東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

体の使い方講座でやっている事。 【動画あり】

読了までの目安時間:約 1分

先日、体の使い方講座を開催しました。
これからセラピストとしてデビューする人たちでした。
人数も集まったので、大人数で出来るアクティビティを行いました。
自分の使い方・自分の癖で、自分が自分をどんな風に使っているか。
知らず知らずのうちにやっている事に気づくためのワークです。
気づいておけば対処することもできます。
そこから体の使い方を見直す事もできます。

参加された皆さんはクラニオ(頭蓋仙骨療法)を学んでいて、もうすぐデビューする方々です。
以前には解剖学やアレクサンダーテクニークも受けて頂いています。

ご要望があれば全国どこでも行きます。
内容も参加者に合わせます。
ダンサー向けやダンス愛好家向け
セラピスト向けや一般の人向けなど。
ご相談ください。


体の使い方

読了までの目安時間:約 3分

年に数回、宇都宮市雀宮にある「ここからいふ広場」さんで、体の使い方の講座をやっています。

体の使い方

基本にはアレクサンダーテクニークの考えやアプローチを使っています。
何かをする、こうやってやる、というのではなく、今やっている何かをやめることから始めます。
今、知らず知らずのうちにやっている、やらなくても良いかもしれないことに気がついて、やめる。
そこから始めます。

これを読みながら、ちょっと肩首の辺りを思い出してみて下さい。
ちょっと力が入ってたりしませんか。
もし入っていたら、それをやめて(積極的に力を抜くというより、力が入っているのをやめる)みて、そうするとどうなるか。
では呼吸はどうでしょう。
呼吸は止まっていませんか。
止まっているようだったら、何が呼吸を止めているのか、その止めている力をやめてみる。

みたいな事をやります。
ちょっと面倒くさいかもしれないですね。
でもセラピストの方々は面白がってやってくれる事が多い。

自分の癖に気が付くというのは本当に難しい事です。
知らず知らずのうちにやっているんだから、やっているかどうか分からない。
だから首肩の力や呼吸を意識してみます。
首肩が固まっていたり、呼吸が止まっていたら、何かやってるかもしれません。
もちろん力を入れないと出来ない事もあるので、力を全部抜くというのではありません。
必要な力はそのままで、無駄かなと思う力はやめてみる。

最近のマイブームは自分に気が付くという事です。
自分の事が分からずに生活している人が多いように思います。
自分の事とは、頭で考えて意識の中だけで生きている。
体の感覚はどこかに置いてきている。
そんな感じです。
力が入っているのに気が付くためには、自分の体がどうなっているか意識になければいけません。
でも、自分の体の意識よりも、考えている事や見えている事など、体とは別の事に意識がある。

床に寝て。
床を感じる。
風を感じる。
音を感じる。
香りを感じる。
みたいな時間をたまに持ちたいですね。

てあて整体院は名古屋でも受けられます。

読了までの目安時間:約 2分

10月24日から27日まで名古屋にいます。

てあて整体院は名古屋でも整体やアレクサンダーテクニークを受けられます。
整体スクール開講期間に整体院もやっています。
地下鉄・JR千種駅から徒歩5分のマンションです。
南向きでとても明るく気持ちの良い場所で待ってます。

月に一度なので、体の不調や体の使い方などで来られる方が多くいます。
ダンスやバレエの故障の相談や声楽のためのアレクサンダーなども来てもらっています。

今まで受けた整体とは結構違うと思います。
トントンと軽い刺激で全身を緩めます。
ボキボキしない骨格調整で歪みやズレを整えます。
ストレッチや体の使い方も教えます。

気になったら連絡下さい。
今月は10月24日から27日までいます。

てあて整体院 名古屋分院
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16-408
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT
※LINEで申込の方は初診料無料
てあて整体公式LINE
てあて整体スクール名古屋教室

困った時の【体全体】

読了までの目安時間:約 1分

体の使い方が上手く行かない時、「体全体」を思い出したりイメージすると上手く行く事があります。

体全体
カラダ全体
からだぜんたい

パソコンを打ちながらでも、スマホを見ながらでも。
体全体を思い出してみて下さい。
それだけで肩が楽になったり腰が楽になったりするかもしれません。

どうしてなのかについては動画に撮りました。
どうしてなのかが分からなくても、体全体を思うだけで楽に出来るようになる”かも”しれないので、それだけでもOKです。


阪神のアレとアレクサンダーテクニーク

読了までの目安時間:約 3分

阪神タイガース
優勝おめでとうございます。

実は野球はあまり見ないんですが、さすがにこのニュースは知っています。
18年ぶりの優勝だそうで、喜びもひとしおと思います。
このニュースを見ていて考えた事がありました。

阪神タイガースのアレはアレクサンダーテクニーク的だな。

という事です。
ナンダソレ。
ですよね。
阪神タイガースのアレとはつまり優勝の事です。
ペナントレース中から優勝とは言わず、アレと言ってきたと聞きました。
そのことがアレクサンダーテクニーク的だなと思ったんです。

アレクサンダーテクニークは体の使い方とか心身の使い方と言われます。
習慣的になってしまった行動や言動(動きや考え)から離れる、という方法・アプローチです。
つい、知らず知らずのうちにやってしまう、習慣や癖に気づいてやめる。
そんな方法です。
上手にやろうとかきちんとやろうとして、ついどこかに力が入ってしまったりするのをやめて、肩の力を抜いて(抜けて)やってみる方法、みたいな感じです。
それが今回のアレに似てるなと。

優勝という言葉を最初から使うと、つい力が入ってしまったり、緊張してしまう事があると思います。
それは気をつけていても知らず知らずにそうなります。
緊張や力が入ることは、優勝を意識すると防ごうと思ってもなかなか防げない。
トミーズバンカー(※)のことはゴルフ好きだったら知っているかもしれませんが、プロ中のプロだってそうなってしまう事があるようです。

アレと言っておけば、同じ優勝のことでも、優勝と口に出して言った時とは違う反応が体に起きるかもしれない。
知らず知らずのうちにやってしまっている反応(習慣的な行動や言動)から、少し離れられたのかなと思いました。
だから、阪神のアレという言葉の使い方は、ちょっとアレクサンダーテクニーク的なのかなと思いました。

人は知らず知らずのうちに、いつもと同じような反応(行動や言動)をしてしまいがちです。
それは色々考えるよりも、手間が省けて楽な事がほとんどです。
でも、上手く行かなくなった時には、習慣から離れてみるという方法もあると思います。

※トミーズバンカーは中嶋常幸プロが全英オープンで大叩きした事にちなんで呼ばれるようになった、セントアンドリュースの17番のバンカーのことです。

アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方” 募集中! @NHK文化センターさいたまアリーナ教室 10月

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方”

探求する!
ちょっと大袈裟ですかね。(笑)
でもそんな感じのことをしたいと思っています。
月に一度くらい自分の体と向き合う時間を作りたい。
だからNHKさんにも無理を言って、こんな分かりにくいような題名にして頂きました。

実は昨年の10月から初めて一年が経過しました。
少人数でぼちぼち続けていますが、毎回、なんらか発見があり、それぞれに自分事として感じてもらえているようです。
10月方また新たに募集が始まります。
この機会にアレクサンダーテクニークに触れてみて下さい。

即効性があって直ぐに何かが出来るようになるというものではありません。
こうすれば上手く行くよと手順やコツを教えるものでもありません。
じっくりと自分の体と向き合う事で、自分が何をやっているのか発見する事から始めます。
月に一度でも面白いのは、終わって次の月までに発見があるからです。
姿勢や歩き方や立ち方など、毎日気がつくタイミングがあります。
気が付かなくても普段と一緒、でも気がつくといつもと違う自分を感じられます。

さいたま新都心で待ってます!


アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方”
日時 : 10月4日から毎月第一水曜
     19:00から20:30
場所 : NHK文化センターさいたまアリーナ教室
     さいたま新都心駅 徒歩3分
料金 : 20、592円(税込) 全6回
申込 : https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1260952.html
     ⇧ NHK文化センターのページから直接申し込み下さい。

さいたまアリーナ アレク2

アレクサンダーテクニーク 募集開始 @NHK文化センターさいたまアリーナ教室

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニークのグループレッスンを始めます。
10月4日からNHK文化センターさいたまアリーナ教室です。
既に昨年から始めていて半年以上が経過しました。
人数は少ないですが、一人一人が自分の体や自分に向き合って、さまざまな発見があるようです。

月に一度、自分の体と向き合って、習慣的な自分の使い方から離れてみましょう。
知らず知らずのうちに身についてしまった癖から離れると、自分本来の動きが戻って来ます。
姿勢や歩き方などが楽になるかもしれません。


アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方”

日程 :
2023/10/04(水)
2023/11/01(水)
2023/12/06(水)
2024/01/17(水) 第3週
2024/02/07(水)
2024/03/06(水)

場所 : NHK文化センターさいたまアリーナ教室
料金 : 20,592円(会員)
詳細 : https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1260952.html
※申込はNHK文化センターに直接お願いします。
チラシ : https://www.nhk-cul.co.jp/information/school/3300/a63d415e06a97f6a28685b2ca51ea698538e5ab0.pdf


さいたまアリーナ アレク

猫背で姿勢が悪いとは耳を引きましょう。顎ではなく。

読了までの目安時間:約 1分

猫背や巻肩などで顔が前に出て姿勢が悪い人。

顎を引きなさいと言われる事があります。
でも、顎よりも耳を斜め後ろに引く方が姿勢が変わります。
ちょうど耳と耳の間に背骨の一番上が来ています。
耳を後ろ上に引くことで、丸くなっている背骨も伸びて姿勢が良くなります。
顎だと首の骨と頭の間を引っ張ることになって逆に動きにくくなってしまいます。

試してみて下さい。
詳しくは動画にまとめました。

体の使い方・自分の使い方  〜アレクサンダーテクニーク〜

読了までの目安時間:約 3分

アレクサンダーテクニークを教えています。

自分で言うのも何ですけど、なかなか説明しづらい。
なかなか広まってくれない。
簡単な事なんです。
でも簡単だからこそ説明が難しい。
というかそもそも説明するものではなくて、体験するものだったりします。

先日、アナザースカイというテレビ番組に菅野美穂さんが出演されました。
その中で以前、イギリスのRADA(王立演劇学校=Royal Academy of Dramatic Arts)に短期留学された時にアレクサンダーテクニークを受けたという話が出て来ました。
映像ではRADAで当時の校長先生とアレクサンダー教師(だと思う)の女優さんも出演し、少しだけアレクサンダーテクニークのワーク(一連のアレクサンダー)も映され解説もされていました。
これで少しはアレクサンダーテクニークを知る人が増えてくれると良いなと思いながら見ていました。

イギリスをはじめとする欧米では、表現芸術(パフォーミングアーツ)系の教育機関では必須科目となっている所が多くあります。

自分の使い方、心身の使い方。
RADAの元校長ニコラス・バーター氏によれば、「多面的な動きの根底にある土台がアレクサンダーテクニーク」とおっしゃっていました。
動きの根底にある土台。
確かにそうだと思います。
何か特定の動きや使い方ではなく、動きや使い方の根底にある土台としてのものをアレクサンダーテクニークと言っています。
それを教えるのがアレクサンダーテクニーク教師。
でも、こうやって下さい、これは違いますこうです、みたいな教え方ではなく、自分で感じてもらい自分で体験してもらう。
そこが他の指導法と少し違う所だと思います。

与えられる使い方ではなく、元々持っている自分の使い方。
知らないうちにやっている、やらなくても良いかもしれないことに気がついて、やめてみる。
習慣的になっている事、癖のようにやっている事は自分では気づかないものです。
その普段は気づかないものに気がつくことから始まります。

説明は難しいかもしれないけど、根底や土台にあるものを感じられれば、全てが変わる可能性があります。
そこがやっぱり面白い。

※月に一回グループレッスンを行っています。
次回は9月3日です。
詳細はコチラ >>>

アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークの授業

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールにはアレクサンダーテクニークの授業があります。

たぶん、アレクサンダーテクニークを取り入れている整体学校は他にはありません。
体の使い方の指導法とも言われているアレクサンダーテクニークを、授業に取り入れているのはどうしてなのか。
二つの側面があります。
一つは整体師自身にとっての問題で、もう一つは患者さんに対しての問題です。

整体師自身の問題というのは、整体師としての体の使い方の事です。
整体師としてどんな風に自分の体を使うのか。
自分で自分の体を整える方法として学んでもらいます。
学ぶと言っても、アレクサンダーテクニークのグループレッスンを受ける中で、自分の体の使い方に気がついて、無駄な力や余計な癖を使わない楽な使い方を見つけていくという事です。
整体師の体が整っていないと、自身の故障につながったり痛みや不調にも繋がります。
同時に患者さんに対しても良い影響を与えません。
姿勢の悪さや体の使い方の悪さは、視覚情報として患者さんに伝わってしまいます。

患者さんに対して問題は、体の使い方の指導です。
姿勢や歩き方やカラダの地図など、体の使い方を患者さんにアドバイスする時のための授業があります。
そのアドバイスの前提となっているのが、アレクサンダーテクニークの考え方です。
(てあて整体スクールでの独特の前提)
無駄な力ややらなくても良いことを、やめると言う考え方があると言うことも伝えます。
無理に体を使うより、やらなくても良いことをやめるだけでうまくいくこともあります。
また、解剖学を使って体の使い方をアドバイスする時にも、アレクサンダーテクニークの考え方を頭に入れておくと、より伝わりやすくなる事もあります。

てあて整体スクールにはアレクサンダーテクニークの授業があります。
他の整体学校ではやっていない授業です。

姿勢のアレクサンダー
※アレクサンダーテクニークの授業を受けてもアレクサンダー教師になれる訳ではありません。
 アレクサンダーテクニークになるには一般的に1600時間4年間の学びが必要です。
 荒木はアレクサンダーテクニーク東京スクールで教師認定を受けています。
 アレクサンダーテクニーク東京スクール >>>

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019