整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

テキスト改訂中

読了までの目安時間:約 3分

来年2016年から新しいカリキュラムになります。
クラニオ(頭蓋仙骨療法)と「姿勢と歩き方」と言う授業が始まって、PNFとストレッチがなくなります。
これに伴ってテキストの改訂を始めました。
クラニオは2年ほど前からスクール関係者向けにセミナーをやっていたので、それをベースに出来てしまった。
次に手をつけたのが「症例別」のテキスト。
新しい授業はクラニオと「姿勢と歩き方」なのに、「症例別」のテキストに手をつけてしまった。
数日前に肩こりの症例について書き終わりました。
そう、改訂と言うよりはあたらしく書いている感じ。



パラダイム・シフト



って話を書きました。
今までとカリキュラムの考え方を大きく変える。
教えている指針整体やマッスルエナジーは変わりませんが、それに加える授業を変える。
その変える意味・・・です。



あら木の患者さんの見方が少しずつ変わって来ていて、それに合わせるように授業内容も少しずつ変えてきました。
ただ、教科書は手をつけていなかった。
つまり変えていなかったんです。(すまぬ。)
一番大きく影響が出るのはやっぱり「症例別」です。
そこでこのテキストの改訂を始めたってことです。
これ、なかなか大変です。
今、授業で説明していることに沿った内容にしています。
骨格調整の内容やPNFやストレッチの内容も入れています。
以前のテキストでは調整は調整で、そちらの授業で練習しましょう的な内容になっていました。
でもそれだと手間がかかる。
なので一冊完結にしようとしています。



クラニオは出来たので、年内に「症例別」と「姿勢と歩き方」を見直します。
「姿勢と歩き方」は実は去年授業としてやっていましたが、これも全面改訂の予定。
間に合うんだろうか。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

パラダイム・シフト 〜 新しい方向性に向けて

読了までの目安時間:約 5分

【パラダイム・シフトって?】


昨日、ある人と話をしていて色々なことに気付き考えさせられました。
そんな中で考えたのが「パラダイム・シフト」です。
でもこれじゃ何のことだか分からないですよね。
全部が全部繋がって組み上がった訳ではないのでまだ途中経過ですが、分かってることを少し書いておきます。


整体スクールを始めたのが10年以上前。
まだ60分2980円も個人でスタジオをやっているパーソナルトレーナーも居なかった時代です。
腰痛や肩こり、身体の不調の専門家として整体師が居ました。
主な仕事や必要な手技・テクニックは今と変わらないと思ってますが、社会状況が違ってました。
それと、あら木自身のスキルも開業5年目の整体師のものでした。
当時はテクニックを教える整体スクールとして価値のあるものでした。


4年半前に東日本大震災があり、その前後から筋疲労を軽くするためのサロン(60分2980円)やトレーニングを見るパーソナルトレーナーが個人で始めるようになりました。
トレーナーの方々はそのスキルを使って、身体の機能改善(トレーニング)だけでなくスタイル(外観)を見るように変化して来ました。


今でも荕疲労を軽くする整体をしている整体師は、実は荕疲労だけを機械的に押し流しているのではなく、患者さんと人と人の繋がりを作ることで、全人的なケアをlする人に変化して生き残っている人です。
機能やスタイルを見る整体師は、整体師と言う名前を捨てそれぞれの扱う部位や結果の姿をネーミングに、新しい形態に変化して行きました。


ここ4年ほどの変化に少しずつ対応して、カリキュラムの見直しをして来ましたが、それでは足りないなぁと言うのが、このところの実感でした。
テクニックを個別にマニュアル的に教えることの限界、を感じました。
テクニックは教えるけどテクニックだけでは、通用しなくなって来ている。
基本的な手技やテクニックは整体師やセラピストに必要なものですが、それを別々に使えるだけでは足らない。
ではどうするか。
ここが悩みどころでした。
去年は「姿勢と歩き方」を授業として導入し、今年に入ってそれをアレクサンダー・テクニーク グループレッスンに変えました。
これでも少し違和感が残ります。
来年からPNFをやめることも決めました。
それでもまだしっくりこない。


それで昨日です。
「先生、やりたいようにやったらどうですか?分かってらっしゃるんだから。」
その人は僕の仕事内容もカリキュラムのことも知らないでそんなことを言ってくれました。
ああなるほど。
そこから色々なものが繋がり始め、組み上がって来ました。


来年になったら「PNF」「ストレッチ」「開業講座」をやめます。
骨格調整はマッスルエナジーテクニックに収斂させます。
症例別は身体の見方中心に内容を見直します。
「姿勢と歩き方」の授業を再開しますが、内容は昨年やっていたものと少し変わります。
(アレクサンダー・テクニークとの連携)
「触診」を授業に昇格させて、別に時間を取ります。
そして「クラニオ」。
ああ、指針整体がベースはゆるぎなく変わりなく。
このカリキュラム・ミックスでやって行きます。
カリキュラム・ミックス(組合せ)自体に意味があります。
そしてこのミックスは今の僕にしか出来ない。


通底するのは「繋がり」です。たぶん。
今のところこの言葉を使って説明して行きます。
(まだ全部が全部説明出来る訳ではないので、少しずつ変化しながら進みます。)
動的平衡と繋がりがポイントになってくると思います。
テクニックだけではない、テクニックとテクニックの相乗効果。
この組み合わせでなければ出てこない結果。


ううむ楽しみだ!


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019