整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

年末は29日まで年始は4日から

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール・荒木です。

てあて整体スクールと整体院の年内の営業は12月29日まで、年始営業は1月4日から始まります。
12月28日(金)午前中は指針整体体験会があります。
てあて整体スクールに興味のある方はご連絡下さい。
整体などの予約は年内は既に埋まっています。
申し訳ありませんが、整体を受けたい方は年が明けてからになります。
宜しくお願いします。

年始営業は1月4日(金)12:00から行います。
この日の午前中も指針整体体験会があります。
新年の整体の予約はまだ空きがあります。

今年はどんな年でしたか?
来年はどんな年にしましょう。
そろそろ門松や注連縄を準備する時期になりました。
食べ過ぎ飲みすぎで、ぎっくり腰になる人が増える時期です。
体調管理は気をつけて下さい。


てあて整体スクール・てあて整体院 荒木

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20

アレクサンダー・テクニーク アクティビティー

読了までの目安時間:約 2分

クラニオ

アレクサンダー・テクニークは自分の使い方のワークなんて言います。
この説明ではどんなことするのか分からないですね。
それで写真を載せました。
左がビフォーで右がアフターです。
クラニオ(頭蓋仙骨療法)をやるときの格好を、アレクサンダー・テクニークを使ってやってみるとどうなるか。
やってみた結果がこれです。


アクティビティー


と言います。
実際の動きや動作や困っていることをやってみながら、アレクサンダー・テクニークを使うことです。
ビフォーとアフターの間に荒木がアレクサンダー・テクニークを指導しています。
アレクサンダー・テクニークの指導は手で触れたり、言葉かけをしたりします。
先ずはそうやって自分の状態に気づいてもらうんですね。
そこから「やっていることをやめる。」と言うことをします。
ここがちょっと他と違いますね。
上の写真なら、アフターは背中を伸ばしているんでしょ、と思われると思いますが、本人は背中を伸ばしている訳ではありません。
そこがアレクサンダー・テクニークの面白いところです。
自分がやっている何かをやめることで元々の動きが出てくると言うものです。
今回のアクティビティーで言えば、知らず知らずのうちに背中を丸くして胸を狭くしているのをやめたら、背中が元の方向に戻ってきた、と言うような感じです。


12月13日に宇都宮ここからいふ広場でアレクサンダー・テクニークのグループレッスンをしました。
次回は同じような内容で2019年3月1日を予定しています。
アレクサンダー・テクニークは大泉学園の【てあて整体院】でいつでも受けられます。
何だか上手くいかないことがあったら相談してみてください。

NHK文化センターでアレクサンダー・テクニーク講座をやってきました。

読了までの目安時間:約 3分

araki181202

NHK文化センター光が丘教室でアレクサンダー・テクニークの講座をやってきました。
こちらでは3年半前から講座を担当しています。
皆さんかなりベテランばかりですが、毎回、いろいろと発見してもらえているようです。
今日は年末最後ということもあって、ベーシックな内容にしようと思いました。
アレクサンダー・テクニークは姿勢術とも言われることがあります。
姿勢だけではなく動きや体の使い方など様々なことを扱いますが、姿勢もその一つということですね。
そこで姿勢から立ち方・座り方・歩き方など、基本的な動きを題材にしようと思いました。


先ず荒木が立ったり座ったりをするので、その特徴を探して下さいと話をしました。
本当は一人ずつ立ったり座ったりして、みんなで特徴をと思ったんですが、人に何か言われるのは嫌だと言う人もいるので、荒木がその題材になりました。
立ったり座ったり。
繰り返した後にどんな風に見えたか聞きます。
いろいろとあってとても面白い。
自分では全く気がつかない特徴がありました。
「執着がない。」と言われたのは笑いました。
立つことや座ることに執着していなくて、スーっと動いたら結果立っていたみたいに見えたようです。
たしかに「立つ」という動作をするのではなく、体重移動や膝や股関節の曲げ伸ばしをしている、その曲げ伸ばしなどの動きが楽かどうかはチェックしているし、その間に首や頭付近が硬くなっていないかは気にしています。
一つ一つをやっていくと結果に繋がる。
アレクサンダー・テクニークでもそんなことを言います。
次にそれを真似して立ったり座ったりしてもらいました。
見ていると本当に似ていて驚きました。
ダンスや芝居をしている訳でもないのに、皆さんよく似ている。
不思議ですね。
次には立つ座るではなく、歩いているときの特徴を見てもらい同じように話を聞きました。


後半はハンズオンワークという手法で、椅子から立ってもらい歩くところまでの一連を全員にやりました。
最後に感想を聞きます。
皆さん色々なことに気がついていました。
NHKの講座は毎月1回あります。
来年は1月20日(日)にあります。
アレクサンダー・テクニークを受けたことがないという方は、NHKのグループレッスンから始めてはどうでしょう。
また、てあて整体院(大泉学園・千種)でも個人レッスンを受けられます。
初回だけ1回3、000円、3回10,000円です。
アレクサンダー・テクニークは自分に気が付くところから始めます。
上手くやる方法を闇雲に学ぶのではありません。
どうしてこうなってんの?みたいなことを知りたい方もどうぞ。
お待ちしています。

17周年

読了までの目安時間:約 1分

ありがとうございます。
てあて整体院は今日で17周年です。
ストレッチ1

2018年11月6日
てあて整体院は開業から17年になりました。
今日から18年目です。
写真はお手上げ!ではありません。
万歳です。
そして。


ストレッチ2

両手を上から後ろに回します。
そして。


ストレッチ3

両手を後ろから下を回して前まで。
これで腕が一周します。
肩が回ってほぐれます。
ははは。


18年目ありがとうございます。
これからも肩の力を抜いて続けていこうと思います。
整体だけではなくアレクサンダー・テクニークだけでもなく。
バレエやダンスの指導だけでもなく。
これからは自分のスタイルを見つけたいと思います。
いや、もう見つかっているとは思うんですが、もう少しコテコテにやっていきたいと思います。


17年間もありがとうございます。
皆さんもお幸せに。

履きやすく脱ぎやすい靴には用心。

読了までの目安時間:約 3分

「履きやすく脱ぎやすい靴」とは「ブカブカしていて足の大きさに合っていない靴」のことを言っています。
たまに、足にピッタリしているのに履きやすく脱ぎやすい靴がありますが、ここではそういう良質の靴ではなく、履き口が大きくて爪先のスペースも大きい靴のことです。
大きなスリッパみたいなアレ。
履きやすい靴を日常的に選ぶ気持ちは分かります。
だって履きやすいんだから。
でもその靴を履いていると色々と体に問題が起こることがあります。


脱ぎやすいと言うことは、脱げやすい、と言うことです。
脱げやすい靴を履いて歩いていると、当然のことながら脱げないようにします。
歩きながら靴が脱げたら意味がないですから。
靴は脱げないように履きます。一般的に。
脱げないように足に縛り付けるとかではなく、足の方が脱げないように靴を止めようとします。
そうするとどうなるか。
足指を広げて靴の前側のカバー部分を止める。
と言うようなことをする。
足指が広がります。
それだけならまだイイ。
でも、そこでは終わらない。
人はそのまま歩き続けます。
試しに歩いてみて下さい。
履きやすく脱ぎやすい靴で歩いてみると分かります。


足指の付け根で地面を蹴って歩く。
あるいは。
膝や腿(もも)を持ち上げて前に送って歩きます。


どうですか?
これが始まると浮き指になります。
浮き指になるとどうなるかは、以前書きました。
( 浮き指について >>> https://teate.co.jp/blog/blog1704251.html )


外反母趾
O脚
太ももが太くなる。
血流が悪くなる。
冷え性になりやすい。


イイことありません。
靴は履き口が大きくなく、指にあまり遊びがなく、紐で結べる靴を、毎回紐を結び直して履くのが、足や脚や体のためには良いです。
いつもいつもは無理なら、脱げやすい脱ぎやすい靴は避けるべきです。

立つのが楽しくなる!

読了までの目安時間:約 3分

ベリーダンスの先生をしている患者さん
整体の後にアレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受けてもらいました。
姿勢が気になる、肩甲骨の内側の上が痛いということで、姿勢を見ることにしました。


姿勢18102・てあて整体スクール

左ビフォーで右アフターです。
ポイントを幾つか書いておきます。

・首の角度が立っている。
・上下に背が長くなっている。
・バストトップが上がっている。
・腰の前湾が少なくなっている。

アレクサンダー・テクニークで姿勢を見るときは、顎を引いてとか、背筋を伸ばしてとか、腰を反らせないでと言うような指示はしません。
そこを押したりもしない。
ではどうやってするのか。
今回は椅子に座って、自分の姿勢を感じてもらうところから始めました。


姿勢18101・てあて整体スクール

左がビフォーで右アフター。
立っているときより少し分かりにくいかもしれませんが、左のビフォーでは肩が後ろに引けて顎が前に出てるのが分かります。
腰の前湾が強く、反っているようなイメージです。
これを、首が楽な感じや、坐骨に乗っている感じなどを確認していくと、右のアフターのようになりました。
この時、坐骨から背骨を抜けて頭に向かう(逆方向もあり)矢印のようなものをイメージし続けてもらっています。
そしてその上半身の感覚をもったまま立ってもらうと、上の写真のような変化が出たと言うことです。


本人は左から右の状態になると、ちょっといつもと違う感じがあります。
でも写真や鏡で確認して、ああこれで良いんだと感じたようです。
肩甲骨の付け根も痛くないし、腰も張りがなく楽になったそうです。
ちょっといつもと違って頼りない感じもアリということを覚えてもらいました。

何だか立つのが楽しくなる!

椅子で座って確認する方法を幾つか覚えたので、そんな言葉が出ていました。
姿勢はいつも椅子からと言うことではありません。
いろいろな方法で一人一人の感覚を呼び覚まし、自分本来の動きや結果としての姿勢や形を見直していきます。

9月の頂き物。

読了までの目安時間:約 1分

1809頂き物・てあて整体スクール

遅くなりましたが、9月の頂き物をご紹介。
いつもいつも本当にありがとうございます。

グレンリベット15年
おつまみこんにゃく
北の散歩道(焼き菓子)
お米
チョコレートとCD
いちじく

9月はかなりバラエティーに飛んでいました。
コメとか無花果とかCDまで頂きました。
間違えて既に持っている同じものを買ってしまったそうです。
私にもよくあります。
CDはまれですが本はしょっちゅう買います。
読み終わって本棚に入れようとして、同じ本を見つけることも。
てことは再読しているのに分からないということでしょうか。
だんだんと幸せな老人に近づいております。

全部美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。

姿勢美人になる。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体院で姿勢美人になりませんか?


猫背だと言われた。
姿勢が悪いと言われた。
自分の姿勢が気になる。
そう言う方は来てください。
てあて整体院では姿勢の悩みの相談を受けています。
アレクサンダー・テクニークという体の使い方のワークを通して、自分本来の姿勢、楽で見ていて自然な姿勢を手に入れて下さい。


姿勢は自分の使い方の表れです。
遺伝や生まれつきではありません。
元々、見ていて美しい綺麗な立ち方や佇まいです。
子供の頃の写真をみると、どこにも力が入っていない自然な姿勢をしているでしょう。
あんな姿勢を目指します。
アレクサンダー・テクニークは整体や様々な手技のように、押したり揉んだりボキボキ調整したりしません。
それに胸を張ったり腰を反らせたりなど、力を入れて作る姿勢でもありません。
元々持っている自分の姿勢を、自分の体に思い出させる。
そんな方法をとります。
姿勢だけでなく歩き方や、体の使い方なども見られるのがアレクサンダー・テクニークです。


整体師として17年のキャリアもあります。
ダンサーを多く見てきたので、様々な動きを見るのも得意です。
まずは相談してください。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


てあて整体スクールで姿勢の授業があります。
授業の中で姿勢の指導法を教えています。
一人あたり10分くらいの指導でどう変わるか。
左がビフォーで右がアフターです。
元々、姿勢に悩みがあったり困ったりしている人たちではありません。
問題ないと思っているし、あまり問題のない姿勢ですが、それでも変わります。
全体を通して分かることは。

・前後の出っ張りが少なくスッキリ見えます。
・上下に伸びて背が高く見えます。(なります。)
・バストアップ、ヒップアップしています。

ポイントは何かをしている訳ではないところ。
がんばらなくてもこうなります。


姿勢4・てあて整体スクール

姿勢1・てあて整体スクール

姿勢2・てあて整体スクール

姿勢授業2・てあて整体スクール

姿勢3・てあて整体スク-ル

姿勢6・てあて整体スクール

姿勢5・てあて整体スクール

姿勢4・てあて整体スクール

姿勢1・てあて整体スクール

姿勢2・てあて整体スクール

整体師の仕事。

読了までの目安時間:約 4分

昨日、外出から戻って整体院の鍵を開けていたら声がかかった。


「 先生お久しぶり。 」


確か4月くらいから来ていない患者さん。
今年で89歳になる女性。
「今日は開いてるの?」
と聞かれたので、大丈夫ですよ。
「今からでも?」
ええどうぞ。
ということで整体をすることになった。
「先生のところは玄関が登れないからねぇ。なかなか来られないのよ。今日は外で会えて良かった。助かったわ。」
足の調子が良くないので、玄関の段差が高くて来られないと連絡があったんだった。
申し訳ないなぁというのと、この暑い夏は大丈夫だったかなぁと思っていたところだった。
「今度はうちに来てね。近いんだから。」
行きますよ。また連絡下さい。
「先生は上手だから。気持ちイイのよ。」
手を取って玄関を降りる手伝いをしていたら、そんな風に言われた。


バレエをやっているお嬢さんがお母さんと一緒にやって来た。
「最初だけは一緒に行ってイイですか?」
もちろん。高校生だと心配でしょう。一緒にいらして下さい。
電話で予約を頂いた時に聞かれました。
バレエをやっていて色々と出来ないことがある。
それを何とかしたいというのが今日の課題でした。
肩があがる。
ターンアウトが出来ない。
爪先が伸びない。
腰が反る。
アラベスクが上がらない。
ちょうど子供から大人に変わる時期にあたっていて、自分の体のことも分かるタイミング。
良い時期に来てくれたと思う。
バレエの先生の言っていることや指導は間違ってはいない。
でも同じ先生に10年も話を聞いていると、どうしても考え方も固まってきたり違うことを考え難くなってしまう。
そんな時にベーシックな話から、バレエの動きの解釈や動かし方。
自分の癖や必要なストレッチ方法などを聞きに来てくれた。
すぐにその場で出来るようになる訳ではないが、これからのためには役に立つことを伝えられたかと思う。


腰と肩と膝が痛いんですよ。
朝電話があって、昼すぎに来たのは以前から知っている女性。
「どうも全部右なんですよね。」
矢継ぎ早に話されるのを聞きながら、どこが問題なんだろうと考える。
話をする時の体の動きなんかも気になる。
全体を少しずつ緩めて行って、途中で歪みを取る。
左右の硬さや前後の動きのバランスを取る。
「ストレッチとかした方がイイんですかね。でもやり方が分からないんですよ。」
膝のストレッチを教えて、臀部の緩め方も教える。
「そうかストレッチして良いんですね。」
出来るならですけどね。
この場合はやった方が良いです。
「この前行った先生はね。質問したら、どうせやらないんだから聞かないで。って言ったんですよ。私なんだか怖くて聞けなくなっちゃって。」
えええええ~そんな先生いるんですか。
そりゃ怖いですね。
あのぉなんだか申し訳ない。
同業として謝ってしまいました。
それにしても、患者さんにそのもの言いはないなぁと思う。
著作もある名のある先生のようだけど、それはいかんなぁと思ったりしました。


整体院には色々な方が来ます。
腰が痛い膝が痛いという方だけではありません。
体の相談に来る人もいるし、ひと月の疲れを軽くしに来る人も。
メンテナンスだと思って月に一回課題を持ってくる人もいます。

辛いなぁと思ったら来て下さい。

読了までの目安時間:約 1分

いつも色々と大変でしょう。
たまには自分をいたわって。
少しはお休みを上げて下さい。

暑い夏が終わって。
少し涼しさがやって来ました。
疲れた体が声を上げ始めています。

がんばってがんばって。
頑張って頑張って。
ガンバッテガンバッテ

まあたまには休みを上げて下さい。

体の声を。
身体の声を。
カラダの声を聞いて下さい。

辛いなぁと思ったら。
来ればイイんです。
本気で治そうなんて思わなくても。

ちょっと寄ってくれれば大丈夫。
一息つけるように。
帰りのお茶が美味しくなるように。

1 2 3 7