整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

来週18日からは名古屋の授業です。

読了までの目安時間:約 3分

朝夕はずいぶん涼しくなって来ました。
やっと秋が来るんですかね。
来週18日から21日までは名古屋で整体の授業なんですが、名古屋はどうなんでしょう。
天気予報を見ると関東よりは少し気温が高いようです。
でもまあ先月よりは少し涼しいんじゃないかと思います。


今月の名古屋の授業は指針整体だけではなく、アレクサンダー・テクニークや姿勢と歩き方など体の使い方についての授業があります。
アレクサンダー・テクニークや姿勢と歩き方の授業も指針整体同様、見学することが出来ます。
見学や体験は無料ですから、興味のある人は連絡下さい。
teate@nifty.com
授業は朝10時から午後2時まで4時間。
途中で軽食休憩があります。
千種駅1分の水素ハスハナ(整体ハスハナ)でやっています。
水素ハスハナはスクール卒業生の齊藤さんがやっているサロン。
エルシドビルの2階です。
上層階にはセラピー専門のレンタルルームもあります。


指針整体は「押さない」「揉まない」「体重をかけない」整体です。
じゃあ何やるんだ!?
なんて突っ込みが入りそうです。
指針整体は「引く刺激」を全身にリズミカルに入れていきます。
皮膚の少し下まで当てた指をパッと離す(引く)ことで、皮膚は元に戻ります。
それを経絡と言うラインに沿って入れて行くことで、皮膚の下に引圧が続きます。
血流が促されたり、神経と筋肉の繋がりが良くなったりします。
強く押して筋肉を揉むことで緩めるのとは全く違う方法です。
口ではなかなか伝わりにくいかもしれません。
ぜひ一度受けてみて下さい。
てあて整体スクール見学者の整体体験は無料です。


待ってます!


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


てあて整体スクール名古屋教室

授業見学

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。



てあて整体スクールでは授業見学と整体の体験をお薦めしています。
先ずは受けて下さい。
体験して下さい。
てあて整体スクールで教えている指針整体やMET(マッスルエナジー・テクニック)は他で学ぶことが出来ない手技だからです。
整体と言えばだいたい同じことをすると思っている人が多いと思います。
確かにほとんどの学校で全身を緩める手技と骨格のズレや歪みを調整する手技を学びます。
そしてほとんどの学校の全身を緩める手技は、体重をかけて筋肉を揉みほぐしていく手技で、骨格のズレや歪みを調整する手技は、関節に急速な回転や圧迫を書けるボキボキ鳴ることが多い手技です。

てあて整体スクールの指針整体とMETは全然違う方法です。

全身を緩める指針整体はトントンと軽い刺激を全身に入れて行く手技です。
押さない揉まない体重をかけない、「引く」刺激をいれるところが特徴です。
ズレや歪みを調整するMETは、患者さんにほんの2・3割の力で動いてもらいこれを利用して調整する手技です。
ボキボキ音がするような調整ではありません。

これやっぱり受けてみないと実感出来ない。

だから受けに来てください。
先ずは自分の目と体で体験して下さい。
考えるのはそれからです。
お待ちしています。

てあて整体スクール・荒木
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com

見学申し込み

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号(必須)

住所(必須)

見学希望日(必須)

連絡欄

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れ、
最後に「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認




教え方が知りたい

読了までの目安時間:約 4分

某ダンスの先生に聞かれました。
ダンスの生徒さんの出来ていないところは分かる。
でもそれをどうやって教えて良いかが分からない。
いや、分からない訳ではないんだけど、荒木がアドバイスしたり指摘したりするように出来ない。
「今のそこダメ」とは言えるんですけど、そこがどうダメだとかどうすれば良いかだとか伝わらない。


荒木先生はどうやって教えてるんですか?


整体にしてもダンスの体の使い方にしても教える時に気をつけていることがあります。
教え方というのとはちょっと違うかもしれませんが、そこを押さえておかないと失敗してしまうというところです。
昔、会社員をしていた時にも似たようなことがあったなと、ちょっと思うこともあります。


言葉の統一あるいは言葉の意味を確認する。


例えば「肩」の話をしていたとします。
「肩」をもう少し持ち上げてとか「肩」を下げてとか。
その時に言っている自分が使っている「肩」は、どの部位のことを言っているのか。
聞いた相手は「肩」をどの部位だと思っているのか。
お互いが使っている「肩」という言葉の指す意味が、それぞれにどんなことを指して意味しているのかということです。
肩と言えば、肩関節の周りのことと考えている人もいます。
肩と言えば、三角筋の盛り上がりのことと考えている人もいます。
肩と言えば、肩関節から首の付け根あたりまでの僧帽筋上部のことと考えている人もいます。
肩と言えば、首の付け根から三角筋の下あたりの腕までと考えている人もいます。
それぞれ皆自分にとっての「肩」です。
皆さん正しい。
でも、肩を下げて肩をあげてと言われた時に違う動きになることがある。
それは、その人にとっての肩が違う認識だからだったりします。


人に指導している時に、なかなか通じないことがあります。
いくら言っても言ったように動かしてくれない。
そんな風に思ったりします。
そんな時は自分の言っている言葉を、相手がどう解釈しているかを確認する必要があります。
相手の言葉と自分の言葉のすり合わせや確認です。
ここまでは名詞・単語の話です。


そして動きについてもこれが言えます。


肩を下げる肩を上げると言った時に使う筋肉の問題です。
どんな風に動かすかという問題です。
どこかを動かす時に、様々な動かし方があります。
人によってどの筋肉を使って動かすかは、ある程度違いがあって、それがその人の個性になったりクセと言われたりすることがあります。
肩を上げる時に、肩を下から持ち上げるようにする人。
肩を上げる時に、肩を上から引っ張るようにする人。
どちらも正しい。
どちらも肩が上がります。
本人たちは正しく自分の肩を持ち上げている。
でも使っている筋肉は違う。
先生から肩を上げて!と言われれば、自分の方法で肩をあげます。
その時、先生と言われた人の肩の上げ方が違っていたら。


違う!
そうじゃないでしょ!
ということになる。


本人は何が違うのかさっぱり分からない。
これに自分が肩と思っている場所・部位の違いが重なると、もう全然全く違う動きになってしまったりします。
このまま話をしていてもどこまで行っても平行線で、言われた通りにやろうとすればするほど出来るようにはならない。
残念なことになります。


確認をすることからです。
自分はココのこの部位を○○と言っている。
ココのこの部位○○をこの筋肉を使って動かして欲しい。
引っ張るのではなく押すように使う。
そんな確認が必要です。


ここから先はもうちょっと微妙な話になる。
でも、先ずはここを確認するのが第一だろうと思います。


指導法・てあて整体スクール

卒業生 整体院・サロン 訪問

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクールを卒業するとどうなるのか?
開業する人や今までの仕事に生かす人など様々です。
開業した卒業生のところにはなるべく訪問するようにしています。
一番遠くは北海道札幌。
地震で大変だったようですが、無事を確認しています。
整体院だけでなくパーソナルトレーニングジムを始めた人も何人かいます。・
ピラティススタジオを始めた方も。
これから開業しようとか、これから整体スクールを探そうという人には参考になるかもしれません。


卒業生サロン訪問 >>>
https://teate.co.jp/category/blog/salon


チャンパカ1・てあて整体スクール

アロンジェ4・てあて整体スクール

さるびお4・てあて整体スクール

整体院えん3・てあて整体スクール

アンドゥーピラティス3・てあて整体スクール

山手整体3・てあて整体スクール

からだのミカタ6・てあて整体スクール

METの良さについて。

読了までの目安時間:約 4分

指針整体の良さについて書いたのでMETについても書きます。
METはマッスルエナジー・テクニック。
筋エネルギーテクニックとも言います。
テキストには「PNFと関節モビライゼーションを合わせた手技」と解説されています。
最近はあまり教えている整体スクールが少ないように思います。

何故か?

かなり地味です。
強い力を使わないので、やっていても受けていても何をされているか最初は分からない。
結果は出るが分からない。
そこが原因ですかね。
でも効果はあります。
ということで良さについて。


強い力を使わない
上にも書きましたが、強い力を使いません。
調整する姿勢にセットしたら、患者さんに2・3割の力で体を動かしてもらいます。
それに抵抗を加えて動きを止める。
それだけです。
2・3割の力なので、やっているかどうかも分からない位です。
それでも効果がある。
のではなく、それだから効果がある方法です。


安全で安心
強い力を使わないので安全です。
ボキボキしません。
急激に伸展したり牽引(引っ張ったり)しません。
だから受けている患者さんもやっている整体師も安全で安心です。
整体院やサロンに来る患者さんは痛みを持っています。
痛みのある患者さんの調整には、患者さんの負担が少ない調整法が有効です。


歪みのある関節だけを調整出来る。
METは狙った関節だけを調整することが出来ます。
患者さんが筋肉を使うと、特定の骨が動きます。
その骨を止めることで、その骨をつないでいる関節を動かしています。
テコの原理を応用しています。(関節モビライゼーション)
METで調整していると、たまにポキっと音がすることがあります。
これはクリック音と言って関節が動く時に出る音ですが、幾つかの関節が一緒に動くとボキボキと音がします。
でも、METでは音がたまにしたとしても、一つの関節だけ。
だからポキッと小さな音が出るだけです。


関節だけでなく特定の筋肉を緩めることも出来る。
特定の関節を動かすのと同様、特定の筋肉だけを緩めることが出来ます。
狙った筋肉を動かすことで、その筋肉を緩めます。
筋肉は当尺性収縮をした後に緩むという性質を持っていて、それを利用しているのがMETです。
こう言う性質を利用した手技をファシリテーション・テクニックと呼びますが、PNF(固有受容性神経筋促通手技)も同じようにファシリテーションテクニックなので、応用したと言われているのだろうと思います。


手技が単純
METの手技はしたい関節を動かす位置にセットしたら、患者さんに2・3割の力で動いてもらい抵抗を加えて13秒したら脱力。
その後、関節を元の位置に少し戻す。
緩めたい筋肉の場合は、2・3割の力で筋肉を使ってもらい抵抗を加えて13秒したら脱力。
筋肉を軽くストレッチする。
つまり、調整したい関節や筋肉の動きがわかっていれば、それを2・3割の力で動かしてもらい抵抗して13秒止めるだけです。
授業では関節や筋肉を使うのに効率的な位置や姿勢を指導します。
原理が一つなので、全身のどんな関節や筋肉にも応用することが出来ます。


最後にイマイチな点について
最初に書いたように地味です。
それと患者さんに動いてもらう点です。
疲れて来ている患者さんは動くのが面倒な方もいます。
そこがイマイチだとは思います。


骨格調整1604182・てあて整体スクール

指針整体 無料体験

読了までの目安時間:約 2分

触診・てあて整体スクール

整体学校や整体スクールを探している方は、指針整体を無料体験してみませんか?

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。
てあて整体スクールは練馬区大泉学園と名古屋市千種に教室のある整体スクールです。
指針整体とMETという他では学ぶことの出来ない整体を指導しています。
押さない揉まない体重をかけない強い力を使わない整体。
押すのではなく「引く」刺激を全身に入れて行くことで筋肉を活性化させる整体。
トントンとリズミカルな刺激で体を軽く動きやすくする整体。
リラクゼーションにも治療にも効果のある整体です。

言葉ではなかなか伝わらない指針整体の良さを実際に体験して感じてもらいたいと思います。
授業のある時間帯に来て頂ければ良いんですが、他の時間にも体験出来る時間を設定しました。
お時間ある方は問合せください。

【 指針整体 無料体験会 】

日時 : 9月22日(土)18:00~、18:40~
     9月23日(日)10:00~、10:40~
     9月28日(金)19:00~、19:40~
場所 : てあて整体スクール 東京校
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 無料
問合 : teate@nifty.com

着替えはこちらに用意しています。
体験された方にはスクールの資料をお渡しします。
お待ちしています。


頚椎施術・てあて整体スクール

サプリメント

読了までの目安時間:約 3分

体に良い食べ物について。
先日、TV番組を見ていて知りました。

精製されていない穀物

野菜と果物
オリーブオイル
ナッツ


この五つが体に良いと言うことらしい。
世の中には様々な論文があって、一つ一つの栄養素や食べ物を研究した論文などがあるが、その沢山ある論文を集めて研究するという研究による。
論文を集めて研究をするんですね。
研究をした大学助教授に、司会者が質問をしていました。

たとえば魚だったらどんな魚が良いんですか?
「いえいえ魚だったらどんな魚でも良いんです。」
では、魚の何が良いんですか?
たとえばDHAとかEPAとかそう言う成分が良いんですか?
「いえいえ成分ということではないんです。魚そのものが良いんです。EPAとかDHAとかだけでなく、魚に含まれている他の成分も含めて魚そのものを食べることが良いんですよ。」
じゃあ果物もってことですか?
「はい、果物も果物そのものを食べる。何でも良いんです。サプリメントで何かの成分だけ摂るというのはもう古いですよ。」
えっ!? へ~

ポイントは含まれる成分を摂るということではなくて、そのものを食べるということ。

のようです。
なるほどね。
と思いました。
この先生の研究だけが全てとは思いませんけどね。
まあそうだろうなと思いました。
何かの成分だけ取り出して摂るのも良いとは思いますが、魚や野菜や果物そのものを摂ることが大切。
とここまで書いてきて、実は別のことを書くのを思い出しました。
最近、同じ広告を良く見るようになりました。
サプリメントの広告です。

不安、緊張、プレッシャー・・・ストレス社会に待望のサプリ登場

どういうことでしょう。
たぶん不安や緊張やプレッシャーを感じる時に摂るサプリということでしょう。
どうなんでしょうねぇ。
イイんですかねぇ。
どうもなぁと思いますねぇ。
と、ねぇねぇの人と化してしまいますが、やっぱり気になります。
先ず、不安や緊張やプレッシャーは悪いことなんでしょうか。
それを簡単に軽くして良いものなのか。
運動をしなければ筋肉が落ちるというのと同じで、不安や緊張やプレッシャーにも自分なりに対処したり対応したりすることで、人って変わったり出来るんじゃないかと。
思ったりします。

なんでもかんでも直ぐに解決ってのが良いとは思えません。

10月13日に踊ります。

読了までの目安時間:約 2分

ダンスパフォーマンスのお知らせです。


Dance Experiment Play FOUR


日時 : 10月13日(土)1st 14:30 , 2nd 17:00 , 3rd 19:30
場所 : TOKYOZA
     練馬区温い 1-29-10 (西武池袋線富士見台駅7分)
料金 : 1,500円
問合 : teate@nifty.com


dance experiment

いつもお世話になっている富士見台のTOKYOZAのスタジオパフォーマンスで踊ることになりました。
7月にセッションハウスで本番があって、ちょっと休んでいるようなふりをして実はリハーサルが始まっていました。
今回は同級生4人と踊ります。
同級生と言えば皆還暦です。
この4人はもう30年以上も前から目の届くところで踊っている仲間です。
同じスタジオやカンパニーで踊っていたことは少ないんですが、発表会に呼ばれて客演したり、もう少し仲間を集めて公演をしたりして来た仲間です。
数年前には荒木の振付で踊りましたが、今回は荒木ではなくダンスの先生を今もやっている人が振りつけます。
これがけっこう面白い。
還暦ダンサーズにしか踊れないダンスです。
アラサーやアラフォーではこの味は出ない。

荒木の個人持ちのチケットは各回4枚ずつです。
必要な方は早めに連絡ください。

指針整体の良さについて。

読了までの目安時間:約 7分

指針整体の良さを書きます。
最近は教えている技術の良さよりも、卒業するとどんな風になれるのかとか、就職にどうだとか、整体学校や整体スクールではそう言うことを書く方が流行っているようですが、どうしても指針整体の良さを知ってもらいたい。
だって整体師になるんです。
整体師やセラピストになるのに、自分が勉強し使うことになるかもしれない手技がどんなに良いかが分からないで入学出来ないでしょ。と私は思います。
てあて整体スクールは指針整体とMETを教えている整体学校です。
次はMETについて書きます。


力を使わない
指針整体は押さない揉まない体重をかけない手技です。
厳密に言えば指を当てて離すので押すことになりますが、感覚としては「引く」刺激です。
ストンと当ててパッと引く。
体重をかけたり力を使って揉むことがないので、受けている患者さんには安心感があります。
受けていても気持ちが良い。
やっている整体師も体力的に楽です。
だからと言うこともあって女性の入学生が多いのが、てあて整体スクールの特徴です。
整体師は幾つになっても続けられる仕事と言われます。
でも実際は力を使う整体では限界があります。
指針整体ならずっと続けることが出来ます。


安全です
力を使わないということは安全性が高いということです。
体重をかけて押したり揉んだり方法が悪い訳ではありませんが、安全性という点では指針整体の方が上だと思っています。
てあて整体スクールではなるべく軽い刺激で芯(深層)に届く体の使い方を教えます。
最初は少し難しい人もいます。
今までやっていたマッサージや指圧のイメージとは真逆の体の使い方ですから。
でも、軽くすることが安全性にもつながるし、効果にもつながります。
安全性が高いということは、患者さんにとってもメリットです。
安心して通える整体の条件として、ボキボキしないだとか危険ではないというのが大切なことです。


体が緩み軽くなる
力を使わなくて軽い刺激なら受けた患者さんは効く感じがしないんじゃないか?と言う疑問が残ります。
でもそんなことはない。
患者さんは受けている途中からポカポカ体が暖まって来ます。
終わった後は体が軽く、翌朝起きるともっと軽いのが実感出来ます。
どういうことか。
指針整体はトントンと言うリズミカルな刺激を全身に入れていきます。
力を使わないので患者さんの筋肉がダルくなったり重くなることがない。
そしてうつ伏せと仰向けの両方・全身に刺激を入れるので、血流が良くなる。
またリズミカルに刺激を入れるので、副交感神経が刺激されてリラックス効果が高く筋肉は緩んでいく。
力を使っていないのに、患者さんが軽く楽になっていくのは最初はちょっと不思議です。


歪みが整う
指針整体は経絡に沿って刺激を入れていきます。
経絡とは気血水の流れるところと東洋医学では行ったりします。
この経絡の上に経穴(つぼ)があります。
経絡は体の上下方向に流れています。(長軸方向)
背中も足も上下方向に刺激を順に入れていくので、背骨周りの筋肉が均等に緩んで動きやすくなって行きます。
そのことで背骨の歪みが取れる。
もちろん全部ではありません。
頑固な歪みはMETなど別の手技で調整します。
でも、一通り指針整体を受けただけで、体の歪みが整って行くので、難しい調整がいらない場合もあります。


他にはない
指針整体は他では学ぶことが出来ない手技です。
良さと言うより、開業したり整体をしたりする時に一つのステイタスや差別化になると言うことです。
指針整体が好きで指針整体を受けたいとなったら、普通の整体院やサロンに言っても受けることが出来ません。
現在、日本全国でたぶん100から200人くらいの先生しか使っていない整体手技だから、気に入ってもらえたら患者さんがリピーターになりやすいと思います。


どうして指針整体を受けると良くなるのか
上にも書いた通り、指針整体は力を使わない整体なので、患者さんに負担が少ない整体です。
負担とは体力的な負担です。
痛みや疲れを抱えている患者さんにはなるべく負担が少ない方法で整体するのが効果的です。
また、リズミカルな刺激とも書きました。
リズミカルな刺激は副交感神経を刺激してリラックスするとともに、筋肉を柔らかく緩めます。
筋肉には低振幅の反復刺激を受けると緩むという元々の性質があります。
全身をセットで整体することで全身の血流が改善します。
痛み物質や疲労物質を筋肉や症状のある部位からなくすには、血液で運んでやることが大切です。
そのために血流を良くすることは必須です。
また血流が悪くなって状態の良くなくなった細胞を入れ替えるのに、細胞を作る材料を運ぶのが血液です。
血流が良くなると細胞の新陳代謝も良くなります。
また、普通の細胞が生きていくのに必要な栄養や酸素を運ぶのも血液です。
歪みがある程度取れた状態で血流が良くなることは、細胞レベルから体が良くなるために必要なことです。


最後に指針整体のイマイチなところについて。
長所が短所になるように、指針整体にもイマイチなところはあります。

上にも書いたように指針整体は、力を使わない押さない揉まない体重をかけない整体です。
と言うことは、強揉み(つよもみ)が好きな人には向きません。
温浴施設や60分1980円などで、疲れて硬くなった体を強く揉んでもらいたいお客さんにはがっかりされることもあります。
もっと強くして欲しいと言われることもある。
でもそれは出来ない。
そこはイマイチと思われることがあります。

もう一つ。
就職には向かない。
他にはない整体と言うことは、指針整体の出来る整体師を募集している整体院やサロンは殆どないと言うことです。
でも整体院やサロンに就職するだけなら、別に手技を学ぶ必要はありません。
殆どのところがマニュアル化された方法を教えてくれます。

説明がしにくい。
他にはないと言うことは、患者さんも殆ど受けたことがないと言うことです。
だからたまに説明がしずらいことがあります。
トントンと軽い刺激と言っても伝わりにくいことがあります。


指針整体・てあて整体スクール

写真を加工する。

読了までの目安時間:約 4分

患者3・てあて整体スクール

写真を加工すると言っても切り貼りをしただけだ。
ナントカカントカとかカントカナントカとか。
そう言うソフトだかアプリだかは使わない。
もう随分以前から言っているが、パソコンやインターネットがからきしダメだ。
どうやら荒木はパソコンやインターネットに詳しいと思っている人がいるらしいがそんなことはない。
断じて。
ない。
使い始めは異様に古く、確か1985年位には使っていたような気がする。
PC98シリーズとか言うの。
20センチ四方くらいのレコード盤をフニャフニャにして薄っすいケースに入れたみたいなフロッピーディスクを差し込んで使っていた。
画面は黒。
その上に緑の何者かがピコピコしている。
フロッピーディスクを入れるのは、今で言うソフトを入れるためだ。
いちいちソフトを入れ替えて指示しないと動かない奴らだった。
暫くして5年位経った時期に、ウィンドウズと言うものが登場する。
OSと言うのが何か分からなかった。
今の人はそれが当然になっているから逆に分からないかもしれない。
いや知ってるか。
マックOSとかそう言うのだ。
ウィンドウズは驚いた。
だって画面がカラーになったんですよカラーに。
黒に緑のドットだったものが白地にカラーです。
そりゃもう白黒写真がカラーになったような白黒テレビがカラーテレビになったような驚きです。
ま最近の人はその驚きは知らないだろうけど。
えぇと何だっけ。
そう随分古くから使っていた。
当時は携帯電話もなく当然スマホもなくタブレットもない。
インターネットもなかった。
ウィンドウズが出だしたあたりにパソコン通信てのがあった記憶があるが知らない。
とにかくデータを入力したり計算式を作って表を作ったりそこから何かを分析したりしていた。
表に書かれた数字ばっかり見てた人ですね。
デジカメと言うのは17年前に整体院を開業したあたりで普及が始まりました。
記憶によれば30万画素と言うのが結構凄いと言うことでデジカメをホームページ用に買ったが、今では全く使えないザラザラのぼんやりした画しか撮れなかった。
ええっと何だっけ。
これで二回目か。
そう、そんなに古くから使っているくせに全然分からない。
そもそも知ろうと言う気がない。
何となく出来ていれば良いと言うことでここまで済んで来てしまった。
こうなるともう勉強するのも億劫になりますね奥さん。
上に載せた画像は三枚の写真を加工しました。
いや加工したと言うほどのものではありません。
一部重ねて一枚にしたと言うだけのものです。
これが笑うほど原始的 ・・・ だと思う。
写真をワードに3枚取り込みます。
うち一枚の写真を画面の後ろに位置するように設定します。
そうしておいて写真をずらします。
微妙にね。
そして上のような状態にする。
でもこれだと写真3枚のままで使えない。
なので
ペイントと言う最初から入っているソフトを取り出します。
そのペイントの画面に重なった3枚の写真をコピーしてペーストします。
つまり移動ってことですね。
そしたら次にペイント上の3枚連なった写真(実は一枚になっている)を切り取って名前をつけて保存します。
その保存したのが上の一枚ってことです。
どこかで一枚になっている。
知らんけど。
そう言う操作をしています。
まだから加工とは言えませんね。
この写真は整体院のページに使う予定ですが、作ってみたら患者さんの人数が少ない。
なのでまた作り直しかもしれません。
あっちからコッチにコピーして、それをコピーしたあと切り取って名前をつけてコピーしてと。
まあ、おじさんはなかなか大変です。