東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

【ダンス専科】への道 荒木靖博65歳 ②

読了までの目安時間:約 3分

4月6日に本番のある【ダンス専科】。
神楽坂セッションハウスで踊るまでの道のりを書こうと思って二回目の投稿になります。
前回は1月16日でした。

土曜の夜に時間があったので、地区区民館を借りて自主トレをしました。
自主トレと言って何をするのかというと、床の上でストレッチをして前回もらった振り付けを何度か繰り返すという事です。
ストレッチはいつもやっているもので、床の上でゴロゴロしながら脊椎や肩関節・股関節・膝関節など動かしていきます。
筋肉を引っ張る感じではあまりなく、ただ体側は引っ張って伸ばしたりしますが、他は動かしながら緩めていきます。
40代くらいまではストレッチもそこそこに動いていたりしましたけど、50代くらいからはっくりストレッチして関節の動きを出して、筋肉を温めて緩めないと、すぐ故障します。
分かってるのに50代前半くらいまでは、そこそこストレッチで故障してました。
ばかですね。
で、今はストレッチのというか、筋肉温めて伸ばして関節を動かしてという時間を(自分の感覚としては)長めに取ります。
ま、20分くらいでまだ短いとは思いますが、それ以上やると今度は逆に筋疲労がおきて動けなくなったりします。
どうもしょうがないですね。

体が動きそうになったら、前回やった振りを動いてみます。
当然、動画を見ながらですね。
便利になりました。
昔は動画なんて撮れなかったので、覚えました。
いや、覚えると言っても、レッスン終わりに紙に書いて覚えてましたね。
紙にどうやって書くんだって思うかもしれませんが、人間追い詰められると色々出来るものです。
いや追い詰められていた訳ではなく、好きでやってただけですけど。

それも終わって少しインプロビゼーション(即興)で振り付けしたりしていました。
これは全くの趣味。
頭の体操で体の体操です。
動画を撮って残してあるものもありますけど、発表はなかなか出来ないですね。
また、作品創りをする時の参考になればと思っています。

ダンス専科1

64歳 パフォーマンス前後の体のケアと整え方

読了までの目安時間:約 6分

セッションハウス

2ヶ月が経ってしまいましたが、5月20日・21日・22日と三日間、神楽坂セッションハウスでダンス作品に出ていました。
期間中、本番直前に64歳の誕生日を迎えました。
20代から踊っていますが、今回は体のことでいろいろ考えたことがありました。
50代60代それ以降で踊っている人の参考になるかもしれないと思い、ケアや整え方を書いてみようと思いす。
荒木は整体の仲間からはダンサーでもある荒木なんて言われていますが、プロではありません。
でも1年に1回以上は継続して発表会ではない舞台を踏んでいます。
でも、仕事は整体師で整体学校の先生です。


昨年と今年は大きく違いました。
63歳と64歳。
分かりやすい部分で言うと、疲れが抜けない。
抜けないというか、体の底の方に溜まっている。
動けない訳ではありませんが、リハーサルやレッスンをしていない時の動きが重くなっています。


おかしいなぁ。。。


と首をひねることが多くなりました。
多分、おかしくないんだと思います。
これが64歳の普通。
勘違いしちゃいけない、きちんと認識しないといけない。
と何回か自分に問い掛けました。


体は動かないことはありません。
他の参加者と(ある程度)同じように動いています。
覚えが悪くはなりましたが、動くことは動く。
ただ、終わると体の重さがすぐに来ます。
そして翌日にも残る。


アラカン(60歳前後)位からレッスン前日とレッスン当日はアルコールを抜いています。
レッスン前日に呑んでも踊れるし、大して変わりはない感じはありますが、でもやっぱり少し何かが違います。
面倒なので前日には飲まないようにしたのは、アラフィフ位からでした。
それでも、50代半ば位まではレッスン当日は呑んでいました。
体を動かして汗をかいた後のビールは格別です。
なので、レッスン当日は飲んでいたんですが、これがアラカンくらいからちょっと変化がありました。
きっともっと以前からそうだったんだと思います。
思いますが、なかなか気がつかないというか確信できない。
でも、レッスン当日に飲んだ翌日は体がかなり違う。
筋肉が筋張っているというんでしょうか。
ソフトなビーフジャーキーみたいな筋肉が、体の奥、芯の方にあるような感じです。
そして脚が重い。
仕方なくレッスン日も抜くようにしました。
とは言え本番が控えていない時は飲む時もありますけどね。
そりゃあね。


体の重さと筋肉の筋の芯の硬さをどうにかする必要があります。
重さは疲労物質なんだろうなと思います。
なので風呂と睡眠とストレッチです。
風呂は少し時間をとって湯船に浸かります。
と言っても30分も30分も浸かりません。
せいぜい5分くらいだろうと思いますが、体の芯が温まって芯まで筋肉がリラックスしたような感じを感じるまで湯船に座っています。
睡眠。
これはなかなか宵っ張りなんで難しいんですが、それでも7時間以上は確保するようにしています。
それと昼寝。
ありがたいことに自分で仕事をしているので、患者さんがいない時は横になって30分くらい昼寝をしています。
それとストレッチ。
ストレッチはぎゅうぎゅう引っ張ることはしてません。
アキレス腱をストレッチボードで伸ばすことと、ウォーキングです。
レッスン翌日はなるべく歩くようにしています。
出来るだけなので、20分とか30分でも歩きます。
そうやって疲労物質を溜めないように心がけていました。


体の芯の硬さは、股関節を肩関節と脊柱(背骨)を動かすことで対処しましたが、実際は脊柱はあまりできませんでした。
股関節は毎日、脚を前後左右に振って緩めていました。
肩関節は腕をぐるぐるぶん回していました。
ま、これくらいかな。
あとテーピングもやっていました。
キネシオロジーテープを背中(左右の起立筋)に貼ったりしてました。


もう一つ思い出した。
クリエーションが4時間くらいだったんですが、水分やバナナやチョコを途中で口に入れました。
ガス欠みたいになるんですよね。
水分はとにかく多めに摂るようにしました。
多分、高齢になると体の中の水分量が少なくなるので、出来るだけ補給しないと、すぐに足りなくなるんじゃないかという心配がありました。
汗が常に出ているくらいの状態が良かったかなと思います。
休憩は10分位あったので、バナナとチョコを口に入れることで、少し動きやすくなった感じがあります。
糖質などが必要だったのか、食べるということが有効だったのかはわかりません。


60代の体の変化は50代までとは違う感覚がしています。
動きは動けないこともないんだけど、体が締まらない。
痩せるという意味ではなく、動きの締まりが決まらない。
疲れが筋肉痛という感覚ではなく、関節の痛みや全身の重さとして感じられるようになる。
ケアをしないとすぐに体が重く動きにくくなる。
そして怪我や故障の兆候があったら、すぐに休まないと長引いてしまうことになる。
こんな感じですかね。


遅くなってしまいましたが、今、感じていることを書きました。
まだ暫くは現役で踊ります。
自分のようなダンスの続け方をしている人は少なく、プロでもないがアマチュアでもない。
ロールモデルがいないので、作っていかないとなと思います。
高齢で踊る人。
60代70代で何かを続けている人。
何かを始める人。
今までだったら50代で引退するような事を続けている人。
そんな気負ってる訳ではありませんが、まあ続けたいと思います。
他にやってる人が少ないので。


サイコボリス

舞踏を見る。 〜 伊邪那美を見てきました。 〜

読了までの目安時間:約 2分

東京都美術館でやっている公募ZEN展に行ってきた。
知人が「伊邪那美」という舞踏集団を結成して踊るという。
最近知り合ったダンサーと昨年知り合ったダンサー。


舞踏は多くは見ていない。
ただ、強烈な印象があるのは確か。
昨夏、これも昨年知り合ったダンサーの舞踏公演「がらんどうの庭」というのを、吉祥寺の小さなギャラリーで見た。
その時は石井則仁さんという男性ダンサー一人。
今回は女性が二人のユニットの作品でした。


伊邪那美1

伊邪那美2

伊邪那美3

女性には色がある。
そう思います。
特に舞踏のような微かな動きの多い作品では、それがよく分かる。
そしてそれが女性の場合は色に見える。
ダイナミックで空間に開放されていくような拡散されていくような動きが体の中にあって、それが体の外に発散されるのが、皮膚の一枚下で止められているような、エネルギーだけが外に放散されるようなものを感じます。
舞踏の方の動きは微かな動きに見えて、その実は驚くほどの身体能力と動きを持っているのを知っています。
関節の動き以上に筋肉や血管や内臓の動くのがわかります。
すげえ。
と思います。
そしてこの作品はどんどんこなれて、どんどん進化していく作品なんだろうと思います。
もう少し長尺でも、というかもう少し長尺で見てみたいと思う作品でした。(今回20分程度)


山海塾岩本

今回は山海塾の岩本さんのパフォーマンスも見ることが出来ました。
短い時間でしたが、舞踏を紹介するようなパフォーマンスでした。
とても真摯に向き合っておられるのが分かりました。


はぁ。
レッスンしよ。

いつまで踊るの?

読了までの目安時間:約 3分

来年、1月にパフォーマンスをします。
セッションハウス開催のアカイクツという企画で、以前、踊ったナンバーが再演されることになり、そこに出流ことになりました。
先日、久しぶりに顔合わせをしてスケジュールなど話していた時に聞かれました。
一緒に踊るのは自分を含めて4人、全員1958年生まれの同級生です。(出身は違うけど。)

アラキいつまで踊るの?

同い年の男性からの質問でした。
そろそろいつまで踊るのか考えているんだ的な気持ちを飲み込んでいたような感じがしましたが、それは定かではありません。
まだまだずっと踊っているのかもしれないし、もうそろそろ踊りは卒業しようかと思っているのかもしれません。

とりあえず70で21に出ようと思ってるんですよね。

21というのはセッションハウスで年4回開催されている公募公演で、応募すれば誰でも出てパフォーマンスをすることが出来る舞台です。
これまでに何度か作品を作って参加させていただきました。
そのパフォーマンスに70になったら出ようかなと今のところ思っています。

面白いでしょ。

というのが理由です。
70の爺さんが一人で(あるいは何人かで)踊っていたら。
何だか時代を象徴しているようにも見えるし、これからはそういうことになっていくんじゃないかと思ったりしています。
平均寿命も長くなっていて、70歳は40年前の55歳くらいのイメージなんじゃないかと思ったりします。
定年を迎えたあたりで、まだまだ出来ると自分では思っているけど、結構身体的には衰えがきていて、でもトレーニングしていればある程度は動ける状態。
みたいな。

田中泯さんを昨年舞台で見ました。
70代前半でしたけど、1時間くらいの舞台上でずっと動いていて、20代から50代までのダンサー達の中で最後まで動きがシャープだったのを覚えています。
もちろん田中泯さんと自分は比べ物になりませんが、70代と言えば引退というのは多分昔の常識になっていくんだろうと思います。
そう言えば10年くらい前だったか、黒沢美香さんのご両親がやはりダンサーで両親二人でパフォーマンスをされた事があったと思います。
題名は「まだ踊っている」だったかと思います。
面白いですよね。

70まではまだちょっとあります。
70を目指している訳ではないので、今日動けるかってことがポイントなんですけどね。
ほんと、いつまで踊るんでしょう。

ライブ配信におけるカメラのスィッチングについて

読了までの目安時間:約 4分

昨日、ダンスフェスのライブ配信を見ました。
コンテンポラリーダンス作品ばかり6作品。
3作品は群舞で3作品はソロ。
カメラが幾つか入っており、正面で全体を写すものと上手下手それぞれからで合計3台はあったと思う。
カミシモから狙っているカメラは、手持ちのようで寄ったり弾いたり、上半身だけだったり下半身だけだったりを少し移動しながら映しているようでした。

カメラワークとスイッチングというんだろうか、カメラの切り替えが気になりました。
映像作品として見る分には、カメラワークやスイッチングによって、全体を見たり大写しになったり、足だけだったり上半身や顔だけのショットがあるのはとても良いと思いました。
思いましたが、群舞だとそうでもない場面も多々ありました。
群舞だと数人が上手下手に分かれて踊っていたり、客席近くで踊っている一人に対してホリゾント側を数人が移動していたりという場面が良くあります。
また、立っている位置も、一人が舞台上のどこに立っているのか、群舞がどこで群れているのか。
舞台上の構成だったり、高さや人数やそれぞれの人同士、人と人のグループ同士の関係性などが、とても大切な作品の要素だったりします。
作者は人を舞台のどこに位置させるかで悩みます。
どこで止まっているのか、何人と何人が群れているのか。
動いている人と動いていない人の関係性はどうなっているのか。
そこにストーリーがあるのか、ストーリーではなく状況や情景を見せたいのか。
あるいは暗喩として人を使うのか、そのままなのか。

それがカメラワークが多く、スイッチングが多いと、作者の意図がそこに反映されているのかどうかが気になりました。
特にダンサーがカメラかれ消える瞬間。
カメラの下に消えるのか、カメラの横に消えるのか。
ダンサーが消えたと思った時に、舞台上は全て暗転しているのか、どこかに照明が残っているのか。

先月、自分自身が出たパフォーマンス作品を後でアーカイブを見た時に、若干気になりました。
ストーリーのある作品だったので、どこにカメラを向ければ良いのかは分かっていました。
そういう意味ではとても上手くカメラのスィッチングをしてもらったと思います。
ただ、作者とスイッチングをする人の間には相談も提案も依頼もなかったように思います。
ここはコッチを写して下さいとか、ここは絶対に全体をとか、俯瞰で始まって欲しいとかなんだとか。

たぶんこれからの課題なんだろうと思います。
何台かのカメラアを入れてライブ配信をする時に、ダンス作品などの場合は作者がカメラアングルやカメラワークそして、どの映像を使うかとうスイッチングまで指示が出せるようになると良いなと思います。
ま、良いなとは思いますが、そこまで頭が回るようになるには、まだかなりの時間を要するんじゃないかと思いますが。
その前にカメラワークやスイッチングのプロが現れるのかもしれない。
いや逆に、見ている人が何台かのカメラのうち好きなアングルを選べるようになるのかもしれない。
それはそれで面白いようにも思う。

しかしやっぱりライブは良いね。
オンラインでも迫力がありました。

11月に踊ります。

読了までの目安時間:約 3分

11月に踊ります。
知り合いのスタジオ主催のスタジオ・パフォーマンスに自作品で出演します。
ダンスです。
見てやろうという奇特な方がいらっしゃいましたら連絡下さい。
チケットが少しだけあります。


Dance Experiment Play Three 2016.11.26

日時 : 11月26日(土)15:00~、18:30~
場所 : TOKYOZA (西武池袋線 富士見台駅5分)
     練馬区貫井 1-29-10
料金 : 1、500円
問合 :  teate@nifty.com 03-3922-7230


どうして整体師で整体学校の先生なのにダンスなのか!


逆です。(笑)
ダンスの方が先なんです。
ダンスを始めたのは32年前。
ジャズダンスでした。
その後、クラシックバレエを少しやって40代に入ってからはコンテンポラリー・ダンスをやっています。
コンテンポラリー・ダンスってのは現代舞踊のこと。
創作ダンスのようなものです。
自分でも創ってます。
振り付けってやつです。
ありがたいことに、今年もまだ現役で舞台に出させてもらっています。
そして今回は自分の振り付け作品で出ます。
9分位の作品になりそうです。
8月末から創り始めて、やっとここのところ全体の形が見えてきました。
来週はスタッフ見せと言うのがあって、本番は11月の月末です。
整体やスクールやセミナーをやりながらのリハーサルなので、大変っちゃあ大変です。
でもまあ、これをするためもあって独立開業したんだから。


僕の作品の特徴なのか、あんまり踊りません!?(笑)
9分のうち4分位は座ってると思います、あとの2分半位は歩いていて、残り2分半位が踊ってます。
どんな作品になるでしょう。
ははは。
お楽しみに。


BE II・てあて整体スクールあら木

珍しく踊ってるところです。
サラリーマン体操ではありません。(笑)




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019