整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » どんなスクール?

どんなスクール?

てあて整体スクールは基本を教える整体スクールです。
患者さんの体を整える基本となる手技
患者さんの生活のアドバイスが出来る基本の知識
自分を整える考え方や方法です。


他の整体スクールとの違い

ここにしかない手技や技術
てあて整体スクールでは他にはない安全な手技を学べます。
指針整体と言う手技は、押さない揉まない体重をかけないのに、体が軽くなり血流が良くなって体が動きやすくなる整体です。
押さない揉まない体重をかけないので、翌日に揉み返しがなく筋肉痛にもならず、体が重だるくなることがありません。
受けた後に体が軽いので、その違いはすぐに分かります。
揉み返しがないので安心です。
強く押さないし力を使わないので、患者さんも整体師の負担も少ない方法です。
これ意外に重要です。

骨格調整はマッスルエナジー・テクニック(MET)というテクニックをを主に使っています。
METはボキボキしない、力を使わない骨格調整・筋肉調整です。
患者さんに2・3割の力で動いてもらい抵抗することで、関節を動かしたり筋肉を緩めたりするファシリテーション・テクニック(促通手技)で、安全で確実な方法と言われています。
教えているところが少なく地味ですが、効果があって安全です。

指針整体とMETのほかにPNF(神経筋促通手技)も学ぶことが出来ます。
PNFは運動療法の一つで患者さんに動いてもらいながら、体の動きを楽にしていく方法です。

これら手技の他に、「姿勢と歩き方」や「アレクサンダー・テクニック」、もちろん「解剖学」や「ストレッチの方法」なども学ぶことが出来ます。
特にアレクサンダー・テクニークは自分の使い方のワークで、整体師自身の体の使い方を学ぶことで、効果的な自分の体の使い方や患者さんの体の味方を学んで行きます。

整体師自身が自分の体を整え、患者さんの痛みを取るだけでなく、日常生活の指導も出来るように。
そんなことを考えて指導しています。


授業風景2015

細かな対応
教室では2・3人から5・6人の生徒さんと講師あら木で授業をやります。
一人一人に目が行くと言う点では大きな学校とは全く違う対応だと思っています。
手技の指導も開業や就職の相談も、個別でそれぞれの人の状態に合わせた対応をします。
入学の時に提出する願書の中に、自分の目標やどうしてこの整体スクールを選んだかを書いてもらいます。
開業が目標の人ばかりではなく、就職や家族や自身の健康のため、ダンスやバレエの故障を見たい、先ずは副業を始めたい、また、教員の方々のケアをしたい、お年寄りの方を診たい、スポーツ関係の人を診たい、体の動きや姿勢を勉強したいなど、様々な人がいます。
それぞれの想いを現実に出来るように、それぞれの特徴を掴んで指導しています。


ダンスやバレエに強い
あら木自身のダンス経験もあってダンス関係・バレエ関係の患者さんを多く見てきました。
ダンサーに多い故障について詳しい話を聞くことが出来ます。
現代舞踊協会やNHK文化センター、チャコットなどでセミナーもやっているので、セミナーやワークショップの内容や方法についても知ることが出来ます。
バレエやダンスの故障や怪我は独特です。
実際のレッスンがどんなものなのか、舞台がどんなものかを知っているのは強みです。
そしてダンサーやダンス独特の怪我や故障、調整方などについて聞けるのも強みでしょう。


納得いくまで通える
授業は納得いくまで何度でも通えます。
在学中は新たに授業料はいりません。
6ヶ月のカリキュラムですが、骨格調整など何度も授業する生徒さんが殆どです。
納得いくまで授業に出られなければ、技術や知識が身につかないうちに卒業しなければいけなくなってしまいます。
きちんと身につけてから卒業出来るシステムになっています。
最近は1年くらいで卒業する方が多くなっています。


授業は話ながら
授業中はいろいろな話をしながら手技の練習をします。
開業すれば患者さんとは話をしながら整体するのが普通です。
施術に入ると喋ることが出来ない、と言うのでは仕事になりません。
患者さんとの会話は患者さんの仕事や休日の過ごし方など生活習慣を知って、痛みの原因を考えたり日常生活の指導をするために必要です。
無駄にしゃべっている訳ではないですからね。


姿勢や体の使い方
上にも書きましたが、姿勢と体の使い方やストレッチなど、患者さんに指導するための勉強もします。
アレクサンダー・テクニークは自分の体の使い方。
整体師は痛みを取ったり歪みを取ったりするだけが仕事ではありません。
痛みがまた出ないように、なるべく整体院に来なくて良いように、セルフケアまでアドバイス出来る整体師が求められています。


walking・てあて整体スクール

沿革

創立 : 2004年5月
卒業生 : 200名
教室 : 東京教室(練馬区大泉学園)、名古屋教室(千種)
講師 : あら木やすひろ、進藤久子
授業 : 指針整体、骨格調整、症例別、PNF、ストレッチ
     解剖学、姿勢と歩き方、アレクサンダー・テクニーク
     ※関連法規、開業講座は個別


てあて整体スクールの授業を始めたのは2004年ですが、その前に1年準備期間があり整体塾として整体の指導をしていました。
この1年でテキストや指導法が出来上がりました。
卒業生は200番までナンバリングしていますが、骨格調整専科の人もいるので、整体師本科を卒業した人は180名くらいです。
大泉学園(東京)の教室はてあて整体院、千種(名古屋)は整体ハスハナと言うスクール卒業生の整体院を借りています。
東京・名古屋とも駅からは近く便利な場所です。

講師はあら木と進藤先生。
進藤先生はスクールの卒業生で自宅で開業している女性整体師です。
あら木が外せない用事がある時に代講をお願いしているのは進藤先生だけです。
指導している手技は指針整体とMET(マッスルエナジー・テクニック)を中心とした骨格調整とPNFです。
指針整体とマッスルエナジー・テクニックは他では殆ど学ぶことは出来ません。

在学中は技術が身につくまで何度でもリピート受講出来ます。
卒業してからも有料ですがリピート受講は出来ます。(卒業後は1日1000円)
スクール主催のセミナーには割引価格で参加出来ます。


整体院・てあて整体スクール

授業見学

授業見学や手技の体験は無料で出来ます。
希望日を書いて連絡下さい。

必須お名前

必須メールアドレス

必須郵便番号

必須都道府県

必須ご住所

必須見学会希望日
  [date* date-kengaku]

備考