整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

胸から上を回すってドユコト?

読了までの目安時間:約 3分

昨年からストレッチの動画をユーチューブにアップするようにしています。
緊急事態宣言下で自粛生活が続き、リモートワークで全然外に出ない人も多いみたいです。
運動不足がけっこう激しくて、背中や首肩が硬い人が多くなっているのも気になります。
体を動かさないとストレスも溜まります。
少しでも気が晴れて、体が楽になったらなぁと思ってアップしています。
そのストレッチについて先日、患者さんから言われたことがあります。
センセイ、あれ難しくて分かりません。
えっ!?
ちょっと驚きました。
その難しいと言われた動画はこれです。





首や上半身のストレッチ。
というか軽い運動です。
どこが難しかったですか?と聞くと。
首を回した後に胸から回すみたいに言ってましたけど、胸から回すってどういうことですか?
ということでした。
しまった!
と思いましたね。
確かに。
考えてみれば体を回す時に、どこから回しているなんて普通の人はあまり考えません。
ダンスを長くやっているので、体の色々なところを動かすのは慣れています。
その上、整体師を長くやっているので、体の部位について普通の人と捉え方が少し違います。
そこのところの違いを書いたのが、昨年上梓した「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!」でした。


胸から回すというのは、普通の人は想定していないことでした。
胸は胴体の上部で動かない(動きづらい)ものだという認識が普通です。
そこを動かすってのは想定外だし、動かないものを無理やり動かすというような解釈になりがちです。


首も胸も腰も脊柱の一部です。
俗に背骨と呼ばれている骨たちは、頭の中心位から始まって、骨盤の真ん中まで繋がっている小さな骨の集まりのことです。
その上から7番目までを首の骨(頸椎)と言い、8番目から19番目までを胸の骨(胸椎)と言い、20番目から24番目までを腰の骨(腰椎)と呼んでいるだけです。
全部、脊柱で、背骨です。
その首を回して下さいというのと同じように、胸の中心から回して下さいと言ったつもりでした。
つもり。
良くないですね。
説明が足りない。
上から7番目までを回したら、次に上から15番目位(胸の真ん中あたり)までを回して下さい。
背骨は一繋がりの骨なので、その途中から回して(動かして)下さい。
と言うべきでしたね。
荒木、修行が足りません。


今度は解説付きの動画を撮ろうと思います。
でも、解説は短めに。
説明長いと面白くないですもんね。
お楽しみに。

肩こりストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

「コロナ疲れ」という言葉が少し増えて来たようです。
昨年から続く自粛生活や心配事で、ストレスが溜まったり疲れが溜まったり。
整体院の患者さんを診ていても、背中が硬くなっている人が増えています。


肩こりのストレッチをまとめました。
ストレッチだけでなく肩こりの解説もしています。
簡単に出来るものばかりを集めましたので、出来るものからやってみて下さい。


ストレッチの授業では筋繊維の話から始めます。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールにはストレッチの授業があります。
ストレッチの方法を学ぶ授業ではなく、ストレッチの方法を患者さんに教えるための授業です。
そしてストレッチは筋繊維の話から始めます。
たまに患者さんから「ストレッチってしないとダメですか?」とか、「ストレッチってどうやってするんですか?」とか、「どんな効果があるんですか?」などと聞かれることがあります。
ストレッチの効果を説明するのに、筋肉ってどんなものなのかということから知っておくと、説明もしやすくなるからです。
筋繊維や筋膜や腱のことなども知っておいて、その上で腰痛や肩こりにすると良いストレッチの説明をします。
説明だけでなく実際にやってみて効果も実感してもらいます。
いつもやっているのは、ストレッチで前屈がどれくらい改善するのかを、ビフォーアフターの写真を撮って確認します。


左:ビフォー 右:アフター
前屈1

上:ビフォー 下:アフター
前屈2

写真で見ても一目瞭然ですが、本人たちはすぐに体感できます。
これ、ストレッチボードに2分乗ってアキレス腱(腓腹筋・ヒラメ筋)をストレッチしただけです。
腰痛に効果があるストレッチですが、簡単すぎて信じてもらえなかったりするので、体で感じてもらうために、患者さんにもその場でやってもらっているストレッチです。


ストレッチボード

ストレッチボードには本当に乗っているだけ。
ただ乗っているだけなのに、前屈が劇的に変わります。
もちろんそのままずっと前屈が柔らかいままではありません。
暫くすると元に戻ります。
でも、元に戻るまでの間は柔らかいままです。
前屈がしやすいということは、股関節が動きやすくなっているという事です。
股関節が動きやすくなっているということは、骨盤が動きやすくなっているという事。
骨盤が動きやすい、スムーズに動くということは、骨盤の上に繋がっている腰(胸腰筋膜)当たりが動きやすなっているという事。
ということは、腰の辺りが血流が良く軟らかくなっているという事で、つまり痛みが軽減しやすくなっているという事です。
他にもいろいろなストレッチをやってます。


ハムストレッチ

殿筋ストレッチ

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com

開脚のためのストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

開脚したい人のためのストレッチを幾つか動画にしました。

ポイントは「骨盤を立てる」

これに尽きます。
いろいろなストレッチをやっても、骨盤が後ろに寝ていると伸ばしている場所が違ってしまいます。
前屈しても太もも裏(ハムストリングス)ではなく、腰や背中を伸ばしていたりします。
それを防ぐには骨盤を立てる。
骨盤を立てるとは、骨盤の後ろ真ん中(仙骨)に手をあてて、そこが床と垂直になっているかどうかです。
床の方に倒れていたら骨盤は立っていません。
骨盤を立てると太ももの裏が痛いという人は、膝を曲げて下さい。
脚は伸ばさなくても良いです。
先ずはそこから始めましょう。


【四つ這いストレッチ】@今日もストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

緊急事態が発令された2週が経過しました。
今週末は東京は雨。
ということもあってステイホームの方が多いと思います。
家で出来るストレッチを上げて来ましたが、今回は四つ這いで出来るストレッチです。
背骨周りと首肩周り、腰辺りも動かすストレッチです。

動かなさ過ぎて固まって来たなぁと思ったら、四つ這いになってやってみて下さい。
最初は意外にも動かない自分に驚くかもしれませんが、ぼちぼちやってると動くようになって来ます。
肩こり腰痛気分転換ストレス発散に。
是非!


【今日もストレッチ】 ~ 股関節のストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

年を取ると股関節の動きが悪くなります。
ま、日常的な動きが洗練されて来て、無駄な動きをしなくて済むようになったなんてこともあるかもしれませんが、どこであれ動きが悪くなるのは良くありません。
股関節の柔軟性をキープすれば、体の動き全体も良くなります。
壁に手をあててぼちぼちやってみて下さい。
スムーズに動かなければ、動きが悪くなっている可能性があります。

※チャンネル登録も宜しくお願いします。


【今日もストレッチ】 ~ くび上半身

読了までの目安時間:約 1分

首と上半身のストレッチ。
というか軽い運動です。
連休でも殆どの人は家の中だったと思います。
少し体を動かしましょう。



今日もストレッチ ~ 腕肩周り

読了までの目安時間:約 1分

緊急事態宣言が発出されましたね。
様々な対策に色々言いたい事もありますが、感染者を増やさないためにはやっぱり外出はなるべく避けるに越したことはありません。
そうなると家に居る時間が増えることになると思います。

ということで
【今日もストレッチ】
昨年同様に始めようと思いますが、今回はぼちぼち行きます。
毎日一本は難しい。
なので、前回よりも少し長めにしました。
今日は首肩周りです。
ぼちぼちやって下さい。


2分で体は変わる

読了までの目安時間:約 2分

左:ビフォー 右:アフター


前屈

体が硬いという生徒さんがいたので、ストレッチの効果を実感してもらうためにビフォーアフターの写真を撮りました。
左ビフォーで右アフターです。
見ての通り、前屈がかなり柔らかく出来るようになりました。
右の方がこちらに見えている背中が長い。
より前に倒れたからです。


左と右の間に何をやったのか。
ストレッチボードに乗ってもらいました。
爪先が10センチ位高くなっているストレッチボードです。
爪先を台の上に乗せ、踵を後ろの床に置いて立っているだけです。
これでフクラハギの筋肉がストレッチされます。
感覚的には膝裏までピキンと伸びている感じです。
実際にはフクラハギの筋肉から太もも裏の筋肉くらいまでの筋膜の繋がりが緩んでいると考えられます。
骨盤を後ろ側から引っ張っている筋肉が柔らかくなるので、前屈が出来るようになります。


前屈は骨盤が前に倒れることで出来ます。
前屈が出来ないのは、骨盤が前に倒れにくいから。
骨盤が前に倒れにくいのは、骨盤を後ろ側から引っ張っている(繋がっている)筋肉が伸びていないから。
ということで、骨盤の後ろ側の筋肉を伸ばせば、前屈が出来るようになります。
体はすぐに変わります。
やり方さえ間違えなければ、誰でも出来ます。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

家ストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

家で過ごす時間に出来るストレッチを動画でまとめました。
3月後半から初めてもう50件近くになっています。
こちらのページをご覧ください。

今日もストレッチ >>> https://teate.co.jp/dailystretch

その中でちょっとした運動みたいになるものを幾つかこちらに載せておきます。
時間を見つけてどうぞ。


体幹ストレッチ



腕の前後回し



下肢後面ストレッチ・壁



脊椎の屈曲伸展・側屈・回旋ストレッチ 大縄跳び



体幹・腰椎回旋ストレッチ


1 2 3 7
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019