整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

体の使い方のワークショップ

読了までの目安時間:約 4分

来週の土曜日に体の使い方のワークショップをやります。
ベリーダンスをやっている患者さんから、クラスに来ている人たちに体の構造や使い方について何かセミナーのような講座のようなものが出来ないかと相談されました。
【カラダの座学】というのとアレクサンダー・テクニークを組み合わせたようなワークショップで、体の仕組みを話題にしながら体の使い方を確認していくようなものはどうかと提案しました。
ベリーダンスクラスの先生に話をしてもらったら、先生も興味があってぜひとのことになりました。


子供のバレエクラスで体の使い方のワークショップをしたことがあります。
その時はターンアウトとプリエについてをメインに、軸の話などもしました。
荒木はバレエの先生ではないので、バレエの先生とは違う説明になりますが、子供達は目をパチクリさせながら楽しんでくれました。
大人バレエな人たちに【カラダの座学】とアレクサンダー・テクニークを別々にグループレッスンをしたことがあります。
大人から始めるとカラダの中の構造や、気をつけるところはどこなのか、知りたいという人が多いので沢山の人に集まってもらいました。
コンテンポラリーダンスの人たちに【カラダの座学】をやったこともありました。
コンテンポラリーはレッスンしているところや先生で全然違う動きがあったりしますが、カラダの構造は一緒ですから楽しんでもらえた見たいです。
そう言えばフラメンコのスタジオでカラダの使い方の講座をしたこともあります。
でも、ベリーダンスの人たちには今回が始めてです。
だから楽しみ。


体の構造は皆さん同じです。
ところが体に対する認識は皆さん違います。
それぞれがそれぞれの認識で自分の体を使っています。
同じ構造なんだから同じように動くはず。
そう思っていても、使い方が違えば違った動きになったりします。
骨が200。
筋肉が600もあるので、少しくらい違った骨や違う筋肉を使ったって似たような動きになることがあります。
例えば一つの動きをするのに、筋肉を100使うとして、10くらい違う筋肉を使っても似た動きになるってことです。
でも、似た動きというのは、違う動きです。
似ているだけで違う場合がある。
例えばクラシックバレエでは前ももを使わずに脚を動かしたりします。
全く使わない訳ではないけど、普段使っているよりは使わない。
例えばバレエをやっている時は脚が外側に回っていて爪先が外を向くようにしています。
爪先が外を向くということは、内ももにあった筋肉が前に向くということです。
筋肉の位置が違えば、同じような動きをしようとしても違う筋肉を使うのは当たり前です。
でも、ついいつもと同じ筋肉を使ってしまう。
そんなことがあります。


実はここを使っているとか、ここから動かしているとか。
そんな話をすることになると思います。
目から鱗。
目が点。
始めて聞くことや始めての動きが出ると、皆さん笑い出します。
え~
へへへへへ。
なんでぇ~
その驚きや喜びが次に繋がると思います。
そんな風に動かすことも出来る。
いつもと違う動きも出来るかもしれない。
そう思ってもらえたらラッキーです。


体について。
ダンスについて。
何か知りたいことがあったら聞いて下さい。
ワークショップやセミナーも受け付けています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
teate@nifty.com
03-3922-7230

夏休み特別企画 中高生ダンサーの【カラダの座学】

読了までの目安時間:約 3分

夏休み特別企画として中高生限定のワークショップを行います。
中学生でバレエやダンス習っている人のための超入門解剖学講座です。
【カラダの座学】は外から見る体の形と、実際に動く骨や筋肉の構造を知って、今よりも動きやすい体を手に入れるワークショップです。
難しいレッスンや繰り返し練習をしなくても、体の仕組みを知るだけで動きは変わります。
頭の中にある体の地図が違っていると(勘違い)、人はその間違った地図に沿って動こうとします。
それを元に戻す。
ここ数年は現代舞踊協会でダンサーとダンス指導者が受講している講座です。

夏休み期間に東京名古屋開催します。
終了後はバレエやダンスに関する質問タイム設けます。
今回は中高生だけしか参加出来ません。


カラダの座学@東京
日時 : 終了しました。
場所 : てあて整体スクール 東京
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
(西武池袋線 大泉学園駅 徒歩 7分)
料金 : 5,000円
定員 : 8人
条件 : 中学生、高校生、中学生に同伴する親
(親御さんも参加費頂きます。)
申込 : teate@nifty.com
03-3922-7230


カラダの座学@名古屋
日時 : 終了しました。
場所 : てあて整体スクール 名古屋
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
水素ハスハナ内
(JR・地下鉄千種駅 徒歩1分)
料金 : 5,000円
定員 : 8人
条件 : 中学生、高校生、中学生に同伴する親
(親御さんも参加費頂きます。)
申込 : teate@nifty.com
03-3922-7230

解剖学 入門講座 終わりました。

読了までの目安時間:約 3分

解剖学1906281

解剖学の講座をやりました。
ここからいふ広場(宇都宮)でやっている、和ごころ式セラピーの講座の一部としての授業です。
宇都宮に行くのが大変という和ごころ式の生徒さんが、東京で開催出来ないかと問合せがあってやることにしました。
ところがその主宰をした人が急に参加できなくなるというアクシデント。
お嬢さんが熱を出してしまって、家を空けられなくなってしまったんですね。
残念。
ということで近々またやります。
また募集をしますので、今回は出られなかったという方もぜひどうぞ。


解剖学入門と聞くとけっこう難しいイメージがあるかもしれません。
骨格の名前だったり筋肉の名前だったり、だいたい解剖学用語は漢字が多い。
ほとんど漢字ばっかりなので何となく難しい感じがあります。
いやダジャレではなくね。
でも荒木の解剖学講座はぜんぜんそんなことはありません。
セラピーや手技療法や日常生活で知っておくと良いことを話をするようにしています。
例えば、骨の名前を覚えるより形を知ってもらいます。
骨と骨が隣り合っていると関節を作ります。
関節の動きは骨の端っこの形と筋肉がついている位置で決まります。
関節の種類はそんなにないので、その説明はします。
肘と膝の関節の違い、頚椎と胸椎と腰椎の違い、骨盤や股関節で知っていくべきこと。
そんな話をします。
筋肉も知っておくべきことの話をします。
直立二足歩行をする人間にとっては、骨盤回りの腸腰筋や臀筋群はポイントですね。
骨と筋肉が終わったら、血液とリンパの流れの話、そして(中枢)神経と体の関係の話。
この中で自律神経系の話をしたりします。
そんなこんなで4時間ぶっ通し。


今日は和ごころ式セラピー(クラニオ)を学んでいる人とセラピストと、介護施設で働いている人の3人が参加されました。
三人三様に興味の対象は違い、日常的に考えていることや問題になっていることが違います。
そこを考慮しながら話を進めて行きました。
介護の現場で使えるような考え方や見方、クラニオをする上で知っておくべきこと、セラピストとして知っておくと良いことなど話が出来たと思います。
この企画は通常の整体スクールの講座と比べると、料金がけっこう参加しやすい金額になっています。
セラピストや仕事と関係のない人でも楽しんでもらえる内容だと思っているので、興味のある人はぜひ次回参加して下さい。


解剖学1906282

クラニオ入門講座 @ 名古屋

読了までの目安時間:約 2分

クラニオ(頭蓋仙骨療法)は5グラムタッチとも言われる軽い触れ方で全身を整える手技療法です。
7月に名古屋でこの講座を行います。
ストレスや疲れや寝づらいなど、沢山の悩みを抱えているクライアントさんに、今とは別の方法でアプローチする方法を手に入れて下さい。
軽いタッチで安全なので家庭でも出来る療法です。
乳幼児や高齢者まで家族のために学ぶ人もいます。
お待ちしています。


クラニオ入門講座@名古屋
日時 : 7月18日(木)14:00から17:00
場所 : てあて整体スクール名古屋教室
     愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
     水素ハスハナ内
料金 : 18,000円(リピート受講5,000円)
     スクール生 9,000円、スクール生・卒業生リピート 5,000円
申込 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


人の体は脳脊髄など中枢からのコントロールで動き生命活動をしています。
生きて行く上で中枢神経は欠かせないものです。
その中枢神経の回りを保護し代謝産物を運び出すなどしているのが、脳脊髄液と呼ばれる液体です。
この脳脊髄液の流れを良くするために、頭蓋骨や骨盤の真ん中にある仙骨の動きを調整していくのがクラニオセラピーです。
体の中心を整えることで、動きも整って来ます。
静かな時間の中で全身を整える。
クラニオを学んで下さい。


クラニオ2

クラニオイラスト

ダンサーのパーソナルセッション

読了までの目安時間:約 4分

昨日は現代舞踊協会主催の《パーソナルセッション》と《実践体験型ワークショップ》をやって来ましした。
会場は現代舞踊新人公演オーディション会場の渋谷伝承ホール裏のブースでした。
参加されたのはオーディションに参加したダンサーたちと、舞踊指導者資格認定講座を受けに来ていた先生方です。
《実践体験型ワークショップ》は舞踊指導者資格認定講座の科目となっています。


現代舞踊19062

先にパーソナルセッションで7人みたあとにワークショップを行いました。
ワークショップの様子は写真のようなもので、「見て触れて動かしあて分かるダンスの体」と言う簡単な解剖学を使ったマッピングのような内容です。
外から見た体の形と実際に動く構造を、イメージと実際に動かした体感などで確認していくものです。
参加されたダンサーはとても熱心で感覚も鋭く、何かやるとオオオ~ッ!ほほほ~ッ!(笑)といった声が出ていました。


現代舞踊19063

パーソナルセッションはダンサーの日頃の悩みを聞いて、アドバイスしたりストレッチを教えたり体の使い方の確認方法を教えたり、少し施術したりします。
今回、聞きに来たダンサーはおよそ20代半ばから後半の人が多く、男性1名で女性が6名でした。
聞かれた内容は以下のようなものでした。


・右太もも下が伸びにくい。(少し痛みがある。)
・足の付け根辺りの音が鳴るのはどうしてか。
・練習が続くと左膝下がビリッと来る。
・左側の肩や腰が不意に痛むことがあるが、原因は何故か聞きたい。
・肩甲骨周りのほぐ仕方。
・クールダウンの仕方。
・右の膝の中がぐらつく感じがするのは何か原因があるのか。
・右膝が伸びきる(はまる)と良いが途中だとぐらつく。
・左脚を上げると右膝が引っ張られる。(逆はない)
・左肩が上がりやすい、つっかかりやすいのは何故か。
・左回り弱い。
・腰痛と向き合っていくためにはどうしたら良いか。
・コントラクションを深くするようにないりたい。エクササイズが知りたい。
・脚を挙げられるようになる筋力の付け方。


7人で14の質問でしたので、一人あたり2つくらいの質問に答えました。
一般的な答えは全く意味がありません。
一人一人違う体を持っているダンサーの特徴や状態に沿ったアドバイスや動きの話をします。
一人あたり25分位なのでけっこう目が鍛えられます。
触診をして少し動いてもらい原因を推測します。
簡単な施術をして、推測した原因が間違いないか確認します。
(少しの施術で痛みがなくなったり、立ち方が変わったりしますから。)
そうやって話をすると、みんな瞬時に笑顔になりますね。
ああああ~っ!
今まで不思議だったことや不可解だったこと、理由がわからなかったことが分かると笑顔になる。
腑に落ちて、これからすべきことが腹に入ってきます。
やってて良かったと思う瞬間です。


ダンスの故障やダンサーを診るのは、開業時や開業前に望んでいたことです。
自分でも踊っているので、故障のダンサーの役に立ちたいとか故障のダンサーを減らしたいとか。
現代舞踊協会さんでの講座は大変ですけどやっててとてもやりがいのある仕事です。


現代舞踊19064

現代舞踊19061

現代舞踊協会の皆さん
いつもありがとうございます。

5月連休中のセミナーや講座について

読了までの目安時間:約 3分

今年の5月は改元もあり10連休です。
この連休にいくつかのセミナーや講座を予定しています。
気になるものがあったらチェックして下さい。


大人バレエな人のための『カラダの座学』【5月3日】

大人からバレエを始めた方やベリーダンスやタンゴやフラダンス、ジャズダンスやソシアルなどさまざまなダンスをしている方々のための超簡単な解剖学です。
解剖学と言っても骨や筋肉の名前を覚えるものではありません。
外から見えているヒトの外形と実際に動く場所(関節や筋肉)の違いを確認して、頭の中にある体の地図を書き換える作業です。
実際に動かしたりしながら確認をしていきます。


セラピストのためのダンスの話【5月4日】

さまざまなセラピストやピラティスやヨガのインストラクター向けの、ダンスの話です。
大人になってバレエやダンスを続けている人が、どんなことに悩んでいるのかを解説していくシリーズです。
初回は「ターンアウトが出来ない。(5月4日)」以降、「体が硬い。」「脚が上がらない。」「背中を反れない/アラベスクが出来ない。」「足首が伸びない/足の甲が出ない。」「腕と肩/腕が柔らかく使えない(仮)」と続く予定です。


クラニオ練習会【5月5日】

クラニオ(頭蓋仙骨療法)の練習会・おさらい会です。
これまでに一度以上てあて整体スクールでクラニオのセミナーを受けた方のための練習会の時間を作りました。


骨格調整専科 名古屋集中コース 【5月21-24日】

連休中ではありませんが、5月に骨格調整の4日間集中コースを名古屋で行います。
骨格調整専科は整体スクールの骨格調整授業を受講するコース。
終了後も何度でもリピート受講出来るので、安心して受けることが出来ます。
4月中の申込には早割もあります。


以下は4月中の募集コースです。
アレクサンダー・テクニークとストレッチ・トレーニング。
自分の体に気づき動かす時間です。
お待ちしています。


アレクサンダー・テクニーク グループレッスン 【毎月開催】

名古屋4月17日、東京4月30日にやります。
一人からでも申込出来ます。


マダカラ ~まだまだ動けるカラダを創る【名古屋4月16日、東京4月23日】

名古屋4月16日、東京4月23日にやります。
ひとつひとつの関節を動かすことから始めて、コンテンポラリー・ダンスのフロアワークに進み簡単なステップをいくつか踏みます。
体を動かしトレーニングするクラスです。

骨格調整専科@名古屋 【早割】

読了までの目安時間:約 1分

5月に名古屋で行う骨格調整専科4日コースの申込が始まりました。
3月4月に申込される方には早割特典があります。
この機会に安全で確実な骨格調整・筋肉調整の手技を身につけてください。
お待ちしています。


【骨格調整専科@名古屋】

日時 : 5月21~24日 10:00~14:00
場所 : てあて整体スクール 名古屋教室
     愛知県名古屋市東区葵 3-14-20 ROOM CREA 2F
      (JR・地下鉄千種駅1分)
料金 : 108,000円 → 早割あり
早割 : 3月申込  88,000円
     4月申込  98,000円
申込 : teate@nifty.com
     03-3922-7230
FB : https://www.facebook.com/events/318819258988616/

足首が伸びない/甲がでない人”の体のしくみとストレッチ

読了までの目安時間:約 2分

バレエカレッジ企画【足首が伸びない/甲がでない人の体のしくみとストレッチ】講座やりました。
バレエカレッジ企画としてはこれで5回目の講座。
残り1回で一周回ることになります。
これまでやってきた内容は。


1回目 ターンアウトが出来ない。
2回目 体が硬い。
3回目 脚が上がらない。
4回目 背中を反れない/アラベスクが出来ない。
5回目 足首が伸びない/足の甲が出ない。
6回目 腕と肩/腕が柔らかく使えない(5月12日予定)


大人からバレエやダンスを始めた人に悩みはつきもの。
先生や仲間はいろいろなことを言ってくれるけど、なかなかコレといったものが掴めない。
変に脚を上げるくらいなら美しく上がっていれば低くても良い、とは言ってもやっぱり脚は上げたいし。
体は柔らかくなりたいし、アラベスクはもうちょっと剃りたいし、足首は伸ばしたい。
そんな人のための講座です。
今回は足首と爪先とポアントなどについて。
鎌足について質問されていたのを忘れて、テキストには記載しませんでしたが、練習方法や体の感覚や使い方などは講座の中で出来ました。
一人一人の足や脚にも触れてアドバイス出来たので良かったと思っています。
残り1回は「腕と肩」について5月12日に予定しています。
気になる方はこのブログかバレエカレッジ(㈱オンポワント)さんのサイトをチェックしておいてください。
参加された皆さん
お疲れ様でした。
参加ありがとうございました。


※この内容をセラピスト向けにシェアする連続講座を企画しました。
 【セラピストのためのダンスの話】
  → https://teate.co.jp/blog/blog1903172.html


バレエカレッジ1903171

バレエカレッジ1903172

バレエカレッジ1903173

バレエカレッジ1903174

セラピストのためのダンスの話 全6回の一回目

読了までの目安時間:約 3分

整体師やセラピストのために、ダンスをしている人の悩みを解説する連続講座を開催します。
大人からバレエを始めた人やダンスを続けている人がどんなことで悩み、それはどうやって解消すれば良いのか。
ダンスやバレエを知らない整体師やセラピストのための講座です。
整体師・セラピスト・ピラティスインストラクター・ヨガインストラクターなど


1回目 ターンアウトが出来ない。(5月4日)
2回目 体が硬い。
3回目 脚が上がらない。
4回目 背中を反れない/アラベスクが出来ない。
5回目 足首が伸びない/足の甲が出ない。
6回目 腕と肩/腕が柔らかく使えない(仮)


バレエやダンスの体の使い方は普段の使い方と違うことがあります。
例えばプリエ。
バレエのレッスンでしゃがんでいく(ような)動作です。
レッスンの前半ではバーと呼ばれる棒を片手で持って、爪先を外に両踵をつけて行ったりします。
この動き、大腿四頭筋よりも臀筋群やハムストリングスを意識して行います。
しゃがむと言うよりは、両踵を持ち上げてくる感覚。
ちょっと不思議ですね。
これは脚をターンアウト(股関節外旋)させながら全ての動きがあると言う前提があるからです。
ちょっと分かりにくいかもしれません。

そんな話をしながらバレエやダンスで多い悩みを解説していきます。
また悩みに対してどんなアドバイスが有効かと言うことの解説も行います。
全6回のコースですが、どれか1回の参加も大丈夫。
気になる講座に参加下さい。

講師荒木はダンス歴35年。(ジャズ、バレエ、コンテンポラリー)
整体師としてダンサーやダンス愛好家の方々を20年見ています。
また、現代舞踊協会舞踊指導者資格認定講座の講師でもあり、大人バレエな人のための講座なども多数行っています。
現場の声をお届けします。


セラピストのためのダンスの話(全6回)

日時 : 5月4日(土祝)10:00~12:00
場所 : てあて整体スクール 東京
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
     西武池袋線 大泉学園駅 7分
料金 : 12,000円
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


アラセゴンド

大人バレエな人のための【カラダの座学】

読了までの目安時間:約 3分

解剖学が大切だとは思うんだけど、なかなか勉強する機会がないし、かと言って自分で勉強するのも何だし。
それに本で読んだり見たりしただけで本当に分かるのかどうか。
分かったところで使えるのかどうか。


はい、その心配ご無用です。
大人バレエな人のための【カラダの座学】
やります。


「カラダの座学」とは簡単な解剖学を使って、体の仕組みを知ろうという講座です。
講座と言ってもただ説明を聞くだけとか、座学で勉強するだけではありません。
実際に触れてみて動かしてみて確認する。
それだけで体の動きが変わります。

頭の中には体を動かす記憶のようなものがあります。
いつもやっている動きなので、ある程度のところはどの筋肉を使うのかがプログラムされていると考えてみて下さい。
そのプログラムが間違った設計図から出来ているとしたら。
そうなんです。
例えば腕はどこから動くのか。
頭はどこから動くのか。
足首や膝や脚はどこから動くのか。
もともと頭の中にある骨や筋肉の位置が微妙に違っていたら。
その微妙に違う骨や筋肉を動かそうとしたら。
やっぱり動きは制限されてしまいます。
それを書き換えようというのが、「カラダの座学」の目的です。
ボディマッピングなどとも呼ばれる方法です。
その上、バレエやダンスの質問も受け付けます。
10連休のほんの2時間。
大泉学園で待ってます。


大人バレエな人のための【カラダの座学】

日時 : 5月3日(金祝)10:00~12:00
料金 : 9,000円(当日精算)
場所 : てあて整体スクール 東京校
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
     西武池袋線 大泉学園駅7分
定員 : 6人
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230


カラダの座学3・てあて整体スクール

カラダの座学2・てあて整体スクール

カラダの座学4・てあて整体スクール

1 2 3 13