整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

予約キャンセル

読了までの目安時間:約 5分

一昨日の夕方電話がありました。



「すみませんん整体受けたいんですけど予約って出来るんですか?」

はい出来ますよ。

「何時位までやってますか?」

19:00位までに入っていただけると助かります。

「明日とか空いてますか?」

はい大丈夫です。何時頃来られますか?

「じゃあ19:00でお願いします。」

はいでは、9日火曜日の19:00ですね。 お名前は ・・・



で昨日。
19:00に来ない。
19:30になっても20:00になっても20:30になっても来ない。
通常、1人に90分くらい時間を取っているので、そこで待つのをやめて帰ってきました。
終了時間ですからね。


予約キャンセルについて書きます。


整体院をやっていると予約キャンセルはつきもの。
だとは思いません。
今回のようなドタキャンと言うのか予約があったのに来ないと言うことは、20年近く整体院をやっていますが数回です。
たぶん3回目か4回目じゃないかと思います。
それくらい少ない。
連絡があってキャンセルになることはあります。
それは年に数回ある。
事前に連絡を頂いて、別の日に設定したりします。
あるいは時間になって来ないので、連絡したら失念していたと言うこともある。
そんな場合は予約日時を変更して受けに来て頂いています。


忘れることってあります。
自分だってあるんだから患者さんだってあります。
だから出来るだけ日時をお互いに確認するようにしています。
それでも忘れることはある。
朝、手帳を見て確認して今日だったと分かっていて、仕事が終わって家に帰ってきてしまうことだってある。
手帳に記入を間違えることだってある。
日時を確認しているのに書き間違えることがある。
だから、忘れたりキャンセルには腹が立つことはあまりありません。
殆どない。
ゼロってことはないかもしれないけど、殆ど腹は立ちません。
それより、ちゃんと確認したっけ?とか、自分が日時を間違えていたらどうしようとか。
そんなことを思います。
昨日は連絡先を確認しなかった。
だから連絡が取れませんでした。
これは自分のミスですね。
過去数回の連絡なしキャンセルの場合は、メールや電話をしても連絡が取れませんでした。


キャンセル料は頂いていません。
整体の予約だけでなくセミナーやワークショップや講座でも頂きません。
だってしょうがないことってあるじゃん。
と言うのが主な理由です。
理由になっているようなならないような理由です。
そんなの理由にならん、と言われそうです。
ネット申込だとキャンセルが多いと聞きました。
だからネット申込をやめた同業者もいます。


てあて整体院の場合は電話かメールなので、キャンセルが少ないのかもしれません。
予約をするとその分の時間を確保する訳だから、キャンセルになると機会損失が起きる可能性があります。
だからキャンセル料を頂くのは当然の権利です。
分かってます。
でもまあ、しょうがないことってあるじゃん、と思ってしまいます。
セミナーやワークショップや講座の場合は、売上としても大きいです。
仕事としてやっているんだから、経営的にも予約キャンセルは痛い。
だからキャンセル料を頂くのは当然です。
でもまあ、と思ってしまいます。


今後もそうです。
キャンセル料を頂くことはありません。


自分の仕事に矜持を持っているのか!
仕事としてやってるんだから!
甘い!
なんて言われそうですけど。
経営を圧迫するほどキャンセルが多い訳ではないので、好きにやります。
好きにやるために会社辞めたんだから。
私の場合はキャンセル料頂かない方が楽なんです。

アクティビティー

読了までの目安時間:約 3分

アレクサンダー・テクニークは上手くいかない体の使い方を上手く行くようにしたいとか、もっと軽々と動きたいとか、なんとなく上手くいかないことを改善したいと言う人に受けてもらっています。
自分の使い方のワークとか、自分の使い方と言ったりもします。
ようするに何か上手くいかないことを、上手く行くように、アドバイスしたりコーチしたりみたいなことをします。
普通とはちょっと違う方法ですけど。
いろいろな方法を使ってアドバイス的なことやコーチ的なことをしますが、気になっているそのことを題材に実際にやってみることをアクティビティなんて言います。
楽器演奏が上手くいかない音楽家の方は実際に弾いてみたり。
ダンスが上手くいかない方は実際に動いてみたり。
そんな中、今日はこんなことをしました。


ATアクティビティ:ビフォー

寝ながら本を読む。


ATアクティビティ:アフター

どっちがビフォーでどっちがアフターか。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、上がビフォーで下がアフターです。
ご本人はいろいろと感じて頂いて、あああああああああみたいな感じでしたけど。
この格好になる前に幾つかのことをしました。
ハンズオンと言う手法(手で触れる)を使って、体の感覚を呼び戻し、自分の今の状態を感じた後に、この姿勢をしてもらいました。


アレクサンダー・テクニークは、習慣的な行動や思考から離れる練習をします。
普通こうするでしょとか。
これ以外は考えられないとか。
こういう時はこうするとか。
そんな知らないうちにやっている、「今までと同じ何か」からちょっと距離を置いてみる練習です。
横になって本を読む時は、自然にこうなる。
と言うのをもう一度見直してみます。
横になる前に自分の状態を確認。
楽なんだったら、その楽を感じたまま横になっていく。
結果、横になったら楽ではなくなっていたのなら、どこかで楽がなくなるところがある。
そこ。
そのなくなるところ、がポイントです。


そうやって、ちょっと自分を見つめ直す時間は実はとても贅沢な時間なのかもしれません。
ゆっくり自分を感じながら何かをしてみる。
今日もそうやって、寝転んで本を読む、をやってみました。


アレクサンダー・テクニークはアレクサンダー・テクニーク教師が教えます。
荒木もアレクサンダー・テクニーク教師です。
体のことや自分のことやクセや行動に興味があったら連絡下さい。

硬い筋肉を緩める

読了までの目安時間:約 3分

筋肉が硬くなっていれば緩めます。(全部じゃないですけど。)
緩めるにはいろいろな方法があります。
いろいろな方法で、いろいろな硬さの筋肉を緩める。


ただ緩めてしまえば良いという訳ではありません。
疲れていて硬くなっている筋肉、重くなっている筋肉を緩める時。
力を使ってギュウギュウ押せば緩みます。
体重をかけて、拇指だけでなく肘や時には足で押せば緩みます。
時間をかけて奥の方まで押すことが出来れば緩みます。
でもそれでは疲れが出てしまいます。
筋繊維や毛細血管に傷がついてしまえば、揉み返しが出るかもしれない。
時間をかけ過ぎ、力を入れ過ぎると、筋肉の反応が遅くなり、重だるく、ぐったりみたいな状態にもなります。
それが良いという人もいますが、それでは終わった後に使い物にならない。
疲れが出てしまい、動きが鈍くなってしまいます。
そうすることがその後のために良いのであれば、そうしても良いですが、何も聞かずに緩み切るまで緩めてしまうのは危険です。


なるべく時間を使わない。
筋肉に与える刺激をなるべく少なくする。
筋繊維や毛細血管のダメージを最小限にする。
それでいて筋肉が緩んだ状態にする。
なかなか難しいですけど、それを狙いたいと思います。


そもそも、交感神経優位な状態になっている筋肉は緩みません。
いや緩みにくい。
目が覚めているというか、いつも意識がはっきりしている筋肉。
そういう筋肉は血流を改善させ、短時間でストレッチしたりして緩めます。
触れた限りでは完全に緩んだようにはなりません。
でもそれで良い。
患者さんは動きやすくなります。
何か必要があってその状態になっているなら、そうします。
大事な本番があるとか、舞台があるとか、試験があるとか。
そういう時です。
ゆっくりするのは、本番や舞台や試験の後で良い訳ですから。


筋肉を緩めるといっても本当にいろいろな方法や種類があります。
時と場合と相手を考えてやっています。
整体師は実はいろいろなことを考えながらやってるんです。
無駄話しながらでも、筋肉の状態を感じながら。
実はやってるんですよ。

リハビリメニュー

読了までの目安時間:約 2分

長く整体師をやっていると色々なことがあります。
患者さんが入院したり怪我をしたりすることもあります。
一般には怪我をしたり症状があったりで来院される訳ですが、来院されてその時の症状がなくなった後も、てあて整体院には継続して通う患者さんが沢山います。
月に一度のメンテナンス。
調子を整えてまた一ヶ月頑張るぞって感じです。


たまにリハビリメニューを作ったりします。
理学療法や作業療法の勉強をした訳ではありませんが、動きが悪い筋肉や硬くなっている筋肉は分かるので、その筋肉をストレッチしたりトレーングしたりするメニュー作りです。
今日もそんなことをやっていました。
今回は主に股関節周りについて作りました。
動きが悪いのは筋肉が弱いのではなく、持っている筋肉を使えていない。
というのが荒木の基本的な考え方です。
使えていない筋肉を使うために、その筋肉を使う練習をします。
これがなかなか面倒。
面倒と言うのは複雑と言うことではなく、簡単な動きだし小さな力で良いのに、その筋肉に力が入らない。
入る気がしない。
どの筋肉を使えば良いか分からない。
その筋肉がないような気がする。
みたいなことが起こります。
だから一つ一つ説明しながらやっていきます。
沢山やって筋肉をつける必要はないと思っています。
スポーツ選手なら別ですけど。
普通の人は普通に使えれば良い。


リハビリメニュー

以前はゴルフスィングが上手く出来ないから、ストレッチと運動のメニュー作ってくれって患者さんもいました。
本人の特性があるので、いろいろですけど、股関節と肩周りがポイントでしたね。
整体師はこんな仕事もしています。

助かりました。

読了までの目安時間:約 2分

お茶・てあて整体スクール

てあて整体院では整体が終わるとお茶を出します。
昔の整体院はどこもそうでした。
そうじゃないところもありましたけど、多くの整体院がそうやってお茶を出して、終わった後に話をしました。
痛みがあったり症状があったりして通い始めのころは、今日の状態、何をやったか、これからの推移の予測、どれくらい通えば良いか、次の予約、など話をします。
暫くするとそうでない話もするようになります。
リラックスしてもらうためだったり、患者さんの今置かれている状況を知るためであったり。


助かりました。


患者さんが帰り際におっしゃった言葉です。
いろいろな話をばばばばば~っとされて、整体が終わって。
体もスムーズになり心も少しスムーズになったと言うことのようでした。
あぁ~
あははははははは
へへへ
みたいになります。
荒木がです。
もう20年もやっているのにです。
なるべく顔には出さないようにします。
ま、嬉しい訳です。
助かったなんて言われる訳ですから。
そりゃ嬉しい。
でも助けようとしている訳ではありません。
普通にやっています。

痛みが取れれば。
硬さが取れれば。
引っかかりが取れれば。
楽になったら。

そんな風に思ってやっています。
整体師は3日やったらやめられない。

選択は自分にある

読了までの目安時間:約 3分

呼吸の勉強をしている患者さん。
いつも色々な話をします。
整体を受けた後にアレクサンダー・テクニークのワークを少しだけやったりします。
今日はアレクサンダー・テクニークの話も少ししました。


アレクサンダー・テクニークを一言で言うと「レディネス」
ふたことで言うと「インヒビションとディレクション」


アレクサンダーさん本人に誰かが聞いたら、そう答えたという逸話があります。
レディネスって何でしょうか。
準備されている状態。
でも何かに対して準備されていると言うより、なにに対しても準備されている、全てに開かれた状態。
と思っていた時期もありました。
でも、今は少し違います。
準備をする前の状態。
言葉にするのは難しいですね。


では、インヒビションとディレクションは何でしょう。
インヒビションは抑制などと言いますが、立ち止まることのように捉えています。
何かの刺激にたいして起こしてしまう、習慣的な考えや習慣的な行動を、一旦立ち止まって、本当にそれは必要なのか、そうでなければいけないのかと感じ直す余裕を持つための、立ち止まり。
ディレクションは自分が生まれながらに体に持っている動きの質を表す方向性。
体は縮こまるようには出来ていなくて、どちらかと言えば外に向うような方向性が備わっている。
それを思い出すことをディレクションと。


ポイントは選択出来るということです。
何かをするときに、コレしか出来ないというのは嫌ですね。
ひょっとして他にも方法があるかもしれない。
キーボードを打っていると肩に力が入る。
どうしても入ってしまう。
他に方法がない。
というのだと嫌ですね。
キーボードを打っても肩の力が抜けていることがあったとしたら。
そりゃ抜けている方が良い。
と思います。
でも、ポイントはその先にあって、肩の力を抜いても出来るし、肩に力を入れても出来る。
どちらを選ぶか選択することが出来る。
ここがポイントだと思っています。


良い悪いとか常識とか。
時と場合によって変わります。
こうするのが常識とか、こういう時はこうするのが良いとか。
時と場合によって変わるかもしれません。
いつもこうだと思っていることから抜け出して、自由に選ぶことが出来るとしたら。
いろいろと楽になって来るような気がします。


というような話を患者さんとしました。
ハンズオンワークというアレクサンダー・テクニークの手法を使いながら。
そうすると体でも感じ、頭でも考え。
いろいろと納得して自問したりしながら帰られました。
良いワークだったかなと思います。

啓蟄

読了までの目安時間:約 3分

今日から約二週間を「啓蟄(けいちつ)」というらしい。
啓蟄とは冬の間は土の中にいた昆虫や爬虫類などが、春になって土の外に出てくる時期、というような意味のようです。

確かにそんな感じがしますね。

毎年、この頃になると体がムズムズして来ます。
春は体が緩んでくると東洋医学を齧っていた頃に聞きました。
骨盤も緩み体も緩む。
体は季節に合わせて少しずつ変化します。
自分ではほとんど感じませんが、例えば汗のかきかただったり体温調節だったり。
春は冬から夏に以降する途中ですが、体が変化していくスピードと季節が変わっていうスピードは、完全にはシンクロしません。
同じように秋は夏から冬に移行する途中なので同じようなことが起こります。
上手くアジャスト出来ないと調子が悪くなるということがあります。

どうしましょうか。

先日も書きましたが浮腫が増えているようなイメージです。
それと、背骨の上の方(背中の上)の骨が左右にガタガタとズレている人も増えます。
これは特に女性。
なんか調子悪いって人も増えている印象ですね。

先ずは歩いて下さい。
そろそろ体を冬バージョンから春バージョンに変えるために、筋肉を使い骨を動かして血流を良くし、呼吸も深くします。
体の中に酸素を沢山取り込み、筋肉を柔らかく動きやすくすることで、内蔵にも良い影響が出てきます。
歩くのは日常!という人は少し運動をしましょう。
その前にストレッチも忘れないように。
家の中でじっとしていた体を活動的な状態に少しずつ移行させてあげて下さい。

どうしても調子が悪いとか、調子が整わない場合は、整体やマッサージなどを受けてください。
血流や体の歪みや関節の動きの悪さを改善してくれます。
ついでに何かアドバイスもくれると思います。
知ってるところがなかったら、てあて整体院へどうぞ!

浮腫(むくみ)が増えている。

読了までの目安時間:約 3分

季節柄なんでしょうか浮腫(むくみ)が増えています。
てあて整体院にいらっしゃる患者さんでも、浮腫がある人が多く見られます。


浮腫の原因は幾つかあります。
一つは血流が悪い。
もう一つは血中などの塩分などの濃度が高い。
ヒトの体の中の水分は血液と一部リンパで流れています。
その血液の流れが悪いと水分の流れが悪くなり、体の組織に残った水分が外に流れ出ないと言うことが起こります。
また塩分などの濃度が高いく一定以上になると、塩分濃度が下がるように水分が残ってしまいます。
体内では浸透圧の関係でそんなことが起こるようです。


血液の流れが悪いのは、運動不足か自律神経の問題です。
運動不足は頑張れば解消出来ますね。
歩く歩数を増やすとか、時間を見つけて肩関節や股関節を動かす。
ストレッチをして筋肉を柔らかくするなんてのも良い方法です。
女性はブーツを履いていると、足関節が動きにくいので浮腫やすくなります。
ブーツの日は帰って来たら、足首をよく伸ばして、アキレス腱をストレッチ。
足首を回したら、その場で足踏みしたりすると良いです。
自律神経の方は逆に頑張らないことですね。
睡眠時間を出来るだけ取り、朝は太陽の光を浴び、出来れば散歩をする。
そんなことも大切です。
塩分については食事が大切になります。


もう一つ気になることがあります。
頭が浮腫んでいるような人が多い。
頭に触れるとパンパンに張っています。
中の圧力が高い感じです。
睡眠不足やストレスや考え事が詰まっている。
そんな印象を受けます。
春になって血流が上手くいかないことや、体の動きに変化があることが原因のような気がします。
上に書いた血流を促すようなストレッチや運動に加えて、首を軽く回すこと、耳を左右に引っ張ることなどが良いかと思います。
あとはたまに休んで気分転換してください。


てあて整体院では指針整体と言う軽い刺激の整体をやっています。
全身の筋肉にトントンと軽い刺激を入れるので、浮腫にはとても効果的です。
一度受けただけでフクラハギが1センチ位細くなったりします。
水分が抜けただけなので痩せた訳ではないですけどね。
見た目も動きもスッキリするので良いと思います。
お待ちしています。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20(月4日)
teate@nifty.com
03-3922-7230

大人バレエな患者さん

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体院・荒木です。
てあて整体院は練馬区大泉学園と名古屋市千種にある整体院です。
千種では毎月4日だけ平日に営業をしています。
整体スクールで名古屋に行った時に、授業のあとに整体やアレクサンダー・テクニークをやっています。
てあて整体院には大人バレエな方々が沢山いらっしゃいます。
プロダンサーもいらっしゃいますが、アマチュアで趣味でやっている方や趣味をこじらせた方(笑)が多く来ます。
レッスンや発表会・公演本番での故障や、体の使い方を知りたいと来る方々です。
故障は整体で整えて痛みや動きにくさを調整します。
体の使い方はアレクサンダー・テクニークなどを使ってアドバイスしています。


大人バレエな患者さんにどうやって体の使い方などアドバイスをしているのか。


大人からバレエを始めるといろいろと困ることがあります。
ひとつには先生が言っていることが理解出来ない。
あるいは理解しがたい。
軸を引き上げてとか天井から吊るされるようにとか。
お尻を締めてでも固めないでとか。
腕は胸の中心から繋がっていますとか。
前ももを使わずに脚を上げてとか。
胸は上げて肋骨は締めてとか。
それってドウナノ・・・
みたいな時があります。


大人になるまで自分の体を不自由なく動かしてきていると、自分の体の使い方のプログラムが出来上がっています。
バレエではそのプログラムが違うことがある。
普通に脚を上げるのと、バレエで脚を上げるのでは、実は違うプログラムで動いていたりする。
でも見た目はそんなに変わらない。
だから普通の使い方・プログラムで動かしていると、先生からは理解しがたいような指示が飛んでくる。
ドウシタモノカ。


そこで荒木の登場です。
荒木自身も30代に入ってバレエを始めました。
ダンス自体は26歳からはじめ、30代でバレエ、40代でコンテンポラリーダンスを始めて今に至っています。
その中でけっこう悩んだ。
悩んだことを整体師の勉強を続ける中でいろいろと調べました。
ダンス関係の治療師のセミナーに出たりもしたし、ダンサーの治療も続けて来た。
そこで見つけて来たものがあります。
それを提供しているのが「てあて整体院」であり荒木です。


出来ない理由も分かります。
出来ない感じもわかっています。(自分も出来なかったから。)
それを踏まえてアドバイスをしています。
難しい言葉では説明しません。
体感してもらうことを大切にしています。
頭で理解してそのあと体感。
困ったことがあったら来て下さい。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


バレエカレッジ3

先日のバレエカレッジ講座の写真です。
背中を反らすこととアラベスクについての2時間。
良い講座ができました。

年末は29日まで年始は4日から

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール・荒木です。

てあて整体スクールと整体院の年内の営業は12月29日まで、年始営業は1月4日から始まります。
12月28日(金)午前中は指針整体体験会があります。
てあて整体スクールに興味のある方はご連絡下さい。
整体などの予約は年内は既に埋まっています。
申し訳ありませんが、整体を受けたい方は年が明けてからになります。
宜しくお願いします。

年始営業は1月4日(金)12:00から行います。
この日の午前中も指針整体体験会があります。
新年の整体の予約はまだ空きがあります。

今年はどんな年でしたか?
来年はどんな年にしましょう。
そろそろ門松や注連縄を準備する時期になりました。
食べ過ぎ飲みすぎで、ぎっくり腰になる人が増える時期です。
体調管理は気をつけて下さい。


てあて整体スクール・てあて整体院 荒木

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20

1 2 3 7