整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

開業時の年齢

読了までの目安時間:約 4分

日本政策金融公庫総合研究所の「2020年度新規開業実態調査」というアンケートがあります。
( https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_201119_1.pdf )
これによる開業時の平均年齢は以下のようになっています。

29歳以下  4.8%
30歳代  30.7%
40歳代  38.1%
50歳代  19.7%
60歳以上  6.6%
平均    43.7%

1990年代から右肩上がりに増えていて、1991年には平均38.9歳だったものが30年で5歳上がっています。
年代別にはここ10年くらいは40歳代が増えていて、30歳代が減っており50歳代は微増ということになっています。
女性の割合は21.4%でやはり右肩上がりに増えて来ています。
開業の理由は

自由に仕事がしたかった         56.5%
仕事の経験・知識や資格を生かしたかった 45.8%
収入を増やしたかった          41.9%

事業内容を決めた理由は、それまでの経験や技能を生かす事が出来るというのが一番多かったようです。
また業種としてはサービス業が一番多く、医療・福祉、飲食店、小売業の順になっています。
整体師やセラピストもサービス業に分類されていると思います。
開業資金は500万円未満が一番多く、また増加傾向にあります。
開業してみて困った問題として、資金繰りや顧客・販路の開拓などとありました。
全般的には独立して起業する人は増えていて、始める時は小規模で、それまでの経験や知識を生かした分野で開業しているようです。
小さく始めて大きくして行きたいという事でしょう。
資金繰りや顧客・販路拡大については、それまでの仕事とは別の業務ということかなと思います。

30年前と比べれば終身雇用という雇用形態は薄れて、会社勤めをするにしても転職をしながらスキルアップをしていくというようになって来ているんだろうと思います。
転職のハードルが下がりつつあって、その中で選択肢として起業が増えて来ているんだろうと思います。
それまでの仕事や経験を生かすというのは、当然なんだろうなと思います。

整体師やセラピストの場合は、殆どの方は経験がなく勉強を始め起業しています。
開業・起業の前に同業他店などで一定期間働いて経験を積む人が結構な割合でいるのが現状です。
私自身は開業前に整体の仕事は殆どしていませんでしたが、個人で休日などに患者さん(モニター)を診ていたことと、知人の整体院で2ヶ月ほど週1回仕事をしました。
少ない感じですが、当時はそういう人が割に多かったと思います。
最初はダブルワークで少しずつ整体を増やしていくというようなパターンもありました。

開業は40代くらいが良いかなと思います。
遅くとも50代ではやりたいと思います。
20年経った時に何歳になっているか。
どんな整体師になっているかを想像してみると良いかもしれません。
20年経てばベテランになりますが、10年だとそうも行かないと思います。

肩こりは肩だけが問題じゃない

読了までの目安時間:約 2分

肩こりは肩が問題な訳ではありません。
肩が凝ったのは結果です。

肩は大体首から腕に繋がる間の部分のことがそう呼ばれます。
人によって腕の付け根よりも少し首側の三角筋あたりも肩と呼んでいる人がいます。
肩あたりならどこであってもそうですが、肩だけが独立して腕や首や胴体とは別に存在している訳ではありません。
肘や膝もそうですが、大体はどこかとどこかの間の部分に名前がついています。

肩辺りには僧帽筋という筋肉があります。
僧帽筋の始まりは背骨で、頭のすぐ下から背中の真ん中あたりまでが僧帽筋の始まりです。
そして終点は肩甲骨です。
その僧帽筋の上部あたりが硬くなったり痛みのような違和感があることを肩が凝ると呼んでいます。

僧帽筋の状態は背骨や肩甲骨の位置や動きで決まります。
例えば肩甲骨が前や外に移動していると、僧帽筋は引っ張られて伸びます。
引っ張られて伸びた状態が続くと、血管は細くなって血流が悪くなり、疲労物質などが流れにくくなると言われています。
そしてコリを感じる。

だから肩凝りは肩だけが原因ではないし、肩だけ緩めれば良いというものではありません。
例えば僧帽筋をストレッチして柔らかくすると、一時的に血流が良くなるしストレッチや揉まれることで気持ちも良く感じます。
でも、僧帽筋が引っ張られて伸びてコリが出来たとしたら、ストレッチするともっと伸びてしまうことになって、結果、またコリがすぐにぶり返す頃になります。

最近の整体院などで肩凝りに肩甲骨を動かしたり、腕の施述をするのはそのためです。
腰痛も同じですが、凝りや痛みはその部分に原因があるとは限りません。

名古屋教室開催中。

読了までの目安時間:約 1分

名古屋教室

昨日、10月19日から名古屋教室で授業を始めていて、10月22日まで4日間、授業があります。

今月の授業は解剖学と指針整体。

解剖学の全ては出来ないので、解剖学の勉強の仕方や読むべき本、整体師としての体の見方の基本などを話をします。

期間中は授業見学や整体の体験も出来ます。

興味のある方は連絡ください。

お待ちしています。


てあて整体スクール名古屋教室
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230

20年やってみて失敗したと思った事

読了までの目安時間:約 3分

来月で整体院をオープンして20年になります。
20年やってみて失敗したなと思うこと。
考えてみるとそんなにはありません。
ものすごく失敗したと思うことは今のところない。
でもまあちょっと予想と違ったなと思うようなことはあります。

先ず本当に全部やらなければいけない。
これはまあ分かっていたことですが、全部自分でやらないといけない。
当たり前ですね他に人がいませんから。
面倒くさがりの荒木としては、これが地味に気になる時がある。
1日のルーティンで言うと、整体院に来て掃除、整体をする、ブログを更新する、ホームページの内容を見直す。
週に一度は売上金を入金して新札の釣り銭(札)を用意する。
月に一度は毎月の経費をまとめ売上と一緒に経理ソフトに入力する。
支払いが必要な先には振り込みをする。
宣伝広告については常に頭にあって、ブログだけでなくインスタグラムやツィッターやFacebookなどの更新、SEO対策(検索エンジン最適化)やMEO対策(グーグルマイビジネス対策)、看板やチラシや名刺。
ブログやホームページやチラシのデザインのことも考えたり、情報を収集したり。
年に一度の決算は会計士に任せてますが、会計士との打ち合わせなど。
そして資金繰り。
これは毎日ですね。
前にも書きましたが、今の売上が続くと3ヶ月あとにはどうなっているか半年後にはどうなっているか。
お金は足りるのか。
毎月末や月次の支払いや引き落としもです。

資金繰りというかお金のことについては、こんなに毎日考えるのかというのは予想外でした。
人によって違うのかもしれませんが、私の場合は毎日考えています。
真剣に考えている時もあるし、何となく考えれば良い時期もあります。
売上が良ければ何となくで良いんですけどね。

あとはそんなにないのかな。
失敗したぁと思うほどのことはないと思います。
収入面はもうちょっと欲しかったと思うこともありますが、まあ息子も大学を出したし、今のところ何とかやれているのでOKなのかと思っています。
少なくとも今までは失敗じゃない。

まだ20年なのでこれからどうなるかは分かりません。
70代でバズるかもしれないし、廃業なんてこともあるかもしれない。
辞める時までわかりません。

あっ失敗談は沢山あります。
それはまた別に書きます。

卒業が目的⁉︎

読了までの目安時間:約 2分

スクール生の方に開業の話をする時に、一番最初に聞くのは「開業して何がしたい?」ということです。
開業の準備や心構えや考え方などの話の一番最初です。

開業は目的ではありません。

開業が目的になってしまうと、その後が続かない。
最初は良かったとしても、業績が良くなくなって来た時にどうしようも無くなってしまう。
だって、開業が目的だったんだから、業績が悪くても目的は達成出来てしまっています。
だから開業して何がしたいのか?を聞きます。
開業してとにかく整体がやりたいというのでも良いです。
だったら業績が悪くなった時に、整体を続けるためにどうするかを考えられるからです。
主婦の味方にになりたいとか、頑張っている若手の体を癒したいとか。
目的自体は何でも良いんですが、開業を目的にするのでは次がないということです。

卒業も同じです。
卒業は目的ではない。
手段や道具としての整体が身についた状態になるだけです。
それでどうするのか。
整体の技術や知識が身についた自分になってどうするのか、どうなりたいのか。
そこがポイントです。

開業でも良いでしょう。
誰か周りの人の調子を良くしたいのでも。
家族を健康にしたいというのでも良い。
ピラテイスやパーソナルトレーニングをしているなら、そのスキルアップや仕事に繋げるというのでも良い。
卒業して何をしたいのか。

卒業が目的になってしまうと、いつまで経っても卒業できなくなってしまったりします。
卒業すると目的がなくなってしまいますから。
でもそれじゃつまらないですよね。
卒業して何がしたいのか。
考えてから整体スクール選びをするのも良いかもしれません。

60代のバレエやダンス

読了までの目安時間:約 4分

26歳でジャズダンスを始めて37年経ちました。
計算すればだいたい年齢は分かるかなぁと思います。
まああの60代前半です。
今も毎週ダンスレッスンに通い、自主トレもやったりしています。
ダンス歴はジャズダンスに始まり、30代でクラシックバレエのレッスン、40代に入ってからは小ンテンポラリーダンスをやっています。
舞台には平均して年に1回以上は出ていて、40代からは発表会ではない舞台に出るようになりました。
とは言えダンスで飯食ってる人ではありません。


60代でバレエやダンスって出来るの?


と言うのは、自分自身がダンスを始めた20代の頃に思っていたことでした。
40を超えても踊っていられたら良いなぁ、と言うのが1980年代の20代の自分の考えでした。
2000年を超えて40代になり、自分で仕事を始めた時には、まだまだ全然体力もあって、当然のようにレッスンを受けダンスを続けていました。
日本ジャズダンス協会の公演に知り合いの作品に呼ばれて出たのは45歳だったと思います。
50代になってデラシネラの小野寺修二さんのワークショップに出て、5日間で作品を作って観客を入れてショーイングすると言う機会がありました。
これがきっかけのようになって、ソロ作品を作って発表を始めたのがこの頃からです。
セッションハウスの21フェスなどで発表を続けています。
今年、春には小さなパフォーマンス、夏に大きなパフォーマンスがありました。
まあ今でも現役と言う話です。
前置きにしては長すぎますね。
本題に入ります。


60代でもバレエもダンスも出来る。


20代や30代の頃に思っている以上には出来ます。
でも、自分が望むようには出来ないかもしれない。
パフォーマンスの質と言う意味とはちょっと違い、体力的な問題です。
故障しやすくなって、体のケアに気をつけるようになるのは40代くらいからだと思います。
それまでも気をつけていますが、40代以降はケアしても故障しそうになるので、レッスンを休むことをしなければいけなくなったりします。
60代と言えば尚更です。
短時間体力は何とかなるかもしれませんけど、少し時間が長くなると厳しいこともあります。
そして疲れが抜けにくくなる。
溜まりやすくなる。
しかし動けない訳ではない。
筋力はトレーニングしないと難しいと思います。
自分自身の話でいうと、トレーニングは続かないのでレッスンだけということですが、それだと落ちてきます。
暫くやっていなかったバーレッスンをすると、途端に使えなくなっているのが分かります。
何度かやっている内に少し戻っては来ますが、バーに関しては結構続けないと厳しいところがあるだろうと思います。


50代からそうだと思いますが、ダンスを続けるために休むことが必要になると思います。
そしてケア。
レッスンが終わって呑んでいるようだと、だんだん故障が増えます。
レッスン日はストレッチと睡眠時間確保、そして次の日に軽く体を動かすこと。
そうやって何とか続けられる日を伸ばしてくということなのかと思います。

20年やって来て気が付いたこと分かったこと

読了までの目安時間:約 5分

来月で整体院をオープンしてから20年経ちます。
サラリーマン生活を20年、独立して20年です。
20年一人でやってみて気が付いたことってなんだろうと考えてみました。

最初に思いつくのは、意外に何とかなるということです。
開業当初から順調に業績を伸ばしてここまでやって来たなんてことは、もちろんありません。
けっこう厳しい時期もありました。
今だってコロナ禍で影響がないわけではなく、色々と大変といえば大変です。
でも何とかなった。
それは特別だと言われるのかもしれません、ラッキーだと言われるかもしれませんが、でも何とかなるもんだなぁと思いました。
売上が良くなくて預金残高もびっくりするような金額になって、借入をしたこともあります。
借入をやっと完済しそうになったら、また同じようなことになって追加借入なんてこともありました。
今だって残ってます。
でもまあ何とかなってます。
成功する秘訣は成功するまで続けることだと聞いたことがあります。
そんな訳ないと思いますが、そんな風なイメージがないわけでもありません。
これからも何とかなるもんだなと思って続けられたら良いなと思っています。

世の中には色々な人がいるもんだというのも分かったことです。
本当にいろんな人がいます。
患者さんだったり整体仲間だったり。
整体スクールの生徒さんだったりダンス仲間だったり。
自分とは全く違う価値観や環境で生きている人がいます。
20年サラリーマンをやりましたが、サラリーマンはやっぱり根本が似ていました。
今はどうなんだかわかりませんが、同じ会社で働いている人は少なくとも同僚なら金銭感覚が大体同じです。
自宅から通っている独身と一人暮らしの独身ではちょっと違うこともありましたけど、でもそんなに全く違うということはありませんでした。
でも、患者さんの話を聞いているとかなり違います。
てあて整体院に来る方達なので、体にかけるお金の基準という意味で金銭感覚は似ているところもありますが、でもやっぱり違う人がいます。
物事の捉え方も見方も、判断の方法も基準も違います。

ちょっと似た話になるかもしれませんが、サラリーマンと一人で仕事をしている人の感覚が随分違うというのにも気が付きました。
これは言葉では上手く言えませんが、かなり根本的なところが違う気がします。
その違いに気づくのは独立して10年くらい経ってからだと思います。
自分自身が変わったんだと思います。
具体的にどう変わったのか言えませんが、変わったのは確かだろうと思います。
何とかなるもんだ、というのもその一つかもしれません。
サラリーマンの時は、上手くいくか上手くいかないかそれが問題だみたいな感覚でしたけど、今はそんな二者択一的な考えではありません。
まあ何とかなるかな、何とかしなきゃ、いやどうなったところで何とかなっただけか、みたいな。
書いていても良くわからないですけど、その良くわからないことがあるんだってことを体感したみたいなことでしょうか。
恵まれたサラリーマンだったからかもしれないですね。

意外なことがお金になるというのも知りました。
具体的に書くとちょっとアレなので書きませんが、自分で調べても分かるんじゃないかと言うようなことでセミナーをやっても意外に集まることがありました。
自分だったらもったいないから自分で考えようと思うようなことでも、教えてもらいたいと言う人がいるものです。

あとこれは仕事とは関係のないことかもしれないですけど、昔思っていたほど60代は年寄りじゃないなと言う事は、最近知りました。
ちょっとこれ不思議なくらいです。
ま勘違いなんでしょうけど。
でも、そのお陰で老け込んだりせずに居られるのは、ノーテンキなのも良いかなと思います。

まだあるような気がしますけど、今日はこれくらいで。

腰痛は腰だけが問題じゃない

読了までの目安時間:約 2分

腰痛の原因はどこにあるか。
腰に原因があって腰をどうにかしようと考えると間違ってしまうことがあります。

腰というのは骨盤辺りと胸郭辺りを繋いだ途中辺りのことを指しています。
腰と呼ばれている辺りには、腰方形筋や広背筋、脊柱起立筋群、腹斜筋などの筋肉があり、腰椎や骨盤があります。
筋肉のほとんどは胸郭や上肢と骨盤を繋いでいます。
そしてそれらの筋肉や筋膜が硬くなっていたり、腰椎がズレていたりします。
原因は骨盤の歪みだったり、腸腰筋や梨状筋など外旋筋群の硬さ柔らかさのアンバランスや左右差だったりします。
つまり腰と呼ばれている部分ではないことが多い。
(腰椎のズレなどもあることもあります。)

腰痛と言うと腰のことだと思います。
でもその思い込みが強いと、腰を形作っている周りの筋肉や骨格のことを忘れてしまいます。
腰がどこから出来ているのか。
今の腰の状態は何が原因となっているのか。
そこから考えないと原因は特定できません。

腰痛は腰だけが問題じゃありません。
腰とは呼ばれていない、腰に繋がる部分にも問題があることがあります。

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230

まだまだ若いものには負けない

読了までの目安時間:約 2分

まだまだ若い者には負けない。

とは思いません。
整体にしてもダンスにしても。
20代30代の人たちは素晴らしい。
もちろん素晴らしいけど、我々世代とは素晴らしさの内容が違う。
だから比べようがないと思っている。

たまに言う例えですけど、蕎麦とうどんとどっちが旨いかみたいな論争になります。

好きか嫌いかと言うだけで、どちらも旨いしどちらも不味いこともある。
だから50代60代たぶん70代になっても、それまでやって来た事は若い世代と比べられないものになっていると思う。
IT関連だったり新しく技術革新が進む業界や仕事だと、まだまだ若い者に負けないと思っていたら、それは多分間違いかもしれない。
分からなくなっていることが分からないだろうから、勝負はしない方が良いように思う。
いや違うか。
それでも同じことが言えるかもしれない。
どちらにしろ、比べようと思っても比べられないものを比べると、あまりよろしくない事になると思う。

老害ってのもそうだろうと思う。

自分には経験があり知識があり知恵もある。
数々の失敗もして来たし成功もしてきた。
だから、今、君らのやっていることは違うんだ。
そうじゃないんだ。
きっとこうなってしまう。
と思ったら、それは多分老害。

世界は世代によって違うし、同じ世界を生きているなんて思うのは間違いだろうと思う。

自分の仕事をしたら良い。
人のことにあれこれ言う必要はないと思う。
自分が好きで良いと思っていることを続けさえすれば、年代に関係なく若い人だって気に入れば話を聞きにくるし取り入れもするだろうと思う。
気に入られなかったところで、自分の好きなことを自分の好きにやっているだけのことで、結果は普通に出るでしょう。

まだまだ若いものには負けない、とは思わない。

来週は名古屋です。

読了までの目安時間:約 1分

来週、10月19日から22日までは名古屋教室で授業です。
今月の授業は解剖学と指針整体です。
てあて整体スクールの見学には一番良い月だと思います。
これから整体師はどうかと考えている人はいらして下さい。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市地区今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230




名古屋教室

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019