整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

来週、1月19日から22日は名古屋教室で授業です。

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。
1月19日から22日は通常通り名古屋教室で授業を行います。
今月の授業は症例別。
腰痛や肩こりなど整体院に来院される患者さんに多い症状をテーマに、患者さんの体をどうやって見ていくか、痛みや症状の原因をどうやって探るかという内容です。
腰痛はココを押すとか、肩こりはココを緩めるとか、手技の手順を学ぶというより、考え方の順番や方法、視点などを学ぶ授業です。
その上で指針整体や骨格調整の授業では行っていない手技の練習も行います。


今月もスクールの見学や整体の体験を受け付けています。
いずれも無料なので安心していらして下さい。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
JR・地下鉄千種駅1分

授業:1月19日~22日 10:00~13:00
見学:9:30からスクール説明をして、10:00から授業を受けられます。
申込:teate@nifty.com
   お名前と希望日時を書いて申込下さい。


名古屋教室20121

1月のスクール見学会について

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールは人の体を診ることの出来る整体師を育成している整体学校です。

指針整体という全身をトントンと軽い刺激で整えて行く整体は、押さない揉まない体重をかけない他にはない整体です。
力を使わないので患者さんへの負担が少なく、やっている整体師自身の体にも負荷のない整体です。
その上で効果が高い。
全身を受けているだけで、体が軽く動きやすくなり、翌日の揉み返しのような整体後のグッタリ重たい感覚もありません。

マッスルエナジーテクニックは骨格調整と筋肉調整をする手技です。
テコの原理を使って関節を動かし、筋肉の持っている独特の性質を利用して狙った筋肉を緩めます。
グイグイ押したりボキボキすることはありません。
力を使わない骨格・筋肉調整法です。

触診に力を入れているのも、てあて整体スクールの特徴の一つです。
患者さんの体がどうなっているのか、歪みだけでなく熱感や張りなどの状態を診ることが出来るようになるために、在籍期間中は毎回のように触診の練習をします。
体の状態が分からなければ、歪みを調整することは出来ません。

整体などの手技療法は、患者さんと接触をすることが前提です。
今後この業界や仕事はどうなっていくのかという、なんとなくの不安を感じる方もいるかもしれません。
ソーシャルな距離を取ることが当たり前になって来ていますが、コンタクト(接触)は人にとって必要不可欠な事です。
哺乳類の生存戦略上でコミュニケーションはとても重要な位置を占めていて、中でも直接接触することは最重要なことの一つと言われます。
(自律神経系の新しい理論・ポリベーガル理論でも、同様のことが唱えられています。)
特に時間を取って話を聞き、患者さん一人一人の症状や状態に合わせた施術を組み立て、それぞれの方に合わせた生活の提案なども行える整体師は、ますます必要とされる仕事になると信じています。
筋肉を緩めるだけのセラピストは敬遠されるかもしれませんが、物理的なコンタクトだけでなく、話を聞いたりアドバイスしたりというコンタクトのとれるセラピストは尚更です。
これからはさまざまな工夫を凝らし、感染予防に気を付けながらやって行こうと思います。


てあて整体スクール 1月見学会
日時 : 9・10・11日、16・17・18日、23・24・25日
     説明 9:30~10:00 授業 10:00~13:00
場所 : てあて整体スクール 東京校
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
問合 : teate@nifty.com

※名古屋教室

日時 : 1月19~22日 説明 9:30ー10:00 授業 10:00-13:00
場所 : 愛知県名古屋市東区葵 3-14-20


整体師認定201227

名古屋教室20121

心配を諦めるのは難しい。

読了までの目安時間:約 4分

開業について相談されることがあります。
多くの場合は心配事についてだったりします。


開業して食べていけるんだろうか。
患者さんを良くすることが出来るんだろうか。
患者さんは来るんだろうか。
自分に患者さんを治すことが出来るんだろうか。
知らない症状の人が来たらどうしよう。
全然、良くならなかったら。


心配は尽きません。


大丈夫だよ。
心配していたって仕方がない。
誰だって最初は心配するもの。
自分に出来る準備を全部するしかない。
そんなアドバイスはしません。
どうしたって心配する人は心配します。
いくら準備をしたって心配します。
心配事がなくなったって、新しい心配事を見つけて心配します。
だから、心配が消えない人に心配しなくて良いとか、心配の必要がなくなるように準備しようなんて言いません。
ま、準備は前提ですけど。


心配する事を諦める。
自分は心配する人だから、心配するのは仕方がない。
心配は前提。


そう思えるかどうかです。
心配するのは前提なので、心配があっても開業するのかどうか。
そこです。
心配だから開業出来ないと言うのであれば、開業はやめた方が良いです。
開業しても心配が付きまとって、良い仕事が出来ません。
心配するのは仕方がない、心配だからと言って失敗するとは限らない。
でも、失敗しないためには何かをやっておかなければいけない。
それでも心配だけど、それよりも開業したい。
と言う事かなと思います。


でもそれが難しい。
心配を諦めるのは難しいものです。
心配は開業しない理由になります。
心配は開業して失敗した時の理由になります。
エクスキューズですね。
言い訳です。
言い訳が先にあると、実は少し心が落ち着きます。
だから出来ないんだ。
だから失敗したんだ。
心配していた事が起きてしまった。
そう自分に言い訳が出来るでしょ。


良く考えて下さい。
心配があったから失敗した訳ではない。
心配と失敗は関係ありません。
準備が適切でなかったから失敗したのかもしれない。
準備が最善だったとしても、予期せぬ事が起きたのかもしれない。
準備が適切でなかったのは、心配とは関係なく自分の問題です。
予期せぬ事が起きるのは、予期せぬことだから心配とは関係ない。
心配していたとしても結果は変わりません。


心配を諦めて、心配があっても開業したいのか。
そこ、考えときましょう。
やっぱり心配はある、だから心配がなくなったら開業しよう。
そう言う人は本当は開業したくないという事です。
開業しなければ、失敗しないだけでなく、心配もなくなります。
それを認めるしかありません。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

てあて整体スクール 名古屋教室で授業でした。

読了までの目安時間:約 2分

名古屋教室20121

てあて整体スクール名古屋教室の授業でした。
今月の授業は指針整体。
基本手技と呼んでいる手技を練習しました。
今月から入学された方がいたので、先ずは指針整体のやっていることについて解説。
手技の持っている意味を知っていると、患者さんに説明も出来るし、分からなくなった時に考えることが出来ます。
押さない揉まない体重をかけない。
トントンと軽い刺激を入れて行く。
それだけなのにどうして効果が高いのか。
他にはない手法について学びます。
で、練習。


名古屋教室20122

最終日には卒業生が来てくれました。
人数が増えると触診の練習が沢山出来てありがたい。

18日で今年の名古屋教室の授業は終わり。
次は2021年1月の授業です。
お疲れさまでした。
来年も宜しく。


名古屋教室20123

てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
teate@nifty.com
03-3922-7230

12月15日から18日までは名古屋で授業です。

読了までの目安時間:約 1分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。

てあて整体スクールには東京の他に名古屋にも教室があります。
毎月、4日間連続で授業を行っています。
場所はJR・地下鉄千種駅徒歩1分のサロンを使っています。
今月の授業は指針整体です。

授業見学や整体の体験を受け付けています。
来年のことを言うと鬼が笑うなんて言いますが、来年のことを考えて行動してみてはどうでしょう。
問合せお待ちしています。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
teate@nifty.com
03-3922-7230

授業 :
12月15日~18日 10:00~13:00


指針整体基本手技

今週の授業 ~ 触診・ボディマッピング

読了までの目安時間:約 3分

今週の整体スクールの授業ではボディマッピングや触診も行いました。
他の整体学校ではたぶんやっていない授業です。
解剖学を学ぶことはあっても、それをボディマッピングとして紹介することはないと思います。
ボディマッピングは体の地図とも言われ、アレクサンダーテクニークやボディワークなどでも取り入れられている手法です。
外から見た体の形と実際の骨格や関節の位置の違いを知ることから、動きのぎこちなさや体に出てしまう症状などまで改善の手助けをすることが期待されます。
単に骨の形や関節の位置、筋肉の付き方を知るだけでなく、それを実際に動かしたり触れてることで体感したり、認識を新たにしたりします。
殆どのことは「知っている」と思っていることです。
それが実は勘違いが多いことに驚きます。
分かっていると思っていたことの誤差や差異や誤解を感じられた時に、発見があって面白い学びになると思います。


ボディマッピング

触診はどんな手技療法でもやりますが、それに時間を取って説明をするようなことはあまりないと思います。
この骨の歪みを識るにはここに触れて、ということはありますが、その時の自分の身体の使い方、手指の形、どんなことを考えながら触れるかなど、いろいろとやることはあります。
最初は骨があることが分かるくらいだったものが、歪みや動きや熱感、張り具合や血流なども分かるようになります。
その入り口を案内しているような授業です。
今週は新人がいたので、卒業に近い生徒さんに説明をしてもらいました。
これもまた勉強です。
患者さんに話をする時の練習になりますから。


触診

てあて整体スクールでは新入生を募集しています。
授業見学や整体の体験は無料で受け付けています。
年内の授業は12月28日(月)まで行っています。
興味のある方は問い合わせ下さい。
※名古屋教室は12月15日から18日まで。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

指針整体ってどんな手技ですか。

読了までの目安時間:約 4分

整体スクールの見学者の方に指針整体はどんな手技ですか?と聞かれます。
何度も書いていますが、読んだことがないと言う人もいると思うので、重複すると思いますが書いて置きます。


指針整体は押さない、揉まない、体重をかけない手技です。
トントンと軽い刺激を全身の経絡にいれて行きます。
全身で40分程度。
手順が決まっていてとても単純な方法です。


ではなぜ、指針整体は強い力も使わず、押すことも揉むこともなく、体が緩み軽くなり動きやすくなるんでしょう。
それは指針整体の持っている構造によります。
構造なんて言うと小難しい感じですが、指針整体が他と違うやり方をしている、その他と違う部分が、効果を生んでいる要因になっているということです。
説明します。


指針整体は押さない揉まない体重をかけない整体です。
普通の整体やマッサージは押したりある程度強い力を使って筋肉をほぐしていくことがあります。
でも指針整体ではそれをしません。
力を使ってしまうと、その力は全て患者さんに受け取られます。
効果としては、そのことで筋肉が緩みます。
ただ、緩む以上に加えられた力は、患者さんの筋肉や体にダメージを与えます。
一節には筋繊維を傷つけたり、毛細血管を傷つけたりすると言われることもあります。(これは確証はありません。)
指針整体にはそれがない。
何故なら押さない揉まない体重をかけないからです。


では、押さない揉まない体重をかけないのに、どうして緩むのかということがあります。
トントンと軽い刺激を全身に入れて行くのが指針整体です。


毛細血管は全身に流れています。
その毛細血管をうつ伏せでも仰向けでも、頭も首も腹も刺激を入れることで、血管の繋がりを良くし血流を促しています。
疲労や痛みはある種の物質が筋肉中に残っていることでも起きます。
全身の毛細血管をつなげることで、その物質を流すことが出来るのが指針整体です。
多くの整体院などではうつ伏せが殆どで、仰向けの施術をする時間は少ないのが現状です。
これが一つ。
そして。
トントンと軽い刺激を入れて行くというのも、筋肉を柔らかくする効果があります。
筋肉には低振幅の軽い刺激を入れると緩むという性質があります。
子供がお父さんやお母さんの肩をトントンと叩くと、弱い力であるにも関わらず肩が緩みます。
あれですね。
そして、トントンというリズミカルな刺激は、副交感神経を刺激するとも言われ、そのことがリラックス効果に繋がっているとも言われます。


こんな風に指針整体は強い力を使わなくても、筋肉を柔らかく軽く動きやすくします。
ただ、弱い力なのでコツのようなものがあります。
力を使わずに刺激を入れるのは、体は楽ですが意外に難しい部分もあります。
そこのところは時間をかけて練習してもらうことになります。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

身体の感覚。

読了までの目安時間:約 4分

身体の感覚が変わって来ていると思ったのは最近のことではありません。
何となくですが、15年位前から変わって来ているんじゃないか?と思い始めました。
何のことか。

今の人(現代人)が持っている、自分の身体の感覚や、普通は身体はこんな風だという常識のようなもの。
それが変わって来たように思います。
最初に気になったのは、ストレッチでした。
15くらい前からだと思います。
一時期、ストレッチを指導してもなかなか良くならない。
どうしてかを聞いて見たり実際にやってみてもらうと、どうもストレッチをすることが故障に繋がっている可能性がありました。
ストレッチに耐えられないというんでしょうか。
ストレッチをすれば筋肉が柔らかくなり、血流も改善し動きやすくなるはずですが、ストレッチをすることで故障に繋がる。
ようするにストレッチ自体が過度な運動になってしまっていたということです。
とは言え、けして過剰で過激なストレッチを教えた訳ではありません。
普通のストレッチ。
なのに故障する人が出て来た印象でした。
そこで、ある種の人たちにはストレッチの前に準備運動をしてもらうようにしました。
そうしないと、そもそも筋肉が硬いままでストレッチも出来ないようでした。
ある種の人たちというのは、運動習慣がなく机に座っている時間が長い人たち。
そういう人の中に日常的に筋肉が伸び縮みするような習慣がない人たいました。
そういう人はストレッチをいきなりすると壊れてしまうことがあることが分かりました。

次は故障についです。
これも15年くらい前だと思いますが、小学校の体育で立ち幅跳びをした話を聞きました。
砂場に向かって小学校低学年の子供に立ち幅跳びをさせたら、正座で砂場に着地したと言うんです。
普段、立ち幅跳びを外でやることはなく、やるとしたら家の中で布団に向かってしかやったことがなかったから。
ということらしいですが、運動習慣が全くないことが分かります。
その後位には、高校生の体力測定で踏み台昇降で足首を捻挫したということも聞きました。
5年位前にはやはり小学校低学年の子供が徒競走の練習をしたら、ただ走るだけでアキレス腱断裂をしたというのを聞きました。
ただ走ることが非日常になっているんだろうと思います。
普段から走ることをしないので、アキレス腱(腓腹筋・ヒラメ筋等)が伸び縮みすることがなく硬くなっていたのが原因ではないかと思います。
つい最近はやはり小学校低学年までの子供は、転んで手をついて骨折をする子が増えていると聞きました。

外で走ったり、地面の上でゴロゴロしたり。
木に登ったり、友達と取っ組み合いをしたり。

そういうことは非日常になっています。
10年以上前からそういう生活になっている。
安全を最優先させることで、そう言うことになっているんだろうと思います。
良い悪いは言いません。
ただ、それが日常になっている。
そしてその日常を過ごした子供たちが、既に成人を迎え大人になっているのが、今です。

当然、身体の感覚は変わりますね。
日常的に身体を使って動いていた人類と、決まった道順を決まったように動いている人類では、全く身体は変わる。
と思います。
そういう前提で人の身体を見なければいけないのが、今の整体師やセラピストです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

手技の手順は変わっても良いですか?

読了までの目安時間:約 4分

今月は骨格調整の授業をやっています。
骨格調整では主にマッスルエナジーテクニック(MET)を使って、歪みやズレのある関節を調整したり、硬くなって動きにくくなった筋肉を緩めたりします。
METは筋肉の性質を利用したり、関節の動きを利用して調整するので、原理原則のようなものが決まっています。
どの部位(関節・筋肉)も患者さんに13秒ほど2・3割の力で筋肉を使ってもらい、これに抵抗をかけて止めることで調整します。
これが出来さえすれば、どんな形でも手順でも方法でも、関節は整うし筋肉は緩みます。
という話を最初にします。
本当にそうなんです。
ただ、荒木が教える手順通りにやると、無駄なく楽にやりやすく出来るという利点があります。
やっているうちに生徒さんから質問がありました。


手技の手順のは変わっても良いですか?


患者さんの肢位を整えたり。
自分の立つ位置を決めたり。
患者さんのどこに手を置いたり。
どちらの方を向いて調整するかだったり。
手や指のどこを患者さんのどこに当てるかだったり。
指導する時にはそれが決まっています。
テキストにも書いてあるし、実技を見せる時にも同じように同じ手順でやります。
手技をやりながら注意する点を言います。
そして、それが何故そうするのかも話をします。
でもやっぱり気になるようです。


手技の手順のは変わっても良いですか?


殆どの場合、構いません。
前後すると出来なくなることがあるので、それを除けば手順は変えてもかまいません。
ただし、やり辛くなることは間違いありません。
以前も他のことで書いたかもしれませんが、生徒として勉強している期間や開業して数年位までの間に、自分のやりやすいようにアレンジしたり手直ししたり改善(と思っている)したりしても、それは素人だったり経験の少ない人だったり下手だったりする人がする改善(と思っている)だったりアレンジになってしまうということです。
自分としてはこうする方がやりやすいと思っても、結果的にはやり辛い方法にしてしまっていることが殆どです。
いや全てです。


殆ど多くの手技は、長く先達たちが使いながら効果を出すために改善を続けた手技です。
その方法は時間と多くの臨床で洗練されています。
それをたかだか勉強したばかりの人や、数年臨床を経験しただけの人が改善出来るとは、私は思えません。
いや実のところ私自身も改善(と自分では思っている事)をしようとしたことはありましたけど、結局、出来ず。
決まった手順で決まった方法でやることの方が、効果は高くやりやすいと言う結果でした。
先ずは決まっていることを決まったように出来るようになることが先なんじゃないかと思います。
もうちょっと優しい言い方でしたけど。(笑)
そんな話をしました。


そうなんですねぇ。
ガンバロ。


ということで今日も練習は続きます。


骨格調整201114 ※写真は本文とは関係ありません。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

17日から20日までは名古屋教室で授業です。

読了までの目安時間:約 1分

11月17日(火)から20日(金)までは名古屋教室で授業です。
今月の授業は骨格調整です。
てあて整体スクールの骨格調整では、主にマッスルエナジーテクニック(MET)という手技を学びます。
METでは関節のズレや歪みを調整するだけでなく、特定の筋肉を調整することも出来、患者さんに2・3割の力を使ってもらうことを利用して、短時間で負担なく調整することが出来ます。
授業の見学やスクール体験(無料)が出来ますので、興味のある方は問い合わせ下さい。


てあて整体スクール 名古屋教室
住所 : 愛知県名古屋市東区葵  3-14-20-2F
     JR・地下鉄 千種駅1分
日時 : 11月17・18・19・20日 9:00~13:00
問合 : teate@nifty.com


19113てあて整体スクール名古屋

19112てあて整体スクール名古屋

1 2 3 25
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019