東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

動画編集100本チャレンジで分かったこと

読了までの目安時間:約 6分

7月に動画編集のワークショップに参加しました。
整体スクールの紹介や健康関連の情報を見やすい動画で届けたいと思ってのことでした。
動画編集をしたいと思い始めたのは、多分もう5年以上前だったと思います。
なんとなく先延ばしにして自分で出来ないものかと、試そうとしては挫折していました。
扱ってみれば簡単なんでしょうが、最初が分からないと入り込めないという状態でした。
編集のワークショップだったので、見やすい動画を作るとか動画自体のクオリティを上げていくと言うものではありませんでした。
動画素材の撮影方法、動画の素材の繋ぎ方、文字や音楽やナレーションの入れ方。
ただ、その基本的なノウハウを聞いている途中で、色々とかなり重要なことを聞くことが出来ました。
基本的なことの解説の中に非常に重要なことがあるというのは、整体の指導をしていてもダンスを踊っていても言えることです。


同期と呼べる人が他に2人いました。
2人とも個性的で魅力的な人たちで、一人は国家資格のセラピスト、一人は関西から参加のフォトグラファーでペルシャ絨毯販売会社を運営されている女性です。
ワークショプの間の話の中で、100本チャレンジをしようかなと言っていたのは女性の方でした。
100本かぁ、と人ごとのように聞いていましたが、ワークショップの途中(ワークショップは2回に別れてありました)の宿題でvlog(動画のブログのようなもの)の編集があり、日々作っていたら、ちょっと100本やってみっかと思い始めました。
で、始めたのが動画編集100本チャレンジ。
昨日、100本目の編集が終わりました。
これです。





特に何もない朝の風景です。
基本的な繋ぎの練習と文字と音楽を入れています。
見づらい部分があるかと思います。
逆にそこが面白いと思ってもらえるかもしれません。
まだ完成形ではありません。


100本チャレンジは7月19日から10月10日で完了しました。
約80日で100本でした。
分かったことも分からなかったことが幾つもありました。


100本では全然足りないというのは痛感しました。
100本も編集すれば結構出来るようになるんじゃないかと思いましたが、違いました。
ぜんぜん、思ったように出来ない。
実は当初、仕事用の動画編集が出来れば良いと思って始めていましたが、趣味の動画編集というかプライベートの動画編集もするようになりました。
そんな中、最近上げている「今日の一冊」や「カラダのハナシ」のように、型を作ってしまったものは時間をかけずに編集できるようになりました。
ただ、喋り方やカメラアングルのようなものは、まだまだ改善が必要です。
それとは別に編集している公園や神社仏閣などの動画は、何をどうやって撮れば良いのか繋げれば良いのか実はまだ全然分かっていません。
撮影した動画を時系列に並べて繋ぎを修正してということで、ある程度カタチにはなっていると思いますが、それ以上のものではありません。
試行錯誤を続けながらやっています。


例えば、後からスローモーションにする時の撮影方法が分かっていない。
固定での撮影は好きでやれるのに、動きのある撮影がかなり苦手。(横移動も縦移動も)
風景は多く撮っているが、人を殆ど撮っていないので、人の取り方がわからない。
スクールや整体院のPVを編集したいと思っているが、一人で撮るにはどんな方法があるのか思いつかない。
(現状は一人語りのような形やルームツアーのような形では作ってみたが。。。)
編集の前の撮影の前の、結局、仕事用もプライベートのものも、ディレクション(方向性、やりたい事)なんだろうと思っています。


何を伝えるのか.
どうやって伝えるのか
それを
どんな映像で
どんな音楽で
どんな文字やナレーションで
伝えるのか。


編集を教えてくれた昔からの友人の撮るものは、とてもエモーショナルでエモ動画なんて言ってますが、そのテイストの動画は全く撮れません。
何度もチャレンジしましたが、全然だめ。
プライベートの趣味の部分はかなり時間がかかるだろうと思います。
仕事用はある程度、カタチが出来てきたので、ストレッチ動画など今後は撮っていきたいと思います。
切ったり繋いだり音を入れたり文字を入れたりのスキルは、一応最低限ついたと思います。
次は自分が表現したいもののコアの部分は何なのかを考えること、それを表現するための撮影があって、最後に編集で汗をかくことなのかなと思います。


何でもかんでも同じと思っちゃいけませんが、整体やダンスも同じだなと思います。
基本がある程度、体に入ってくると、そういう問題が出てくるように思います。
やり方は分かった、じゃあ自分はどうするかという問題です。
しかし面白いものを知りました。
既に増えてますが、これからは少し動画が増えると思います。

俯瞰で見る 〜動画編集から確認したこと

読了までの目安時間:約 2分

先々月から動画編集を始めました。
最初は仕事用。
スクールの説明だったり授業の紹介だったり。
そんなことを目的に編集講座に行きました。
撮影の練習、編集の練習をする中で、もう一つ別の目的が生まれて来ました。
動画のクリエイション。
たまにダンス作品を創作します。
同じように動画作品も創作してみたい。
と思うようになりました。
動画、面白いんです。


思ったように繋げるし。
思ったように繋げないし。
思ったように撮れるし。
思ったように撮れないし。


編集をしながら気がついたことがあります。
撮影や編集をしていると、その人が出ると言われましたが。
確かにそうだなと思います。
俯瞰。
どうも全体に俯瞰しているような視点を感じます。
自分のことなのに他人事みたいですけど。
出来上がった動画を見ているので余計にそんな味方になるのかも知れません。
思い出すと小学生の頃からの癖なんだろうと思います。


輪の中にいて全体を見回すということではなく。
輪の外から眺めているような感覚です。
かと言って仲間から外れていたい訳ではありません。
仲間なのに輪の外から見たい。
そんな感覚です。
そんな風に見えるかどうか。
趣味の方の動画を2本貼っておきます。
近くの公園といつも行っているダンススタジオの道すがらです。





動画編集をしていて思うこと。

読了までの目安時間:約 3分

最近、動画編集をしています。

てあて整体スクールチャンネル >>>

動画編集をしていると色々なことに気が付きます。
自分が面白いと思うことを人が面白いと思う訳ではないという事です。
一人でやっていると、つい自分が面白いと思っている事は人も面白いはずだと思います。
そんな風に思いながら編集する訳ではありませんが、自分が知りたいことや伝えたいことばかりを長く撮影して入れ込んだりします。
でも、そこは殆どの人が興味がない、という事があります。
視聴時間を見ていれば分かります。
だから伝えたいことを伝えたいように伝えようとしても上手くいかない事がある。

伝えたいことの何をピックアップして、どこにポイントを当てて伝えるか。
この動画ではこれだけを伝え、別の動画で別の角度から伝え、などということを考えた方が良さそうだ。
なんて思ったりします。
先日も授業の雰囲気を伝えたいと思って作った動画で、つい内容の切れ目の良いところまで繋いでしまい、無駄に長い動画にしてしまった事があります。
それって伝えたいと思ったところに行く前に、試聴している人は離れてしまいます。
それでは全く意味がない。
そんな事なら、本当に雰囲気だけ、笑い声だけとか、荒木の声質が伝わるだけとか、教室として使っている部屋の全体がわかるだけとか。
その方が実は短い動画でも伝わることが増える可能性があります。

人って自分勝手なんだなと思いますね。
相手に伝えたいと思って、自分の伝えたいことばかりを伝えてしまう。
相手のことを考えていると思って、自分のことしか考えていない。

いやぁ何か勉強になります。

とは言え最初から伝わらなくても良いから残しておきたい動画もあるとも思います。
それはそれで必要だろうと思います。
伝わることよりも残すこと。
みたいなですね。
このバランスが難しい。

伝えたい相手に伝えたい内容を伝える事
自分の伝えたいことを全部入れ込む事
両立しないって事だけは分かっておく必要があると思います。

始めてみる。

読了までの目安時間:約 4分

思い立って幾つかのことを始めました。
いや、始める事にして申込んだりしました。

一つは動画編集です。
ユーチューブチャンネルを開設したのは数年前。
ストレッチや腰痛・肩こり、毎月のスケジュールなどをアップしていましたが、全く編集していない撮っただけの映像を流していました。
今どき中学生じゃあるまいし。
と言うことで、昨年くらいからサムネイルというか表題だけは作って付けたりしました。
でも編集はしていません。
面白くはないですよね。
これじゃ興味を持ってもらえない。
ということくらいは分かっている。
で、だんだんと嫌になってしまい、数ヶ月前からは動画をアップしないようになってしまいました。
こりゃマズイ。
と思って動画編集をしようと思いますが、なかなかこれが腰が重い。
伸ばし伸ばしにしていました。
そしたら、昔からの知り合いが動画編集講座をやっている。
以前からやってましたが、腰が鉛のように重い時期だったので、スルーしていました。
その動画編集講座に申込しました。
7月5日と19日の2回講座です。

ラポールアカデミー 5期 >>>

もう一つはコンタクトインプロビゼーションの練習会。
森川弘和さんというダンサー主宰の練習会です。
ツィッターで募集がありました。
これも何度か見たんですが、その時はスルーしていた。
だって相手はプロですよ。
舞台で拝見した事もあるし、クラスも何度か受けたことがある。
素晴らしいダンサーです。
練習ってことは一緒にやるということで、ちょっと敷居が高いと。
ちょっと高いなぁ。
でもなぁ。
何か始めたいなぁ。
やってみたいなぁ。
いや、やってみるか。
ちょっとやってみようかな。
と思い、予定を確認して連絡しました。
コンタクトよりもインプロビゼーションの方に興味があったんですが、連絡したらコンタクトインプロビゼーション。
でも、やっぱりやってみよう。
ということで、8月から始めてみることにして予定を組みました。
( 森川弘和さんのツィッター >>> )

その前に申込んだワークショップが一つありました。
アーキタンツで行われる池田扶美代さんのWSです。
こちらは幾つかありましたが、今まで出たことのなかった(と思う)WSに申込ました。
7月に2回です。
ギヴィング・アンド・レシィーヴィング >>>
これが始まりだったかな。
動き始めないと始まらないと思って。

正直なところ。
このところ、ちょっとやる気が出ないと思っていました。
なんなんでしょうか。
そんな悠長なこと言ってられないんですが、世の中は暑いしヨーロッパでは戦争が起こっているし、感染症は心配なんだか心配じゃないんだか分からないのにまた増えてきたりしているし。
そんなこんなで業績はかなりパッとしないし。

動きがない。
自分の周りに動きが全然ないんですね。
いや動いてはいます。
動いてはいますが、今までと同じことをやっている。
新しいことはやってないんですね。
そこが気になったのかも知れません。

行動をするのにやる気は必要ないというのは脳科学では常識のようです。
やる気はドーパミンによって引き起こされますが、そのドーパミンは行動を起こすと分泌されるようです。
行動することがやる気を起こさせる、という仕組みに実はなっているという事です。
入れ子のようだし鶏と卵見たいですけど、まあそういうことです。

始めてみる。

というのは大切な事だと思います。

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019