東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

知らないうちに入っている力を抜くのは難しい

読了までの目安時間:約 3分

入っている力を抜くのはそんなに難しくはないと思います。
でも、知らないうちに入っている力を抜くのは難しい。
知らないうちに入っているんだから、そもそも力が入っているから抜こうと思わないですよね。

自分がやっていないと思っている事をやめるのは難しい。
という趣旨のことをFMアレクサンダーさんが言ったと言われています。
アレクサンダー・テクニークを発見した方です。
そりゃそうです。
自分ではやっていないんだから、やめて下さいと言われても、やってもいないことをやめるなんて、ってなりますね。

先ず気が付く事から始めます。
自分を観察して、気が付く。
何かやっているのかいないのか。
知らないうちにやっている事は意外に沢山あると思います。
でも、それがやっていることなのか、そうなっているものなのかの判別が難しいと思ってしまう。

仰向けに寝て力が抜けているか確認してみて下さい。
意外に抜けていません。
寝ているので力を抜くのは比較的簡単です。
抜けても倒れないので、安心して抜く事が出来る。
ところが、意外に入っている力があります。

確認方法にコツがあります。
部分部分で確認して行きます。
仰向けに寝たら、頭と床がくっついている所、首、肩甲骨、腕のあたり、肘、手の甲、背中の上の方、腰、お尻、腿の裏、ふくらはぎ、踵。
後ろ側は床とくっついているので少し分かりやすいです。
あまり感じられなかったら、力が入っているのかもしれません。
それが出来たら、床とついていない部分に行きます。
そこは自分の体だけ。
首や肩の前や胸や腹、太ももの前だったりです。

そうやって体を部分に分けて確認していくと、あれちょっと力がという部分が出てくるかもしれません。
そこに気がついたら力を抜いてみて下さい。
意外に難しいかもしれません。
でも、根気よくやってれば必ず出来ます。
だって、何かをするのではなく、やってることをやめるだけですから。

少しずつ脱力が出来るようになると、脱力している時の感覚がわかるようになります。
そしたら、日常的に少しずつ気がついて、力を抜いてみるようにしてみて下さい。
少しずつ体が解放されて行きます。

それでも難しかったら、アレクサンダーテクニークを受けにきて下さい。
脱力や無駄な力を抜くお手伝いをします。

https://teate.co.jp/alexandertec

感じる”姿勢” 〜 アレクサンダーテクニークで見直す自分の体 〜

読了までの目安時間:約 2分

姿勢が気になる人にワークショップを開催します。

反り腰、巻肩、ストレートネック
猫背、顎前 などなど

姿勢は自分の使い方の結果です。
そうは思っていないと思いますが、自分がそうやっている自分の使い方が、今の姿勢を作っています。
気になる姿勢をどうするか。

自分の姿勢を感じる事から始めましょう。

アレクサンダーテクニークは自身の使い方のワーク、メソッドです。
自分の使い方を考える時、まずは自分を観察して、自分が何をやっているか、今どんな感じなのかを識ることから始めます。
90分の講座でアレクサンダーテクニークのアプローチ方法を知り、実際にハンズオンワークを受けて自分を観察する練習をしましょう。
自分が何をやっているかを感じられたら、そこが始まりです。

姿勢が気になる人、アレクサンダーテクニークが気になる人は来て下さい。
初めての方歓迎です。


感じる”姿勢”
〜 アレクサンダーテクニークで見直す自分の体 〜

日時:4月14日(日)10:30-12:00
場所:てあて整体スクール(西武池袋線大泉学園8分)
   東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金:9,000円
問合:mail. teate@nifty.com
LINE. https://lin.ee/H5NyjYT
LINE QR

スタジオボディM2・てあて整体スクール
姿勢ビフォーアフター

体を痛める使い方

読了までの目安時間:約 3分

腰痛や肩こり、膝が痛いといった患者さんを見ていて、どうしてそんな体を痛める使い方するんだろう、と思う事があります。

整体院を開業して暫くして、痛みやさまざまな症状に対応できるようになって。
患者さんは治っていくんだけど、また同じようなことで来院される方がけっこういる事に気がつきました。

なんでだろう。
なんでまた同じような痛みで来院されるんだろう。
気をつければ良いのに。
そう言えば使い方が間違ってるのか。

腰痛や肩こりや膝痛で来院される方の原因を考えていると、腰痛や肩こりや膝痛になるような使い方をしています。
だったらそうならないような使い方を教えれば、同じような痛みにならなくて済む。
そう思っていろいろ探して行き着いたのがアレクサンダーテクニークでした。
アレクサンダーテクニークを学べば自分の使い方を教えられると思ったんですね。
確かにアレクサンダーテクニークを受けると、腰痛が改善するという論文があるようです。
でも学んでみると腰痛にならないような使い方を教える、というわけではありません。
その人の癖や習慣から解放された、その人自身の使い方を思い出してもらう。
それが痛みの出にくい使い方になっている、ということなんでしょう。

体を痛めるような使い方をしている人が増えています。

でも自分では分かりません。
普段の使い方は、いつもの使い方ですから、馴染みが深く、違和感がない使い方です。
この、今の、何でもない使い方が、体に悪いなんて感じないものです。
猫背でも反り腰でも、肩に力が入っていても、息が止まっていても、そんなに違和感なく生活していると思います。
だから難しい。
難しいんですけど、分からない訳ではありません。
いろいろ方法はあります。
アレクサンダーテクニークもその方法の一つです。

気になったら連絡ください。
荒木はアレクサンダーテクニーク教師です。

アレクサンダーテクニークのページ >>>

アレクサンダーテクニーク・グループレッスンのお知らせ (2/4開催)

読了までの目安時間:約 2分

毎月、恒例となっているアレクサンダーテクニーク・グループレッスンを、てあて整体スクールで行います。

今月のテーマは「肩と首のマッピング」と「インヒビション(抑制)」についてです。
肩や首のあたりを骨や筋肉から見ると、普段、外から見ているのとは違う感覚が湧いてきます。
図を見たり、触れたり、実際に動かしてみることで、頭の中の体の地図をはっきりさせるボディマッピングを行います。

インヒビション(抑制)はアレクサンダーテクニークでよく使われる言葉です。
言葉を知ることが大切なのではなく、こんな感じと自分で体験することがとても大切です。
いろいろな事を試しながら、インヒビションって何だろうと考えたり感じたりする時間になればと思っています。

このグループレッスンは毎月行っています。
いつからでも参加出来る気軽なレッスンですので、興味のある人は一度覗いてみて下さい。
何も用意する必要も準備もいりません。
月に一度くらい自分や自分の体を感じる時間を作ってみて下さい。


アレクサンダーテクニーク・グループレッスン
日時:2月4日(日)10:00〜12:00
場所:てあて整体スクール
   東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金:3、000円
問合:mail. teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT


AT1

アレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダー・テクニークは心身の使い方(のレッスン法)と言われます。

荒木は整体師の他にアレクサンダー・テクニーク教師としても10年ほど活動していて、NHK文化センターさいたまアリーナ教室では『アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方”』という講座を続けています。
ちょっと難しそうな題をつけてしまいましたが、日頃の動作や姿勢などをもうちょっと楽に出来たら良いなと、いろいろな事を試しながら続けています。
実際にはハンズオンワークと言って、手で体に触れるワークだったり、さまざまなゲーム的な事を通じて、自分に気が付く事を行っています。
自分に気づく?って感じだと思いますが、普段は意外に自分のことを忘れて行動したり姿勢を取ったりしています。
それを思い出す作業ですね。
そして、やらなくても良いことをやめてみて、そしたら自分がどんな感じになるかを確認していく。

普段の何気ない動作に、やらなくても良い癖が含まれて居るとしたら。
それをやめてみる。
新しく正しい事や上手くいく事を練習するのではなく、今やっているやらなくても良い事に気がついてやめる。
どんどんプラスするんじゃなくて、引き算で楽な自分に戻る。
そんな感じです。

たまに自分のやっていることを言葉にするようにしようと思います。
アレクサンダーテクニークもまた解説を何度もすると思います。
今回は動画も撮りました。
ご覧ください。


アレクサンダーテクニーク・グループレッスン 毎月やってます。

読了までの目安時間:約 3分

AT1
自分の体の使い方を見直したり、姿勢や立ち方・座り方を考えたり。
月に一度、てあて整体スクールでアレクサンダーテクニーク・グループレッスンを行なっています。
今年は基本に帰ろうという事で、月毎にテーマを決めて進めることにしました。

1月はアレクサンダーさんが発見した事についてと、頭と首のボディマッピングについてでした。
で、上の写真のように実際に触れてみたりをしました。
アレクサンダーさんの話はもう何度も聞いていると思うんですが、聞くごとに発見があることもあり、何度も話をするようにしています。
話をしていて気が付くこともありますから。

来月はインヒビション(抑制)というアレクサンダーテクニークの中でも、本当によく言われる事について考えてみたいと思っています。
ボデイマッピングは肩と腕について。
アレクサンダーテクニークは本当にいろいろな言い方をされます。
自分でも考えては話をする時の言葉を考えます。

自分の使い方。
心身の使い方。
知らず知らずやっている事に気がついてやめてみて、自分の在り方を思う事。
習慣的な心身の使い方から一旦離れてみる。
習慣を脱ぎ捨てると出てくる自分。
いまここ。

ま、いろいろです。
少なくとも「何かをする方法」ではなくて、「何かをやめるアプローチ」ではあると思います。
いろいろと試しているうちに出会う事が出来た自分自身の在り方だったりもします。

月に一度くらい自分と向き合う時間は楽しいものです。
いつからでも参加出来ます。
問い合わせお待ちしています。
アレクサンダー・グループレッスン詳細 >>>

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16-408
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT

AT2

ダンスとアレクサンダーテクニーク

読了までの目安時間:約 3分

荒木はアレクサンダーテクニーク教師でダンスもやっています。
その前に整体師でもあります。
ダンスとアレクサンダーテクニークって何か関係あるんでしょうか。

RADA(英国王立演劇学校)の元校長ニコラス・バーター氏は「多面的な動きの根底にある土台」がアレクサンダーテクニークと言っています。
また、RADAにはアレクサンダーテクニークの教室があります
ダンスだけでなく俳優さんや音楽家(楽器演奏、声楽)もアレクサンダーテクニークを受けています。

人は生まれながらに持っている体の使い方があります。(あるはず)
その生まれながらに持っている生来的な動きの質があにも拘らず、現代の生活習慣や対人関係などから、生来的ではない体の使い方をする事があります。
アレクサンダーテクニークは生来的な体の使い方に戻るためのワーク(方法・経験・作業)です。

例えばダンスをやっている時、今まで上手く出来ていたのに、上手くいかなくなる事があります。
スタジオでは上手くいくのに、舞台に立つと上手くいかないとか。
後ろん方でレッスンを受けている時は出来るのに、前列でやると出来なくなるとか。
注意を受けると出来なくなるとか。
そんな時は「やらなくても良い何か」をやっていしまっているかもしれません。
その「やらなくても良い何か」に気がついて、やらないままにしてみる、というのがアレクサンダーテクニークの方法です。
そのために色々なことをしますけど、大雑把にいうとそういうことです。

観察して気がついたら、やめて見る。
そうすることで、つっかえていたものが取れて動きが楽になったり、スムーズになったりすることがあります。
一つ、簡単なヒントをお伝えします。

首を脱力してみる。

これです。
荒木は舞台上で緊張する事がありましたが、これをすることで緊張しなくなりました。
緊張しないのが良い事かどうかはさておき、緊張でガチガチになる事はなくなりました。
また、レッスンでフロアを動き回るような時にも、首が楽になっていると動きやスクなります。

アレクサンダーテクニーク個人レッスンで個別の相談も受け付けています。
また、セミナーやワークショップもやります。
問い合わせお待ちしています。
mail : teate@nifty.com
LINE : https://lin.ee/H5NyjYT
てあて整体公式LINE
アラセゴン

DOではなくてBEの話

読了までの目安時間:約 2分

呼吸や姿勢はDOではなくBEの話。
それをBEではなく、どうDOするかと考えて対処しても、たいがいは上手くいかない。
その場で上手く行ったとしても、そのままずっとDOし続ける事は出来ない。
だからどうBEするのかと考えてしまうが、BEはどうやってするかではなく、いかにBEしているかという事。
話がややこしくなるので、もう少し具体的に。

呼吸や姿勢は「やり方」」ではなく「在り方」の話。
それをどう「在るか」ではなく、どう「するか」と考えて対処しても、たいがいはうまくいかない。
その場で上手く行ったとしても、そのままずっとやり続ける事は出来ない。
だから、どんな風に「在るか」と考えてしまうが、「在り方」はどうやって「するか」ではなく、どう在るかという事。
このままこんな風に「在ろう」としてしまうと、「在る」ということを「する」になってしまって、ただ「在る」ことにならない。
いまやろうとしている事ではなくて、やろうとしていることをやめていかないと、在り方には辿りつかない。

やっぱり少しややこしいね。

でも、そこを考えたり感じたりしているのが、アレクサンダーテクニークというアプローチです。
だから、ノンドゥーイング・アプローチなんて言われたりもする。
間違えないように言おうとすればするほど、なんだか分かりにくくなる。
でも、分かりにくくなるからと言って、分かりやすく話そうとしてもやっぱり無理ね、と思ってします。
でも、逆に分かりにくいなんてことはなくて、みんな同じように考えているんじゃないかとも思う。

自分の在り方を考えたり感じたりしたかったら、アレクサンダーテクニークを受けに来て下さい。
面白いですよ。

ここからいふ2

アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方” 募集中! @NHK文化センターさいたまアリーナ教室 10月

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方”

探求する!
ちょっと大袈裟ですかね。(笑)
でもそんな感じのことをしたいと思っています。
月に一度くらい自分の体と向き合う時間を作りたい。
だからNHKさんにも無理を言って、こんな分かりにくいような題名にして頂きました。

実は昨年の10月から初めて一年が経過しました。
少人数でぼちぼち続けていますが、毎回、なんらか発見があり、それぞれに自分事として感じてもらえているようです。
10月方また新たに募集が始まります。
この機会にアレクサンダーテクニークに触れてみて下さい。

即効性があって直ぐに何かが出来るようになるというものではありません。
こうすれば上手く行くよと手順やコツを教えるものでもありません。
じっくりと自分の体と向き合う事で、自分が何をやっているのか発見する事から始めます。
月に一度でも面白いのは、終わって次の月までに発見があるからです。
姿勢や歩き方や立ち方など、毎日気がつくタイミングがあります。
気が付かなくても普段と一緒、でも気がつくといつもと違う自分を感じられます。

さいたま新都心で待ってます!


アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方”
日時 : 10月4日から毎月第一水曜
     19:00から20:30
場所 : NHK文化センターさいたまアリーナ教室
     さいたま新都心駅 徒歩3分
料金 : 20、592円(税込) 全6回
申込 : https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1260952.html
     ⇧ NHK文化センターのページから直接申し込み下さい。

さいたまアリーナ アレク2

アレクサンダーテクニーク 募集開始 @NHK文化センターさいたまアリーナ教室

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニークのグループレッスンを始めます。
10月4日からNHK文化センターさいたまアリーナ教室です。
既に昨年から始めていて半年以上が経過しました。
人数は少ないですが、一人一人が自分の体や自分に向き合って、さまざまな発見があるようです。

月に一度、自分の体と向き合って、習慣的な自分の使い方から離れてみましょう。
知らず知らずのうちに身についてしまった癖から離れると、自分本来の動きが戻って来ます。
姿勢や歩き方などが楽になるかもしれません。


アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方”

日程 :
2023/10/04(水)
2023/11/01(水)
2023/12/06(水)
2024/01/17(水) 第3週
2024/02/07(水)
2024/03/06(水)

場所 : NHK文化センターさいたまアリーナ教室
料金 : 20,592円(会員)
詳細 : https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1260952.html
※申込はNHK文化センターに直接お願いします。
チラシ : https://www.nhk-cul.co.jp/information/school/3300/a63d415e06a97f6a28685b2ca51ea698538e5ab0.pdf


さいたまアリーナ アレク

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019