整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

ダンサーのパーソナルセッション

読了までの目安時間:約 4分

昨日は現代舞踊協会主催の《パーソナルセッション》と《実践体験型ワークショップ》をやって来ましした。
会場は現代舞踊新人公演オーディション会場の渋谷伝承ホール裏のブースでした。
参加されたのはオーディションに参加したダンサーたちと、舞踊指導者資格認定講座を受けに来ていた先生方です。
《実践体験型ワークショップ》は舞踊指導者資格認定講座の科目となっています。


現代舞踊19062

先にパーソナルセッションで7人みたあとにワークショップを行いました。
ワークショップの様子は写真のようなもので、「見て触れて動かしあて分かるダンスの体」と言う簡単な解剖学を使ったマッピングのような内容です。
外から見た体の形と実際に動く構造を、イメージと実際に動かした体感などで確認していくものです。
参加されたダンサーはとても熱心で感覚も鋭く、何かやるとオオオ~ッ!ほほほ~ッ!(笑)といった声が出ていました。


現代舞踊19063

パーソナルセッションはダンサーの日頃の悩みを聞いて、アドバイスしたりストレッチを教えたり体の使い方の確認方法を教えたり、少し施術したりします。
今回、聞きに来たダンサーはおよそ20代半ばから後半の人が多く、男性1名で女性が6名でした。
聞かれた内容は以下のようなものでした。


・右太もも下が伸びにくい。(少し痛みがある。)
・足の付け根辺りの音が鳴るのはどうしてか。
・練習が続くと左膝下がビリッと来る。
・左側の肩や腰が不意に痛むことがあるが、原因は何故か聞きたい。
・肩甲骨周りのほぐ仕方。
・クールダウンの仕方。
・右の膝の中がぐらつく感じがするのは何か原因があるのか。
・右膝が伸びきる(はまる)と良いが途中だとぐらつく。
・左脚を上げると右膝が引っ張られる。(逆はない)
・左肩が上がりやすい、つっかかりやすいのは何故か。
・左回り弱い。
・腰痛と向き合っていくためにはどうしたら良いか。
・コントラクションを深くするようにないりたい。エクササイズが知りたい。
・脚を挙げられるようになる筋力の付け方。


7人で14の質問でしたので、一人あたり2つくらいの質問に答えました。
一般的な答えは全く意味がありません。
一人一人違う体を持っているダンサーの特徴や状態に沿ったアドバイスや動きの話をします。
一人あたり25分位なのでけっこう目が鍛えられます。
触診をして少し動いてもらい原因を推測します。
簡単な施術をして、推測した原因が間違いないか確認します。
(少しの施術で痛みがなくなったり、立ち方が変わったりしますから。)
そうやって話をすると、みんな瞬時に笑顔になりますね。
ああああ~っ!
今まで不思議だったことや不可解だったこと、理由がわからなかったことが分かると笑顔になる。
腑に落ちて、これからすべきことが腹に入ってきます。
やってて良かったと思う瞬間です。


ダンスの故障やダンサーを診るのは、開業時や開業前に望んでいたことです。
自分でも踊っているので、故障のダンサーの役に立ちたいとか故障のダンサーを減らしたいとか。
現代舞踊協会さんでの講座は大変ですけどやっててとてもやりがいのある仕事です。


現代舞踊19064

現代舞踊19061

現代舞踊協会の皆さん
いつもありがとうございます。

5月連休中のセミナーや講座について

読了までの目安時間:約 3分

今年の5月は改元もあり10連休です。
この連休にいくつかのセミナーや講座を予定しています。
気になるものがあったらチェックして下さい。


大人バレエな人のための『カラダの座学』【5月3日】

大人からバレエを始めた方やベリーダンスやタンゴやフラダンス、ジャズダンスやソシアルなどさまざまなダンスをしている方々のための超簡単な解剖学です。
解剖学と言っても骨や筋肉の名前を覚えるものではありません。
外から見えているヒトの外形と実際に動く場所(関節や筋肉)の違いを確認して、頭の中にある体の地図を書き換える作業です。
実際に動かしたりしながら確認をしていきます。


セラピストのためのダンスの話【5月4日】

さまざまなセラピストやピラティスやヨガのインストラクター向けの、ダンスの話です。
大人になってバレエやダンスを続けている人が、どんなことに悩んでいるのかを解説していくシリーズです。
初回は「ターンアウトが出来ない。(5月4日)」以降、「体が硬い。」「脚が上がらない。」「背中を反れない/アラベスクが出来ない。」「足首が伸びない/足の甲が出ない。」「腕と肩/腕が柔らかく使えない(仮)」と続く予定です。


クラニオ練習会【5月5日】

クラニオ(頭蓋仙骨療法)の練習会・おさらい会です。
これまでに一度以上てあて整体スクールでクラニオのセミナーを受けた方のための練習会の時間を作りました。


骨格調整専科 名古屋集中コース 【5月21-24日】

連休中ではありませんが、5月に骨格調整の4日間集中コースを名古屋で行います。
骨格調整専科は整体スクールの骨格調整授業を受講するコース。
終了後も何度でもリピート受講出来るので、安心して受けることが出来ます。
4月中の申込には早割もあります。


以下は4月中の募集コースです。
アレクサンダー・テクニークとストレッチ・トレーニング。
自分の体に気づき動かす時間です。
お待ちしています。


アレクサンダー・テクニーク グループレッスン 【毎月開催】

名古屋4月17日、東京4月30日にやります。
一人からでも申込出来ます。


マダカラ ~まだまだ動けるカラダを創る【名古屋4月16日、東京4月23日】

名古屋4月16日、東京4月23日にやります。
ひとつひとつの関節を動かすことから始めて、コンテンポラリー・ダンスのフロアワークに進み簡単なステップをいくつか踏みます。
体を動かしトレーニングするクラスです。

骨格調整専科@名古屋 【早割】

読了までの目安時間:約 1分

5月に名古屋で行う骨格調整専科4日コースの申込が始まりました。
3月4月に申込される方には早割特典があります。
この機会に安全で確実な骨格調整・筋肉調整の手技を身につけてください。
お待ちしています。


【骨格調整専科@名古屋】

日時 : 5月21~24日 10:00~14:00
場所 : てあて整体スクール 名古屋教室
     愛知県名古屋市東区葵 3-14-20 ROOM CREA 2F
      (JR・地下鉄千種駅1分)
料金 : 108,000円 → 早割あり
早割 : 3月申込  88,000円
     4月申込  98,000円
申込 : teate@nifty.com
     03-3922-7230
FB : https://www.facebook.com/events/318819258988616/

足首が伸びない/甲がでない人”の体のしくみとストレッチ

読了までの目安時間:約 2分

バレエカレッジ企画【足首が伸びない/甲がでない人の体のしくみとストレッチ】講座やりました。
バレエカレッジ企画としてはこれで5回目の講座。
残り1回で一周回ることになります。
これまでやってきた内容は。


1回目 ターンアウトが出来ない。
2回目 体が硬い。
3回目 脚が上がらない。
4回目 背中を反れない/アラベスクが出来ない。
5回目 足首が伸びない/足の甲が出ない。
6回目 腕と肩/腕が柔らかく使えない(5月12日予定)


大人からバレエやダンスを始めた人に悩みはつきもの。
先生や仲間はいろいろなことを言ってくれるけど、なかなかコレといったものが掴めない。
変に脚を上げるくらいなら美しく上がっていれば低くても良い、とは言ってもやっぱり脚は上げたいし。
体は柔らかくなりたいし、アラベスクはもうちょっと剃りたいし、足首は伸ばしたい。
そんな人のための講座です。
今回は足首と爪先とポアントなどについて。
鎌足について質問されていたのを忘れて、テキストには記載しませんでしたが、練習方法や体の感覚や使い方などは講座の中で出来ました。
一人一人の足や脚にも触れてアドバイス出来たので良かったと思っています。
残り1回は「腕と肩」について5月12日に予定しています。
気になる方はこのブログかバレエカレッジ(㈱オンポワント)さんのサイトをチェックしておいてください。
参加された皆さん
お疲れ様でした。
参加ありがとうございました。


※この内容をセラピスト向けにシェアする連続講座を企画しました。
 【セラピストのためのダンスの話】
  → https://teate.co.jp/blog/blog1903172.html


バレエカレッジ1903171

バレエカレッジ1903172

バレエカレッジ1903173

バレエカレッジ1903174

セラピストのためのダンスの話 全6回の一回目

読了までの目安時間:約 3分

整体師やセラピストのために、ダンスをしている人の悩みを解説する連続講座を開催します。
大人からバレエを始めた人やダンスを続けている人がどんなことで悩み、それはどうやって解消すれば良いのか。
ダンスやバレエを知らない整体師やセラピストのための講座です。
整体師・セラピスト・ピラティスインストラクター・ヨガインストラクターなど


1回目 ターンアウトが出来ない。(5月4日)
2回目 体が硬い。
3回目 脚が上がらない。
4回目 背中を反れない/アラベスクが出来ない。
5回目 足首が伸びない/足の甲が出ない。
6回目 腕と肩/腕が柔らかく使えない(仮)


バレエやダンスの体の使い方は普段の使い方と違うことがあります。
例えばプリエ。
バレエのレッスンでしゃがんでいく(ような)動作です。
レッスンの前半ではバーと呼ばれる棒を片手で持って、爪先を外に両踵をつけて行ったりします。
この動き、大腿四頭筋よりも臀筋群やハムストリングスを意識して行います。
しゃがむと言うよりは、両踵を持ち上げてくる感覚。
ちょっと不思議ですね。
これは脚をターンアウト(股関節外旋)させながら全ての動きがあると言う前提があるからです。
ちょっと分かりにくいかもしれません。

そんな話をしながらバレエやダンスで多い悩みを解説していきます。
また悩みに対してどんなアドバイスが有効かと言うことの解説も行います。
全6回のコースですが、どれか1回の参加も大丈夫。
気になる講座に参加下さい。

講師荒木はダンス歴35年。(ジャズ、バレエ、コンテンポラリー)
整体師としてダンサーやダンス愛好家の方々を20年見ています。
また、現代舞踊協会舞踊指導者資格認定講座の講師でもあり、大人バレエな人のための講座なども多数行っています。
現場の声をお届けします。


セラピストのためのダンスの話(全6回)

日時 : 5月4日(土祝)10:00~12:00
場所 : てあて整体スクール 東京
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
     西武池袋線 大泉学園駅 7分
料金 : 12,000円
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


アラセゴンド

大人バレエな人のための【カラダの座学】

読了までの目安時間:約 3分

解剖学が大切だとは思うんだけど、なかなか勉強する機会がないし、かと言って自分で勉強するのも何だし。
それに本で読んだり見たりしただけで本当に分かるのかどうか。
分かったところで使えるのかどうか。


はい、その心配ご無用です。
大人バレエな人のための【カラダの座学】
やります。


「カラダの座学」とは簡単な解剖学を使って、体の仕組みを知ろうという講座です。
講座と言ってもただ説明を聞くだけとか、座学で勉強するだけではありません。
実際に触れてみて動かしてみて確認する。
それだけで体の動きが変わります。

頭の中には体を動かす記憶のようなものがあります。
いつもやっている動きなので、ある程度のところはどの筋肉を使うのかがプログラムされていると考えてみて下さい。
そのプログラムが間違った設計図から出来ているとしたら。
そうなんです。
例えば腕はどこから動くのか。
頭はどこから動くのか。
足首や膝や脚はどこから動くのか。
もともと頭の中にある骨や筋肉の位置が微妙に違っていたら。
その微妙に違う骨や筋肉を動かそうとしたら。
やっぱり動きは制限されてしまいます。
それを書き換えようというのが、「カラダの座学」の目的です。
ボディマッピングなどとも呼ばれる方法です。
その上、バレエやダンスの質問も受け付けます。
10連休のほんの2時間。
大泉学園で待ってます。


大人バレエな人のための【カラダの座学】

日時 : 5月3日(金祝)10:00~12:00
料金 : 9,000円(当日精算)
場所 : てあて整体スクール 東京校
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
     西武池袋線 大泉学園駅7分
定員 : 6人
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


カラダの座学3・てあて整体スクール

カラダの座学2・てあて整体スクール

カラダの座学4・てあて整体スクール

”足首が伸びない/甲が出ない人”のための体のしくみとストレッチ 募集開始!

読了までの目安時間:約 2分

相変わらず名前が長い!

【”足首が伸びない/甲が出ない”人のための体のしくみとストレッチ】

3月17日(日)に新宿芸能家伝舎でやります。
いよいよ募集始まりました。
このシリーズは今回で5回目。
初めての人でも全く問題なく参加して頂ける1回完結の講座です。
大人からバレエを始めてなかなか理屈が分からないという人。
先生から言われることは頭では分かっても体がどうしようもないという人。
頭でも体でも分かるように実感を伴う説明をします。
目で見て耳で聞くだけでなく、実際に体に触れ動かす講座です。

お待ちしています。


【 ”足首が伸びない/甲が出ない”人のための体のしくみとストレッチ 】

日時 : 3月17日(日)10:30~12:30
場所 : 芸能家伝舎 A2(A棟1階)
料金 : 3,500円
主催 : 有限会社 オンポワント
申込 : 直接、オンポワントのサイトからお願いします。
     申込ページ >>> https://balletcollege-stretch5.peatix.com/
詳細 : バレエカレッジのサイト >>>


バレエカレッジ3

レエカレッジ1810282

まだまだ動けるカラダを創る(仮) ~ R50Project ~

読了までの目安時間:約 2分

3月26日に【まだまだ動けるカラダを創る(仮)】と言うクラスを始めます。
以前やっていたストレッチ教室の復活です。
でもストレッチだけをするクラスではありません。
副題に「R50Project」とあるように、50代以上のカラダのケアをテーマにやっていこうと思います。

最近、ちょっとカラダのキレが悪い。
こんなもんじゃないハズ。
もう少し動けるようになりたい。
動けるんだけどもう少し軽くならないか。(動きが)
ジムやスポクラでトレーニングってほどでもないし。
自分で出来ることから始めたい。

50の声を聞くころになると、ちょっとずつそんなことありますね。
何にもしていない人でも、大人からバレエや運動を始めた人でも同じです。
ナンカ違う。
もうちょっとなんだけど。
そんな人のために誰でも始められるクラスやります。
やろうと思うんだけど、自分一人じゃなかなか出来ないよね。
何人か集まって始めたいと思います。
場所は六本木。
EXシアターの裏手のホールです。
お待ちしております。


まだまだ動けるカラダを創る

日時 : 2019年 3月26日(火)18:00~19:30
場所 : ホール DOZ (六本木駅7分・EXシアター裏手)
     港区西麻布 1-5-11 2階
料金 : 2,000円(当日精算)
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230
詳細 : https://teate.co.jp/corestretch


コアストレッチ1603301・てあて整体スクール

コアストレッチ1603302・てあて整体スクール

てあて整体塾@宇都宮

読了までの目安時間:約 4分

ここからいふ1811271

ここからいふ広場(宇都宮)で「てあて整体塾@宇都宮」でした。
2・3ヶ月に一回宇都宮にある、ここからいふ広場に行ってセラピストになろうとしている人や一般の人に向けた講座をやっています。
内容は時々で変わりますが、もう5年くらい続いているものです。
ここからいふ広場の上田さんとは手技療法つながりで、東日本大震災のボランティアをご一緒した後から始めました。
昨日は午前中はストレッチの講座で午後はアレクサンダー・テクニークです。


ここからいふ1811272

参加者4人のうち3人がお子さん連れで、にぎやかな講座になりました。
ストレッチは人に教えるときや自分でやるときの注意点から始まって、腰痛や肩凝りなどの症状別にやって行きました。
参加していたお子さんが新体操をされているとかで、股関節が硬いのが気になるとのこと。
股関節周りもやってみました。
これから気をつけて毎日ストレッチしていれば、かなり改善すると思います。
お昼はいつもベジランチを頂きます。
動物性のタンパク質を使っていない料理でお米は玄米。
ゆっくり食べているとしみじみと美味しさが広がります。


ここからいふ1811273

ここからいふ1811274

午後はアレクサンダー・テクニークのグループレッスンをやりました。
日常的なことを題材にと言うリクエストがありましたので、最初にアクティビテイーをやりました。
アクティビティーとは実際に困っていることを題材にして、レッスンを進めていくというものです。
今回は掃除機をかけていると左背中が痛くなる、介護の仕事で患者さんを起こすときに腰が痛くなる、お菓子作りの過程でボールの中を泡立てているときに肩が凝る、というものでした。
一人一人その動作をやってもらい、その動作をアレクサンダー・テクニークを使ってやってみるということをしました。


ここからいふ1811275

ここからいふ1811276

ここからいふ1811277

アレクサンダー・テクニークは上手なやり方を教える方法ではありません。
上手くいかないときにやっている”やらなくても良い何か”をやめてみるという方法です。
やめるためにはその”やらなくても良い何か”を感じる必要があります。
そのために先ずは自分を観察するところから始まります。
ちょっと手順があるんですね。
その手順をふむためにアレクサンダー教師がいます。
この3人については一人あたり10分から15分位で、やっていることを見直しました。
ああそうか!という発見があったので、家や職場に帰っても出来るように、思い出すためのキッカケを覚えて終わりにしました。


ここからいふ広場での整体塾は年内にもう一回あります。
次回は午前中がセラピストのための体の使い方で、午後はクローズドのセミナーになっています。
午前中のセミナーでは体の仕組みを実際に関節を動かしてみて観察します。
また、患者さんやクライアントさんの体の扱い方を解説して行きます。
募集はこちらのFBページにあります↓
https://www.facebook.com/events/256048795115670/?active_tab=about


ここからいふ1811278

踊る人のための【カラダの座学】 って何!?

読了までの目安時間:約 5分

11月23日(金祝)に名古屋でやります。
踊る人のための【カラダの座学】です。
なかなか良いネーミングだと思っているんですが、こう言うのはおじさんに多い間違いで、分かりにくいのかもしれない・・・と思い始めました。
【カラダの座学】
分かったような分からないようなネーミングです。
解説します。
分からないものに参加しようと思う人はいない訳ですから。


このワークショップに参加すると、今までよりも体がスムーズに動くようになるかもしれない。
今まで引っかかっていた動きが動きやすくなるかもしれない。



かもしれないというのは謙遜ですよ。(笑)
あくまで謙遜。
100%と言うことは世の中にはないので謙遜して書いている訳で、殆どの人は何かの発見があって体や動きに変化があります。
殆どです。
およそ全員と言っても良い。
四捨五入したら全員と言っても過言ではない。


では内容はどんなものなのか。
簡単な解剖学を使って、体の仕組みについて解説して行きます。
外から見た体の形と、実際に動く関節や骨の形や位置を確認します。
言葉や絵を見て確認するだけでなく、触れたり動かしたりして実感してもらいます。
ほっほ~
なるほどぉ~
へぇ~
そ~言うことだったのか。
と言う声が聞こえるはずです。
ははは。
いや、すみません。
真面目に解説します。


人は視覚からの情報にかなり左右されます。
目から入る情報で脳が頭の中に世の中を構成しています。
つまり、見たように思ってしまう。
書き割りの町並みを歩いても、ビルやお店があるように錯覚してしまいます。
同じように、指や首や腕や脚は、見たようになっていると思う。
太い幹から細くなっている部分が動くあるいは曲がると思ってしまう。
でも、実際にはそこに関節がない場合があります。
手の平を見て下さい。
指があります。
指の上の方から関節のところにシワがあります。
第一関節のシワ、第二関節のシワ、第三関節のシワ。
第一と第二は曲がります。
そこに関節がありますから。
では第三関節のシワと思っているところはどうでしょう。
曲がりません。
第三関節のシワは実は手相で言う頭脳線と感情線の部分です。
試しに頭脳戦と感情線で手の平を折り曲げてみて下さい。
手袋の袋の部分が途中で曲がるように曲がります。
これが勘違いです。


同じようなことが、首と頭の関係にもあります。
また胴体と肩と腕の関係にもあります。
胴体と脚の関係にもあります。
その見えている部分と動く部分の違いについて解説していくのが【カラダの座学】です。
しかも動かしてみる。
このワークショップは現代舞踊協会さんの舞踊指導者資格認定講座でもやりました。
また、チャコットさんやセッションハウスさんスタジオRADAさんなどのダンススタジオでも開催し好評のワークショップです。
今回はそれを名古屋で行います。
11月23日(金祝)の午後に自分のダンスのために、自分のバレエのために受けに来て下さい。
待ってます。


【 踊る人のための『カラダの座学』とダンスの疑問 】

日時 : 11月23日(金祝)
料金 : 9,000円(当日精算)
     スクール生・卒業生 4,000円
定員 : 8人
割引 : ペア割 2名以上で申込 8,000円/人
申込 : teate@nifty.com
03-3922-7230
講師 : 荒木靖博
     整体師、アレクサンダー・テクニーク教師
     現代舞踊協会舞踊指導者資格認定講師
     チャコット・セッションハウス・スタジオRADA講師
     NHK文化センター講師
     ダンス歴35年


RADA舞踊学校1808・てあて整体スクール

カラダの座学3・てあて整体スクール

カラダの座学2・てあて整体スクール

1 2 3 12