそうと思っていた時だけです。
実際には半年間も遊んで暮らすことは出来ず、2か月くらいで仕事をしたくなり、会社を設立し物件探しをし開業準備をしました。
人間、意外に遊んでばかりはいられません。
今回の営業自粛も、整体とスクールはやっていませんが、ストレッチ動画の更新だったりブログの更新だったり、スクール資料の見直しやパンフレット作り、オンライン講座の準備と実施や、マスク作りなんてのもやっていました。
こういうの貧乏性って言うんでしょうか。


緊急事態宣言はきっと延長されると思います。


とはいえ、営業自粛は5月6日で終わりにするつもりです。
二か月以上も患者さんを待たせる訳にはいかない、という気持ちです。
今日も電話を頂いて、来週の日曜に予約を頂きました。
営業自粛して協力金を申請する方が、資金的には楽なんじゃないかと思ったりしますけど。
それよりも、これ以上デスクワーク的なことばかりでは、気分的にも持たないし。


ニュースやテレビやインターネットから様々な情報が入ります。
どれもが信ぴょう性がありそうにも見えるし無さそうにも見えます。
昔から人の言っていることをそのまま鵜呑みにしない性格で、今回も自分で考えるために数値をチェックしました。
東京都が新型コロナウィルス感染症対策サイトというのを立ち上げています。
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
ここには様々な数値が掲載されてます。
ここで3月からのPCR検査の検査数と陽性者(感染者)数が出ています。
この二つの数値を表にしてみました。
検査数と陽性者を1週間ずつ合計を出して陽性率を計算しました。
一週間というのは、1~7日、8~14日というように、計算するのではなく、1~7日、2~8日、3~9日と言うように毎日その日までの一週間の合計を出して、それを比較していきました。(移動平均法というのだと思う)


検査数は4月第一週から、ずっとおよそ週2000件で推移しています。
陽性者数は4月14日までの週で1124名となったのがピークで、それ以降徐々に減少して27日までの週は764名となっています。
また、陽性率は4月18日の64%をピークに、27日では38%まで下がってきています。


感染者数のグラフを作ってカーブを眺めていると、感染者数が一桁に落ちるのにはあと1か月くらい掛かりそうです。
とは言え感染者数も減少傾向にあるのは間違いがないと思います。
感染率が下がっていないということが言われていますが、ここに書かれている数値を見ている限り、4月中旬以降から下がっているんだろうと思います。
もちろん3月には10%から30%くらいだったので、そこと比べると上がっていますが、トレンドとしては漸減傾向にあると言えます。
この数値に含まれない感染者や死亡者などがいると言われているのも知っています。
しかし現状は全体の傾向はこの数値で見るしかないと思っています。
まだまだ、気を緩めるには早いことは分かっていますが、てあて整体院の患者さんの殆どは地元で自転車か徒歩でいらっしゃいます。
電車を使う方も通勤途中で降りて来るという方々です。
新たに外出機会を増やすことには、ほぼつながらないかと思っています。
また、一対一ではありますが対面には殆どならないし、マスクをし窓を開け手洗い消毒などを行いながらやろうかと思っています。
スクールもこのタイミングで同時に始めます。
こちらはリピート受講や繰り返し練習が出来るので、それぞれの判断で通学するかは決めてもらいたいと思っています。


という訳で来週から営業を再開するつもりです。
断定しないのは、何があるか分からないからですが、よほどのことがない限り始めます。
皆さん宜しくお願いします。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

てあて整体スクール オンライン(Zoom)説明会(4月25日)

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールは東京都の発表などを受けて、3月末からお休みをしています。
これに伴い4月中はスクールの見学会や説明会もなくなってしまいました。
そこで、オンラインでの説明会を計画しましたのでお知らせします。
お時間と興味のある方は連絡下さい。


てあて整体スクール Zoom説明会
日時 : 4月25日(土)14:00から30分から1時間
申込 : teate@nifty.com
     メールに氏名・お住まいの場所を記載して連絡を下さい。
方法 : 申込の後、こちらからZoom招待メールを送ります。
     メールに貼ってある「Zoomミーティングに参加する」の下のリンクをクリックする。
内容 : てあて整体スクールの授業内容
     授業の通い方
     質問にお答えします。


申込はメール(teate@nifty.com)でお願いします。
Zoomはスマホやタブレットやパソコンなどで参加することが出来ます。
気軽に参加してみて下さい。


JATS京都での荒木・てあて整体スクール

東京都緊急事態措置 対象施設について詳細が発表されました。

読了までの目安時間:約 4分

東京都から緊急事態措置が発令されて、4月13日夜に休止(休業)対象施設について詳細が出ました。
その内容はこちら。

対象施設FAQ(令和2年4月13日19時00分)
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1007679.html

整体院をは「3 社会生活を維持するうえで必要な施設」の中の、医療施設に「整体院」と記載されており、休止要請の対象外となっています。
但し書きとして「(※)※有資格者が治療を行うもの。」とあります。
たぶん、東京都の担当者に誤解があり、これを読む一般の方々にも誤解が出るのではないかと思います。
整体師は民間療法で国家資格にはなっていません。
つまり整体師という国家資格はありません。
ここで言う有資格者とは多分国家資格のことを言っていると思います。

整体師という国家資格がないのに、有資格者の整体師とは誰のことを言っているのか。
整体師で有資格者として考えられるのは、自分の知っている限り、理学療法士や鍼灸あんまマッサージ師、看護師や介護士の方々で整体師をやっている人達。
それぞれが有している国家資格ではなく、民間療法として整体師を名乗り仕事をしている方々のことではないのかと思います。
表を見ると、病院・診療所や柔道整復、鍼灸あんまマッサージ師なども対象外となっているので、どうして整体師という名前が出たのか分かりません。
整体師と書かなくても、病院や診療所が書かれているので、理学療法士や作業療法士などの方々は含まれているからです。

という事で東京都に問い合わせしてみました。
「整体師」の「有資格」の部分については問い合わせが多く、疑義があるということで、今検討中ということでした。
やっぱり少し曖昧で誤解があったようです。
そして、給付金が受けられる受けられないについても詳細を検討していて、明日くらいには出したいと言っていました。
休止要請対象だけが受けられるかどうか、要請対象外であっても協力した場合はとか、疑義があってどちらとも決めがたい場合についてはどうかなども検討して頂いているようです。
けっこうちゃんとしてるね。と思いましたね。
当たり前か。

いずれにしても、てあて整体院・てあて整体スクールは営業自粛中です。
既に患者さんと生徒さんには全員お知らせしました。
キャンセルが相次いだとか、予約の時期をずらして欲しい連絡が増えたとか言うことではありません。
全員に荒木から連絡をして変更をお願いしています。
だから本当に自主自粛です。
感染拡大を防ぎたいという気持ちからで、患者さんには協力頂いて感謝しています。
とは言え、少し考える余地もあるかなと思います。
今週と来週の感染者数の動きなどみて、5月に入ったら営業を再開するかもしれません。

朝令暮改。
君子豹変。(君子じゃないけどね。)
機を見るに敏。

まあ、こんな時は前言にとらわれることなく考え行動することです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

この時期に転職など考えている人に

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。
このところ毎日、新型コロナウィルス感染症のニュースばかりが流れ、皆さん不安やストレスを感じているかもしれません。
整体院だけでなくセラピーをやっているサロンはどこも、こんな時にこそ来てもらって不安やストレスを軽くしてもらいたいと思っています。
そのことが体の調子を整えホメオスタシス(恒常性)を維持し、免疫力を上げたり俗に自然治癒力と呼ばれているものを改善したりすると考えています。
ところが今回は感染症です。
三密(密接・密集・密閉)を避けなければいけません。
つらいところです。
てあて整体院もスクールも考え考えに考えに考えて、営業自粛をしています。
逆に考えに考えに考えに考えて、営業自粛をしていないサロンや整体院もあります。
どちらにも理があると思っています。
一概に言えないのが辛いところです。


外出自粛をしていると、転職や独立や開業について考える人も増えると思います。
どうなんでしょうか。
整体やセラピーは。
これから成り立っていくのでしょうか。
必要とされているんでしょうか。


少なくとも体のプロは必要とされるでしょう。
最近は体を動かすことが減りました。
交通機関が発達したこともあり、通信手段が発達したこともあります。
電車や車だけでなくベビーカーやお迎えのバスから始まり、自転車やエスカレーター、エレベーターなども交通の手段です。
スマホは通信手段としてだけでなく、手元にあるコンピュータとして、図書館や映画館やテレビやラジオや雑誌や本だけでなく、財布や通帳としても機能を始めています。
動かなくても済むようになっている。
体育の授業が減っただけでなく、ヴァーチャルで経験したように思えることもある。
実際の体験や感覚は分かりずらくなっています。
筋肉痛が出ただけで、痛み止めを飲んだり授業を休む人も出てきている。
体のことを相談できる人が必要になってくるのは当然のことと思えます。
最近になってパーソナルトレーナーやピラティスやヨガのインストラクターが増えたり、パーソナルレッスンが増えているのも、この流れの中の一つと考えられます。
当然、整体師やセラピストもこの中にあります。


そういう意味では必要とされる職業、というか職種だろうと思います。
ただ、「整体師」という名前で仕事をするかどうかは分かりません。
〇〇整体院という名前で開業するかも分かりません。
どうやって知ってもらうか名乗るかは、時代に合わせる必要があるからです。
そして整体師やセラピストに求められるスキルも少しずつ変わることと思われます。
ただただ筋肉を緩め骨格調整をしていれば良い、ということにはなりません。
(そんな整体師今はもういないと思いますが。)
患者さんやクライアントさんに、体のことを説明し指導出来るスキルが、筋肉を緩め歪みを整えるスキルに加えて必要です。
あるいは他のスキルでも良いかもしれません。
他のどんなスキルなのかは、自分がやりたいこと、自分が来てもらいたい人たちの層によります。
だからどんどん新しい形の整体師やセラピストが生まれてくると思います。


今年に入って、てあて整体スクールへの問い合わせは増えていました。
そういう時代背景が遠因としてあるんだろうと思っています。
ところが今回のコロナ禍です。
動きが止まりました。
でも今は良いタイミングだと思います。
何でも問い合わせて下さい。
何でも聞いて下さい。
ほとんど毎日整体スクールに来て、動画やブログの更新や教科書見直しなど仕事をしています。
時間はあります。
お待ちしています。


JATS京都での荒木・てあて整体スクール

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019