整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

セラピストのための体の使い方講座@ここからいふ広場

読了までの目安時間:約 3分

昨日は宇都宮ここからいふ広場で「セラピストのための体の使い方講座」でした。
この講座はここからいふ広場で行われている和ごころ式セラピスト養成講座のカリキュラムに入っているものです。
自分でもセラピストを養成する整体スクールをやっていながら、別のスクールでセラピスト養成のお手伝いです。
主宰の上田さんがクラニオ仲間で東日本大震災のボランティアからの繋がりです。
今回は上級コースを受けている方々で、初級中級と進んで既にモニターとして患者さんを診ている方々です。
そして体の使い方(アレクサンダーテクニーク)も初めてではなく、初級中級の時に一度受けていただいている方々でした。


皆さんがどんな風に変わっているんだろうと思って宇都宮の雀宮に行きました。
初めてアレクサンダーテクニークのレッスンを受けられた時は、まだセラピストと言える状態ではなく、反応も???な感じがありました。
体の使い方の学び方にも色々あって、アレクサンダーテクニークのように何かをするのではなく、やらなくても良いかも知れないのに、知らないうちにやっている何かをやめるアプローチ、もあるってことを少し頭で理解し体感してもらっていました。
それが今度はモニターさんとは言え、何十人もの人の体に触れている状態です。
どんな風になっているか楽しみにしていました。


ここでのレッスンの最初にはいつも、困っていることや興味があること今の自分の状態などを聞きます。
事前準備でやることは決めていますが、その場の話から内容をアレンジしたり変えたり、全く違うことをやったりします。
話を聞いていて、先ずは体感、しかもハンズオン(触れる)のではなく、自分で体感出来そうと思って、やることを変えました。
四つ這いで歩く。
それだけのことなんですが、色々と設定を変えたり、観察する部分を変えたり、二人組になったりしてやりました。
面白い反応を頂きました。
そこから二人組になってクラニオ(セラピー)をする時の自分を観察してもらいました。
設定を幾つか変えるだけで、体の使い方が変わったり、相手が受ける手の印象が変わりました。
食事を挟んで、午後は一人一人に個人レッスンのような形で行いました。


大きな変化があったように見えました。
もうセラピストとして出来上がりつつある。
あとは気持ちの持ち方、自分の捉え方です。
それぞれに個人的なポイントの話をし、全体の話をして終わりました。
それにしても皆さん本当に先生になっていて、とても嬉しく思いました。
もう1年もすればセラピストの仲間として話が出来るんじゃないかと思っています。
ありがとうございました。


カラダの使い方講座

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019