整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

バレエダンサー

読了までの目安時間:約 2分

バレエ姿勢・ビフォーアフター

数年前に来たことのあるバレエダンサーがやって来ました。
以前来た時はまだ学生で、これからアメリカのバレエ団のオーディションを受けると言っていました。
あれから数年。
今はバレエ団に所属をしてバレエを踊っているそうです。
今回のコロナ騒ぎで3月には帰国をして、今は日本で少し教えながら再度渡米出来る日を待っています。
体を整えにとういことでいらっしゃいましたが、それとは別に重心がどうも上手くいかないということをおっしゃっていました。
アレクサンダーテクニークって知ってる?と聞くと、あまり知らない様子だったので、デモンストレーションということでレッスンを少ししました。


で写真撮ったら上のようになりました。
いつもは左のように立っているようですが、それだと腰が痛みだしたりどうも後ろ重心で気になるとのこと。
アレクサンダーテクニークのワークとボディマッピングの話をして、自分の体の感覚を感じてもらい、今の状態を確認しました。
写真を撮ってびっくりしたのは本人。
左だけを見るとキレイに立っているように見えますが、右と比べると違いは明らかです。
無駄な力も抜け、立ちやすく、重心も取りやすく、負担も少なくなりました。


ピラティスやジャイロも興味があるようでしたが、アレクサンダーテクニークにも興味を持っていただけたようです。

6月1日

読了までの目安時間:約 4分

6月1日になりました。
4月は営業自粛で全然患者さんを診ることもなく、スクールで生徒さんに分かったような分からないような指導をすることもなく一か月が過ぎました。
あ、いや分かったような分からないような指導ではあるが、ノウハウは伝わるように半年後や3か月後には整体師として手技が身に着くように指導はしておりました。
5月に入って連休が明けて、待ってもらっていた患者さんもいらっしゃるようになり、スクールも短縮授業とは言え再開しました。
とは言え昨年100%まで戻っているということはなく、数割減の一か月が過ぎました。
そして6月です。
世の中は何だか変わりましたね。
テレビ世代なのでテレビを良く見ますが、先週一週間でニュース報道もニュースバラエティもバラエティ番組も内容こそ微妙な変化でしたが、伝え方は変わりました。
緊急事態宣言が解除されてすぐは、緩みが身られるというようなニュアンスだったり言葉回しだったりしたものが、まだ戻ってきていません的な印象の言い方に変わってきているように感じました。

何も変わってないのに。

とつい思ってしまいますね。
薬やワクチンが開発された訳でもなく、何か新たに有効な対策が見つかったということでもない。
しいて言えば感染者数が比較的少なくなってきているというだけの話です。
いや、心配をあおろうというつもりではありません。
そもそも何に心配していたのかということもあるかもしれませんから。

でも変わりました。

全国で宣言解除されて週末が終わり月も変わったからなのか、なんとなく新しい年が明けたような、新しい月になりました的な、新鮮なものを少し感じています。
このまま収束、ということはないでしょうが、大きなことにならないように。
いや、すでに大きなことにはなっていますが、酷いことにならないように。
いや、酷いことにはなっていますが、これ以上酷くならないように。
というか今よりも良い状態になっていくようにと思っています。
どうやら東アジア圏では感染者も死亡率も、欧米と比べれば高くはないということもあるようなので、三密を避けながら用心しながら生活をしていけたらと思っています。

実は整体やセラピーはこういう時に力を発揮します。
整体やセラピーは痛みを取るだけが仕事ではありません。
痛みを取ることを手段に、患者さんの状態が良くなることを考えています。
てあて整体では「皆さんが元気で機嫌よくなること」を目指して整体をしています。
元気でというのは、フィジカル(身体)的に健康であること。
機嫌よくというのは、気持ちが楽で楽しくなること。
気持ちの部分をフィジカルから支えるようにしたいと思ってやってますが、逆の場合もあるので気持ちへのアプローチも考えたり考えなかったりしています。
いや常に考えています。
とは言えカウンセラーでも心理士でもないので、難しいことはしていませんが、来院された皆さんが気分良く機嫌よく帰ることが出来るようにいろいろと考えたりはしています。
体が硬くなるこういう時期は、気持ちも硬くなりがちです。
先ずは身体を緩めることから、気持ちもほぐれたらよいなと考えながら施術をしています。

6月になりました。
またきっと暑くなるんでしょう。
雨の時期もあるかもしれない。
雷や豪雨もあるかもしれない。
でも元気で機嫌が良ければ乗り切れます。

ぼちぼち始めましょう。

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊 1650円税込) 全国書店・アマゾンなどで発売中 >>>

整体師やセラピストの仲間に

読了までの目安時間:約 5分

フェイスブックにだけ書く文章てのが実はあるんですが、今日はそのフェイスブックにだけ載せようと思って書いた文章をブログにも載せます。
ブログの方は一般の方が読むことが多いだろうと思っているので、内輪の話に留めておこうかと思っている内容は書かなかったりすることもあるんですけどね。
なんとなく整体師やセラピストもこんなこと考えてるって話です。

****************************************

整体師やセラピストに

新型コロナウィルス感染症に関連して緊急事態宣言がなされました。
外出自粛から始まり営業自粛の要請へと、事態はどんどん変化しています。
整体院やサロンをやっている先生方も色々な対応をされています。
荒木の「てあて整体院」は4月1日から営業自粛を始め、5月6日までそれを続けることにしています。
終われば何があっても再開する、というのが今の考えです。

整体師やセラピストの友人知人の殆どは営業を続けています。
東京都では整体院は、営業自粛要請の対象と対象外になっています。
身体の調整などを行う目的の場合は医療関係に近く自粛対象外で、そうでない場合は自粛対象となっています。
(もう少し詳しく聞くと、資格の問題になりますが、たぶん個別に違ってくるのではと思ったりしています。ただしこれは個人的見解。)

悩みどころですね。
患者さんに対して、こんなにストレスフルで身体を調整したり、休めたり癒したりしたい時期はありません。
そして患者さんにとってそれが必要な時期であることは間違い、ということも知っている。
それを一番知っているのは整体師やセラピストです。
とは言え、荒木のように感染させる側に回るリスクを考えて、行動を決める先生もいます。
実のところ、普段は軽口言っている整体師も、笑顔で明るく楽しいセラピストも、自分のことだけでなく患者さんのことや世の中のことを考えています。
それはそれぞれに状況が違い、経験値が違い、患者さんの層も違い、地域も違い、というところからでもあります。
どちらの選択をした先生も正しく、そして苦汁の決断をしていることと思います。

若い整体師やセラピストや経験の少ない先生は大変だろうと思います。
長くやっていて経験があってさえ、こんなこと初めてで経験値が生かせるものでもないですから。
とは言え、経験と言うより他の先生よりも歳を余計にとっている整体師として思うところもあります。

そのうち何とかなります。

軽く聞こえるかもしれませんけど、本当です。
そして心配だけしていても始まりません。
ちょっと言い方を変えれば、なるようになります。
すべきことを考え日々やって行けば、すべきことをしたような結果になります。
心配だけして何もしなければ、何もしなかったような結果になります。
だから、すべきことを考え、日々やっていく。
心配が出て来たら、何が心配の原因か考え、仕方がないことなら仕方がないと思い、対処できることなら対処して、それでも心配なら、この心配はまあ仕方がないかと、心配していることを分かっておく。
最善の方法がなければ次善の策を考えて行動する。
考えているだけでは物事は変わりません。
行動を伴うことが大切です。

とまあそんなことを考えています。
超個人的なことを書けば、身体が”心配”を少し避けている印象があります。
心配が自分のうちのどこかにあるのは間違いないんですが、それがなかなか出てこないように、自分の中の何かが働いている。
これってひょっとして自律神経系の働きなのか!?と思ったりします。

今は何となく心配があることはありますが、5月7日再開に向けて少しの準備と、その後の資金のために感染拡大防止協力金などの手続き準備をしています。

皆さん
頑張りましょう。

****************************************

宜しくお願いします。


てあて整体スクール・てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@noifty.com
03-3922-7230

自分の時間を作る。

読了までの目安時間:約 3分

緊急事態宣言が出てから2週間。
それ以前からの外出自粛などを含めると、1か月近くも今のような状態が続いています。
いろいろと大変だと思います。
荒木は大丈夫、ってこともなかなか言えません。
ストレスは溜まっているだろうし、身体も変調をきたしているかもしれません。
問題はそれを自分で分かっていないというところだろうと思います。


自分の時間を作りましょう。


毎日、自宅にいて自分の時間ばかりだと思っているかもしれません。
でも実際には自分の時間になっていないことが殆どです。
隣にいる家族のことを気にしたり。
テレビから流れてくるコロナ情報に引っ張られたり。
SNS上の噂や陰謀論のようなものに気もそぞろになったり。
つい肩が硬くなったり。
呼吸が浅くなったり。
自分のことを忘れて、周りに流れている情報や人のことばかりで頭が充満してしまったりします。


一人になれる場所を探しましょう。
そこで仰向けに横になります。
手足を大の字に広げます。
ゆっくり深呼吸。
頭の中にはまたコロナの心配が出てくるかも知れません。
まあそれは放っときましょう。
今はまあ仕方がない。
それよりも。
仰向けの背中と床がくっついているところを観察します。


後頭部と床。
肩甲骨と床。
腕や肘や手の甲と床。
背中と床。
腰と床。
お尻と床。
脚の裏と床。
ふくらはぎと床。
踵と床。


左右に違いがあるかもしれません。
脱力するとか関係ありません。
どうなっているか確認するだけで良いです。
上から下に、どんな感じか確認していきます。
そこで大きく息を吸って。
はきます。
2から3倍くらいの時間をかけてゆっくりはきます。
それを何回かやります。


あきて来たら今度はイメージを使います。
鼻から吸ってお腹にためて口から出します。
頭のてっぺんから吸って、お腹にためて脚を通って足裏から出します。
これは何回か。
頭のてっぺんから吸って、お腹にためたら腕を通って手の平から出します。
これも何回か。
最後にカラダの全面全部から吸って、背中全部から床に出していきます。


はい終わり。
これだけです。
たまにやってみて下さい。
難しく考えないで、まずはやってみて下さい。


てあて整体スクール・てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

東京都緊急事態措置 対象施設について詳細が発表されました。

読了までの目安時間:約 4分

東京都から緊急事態措置が発令されて、4月13日夜に休止(休業)対象施設について詳細が出ました。
その内容はこちら。

対象施設FAQ(令和2年4月13日19時00分)
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1007679.html

整体院をは「3 社会生活を維持するうえで必要な施設」の中の、医療施設に「整体院」と記載されており、休止要請の対象外となっています。
但し書きとして「(※)※有資格者が治療を行うもの。」とあります。
たぶん、東京都の担当者に誤解があり、これを読む一般の方々にも誤解が出るのではないかと思います。
整体師は民間療法で国家資格にはなっていません。
つまり整体師という国家資格はありません。
ここで言う有資格者とは多分国家資格のことを言っていると思います。

整体師という国家資格がないのに、有資格者の整体師とは誰のことを言っているのか。
整体師で有資格者として考えられるのは、自分の知っている限り、理学療法士や鍼灸あんまマッサージ師、看護師や介護士の方々で整体師をやっている人達。
それぞれが有している国家資格ではなく、民間療法として整体師を名乗り仕事をしている方々のことではないのかと思います。
表を見ると、病院・診療所や柔道整復、鍼灸あんまマッサージ師なども対象外となっているので、どうして整体師という名前が出たのか分かりません。
整体師と書かなくても、病院や診療所が書かれているので、理学療法士や作業療法士などの方々は含まれているからです。

という事で東京都に問い合わせしてみました。
「整体師」の「有資格」の部分については問い合わせが多く、疑義があるということで、今検討中ということでした。
やっぱり少し曖昧で誤解があったようです。
そして、給付金が受けられる受けられないについても詳細を検討していて、明日くらいには出したいと言っていました。
休止要請対象だけが受けられるかどうか、要請対象外であっても協力した場合はとか、疑義があってどちらとも決めがたい場合についてはどうかなども検討して頂いているようです。
けっこうちゃんとしてるね。と思いましたね。
当たり前か。

いずれにしても、てあて整体院・てあて整体スクールは営業自粛中です。
既に患者さんと生徒さんには全員お知らせしました。
キャンセルが相次いだとか、予約の時期をずらして欲しい連絡が増えたとか言うことではありません。
全員に荒木から連絡をして変更をお願いしています。
だから本当に自主自粛です。
感染拡大を防ぎたいという気持ちからで、患者さんには協力頂いて感謝しています。
とは言え、少し考える余地もあるかなと思います。
今週と来週の感染者数の動きなどみて、5月に入ったら営業を再開するかもしれません。

朝令暮改。
君子豹変。(君子じゃないけどね。)
機を見るに敏。

まあ、こんな時は前言にとらわれることなく考え行動することです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

自分に戻る ~ 情報を絶ってみる

読了までの目安時間:約 3分

アレクサンダーテクニークのレッスンでたまに言うことがあります。


自分に戻る。


自分に戻るってどういうこと!?
ちょっと不思議な表現ですね。
自分は自分でいつもここに居る訳ですから。
でもたまに、頭と体がバラバラになってしまったりすることがあります。
心ここにあらずみたいな言い方をされる時です。
別のことを考えていて、今やっているこのことを意識出来ていない考えていない感じられていないということです。
ちょっと今そんな感じになっている人が増えているように思います。
外出自粛要請されてからもう10日以上が経っています。
テレビをつければニュースでは新型コロナウィルス感染症の話ばかり。
パソコンを開いてもスマホを見ても、どうしても情報が目に入って来るし、自分から取りに行こうとしてしまう。
日々、感染者数が増えていること、海外の状況、医療崩壊の危機みたいな話ばかり。


ついそのことばかりになってしまう。
頭がコロナで一杯、みたいになっている。


心ここにあらず。
地に足が着かない。
そんな状態になっているかもしれません。
知らず知らずのうちにストレスが溜まって、肩が硬く首も硬く、呼吸が浅くなっていたり、ついイライラしたり、イライラしてるなんて思ってもいないのに何だか人と当たるなんて人もいるかもしれません。


ちょっと自分に戻って来ましょう。
情報を絶って、自分に戻る時間を作りましょう。


自分は今どうなんだろう。
どんな状態なんだろう。
椅子に座って深呼吸してみたら、ゆっくり息は入ってくるのか。
肩や首に力が入っていないか。
体は普通に動くのか。
どこかに力は入っていないのか。
椅子で難しかったら、仰向けに床に寝てみて下さい。
ほんの数分でも良いかもしれない。
床に寝て、頭や背中や腕やお尻や脚の筋肉の力を抜いてみる。
何回かゆっくり呼吸をしてみる。
それだけでも、自分のことを思いだせます。
つい目から入る情報や耳から入る情報ばかりに頭を占領されて、自分ではないことばかり考えてしまう。


心配はあります。
でもやることはそんなに大変なことばかりではない。
外出を控えて。
うがい手洗いをする。
たったそれだけです。
あえて加えるなら、健康でいる事。
ここが抜けてるかもしれませんね。
健康は体も大事ですけど心も大事。
しばらくはこの状態が続くなら、たまに一日か半日でも良いので情報を絶つ
そして自分に戻ってくる。


半日くらい情報を絶っても、それほど大きく変化はありません。
それよりも自分を忘れてばっかりだと、健康でいる事も出来なくなるかもしれません。


ちょっと自分に戻って来ましょう。
情報を絶って、自分に戻る時間を作りましょう。

5月6日までお休みします。

読了までの目安時間:約 3分


てあて整体院
てあて整体スクールは
5月6日までお休みします。



整体院に予約を頂いている患者さんには、これから予約変更など連絡をさせて頂きます。
こんな時期に体を休めることが出来ず大変申し訳ありません。


整体スクールはZoomでの講義を準備しています。
準備が整い次第連絡をしますのでよろしくお願いします。
(Zoomはインターネット経由で会議などの出来るツールです。)
スクール見学は5月連休以降になりますが、問い合わせはいつでも出来ます。


今回の決定に至るまでにはいろいろと考えました。
緊急事態宣言が引き金となりましたが、それだけが要因ではありません。
不要不急の外出は避けるようにと要請が出ていますが、整体もスクールもそれにあたるとは思っていません。
ただ、新型コロナウィルス感染症という問題の原因から、三密(密閉、密集、密接)を避けることとソーシャルディスタンスを確保するということが暫くは必須だと考えました。
整体院でもスクールでも感染防止を徹底したとしても、どうしても患者さんには触れるし生徒さん同士も触れます。
また、通院や通学にどうしても公共交通機関を使わざるを得ない場合もあります。
加えて荒木が感染していないという保証もどこにもありません。
そんなことから、今回は政府の要請に従って5月6日までは営業を自粛することとしました。


期間中も整体院・スクールには来ています。(自転車でどこにも寄らずに!)
出来るだけ毎日、ストレッチ動画などの配信を行います。
ブログも出来るだけ書きたいと思います。
5月7日以降のことについても準備など続けたいと思います。
ついでに個人的にトレーニングしようかなと思ってます。
ちょっと最近、腹が・・・(泣)
Zoomでの交流会などもするかもしれません。
しばらくは静かな生活になりますが、皆さん頑張って行きましょう!!!


てあて整体スクール・てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
teate@nifty.com
03-3922-7230


てあて整体スクール・院長荒木

サブスクリプションを導入しない訳

読了までの目安時間:約 3分

最近、さまざまな業界でサブスクリプションが導入されています。
定額使い放題のような料金設定方法で、一定金額を支払ったら期間内は何度でも使えるというものです。
整体院やサロンでも導入しているところがあります。
一定額を支払ったら期間内は何度でも通うことが出来るというものです。
(上限がある場合もあります。)
てあて整体院ではこれを導入していません。
どうしてでしょう。
理由は簡単。


患者さんが来なければ来ないほど儲かるシステムだからです。


えっ!?
ホント!?
そうなんです。
サブスクリプションは定額で何度でも使うことが出来るので、単価を計算すれば必ずお客さんが得するように見えます。
例えば1回6000円のセラピーを月に何度でも受けて良いとして、月の料金が20,000円だとしたら、週に1回来れば元は取れます。
週に1回以上は普通来るだろうから、これはお得だと見えます。
確かに4回以上くればお客さんが得するように見えますが、逆に3回しか来ないとサロンが得するようになります。
2回だともっとサロンは儲かります。
これがどうも気になります。
患者さんが来なければ来ないほど儲かるシステムです。
20年くらい前までは回数券というのがありました。
10回の回数券を買うと、8回分くらいの金額になる。
全部使えばお客さんが得をする支払い方法です。
でもこれ、殆どの場合は期限が決まっていて、残ることを想定して発行しているサロンが多かった。
これに似た印象があります。


もちろんそんなつもりは毛頭なくて、出来るだけ沢山受けてもらいたいというサロンもあると思います。
でも、てあて整体院では導入していません。
そんな風に自分で感じてしまうので、そこがなんだか嫌なんですよね。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

肩こりケア

読了までの目安時間:約 2分

このところ診ている患者さんに多いのは肩こりです。
てあて整体院には毎月定期的にメンテナンスにいらっしゃる方が多いんですが、今月に入って肩の状態が硬い人が増えています。
季節柄、今年は特に寒暖の差が激しかったり、新型コロナ感染症で心配があったりで、どうしても首や肩にギュッと力が入ってしまうんだと思います。
心配は仕方がありませんが、心配し過ぎるのもアレですね。
心配しても解決しないことは、出来ることをやって、あとは心配だなぁと言いつつ体を動かしましょう。
肩こりに良いストレッチを幾つかピックアップしておきますので、やってみて下さい。
他にもいろいろやてみたい方はコチラのページへどうぞ >>> https://teate.co.jp/dailystretch




















いろいろありますが。
まあやってみましょう!


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

昨日の空

読了までの目安時間:約 1分

空

昨日(2020/03/11)の空
あまりにキレイだったので。
たまには。

1 2 3 10
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019