東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊) アマゾン入荷したようです。

読了までの目安時間:約 2分

カラダの地図で疲れ・不調・故障が消える!

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)

2020年5月に出版したボディマッピングの本です。
普段、何気なくしている姿勢や、普通の体の使い方を、今より楽にしたい人に向けた本です。
パソコンに向かったり、自転車に乗ったり、立ったり座ったししているのは、自分で自分の体を使ってやっています。
自分で自分の体を使う時、どこが動くのかとかどこは動かないとか、知らず知らずのうちに頭の中に出来ているイメージを元に動いています。
そのイメージのことを「カラダの地図」(ボディマップ)と呼んでいます。

そのイメージ(カラダの地図)が微妙に違っていたら、体の使い方が微妙に違って、というか微妙に上手く行っていないかもしれません。
それを修正するのに元々の体の形や動く場所を確認します。
難しい話ではなく、ここがこうなっている、そこがそうなっているというのを、図を見て触れて動かしてみて確認して行きます。
考えなくても大丈夫!(笑)
そうすることで、頭の中のイメージを変えていく本です。

即効性があることもあるし、後になって知らないうちに楽になっていることもあると思います。
数日前まで品切れでしたが、アマゾンに入荷したみたいです。
大きな書店にはあると思うので、そちらでも。
また、なかったら書店に注文してみて下さい。

・「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊) >>>

カラダの地図を知る

読了までの目安時間:約 2分

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が減る! (さくら舎刊)


さくら舎さんから3年前に出版しました。
荒木の最初の著書です。
と言っても2冊目はまだですけど。(笑)

カラダの地図というのは簡単な解剖学の事です。
人の体は外見で見えるモノと、内側は違っています。
関節の位置だったり骨の形だったり。
そして人それぞれ体に対する考え方や捉え方も違います
動かないと思って動かないように使っていても、実際は動く場所があったりします。
逆に動くと思って使っていても、関節がなくて動かない場所もあります。

見た目と実際のズレや差を合わせる事で、今までよりも楽に動いたりスムーズになったりします。
そんな事を狙って書きました。

カラダの地図を知らずに生活するより、知っている方が楽ですから。
とくに最近は体を動かすことが減っていて、体の感覚に勘違いが多いように思います。
だから知ってもらいたい。
3年経ちましたが、人の体は変わりません。
どの時代でも役にたつと思います。
ぜひ!


「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が減る! (さくら舎刊)


カラダの地図・書影

背骨の前側のイメージ【動画】

読了までの目安時間:約 1分

背骨のイメージというとどこですか?
背中に触れることのできる骨の出っ張りをイメージする人が多いと思います。
だからなのか背骨というと背中側にあると思っている人が多い。
でも、背骨にも前側があります。
背骨の前側・前面は内臓の後ろで、体の中心くらいにあります。
そこのイメージを持つと、姿勢を考えたり立ち方や体の使い方を考える時に役に立ちます。
動画にまとめましたのでどうぞ。


【もっと楽に踊るためのカラダの地図】セミナーやりました。

読了までの目安時間:約 2分

もっと楽に踊るためのカラダの地図

「もっと楽に踊るためのカラダの地図」セミナーをやりました。
ボディマッピングと言われる簡単な解剖学を確認しながら自分の体の仕組みを知って今より動きやすい体になる講座、だったんですが、それだけでは収まらず、ダンスの体の使い方そのものの講座になりました。

ドゥバンに脚をバットマンするのが上手くいかない高く上がらない。
バレエを長くやっていた時には大丈夫だったターンアウトがジャズダンスを始めたら出来なくなった。
首が前に出てしまう。
体全体の左右差が気になる。
O脚が気になる。
スプリッツが開かない。

などなど。
カラダの地図ともからめ、アレクサンダーテクニークの考え方や感じ方、ダンス経験の長い整体師としての荒木として話をしました。
いや、話だけじゃなくて体に触れ動かして確認して行きました。
全員が週5回以上レッスンをしている猛者なので、同じダンス仲間としては話をしていても楽しく出来ました。
また企画したいと思います。
カラダの地図・ボディマッピングだけでなく、アレクサンダー教師や整体師としての経験も踏まえた内容に、最初からしようかなと思ったりしています。
お疲れ様でした!


もっと楽に踊るためのカラダの地図

帰り際、骨格模型が気に入ったようで・・・
もっと楽に踊るためのカラダの地図

もっと楽に踊るためのカラダの地図

読了までの目安時間:約 2分

カラダの地図(ボディマッピング)のワークショップを行います。
ちょっと久しぶりになりました。

大人バレエな皆さんやダンスを続けている人に受けてもらいたい。

体の仕組みを知って、今よりもっと動きやすくなってもらいたい。
人は視覚情報に強く影響されます。
目から入って来る見た目が、自分の動きの前提となっています。
外から見た形と関節の位置は違うことが殆ど。
普通に使っている分には問題ありませんが、踊るとなるとちょっと違いますね。
ピルエットやプリエは普通の生活ではやりません。
似た動きはありますけど、実際にやっている動きは違う。
そこを”解剖学的”に知ることで、動きが格段に楽になります。

初めての方でも大丈夫。
解剖学って難しそうと思っている人も。
解説して触れて実際に動かして、自分の体を確認して行きましょう。


もっと楽に踊るためのカラダの地図
日時:7月17日(月祝)15:00から18:00
場所:てあて整体スクール
   東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
料金:12,000円(税込)
問合:mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT
備考:実際に体を動かしますので、動きやすい服装をご用意下さい。
   どうしても聞きたいことがあれば、事前にメールで質問しておいて下さい。


アラセゴン 解剖学1906282

カラダの地図を知るだけで凝りや痛みが消えたのは何故

読了までの目安時間:約 3分

先日、宇都宮市雀宮でセラピストのための解剖学と体の使い方の講座を行って来ました。
( その記事はこちら >>> )
講座の最後にいつも感想を聞きます。
その時の感想では何人かが同じことを言っていました。

体の地図や使い方を学んだだけなのに、腰痛が治った。(肩こりが治った。姿勢が良くなった。)

というものです。
肩こりや腰痛などの痛みが治ったり(痛みがなくなった)、姿勢が良くなった(と自分で感じた)のは何故なのか。
幾つかの理由があります。

一つは必要ない緊張が抜けたから。
というものです。
荒木が教える体の使い方は、アレクサンダーテクニークの方法・アプローチを取っています。
いろいろな方法がありますが、特徴的なことは、何かをする方法ではなく何かをやらない方法だというところです。
知らず知らずのうちにやっていた、やらなくても良いかもしれない無駄な力を、やめてみる。
今までやっていたことをしなくなるので、どこかの力が抜け、元々の姿勢に戻る。
あるいは、緊張が抜けることで痛みの姿勢から解放されて痛みが消える。
というところです。

もう一つは姿勢が変わったからです。
緊張が抜けて姿勢が変わったとも言えるので同じことかもしれませんけど。
腰痛や肩こりがあると、痛みに対応したような姿勢になることがあります。
痛みを防御するような姿勢だったり、最初に痛みを感じた時に少しでも楽になった姿勢です。
その姿勢が痛みを誘発している場合、元に戻れば良い訳ですが、習慣的になってしまった姿勢は戻りにくいことがあります。
その姿勢が変わることで、痛みが誘発されない体の位置関係になる。
そんな場合です。

体の地図は、外から見えている体と、実際の骨格や筋肉の位置の違いを確認します。
見たままに動かすと、本来動く場所を止めて、動きにくい場所を動かしていることがあります。
それを、見た目と体の中を確認していくことで、動く場所を認識して動かすことが出来るようになる。
そのことで、緊張が抜けたり姿勢が変わったりします。

カラダの地図や体の使い方を知るだけで、痛みが取れることがあります。
魔法ではありません。

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊) 動画で紹介

読了までの目安時間:約 1分

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)


2020年5月に上梓した荒木の著書です。
この本をどうして書いたのか、どんなことが伝えたかったのかについて、動画で紹介します。
大人からダンスやバレエを始めた人、楽器演奏や声の仕事をしている人。
お芝居や体を使う仕事をしている人。
事務仕事やリモートワークで座って疲れている人。
家庭を守っている主婦や主夫の皆さん。
読んでもらいたいなぁと思ってます。


購入ページ : 「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎)



「カラダの地図」を解説するオンラインセミナー

読了までの目安時間:約 2分

一昨年に出版した、「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!」(さくら舎刊)を解説する、オンラインセミナーを企画しました。
爆発的に売れている訳ではありませんが、静かに地道に浸透してくれているようです。
この本の購入が参加条件です。 (参加費は本の購入)


「カラダの地図」は外から見た体の形と、実際の関節の位置や体の部位の名前と動きの違いを確認するものです。
見えているのに見えていないと言うのは良くあることで、形を確認するだけで体は動き易くなります。
ダンスやバレエをしている人だけでなく、体がどうもギクシャクするとか、座っていると疲れてしまうとか。
姿勢や歩き方、体の使い方につながるヒントがあると思います。
オンラインセミナーでは「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!」をテキストに話を進めようと思います。
本を購入して頂いて、時間があれば参加して下さい。
受講料は本の代金だけ。
当日、オンライン画面上で本を見せて頂ければ大丈夫です。
質問にも答えます。
今後は不定期断続的に行っていこうと思います。


「カラダの地図」を解説するオンラインセミナー
日時:7月23日(土)19:00〜20:00
方法:zoom
申込:teate@nifty.com
料金:書籍購入
   「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! >>>
備考:申込された方に、ZOOMミーティングのリンクを送ります。
   当日、時間になったら参加ください。


カラダの地図・書影

出版について

読了までの目安時間:約 3分

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)>>>
という本を、一昨年、2020年5月に出版しました。
出版の経緯は以前にも書いたと思いますが、自分で企画書を書いて出版社に送ったところ、編集者さんの目に止まって出版ということになりました。
2019年に知人が本を出版して、企画書を送って出版に繋がったと聞いたので試してみました。
この企画書は実は2本目のもので、その前の企画書でも編集者さんと話をしました。
「腰痛を治す簡単な二つの方法」」という内容で、ストレッチとウォーキングを勧める内容でしたが、付録付きで出来ないかということで少しだけ進みましたが、付録の原価が合わないということで断念することになりました。
これ、良いんじゃないかなぁと今でも思ってますけど。

一昨年の出版から後も企画書は書いていて、今日、最新のものを送ったところです。
結構面白いと思うので、誰かの目に止まってくれないかなと思っています。

これまで書いたものは全部ダメという訳ではなく、1本は編集者さんと数回打ち合わせをしました。
打ち合わせをしてニュアンスを変えた内容では書けないかとか、読者の声を聞いて欲しいなど提案があったので、やってみましたが、今のところ企画会議にかける段階にはなっていません。
こちらの提案に返信がなくなっているので、宙ぶらりんの状態で1年が経過しています。
ボツなんだろうなとは思いますが、連絡がないのでちょっと困っています。

企画書は大体40前後の出版社に送っています。
話をしましょうという内容の連絡は、1週間前後でメールか電話で来ます。
その他に反応は実は殆どなくて、一ヶ月くらいしてから返信があります。
ほとんどは一社で、うちでは扱えないというような内容か、うちでは企画を受け取っていないと返送されてくるものです。
最初は返信封筒が来ると微妙に期待しましたけど、そういうことなのかと分かって来ると、連絡いただけただけでありがたいなぁと思ったりするようになります。
出版社によって色々な社風があるんだなと思ったりしますね。

今回、送った企画も良いと思って考え書いているので、どこかで出版出来ないかと思っています。
内容は出版が決まりそうになったら書けませんが、完全にボツになったら書きますね。

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! (さくら舎刊) 発売中

読了までの目安時間:約 3分

発売から一年以上経ちましたが、今でも書店やインターネットで購入いただくことができます。
いや〜ありがたいことです。


カラダの地図・書影
「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! (さくら舎刊)


カラダの地図はボディマップとも言われ、アレクサンダーテクニークだけでなくピラティスやパーソナルトレーニングなどでも生徒さんやクライアントさんに体の使い方をアドバイスする時に使われる方法です。
それを分かりやすく解説したのが本書です。
頭の中には体の部位に対応する場所というか領域があって、それを体の地図と呼んだりします。
部位に対応するって、動かしたり認識したり認知したりする場所のことで、ナントカ野(や)と言われたりする特定の場所のことです。
それが実際の体の場所と上手く対応していなかったり、ちょっと誤解して地図にされていたりすると、体を上手く使えない原因になったりします。
それを再確認しようというのが、この本の目的というか言いたいことです。


簡単な解剖学の知識を使って、勘違いしていることを確認します。
確認するために、触れてみたり動かしてみたりしやすいように、そういう解説をしてあります。
自分の手で触れて動かしてみると、ああそうだったのか、結構動きやすいな、と体と頭で確認されるような印象があります。


書店でも購入出来ますが、最近は置いていただいている書店が減ってきている感じです。
インターネットだったらすぐに届きます。
一冊あればたまにパラパラするだけで、意外に体が楽になります。
日常的に姿勢が気になるとか、腰痛や肩こりの原因が体の使い方なんじゃないかと思っているとか。
なんとなくすぐに疲れるとか、体をもうちょっと優雅に使いたいとか。
体のことで悩んでいたり、困っている人はぜひどうぞ。
スポーツや体を使ってする事をしている人もどうぞ。


「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! (さくら舎刊)


カラダの地図・書影

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT
カテゴリー
おもてなし規格認証2019