整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

副業はセィフティネット!?

読了までの目安時間:約 4分

Wikipediaによると「セーフティーネット、セーフティネット (safety net) は、「安全網」と訳され、網の目のように救済策を張ることで、全体に対して安全や安心を提供するための仕組みのこと。すなわち社会保障の一種である。」とあります。
今は過渡期で副業を認めない会社も沢山ありますが、最近になって認め始めるところや推奨している企業もあるようです。
調べてみると、DeNAやロコンド、ミクシィ、サイボウズ、メルカリなどIT関連の会社はそうなのかなぁと思ったりしますが、ロート製薬やコニカミノルタ、みずほファイナンシャルグループや三菱地所、ユニチャーム、カゴメなどや、HIS、大日本印刷、日産、花王、日本航空など老舗企業も認めているようです。


いろいろな理由があると思います。
他業種の仕事をすることで見識を広げられるとか、人脈が増えるだとか。
こういうのは、副業に対する正業の方がメインで、そちらに副業を活かすという考え方。
最近は会社のためというより、収入の柱を増やしたいとか、好きなことや興味のあることも仕事にしたいとか。
自分のために副業をとらえている方もいるようです。
今日、Youtubeを見ていたら「副業はセイフティネットだ。」と言っていました。
意味的には収入が安定するということと、企業側にとっては副業として仕事をしている人材の中から良い人材をリクルートすることで、直接正社員にするよりも定着率を上げる効果があるというようなことでした。
これだとまあ企業側の利益なんですけど、前半の収入の話であれば個人の側の話ということになります。
どちらもあるんでしょう。


問題があるとすると、古い体質の企業やおじさん達の頭ってことになるのかと思います。
副業をすると正業に身が入らないんじゃないかとか、時間の問題だとか、守秘義務の問題だとか、帰属意識の問題だとか。
でもこれは、変わってくると思います。
世の中は変わります。
ハード面で変わるということもあると思いますが、ソフト面でも変わります。
人の気持ちはけっこう変わる。
20年以上前にペットボトルがまだ多くなかった時に、ワンピースを着た女性がペットボトルから直接飲料を飲んでいるのを見て、ギョッとした記憶があります。
当時はペットボトルから直接飲み物を飲むなんてことは、はしたない・恥ずかしいことという意識がありました。
(たぶん、今現在は理解できないと思いますけど。)
もっと前なら缶入りのお茶やペットボトル入りの水が発売された当初は、こんなもの飲む人は誰もいないなんて言われました。
副業と飲料を比べてはいけませんが、例えばリモートワークにして、シェアオフィスにしても、ほんの10年前にはハード的には出来ても、そんなことしないだろうと思われていたことでした。
それが今や常識になりつつある。


副業はセィフティネット。


整体やセラピーもそういう考えの人が出始めています。
週末に整体師やセラピストとして働く、あるいは人の役に立つ。
それを継続していると、定年退職や転職の時に安心の種があることになります。
副業はセィフティネットという言葉を聞いて、そんなことを思いました。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

自宅で2時間の副業

読了までの目安時間:約 3分

「自宅で2~3時間出来る範囲で整体することは出来ますか?」


質問がありました。
答えはイエス!
出来ます。
必要なのは整体が出来るスペース。
そして当然のことながら、整体の技術と知識です。
あとは集客を考えるだけということになります。


一般的な整体はベッドで行います。
骨格調整や筋肉を緩める手技もベッドの上で行うのが一般的です。
その場合はベッドが一台置けるスペースがあれば大丈夫です。
てあて整体スクールの指針整体の場合は、人が一人寝られるスペースがあればOK。
指針整体は床の上で行いますから、ベッドなどは必要ありません。
床の上に薄いマットを敷いて、その上に患者さんにうつ伏せになってもらいます。
骨格調整の手技も殆どは床の上で出来ます。
最初からベッドを使わず床の上だけでする予定の場合は、床の上でする調整方法を教えます。
てあて整体スクールの骨格調整はマッスルエナジーテクニックというテクニックを使っています。
このテクニックは原則さえ知っていれば、患者さんや施術者の肢位やフォームはいろいろにアレンジ出来るものです。


集客にはいろいろな方法があります。
自宅でという場合は、クチコミとSNSとホームページからの集客になります。
集客方法についてもスクールで指導しています。
授業時間にはカウントしていませんが、人数が集まった時に開業講座と整体師のための法律問題の授業を行います。
基本的な知識を授業で行った後、生徒さんによって事情が違うので、それぞれの状況に合わせてアドバイスをするようにしています。


整体師としての開業は初期投資が少なくて済む開業です。
在庫を持つ必要がなく、ベッドくらいしか必要なものはありません。
あとは自分の技術と知識がポイントです。
自宅で副業的に始めるのであれば、始めやすい仕事だと思います。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

整体で開業や副業ってどうするの?

読了までの目安時間:約 5分

押さない揉まない体重をかけない指針整体とボキボキしない骨格調整のMETで整体師を育成しています。
練馬区大泉学園と愛知県名古屋に教室のある、てあて整体スクール・荒木です。


整体スクールに来る方の多くは、卒業して整体師を仕事にします。
開業したり副業として始めたり、就職をしたりします。
就職はさまざまなサロンや整体院が求人を出しているし、普通に就職活動をすれば仕事に就けるイメージはあると思いますが、開業や副業についてはイメージがあまりない人が多いようです。
そもそも、開業なんてそんなことまだまだ全然考えてないですという人も多いし、どうやってしたら良いか分らないという人もいます。
開業までは考えてないけど、おこずかい稼ぎになれば良いなと思うという人もいます。
そこんところどうなんでしょうか。


おこずかい稼ぎも友達にやってお金をもらうのも、モニターでお金を頂くのも副業で仕事をするのも、開業です。
お金をいただいて整体をすれば開業。
でも気分がそうではないと言うことでしょう。
気分がどうであれ開業は開業です。
まっさらなところから始めるのであれば起業ということになります。
会社組織にしないで個人事業として始めてもです。


いやそんなことより今日は仕事を始める時のイメージについてです。


整体を始めるのにも色々なパターンがあります。
先ずは友達から始めるパターン。
会社の同僚でも良いし、学生時代の友達でも、ママ友なんかもそんな感じです。
この場合、準備はあまり必要ありません。
調整をするのにベッドが必要な先生の場合で、ベッドを整体学校やスクールでしか使っていない人なら、折りたたみのベッドが必要になるくらいです。
練習をしている時からベッドを購入している先生なら、新たに買う必要はありません。
メニュー(料金・時間等)を決めることと、名刺を作ることとくらいです。
整体をする場所は、知り合いなら相手の家に行くことも出来るし、自宅の部屋を少し片付ければ良いことになります。
後は同僚や友人やママ友に、始めたから必要があったら連絡お願いと言えば良いだけです。
モニターを始める時も同じです。
無料であっても名刺位は作っておくと良いと思います。


副業となると随分イメージが変わって、開業するのと同じです。
場所を設定して内装などをやり、メニューを作って名刺を作り、ホームーページやSNSで発信しなければ行けません。
副業なら場所は自宅の一室で始めることも出来ますが、開業となると場所を借りる方が良いと思います。
メニューは意外に難しく、最初から高額な料金設定はしずらいものですが、かと言って安いと経営として成り立たないこともあります。
副業だから良いや、と思って安く設定しすぎると、途中でモチベーションが下がってしまうこともあります。
お礼は言われるけど疲れるばかりで全然手元にお金が残らないと、流石に金額によっては疲れます。
ホームページは今は必須です。
なるべく早く作って公開する必要があります。
SEO対策と言ってグーグルやヤフーなど検索エンジンで上位表示させるための対策も必要です。
SNSは種類によって用途が違うので、いろいろと調べて始めると良いと思います。
SNSから直接問合せがあることもあるし、SNSからホームページに飛んで知ってもらうこともあります。


何から始めたら良いか。
どんなところから手をつければ良いか。
てあて整体スクールではスクール生の皆さんに開業講座をやっています。
定期的な授業ではなく、時に応じて行っています。
一人一人に合わせたアドバイスをしていますので、気軽に聞いて下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

複業のススメ

読了までの目安時間:約 5分

サイボウズと言う会社があって面白い働き方制度を取っています。
この「新・働き方宣言制度」と言う制度では、一人一人個人個人が自分の働き方を宣言すると言う方法を取っています。
従来型の人事・労務制度の会社に勤めていると何だかサッパリ分からずイメージも出来ないかもしれません。
いや、独立起業して17年になる私でも、なんだかホントかよ!と思うような制度です。
( 新・働き方宣言制度について >>> )
サイボウズは副業の話が出てくると時々登場する会社です。
副業とは二つ以上の仕事をすることでしょう。
二つ以上の会社に勤めることも可能性としてあります。
会社は一つでも自分で他に仕事をすると言うこともあります。
面白いなと思います。
私も会社を辞めずに勤めていたら、なんとかそう言うことは出来ないかと考えていたと思います。
だって面白そうじゃないですか。
と言うか、一つのことだけだと、ちょっとたまに詰まらなくなることもありますよね。
いやそんな不謹慎な話ではないんです。
一つのことだけをやり続けるのが素晴らしいのは分かりますけど、たまに飽きたりしませんか。
飽きると言う言葉が悪ければ、マンネリになったり予定調和だったり新しい考えが浮かびにくくなったり。
そう言うこと。
ありますよね。
いやあると思います。
そんなこともあったからか、私の場合は会社勤めを辞めて自分で仕事を始めた訳ですけど。
それでも一つのことだけしている訳ではありません。

整体院
整体スクール
セミナー・ワークショップ
講師業
ごくごくたまにダンサー

幾つかのことが同時並行です。
整体師の頭と整体スクールの先生の頭はやっぱり違います。
セミナー・ワークショップと外部から呼ばれてする講師は似ていますが、自分でやる場合は自分で企画から全て考えるのでやっぱり違います。
複業とか副業なんだろうと思います。
会社経営で言えば、営業の柱を幾つか持っている方が安定するって話です。

話が逸れそうなので、ちょっと戻します。
副業や複業はそれとは別の側面もあると思っています。
人生100年時代ってやつです。
65歳位には会社を辞めたら、年金生活に入って悠悠自適。
なんてことを思いたいですね。
でもそう言う人は少ないと思います。
もう少し働いて年金と合わせてなんとか暮らす。
そんな感じでしょ。
その、もう少し働いての部分の話です。
65から全く別の仕事だとけっこう需要が少ない。
仕事にありつけたとしても、同業だったり同じ会社だったりすると若いのに使われたりして。
ま、それは我慢するとしても、今までと似たような仕事です。
飽きますよねたまに。
さっきの話です。
じゃ別の仕事を探すかとなっても、65から全く新しい仕事ってのは、これはやっぱりきつい。

少し早めに始めておくのが良いと思います。
そんなことを考えれば、40代50代から副業や複業をしておく手はあります。
一つは目の前の仕事に飽きないため。
もう一つは定年後の仕事として。
整体師なんてどうですか?
整体スクールの先生としてはお薦めします。
だって年齢が上になればなるほど、自分の経験が活かされます。
整体とは全く関係ない経験は、人生経験として患者さんへのアドバイスに使えます。
見た目だって年齢が上の方が信頼感が湧いたりすることもあります。
40代で始めれば定年した時には20年のキャリアですね。
少ない人数でも続けていることで、手は覚えるし経験値は深まります。

サイボウズの社員が書いた文章があります。
複業は「どっちの仕事も中途半端」?それでも僕が複業を選択する理由 >>>
これを書いた人は会社員だなぁと思います。
あっ悪い意味ではありません。
でも、会社員と個人事業では考え方が違います。
私の場合は幾つの仕事をしても中途半端感はありません。
自分がやっていることは全部自分の仕事です。
何かと何かをしていると言うイメージはありません。
自分がする何かです。
所属する安心感について書かれていましたけど、これは分かります。
会社にいる時は人が沢山いて何となく安心感はあったと思います。
個人ではそれはない。
だからなのか、業界の中で集まる人が多いような感じがすることもあります。
私はそう言うところには出かけて行きませんけど。
それも好き好きですね。

複業。
どうですか!?

副業

読了までの目安時間:約 4分

今朝のニュース番組で副業の特集をしていました。
増えているんでしょう。
少なくとも話題になっていることは間違いないと思います。
サイボウズというIT系の会社では副業OK。
奨励しているようでした。
今、サイトを覗いてみたら、副業としてサイボウズに就職しませんかという募集もあったりしました。


ニュース番組を見て驚いたことが一つだけありました。
本業が整体師で副業に自転車のメンテナンスをやっている人がいました。
整体師を副業にと考える人がいるのは知っていましたけど、整体師の副業に別のことをする人が出てきたんだなぁと。
それだけ整体師が増えて仕事として成り立って来ているんだろうなと思います。
整体師だけじゃ食べられないから別の仕事をしているのではなく、副業として別の仕事をしていて、副業で得たお金で好きなお酒を飲みに行くなんて言っていました。


とは言えやっぱり整体師を副業として考えることの方が多いでしょう。
やり方によっては初期投資は勉強をするお金だけで、整体の仕事を始めても出張形態であれば固定費は掛かりません。
整体院を構えなくても、呼ばれて行って患者さんの家やレンタルサロンで整体をして代金を頂く。
会社で休みが決まっている人なら、休みの日に受容があればその分副収入があるということになります。


30代40代位から整体の勉強を始めて、卒業しても開業しない方がいます。
勿体無いと思います。
勉強を始める前は色々と理由があって始めたけれど、終わってみると理由となっていたものがなくなったりすることはあります。
それでも少しずつでも人の体に触れておけば良いのにと思います。
整体師はやっぱり経験値です。
週に一人でも整体をやっていれば、3年5年と経つうちにイメージのようなものが出来てきます。
イメージが出来なくても忘れないという効用があります。
一度忘れてしまうと元に戻るのには、もう一度最初からということになったりします。
だから少しずつでもやっていると良い。


少しずつでもやる時には、出来れば家族以外の人が良い。
家族だといつも同じ人で、同じような状態になっていることが多いですから。
家族以外の人に触れていれば、違う状態の体に触れられることになります。
また、最初から話をする練習にもなったり、整体を受けてくれる人を探す練習にもなります。
そうやって5年10年と続けていると、知らないうちに定年が近くなったり、早期退職制度に引っかかる年になったりします。
週に一回の整体でも続けていれば、これからどうしよう!?ってことにはなりません。
経験も積んでいるし、手技も身についていることになります。


先ずは副業から整体を始めるという手もあります。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

副業解禁

読了までの目安時間:約 3分

ハフィントンポストと言うサイトで副業解禁について書かれていました。
ロート製薬の代表取締役会長兼CEO山田邦雄さんとサイボウズの青野慶久さんとの対談です。


【 サイボウズ式:副業禁止で「会社栄えて国滅びる」。歴史ある企業こそ、人材を社会に解放すべき──ロート製薬 山田邦雄×サイボウズ 青野慶久 】
→ http://www.huffingtonpost.jp/cybozu/rohto-liberty_b_14487500.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001


今のところ整体師を副業でする男性は少ないと思います。
ところがセラピストを副業でやっている女性は増えているように思います。
どうしてでしょう。
やっぱり男性は従来の労働環境と言うか旧来の仕組みやシステムに乗って仕事をしている印象。
終身雇用は言われなくなってしまいましたが、正社員志向が強く、それが目標になっている。
悪いことだとは思いません。
今の状況では派遣やパートタイムやアルバイトでは将来不安がありますから。
だから整体師になるのなら、今までの仕事を辞めて独立開業して、これ一本で稼ぐっていう男性が多い。
でも女性は昔ながらのシステムに女性全員が入り込む前に、派遣法やパートが増えて来て非正規雇用が増えてしまった。
そしてそちら側(非正規)に取り込まれてしまっている人が多い。
そうなると、一つの仕事だけでなく複数の仕事をすることを考えたり、あるいは自分の好きなことで稼ぐことを考えたりしているのではないか。
そんな風に思います。


それとは別に副業解禁は必要なことだと書かれています。
良いことだなぁと思います。
例えば体のことを知っている上司がいたら、良いと思いませんか。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

副業解禁

読了までの目安時間:約 5分

東洋経済ONLINEにこんな記事がありました。


ロート製薬の「副業解禁」が示す本当の意味 >>> 


目薬で有名なロート製薬さんが「社外チャレンジワーク」「社内ダブルジョブ」と言う新たな制度(就業制度)を始めたと言います。
「社内ダブルジョブ」は同社内で複数の部門や部署を担当出来ると言うもので、「社外チャレンジワーク」は土・日・祝・就業後に別の仕事につけると言うことです。
ここでニュースなのは別の仕事での収入がOKになったと言うことです。
当たり前と言えば当たり前ですが、別の仕事をしても良いけど収入は無しと言うところもあるということでしょう。
記事の中にもありましたが、そもそも副業を禁止するのは法律的には認められていません。
あれっ!?と思う方がいるとは思いますが、職業選択の自由があるのでと言うことだろうと思います。
考えてみればあたりまえです。
就業規則には「副業をする場合は上司の許可を得ること。」とあるのが一般的なんじゃないかと思います。
これだと総合的判断なんてことになりますから。
先日、元NHKアナウンサーで現在はフリーアナウンサーをやっている男性が、NHKの地方局に勤めてる時に副業でバーをやっていたと言っていました。
上司の許可を得て、だったようですが、そのためかどうか東京に戻ってくるのに20年かかったとのことでした。
記事の中にこんなことが書かれていました。


『社員に副業を許可することは、ロート製薬が「社外チャレンジワーク制度」の導入にあたって「会社の枠を超えて培った技能や人脈を持ち帰ってもらい、ロート自身のダイバーシティー(多様性)を深める狙いがある」と述べているように、積極的な意味で会社が得られる利点も小さくはないだろう。(中略)
ロート製薬は多角化による事業の発展を基本戦略としているため、新規事業への種まきという意味でも、「健康と美」に紐づく多様な経験を社員にさせるため、副業を解禁することに一定のメリットがあるという経営判断も働いたのだと推測される。社員が築いた外部人脈が、新規事業への参入のきっかけにもなり得る。』


そうなんでしょうね。
今のところは企業の側の論理で副業が認められて来ているんでしょう。
副業と言うからには、本業があると言う考えです。
本業に対する副業は、本業を補完・補強するもので、あくまで本業が本業。
でもこれ、早晩変わってくる考え方だと思います。
多くの割合を占めているもの大多数だと思っていたものが、普通で本道で本筋で正当と言う見方・考え方は変わりつつあります。
分類したり名前をつけて決めて来た歴史は、必然で必要なことだったと思います。
でも、個人が個人で考え行動するようになってくると、これまで付けられてきた名前や分類にハマってないんじゃない?と思うことが増えてくる。
そんな時には自分の方法・自分と言う存在で生きていくことになります。
もちろん迷惑はかけられないですよ。ある程度。
好きなことを好き勝手にやってイイって訳じゃない。
でも、自分が思うことと思うようにし始めているようになって来たと思います。


何が言いたいのか。


本業も副業もありません。
生きてくためにすることなら、本とか副とか名前をつけなくてもやってることが仕事です。
サラリーマンやOLや派遣や契約で仕事していても、全く別の仕事を持っていても良いと思います。
どっちが本業でどっちが副業なんて関係ない。
そう思います。


てあて整体院には多くのダンサーが来ます。
日本のダンサーの多くは生活のためにアルバイトをしています。
普通に会社に勤めている人もいます。
彼ら彼女らはカルテの職業欄にダンサーと書きます。
そんなのダンサーじゃないと言う人もいますが、れっきとしたダンサーです。
作品は素晴らしい。
踊りも素晴らしい。
整体師やセラピストにも半々の人がいます。
土日だけセラピストだったりピラティスやヨガのインストラクターだったり整体師だったりします。
サロネーゼだとかあんなのプロじゃないと言う人もいます。
たしかにそこにエクスキューズ(言い訳)を持っているセラピストもいます。
渡しは時間がある時だけ、仕事は別にあるから・・・なんて。
でも、土日や時間のある時だけでも、心身ともに本物のセラピストもいます。
そう言う人が増えていくのは、多様な生活や仕事の仕方として面白いことだと思います。


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019