整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

トウシューズ(ポアント)で立つとグラグラする。

読了までの目安時間:約 3分

ポアント・てあて整体院

ポアント(トウシューズ)で立つとグラグラするので見てもらえませんか。
以前、バレエ系のセミナーに参加された女性からメールが来ました。
大人になってからバレエを初めて10年以上。
いつごろからか分らないが、ポアントで二番や五番に立つと足首がグラグラして安定しないとのことでした。


一通り触診をして関節の動きを確認すると、グラグラ側股関節周りが少し硬く、可動域が反対側よりも少し狭くなっていました。(ほんの少し)
また、グラグラする側の足首の外側の靭帯が少し緩く、逆側の足首は内側の靭帯が少し緩い状態でした。これらを確認したら、靴下で一番と二番でプリエしてもらいました。
プリエする時に、グラグラする側の膝が微妙に内側を通って降りていきます。
最後に確認のためにポアントを履いてルルベをしてもらいました。
ルルベはさほど問題ないように見えましたが、グラグラ側は少しだけ小指側に重心が移りやすくなっているようでした。
次にルルベから踵を下ろしてもらうと、グラグラ側だけターンアウトが少し甘くなりました。


原因はグラグラ側のターンアウトと、足首の外側靭帯の緩さと、股関節周りの少しの硬さでした。
ターンアウトは気をつける方法を何度か繰り返して体に知ってもらいました、
足首の緩さは補正するようなテーピングをしてレッスンすれば、筋肉がついて来ることで対処出来ると考えテーピングをして方法を教えました。
股関節周りは筋肉を緩めてみたら割合と簡単に緩むので、疲れをためないこととストレッチの方法を幾つかおしえて、終了となりました。


てあて整体院では個人セッションというコースがあります。
バレエやダンスの体の使い方やストレッチ方法、姿勢や歩き方などの指導など何でも受け付けています。
無理なものもあるかもしれませんが、一応問合せして下さい。
大人からバレエを始めると、スタジオでは聞けないこともあります。
今も現役で踊っている整体師なので、話もしやすく説明もわかりやすいと思います。
姿勢や歩き方や体の使い方の場合は、アレクサンダーテクニークのレッスにすることも出来ます。
アレクサンダー・テクニークは自分の使い方の指導方です。
困っていることがあったら連絡下さい。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

セラピストのための体の使い方 ~アレクサンダーテクニーク・グループレッスン~

読了までの目安時間:約 2分

セラピストのための体の使い方をテーマに、アレクサンダーテクニーク・グループレッスンを行います。


先日、セラピストのための体の使い方とアレクサンダーテクニークのワークショップを行いました。
参加された方々から好評を頂きましたので、少し継続していきたいと思います。
数ヶ月に一度は自分の使い方や体の動きを確認することで、自分自身の体だけでなくクライアントさんや患者さんにも良い影響が出てくると思います。
レッスンは90分で自分の状態を知り、セラピーの時の姿勢や自分の使い方を確認していくような内容です。
アレクサンダーテクニークに興味がある方も参加下さい。

セラピストのためのアレクサンダー
日時 : 11月27日(水)10:30~12:00
場所 : てあて整体スクール 東京
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 3,000円(当日精算)
定員 : 6名
申込 : teate@nifty.com
講師 : 荒木靖博(アレクサンダーテクニーク教師)


体の使い方1909257

体の使い方1909254

体の使い方1909255

セラピストのための体の使い方とアレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 5分

東京と名古屋で整体師を育てています。
てあて整体スクール・荒木です。


いつもは宇都宮でやっているワークショップ。
【セラピスストのための体の使い方とアレクサンダー・テクニーク】
これからセラピストとしてデビューしようと言う方々に、セラピストとしての体の使い方を教えます。
教えますと言っても上から目線ではありませんよ。(笑)
自分で感じてもらい一緒に作っていく講座です。
今回はセラピストとセラピストの卵が6名集まってくれました。


午前中にセラピストとして気をつけるべきこと、患者さんへの触れ方や体の使い方のコツのようなものの話をしました。
アレクサンダー・テクニークとは違うアプローチです。
家に帰って、これとこれとこれとこれとと、指を折りながら確認出来るものを伝えたいと思いました。
午後にはアレクサンダー・テクニークのワークを通して、セラピストがセラピーをしている時の体の使い方もやってみました。
先ずはアレクサンダー・テクニークのワークを受けて、体がどう変わるかを知ってもらうために、姿勢の変化を見てみることにしました。
写真は一目瞭然ですが、左ビフォー右アフターです。


体の使い方1909251

体の使い方1909252

体の使い方1909253

この時の体の感覚を言葉にしてもらいました。
背筋を伸ばすとか重心を変えるとかではなく、胸が開けた感じだとか、床に足がちゃんとついてグラウンディングしている感じ、背中が伸びたような首が浮いているような感じなどでした。
そして次は実際にセラピーをするのをアクティビティにワークをしてみました。
(実際のセラピーをする時にアレクサンダーテクニークを使ってやってみた。)
今度はこんな感じ。
なんだか美しいですね。


体の使い方1909254

いつもは立て膝をしてセラピーをするとのことで、立て膝でもやってみました。
いつもは左右の股関節周りが固く縮んでしまっているようでしたが、股関節周りのマッピングをスペースを感じてもらってやってみました。
痛みもなく楽に出来るようになったとのことでした。


体の使い方1909255

最後にアレクサンダー・テクニークではないんですが、クライアントさんに対する時の気持ちや心構えでどう変わるかをやってみました。
上ビフォー下アフター
この時は上ビフォーでは患者さんのことを考えて一生懸命やるようにしてもらいました。
下アフターでは自分自身のことを観察し、体の中の滞りがないか、首は自由に動ける可能性を残しているか、全身の各部位を使っているか、体は同じ姿勢でも固まるのではなく全体に動いていることを知って、やってもらいました。
見た通りです。
下アフターの方が広がりのある良い姿勢に見えます。
受けてるクライアントさん側も手指のタッチが繊細になったとのことでした。


体の使い方1909257

一人、タイ古式マッサージの方がいて、両手で太ももの裏を押す時に上手く体が使えないとのことでしたので、四つん這いで歩くワークをした後に体の繋がりを感じながらやってみてもらいました。
やっている本人はギクシャクして上手く体が使えない感じでダメでした、とのことでしたが、見ている人には全身のコーディネーションが良くなったのが分かり、受けたクライアントさん役の人もとてもソフトで圧が気持ちよく伝わったとのことでした。
人は自分がいつもやっている方法や、その時の近感覚が通常モードになってしまいます。
そうすると、いつもと違うやり方になると、上手く出来たとしても違和感を感じることがあります。
そのことを伝え、練習方法もお伝えして終わりになりました。


体の使い方1909256

参加された皆さんお疲れさまでした。
またやりたいと思います。
体の使い方のグループレッスン。
どうもセラピーをしていると疲れてしまうというセラピストや整体師の皆さん。
ぜひご参加下さい。
また募集します。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

名古屋教室で授業でした。

読了までの目安時間:約 2分

9月17日から20日まで。
てあて整体スクール名古屋教室で授業でした。
今月の授業はアレクサンダーテクニーク、姿勢と歩き方、そして指針整体でした。
アレクサンダーテクニークでは自分の身体の使い方を学びます。
整体師としての自分の身体の使い方とマッピングの授業を行います。
また姿勢と歩き方の授業では、患者さんに姿勢指導や歩き方の指導をする方法を学びます。
整体師と言えども腰痛や肩こりなど痛みの症状にだけ対処出来れば良いということではありません。


マッピング3

マッピング1

マッピング2

写真はマッピングの授業をしているところです。
外から見た体の形と中にある骨や関節や筋肉のつき方の違いを確認しながら動かします。
実際に動く場所と頭の中にある地図(マップ)が違っていると、本来の動きが出来にくくなることがあります。
肩こりや腰痛の人などの、姿勢や歩き方や立ち方などを見る基礎となる部分です。


姿勢1

姿勢2

姿勢3

姿勢4

写真は姿勢の授業のビフォーアフター
左ビフォーで右アフターーです。
全体に細くバストアップでヒップアップしている傾向です。
姿勢の指導が難しいのは、何もしないでもそうなって戻らないようにすることです。
猫背の人は胸を張れば姿勢は良く見えるようになります。
でも胸を張るのをやめると猫背に戻ります。
それじゃ意味がない。
何もしなくてもそうなっているようにしたい。
その指導方法を学ぶのが姿勢の授業です。

今日からは東京で授業をやっています。
見学や体験など問合せお待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
teate@nifty.com
03-3922-7230

アレクサンダー・テクニーク グループレッスン 【 姿勢の教室 】

読了までの目安時間:約 2分

10月の休日にアレクサンダー・テクニーク グループレッスンを行います。
今回は【姿勢の教室】です。
姿勢は生まれながらのものではありません。
自分の使い方の結果そうなったもの。
自分でそうしているのなら自分で何とかすることが出来ます。
良い姿勢とはどんな姿勢なのか。
姿勢を作るのには様々な方法がありますが、アレクサンダー・テクニークで試してみてはどうでしょう。


アレクサンダーテクニーク・グループレッスン【姿勢の教室】

日時 : 10月14日(月祝)14:30~16:30
場所 : てあて整体スクール東京
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 5,000円(当日精算)
定員 : 4名
講師 : 荒木靖博・アレクサンダー教師
申込 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


左ビフォー 右アフター


姿勢1・てあて整体スクール

姿勢2・てあて整体スクール

姿勢3・てあて整体スクール

姿勢4・てあて整体スクール

セラピストのための体の使い方とアレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 3分

既にFBでは募集が始まっています。


【セラピストのための体の使い方とアレクサンダー・テクニーク】


ワークショップの募集です。
セラピストの方、施術をするとき腰が辛い、肩が痛い、姿勢がきついといったことはありませんか。
また自分では気づかない習慣的で無駄な力が入っているかもしれません。
セラピスト自身も気持ちよく、受けてくださる方は更に気持ちよく。
そんな方法を学んで下さい。

セラピストではない方も、普段何気なく動かしている身体。
歩く、座る、立つ、料理をする、ダンスをする、楽器を奏でる、スポーツをする・・・
習慣的になった無駄な力を抜いて、自分本来の身体の動きを感じて下さい。
慢性的な悩みが解決するかも!?

ワークショップで行うこと
・セラピストとしての手指の使い方や体の使い方
・触れ方や触診方法
・自分を感じる練習
・アレクサンダーテクニーク
・アレクサンダーテクニークを使って触れてみる


セラピストのための体の使い方とアレクサンダー・テクニーク

日時 : 2019年9月25日(水)10:00~15:00
場所 : てあて整体スクール 東京
      東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
      (西武池袋線大泉学園駅から徒歩7分くらい)
定員 : 6名(残2名)
料金 : 8,000円
申込 : teate@nifty.com
タイムスケジュール :
      10:00~12:00 セラピストのための身体の使い方
      12:00~13:00 昼休憩
      13:00~15:00 アレクサンダー・テクニーク


<アレクサンダー・テクニークとは>
自分の使い方の指導法です。
何かが上手くいかない時、どこかに無駄な力や不必要な力が入っていることがあります。
その無駄な力や不必要な力を抜くことで、その人本来の動きや質がそのまま活かされると考えています。
そのために様々な手法で、自分自身を感じてもらうようにします。
アレクサンダー・テクニークは国際的に認められた基準(4年・1600時間)をみたしたアレクサンダー教師だけが指導することができます。
荒木は2014年にアレクサンダー教師として認定され活動を始めています。


ビフォー
ここからいふ19032
アフター
ここからいふ19033

明日から通常営業

読了までの目安時間:約 3分

押さない揉まない体重をかけない力を使わない指針整体と
ぼきぼきしない骨格調整のMETで整体師を育てています。
てあて整体スクール・荒木です。

実は今日まで夏休みでした。
先週の金曜まで名古屋教室で授業をやった後、土曜から3日休みを頂いています。
昨日は父の十三回忌を実家で行い、随分と久しぶりに従兄弟連と会いました。
学生の頃は毎年正月とお盆には本家に集まった親戚一同も、親の代は半分以下。
従兄弟達も定年の年代になっています。
話をすると一気に子供時代に戻って楽しい時間でした。

明日からはまた通常営業です。
整体も整体スクールもセミナーも。
なんとなく気分一新で始めようと思います。
10月には消費税増税があります。
整体施術料は変えませんが、整体スクールの授業料は消費税分だけ改定になります。
若干の値上げです。
スクール見学や整体体験はいつでも受け付けています。

9月にはセラピスト向けの体の使い方とアレクサンダー・テクニークのセミナーがあります。
9月25日(水)なので興味がある人は、セミナーのページから飛んで見て下さい。

明日の夜18:30から六本木のホールDOZで【マダカラ】をやります。
【マダカラ】はまだまだ動けるカラダを創るクラス。
床の上をゴロゴロしながらカラダを緩め、動きやすいカラダ作りとトレーニングを行うクラスです。
若い人よりもアラフォー以上の参加を期待しています。

整体とアレクサンダー・テクニークの予約も受け付けています。
最近は整体にしてもアレクサンダー・テクニークにしても、体の使い方、自分の使い方を聞きたい人が増えています。
1人で考え悩んでいるより相談してみて下さい。

もうじき富士山が見えてきそうです。
明日からまた宜しくお願いします。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

首の太さと姿勢

読了までの目安時間:約 3分

整体だけでなくアレクサンダー・テクニークもやっています。
てあて整体・荒木です。


首の太さ

左ビフォー → 右アフター

整体で全身調整をした後に、アレクサンダー・テクニークで姿勢を見ました。
せっかくなので写真を撮っておこうと、ビフォーアフターを撮って比べてみました。
気になっていたのは肩の高さ。
左側のビフォーでは左肩が上がって右肩が下がっています。
終わって右側のアフターではおよそ整っています。
でもそんなに大きな違いはないかなと言いながら眺めていたら。
何だか変だと言うことに気がつきました。

首が細い。
背が伸びている。
背中がシュッとしている。

いや、笑い事ではなく。
確かに背が伸びたように見えます。
そして背中の幅が狭く上下に伸びている。
一番は首です。
首が細く長くなっている。
肩が下がったからではありません。
髪の毛の様子が変わったからではありません。
髪の毛は左ビフォーはバサバサで大きく、右アフターではまとまっているので、頭と首の関係で言えば相対的に太く見える筈。
なのに細く見えていると言うことは実際に細くなっているんです。

何故!?

姿勢ですね。
横からの写真を撮り忘れましたが、首頭が体の前に行っていると、首は重い頭を支えるために筋力を使います。
筋力を使った首は太くなる。
その頭が本来の位置に戻ると、首の力をさほど使う必要がないので、筋肉の張りが少なくなり細く見える。
そう言うことでしょう。

何か楽です。

そう言うのも分かります。
力を使わなければ楽なのは当然です。
アレクサンダー・テクニークでは姿勢だけでなく、歩き方や様々な体の使い方を扱います。
無駄な力を使わないで何かが出来ると。
何だか楽。
になります。

反り腰
巻肩
ストレートネック。

三重苦の女子が増えています。
ストレートネックは首が前に出てなっていることが多い。
そうなると首は太く力を使っているので疲れることになる。
自分本来の使い方に戻る練習としてアレクサンダー・テクニークをやってみる、と言う手もありますよ。

NHK文化センター光が丘教室でアレクサンダーテクニーク

読了までの目安時間:約 4分

押さない揉まない体重をかけない指針整体
ボキボキしない骨格調整のMETで整体師を育てる。
てあて整体スクール・荒木です。


NHK光が丘・アレクサンダーテクニーク

4日の日曜日はNHK文化センター光が丘教室でアレクサンダー・テクニークの講座をやって来ました。
この教室での講座は来月までで終わりで、2015年4月から始めて4年半続いた講座が終わります。
人数が少なくて継続出来ない・・・のではありません!(笑)
荒木のアレクサンダー・テクニーク講座は10名の参加で、たぶん光が丘教室で一番人数の多い講座だと思います。
NHK文化センター光が丘教室自体が閉鎖になるのに伴って、この講座も終わってしまうことになりました。
NHK文化センターのようなメジャーなカルチャーセンターでアレクサンダー・テクニークの講座があると言うこと自体が有意義なことだと思っているので、とても残念です。
(アレクサンダー・テクニークの認知度を上げるのに少しは役立っているかと思っていました。)
とは言え仕方がありません。
参加されている生徒さんに、終ってしまう前に多くのアレクサンダー教師の手を受けてもらいたいと思って、今回は後輩の教師やトレーニー(トレーニング中)に来ていただきました。


この日は膝と足のマッピングを前半に行い、後半は2人アレクサンダー教師と2人のアレクサンダートレーニーでアクティビティやハンズオンワークなど行いました。
マッピングは体の地図帳などとも言われ、多くのボディワークで使われている手法です。
アレクサンダー・テクニークでは習慣的になってしまった考え方や行動から離れる手法として使っています。(荒木の場合)
ここから動くと思っている場所が、実はちょっと違っていることがあります。
例えば足首。
足首はどこから曲がるのか。
以外に知らない人が多く、ちょっと勘違いしていることがあります。
それを確認するだけで歩くのが少し楽になったりすることがあります。
アクティビティーは実際の動きや行動など、気になっていたり上手く行かないことを、アレクサンダーテクニークを使ってやるとどうなるか、実地で試すものです。
椅子に坐ってピアノを引くところや、立っている姿勢、歩き出しの違和感など、いろいろなことをやっていました。
荒木は全体をみて、残っている人たちの質問に答えたりしていました。


10月以降は当面は大泉学園・てあて整体スクールでアレクサンダーテクニーク・グループレッスンとして発展的継続をしていく予定です。
人数や参加者の意見なども聞きながら、続けられたらと思います。
予定を書いておきますので、希望の方は連絡を下さい。
待ってます!


アレクサンダー・テクニーク グループレッスン
日程 : 10月6日(日)、11月3日(日)、12月1日(日)
     10:00~
場所 : てあて整体スクール 東京校 (大泉学園駅7分)
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 3,000円(当日)
問合 : teate@nifty.com
03-3922-7230

仏像とアレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 4分

押さない揉まない体重をかけない指針整体と
ボキボキしない骨格調整で整体師を育成している
てあて整体スクール・荒木です
アレクサンダー・テクニークの講座に参加されていた方から聞かれました。


仏像とアレクサンダー・テクニークって何か関係があるような気がするんです。
どうですか?


どうですか?って聞かれてもあれですけど。
実は仏像の多くに少し気になっているところがあります。
立像の足指と坐像の腰の部分です。
見たことありますか。
日光月光なんかもそうだったと思いますが、立像の足指はしっかりと地に足がついているように見えます。
いわゆる浮き指ではない。
拇指から小指までの爪が、なだらかに地面の方に向かって傾斜しています。
ぽってりとした指は軽く地面を踏んでいるように見えます。
つまり。
足が足裏だけでなく足指も含めて、全体で地面を踏んでいる。
ということは。
体重が前にも後ろにも外にも内にも偏っていない。
足裏と足指全体で体を支えている。
それは無駄な力を使うことなく、必要最小限で必要最低限の力を無駄無理なく使っている使えている状態です。
アレクサンダー・テクニークを使って自分の使い方(ユース)を見直していくと、そう言うところに行き着く、あるいは向かっていくように思います。


浮き指・てあて整体スクール

この写真は拇指が浮き指気味になっています。
惜しい。
第二指から第五指までは良い感じです。
でも拇指だけは爪が少し天井方向を向いています。
たぶん拇指の第一関節か第二関節(付け根の関節)で支えていたり歩いていたりするんだと思います。
外反母趾になりやすい使い方ですね。
でも、仏像にはこういう足はありません。


坐像はどうか。
写真や絵はありませんが、意外に腰が反っていないんです。
あぐらをかいて座った時、良い姿勢をしようとすると腰を反らそうとしてしまいがちです。
でも、仏像の坐像の腰はそんなに反っていません。
仏像の裏に回ってみると分かりますが、なだらかなカーブを描いています。
これもアレクサンダー・テクニークを使って自分の使い方(ユース)を見直していくと、そう言うところに行き着く、あるいは向かっていくように思います。
ま、いろいろな所の硬さや柔らかさも関係あると思いますけどね。


では、仏像を彫った仏師がそれを知っていたのか?
たぶん、その当時の方々の姿勢がそうだったんではないかと思います。
姿勢は体の使い方の結果現れる姿です。
当時、高僧や修行をしたお坊さんなどは、体を十二分に使い長時間でも座ったり立ったりしていたはずです。
無理があれば続けられない。
だから体が一番良い状態の使い方になり形(姿勢)になっていったのではないか。
それに、今よりも自然に近い環境で体を多く使っていましたから。


仏像の立ち方や座り方は一つの目標になるかもしれません。

1 2 3 19
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019