東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

サッカー日本代表の決勝トーナメント

読了までの目安時間:約 2分

2022年サッカーワールドカップ。
ベスト16に進んだ日本代表はクロアチアとの勝負でした。
試合は一進一退。
前後半が終わって1対1の同点。
延長戦30分にも点が入らず、PK戦へともつれ込みました。

結果は負け。

PK戦で負けてしまいました。
PK戦で。
今回の戦いを見てきて、最後の最後で90分+30分戦って。
最後の最後でPK戦でした。
そして負け。

言葉がありません。
言葉がかけられません。
日本代表選手に知り合いはいないし、関係者も知らないし。
でも、私のように感じている人は沢山いるんだろうと思います。
言葉が出てこない。

ありがとうとか。
立派だったとか。
お疲れ様だとか。

そういう言葉は言えません。
あまりにも可哀想というか切ない。
あそこまで真剣に真摯に貪欲に戦って。
決着がついたのなら諦めもつくところ。
PK戦ではどうしても言葉にならない。

サドンデスの方が納得がいくような気がします。
最近の言い方だとVゴール方式でしょうか。
点を入れられたのなら納得がいく。

なんとかならないかと思う。

サッカー日本代表選手を尊敬します。

サッカー日本代表 W杯ベスト16

読了までの目安時間:約 3分

サッカー日本代表がワールドカップでベスト16に進出しました。

おめでとうございます。
ありがとうございます。

ドイツ戦とスペイン戦はリアルタイムで見ました。
コスタリカ戦は仕事の関係で途中から見ました。
まさかドイツとスペインに勝ってEグループ首位で決勝トーナメントに進めるとは思っていませんでした。
と書きたいところですが、なんとなく決勝トーナメントには行くのではないかと思っていました。
戦績は2勝1敗を予想していました。
ただ、スペインには勝てないかと思っていました。
なんとなくですけど。
ドイツとコスタリカには勝つんじゃないかと、全く根拠なく思っていました。

それにしても。
です。
ドイツとスペインに勝っての決勝進出は素晴らしいものでした。
次も期待してしまいます。

ドイツ戦前後のインタビューなどを聞いていて、少し思ったことがありました。
これまでのW杯でも同じように強気に聞こえる発言が多くありましたが、今回は強気の発言にはあまり聞こえなかった。
ヨーロッパで活躍している選手の層が厚くなっていて、特にドイツで戦っている選手も多く、選手以外の世の中が思っている程、ドイツには敵わないというイメージがないように感じました。
もちろんドイツが強いのは身に染みて分かっているけれども、その中で活躍している選手もいる訳で、同じように戦えると思っているのではないかと思いました。
言葉に実力が追いついて来た印象でした。

日本は強くなったと思います。
20年前から最近まで組織的なサッカーで勝つような印象がありました。
組織で勝てるようになってW杯に出られるようになって来た。
ところが個の力が重要だと言われるようになって来た。
最初は当たり負けしないようにというようなことが言われ、その後、個人で突破できる力がと言われるようになりました。
前回大会くらいからそういう力は付いていたのかもしれませんが、薄紙一枚足りていなかったのかもしれない。
それが今回は全て上手く当たったように思います。

ゴルフはメンタルのスポーツだと言われますが、サッカーもここまで来るとメンタルが大きな力になるスポーツなんだと思いました。
メンタルも整えばドイツにもスペインにも勝てる。
奇跡ではなくそこまで来たんだと思っています。

なんちゃって。
たまにはこんな話でもしてみました。

サッカー日本代表 地上波放送

読了までの目安時間:約 3分

3月24日のサッカー日本代表のワールドカップ・アジア予選の放映についてちょっと。

今回は地上波では放送がありませんでした。
代わりにDAZNで放送が行われました。
有料放送です。
少し前に井上尚弥選手のボクシングの試合もそうだったと思います。
同じボクシングの村田涼太選手の試合はプライムビデオのようです。
どうなんでしょう。
これを機にDAZNに入会して観ようかと一瞬思いましたが、やめました。
私のような人って多いのかなと思います。

ちょっと調べてみたら日本サッカー協会は地上波放送がないことに危機感を覚え、協会で放映権を買って放映出来ないか模索したそうです。
結果は無理だったようです。
有料での視聴は人数が限られます。
サッカーは人気の現状がどうなのか知りませんが、かなり微妙なところにいるんじゃないかと思います。
地上波で多くの人に観てもらって、サッカー熱を再燃させたいという気持ちがあるんじゃないか。
有料放送だと広がりが限定的になってしまって、サッカー人気の再燃に宜しくない影響があるんじゃないか。
そんな気がします。

ボクシングなど日本だけじゃなくて世界を見越したスポーツの場合、有料放送でも世界中で見たい人がいればその方が視聴者数は増えます。
でも、サッカー日本代表のワールドカップ予選だと日本以外で見たい人はかなり限られている。
というか殆どいないように思います。
そうなると地上波での放映は「日本のサッカー」に限定して言えば死活問題かも知れません。
なんて。
お前もそんなこと言ってるんだったら有料会員になれよって話なんですけどね。

時代は変わったなと思います。
日本代表の試合が地上波で見られないなんて、以前は考えられませんでした。
でもそれが現実になっている。
自分にどういう影響がかるかは分かりません。
仕事に直接的に影響はないと思いますけど、世の中の人の意識が変わってきているという意味では何らかの影響があるかも知れないと思っています。
何かは分かりませんけど。

次の試合はどうなんでしょう。
ワールドカップ本戦出場は決まったようです。
となると見たい人は増えると思う。
でも、相手はFIFAランキング98位のベトナム。
日本はランキング23位。
力の差はかなりある、かも知れません。

でも観たいなぁ。

アソシエーション フットボール

読了までの目安時間:約 5分

アソシエーション・フットボール。
サッカーのことです。
小学生の頃にサッカーをやっていて当時はサッカー少年団と言うのに入っていました。
ポジションは左ウィング、今で言うフォワードをずっとやっていて、最後に何故かゴールキーパーをやりました。
出身の四日市はサッカーの強い高校があったりして、野球よりもサッカーの方が盛んだったような記憶があります。


サッカーのことをアソシエーション・フットボールと言うと当時誰かから聞きました。
組織的フットボールのことだと思っていたんですが、今調べてみたら協会式フットボールのことだったようですね。
当時、流行り始めた言葉に近代サッカーと言うのもありました。
ゴールキーパーも含めて全員攻撃で全員守備と言うような意味だったと思います。
メキシコ・オリンピックで日本代表が銅メダルになり、釜本さんが得点王になった後あたりでしたので、かなり流行っていたと思います。
それに踊らされて始めたのかもしれません。
映像はなんとなくしか思い出せませんが、杉山と言う選手が好きだったことを覚えています。
確か左ウィングを駆け上がってセンタリングを上げると、待ち構えていた釜本がシュートを決めると言う。
そのセンタリングが格好良くて自分もそのポジションをやりたかったのかもしれません。
その後、ゴールキーパーになりますけど、どうしてだったかは忘れました。


小学生でサッカーはやめてしまい、ずっとやっていませんでしたが、社会人になって突然一度だけやったことがあります。
友人が勤めていた生命保険会社のサッカー部でゴールキーパーがいないので、お前やってくれないかと言われました。
生保リーグと言うのがあって、そこの試合だったようです。
ノコノコ出て行って何とか守備をして、確か0点に抑えた記憶があります。
相手チームは終わった後に芝生に座らされて、なんであんな奴らに点が取れないんだと怒られていたのを覚えています。
あんなやつらって・・・


ワールドカップです。
日本代表は1勝1分けで今日の夜に三試合目があります。
ここで引き分け以上だと決勝トーナメントにいけることになります。
凄いことです。
素晴らしい。
どこが予選までと違うのか。
ハリルホジッチ監督から西野監督に変わってほんの数ヶ月。
技術的に変わる訳はありません。
なのにどうしてこんなに。
と思います。
見ていて気になることが幾つかあります。
1つは集中力。
今までの予選の間は、集中力が欠けていた訳ではありませんが、少し緩さが垣間見られる時がありました。
いや緩さと言うほどのことではなく、ほんの一瞬。
勝つためにと言うより戦術を守るために、今なにをすべきか的な印象が見える瞬間があった。
それが本戦に入って全くない。
戦術は肚の中に落ちていて、今、自分に出来る最善を全て出す。
その感覚や動きが一瞬の隙もなく繋がっているような印象。
一瞬の隙もなく繋がっていると、全体としては爆発的な力になっている。
途中で一瞬でも途切れていると、力は半減してしまう印象です。
ここまで集中出来るのは何故なのか。


悔しさなのかな。


そう思います。
特に本田選手、香川選手、長友選手。
この三人の言動を見ていると、本当にそうだったんだなぁと思わされることがあります。
4年前の悔しさ。
優勝さえ口に出していた彼らが、一勝も出来ずに敗退したこと。
口だけの言葉なら悔しさもそれほどでもないんでしょうが、彼らは4年前のワールドカップまでに自分なりに死ぬほどの練習と努力を続けていた。
それなのに一勝も出来ない。
その悔しさなのかなと思います。
その悔しさを胸に一日も忘れずに4年間努力を続けて来た結晶がこの大会に出ているんじゃないかと思っています。


勝って欲しいなぁ。
ガンバレ!
日本!

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019