整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

大きな病院に行って考えたこと

読了までの目安時間:約 5分

昨年の健康診断で数値が悪く、腎臓の検査を小さな町医者さんでやっていましたが、なかなか好転しないので一度大きな病院の腎臓内科で診てもらった方が良いと言うことになり、1ヶ月前に予約をして行ってきました。
もちろん町医者さんでは検査だけでなく、塩分控えめ生活だとか水分を多めに摂る生活を続けて数値に変化がないかどうかを確かめていました。

とにかくでかい。
病気と言えるような病気はあまりしたことがなく、大きな病院にかかったことが殆どないので、テレビで見るような病院に入ったのはお見舞い以外ではもう20年以上ぶりでした。
受付の前に総合案内とかで、何をするかを聞いて、先ずは診察申込書を記入。
それを持って受付に行くと、別の建物にある腎臓内科の受付に行くべしと言われました。
腎臓内科の待合椅子で問診票に記入。
それを持って待っていると、待合椅子に座ったまま看護師さんが出てきて簡単な問診をしました。
診察室からお声がかかって小部屋に呼ばれ、30代と思しきお医者さんと対面しました。
数値を見ながら問診。
モニターだけを見ていると言うことはなく、こちらの顔を見ながら数値からは恐ろしいことも可能性があるんだかんねと言う話と、まあそうでもないと言う話をされ、今日は検尿と採血とCTをとりますとのことになった。
で、次の予約。
早くても8月の後半だけどいつくらいが良いですかと言うことで、8月25日に検査結果を聞きに来ることになりました。
そこから検尿と採血とCTに別の建物の別の階に移動。
検尿・採血にも受け付け的なものが必要で、券売機みたいな機械にカードを入れました。
採血は7人が並んで受けられる部屋に通され、なんだか搾乳されるケージに並んだ牛みたいと思いつつ、採血しました。
1日に何人くらい来るんですか?と聞くと、多い日で500人くらいで通常は350人くらいですよ、ほほほ、と柔かな看護師さん。
さすがとても針を刺すのが上手く、ストレスなく採血されました。
次はCT。
CT部屋はまたまた別の階に移動。
部屋の前で待っていると声がかかった。
ドアを開けると半畳くらいの部屋というか、普通の家の廊下の途中にドアを2つ作って出来たみたいな部屋で着替えをして、反対側のドアを開けると検査室。
検査室に入って横になってバンザイして息を2回ほど止めると撮影終了でした。
で、お支払いのためにまたまた別の階に移動。
会計の受け付けに行くと、表のようなものを渡され、横に並んだ5つの支払機の上にある表示板に357番が表示されたらお支払いできますよ。
と言われてスーパーのセルフレジ的なものだなと思ってお支払い。
思っていた3倍くらいの金額に驚きつつ、まあCTだもんなと思って、ギリギリ足りたお金を券売機的な機会に投入して終わりました。

とまあ、顛末を書こうと思った訳ではなかったんですが、そんな感じで3時間の病院体験(いや検査)が終わりました。

医者や看護師さんやスタッフの皆さんも、病院にいる人たちはみんな一生懸命やっていて頭が下がります。
ただね。
気になりますね。
やっぱり。

このシステムや作りだと、大きな病院は病気を攻撃するためのデータ収集の現場って感じで、病気を診たり病人を癒やしたりする場ではなくなっています。
それは医者や看護師さんやスタッフが悪いと言うことでは全くないと思います。
ただあの建物の素材感や色や導線や大きさ。
そして沢山の病気の人を順番に流れを止めないようにこなしていくシステムは

来院している病人に
不安と疎外感と圧迫感を与えるだけで
寄り添う感覚や癒される感覚、緩む感覚や安心する気持ちは与えない。

だからなのか、壁には至る所に絵画がかけられ、部屋や廊下の目に付くところには植物が置かれ、ヒーリング的な音楽がかかっていた。
そうでもしないと居ても立っても居られないんじゃないかと思う。
そして同じことは看護師さんやスタッフさんの言動にも現れていて、何とか病人に寄り添うよう、足りない部分を補おうという態度が見て取れた。
難しいね。

ポリヴェーガル理論というのを読んでいたら、大きな病院のツルツルの壁や廊下、蛍光灯の光、空調の低音、おじさん先生の低い声は、それだけで患者さんに安心を与えない。
自律神経系の働きを補うために良くないと書かれていました。
確かに。と思います。

整体師・セラピストとしては気をつけなければいけないことです。

てあて整体スクール・荒木
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019