東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

体の使い方は教えられるけど、体の感覚は本人にしか分からない。

読了までの目安時間:約 3分

体の使い方の方法だとか手順だとかを教えている時に、どうも気になると言うか引っかかる事があります。

体の使い方は教えられるんだけれど、その感覚は教えられないという事です。

何かのやり方というのがあって、ソレを誰でも出来るようにマニュアルのようにして、手順だとかを決めて。
ソレを教える事は出来ます。
でも、ソレが出来た時、厳密に言うと、他の人とは違う事をやっています。
いや、そのソレは出来ているんです。
でも、その人がやっているのは別の事なんです。
つまり、ソレが出来ていると言う事実は一つなんだけど、人それぞれにソレの出来方と言うのがあって、厳密には別の事をしてソレが出来ると言うことなんです。

ダーツで真ん中に矢を刺す事をソレだとしたら、ソレが出来た時、それぞれの人は別のことをやっている。
別の筋肉を使って別の力の入れ方をしてやっている。

でも、同じようにやっているように見えることが多いし、同じようにやろうとしてやっている事が多い。
マニュアル化して同じように手順だけ決めて、武術で言えば「型」を作ってやってみる。
型の練習をしていると、その型をやっていく中で、真髄が身についたりします。
型には全てが詰まっている。

何かちょっとややこしい話なんですけど。
でも実際はややこしくないかもしれない話です。

整体の指導をしていると、本当に難しい時があります。
指針整体というのはとにかく独特で他の手技とは違います。
受ける感覚も違うし、やっている感覚も違います。
これを言葉で伝える事は出来ます。
こうやってこうすると出来ます。
でも、それがとにかく独特なために、それぞれの人はそれぞれに解釈してしまって、自分なりにやります。
自分なりというのは、荒木が言ったことと違うことをするというのではなく、荒木が言ったようにしようとして、別のことをしてしまう。
普通こうだからと体が反応して自分なりになってしまう。

それを今度は感覚で話をしたりします。
体の感覚の話をする。
でも体の感覚は厳密には伝わりません。
暑いと言った時の感じ方は人それぞれです。
押すと言うのも引くというのも、何もやってない感じも、力を使わない感じも。
それぞれが違う。
だから色々な言葉を駆使して、体の使い方とは違う表現を探したりします。

ナンノハナシだっけ?
ちょっとややこしいですね。笑

まあ、体の事は面白いと言う話です。
伝えると言うことも、伝わると言うことも。
出来ると言うことも出来ないと言うことも。

殆ど出来ているというのは、出来てはいないと言うことです。
実は全く違う事なのかもしれないと言う事です。

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019