整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

解剖学と体の使い方の講座でした。

読了までの目安時間:約 2分

ここからいふ広場セミナー

宇都宮ここからいふ広場で解剖学と体の使い方の講座をやってきました。
この講座はここからいふ広場で行われている、和ごころ式セラピスト養成講座の授業の一環として行われています。
和ごころ式を指導されている上田さんから、東日本大震災のボランティア後に依頼を受けて始まりました。
福島や宇都宮ではセラピストとしてのスキルがあるのに使っていない主婦や女性が多くいる。
だから、その人たちが活躍出来るようにベースとなる解剖学の話をしてくれないかと言うのが始まりだったと思います。
だからもう9年ほどの付き合いです。


今回参加された方々は、まだ勉強を始めて日が浅く、解剖学にはちょっと距離があるような印象でした。
難しいのかなぁ、取っ付きにくいなぁと言うような感じを抱いているようでした。
解剖学は難しい学問ではありません。
難しく感じるのは使われている用語で、漢字ばっかりで気楽に読めそうな印象がないんだろうと思います。
でも、究極的なことを言えば、体を色々なパーツに分けて行って名前を付けているだけとも言えます。
それよりも、形や動き、どうしてそうなったのかなど、考えてみると面白いことが沢山あります。
そんな話を部位別に話したりしました。
セラピストとして知っておいて欲しい内容になったと思います。
そして、どんな本を読んだら良いか、解剖学と言っても色々あるので、20冊くらいの本を持っていって紹介しました。
最後に話を聞くと、解剖学に対する印象が変わっていたので、良かったなと思います。


クラニオを中心としたセラピストを目指している方々です。
今後もゆっくり頑張ってもらいたいと思います。
ありがとうございました。

アレクサンダーテクニーク・イントロワークショップ@名古屋

読了までの目安時間:約 3分

秋分の日(9/23)の休日を利用して名古屋でアレクサンダーテクニーク・イントロワークショップを行います。


アレクサンダーテクニークに興味はあるけどまだ受けたことがない。
どんなものか知りたいけど一人では不安。
体の使い方に興味がある。
姿勢や歩き方が気になる。
一度、受けてみたいと思っていた。


そんな方をお待ちしています。
イントロワークショップではアレクサンダーテクニークってどんなものなのか、考え方や方法など解説をした後に、一人一人の体に触れてハンズオンワークを行います。
ハンズオンワークという手で触れる手法は、アレクサンダーテクニークで良く使われる方法・手法です。
肩口や首や頭、体幹や脚にアレクサンダー教師が触れます。
ハンズオンワークには色々な意味や意義がありますが、まずはご自身の体に注意を払ってもらいます。
意識的にでも無意識的にでも、注意を払うことで体に変化が起きます。
知らず知らずのうちに入っていた力が抜けると、体は今までよりも自由な感じになることがあります。
(ハンズオンワークされたくない方は事前にお知らせください。別の方法を考えます。)


体に触れて変化が起きるので、手技療法やセラピー、はたまた怪しい宗教のように感じる人もありますが、アレクサンダーテクニークはボディワーク(手技療法や調整方)でも宗教でもありません。
あえて分類するなら教育というカテゴリーに入っていると考えられています。
日本ではまだポピュラーではありませんが、欧米では楽器演奏や声楽などの音楽家の方々や俳優さんダンサーなど、体を使うプロの中では一般的な体の整え方として広まっています。
イントロワークショップは入り口です。
体の使い方に対するいつもと違うアプローチとして、アレクサンダーテクニークを知ってもらいたいと思います。
お時間ある方はお待ちしています。


アレクサンダーテクニーク・イントロワークショップ@名古屋
日時 : 9月23日(木祝)18:00〜20:00
場所 : てあて整体スクール 名古屋教室
     愛知県名古屋市千種今池 2−1−16 八晃ビル408
定員 : 6名
料金 : 5,000円
申込 : teate@nifty.com
備考 : ハンズオンワーク(触れるワーク)をされたくない方は事前にお知らせください。


スタジオボディM3・てあて整体スクール

スタジオボディM2・てあて整体スクール

アレクサンダーテクニーク・グループレッスン

読了までの目安時間:約 3分

アレクサンダーテクニーク・オンライン

9月5日の日曜日午前中はアレクサンダーテクニーク・グループレッスンをオンライン(ZOOM)で行いました。
毎月1回、いつもは実際に大泉学園まで来て頂いてやっていましたが、昨年の緊急事態宣言発令以来、リアルで開催出来たのは数回で、殆どはオンラインでやっています。
本来はリアルで会って、ハンズオンワークという実際に肩口や背中に触れるワークをすることで進めていきますが、今の状況では難しいとオンラインを選んでいます。
とは言え、今月中には荒木もワクチン2回目を接種するし、今回オンラインで参加された生徒さん(*)たちも殆どがワクチンを2回接種されているので、来月からはリアルに戻そうと思っています。


アレクサンダーテクニークは色々な言われ方・説明をされます。
無駄な力を抜く方法。
楽に体を使う方法。
体の使い方。
姿勢術。
セラピーだと思っている方もいますが、マッサージ的なこともやらないし調整も矯正もしません。
体の歪みを整えるようなこともしません。
ただ、アレクサンダーテクニークを受けると、姿勢が受ける前よりも良くなったり、体が使いやすくなったりします。


あえて今説明すると、知らず知らずのうちに習慣になってしまっている、入れなくてもよい力(無駄な力)を、入れない状態にしてみることで、その人が本来持っているその人なりの自分の体の使い方が出てくるようにする方法。
上手くいかないことを、新たに何かをしたり加えたりするのではなく、今やっているやらなくても良いことをやめてみることで対処する方法。
ノンドゥーイング・アプローチなんて言われたりすることもあります。
DOING(どうするか)ではなく、BEING(どうあるか)を見ていくものだと思っています。
一言で説明するのが得意ではないのですみません。
なんとなくそんな感じだと思ってもらえたら、後は実際に受けてみてもらうので良いと思います。


姿勢が気になる。
歩き方が気になる。
体の使い方が上手くいかないことがある。
椅子に座っているのが辛い。
肩が凝る・腰が痛い。(姿勢や体の使い方が原因?)
楽器演奏が上手くいかない。
ダンスで出来ないことがある。
などなど。
何に”効くか”は相談してみて下さい。


来月は10月3日(日)10:00から2時間くらい大泉学園でやります。
3,000円です。
問い合わせお待ちしています。


アレクサンダーテクニーク・荒木
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230


*アレクサンダーテクニークのレッスンでは教える側を教師、受ける側の人を生徒と呼びます。
 整体やセラピーなどの施述ではなく、アレクサンダーテクニークは教育だと考えているからです。

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! (さくら舎刊)発売中。

読了までの目安時間:約 3分

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)>>>

カラダの地図・書影

人はそれぞれ頭の中に「カラダの地図」のようなものを持っています。
自分の体はこんな風になっているという、自分の体に対する認識のようなものです。
その地図に沿って自分の体を動かしています。
これくらい手を伸ばせば届くとか、立つ時や歩く時にはここに力を入れるとか、その地図に沿ってやっているという事です。
細かく調べるとややこしいので、そんな風に思ってみて下さい。


その地図が実際の体とちょっとズレていると、体を使うのがちょっとぎこちなくなります。


例えば腕は肩から外に延びた、細くなっている部分(上腕や前腕や手部)のことです。
腕という名前もそこについています。
でも、実際に動く上肢(広く捉えれば腕)は、胸の中心から始まっている鎖骨も含まれています。
???て感じですね。
だったら肩は何?ってなります。
はい。
肩は腕(上肢)の途中にある関節の周りのことです。
鎖骨から始まる上肢につながっている筋肉は、胸の前にある大胸筋や背中にある僧帽筋・広背筋などもあります。
大胸筋や僧帽筋・広背筋までが上肢につながっているとなると、広い意味での腕(上肢)は上半身全体のようにも捉えられます。
ダンスで腕は胸の中心から使って!と言われるのは、例え話ではなく解剖学的には正しい指示だったんですね。


こんな風に頭の中にある「カラダの地図」と実際の体の誤差を再確認し認識してもらいたいと思って書いたのが、「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)です。
昨年、発売して大きなヒットとはなっていませんが、ぼちぼちと売れ続けてくれています。
解剖学的な解説と整体師やアレクサンダーテクニーク教師としての経験を盛り込んでいるので、内容は古くなることはありません。
まだの方は購入して気になる章から読んでください。
頭と首、肩と腕、胴体、足首などについて書かれています。
全国書店とAmazonなどネット通販でも購入できます。


「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)>>>

アレクサンダーテクニーク・オンライン・グループレッスンのお知らせ。

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニークのグループレッスンを、オンライン(ZOOM)で行います。
毎月、第一日曜の午前中に行っているレッスンです。

今月のテーマは「自分を感じる。」です。
日常生活で自分を感じることはなかなかありません。
気が付くと毎日を惰性のように生きてしまっているかもしれません。
たまに立ち止まって自分がどんな風になっているのか、時間を取って感じてみるのも悪くないかもしれません。
アレクサンダーテクニークは知らず知らずのうちに入っている、入れなくても良い力を抜くことで、自分はどんな風に体や心を使ってたのかを思い出す方法です。
頑張らなくても良いと言われても、気がついたら頑張っているようなことありますよね。
そんな時は、頑張らないように力を抜くようにする前に、先ず自分がどんな風になっているのか、どんな力が入っているのかに気が付くことが大切です。
そのためにも自分を感じる時間を取ってみることから始めます。

初めての方でも参加できます。
難しいことはありません。
ご希望の方はメールで申込ください。
こちらからZOOMのリンクを送ります。
当日、時間になったらリンクをクリックして参加いただけます。
お待ちしています。


アレクサンダーテクニーク・オンライン・グループレッスン
日時 : 9月5日(日)10:00〜11:30
方法 : ZOOM オンライン
料金 : 1,000円
申込 : teate@nifty.com


姿勢の授業

作った姿勢は崩れやすい。

読了までの目安時間:約 3分

最近、知り合いのアレクサンダーテクニーク教師が出版した本がすごく売れています。

「魔法のフレーズをとなえるだけで姿勢がよくなるすごい本」(大橋しん著 飛鳥新社刊)

この本の中では魔法のフレーズと読んでいる10のフレーズをとなえることで、姿勢が知らず知らずのうちに良くなっていく、と言うことを狙っています。
んなことあるのか?
と思いますよね。
でもそれがあるんです。
魔法のフレーズは体に対するイメージです。
そして形ではなく動きや状態を表現しています。

姿勢は形ですけど、形ではありません。

形を作るとどうしても崩れてしまう。
「作る」ためには筋力を使いがちだからです。
でも、動きや状態は止まっていないので、崩れない。
それをイメージの中で捉える。
筋力を付けたり矯正したりして、形を作るのではなく、体の動きや使い方や状態を、その動きや使い方や状態のイメージの側からアプローチする。
この提示の仕方は凄い。
本当に凄いと思います。
大橋さんの長年の経験と知識と実績から得られたものだろうと思います。

姿勢は作るものじゃなくて、なるものです。
なんて患者さんや生徒さんに言ったりします。
???って顔をされます。
姿勢は自分が体を使う、その使い方の方向性(クセ・習慣)の結果そうなります。
自分が自分の体をどうやって使っているかの結果です。
だから、結果の外見上の形だけを成形するように直しても、成形するための筋力を、普段の体の使い方で使っている筋肉にプラスしていることになり、いつまでも続きません。
それよりも、自分の体の使い方が変われば、結果としての姿勢は変わります。

使い方を変えるのに動きや状態のイメージはとても有効です。
形は固まった固定されたものですが、動きや状態のイメージは体の使い方や動き方に変換されるように思います。
「そう思う」と言うのだと、いつもの考えと違う考えを頭に思い浮かべることで、それだとつい忘れてしまいますから。
この本の良さはそういうところにあるなと思います。
形を押し付けていないところです。

荒木もアレクサンダーテクニーク教師として姿勢を見ています。
個人レッスンやグループレッスンで姿勢が気になる方の、体の使い方をテーマに姿勢を見るようにしています。
と言っても、あなたのクセはこうだから直して下さい、みたいな事は言いません。
知らず知らずのうちに、自分の体が気づくようなことをやっています。
この本でやろうとしているのと同じようなことだろうと思います。
気になる方は来てください。

最近は「自分を感じる」ことがマイブームです。

読了までの目安時間:約 5分

マイブームと言う言葉を作ったのはみうらじゅんさん。
うまいこと言うもんだなと思います。
みうらさん同い年なのでつい気になる存在でもあります。

最近、「自分を感じること」を良く考えます。

感じることを考えるってのは少しおかしな表現ですが、人様が自分のことを感じることについても考えているので、まあそういった表現になります。
整体スクールや整体院、セミナーやワークショップをやったり、アレクサンダーテクニーク教師として、色々な人と話をします。
話をするだけでなく体に触れたりもします。
触れながら話をすることもあって、色々と感じるところがあります。
ここは自分事なので、感じる、ところです。

自分のことを感じていない人が多い。

正しい表現ではないと思います。
上手く言えていないように思いますけど、自分のことを感じてないなぁと思います。
暑いとか寒いとか涼しいとか、外のこと環境のことは感じられます。
いやそれさえ感じていないで対応している人も増えてきているかもしれません。
でもまあ外のことは感じているようです。
でも自分のこととなると後回し。
体がどうなっているのか、疲れているのか爽快なのか。
疲れているとしたら、どこが疲れているのか、どんな風に疲れているのか。
あまり感じ考えていないように思えます。

体は感じているのかしれません。

意識に上らない体のことが増えているような気がします。
寝不足だろうが疲労が溜まっていようが、寝ないで起きていることが増えています。
目が冴えるなんて言ったりします。
確かに目が冴えるのかもしれません。
でも同時に疲れていることに気づいても良いんじゃないかと思います。
疲れていることよりも、寝不足よりも、目の前の刺激の方が強いのかもしれません。

体を動かすことが減っていることが一つの原因だろうと思います。
動かさないから状態が分からない。
100あった体力が80になっていたとしても、常日頃60しか使っていなければ、体力の減少には気づかない。
そう言うこともあるかもしれません。
自律神経の問題もあるかもしれません。
常に交感神経優位になっていて、常にうっすら緊張している。
緊張は意識にのぼらない程度のものなので、なんとなくうっすら硬い体になっていたり動きずらかったりする。
でも気が付かない。

そんな感じなのかと思います。
まだ、上手く書けないですね。
でも本当に気になります。

気が付くとまずいのかもしれません。
例えば体の状態が悪いのに気がついてしまうと、日常生活が大変になります。
気が付かなければ、大変だとは思わない。
でもどこかでドンデン返しが来ますよね。
来なければ良いですけど、いつか来る。(可能性がある。)

アレクサンダーテクニークのレッスンをしていると、先ずは自分を観察して気づいてもらうことをします。
これが意外に大変です。
大変じゃない人にとっては全然大変じゃないんですけど、大変な人には大変です。
人は今今の今の状態を、ある程度は普通だと思って(受け入れて)生活しています。
そうでないと上に書いたように、まずいかもしれないから。
だから気づかない人も増えているように感じます。

気づいた方が良いんじゃないかなぁと思います。
自分に気が付くと、対処法も自分で考えられます。
世の中で”決まっている”対処法だけじゃなくて、自分に合った対処法があるかもしれない。
今、普通はこうするってことが自分に合わなければ、今の状態を客観的にではなく主観的に感じてみて、自分が感じる自分の状態に対処する、ってことが出来るんじゃないかと思います。

そのために何が出来るか、ちょっとずつ考えています。
自分のことだけじゃなくて、人のことについてもです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230

ダンサーのための解剖学 @ チャコット名古屋スタジオ

読了までの目安時間:約 2分

チャコット名古屋スタジオさんで特別講座「ダンサーのための解剖学」を行いました。


ダンサーのための解剖学・チャコット

参加は5名。
皆さんバレエを習っている方々でした。
キャリアはそれぞれで長い方も短い方もいらっしゃいました。
いつもセミナーを始める前には、今日、どんなことを期待しているかを聞きます。
出来るだけ期待に沿うようにしたいなと思って聞きますが、全部に答えられないこともあります。
今日は8割くらいは答えられたと思いますが、2割は残してしまった感じでした。
とは言え、「ダンサーのための解剖学」として講座でやろうと思っていることはおよそ出来ました。
また、時間が足りなかった部分については、事前にテキストを作っておいたものを渡しました。
帰ってから忘れてしまうこともあるので、後で確認出来るようにです。


今回は解剖学の勉強と言うよりは、体の仕組みに対する誤解を解くのが目的です。
誤解が解ければ、体を動かすベースとなる体に対する認識が変わって、トレーニングやストレッチをしなくても、出来るようになる動きがあったりします。
どこを鍛えれば良いですか?と良く聞かれますが、今やっているやらなくても良いことをやめて、既に持っている使っていない筋肉が使えれば、今のままでも出来るようになったりします。
そんなことが起これば良いなと思って進めました。
幾つか???と言う感覚があったようで、それが良かったなと思っています。


チャコット名古屋スタジオさんでの講座は久しぶりでした。
引っ越しされてからは初めて。
以前の場所では5回くらいやった記憶があります。
久しぶりで皆さんが前のめりだったのが印象的でした。
また出来たら良いなと思います。
ありがとうございました。
お疲れ様でした。

日本記録を出しました。

読了までの目安時間:約 2分

パワーリフティング1

日本記録出しましたよ。


毎月一回、体のメンテナンスにいらしている患者さんが認定証を持って来てくれました。
パワーリフティングの大会でノーギア M2 女子の部、スクワット、ベンチプレス、トータルで日本記録を出されたそうです。
いや〜凄い。
おめでとうございます。
自分が持ち上げた訳でもないのに喜んでいます。


毎月一回、神奈川県から車で来るようになって4年半になります。
最初は整体スクールの卒業生でパワーリフティングをやっている方からの紹介でした。
痛みや故障の相談から始まって、体の使い方のアドバイスなどもしています。
とは言え荒木がパワーリフティングをやっている訳ではないので、アレクサンダーテクニーク教師としてのアドバイスです。
先月はオリンピック開会式の2週間前に来て、今度、大会があるんで記録狙っているんですよと仰っていました。
年齢別の記録なので今年はちょうど良いタイミングだったそうです。
それにしても良かった。


てあて整体院には様々な患者さんがいらっしゃいます。
バレエやダンスをしている人も多いですが、地元の人だったり何か運動をしている人だったり。
当然ですけど運動は全くやっていないしやりたくないという人も来ます。
年齢も8歳くらいから80代90代の方までいらっしゃいます。
体を整え痛みに対処し、使い方のアドバイスもしています。
コロナでなかなか外に出られませんが、調子を整えたくなったらいらして下さい。
感染症対策をしながら整体やっています。


パワーリフティング2

てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230

セラピストのための体の使い方講座@ここからいふ広場

読了までの目安時間:約 3分

昨日は宇都宮ここからいふ広場で「セラピストのための体の使い方講座」でした。
この講座はここからいふ広場で行われている和ごころ式セラピスト養成講座のカリキュラムに入っているものです。
自分でもセラピストを養成する整体スクールをやっていながら、別のスクールでセラピスト養成のお手伝いです。
主宰の上田さんがクラニオ仲間で東日本大震災のボランティアからの繋がりです。
今回は上級コースを受けている方々で、初級中級と進んで既にモニターとして患者さんを診ている方々です。
そして体の使い方(アレクサンダーテクニーク)も初めてではなく、初級中級の時に一度受けていただいている方々でした。


皆さんがどんな風に変わっているんだろうと思って宇都宮の雀宮に行きました。
初めてアレクサンダーテクニークのレッスンを受けられた時は、まだセラピストと言える状態ではなく、反応も???な感じがありました。
体の使い方の学び方にも色々あって、アレクサンダーテクニークのように何かをするのではなく、やらなくても良いかも知れないのに、知らないうちにやっている何かをやめるアプローチ、もあるってことを少し頭で理解し体感してもらっていました。
それが今度はモニターさんとは言え、何十人もの人の体に触れている状態です。
どんな風になっているか楽しみにしていました。


ここでのレッスンの最初にはいつも、困っていることや興味があること今の自分の状態などを聞きます。
事前準備でやることは決めていますが、その場の話から内容をアレンジしたり変えたり、全く違うことをやったりします。
話を聞いていて、先ずは体感、しかもハンズオン(触れる)のではなく、自分で体感出来そうと思って、やることを変えました。
四つ這いで歩く。
それだけのことなんですが、色々と設定を変えたり、観察する部分を変えたり、二人組になったりしてやりました。
面白い反応を頂きました。
そこから二人組になってクラニオ(セラピー)をする時の自分を観察してもらいました。
設定を幾つか変えるだけで、体の使い方が変わったり、相手が受ける手の印象が変わりました。
食事を挟んで、午後は一人一人に個人レッスンのような形で行いました。


大きな変化があったように見えました。
もうセラピストとして出来上がりつつある。
あとは気持ちの持ち方、自分の捉え方です。
それぞれに個人的なポイントの話をし、全体の話をして終わりました。
それにしても皆さん本当に先生になっていて、とても嬉しく思いました。
もう1年もすればセラピストの仲間として話が出来るんじゃないかと思っています。
ありがとうございました。


カラダの使い方講座

1 2 3 26
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019