整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

闘う夏バテ対策

読了までの目安時間:約 3分

今日は東京で気温が37度になるとかならないとか。
いずれにしても大変な暑さです。
整体の仕事は屋内なので外には出ませんが、それでも暑さはこたえます。
暑さ対策はどうしてますか?
あら木は毎年色々な対策をしています。


冷麺でやり過ごす。
冷やし中華でやり過ごす。
酸辣湯麺で何とかする。
長袖で切り抜ける。
アイス的な飲み物を避けて過ごす。


毎年、飲み物や食べ物、着る物などで対処していますが、年齢によってやっぱり違いますね。
20台くらいまでは暑くなると、どんどん薄着になって行きました。
ところが40台くらいから薄着になると冷房にやられてしまうので、半袖だけを着るということはなくなりました。
Tシャツであっても下着を着るようになった。
50を超えたある年は、夜寝るときに長袖Tシャツに靴下まで履いて寝ていました。
寝汗で起きるんですが、薄着で調子が悪くなるよりはマシだったからです。


今年はなんとなく闘っています。
暑くて死にそでハアハア言いながらでも、週に一回はダンスレッスンに行って汗をかきます。
水分をすごく取るようにして、常に汗が出ているような状態になっています。
一昨年は水分をあまり取らなかったことで、常に頭が痛い状態でした。
そしてなるべく温かい食べ物を食べる。
ついでに辛いもの。
そんな感じでなんとかやり過ごそうとしています。


レッスン・てあて整体スクール

今日も実は昼にモツ鍋を食べて来ました。
気合が入りました。
なんとかこのまま乗り切りたいと思います。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

触れる人のための解剖学

読了までの目安時間:約 4分

最近になって色々なところで体の話をさせてもらいます。
StudkoRADAさんやチャコットさんやセッションハウスさんなどダンススタジオでは、【カラダの座学】と題して外から見た体の形と骨格や筋肉のつき方から実際の動きを確認するような講座。
福島から始まった【てあて整体塾】では、セラピストを志す方々に解剖生理学の入門とアレクサンダー・テクニークの講座です。


【カラダの座学】はボディーマッピングとも呼ばれると思いますが、内容的には荒木が日常整体師として患者さんやダンサーに話をしている内容や整体スクールで生徒さんに話をしている話です。
脳は整合性を取ろうとします。
辻褄を合わせるって言うんでしょうか。
例えば手の平を見て下さい。
指が五本、手の平から出ています。
手の平は平べったい平面で、そこから細い指が伸びています。
でも、骨的には違います。
手の平の部分もほどんとは指と見えている部分と同じ細い骨です。
指を手の平側から見ると、上から第一関節・第二関節のところにシワがありますが、次の第三関節に見えるところのシワは関節とは違い手の平の皮膚のシワです。
実際の第三関節は手相を見るときに感情線や頭脳線と言われている線のあたりにあります。
そこから曲げると、手の平が半分に曲がるみたいに曲げることが出来ます。
普段は第三関節のシワと思っているところから曲げるようにしていることがあります。
これは肩でも同じことが言えます。
腕は手の指と同じで細くなっている部分ですが、肩は手のシワで言うと第三関節のシワと思われている部分のことです。
これを確認するだけで腕の動きが変わったりします。
頭の中の体の地図を書き換えるという意味でボディーマッピングと言われるようです。


【てあて整体塾】でやっている解剖生理学は、てあて整体スクールの解剖学の授業の内容です。
解剖学は奥が深くどんどん細かくなって行きますが、整体師など体を扱う人に知っておいて欲しいことをまとめてあります。
例えば「頚椎と胸椎と腰椎の違い(こちらのページ>>>)」だとか、股関節の靭帯と歩き方の関係だとか。
骨格や筋肉の名前を覚えるのは各自に任せて、骨の形や筋肉の付いているところから、動きや性質について話をします。
また、血流やリンパの流れのこと、神経系の支配のことなども。
基礎中の基礎を学んでいきます。
それにあるある的な話も登場します。
おでこは頭なのか顔なのか。
手の親指は外側なのに足の親指は内側なのは何故か。
気圧が下がると関節が痛くなるのは何故か。
などなど。


ご希望があればどこでも行きます。
解剖学の話や体の話をするのが好きなんです。
連絡下さい。


福島整体塾4・てあて整体スクール



アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

足首はどこで曲がるのか!? ~ 解剖学ページ更新

読了までの目安時間:約 2分

足首はどこで曲がるのか!?

以前、『踵は足の真下じゃない。』( コチラ >>> ) を書きました。
内容的には似ているんですが、今回は骨の位置の問題ではなくて動きの話です。
足首はどこで曲がるんでしょう。
そもそも足首は曲がる関節なんでしょうか。
何言ってるの!?と思った人は、股関節は曲がらない>>> を読んでみて下さい。


足首の関節は足関節と言います。
踝(くるぶし)の間、脛骨・スネの骨と距骨の間の関節です。
距骨という骨は足部の後ろの方にあって、関節面が上を向いています。
カマボコみたいな形の関節面になっていて、脛骨と関節しています。
ようするに、足首・足関節は踝の下で動きます。
足首は足の前、足の甲とスネの間で曲がる。
足首は踵で曲がる。
そんな風に思っている人が多いようです。


足関節1・てあて整体スクール

写真を見るとわかりますけど、足関節は踵よりも斜め前上にあります。
そして以前も書いたように
スネの骨の真下に踵の骨はなく。
踝の真下は空間があって地面から浮いています。
この足関節で前後にアーチのような形になった、距骨の関節面上で脛骨が滑るように動きます。
この動きを「足首が曲がる」と言っています。
曲がってるって言うより滑ってるって感じですね。
股関節は曲がるんじゃなくて回る、足関節も曲がるんじゃなくて滑る。


足首2・てあて整体スクール

骨の位置関係が分かりやすいように、補助線を書いてみました。
〇のあたりが足関節です。
この位置関係と動きを知るだけで、足首の動きが変わる人がいます。
立ち方が変わって重心が変わる人もいます。

夏休み

読了までの目安時間:約 4分

息子は今年で25歳になります。
昨年、大学を卒業して戻ってきました。
今年に入ってまた外に出て行きました。
昨年就職をして通勤の便が悪いのと一人暮らしをしたいというのが理由のようです。
良いことです。
悪くありません。
息子は大学に行く前に一年余分に勉強をして、大学に入っても余分に勉強したので、高校を卒業して6年して社会人になりました。
早生まれだからちょうど良いかと思いましたけど、そんなふざけたことは家では言ってません。
まったくな、くらいのことです。
妹は8月6日に生まれました。
息子の妹ではなく僕の妹です。
広島に原爆が落ちた日です。
落ちたというと何となく天災のようですが、アメリカがエノラゲイから落としました。
誰かがスイッチを押して原子力爆弾を何十万人もの一般市民が生活している大都市の市街地に落っことした訳です。
その割りに昨日のニュースでは取り上げ方が少なく、殆ど報道はされていませんでした。
72年経つと忘れるんでしょうか。
僕は妹の誕生日なので一生忘れません。
別の意味でも忘れることはないと思っています。
アメリカ人は好きですけど、アメリカという国はどうなのかなぁと思ったりします。

整体師として息子を社会人にしたというのは、ちょっとした自慢です。
インターネットが普及しだした2000年位から後に独立開業した整体師で、ずっと続いている人は意外に少なく、子供を成人させている人も意外に少ないと思います。
あっ大丈夫です。
このブログを読んでる先生はその意外に少ない側の先生ですから。
お互い大変だったですよね。
ホント。

夏は暑いので調子が出ません。
正直、3ヶ月位休みたいと思ったりします。
もう暫くするとカンレキになるので、そうしたら週休を作って、65位になったら夏休みを数週間作って、70歳を超えたら一ヶ月枚に仕事をするようにしようかな。
それくらいがちょうど良いでしょう。

整体もアレクサンダー・テクニークも人が喜ぶ仕事です。
喜ぶと言ってもホッと一息て感じの喜びです。

あああぁ~
センセありがと・・・

そんな感じです。
20年サラリーマンをやってましたけど、そんな風に喜ばれることはありませんでした。
どっちかと言うと自分が嬉しい感じの仕事だったんじゃないかと思っています。
事業計画を立てたり損益の予実を分析したりだったので、制作物が出来て分析や結果が出ると、自分がホッと一息するという。
だからちょっと随分違いますね。
それは楽しいことです。
でも楽しいことばかりでもありません。
個人でする仕事は辛い時もあったりします。
あったりしますが、最近はそれがまた面白い。
生きててんなぁ---みたいに感じたりもします。
生きてるってのは、楽しい時に感じますけど、でも楽しくない時もしみじみしたりします。
これはこれで滋味深いというかね。

8月は夏休みで周りがとても静かです。
一昨年引っ越してきた場所が、学校の門のすぐそばで、朝夕は生徒さんが通るんですが、土日や夏休み冬休み春休みなどは人がぱったりいなくなります。
だから今はとても静か。
静かだと静かにモノを考えますね。
だからまあたまにはこんな文章も。

自分のカラダを感じる ~ アレクサンダー・テクニーク グループレッスン NHK文化センター

読了までの目安時間:約 3分

毎月一回、光が丘にあるNHK文化センターでアレクサンダー・テクニークの講座(グループレッスン)を持っています。
一昨年の4月に初めて二年半位になります。
最初はアレクサンダー教師になったばかりの頃で、自分が緊張するんじゃないかと心配でしたけど、そこは自分のユース(使い方)を見ながらやって来ることが出来ました。


NHK1・てあて整体スクール

いつも何かテーマを考えて臨みます。
今回は「自分の中にある方向性を感じる。」というものでした。
アレクサンダー・テクニークでは4つの方向性という言い方で言ったりします。
頭と首の関係や背中や膝に向かうものなど。
生徒さんにはサポート感覚という話で体感してもらえたらなぁと思いました。


NHK2・てあて整体スクール

2時間のレッスンなので、進行はゆっくりです。
最初は一ヶ月の間の話をしたり、その話からカラダの使い方やアレクサンダー・テクニークにつながる話をしたりします。
そこから毎回いろいろなアクティビティやゲーム的なことをします。
個別にハンズオンワークという体に触れるワークも行います。
今回は方向性を感じてもらいたいと思いましたが、その前に自分を感じることから始めました。
最近思います。
日常的に自分のことを感じる時間が少ないんじゃないか。
自分の呼吸を感じたり。
自分の背中やお腹を感じたり。
自分の血液の流れを感じたり。
自分の体の中がどんな感じなのかを感じたり。
そんな時間が少ない。
それよりも目の前のことを片付けていかなければいけないような。
余裕がなくなっている人が多いように思います。
今回はちょっとゆっくり。
特に時間をとって自分の体を感じることをやりました。
その上で方向性を感じる。
劇的なものではないかもしれないけど、それをほのかに感じられると自分の使い方も変わります。


来月は9月3日10時から。
テーマは「歩く」です。
この学期の最後です。
見学したい人はNHK文化センター光が丘教室に直接連絡して下さい。
一緒に自分を感じましょう。

※NHK文化センター光が丘 アレクサンダー・テクニーク >>>




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

体の歪み

読了までの目安時間:約 4分

整体師は体の歪みを整えます。
体の歪みではなく骨の歪みという人もいます。
骨や体の歪みって何でしょう。
「骨の歪みと筋肉の歪み。」
言葉ではそう言ったりします。


では、骨の歪みって何でしょう。
背骨は頭の下から始まって骨盤まで、24個の骨が積み上がって出来ています。
背骨の骨(椎骨)には背中側に向かって出っ張っている部分(棘突起)があります。
棘突起はだいたい上下に真っ直ぐ並んでいます。
(横から見ると緩やかなS字になってますけど。)
上下に並んでいる棘突起が、左右にズレている時に骨が歪んでいると言ったりします。
骨盤は三つの骨で出来ています。
真ん中に仙骨という骨、両側に寛骨があります。
仙骨と寛骨は左右の仙腸関節でつながっています。
この仙腸関節の辺りの寛骨に、後ろに出っ張っている部分(上後腸骨棘・PSIS)があります。
寛骨がズレると上後腸骨棘の位置が動くので、骨盤が歪んでいると言ったりします。


ようするに、骨が通常と違う位置で止まっている時に、歪んでいるとかズレていると言います。


筋肉の歪みって何でしょう。
筋肉のアンバランスとも言ったりします。
例えば肩の高さが左右で違ったりします。
この時、歪んでいる・アンバランスなのは何でしょう。
肩と呼ばれている部分は、頭や首から肩甲骨に繋がっている僧帽筋が殆どです。
僧帽筋かその奥にある肩甲挙筋が左右で長さが違っていると、肩甲骨が上から引っ張られて高さが変わります。
左右の僧帽筋や肩甲挙筋の緊張度合いが違うと、引っ張りが違い高さが変わることがあります。
そんな時、筋肉が歪んでいると言います。(てあて整体の場合)


骨の歪みや筋肉の歪みは、そのままではダメなんでしょうか。


極論を言えば問題がなければ問題ありません。
でも問題が出てくる可能性が、歪みがない時よりも多い。
なので整体師やセラピストは調整したりします。
何故、問題が出る可能性が高まるのか。


骨がズレていると関節の動きが悪くなっていることが多い。
関節の動きが悪いと、体全体の動きが普段と変わります。
普段と違う体の使い方をすると、血液やリンパの流れや筋肉の張りが変わります。
それが積み重なっていくと ・・・ 故障につながる可能性がある。
また、骨がズレていると、周りの靭帯や筋肉や筋膜の張力が変わります。
一方は緩み一方は縮みます。
これもやっぱり血流や体の動きに影響を与えます。
同じことが筋肉のズレの場合も言えます。
だから調整する。ことが多い。


歪みだけが問題な訳ではありません。
骨や筋肉だけが問題な訳でもありません。
筋膜や靭帯や血流や内蔵の動きなど、歪みやズレは全体的に見ていきます。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

クラニオ セミナー 【9月16日】

読了までの目安時間:約 2分

9月16日にクラニオ(頭蓋仙骨療法)の入門講座を行います。

ストレスで疲れが抜けない。
体の調子が何となく悪い。
イライラする。
夜よく眠れない。
すっきりしない。
重い。

クラニオは5gタッチとも呼ばれる軽い触れ方でカラダ全体を整えます。
優しい触れ方、軽いタッチで、触れているところだけでなく全身を整える。
体の持っているリズムを利用したセラピーです。
蓋と脊椎・骨盤を調整することで、脳脊髄の働き良くすることを目的としています。
体の左右の筋肉・筋膜などのバランスも取れるので、歪みが取れ動きもスムーズに整っていきます。

これからセラピーを勉強しようと思っている人。
新しいスキルを求めている先生。
触れ方の勉強・練習をしたいと思っている人。
カラダのリズムを感じ整えたいと思っている人。
家族の健康を自分の手で何とかしたいと思っている人。
待ってます。


【 クラニオ入門セミナー 】

日時 : 9月16日(土)14:00~17:00
場所 : てあて整体スクール 東京
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 18,000円(2回目以降 5,000円)
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


クラニオ授業・てあて整体スクール



アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

1000記事

読了までの目安時間:約 2分

この投稿で1001本目の投稿になります。
最初にこのサイトのページをアップしたのが2015年3月でした。
でも約1年は2ページしかないサイトで、昨年2016年になってブログを書き始めました。
約1年半で1000記事になりました。


最近のインターネット上ではサイト内に1000以上ないとサイトとしては存在していないと言われたことがあります。
10年前に同じ話を聞いた時は100ページと聞いたので、10年で10倍になった訳ですね。
やっとネット上に存在するサイトになったのかなと思ってます。
ま、内容がなければ意味はないんですけどね。


整体スクールの院長として整体を勉強しようと考えている人や整体師などセラピスト、体に興味がある人に向けた内容になってます。
たまに意味なし投稿もありますけど。
今後共宜しくお願いします。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

腎臓の触診

読了までの目安時間:約 2分


てあて整体スクール・東京の8月の土曜日は指針整体の授業です。
指針整体の練習の前は必ず触診の練習をします。
今日は触診の練習の後に、腎臓の触診をしてみました。


腎臓の触診・てあて整体スクール

夏になると腎臓が疲れている人が多いように思います。
疲れていると言うのは分かりにくいですね。
背中側から触れると、皮下組織の下に張りのある組織を感じます。
腎臓は脊椎のすぐ前、胴体の中では背中側で、肝臓の下で第十二肋骨の前に位置しています。
ちょうど胸と腹の間の背中側って感じです。
この辺りが固く張りのある組織があると、体幹の動きも悪くなります。

副腎疲労症候群と言う病気があります。
疲れが抜けず、うつ病と診断されることもあるようです。
副腎の機能が低下して、疲労や倦怠感をはじめとして様々な症状が出ます。
副腎の機能を回復するには、ストレスを少なくすることやタバコやコーヒーを控えること、運動をすることなどが挙げられます。

整体的には腎臓の周りの血流を改善すること、筋肉や筋膜など軟部組織を緩めることなどが考えられす。
この辺りが柔らかくなると気持ち良いもんですよ。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

手技療法の可能性

読了までの目安時間:約 3分

10年以上前に手技のワークショップに参加して聞いた話です。
その主催者の先生は大学病院で糖尿病の専門医を長くされていた内科医の医師で、のちに手技療法を勉強しワークショップを開くようになったとのことでした。
当時、糖尿病は食事療法と運動療法の他はインスリンの投与位しか治療法がありませんでした。
治療と言っていますが、足りなくなったインスリンを補っているだけで、根本的な治療にはなっていない、と言うのがその先生の考えでした。


何か治療法がないかと色々研究したり調べたりしていて、最終的に手技療法に行きあたったそうです。
手技療法の先生に聞くと、それなら膵臓を押せば良い、と言ったそうです。
つまり膵臓を物理的にマッサージしたり押圧したりすることで刺激し、状態を変化させ(血流改善?)ようと言うことです。


これを聞いてその先生(内科医)は衝撃を受けたそうです。
今まで全く手が出ず何も出来なかったのに、手技療法の先生は患者さんに何かすることが出来る。
膵臓を押圧することやマッサージすることが効果があるかどうかは別にして、物理的にでも施術をすることが出来ると言うことが衝撃だったそうです。
そんなことから色々と調べ自分でも勉強し学んで、結果的には大学病院を辞め、手技療法を取り入れて個人で開業医として治療をすることになったそうです。


手技療法には様々な可能性があると思います。
物理的な刺激と言う意味でもそうです。
また、触れると言う行為が持つ人に対する影響を利用すると言う点もあります。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>