整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

てあて整体スクールで学んで欲しい事

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールのカリキュラムには以下のような授業があります。


・指針整体
・骨格調整(MET等)
・症例別対処法
・解剖学
・ストレッチ
・姿勢と歩き方
・アレクサンダーテクニーク


上から二つは手技と呼ばれているもので、身に着ける身体を調整するテクニックのことです。
症例別対処法は腰痛や肩こりなどの症状の捉え方や原因を考える方法について、また、指針整体やMETの他に臨床現場で使う手技などです。
解剖学は基本的な体の仕組みについて、ストレッチは患者さんに教えるストレッチの方法について学びます。
姿勢と歩き方は患者さんの姿勢や歩き方の見方、アレクサンダーテクニークは整体師として自分の身体の整え方や、患者さんに対する身体の使い方のアドバイスについてです。
てあて整体スクールは手技だけを教える整体学校ではありません。
また、症状に合わせた決まった整体術を教えるスクールでもありません。
患者さんの身体に変化を与える手技と、それをどう使うのかを考えるための授業を行っています。


自分で考える。


当たり前のことですが、自分で考えられる整体師になってもらいたいと思っています。
腰痛の時にはココとココ、肩こりの時はココをほぐす。
そんな決められたことだけをする整体師ではなく、自分で組み立ての出来る整体師になってもらいたい。
カリキュラムにはありませんが、触診を何度も何度も練習します。(来季からはカリキュラムに入れる予定)
患者さんの身体がどうなっているのかを識ることが出来るのは、自分の頭で考えるための前提です。
そして、症状が出るのはどうしてなのか、身体の仕組みから考えるクセを付けてもらいたいと思っています。
ちょっと面倒かもしれません。
でも、ただ作業を繰り返す整体師では面白くないでしょう。


整体師に求められる事は、実はかなり増えてきています。
来院される方の期待も、実は痛みや症状だけでなく、話を聞いてもらいたい、悩みがなんとかならないかと言うようなことがあったりします。
以前、フォースプレイス>>>という考え方について書いたことがありました。
第四の場所としての整体師。
そこを目指せるような人材を育成したいと思っています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com

募集要項の変更について 【てあて整体スクール】

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。

2020年7月以降に入学される方について、募集要項を変更することになりました。
授業料や授業内容が変わるのは2021年以降になりますが、募集については7月以降変わります。
順次変わることがあるので、戸惑うことがあるかもしれませんが、毎週の授業は殆ど同じです。

ホームページ上の表示の変更も順次行いますのでよろしくお願いします。


整体師養成本科



授業内容
・指針整体
・骨格調整(METを中心とした骨格調整、筋肉調整)
・症例別(腰痛・肩こり・膝痛等の症例と体の見方・捉え方)
・触診(触診時の体の使い方と触診自体)
・解剖学
・カラダの地図(簡単な解剖学と姿勢や歩き方について)
・ストレッチ(症例別のストレッチ指導法)
・アレクサンダーテクニーク(整体師としての体の使い方)

※指針整体・骨格調整の授業時間が増えました。
 触診・カラダの地図の授業が新たに加わりました。
 (姿勢と歩き方の授業はカラダの地図に含まれます。)
※授業内容の変更は2021年に入ってからです。



受講期間・授業時間
120時間 = 12ヶ月(ただし、2月8月は授業休講)

※最短6か月だった卒業までの期間が、12ヶ月に延長されました。
※毎週1回授業に通って1年で習得します。
※2020年8月の授業は従来通り行います。


授業料
726,000円

※2020年内入学の方は現状の554,000円。


支払い方法
基本 : 363,000円×2回払い(入学時と半年後支払い)
一括 : 693,000円(33,000円一括割引)


入学時期
3月、6月、9月、12月

※年4回の入学としますが、他の月から通うことも出来ます。


授業見学・入学など
授業見学は授業がある時にいつでも無料で出来ます。
指針整体やMETを体験してから入学の検討をして下さい。
2月8月には説明会を行います。
入学時期は年4回になりますが、見学した月から授業に参加することが出来ます。
授業料の支払いは入学月からになります。


リピート制
120時間が終了しても、授業は何度でも無料でリピ-ト受講することが出来ます。
卒業試験に合格するまで、何度でも通うことが出来ます。
また、卒業後は1回1000円でリピート受講することが出来ます。


備考
整体師ための法律問題と開業講座については、授業とは別に必要に応じて行います。
この二つの講座の授業料は無料です。
2月8月にはモニター整体やセミナーなど通常月では出来ないことを行う予定にしています。


骨格調整専科



授業内容
・骨格調整(METを中心とした骨格調整、筋肉調整)


受講期間・授業時間
12時間 = 3時間 × 4日

※東京は毎週1回×4日、名古屋は4日連続受講になります。
※2021年の骨格調整開催月は決まり次第お知らせします。


授業料
72、600円

※この授業料は2020年7月以降の専科受講者に適応します。
 東京 :8月日曜、10月月曜、11月土曜
 名古屋:11月



リピート制
専科卒業後は1回1000円でリピート受講することが出来ます。



2021年から新しいカリキュラムや通い方で整体スクールを運営して行きます。
変更に至った一番の要因は、最近のスクール生の通い方や進捗状況とカリキュラムなどが合っていないということでした。
少し時間をかけてゆっくり学びたい人が増えている現状に合わせて、週に一回の授業を一年間続けることで、少しずつ整体師の技術と知識を身に着けていって頂きたいと思っています。
疑問点や質問など何でも受け付けています。

宜しくお願いします。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

授業料の値上げについて

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。
このところ何度か書いていたスクールのカリキュラムなどについて、概要が固まって来ました。
今週中にも新たな募集要項を発表したいと思いますが、今回は授業料について少し書きます。


授業料は値上げします。


カリキュラムなどの見直しを行っていて、基本受講期間を1年とすることにしました。
今までは半年を基本としたカリキュラムだったので、期間が二倍になります。
とは言えここ数年の在籍期間は2年でしたので、受講期間が二倍になることはないと思います。
逆に1年コースのつもりで指導をしますので、2年よりは短い期間で卒業出来るのではないかと思っています。
とは言え基本の期間が延びますので、授業料は上がることになります。
単純に二倍にすることはしませんが、ある程度の値上げになることは決めました。
替わりに一括払いの場合に値引き出来るようにしようと思っています。
また、2020年の年内に入学される方については、卒業は1年以上先になりますが、授業料は現行のまま据え置きにする予定です。


7月以降年内に入学の方は、授業料は現行のままで、受講期間は1年になります。
2021年になってから入学される方は、新しい授業料が適用されることになります。
もし、入学をお考えの方は、年内にされるてはどうかと思います。
まだ半年ありますから、少し考えて見学などして検討下さい。
詳しい内容は明日以降にお知らせします。


授業内容はあまり変更がありません。
ただ授業時間が変わります。
指針整体と骨格調整の授業時間がかなり増えます。
アレクサンダーテクニークの授業が少し増えます。
「姿勢と歩き方」の授業がなくなり、替わりに「触診」と「カラダの地図」の授業が出来ます。
「姿勢と歩き方」の内容は「カラダの地図」の授業で説明します。」
また、2月と8月をお休みにします。
冬休みと夏休みです。
セミナーや課題を出す月にすると思いますが、他にも少し意図があってそうすることにしました。
宜しくお願いします。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


空

入学時期と授業内容

読了までの目安時間:約 4分

7月以降にきちんと発表しますが、てあて整体スクールのカリキュラムや受講期間・授業料などを大幅に改定する検討をしています。


このところスクール生の平均在籍期間が約2年になって来ていて、半年をベースにしたカリキュラムでは少し忙しい感じがしています。
とは言え、最初から2年を予定して入学される方も少ないように思います。
一年位なら先のこととしても見える範囲なんだろうと思い、1年をめどにカリキュラムの検討を進めています。
ベースとしての指針整体とマッスルエナジーテクニックをベースにした骨格調整は変わりません。
また、リピート制もそのままにしようと思います。
他の授業についても幾つか考えているものがあります。
「姿勢と歩き方」の授業はアレクサンダーテクニークの授業の一環として行うことが出来ないか考えています。
また、触診は授業として独立させようと思っています。
解剖学の授業の他に「カラダの地図」を増やそうかと思います。
同じ内容で重なる部分が殆どですが、患者さんへのアドバイスをするものとして、別に授業を作っても良いかと思っています。
( 本も出版したしね。 「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! >>> )


入学時期を毎月とするのは難しそうです。
今までの入学生の様子を見ても、症例別や骨格調整の月に入学された方は、最初かなり苦労されている様子でした。
そうなると入学月は指針整体の月にしたい。
たぶん、3月、6月、9月、12月の年4回の入学時期になると思います。
そして夏休みと冬休みを少し長めに取ることにしようと思っています。
夏休み冬休みと言っても授業がないだけで、自主練やモニターやセミナー・ワークショップなど、授業以外の課題を考えようかと思っています。
限られた入学時期にすることは、経営的には少し不安な部分もあります。
入学出来ない月が出来る訳ですから。
でも、入学して学びやすい環境が必要かと思っています。


今月一杯はいろいろ考えます。
どんなものになるのか、自分でも興味があります。
1年コースにして誰も来なかったらどうしようなんて思うこともありますが、本当にダメだったらまた半年に戻します。
あまり固定して考えないようにすることも、大事だろうと思います。
そういう態度はスクール生にとっても良い影響を与えると思います。
整体師は個人で仕事をする人で、自分で考え身軽に動けるところが強みでもあります。
いずれにしても、授業内容の幹の部分と曜日は変えないので、スクール生に迷惑はかけません。
もう少しお待ちください。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

※てあて整体スクールに対する疑問・質問・問合お待ちしています。
 何でもどうぞ。

カリキュラム・授業料などの変更について

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。
てあて整体スクール 荒木です。


てあて整体スクールは現在(2020年6月)、新規の生徒さんの募集を止めております。
新型コロナウィルス感染症の影響で4月5月は募集を中止しておりましたが、その後の6月も募集をやめているのには理由があります。
カリキュラムや授業の受け方や授業時間、授業料などの見直しを考えています。
少し前にこのブログに書いた時には、見直しを考えているがそのままになるかもしれないと書きましたが、たぶん変更になると思います。
授業内容はそれほど大きな変更にはなりませんが、授業の受け方についてはかなり大きな変更になると思います。
今のところ6ヶ月のカリキュラムを12ヶ月(実質10ヶ月)にしようと思っています。
倍ですね。
期間が倍になります。
替わりに1日当たりの授業時間を4時間から3時間に変更する予定にしています。
とは言えこれまで通り、授業の無料リピート制は継続する予定です。


ここのところ3年位の卒業生の在籍日数を計算してみました。
驚くことに約2年(24ヶ月)在籍されていました。
基本のカリキュラムは6ヶ月なので、平均して4クール受講していることになります。
同じことを4回も受けてから卒業される方が殆どだったということになります。
(3年前に特に長い期間在籍される方が多かったので、直近2年だともう少し短い期間になります。)
驚きました。
ちょっと本当に驚きました。
ここ5年くらいはそういう傾向があると思っていました。
スクールを始めた15年前は平均して、8ヶ月から10ヶ月くらいで殆どの方が卒業されていました。
それが最近は2年近くになっていたことになります。
そして基本カリキュラムは6か月です。
こうなると、荒木の指導法や心構えが実情と合っていないことになります。
半年から1年の間に卒業してもらおうと思って指導しているのと、(結果的にではありますが)2年近くをかけて卒業している生徒さんとでは、一回当たりの授業に求めるものも違います。
ゆっくり勉強しようと思っている人に、今日、覚えてもらおうと指導している訳ですから。
リピート受講はきちんと出来るようになってから卒業するためには必要なシステムだと思っていますが、それが逆に長期間いることが出来るための甘えになっていないかという気持ちもあります。


今回、基本的なカリキュラムを1年(12ヶ月)にしようと計画しているのは、その溝を埋めようと思ったことが一つです。
1年位をかけて手技や整体師・セラピストとしての考え方を体に染み込ませるように指導するように、指導方針を変えます。
そのために入学してすぐの時期には指針整体を受けてもらえるようなカリキュラムにする。
そうなると、入学時期がいつでもOKというのは難しくなります。
現状では年に4回の入学時期に変更して、それ以外の月には入学が出来なくすることになると思います。
その上で時間がやっぱり足りない人にはリピート受講をしてもらえるようにリピート制は残します。


もう一つは必要最小限だけでなく、プラスアルファを身に着けて貰いたいと思います。
半年間6か月で整体師に必要な最小限の技術知識を身に着けてもらうということを目的に指導して来ましたが、必要最小限の技術・知識では心配がぬぐい切れない人が増えました。
10年前と違い慎重になっている人が多いということだと思います。
大丈夫だよ。
心配しないで。
やってみれば良い。
というのは簡単です。
だってやってみれば出来し、それだけの技術・知識は身についているから。
でも、心配があってはそれが出来ません。
心配を減らすためには、臨床経験が必要です。
それをカリキュラムやカリキュラム以外にも組み込んでいくことを考えています。


もう暫くしたら新たな体制で募集を始めようと思います。
入学を考えている人で何か疑問や質問があれば、いつでも連絡下さい。
お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

カリキュラムにない話

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールは土日月と授業をしています。
火曜から金曜の平日は、あら木が患者さんをとって見ています。
スクールは日曜だけは夕方16:00からで、土曜月曜は朝10:00から。
一回の授業は4時間で途中で休憩が入ります。
最近の生徒さんは日曜日が1番多く、土曜と月曜は3・4人でやっています。
時期によって人数はまちまちで、 月曜日が多い時期もありました。
年に数回だけですが、日曜の授業の後に一緒に飲みに行きます。
もちろん自由参加。
授業時間中には話しきれないことなど話しをしたりします。
先週末もそんなことで行ってきました。


懇親会・てあて整体スクール

今月の土曜日は骨格調整で、日月は指針整体に授業をやっています。
毎月、曜日毎に決められたカリキュラムをやりますが、最近は少し脱線することを増やしています。
ここ5年くらい卒業までの期間が延びていて、平均して1年くらい掛けて卒業する方が増えました。
カリキュラム的には半年なんですけどね。
納得がいくまで、体に馴染むまで練習をする方が多いからですが、それだと同じ内容を複数回受けることになます。
何回も聞いたり練習したりすることで、経験値があがりますが、やっぱり少しマンネリすることがある。
それを避けるために、カリキュラムにない話や手技をしたり、疑問質問の時間をとったりします。
幅を広げる意味や、話題を増やす意味や、様々な視点を持ってもらう意味や、基本的なことを確認したり、と言うようなこともあります。
手技や整体の話だけでなく、開業の話や法律の話をしたり、友人知人家族の体の相談だったり、社会情勢の話もあったりします。
小さな整体スクールだから出来ること、なのかと思っています。
そして現役の整体師でもあるからでしょう。
一人一人に成功してもらいたい、と思って日々やっています。


授業では毎回のように触診の練習をしますが、先日は望診(姿勢分析)の話になりました。
仰向けだったり立っていて触診てどうするんですか?
と聞かれて、立位で姿勢分析をする時の注意や見るべきところなど話をしました。
全員が右肩が下がっていて、右手が下に位置していたのは面白かったですね。


望診・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

腰痛・肩こり・膝痛ではない症状の患者さんはどうするんですか?

読了までの目安時間:約 3分

先日、スクール見学に来た方から聞かれました。


「あの~
腰痛とか肩こりとかじゃなくて、肘の内側が痛いとか、手の指が動きにくいとか、そう言う患者さんが来たらどうすればイイかとかは教えて貰えるんですか?」


授業の内容についての質問です。
てあて整体スクールではどこまで教えてくれるのか。
腰痛・肩こり・膝痛のような代表的な痛みや症状はたぶんやるだろうから、それ以外の症状が来た時の対処法は教えてくれるのかと言うものでした。
これから整体師になるのに、どこまで教えてくれるのか。
心配です。


てあて整体スクールは開業に必要な最小限の技術と知識を教えます。


必要最低限です。
そうなると、腰痛・肩こり・膝痛・足関節痛・O脚・猫背・側湾症・外反母趾くらいしか説明は出来ません。
これ以外の症状については患者さんが来た時に自分で考えてもらう、と言うことになります。
その替り自分で考えるための道筋や考え方のベース・基本を教えます。
痛みってそもそも何なのか。
どうやったら痛みの原因が出来るのか。
その痛みの原因をなくすために手技療法に出来ることは何か。
これらの考え方があって。
体を調整する手技が役立ってきます。
体を調整する手技は、指針整体とマッスルエナジー・テクニックを中心とした骨格・筋肉調整。
あとは患者さんの診方として、触診や姿勢と歩き方などの授業がある。
そんな構成になっています。


てあて整体スクールの整体は自分で考えないといけないんです。
全部、教えてもらえる訳ではありません。
基本を知って、基本的な手技が使えるようになって、代表的な症状以外の症状が来たら、自分で考える。
そんな整体師を育成したいと思っています。


授業・てあて整体スクール

整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>
手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>
アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

てあて整体スクールで『何が学べるか』

読了までの目安時間:約 2分

サイトの中身を少しずつ見直しております。
今日は『何が学べるか』のページを見直しました。
てあて整体スクールのカリキュラムです。
指針整体やマッスルエナジー・テクニック(MET)などの手技や症例別や解剖学の授業内容について書きました。
スクールに興味のある方はどうぞ。

何が学べるか >>>



てあて整体スクールでは授業見学・体験をすることが出来ます。
授業前に来ていただいてスクールの説明をし、授業は生徒さんと一緒に受けていただけます。
指針整体もMETも他にはない独特の手技です。
スクール選びや新しい手技・テクニックを探すには、先ず受けてみて体験してみることだと思います。
連絡おまちしています。


てあて整体スクール
東京 : 東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
名古屋: 愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
電話 03-3922-7230
mail teate@nifty.com


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

テキスト改訂中

読了までの目安時間:約 3分

来年2016年から新しいカリキュラムになります。
クラニオ(頭蓋仙骨療法)と「姿勢と歩き方」と言う授業が始まって、PNFとストレッチがなくなります。
これに伴ってテキストの改訂を始めました。
クラニオは2年ほど前からスクール関係者向けにセミナーをやっていたので、それをベースに出来てしまった。
次に手をつけたのが「症例別」のテキスト。
新しい授業はクラニオと「姿勢と歩き方」なのに、「症例別」のテキストに手をつけてしまった。
数日前に肩こりの症例について書き終わりました。
そう、改訂と言うよりはあたらしく書いている感じ。



パラダイム・シフト



って話を書きました。
今までとカリキュラムの考え方を大きく変える。
教えている指針整体やマッスルエナジーは変わりませんが、それに加える授業を変える。
その変える意味・・・です。



あら木の患者さんの見方が少しずつ変わって来ていて、それに合わせるように授業内容も少しずつ変えてきました。
ただ、教科書は手をつけていなかった。
つまり変えていなかったんです。(すまぬ。)
一番大きく影響が出るのはやっぱり「症例別」です。
そこでこのテキストの改訂を始めたってことです。
これ、なかなか大変です。
今、授業で説明していることに沿った内容にしています。
骨格調整の内容やPNFやストレッチの内容も入れています。
以前のテキストでは調整は調整で、そちらの授業で練習しましょう的な内容になっていました。
でもそれだと手間がかかる。
なので一冊完結にしようとしています。



クラニオは出来たので、年内に「症例別」と「姿勢と歩き方」を見直します。
「姿勢と歩き方」は実は去年授業としてやっていましたが、これも全面改訂の予定。
間に合うんだろうか。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

パラダイム・シフト 〜 新しい方向性に向けて

読了までの目安時間:約 5分

【パラダイム・シフトって?】


昨日、ある人と話をしていて色々なことに気付き考えさせられました。
そんな中で考えたのが「パラダイム・シフト」です。
でもこれじゃ何のことだか分からないですよね。
全部が全部繋がって組み上がった訳ではないのでまだ途中経過ですが、分かってることを少し書いておきます。


整体スクールを始めたのが10年以上前。
まだ60分2980円も個人でスタジオをやっているパーソナルトレーナーも居なかった時代です。
腰痛や肩こり、身体の不調の専門家として整体師が居ました。
主な仕事や必要な手技・テクニックは今と変わらないと思ってますが、社会状況が違ってました。
それと、あら木自身のスキルも開業5年目の整体師のものでした。
当時はテクニックを教える整体スクールとして価値のあるものでした。


4年半前に東日本大震災があり、その前後から筋疲労を軽くするためのサロン(60分2980円)やトレーニングを見るパーソナルトレーナーが個人で始めるようになりました。
トレーナーの方々はそのスキルを使って、身体の機能改善(トレーニング)だけでなくスタイル(外観)を見るように変化して来ました。


今でも荕疲労を軽くする整体をしている整体師は、実は荕疲労だけを機械的に押し流しているのではなく、患者さんと人と人の繋がりを作ることで、全人的なケアをlする人に変化して生き残っている人です。
機能やスタイルを見る整体師は、整体師と言う名前を捨てそれぞれの扱う部位や結果の姿をネーミングに、新しい形態に変化して行きました。


ここ4年ほどの変化に少しずつ対応して、カリキュラムの見直しをして来ましたが、それでは足りないなぁと言うのが、このところの実感でした。
テクニックを個別にマニュアル的に教えることの限界、を感じました。
テクニックは教えるけどテクニックだけでは、通用しなくなって来ている。
基本的な手技やテクニックは整体師やセラピストに必要なものですが、それを別々に使えるだけでは足らない。
ではどうするか。
ここが悩みどころでした。
去年は「姿勢と歩き方」を授業として導入し、今年に入ってそれをアレクサンダー・テクニーク グループレッスンに変えました。
これでも少し違和感が残ります。
来年からPNFをやめることも決めました。
それでもまだしっくりこない。


それで昨日です。
「先生、やりたいようにやったらどうですか?分かってらっしゃるんだから。」
その人は僕の仕事内容もカリキュラムのことも知らないでそんなことを言ってくれました。
ああなるほど。
そこから色々なものが繋がり始め、組み上がって来ました。


来年になったら「PNF」「ストレッチ」「開業講座」をやめます。
骨格調整はマッスルエナジーテクニックに収斂させます。
症例別は身体の見方中心に内容を見直します。
「姿勢と歩き方」の授業を再開しますが、内容は昨年やっていたものと少し変わります。
(アレクサンダー・テクニークとの連携)
「触診」を授業に昇格させて、別に時間を取ります。
そして「クラニオ」。
ああ、指針整体がベースはゆるぎなく変わりなく。
このカリキュラム・ミックスでやって行きます。
カリキュラム・ミックス(組合せ)自体に意味があります。
そしてこのミックスは今の僕にしか出来ない。


通底するのは「繋がり」です。たぶん。
今のところこの言葉を使って説明して行きます。
(まだ全部が全部説明出来る訳ではないので、少しずつ変化しながら進みます。)
動的平衡と繋がりがポイントになってくると思います。
テクニックだけではない、テクニックとテクニックの相乗効果。
この組み合わせでなければ出てこない結果。


ううむ楽しみだ!


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019