東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

開業へのプロセス

読了までの目安時間:約 4分

新卒で就職してから一つの組織でずっと働き続け、他の会社や社会を全く知らないんです。
「開業へのプロセス」が分からないので、お話を聞きたい。
とスクール見学に来た方に聞かれました。

開業と言えども、どんな種類の話が聞きたいのかが分からなかったので、幾つかの話をしました。

整体師は国家資格になっていない民間資格の仕事です。
なので開業する時に所轄の官庁への届出はありません。
接骨院やあんまマッサージ院などは保健所への事前届出が必要ですが、それが民間療法ではありません。
代わりにというか、会社をやめて仕事を始める時には、「開業届」を所轄の税務署に届け出る必要があります。
これは、今度、新たに仕事を始めるので税金を納める可能性があります、という宣誓みたいなもんですね。

開業というと店舗を借りて始めるイメージがある人がいますが、さまざまな形態があります。
副業として始める場合は、自分の休日や夜や朝の時間を利用して仕事として始めるパターンです。
この場合は自宅の一室やレンタルルームを借りる、または出張で始めるという人が多いようです。
また、知り合いに整体をやってお金を頂くのも開業です。
金額の多寡によらず、代金が発生したら開業と思っておくことです。
それは整体師としても納税者としてもです。

店舗を借りる場合もあります。
店舗を借りる場合は、物件探しから始まります。
整体など不特定多数が出入りする場合、商業店舗なら構いませんが、マンションやアパートで始めたい場合は、不動産家さんに整体をするからと言って探す必要があります。
気に入った物件でも、整体や商売はダメということもあるし、良かったとしても看板が出せなかったり表札に表示出来なかったりする事があります。

物件探しには2ヶ月程度時間を考えておきます。
すぐに決まる場合もありますが、実際に見に行ったりを考えるとそれくらいの時間は必要になります。

開業時期が2・3年後の場合は、3ヶ月単位くらいの計画を立てておく必要があります。
勉強の時期、臨床経験の時期、物件探しの時期、店作りの時期、SNSなど始める時期などなどです。
もし一年以内に開業を考えている場合は、月単位で同じような計画が必要です。
のんびりしていると一年はあっという間に過ぎていきます。
月別の計画を立てて、修正しながらやっていくようにして下さい。

そして一番大切な事。
開業を決めたら最初にする事は、整体・開業で何をやりたいか、です。
開業自体が目的になっていると、失敗する事が多いように思います。
開業自体は誰でもすぐに出来ます。
届出もない訳ですから、手を挙げて開業しましたと言えば、それで開業です。
これでは患者も来ないし、認知もされません。

整体で開業して、何をやりたいか。
どんな人に何を届けたいか。
誰にどんな風になってもらいたいか。
そこを決めておきます。

主婦にゆっくりしてもらいたいのであれば、整体だけでなくリラックスする方法の提案も必要かもしれないし、アロマを教えたり提案したりも出来るかもしれない。
お子さんが静かになったり眠るためのグッズを教えたりするのもありかもしれない。
目的があって初めて、具体的に何をするかが決まります。
店の場所を決めるにも、料金設定するにも、営業時間を決めるにも、宣伝用のSNSを決めるにも、目的が必要です。
闇雲に開業を目指すのではなく、自分が整体の開業で何をしたいのかが大切です。


というような話をしました。
聞きたい事にはある程度答えられたようです。
開業を目指している人には、個別に話を聞いてアドバイスしています。
何でも聞いて下さい。

整体師として開業して、どうやれば成功するか

読了までの目安時間:約 1分

究極の問題ですね。

どうやれば成功するのか。

答えがあば皆んなやってる。
確かにそうです。
整体師を25年くらいやってきて、沢山の人が開業し沢山の人が廃業していきました。
自分の周りにはありがたいことに、長く続けている先生が沢山います。
成功している先生に、共通する事と共通しない事があります。

共通しない事は、年齢・性別・キャリア・手技・立地・開業形態・地域、患者さんの層・得意な症状などです。
ようするに皆んなバラバラで何も共通項はない印象です。

ただ、一つだけ共通する事があります。
何か一つこだわりがある。
曲げない部分がある。
そしてそれを続けている。
意外に難しいです。
調子が悪くなると変えてみたくなる。
でも、そこをあえて曲げない。

失敗しない方法はやめないこと、と誰かが言いましたけど、本当にそうかもしれません。


てあて整体スクールLPバナー

整体師の就職と開業の違い

読了までの目安時間:約 2分

整体師も大きく分けると二種類になります。

就職する整体師
開業する整体師

どう違うんでしょうか。
同じ様に感じているかもしれませんが、けっこう違います。

就職すると殆どの場合は、自分の判断で施述の内容を変えられません。
それぞれの先生に患者さんを全面的に任せる整体院もないことはありませんが、求人を出している殆どの整体院は患者さん(お客さん)にする施述内容が決まっています。
そして時間もおよそ決まっていることが殆どです。
60分ではこれ、90分ではこれ。
整体師に裁量権は殆どありません。
あるとしても患者さん(お客さん)の言う、強くして弱くしてに合わせるくらいです。

開業すると全く違います。
整体の内容、その日の組み立ては全部自分で決めます。
誰の指示も受けません。
就職する整体師と同じ手技の種類であったとしても、やっている事は違ってきます。
時間もおよそは決まっていますが、完全に一緒ということはありません。
もちろん、メニューちして時間を決めている場合は違います。
とは言えその時間も自分で決めたものです。

患者さんの言う事は基本的には聞きません。
施述内容は整体師の専権事項です。
今の状態を改善させるための方法は、患者さんの好みではなく整体師が決めます。
その整体院に行くかどうかは患者さんが決めますが、来た患者さんに何をするかは、整体師が決めます。

就職した整体師と開業整体師では、やっていることがかなり違います。
どちらをやりたいかは人それぞれです。

てあて整体スクールは副業や開業も目指せる整体師を育成しています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
mail:teate@nifty.com
LINE:https://lin.ee/H5NyjYT
LINE QR

開業整体バナー

整体師の開業 どんな開業スタイルがあるの?

読了までの目安時間:約 3分

整体師の開業について。

どんな開業スタイルがあるのか。
だいたい自分が思っているスタイルが普通だと思うものです。

仕事を辞めて店舗を借りて開業。
自宅の一室を施述部屋にして開業。
副業として始める。
週末だけ始める。
夜の時間だけ始める。
カフェの空きスペースで始める。
レンタルルーム・オフィス、シェアオフィスを借りて始める。
週一のマルシェで初めてみる。
整体スタジオのスペースを借りる。

開業する場所だけでもたくさんの選択肢があります。
どれも可能性がありどれもリスクがあります。

自分やっている整体だけで開業する。
ストレッチやトレーニングと組み合わせて始める。
ピラティスやヨガのスタジオメニューとして取り入れる。
ダンススタジオのメニューとしてパーソナルの一環で始める。
占いと整体を組み合わせる。
薬膳と整体を組み合わせる。
体の使い方セミナーと合わせる。
ウォーキングのワークショップを併用する。
企業や店舗と組んで始める。

さまざまなものと組み合わせる事ができます。
今は組み合わせている人が半数くらいいます。
開業の場所や時間とも合わせると無限にあるようにも感じます。

専業で始める。
副業で始める。
整体院や接骨院で週の半分は働いて、残りを自分だけで起業する。

スタイルもさまざまです。

荒木が開業した23年前はある程度のスタイルが決まっていました。
でも今は全く決まっていないと思って良いでしょう。
問題は自分が何をやりたいかです。
整体やセラピーを使って何がやりたいか。
主婦を助けたいのなら、保育所と併設しても良いし、ベビーシッターのいる整体院もありかもしれない。
時短レシビで料理作りの教室をやりながらも良いかもしれない。
もしくは自宅に伺う方法もある。

決めない事です。
開業のスタイルは開業する人の数だけあります。

てあて整体スクールは副業や開業を目指す人の整体学校です。


※スクールの内容をまとめたページ ↓
てあて整体スクールLPバナー

整体師の開業について

読了までの目安時間:約 2分

整体を仕事にしたいと言う人が増えて居ます。
サロンや整体院に就職したいと言う人が多い印象です。
でも実は自分でやってみたいと言う人は、声に出していないだけなんじゃないかと思っています。

出来れば開業したい。
副業から始めてみたい。
週末や空いた時間を使ってやれないか。
人に使われるよりは・・・

みたいな気持ちだと思います。
心配ですからね。
いきなり開業するの。

開業と言うと、店舗を借りて会社を辞めて、退路を絶って。
みたいな感じがありますね。
でもそれは昔の話です。
リスク管理、リスクヘッジ、リスク分散。
大切です。

先ずは空き時間から始めるのが良いでしょう。
週末や夜の時間、または最近なら朝の時間。
SNSを利用して告知して、レンタルサロンやシェアサロンを時間で借りて、副収入的に始める。
そうやって集客のノウハウを貯め、カルテを貯め。
一番大切なのは臨床経験が増えると言うことです。

会社を辞めたり、会社と副業の比率を変えていくのは、実際に仕事として自分で始めてから考えれば良いと思います。

足踏みする人が多すぎる。
考えて居るだけで行動が伴わない。
順を追って少しずつ進めていけば、リスクは少なくなります。
全くリスクがなくなる訳ではない。
でも、少しずつ始めるのが得策です。

始めないことには始まりません。
始めないと失敗もないので、安全ですけど、それは実は何もやっていないってことです。

※他にない整体で、力を使わない安心の整体を仕事にしたい人は ↓ ↓ ↓
てあて整体スクールLPバナー

「早くお金を頂いて整体をするように伝えて下さい。」

読了までの目安時間:約 2分

卒業生がリピート受講に来たので、現役生の整体を受けてもらいました。
帰り際に卒業生が一言。


「早くお金を頂いて整体をするように伝えて下さい。」


卒業生は開業経験のある人です。
もう十分に実力があり技術は身についているんだから、早くお金をもらって仕事にしなさい、という感じですね。
現役生さんは会社員です。
てあて整体スクールで勉強を始めて1年ちょっと経ちます。
そろそろ卒業試験を受けても大丈夫ですよと、もうずいぶん前にお伝えしました。
が、卒業しない。
まだまだ練習したいということです。

これ、本当は良くない傾向です。

長くいられるのが困るというのではありません。
実力がついているのに、卒業せずスクール生同士の練習ばかりになってしまう。
本来は早く卒業して実際に外の患者さんを診る方が、臨床経験も積めるし良いと思います。
ただ、開業の時期の問題や卒業後の整体の利用方法の問題もあります。
開業にはやっぱりタイミングがあるし、卒業後に使う相手のための技術知識をもう少し身に付けたいということもあるんでしょう。

でもやっぱりあまり長いのは、どこかでマンネリしてしまって、技術が停滞してしまうのが心配です。
件の現役生さんは開業時期をだいたい決めているので、ま、よしとしましょう。

てあて整体スクールは開業や副業の出来る整体を指導しています。
患者さんからお金を頂ける整体です。
将来を考えている人は連絡ください。
見学して体験してから考えましょう。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT
LINE QR

てあて整体スクールLP

自宅で整体を副業にする時の注意点

読了までの目安時間:約 3分

整体で副業や開業をする人が増えています。
自宅の一室を使って整体院やサロンを始める時、注意することがあります。


宣伝広告・予約
女性が自宅でサロンや整体院を開く場合、ホームページやブログ、SNSで宣伝することになります。
住所や連絡方法(電話・メール・LINE)などの表記には気をつけましょう。
女性専用にすれば心配は少ないですが、性別に関係なく受ける場合は気を付けることがあります。

住所は所番地までは入れないようにします。
問合があって予約になってから、住所をお知らせするうにします。
問合に電話やメール・LINEなどを使う場合は、個人のものとは分けて別にすると良いでしょう。
メールはLINEなら別アドレスやアカウントを作るのも簡単なので、これも別に用意するようにして下さい。
ホームページやネット予約のアプリもありますので、利用する方法もあります。


家族
家族がいる場合は、家族との時間との区分けが大切です。
家族が在宅の場合は音が気になります。
ホームページなどに音がすることがあるなど書いておく方法もありますが、基本的には静かにしてもらうことになります。
家族の協力は開業や副業をする時にかなり大きなポイントになります。


オートロック
オートロック式のマンションなどは、大家さんや貸主がサロンや整体院をする事を許してくれない事があります。
オープンしてから大家さんに苦情が入って、やめなければいけなくならないように、事前に確認するようにして下さい。
オートロックは不特定多数を入れない事を前提にしているので、意外に難しい事が多いようです。


看板 一戸建てでもマンションでも看板を出せる場所は決まっています。
外に置くタイプの看板は、一戸建ての場合は基本的には敷地内、マンションは一般的には出せません。
表札の横に小さく掲示したり、表札に店名を併記したりすることになります。
マンションの場合は賃貸でも分譲でも、管理会社などに聞く必要があります。


幾つか注意点を書きましたが、それほど難しいことはありません。
いろいろなことを想定して準備すれば、問題はないと思います。


会話

てあて整体スクールLP

整体やセラピーを副業にしやすい訳

読了までの目安時間:約 3分

整体師やセラピストを副業として始める人が増えているように思います。
最初から本業で始める方もいます。
でも、副業で始めて患者さんやクライアントさんが増えてきて、軌道に乗ってきたら本業に移行していくという方もいます。

整体やセラピーを副業にしやすいのはどうしてでしょう。

殆どの整体は初期投資が殆どいりません。
究極は自分の体があれば始められます。
自分(の技術・知識)が商売道具です。
身一つで始められる。
多くのセラピーもそうです。
アロマやオイルなど必要な事もありますが、小売業のように在庫をかかえる事を考えればかなり少額です。

店舗についても究極はいりません。
出張から始めれば全く必要ないですし。
自宅であれば部屋を一つ空ける、あるいはスペースを作るだけです。
新たな投資があるとすれば、下に敷くマットか簡易的なベッド(10万円以下)で始められます。

最近は宣伝広告にもお金があまりかかりません。
かけようと思えばいくらでも掛けられますが、SNSなどを通じて宣伝するのであれば、無料のSNSを使えば自分の労力だけで始められます。

週末起業や空き時間起業であれば、失敗しても失うものはありません。
(あえて言うなら自分の時間)
患者さんクライアントさんが増えてくるまで、週末空き時間に地道に続けていれば、次のステップに繋がります。

その上、単価は意外に高い。
1時間で10,000円前後の整体やセラピーが普通になってきています。
(正確には二極化していて、1時間3,000円のところと10,000円のところに分かれてきている。)

ただし、安易に考えて始めると大変です。
集客にはやはり時間がかかります。
きちんとした技術を身につけて、集客の勉強や練習もしながら始めるには、整体やセラピーは開業・副業にしやすいと思います。


開業整体バナー





名古屋授業

副業で整体師 〜 やりたい事をやりたいように 〜

読了までの目安時間:約 2分

整体学校や整体スクールを卒業しても、全員が一般に思われているような開業をする訳ではありません。

店舗を借りて内装をして。
インターネットやSNSで広告を打ってチラシや名刺を配って。
白衣を着て。
朝から夕方まで整体院の中にいる。
そう言うタイプの開業をする人もいます。
でも最近は。

自宅の一室で土日に予約をいれて整体をする。
夕方から夜の時間に出張整体をする。
週末だけ整体師として勤める。
みたいな方々が増えています。

副業として整体を始める人は、将来、整体師として専業になるのか、そのままずっと副業のままなのかは決まっていない事が多いですね。
状況に応じて対応していく。
決めつけで将来を狭くしないようにしているようです。

これとは別に整体だけではなく、他のセラピーや仕事と組み合わせてやっている人もいます。
整体とリフレクソロジー。
整体とヨガ講師。
整体とアロマセラピー。
整体と英語塾。
整体とイラストレーター。
てあて整体スクールの卒業生ではありませんが、整体と占いや整体とタロットカードを組み合わせていた人もいました。

整体師として開業するとか、整体師として仕事をするってこんな感じ、というのは意外と思い込みのことが多いように思います。
荒木も今は整体師とアレクサンダーテクニーク教師、たまにストレッチ教室をやったりカラダの使い方教室をやったり。
そして整体学校もやっています。

やりたい事をやりたいように。
やってみるのが良いと思います。

ランディングページ(LP)の話

読了までの目安時間:約 3分

ランディングページ(LP)という言葉を聞いたことがありますか?
インターネット上で自社製品や自社を宣伝するのに使う、インターネット上のページのことです。
多くのLPは1ページだけで縦長の作りになっています。
なるべく多くの情報を1枚のページに繋げて書いて(入れて)、多くのワード(言葉)で検索エンジンに引っかかるようにしています。

てあて整体スクールでも通常のサイトとは別にLPを作りました。
このところ他校に遅れをとっている感じなっだので、昨年、いろいろと対策を打つ中でのことでした。
ページを作ったのはペライチというサービスです。
( ペライチ >>> )
1ページだけなら無料で作ることが出来ます。
出来る事に限界はありますが、開業して初めてページを作るならかなり簡単だと思います。

ただし、LPを作っただけでは、宣伝には繋がりません。
一般的にはLPは何かに特化した内容で作成して、その関連ワード(言葉・文言)でリスティング広告をする事が前提です。
リスティング広告は検索エンジンで誰かが検索した時に、検索結果画面に掲載される広告です。
文字で出てくるので検索結果と似たような見た目になります。
整体院なら「地域 整体院」とか「地域 腰痛」などで、検索エンジンに表示されるように広告出稿(設定)します。
ホームページやLPは作ってインターネット上に公開しただけでは、殆ど検索エンジンで上位に表示されません。
なので、こう言う広告が必要なんですね。

もちろん開業当初は当面ランディングページやホームページを作っておいて、名刺やチラシなどにアドレスを記載したりQRコードで載せたりして、何をやっているか詳しく説明するために使うと言う方法もあります。
LPの場合はセミナーやワークショップ毎に広告のように作ったり、特徴のある施述や手技を紹介すると言う方法もあります。

荒木の作った【てあて整体スクール】のLPです。
開業や副業に特化した内容にしてあります。
参考まで。
↓ ↓ ↓
開業整体バナー

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT
カテゴリー
おもてなし規格認証2019