整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

てあて整体スクールに姿勢の授業がある訳

読了までの目安時間:約 2分

肩こりの患者さんの姿勢を見直した写真です。


姿勢

左が見直し後(アフター)で、右が最初の姿勢(ビフォー)です。
肩甲骨の内上側に痛みのような凝りがありました。
姿勢を見直して左のようになると、凝りがかなり軽くなりました。

腰痛や肩こりの原因の一つに姿勢があります。
姿勢はその人が自分の体を使って作った形です。
そんな風に感じている人はいませんが、姿勢は筋肉の使い方で出来る訳で、その筋肉は自分で使っている訳ですから、自分の使い方の結果が今の姿勢ということになります。
でも、そんな風に使っている感覚はありません。
知らず知らずのうちにやっています。

習慣とか癖ってやつですね。

習慣や癖は”知らず知らずのうちに”というところが厄介です。
どこかをトレーニングすればOKとか、どこかをストレッチするだけで治るというものではないからです。
姿勢はだから少し時間がかかることがあります。
すぐに変わるんですが、継続が難しい。
でも、出来ない訳ではありません。
猫背の人が胸を張れば、すぐに殆どの猫背は治ります。
でもそれをキープするのは難しい。
”胸を張る”という行為、をしているからです。
知らず知らずのうちに、胸を張ったような状態になっているというのがベストです。

てあて整体スクールには姿勢の授業があります。
アレクサンダーテクニークの授業もあります。
姿勢の授業では姿勢の見方と、姿勢の作り方、指導方法を学びます。
トレーニングやどんな位置関係が良いかということではなく、どんな状態が良いか、それをどうやって再現するか。
アレクサンダーテクニークの授業では主に整体師としての自分の姿勢の作り方を学びますが、姿勢に対する考え方も学びます。
する(DO)と言うより、ある(BE)ための授業です。

入門アレクサンダーテクニーク 無料イントロワークショップ

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニーク入門のワークショップです。
そもそもアレクサンダーテクニークって何?的なことから話します。
無料です。
アレクサンダーテクニークはまだまだメジャーではありません。
音楽業界やダンス業界など、プロの世界では知られて来ていますが、一般にはまだまだ全然。
なんとなく聞いたことはあると言う人がパラパラ見え始めたという状況です。
そこで。
どんな事をするのか。
そもそも何なのか。
体が使いやすくなるとか、脱力するとか。
聞いてみたいことを聞ける場にしたいと思います。
気軽に参加して下さい。


◆内容◆
・アレクサンダーテクニークって何?
・アレクサンダーテクニークの考え方
(インヒビション、ディレクション)
・ハンズオンワークを受けてみる。
・何に応用出来るのか。
・質疑応答


入門 アレクサンダーテクニーク 無料イントロワークショップ
日時 : 4月29日(金祝) 11:00〜12:00
場所 : てあて整体スクール(西武池袋線大泉学園7分)
     東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
料金 : 無料
定員 : 5名
申込 : teate@nifty.com
備考 : お名前と東京で参加する旨、メールにご記入下さい。


アレクサンダー2・てあて整体スクール

スタジオボディM2・てあて整体スクール

姿勢のアレクサンダー

昨年、書籍を出版しました。  「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!」(さくら舎刊)

読了までの目安時間:約 3分

カラダの地図・書影

昨年5月に上梓しました。
「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)
この本は体の仕組みを確認することで、今までと違った体の使い方をしやすくなると言う本です。
出版して一年半経ちましたが、大泉学園のジュンク堂さんにはまだ置いていただいています。
アマゾンでも買えますので、興味のある方は手に取ってみてください。


なんだ解剖学の本か、と思われるかもしれません。
体の仕組みを確認しただけで、どうして体の使い方が変わったり、楽になったりするのか。
体の使い方の方を覚えた方が早いんじゃないかと思う人もいると思います。
もちろんそれもありです。
でも、それだと使い方が膨大な量になってしまう。
テニスの時とピアノの時と、椅子に座っている時と、歩いている時と、声を出している時と、と。
色々な場面ごとにやり方を覚えることになります。
そういう方法もあります。
いや普通です。


体の仕組みを確認するのは、今現在、ちょっと誤解していることがあるからです。
誤解?
例えば手のひらを見てください。
手の平と呼ばれている面があります、そこから指が5本でています。
指は手の平よりも細くなっている部分です。
手の平と指。
別のものとして名前がついていると、別々に動くと思いがちです。
誤解、ってやつです。
手の指は第一関節・第二関節までは、指にあるシワで曲がります。
でも、次の第三関節はちょっと違います。
手の平から指が生えているところにあるシワが第三関節のように見えますが、違います。
手の平の1/3くらいのところにある、感情線と頭脳線のライン。
ここが指の第三関節です。
だから、そこから曲がる。
手の平が上1/3くらいで半分に折れるような感じです。
変な感じがあった人もいるかもしれません。


こんな風に体の仕組みは外から見た形とちょっと違っていたりします。
特に首と頭の関節や背骨の位置、肩や腕と胴体の関係や、脚と胴体の関係などなど。
それを確認すると、本来動く位置が確認出来ることになります。
人は頭の中に体の地図のようなものを持っています。
それを書き換える(描き換える)ような作業です。
それがあなた!たった1650円で買えるなんて!?
体に興味のある人はパラパラ見るのにも良い本だと思います。
ぜひ!


「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)

アレクサンダーテクニーク・グループレッスン やりました。

読了までの目安時間:約 4分

ATオンラインレッスン

日曜日にアレクサンダーテクニーク・オンラインレッスンを行いました。
オンラインでグループレッスンでしたが、何となく一対一の個人レッスンのような感じもありました。
今年に入ってからはリアルでレッスンをすることが殆どできず、直前になってオンラインをお知らせするようになってしまいます。
このレッスンは毎月1回だいたい第一日曜日に行なっているもので、7年前NHK文化センターで始まった講座から継続して参加していただいている方々が受けてくれています。(光が丘のNHKの撤退に伴い、大泉学園に来ていただいています。)
新しい方が参加されることもありますが、基本はNHKからの皆さんです。
オンラインは苦手な方がいるのかなと思っていましたが、何度かやった後に聞いてみると意外に面白いという声も聞きます。
実は自分自身が少し苦手意識があることに、数回やったあとに気がつきました。
苦手意識って何だろうと少し考えたり、内容を工夫したりしながら続けていると、苦手ということはなくなってきたみたいです。


この日のテーマは「自分を感じる」にしました。
このところ整体の患者さんを見ていても、アレクサンダーテクニークの生徒さんを見ていても、また、人と話をしていたりしても感じるのは、自分を忘れている、ということです。
分かりにくい表現になってしまいますが、他の言い方よりもこれがしっくりくるのでそんなふうに言っています。


自分を忘れているというのは、自分のことをあまり感じていないということです。
あるいは、自分のことを感じる時間が少ないということです。
腰痛や肩こりや疲れがある時には、痛みやコリや疲れを感じます。
でも、その痛みがどんな感じなのか、コリがどんな風なのか、疲れがどこにどんなふうに溜まっているのか。
実感として体の感覚を、そこまで感じていない印象です。
言葉で理解しているような、疲れや痛みを「いつものアレ」のように処理しているような感じです。
そうすることで、やり過ごしているような感じがします。
やり過ごして済んでしまえば結果オーライのような。
ソレでもだめなら整体や医者や何やかやに行きますが、そこでも実感されているようには思えません。


また、体の感覚をどこかに置いてきて、頭でだけ行動しているような印象もあります。
毎日毎日の日課や仕事や趣味に追われて、自分の体がどんな風になっているかは二の次三の次です。
それでも生活は出来ていくし生きていくことは出来ます。
でも知らないうちに蓄積していくものもあります。
疲れだったりストレスだったり緊張だっだり。
でも自分を忘れていると疲れもストレスも緊張も感じません。
何か問題が起こったり問題になったりした時に、やっと気がつきます。
アレ!?大変だ!?
それでは遅いという訳ではありませんが、それだと体が可愛そうでしょう。
いつか動けないということになったりします。
それに知らないうちに溜まっている疲れやストレスや緊張は、日常のパフォーマンスを薄っすら下げています。
出来るんだけど・・・結構出来ているんだけど・・・
の・・・の部分です。
今一まで行かないかもしれないけど、絶好調になりきれない。
或いは好調になりきれない。
クリアな自分になれない。
みたいなことです。


そこで「自分を感じる」をテーマにしてみました。
たぶん現代人に必要なことになってくるんじゃないかと思っています。
このところタイミングが合えばやっているので、これからも少し探求したいと思います。
(写真はレッスン最後に大橋さんの「魔法のフレーズ・・・」を紹介しているところです。)

姿勢について

読了までの目安時間:約 3分

姿勢ビフォーアフター

先日、アレクサンダーテクニーク個人レッスンを受けにいらした方の写真です。
左:ビフォー 右:アフター
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、左から右になると、体の前後の幅が薄くなっていて、首肩周りの緊張が抜けているのが分かります。
1時間位のレッスンでしたので、痩せた訳ではありません。
背骨のカーブが少なくなったことで、前後の幅が薄く見えるようになったということだろうと思います。
背骨を伸ばすようにしてもらった訳ではなく、アレクサンダーテクニークのアプローチで立ち方を見直した結果です。
左から右になった後、感想をきいてみました。
今、さっきと感じが違うところありますか?


はい、腰が丸いです。


この写真だと見づらいかもしれませんが、腰の前湾が少し減っていました。
普段と比べると前湾が少なくなっただけで、湾曲自体はありました。
でも、ご本人の感覚としては腰が丸い感じです。


ここ、ポイントです。


普段のことは普通と感じるものです。
特に何もやっていないのに、猫背の人は猫背にしているとは思っていません。
反り腰の人は普段から腰を反らせている(と思っている・感じている)訳ではありません。
でも、実際には背中を丸くしたり、腰を反らせたりしています。
ちょっと違う言い方をすれば、そういう風(丸くしたり反らせたり)に自分の体を使っています。
でも、いつものことで前からそうだし、普段と変わらないので、それを普通と感じます。
そうすると姿勢が変わった時は、普段の状態からどう変わったかを感じます。
猫背の人が真っ直ぐになると、背中を反らせていると感じます。
反り腰の人の背中の反りが減ると、背中が丸くなったと感じます。
でも、実際には背中は真っ直ぐだったり、腰はユルクではあるけど反っている。
ということを目で見て確認していく。


この方は左アフターになった時に、腰が丸くなっていると感じられたので、力は入っているかどうかを聞きました。
そうすると力は入っていない、でも丸い感じはするとのことでした。
力が入っていなくて腰は丸い感じはするけど、写真を見ると丸くはなく生理的なカーブがあるんだなぁ、ということだけ確認しました。
そういうこともあるかもしれないという可能性を感じてもらいました。


姿勢はその人が自分を使った結果そうなっている状態です。
ということは使い方を変えれば変わる可能性があります。
猫背や反り腰や巻き肩やストレートネックなど。
生まれつきだと諦めることはありません。
気になるようなら相談してください。

てあて整体スクールでは授業で「姿勢」について扱います

読了までの目安時間:約 3分

姿勢授業2008041

てあて整体スクールの授業にはアレクサンダーテクニークがあります。
整体師として自分の姿勢や自分の使い方を見直しておく必要があるからです。
整体をする時の姿勢が良くないと、効果が上がりにくいということは良く言われます。
姿勢が整っていないと、無駄な力を使っているいことになり、リラックスして施術が出来ません。
また、患者さんに対して正対しようとしても、真っすぐになれなかったりします。
手指の方向性や力の方向などにもズレが生まれてしまいます。
かと言ってただの良い姿勢ではありません。
使える姿勢でリラックスした姿勢で、しかも見た目も美しい。


上の写真は姿勢を題材にアレクサンダーテクニークの授業をやった時のものです。
一目瞭然。
左がいつもの姿勢で、右が姿勢を見直した後の姿勢です。
とは言え姿勢は難しい。
左から右に姿勢を変えるのは簡単です。
背中を真っすぐにして下さい、と言えば済みます。
でもそれでは姿勢を見直したことにはならない。
患者さんに対してもそうですが、自分の姿勢をどうこうしなくても、右のようにある程度真っすぐ椅子から立ったような状態になることが目的です。


姿勢授業2008042

例えば写真のようなことをします。
頭の上を手で押します。
その時の体の反応を三種類に分けてやってみます。
手の重さが重力だとすると、重力に対する反応を3つに大別してみることになります。
一つは重力に負ける、そして重力に勝とうとする。
最後に重力と拮抗するような状態。
三つ目の重力に拮抗するような状態の時に、体の中から外に向かって広がるような感覚があります。
とても微妙で分かりずらいものですが、それを感じることから始めます。
それは元々あるもの。
背中を伸ばそうとか肩を後ろ横にしようとか、そう言うものではなく、生まれながらに持っていたものを知覚する。
そんなことをします。


すぐに一回で出来るようになるとは限りませんが、姿勢について考えたり感じたり整える時間を持つことが大切だと思っています。
てあて整体スクールは姿勢や歩き方やアレクサンダーテクニークなど、他にはないユニークな授業のある整体学校です。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230
※新入生募集中!

来週(9/17-20)は名古屋で授業です。

読了までの目安時間:約 2分

押さない揉まない体重をかけない指針整体と
ボキボキしない骨格調整のマッスルエナジーテクニック(MET)で
整体師を育てています。
てあて整体スクール・荒木です。


来週、2019年9月17日から20日までは名古屋で授業です。
名古屋では千種駅1分にある教室で行っています。
毎日、10:00から14:00まで4日間連続で授業を行います。
期間中は授業見学や整体の体験を無料で受けることができます。
希望の方は連絡下さい。


てあて整体スクール名古屋授業

日程 :
17日(火) 10:00- アレクサンダーテクニーク 12:00- 指針整体
18日(水) 10:00- アレクサンダーテクニーク 12:00- 指針整体
19日(木) 10:00- 姿勢と歩き方 12:00- 指針整体
20日(金) 10:00- 姿勢と歩き方 12:00- 指針整体

場所 : 名古屋市東区葵 3-14-20-2F

問合 : teate@nifty.com 03-3922-7230


アレクサンダーテクニ-クでは整体師自身の体の使い方と、患者さんに指導するためのマッピングの話をします。
姿勢と歩き方は姿勢の見方と指導方法、歩き方の見方と分類と指導方法についての授業です。
午後からは指針整体の練習です。
どの授業も無料で見学できます。


姿勢6・てあて整体スクール
姿勢5・てあて整体スクール
姿勢2・てあて整体スクール
姿勢1・てあて整体スクール
姿勢4・てあて整体スクール

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019