東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

マッスルエナジー・テクニックで出来る事

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールの骨格調整・筋肉調整の手技はマッスルエナジー・テクニックを使っています。

整体などで体の歪みやズレを直す時、骨格調整や骨盤調整、骨格調整などを行います。
その時にどんな手技(テクニック)を使うのかは、それぞれの整体学校やスクールで違います。
どこも同じような手技で調整している訳ではありません。
マッスルエナジー・テクニック。
骨格調整や骨盤調整のやり方は沢山ありますが、マッスルエナジー・テクニックもその一つです。
特徴的な事が幾つかあるので書いて置きます。

・ボキボキしない。
・患者さんに弱い力で筋肉を使ってもらう。
・患者さんの動きを止めた後に調整する。
・骨格のズレや歪みだけでなく、特定の筋肉も調整(緩める)する事が出来る。

ボキボキする調整方の多くは、関節を瞬時に回転したりズラしたりするような動きをします。
関節の可動域の中であれば、危険は少ないですが、引っ張りすぎたり回転しすぎたりすると危ない事もあります。
荒木も学んだ事があるし受けた事もあるので分かりますが、全部が危険な訳ではありません。
可動域を超えて引っ張ったり回旋させると、危険につながる事があるだけです。
正確に調整している先生が見つかれば、良い調整法でもあると思います。

でも、マッスルエナジーテクニックではそうしません。

患者さんに動いてもらって止める事で、関節を多動的に動かしたり、筋肉の持つ独特の性質を利用して緩めたりしています。
2・3割の力で動いてもらって止めるだけなので、その事自体は全く危険はないと思っています。
関節の周りが動きやすくなったり、筋肉が緩んだ状態で動かしていく事になります。
地味な調整法ですが、ボキボキ音がすることも殆どなく安心して使えるテクニックだと自負しています。

8月に骨格調整だけを学ぶコース(骨格調整専科)があります。
興味がある人は来て下さい。

骨格調整専科 >>> https://teate.co.jp/blog/2406122.html


マッスルエナジー・テクニックでやっている事

読了までの目安時間:約 3分

マッスルエナジー・テクニック(MET)はファシリテーション(促通)と関節モビライゼーションを合わせた手技と言われます。
もうちょっと分かりやすく言うと、筋肉の独特の性質を利用して短時間で特定の筋肉を緩めるテクニックと、テコの原理を応用して動きにくい関節を動かすテクニック(ズレや歪みの調整)です。

METはやり方が独特です。

特定の筋肉を20%から30%くらいの力で動かしてもらい、それを整体師が止めます。
12・3秒たった後に、緩めたい筋肉をストレッチしたり、ズレている関節を動かしたりします。
筋肉を強く長く引っ張ることなく、短時間で効率的に緩めストレッチする事が出来ます。
この事で体全体の歪みを整える効果と、体全体の動きを楽にする効果があります。
全く同じ事をした後に、歪みやズレのある関節を元の位置に戻すようにします。
ボキボキしたり急激に引っ張ったりしないで、軽い力で位置が戻りズレが整います。

どうして?と思う方も多いと思いますが、筋肉には等尺性収縮をした後に緩むという性質があります。
(等尺性収縮=筋肉の長さが変わらない収縮様式=筋肉を使ってもらったまま、整体師が止めるとそうなる)
これは反射のようなもので、誰がやってもそうなります。
これを利用して特定の筋肉を短時間で緩めています。
また、関節のズレや歪みがあると、その周りの一方の筋肉は縮んでいて他方の筋肉は伸びています。
この周りの筋肉を緩めながら、関節を元々動く方向に動かす事で、楽にズレや位置を戻す事が出来ます。

ボキボキする調整が悪い訳ではありません。
危険のないように制御されたテクニックをきちんとやっていれば、位置のズレや歪みも整います。
ただ、そのテクニックを身につけるのには、時間がかかる。
と荒木は思っています。
時間をかけて身につけた正確なテクニックは素晴らしいですが、時間をかけずにやっているテクニックは危ない事もあります。

その点、METは弱い力しか使っていないので、そもそも危険ではありません。
ゆっくり調整するので、患者さんの様子も聞きながら出来ます。
実際、関節のズレをゆっくり元に戻しながら、痛みはありますか?大丈夫ですか?と確認しながら出来る余裕があります。
(荒木の日常の調整ではいつも聞いています。)

てあて整体スクールの骨格調整・筋肉調整の手技はマッスルエナジー・テクニックです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT
LINE QR

整体師入門 シリーズ骨格調整について 【ショート動画】

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。

これから整体や手技療法を学ぼうと考えている人に、骨格調整について解説したショート動画を撮りました。
5本に分けてあるので、時間がある時にご覧になって下さい。
てあて整体スクールの骨格調整法はマッスルエナジーテクニックを使っています。
クラニオ(頭蓋仙骨療法)はセミナーを開催しています。(スクール生割引あり)


整体師入門 シリーズ骨格調整ショート動画:

①どんな種類があるか https://www.youtube.com/shorts/tkw_Zau4_aQ

②アジャスト等のポイント https://www.youtube.com/shorts/qi67Jdn9E9E

③促通手技について https://www.youtube.com/shorts/bEP8cbdBF4U

④MET(マッスルエナジーテクニック)について https://www.youtube.com/shorts/nlo-FVa5sXQ

⑤自律運動を使う方法について https://www.youtube.com/shorts/mF3qVi-rLjM


※アジャスト=カイロプラクティックなどの矯正法のことで、ボキボ(あるいはポキン)キとクリック音がすることがあります。
※促通手技=ファシリテーションテクニック


てあて整体スクールLPバナー

マッサージや指圧・あん摩とはココが違います。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでは指針整体(ししんせいたい)と、マッスルエナジーテクニックという骨格調整・筋肉調整の手技を学びます。
これらの手技はマッサージや指圧・あん摩とは全く違う方法です。

マッサージや指圧・あん摩では押圧と言って、指や手で患者さんの体を押したり、体重をかけたり、揉んだりします。
ところが指針整体は押すのではなく「引く」刺激を全身に入れていきます。
体重をかけたり揉んだりするのではなく、皮膚上に当てた指をスッと引く事で、出来るだけ軽い刺激を入れ、患者さんへの負担を少なくします。
押圧の場合は、多くは体重をかけたり揉み押しの時間を長くする方が、筋肉や皮膚に対する刺激が多くなり、緩みやすくなるようにしています。
指針整体は逆に刺激を少なくする代わりに、トントンと軽いリズミカルな刺激を、全身に入れる事で血流を改善し、血流の改善と自律神経が整う事で、緩めていく方法です。

また、マッスルエナジーテクニックは強い力を使わず、患者さんに2・3割の力で筋肉を使ってもらい、等尺性収縮後弛緩(使ったあとに緩む)という性質を使って筋肉を緩めたり、関節のズレを動かしたりしています。
指針整体もマッスルエナジーテクニっくも「力を使わなくても良い」のではなく、「力を使わないから効果がある」方法です。
力を使わない方が効果があるという所は、マッサージや指圧・あん摩との一番の違いかもしれません。

力を使う手技は気持ちが良いし、荒木も好きなので、全く否定していません。
ただ、指針整体とマッスルエナジーテクニックは全く違う方法で、緩めたり調整したりする方法だということです。
効果は荒木が23年間、現役で整体師として結果を出している事でお分かり頂けると思います。

指針整体やマッスルエナジーテクニックを学びたい方は、てあて整体スクールにお問い合わせ下さい。
他校では学ぶ事ができません。
連絡お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16-408
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT

骨格調整専科 11月 @東京・名古屋

読了までの目安時間:約 2分

11月に骨格調整専科を行います。

てあて整体スクールの骨格調整・筋肉調整の技術を身につける4回コースです。
11月に東京で毎週日曜4回コース、名古屋で11月28日から12月1日までの4日コースを開催します。
ボキボキしないぎゅうぎゅう押し込まない、マッスルエナジーテクニックという調整法です。

マッスルエナジーテクニックはファシリテーション(促通手技)と、モビライゼーション(関節を動かす手技)を合わせた手技と言われています。
調整する肢位に患者さんをセットしたら、患者さんに2・3割の力で筋肉を収縮してもらい(力を入れてもらい)、それに対して施述者は適正な力で止める(関節が動かない程度に押す)というものです。
その後にストレッチをしたり関節を元の位置に戻したりします。
言葉では難しそうですが、手順は単純化されています。
初めてでもマニュアル通りに出来れば、調整は出来ます。

この調整法を4回コースで学びます。
脊椎(頚椎・胸椎・腰椎)、骨盤、腸腰筋、梨状筋、大腿四頭筋など。
終了後はスクールの骨格調整授業に1回1000円で参加出来る権利が与えられます。
不安な方はまた練習に来て下さい。

見学なども受け付けています。
問い合わせもお待ちしています。


骨格調整専科
場所:
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16-408

日程:
東京  11月5・12・19・26日(各日曜) 4回コース
名古屋 11月28・29・30日、12月1日 4回コース

料金: 88,000円

問合:mail  teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT
てあて整体公式LINE

授業の動画をご覧ください。




授業見学・整体体験はどんな事をするのか

読了までの目安時間:約 3分

おはようございます。
てあて整体スクール・荒木です。

てあて整体スクールでは毎月、授業の見学や整体体験を無料で受け付けています。
指針整体やマッスルエナジーテクニックという独特の整体は、言葉で説明しても映像で見ても、なんとなくは分かりますが、体感は出来ない。
押さない揉まない体重をかけない、トントンと軽い刺激が入ると、どんな感じになるのか。
ボキボキしないで骨格調整をすると体の状態はどうなるのか。
それを体験してもらいたいと思っています。

授業見学は生徒さんと一緒に授業を受けてもらいます。
荒木が解説したり実際にやったりしている授業を、一緒に聞いてもらいます。
手技の授業は出来る事と出来ない事がありますが、参加出来るものは一緒にやってもらいます。
とくに触診や指針整体の最初などは、やったことがない方でも安全なので、説明をしてやってみてもらいます。
どんな感触なのか実際にやってみる事で、本当に力を使わないことなどを感じてもらいたいと思います。

整体学校は荒木の整体を一通り受けてもらいます。
40分程度になりますが、指針整体で全身を整え、歪みがあればそれを調整します。
実際の指針整体が本当に軽いことや、歪みの調整も本当にボキボキしない事を感じて下さい。
終わった後に体がどんどん変化して軽くなっていくのも、受けてみればこそ分かります。

東京の授業は土日月、名古屋は原則的には第4週の平日に行っています。
途中からの参加や途中まで参加も大丈夫です。
まずは指針整体を知ってもらいたい。
マッスルエナジーテクニックを感じてもらいたい。
と思います。


見学・体験申込はメニューの見学申込ページからお願いします。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
mail : teate@nifty.com
LINE : https://lin.ee/H5NyjYT


※指針整体授業風景
 やっているのは生徒さんです。

てあて整体スクールと他校との違い。

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。

てあて整体スクールと他の整体学校との違いは、教えている手技です。

整体学校やスクールのホームページなどを見ても、手技の事が書かれているところは少ないようです。
骨格調整が出来る手技だとか、筋肉を緩める手技だとか。
おおざっぱな説明はありますが、詳しく手技自体を説明していたり、手技が他校とは違うと言っているところはあまりありません。
たぶん同じような手技を指導しているんだろうと思います。
もちろん同じような手技だから凡庸で良くないということではありません。
効果のある手技だから教えている訳ですから。
でも、てあて整体スクールでは手技の違いを全面に出しています。

指針整体とマッスルエナジーテクニックは、他校の手技とは全く違います。
そこがポイントです。
一言で言えば、力を使わない。

整体と言えばボキボキしたり力を使ってグイグイ押したり、と言う手技が多くあります。
患者さんにもそう思われている。
そこが心配で整体を避けているという方もいます。
やる側にとってもそこが心配という人もいます。
力を使わない押さない揉まない体重をかけない、ボキボキしない整体は、随分変わった整体だと思います。

もちろん効果はあります。
全身に軽くトントン刺激を入れることで、副交感神経を刺激したり、全身の血流を良くしたり、筋肉を柔らかく軽く動きやすくしたりします。
ボキボキしなくても関節をゆっくり動かすことで、歪みやズレを整えます。
派手ではありませんが、効果はあります。

そこを見て頂きたいと思っています。

てあて整体スクールで学ぶ事

読了までの目安時間:約 6分

てあて整体スクールの授業にはどんなものがあるのか。


・指針整体
・骨格調整、筋肉調整
・症例別
・解剖学
・姿勢と歩き方
・カラダの地図
・アレクサンダーテクニーク
・ストレッチ
・触診


結構、種類があります。


指針整体は整体の基本の手技です。
整体では患者さんの体の歪みをとったり、筋肉のバランスを調整したり、筋肉を柔らかく動きやすくしたりします。
そのための手技として、てあて整体スクールでは指針整体を指導しています。
この手技は他にはない独特なもので、てあて整体スクールのウリとなっています。
ウリというと軽いですね。
患者さんに対して整体をする時の80%くらいはこの手技で対応しています。


骨格調整と筋肉調整はどちらもマッスルエナジー・テクニック(MET)をメインに教えています。
骨格調整も筋肉調整もさまざまな手技があります。
ボキボキするものもあるし、触れているだけのような手技もあります。
METは促通手技と言われるもので、患者さんの筋肉の性質を利用して骨を動かしたり筋肉を緩めたりします。
強い力を使わないところが指針整体と相性が良いと思っています。
METの他にも幾つかの調整法を教えますが、基本はMETでやってもらっています。


症例別の授業は症状の原因を知る考え方と、症状別の手技を練習します。
腰痛や肩こりや膝痛など、多くの患者さんが抱えている痛みの原因をどう捉え考えるか。
どの人にも同じ手技を使う訳ではなく、それぞれの原因を考える道筋を学びます。
指針整体と骨格調整・筋肉調整とは違う手技も少し学びます。


解剖学は解剖学の入門です。
限られた時間しかないので、どんな風に勉強するのか、どんな本を読むべきかなどから始まり。
整体師として知っておきたい関節や筋肉についての解説をします。
脊椎(背骨)周り、骨盤周りについては詳しく話をします。
また神経系などについても話をします。


姿勢と歩き方の授業では、姿勢の捉え方と指導方法、歩き方の分類と指導方法を学びます。
患者さんから聞かれた時に答えられるように、基準を持っておいてもらいたいと思います。
カラダの地図は簡単な解剖学の授業です。
解剖学との違いは、体の捉え方の間違いによって体の使い方が変わってしまう、というところを知るところです。
ボディマッピング(体の地図)はパーソナルトレーナーやピラティスインストラクターなども使っている手法です。
患者さんの姿勢や座り方・立ち方などを指導する時にも使います。


アレクサンダーテクニークは「自身の使い方」。
荒木がアレクサンダーテクニーク教師ですので、グループレッスンのような授業を行います。
整体師自身の体の使い方と、患者さんに姿勢や動きを指導する時の参考になるような内容です。


ストレッチの授業では患者さんに教えるためのストレッチ。
腰痛や肩こりの時にするストレッチを学びます。
触診の授業では触診の方法や考え方、体の使い方を学びます。
実際の触診の練習は入学から卒業まで、毎回のように続けます。
触診が出来れば、患者さんの状態が分かります。
そこから全てが始まります。


この他に開業と整体師のための法律問題については、必要な人がいる時に行うことにしています。(無料)


手技だけに限りませんが、授業は何度でもリピートして受けることが出来ます。
特に手技は出来るようになるまで何度でも練習してもらいます。
卒業試験も指針整体をやってもらいます。
これが出来なければ整体師として施述することが出来ません。
指針整体は動きだけみると簡単です。
指を当ててパッと離す(引く)。
ただそれだけですが、引く刺激が入るようになるまでは、少し時間がかかる人が殆どです。
独特の手技で身につけると唯一無比なので、これだけは絶対に出来るようになってもらいます。
METは不思議な手技で手順通りにやると、結果が出ます。
上手い下手はありますが、歪みは取れるし柔らかくもなる。
こちらは自分で練習してもらえる手技だと思っています。


てあて整体スクールで教えているのは、患者さんを緩ませ整える基本的な手技と、基本的な考え方、そして最低限の解剖学と解剖学の練習方法などです。
短期間で勉強出来る分、自分で努力してもらわないと出来るようにはなりません。
目標を持って頑張ってもらいたいと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230

※2023年4月5月に入学の方には、春の入学生応援キャンペーン実施中。
 詳細 >>> https://teate.co.jp/blog/blog2303241.html

使えない手技は意味がない

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクール・荒木です。

手技の話です。
てあて整体スクールでは指針整体とマッスルエナジーテクニックを指導しています。
どちらも繰り返し何度でも無料でリピートする事が出来ます。
とくに指針整体は繰り返し練習しています。
卒業試験は指針整体の実技で、荒木が受けて使えると判定しなければ卒業出来ません。

手技は使えなければ意味がありません。

使えるというのは、その手技が効果が出るように使えるということです。
指針整体はとても簡便で単純な手技です。
体に当てた指を引く、という、言葉にすれば本当にそれだけの手技です。
押すのではなく引く刺激を入れていきます。
ところがこれがとても難しい。
普段やっていることと全く違う体の使い方をするので、最初は本当に出来ない。
たまにすぐに出来る人もいますが、すぐに出来る人は途中で自分がやっていることが分からなくなる。
そして迷い始めます。
最初に出来ない人は、この独特な体の使い方が出来るようになっていくと、迷いなく出来るようになって来ます。
そして練習しているうちに、整体が出来る整体師の体になっていきます。

整体師の体はけしてマッチョな訳ではなく、デスクワークや立ち仕事でも、普段の体の使い方とは違う、整体師としての整体をする時の体になるということです。
そのために、とにかく繰り返し練習してもらいます。
整体スクールの授業で一番時間を取っているのは指針整体です。
それでも足りない人はリピート受講をしてもらいます。
だから無料。

マッスルエナジーテクニックは逆にあまり時間がかからない手技だと思っています。
(もちろんリピート受講は可能です。)
特定の筋肉や関節を動かしてもらい、それに抵抗して止める。
その後、関節を元の位置に戻したり筋肉のストレッチをします。
方法が分かれば、すぐに出来先す。
独特の体の使い方をする訳ではありません。

ただ、歪みや硬さが分からなければ出来ない。

だから触診の時間をとにかく多くとっています。
マッスルエナジーテクニックの時間よりも、触診の練習をする時間の方を多く取ります。
指針整体の手技練習の前には必ず、そしてマッスルエナジーテクニックの調整の時にも行います。
触診だけの授業もあります。
触診で歪みや硬さが分かれば、調整は7割出来たもどうぜんですから。
触診が出来るようになることで、マッスルエナジーテクニックが使える状態になります。

手技は使えなければ意味がありません。

出来るようになるまで、何度でも練習して下さい。

実戦マッスルエナジーテクニック(MET) 2023年に企画します。

読了までの目安時間:約 2分

年末にマッスルエナジーテクニックのセミナーを行います。


マッスルエナジーテクニックはPNFとモビライゼーションを合わせた手技と言われています。
筋肉の性質を利用して緩める方法と、テコの原理を応用して関節を動かすような手技です。
特徴は患者さんの筋肉を使って、施述術者は強い力を使わないところ、骨格調整だけでなく筋肉調整も行える所です。
ボキボキしない患者さんと施述者ともに負担の少ない方法を学んで下さい。
部位別になっているので、他の療法との相性も良いですよ。
当日の動画撮影はOKですが、解説動画も販売します。


調整部位
・骨盤調整を三方向から
・梨状筋
・腸腰筋
・大腿四頭筋
・膝関節
・胸腰椎回旋坐位
・腰椎の回旋
・肩甲帯
・上部胸椎
・頚椎、頚椎一番


実戦マッスルエナジーテクニック
日時 : 2023年に企画します。
場所 : てあて整体スクール
     東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
料金 : 30、000円
     動画付き 40、000(但し動画撮影可)
申込 : teate@nifty.com
     メッセージやDMなどでも受け付けます。
     氏名と参加動機を書いて申込下さい。
備考 : 2名以上の申込で開催します。
     定員は6名まで。


骨格調整授業風景



こちらでは骨盤調整が少し写っています。

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019