整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

姿勢の授業

読了までの目安時間:約 3分

姿勢の授業

てあて整体スクールには姿勢の授業があります。
患者さんの姿勢をみるための授業です。
どんな姿勢が良い姿勢なのか、どうやって姿勢を指導していくのか。
ある程度の基準を持っておく必要があると思ってやっています。
姿勢も歩き方も、その人が自分の体を使った結果そうなっているものです。
体の使い方には習慣や癖のようなものがあります。
何も考えずに立ったり座ったり歩いたりすると、いつものようになります。
いつもの姿勢が気になるのであれば、いつものようにやっていては出来ません。
その指導法について話をしています。


上の写真にあるように座った姿勢で体を感じてもらうところから始めます。
坐っていると太ももやフクラハギのことを考えなくても良いので、気にするところが少なくてすみます。
腰やお腹、胸や背中、首から肩にかけて。
頭から骨盤までは背骨でかなり強く繋がっているので、(意識的には)力を入れなくても座って居られる場所を見つけやすい。
それが見つかると上のような状態になります。
かなり良い感じですね。
この感じになるのに、いくつかのことをしています。
そしてこの上半身の伸び感を感じたまま立ってもらいます。


姿勢の授業

左が普段の立ち方で、右が姿勢の授業で指導した後の立ち方です。
普段はかなり後ろ重心になっているのが分かりますね。
実はこれでも何時もよりは少し前重心にしてみたと仰っていました。
この時の感覚を自分の言葉にしてもらっています。
そして写真で確認。
自分としてはかなり前重心の感じがするけれども、太ももやフクラハギには力が入っていない。
胸や顎辺りも楽というのが分かりました。


姿勢の指導で難しいのは、〇〇して下さいと言えないことです。
例えば下の写真の左側のように立っている人に、「前重心にして下さい。」と言うと、すぐに出来ます。
でもそれは、何かをしていて良き位置に来ているだけです。
自分が本来入れている力を抜かずに、その上に前重心にすると、今までの力に新しい力をプラスしているので、疲れて仕方がありません。
それにすぐに忘れて、元の状態に戻ってしまいますから。
実はあまり何もしていない、でも写真を見る限りイイ感じで立てている、というのを確認していくことです。
てあて整体スクールには姿勢の授業の他に歩き方の授業もあります。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

トンビ座りはO脚の元

読了までの目安時間:約 2分

押さない揉まない体重をかけない指針整体と
ボキボキしない骨格調整のMETで整体師を育成する。
てあて整体スクール・荒木です。
てあて整体スクールでは整体の手技や解剖学だけでなく、体の使い方なども教えています。


トンビ座りとか割座という座り方があります。
星座から後ろにある両足を外に動かして、脚の間にお尻を地面にぺたんとつけた座り方です。
一般に男性は難しく女性が多くしているような座り方です。


トンビ座りはO脚の元


この座り方をすると、膝のところに捻じれが出来ます。
太ももの骨が内側に、スネの骨は外に向きます。
股関節が内側(内旋)したような格好です。
これで爪先を前に向けると、膝が内側を向いてO脚気味になってしまいます。
本人は気がつかなくても体が勝手にそうなってしまう。


それに膝のところが捻れるので、膝痛の原因になることもあります。
クセになっている人は気をつけた方が良いと思います。
膝が捩れるのと似ていますが、横座りもあまり良くありません。
膝が捩れるのと同じように腰が捻れます。
いつも同じ側に横座りしていると、体幹の左右のバランスが崩れてしまうことがあります。
じゃあ反対側でも横座りをすれば良いかと言うとそうではありません。
座って脚を組むのも同じですが、両方で横座りしたり両方で脚を組んだりすると、捻じれが二重になると考えて方が良い。
横ずわりも脚を組むのもしない方が良い。


床に座るのなら正座かあぐら。
あぐらが大変なら、お尻の下に座布団を二つ折りにして入れたり、クッションを入れたりして、お尻の高さを少し高くするとより楽になります。

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019