整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

アレクサンダーテクニークと体の使い方ワークショップ

読了までの目安時間:約 3分

宇都宮市雀宮ここからいふ広場で先月に続き今月もワークショップをさせて頂きました。
今月は前半にアレクサンダーテクニークで後半にセラピストのための体の使い方をやりました。
参加されたのはこれからクラニオ(頭蓋仙骨療法)のセラピストになる方々です。
普段は介護士や看護師、主婦やカフェオーナーなどさまざまなキャリアの方々でした。


アレクサンダーテクニ-クは全く初めてという方ばかりでしたので、イントロ的な話からそもそもアレクサンダーテクニ-クがどういったものなのかについて話をしました。
この部分はいつも時々に考えながら話をします。
たぶん自分自身の捉え方だったり感じ方だったりで、話し方も変わってくると思います。
今回はアレクサンダーテクニークはプロセスであって、ハウツーではないというところを少し協調して話をしました。
何かをすることで上手く行く方法を知るのではなく、今やっている何かをやめてみるというアプローチ、体験学習です。
ということで、この日はいろいろな体験をしてもらい、体験を意識化するというか、そこに注目してもらうようにしました。
皆さん言葉が豊富で、自分に起きていることをちゃんと捉えてくれていました。


ここからいふ2007041

ここからいふ2007042

後半はセラピストとしての体の使い方について。
まだまだ勉強中の方々でしたので、先ずは体はどこがどれくらい動くのか、二人一組で動かせる関節を全て動かすワークをやりました。
これだけで癒されると皆大喜びでした。
次に触れてはいけないところ。
触れるには気を付けるところ。
触れる時の手指の使い方。
触れる時の自分の手足の使い方など話をし、実際にやってみました。
最後に実際にクラニオをしている時の体勢で、自分の体の使い方についてやってみました。


最初は「一生懸命」「ちゃんと(きちんと)」「相手のことを思って」クラニオをしてもらいました。
その次には相手のことは考えず、「自分が楽な体勢をとって」「体全体のことを忘れずに」触れてもらいました。
ビフォーアフターで写真を撮りました。
一目瞭然ですが、一応、上がビフォーで下がアフターです。


ここからいふ200703

ここからいふ2007044

次回は秋に個人レッスンに行くことになっています。
午前中は一般の方も入れてワークショップ。
午後に一人一人の苦手な部位や苦手な手技をテーマに個人レッスをしようと思っています。
今回もありがとうございました。


ここからいふ2007045

ここからいふ広場で解剖学講座やりました。

読了までの目安時間:約 3分

ここから20061

先週土曜日、宇都宮市雀宮にある「ここからいふ広場」で解剖学の講座をやって来ました。
ここからいふ広場はセラピストを養成したり、セラピー関連やお母さんと子供のためのセミナーや講座をやったり、クラニオのサロンとしても機能していたり、こども食堂をやったりするという、マルチな活動のハブとして活動されています。
主宰の上田さんとはもう10年近く前にクラニオを学ぶ場でご一緒させて頂き、東日本大震災後の手技のボランティア活動からは今回の講座に繋がるセミナーなどを一緒にやって来ました。
土曜日の解剖学は上田さんが指導している和ごころ式セラピスト養成講座の一環として行っています。
自分でもスクールをやっていながら、他の方の講座でも教えるというのは考えてみると面白い関係と言えなくもありません。


今回参加された方々はクラニオ(頭蓋仙骨療法)セラピストになるべく勉強を始められた方々です。
普段は介護士や看護師、アロマセラピストや整体セラピーのセラピスト、保健師やスポ-ツ栄養学の指導者や、カフェオーナーや主婦までいらっしゃいました。
看護師・介護士の方と勉強を始めたばかりの主婦の方に、一緒に解剖学の話をするのは意外にチャレンジなことでした。
でも逆にセラピストにとっての解剖学のエッセンスをお知らせすることが出来たかと思います。
初めて解剖学に出会うと、どうしても難しい漢字で書いてある専門用語を覚えないといけないと思ってしまいます。
でも、セラピストにとっては専門用語を覚えることも大事ですが、それよりもセラピーをするに当たって大切な解剖学的な見方や捉え方、解剖学をどうやって使っていくかなどが重要になります。
そんな話が出来たかと思います。


次回も同じ方々にアレクサンダーテクニークと体の使い方について話をする機会を頂きました。
これもまた「自分の体をどうやって使うか」という、考えてみれば不思議な話をすることになります。
だって自分の体なんですから、今までずっと自分で使って来てますよね。
その使い方を人から教えてもらうんです。
ちょっと面白い。


てあて整体・荒木は交通費と日当を頂ければ、全国どこでも出張します。
解剖学やアレクサンダーテクニークに基づいた様々なセミナーやワークショップを企画することが出来ます。
ダンサーのための解剖学
セラピストのためのアレクサンダーテクニーク
長時間座っても疲れないための解剖学・アレクサンダーテクニーク
歩き方のアレクサンダーテクニーク・解剖学
などなど
連絡お待ちしています。
※日当はそんなに高くないですよ。(笑)


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


ここから20062

ここから20063

ここから20064

セラピストのための解剖学講座@ここからいふ広場

読了までの目安時間:約 2分

年に何度か不定期で行っている解剖学講座の募集が始まりました!

宇都宮ここからいふ広場で6月11日に行います。
セラピストのための解剖学講座は、言葉を覚えるだけの解剖学ではなく、実際のセラピーに活かすための解剖学です。
形から分かる動きだったり、どうしてそんな形をしているのかだったり。
セラピストとセラピストの卵が対象ですが、ぜんぜん初めての方も歓迎です。
体に興味があれば誰でもOK。
てあて整体・荒木の解剖学は鹿爪らしい顔をして難しく考えるものではありません。

ナンデダロ~
ナンデダロ~
どうして体はそうなっているのかを考えるための解剖学です。

終わった後にはアレクサンダー・テクニークのレッスンを受けることも出来ます。
個人レッスンは30分4000円。
グループレッスンは60分で一人3000円(3人以上)です。
申込はフェイスブックページから直接お願いします。


セラピストのための解剖学講座@ここからいふ広場

日時 : 2019年6月11日(火)10:00~15:00
     お昼休憩1時間
料金 : 8,000円
場所 : ここからいふ広場
     栃木県宇都宮市雀の宮 4-26-52
備考 : からだに優しいランチを別途1500円にて、ご用意できます(要予約)
問合 : https://www.facebook.com/events/2397419117156241/

てあて整体塾@宇都宮

読了までの目安時間:約 4分

ここからいふ1811271

ここからいふ広場(宇都宮)で「てあて整体塾@宇都宮」でした。
2・3ヶ月に一回宇都宮にある、ここからいふ広場に行ってセラピストになろうとしている人や一般の人に向けた講座をやっています。
内容は時々で変わりますが、もう5年くらい続いているものです。
ここからいふ広場の上田さんとは手技療法つながりで、東日本大震災のボランティアをご一緒した後から始めました。
昨日は午前中はストレッチの講座で午後はアレクサンダー・テクニークです。


ここからいふ1811272

参加者4人のうち3人がお子さん連れで、にぎやかな講座になりました。
ストレッチは人に教えるときや自分でやるときの注意点から始まって、腰痛や肩凝りなどの症状別にやって行きました。
参加していたお子さんが新体操をされているとかで、股関節が硬いのが気になるとのこと。
股関節周りもやってみました。
これから気をつけて毎日ストレッチしていれば、かなり改善すると思います。
お昼はいつもベジランチを頂きます。
動物性のタンパク質を使っていない料理でお米は玄米。
ゆっくり食べているとしみじみと美味しさが広がります。


ここからいふ1811273

ここからいふ1811274

午後はアレクサンダー・テクニークのグループレッスンをやりました。
日常的なことを題材にと言うリクエストがありましたので、最初にアクティビテイーをやりました。
アクティビティーとは実際に困っていることを題材にして、レッスンを進めていくというものです。
今回は掃除機をかけていると左背中が痛くなる、介護の仕事で患者さんを起こすときに腰が痛くなる、お菓子作りの過程でボールの中を泡立てているときに肩が凝る、というものでした。
一人一人その動作をやってもらい、その動作をアレクサンダー・テクニークを使ってやってみるということをしました。


ここからいふ1811275

ここからいふ1811276

ここからいふ1811277

アレクサンダー・テクニークは上手なやり方を教える方法ではありません。
上手くいかないときにやっている”やらなくても良い何か”をやめてみるという方法です。
やめるためにはその”やらなくても良い何か”を感じる必要があります。
そのために先ずは自分を観察するところから始まります。
ちょっと手順があるんですね。
その手順をふむためにアレクサンダー教師がいます。
この3人については一人あたり10分から15分位で、やっていることを見直しました。
ああそうか!という発見があったので、家や職場に帰っても出来るように、思い出すためのキッカケを覚えて終わりにしました。


ここからいふ広場での整体塾は年内にもう一回あります。
次回は午前中がセラピストのための体の使い方で、午後はクローズドのセミナーになっています。
午前中のセミナーでは体の仕組みを実際に関節を動かしてみて観察します。
また、患者さんやクライアントさんの体の扱い方を解説して行きます。
募集はこちらのFBページにあります↓
https://www.facebook.com/events/256048795115670/?active_tab=about


ここからいふ1811278

てあて整体塾@宇都宮 ここからいふ広場

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体塾@ここからいふ広場1

ここからいふ広場で【てあて整体塾@宇都宮】をやって来ました。
午前中はストレッチ。
ストレッチと言えば先ずはこれから。


てあて整体塾@ここからいふ広場2

アキレス腱(腓腹筋・ヒラメ筋)のストレッチです。
参加されていたのはクラニオのセラピストの卵達やバレエな方々、子供に運動を指導している方でした。
ストレッチってそもそも何のことなのというような話から始まって、ストレッチの種類や方法などについて説明。
その後は症状別のストレッチをやりました。
腰痛のストレッチの一番にするのが写真のストレッチです。
ストレッチと言っても台の上に足指を乗せて立っているだけ。
でも、これだけで腰痛が良くなります。
どうして良くなるのか、その話をしてから実際にストッチをします。
前屈が楽になるというのが腰痛改善のポイントです。
そして午後はアレクサンダー・テクニークのグループレッスン。
セラピストの方とそうでない方が半々だったので、普段やっているクラニオをする時のことをテーマにしてやってみました。


てあて整体塾@ここからいふ広場3

クラニオもそうですが殆どのセラピーは人に触れます。
触れる時の自分のあり方をどうするか。
それが結果にどう影響するのか。
そんな話をしながらのワークでした。
いつもと違う感覚で触れてみると、相手にもそれが伝わる。
セラピストは様々な経験から自分を作っていきます。
そんな体験ができたかなと思います。
最後に写真を撮りました。
上の写真はここからいふ広場主催の上田さんで、この下の写真は荒木が撮りました。
何故か自分で撮ると寝ぼけている。


てあて整体塾@ここからいふ広場4

次回の開催も決まっています。
11月27日(火)ここからいふ広場でやります。
午前中にストレッチで午後はアレクサンダー・テクニーク。
初めての方も大歓迎です。
詳しくはコチラのFBページでどうぞ。
https://www.facebook.com/events/2341865332535030/?notif_t=plan_admin_added¬if_id=1538040874080262

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019