東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

一箇所だけちょいっとやって治る事はあるのかどうか

読了までの目安時間:約 2分

結論から言うと

あります。

えっ!と思うかもしれません。
でも本当です。
一箇所だけ調整して、痛みや症状がなくなったり改善したりする事はあります。
でもね。
そう言う手技はすぐには身につきません。
基本的な手技が身について、体の使い方や手指の使い方、目のつけどころや立ち位置、患者さんとの間合いが出来るようになって、患者さんの体も分かり変化も分かるようになって、初めて使える様になります。
全くの素人がすぐに出来るようになるものではありません。

そしてもう一つ。

一箇所だけ調整して、痛みや症状がなくなったり改善したりする事は、あります。
でもいつもいつも、必ずそう言う効果が出るものではない。
なんの効果もない事もあります。
でも、変化は一瞬で起こる事が多い。
痛みが軽減していく時も、ある一瞬に痛みが減り始めます。
また、ある一瞬で痛みが消えることもある。
でもそれまでは何の効果もないこともあります。

魔法の手技はあります。
というかどんな手技も魔法の手技です。
現代に生き残っている手技には、効果は必ずある。
でも、魔法が効く時と効かない時があります。
それは手技の問題よりも、使っている先生の問題が大きいと思います。

まずは自分の核となる軸となる手技を身につけましょう。
出来れば体全体を診る事が出来る手技です。
そして最低でも3年は同じ手技を使って下さい。
自分の基準となる手技を身につけます。
その上で一瞬で変わる経験を積んでください。
そこから始めないと、すぐにボロが出る整体師になってしまいます。

どうして指針整体だったのか。

読了までの目安時間:約 4分

どうして指針整体を使うようになったのか。
どうして指針整体を教えるようになったのか。
整体スクールの生徒さんに聞かれました。
う〜ん。
少し考えて出てきた答えは。

効果が分かりやすく劇的だったから。

でした。
何だか嘘みたいな怪しい言葉になってしまいましたが、本当です。

整体を27・8年前くらいに学び始めて、最初は揉み押し系の手技を身につけました。
先生(私のこと)上手いね。
当時、私に教えてくれていた先生から言われました。
自分で言うのもなんですが、上手い方だとは思いました。
その手技で開業するつもりで準備をしていましたが、指針整体という不思議な手技があることを聞きました。
自分が通っていた整体体験の卒業生がやっているとの事。

その手技は痛みを取れるという事でした。

当時、自分が学んでいた整体体験では、全身の筋肉を緩める手技と、骨のずれや歪みを調整する骨格調整を学びましたが、痛みについては深くは学んでいませんでした。
そこに、痛みが取れると聞いたので興味が沸きました。
もう一つくらい手技を身につけておくのも良いか、と当時は思ってその卒業生のやっている小さなスクールに通うことにしました。
開業する半年くらいまえだったと思います。
今でも最初の授業ことのを覚えています。

これは効かない。
失敗した。

指針整体を受けてみると、全然軽くて押圧系のイタ気持ちよさがありません。
こんな軽いので体に効くわけがないと、最初の授業の最中に思いました。
失敗したと思いましたね。
ところがです。
授業が終わって教室を出て帰路について歩いていると。

どんどん体が軽くなってきます。
膝が軽く持ち上がるようになり、股関節の動きが良くなってきました。
その上体が軽い。
明日の朝になったら、効果を実感するよと言われていて、実際に翌朝、体が軽くなっているのが分かりました。

これだっ!
と思いましたね。
整体院を開業したら、基本の手技はこれにする。
その日に決めました。
そう考えると、骨格調整で使おうと思っているマッスルエナジーテクニックはボキボキしない調整方です。
指針整体の軽さとも相性が良い。

そんなことで指針整体を使うようになりました。
効果が本当に劇的で、驚くような受け感でした。

スクールを始めるにあたっても同じようなことが理由ですが、もう一つ指針整体を教える理由があります。
誰でも効果が出やすい。
押圧系の手技は上手い下手がでます。
下手な人でも時間をいかければ効果が出るように指導出来ますが、指針整体は決められた通りに出来れば効果が出ます。
その上、力を使わないので、女性や高齢者でも楽に身につける事が出来る。
そんな理由もありました。

指針整体は今はここでしか学ぶ事が出来ません。
他にはない安心で安全な手技を覚えて整体師になって下さい。
効果は間違いありません。
荒木のやっている整体院には20年以上通っている患者さんが何人もいます。
受け続けて効果を実感してもらっています。

てあて整体スクールでは授業見学や整体体験を受け付けています。
ちょうど卒業生がたくさん出て、今は少人数でみっちり勉強できます。
連絡お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
mail : teate@nifty.com
LINE : https://lin.ee/H5NyjYT
LINE QR

指針整体は「引く」刺激
指針整体・荒木
真面目な顔してますが、楽しい授業です
てあて整体スクール 授業

てあて整体スクールをわかりやすく解説したページがあります。
詳しくはコチラ ↓
てあて整体スクールLPバナー

安心で安全な整体で整体師になるなら【てあて整体スクール】

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。

安心で安全な整体

当たり前の話ですが、意外に当たり前ではないかもしれません。
整体やカイロプラクティックや柔道整復など、手技療法での健康被害が聞かれる事があります。
揉み返しや痣になった、痛みがひどくなってしまったなどなど。
痛みや症状を良くしたくて受けて居るのに、逆に状態が悪くなってしまう。

酷いやり方だ!とは一言では言えません。
ほとんど全ての手技療法をしている人は、患者さんに良くなって欲しいと思ってやっています。
一生懸命、全力でやっている先生がほとんどです。
そやって一生懸命やる事が、力を入れすぎたりやりすぎたりに繋がる事があるのかもしれません。
庇って居る訳でも、正当化している訳でもありません。
健康被害は良くない事です。
避けられなければいけない。

では、健康被害が出ない安心して出来る整体はないのか。

指針整体はそういう整体だと思っています。
力を使わない。
というか力を入れない事が、効果に繋がるような整体です。
だから力を使わない。
力を使って強くやってしまうと、効果が下がってしまう。

トントンと軽い刺激を全身に入れます。
押しこまない、揉まない、体重をかけない整体です。
初めてやってみると、こんなんで効果があるの?と思うかもしれません。
初めて受ける人もそうです。
でも受けて居るうちに体がポカポカ暖かく、終わると体が軽く動きやすくなっています。

体力が落ちて居る現代人に、高齢の方に、筋肉量が少ない女性に。
指針整体は受けても安心な整体だと思っています。

安心安全な整体で整体師になりたかったら。
てあて整体スクールを検討してみて下さい。
他では学べない指針整体が学べます。
授業見学お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
mail:teate@nifty.com
LINE:https://lin.ee/H5NyjYT
LINE QR

てあて整体スクールLP

体を緩めるにも様々な方法がある。

読了までの目安時間:約 2分

筋肉が硬くなっている時。
関節が動きづらくなっている時。
体を緩め柔らかくするにも様々な方法があります。

押したり揉んだり体重をかけたりして、筋肉を緩めていく方法があります。
一般的な方法で上手い先生にやってもらうと、とても気持ちよく全身が緩んでいきます。
ポイントとなる部位の骨格を動かす方法もあります。
カイロプラクティックなどで一部位だけを動くようにすると、周りの筋肉や筋膜が緩んできます。
上手く出来ればという条件付きですけど、そういう事もあります。
でも、これだけではありません。
他にも方法があります。

例えば指針整体(ししんせいたい)は全く別の方法です。
トントンと軽い刺激を全身に入れていきます。
タイ式マッサージにトークセンという木槌でトントン叩く方法がありますが、これも似ています。
リズミカルな刺激を全身に入れていくことで、血流改善と自律神経系の働きを利用して緩めます。
受けていると大して押されていないのに、途中で体が暖かく緩んでくるのが分かります。
血流が良くなる方法だと、終わったあとにもどんどん緩んでくるので、翌日の朝の感覚も変わります。

整体や手技療法には沢山の方法があります。
どんな整体を学んで活躍するのか。
考えて選んでください。
てあて整体スクールでは力を使わないのに全身が緩む指針整体と、ボキボキしない骨格調整を教えています。


開業整体バナー

指針整体という素晴らしい手技を広めたい

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールでは指針整体(ししんせいたい)という手技を教えています。

荒木が考えて作った訳ではありません。
ルーツは定かではありませんが、日本の古武術に源流があるのではないかと思っています。
私に指導してくれていた先生の、そのまた先生までは辿れますが、そこから先が分かっていません。

整体師は手技です。
手だけで患者さんの体を変化させます。
手についている手技が一番大切だと思っています。
その手技を全面に押し出している整体学校が少ないのは本当に驚きです。
学校選びをしている人たちは、手技が全面に出ていないで心配ではないのかと思ってしまいます。

安全なのか。
効果はあるのか。
受けるとどんな感じなのか。
自分にも出来るのか。
どんな特徴を持っているのか。
似た手技はあるのか。
何に対応出来るのか。

それらが分かって初めて、勉強するかどうかを決められるんじゃないかと思っています。

指針整体の特徴は力を使わないところです。
力を入れなくても良いのではなく、なるべく力を使わないようにします。
また、押さない揉まない体重をかけない手技です。
力を使わないので、マッサージや指圧のように押し込む事をしません。
それが指針整体にとっては効果の源泉になっています。
トントンと軽い刺激を入れます。
リズミカルな刺激は自律神経を整えると考えています。

これらの特徴が患者さんの負担が少なく、その事で揉み返しがなく、逆に血流が良くなる事で体が軽く動きやすくなります。
また、全身に刺激を入れる事で、大きな歪みは整って来ます。
こんな不思議な手技は他にありません。
不思議で効果があり、痛みがなく軽い。

この指針整体を広めたいと思っています。
身につけて患者さんに喜ばれる整体師になって下さい。

指針整体

整体は怖いですか?

読了までの目安時間:約 3分

整体は怖いイメージ。

今でもそんな話を聞く事があります。
ボキボキされるんじゃないか。
強く押されて痛みが残るんじゃないか、揉み返しが来るんじゃないか。
痣になったって聞いた事もあるし。
そんな風に言われているのを聞く事もあります。

それたぶん、下手なんだと思います。

下手な整体師に当たってしまった。
大変申し訳ないと思います。
下手な整体師は揉み返しを好転反応と言ったりします。
強く押せば効いていると思っている事があります。
ボキボキ音がするのは仕方がないと思っている事もあります。

少なくとも荒木の昔からの整体師仲間は、下手ではありません。
強く押す先生もいますが、揉み返しはありません。
揉み返しは強揉みの結果ではなくて、下手にやった結果です。
ボキボキするのは目的ではなく、関節を適切に動かせばポキッと音がする事もあります。
必ず音がするということではなく、音がする事もある。
そしてその説明もきちんとしてくれます。

ついでだから書いておきますが、荒木自身も下手だとは思っていません。
揉み返しがない指針整体をやっているので、揉み返しはありませんが、強押しをしたとしても揉み返しなくする事が出来ます。
ごくたまに強押しのような事もやりますけど、揉み返しにはなりません。
骨格調整はもともとボキボキするタイプとは違いますが、関節が動いた時、ポキッと音がする事もあります。
ポキッという音は、一箇所を狙っているからポキッです。
ボキボキは複数箇所の音がしている音です。
(複数箇所を狙う手技もありますので、音だけで全て下手だとは言えません。)

上手な先生が減ったとは思いませんが、下手な先生は増えたように思います。
一時期と比べれば安全な手技が増えていますが、だからと言ってうまくなっているわけではない感じです。
ちょっと練習が少ないかなと思います。

てあて整体スクールは試験に合格するまで、卒業が出来ません。
安全で効果がある手技が身につくまで認定されないという事です。
卒業時点では正直下手かもしれません。
でも、指針整体は下手でも効果が出ますし、揉み返しやボキボキはありません。
揉み返しがない事は試験合格の条件ですから。

骨盤は三方向から調整します。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでは骨盤を三方向から調整します。

殆どの整体学校や整体スクールで、骨盤の調整とか矯正など骨盤の歪みやズレを調整(戻す)する手技を学ぶ事と思います。
ただ、その方法は様々で、ぼきぼきする方法もあるし、手を当てているだけの方法もあります。
てあて整体スクールでは三方向に調整しています。

一つは左右の骨盤の高さ。
次が骨盤の開き具合。
最後が骨盤の回旋。

ちょっと分かりずらいので説明します。

左右の骨盤の高さは分かりやすいかもしれません。
俯せに寝て、骨盤の左右の上(腸骨稜)のどちらが頭に近くなっているかを触診して調整します。
これは骨盤と言うよりは腰椎の調整になるのかもしれませんが、てあて整体スクールでは骨盤調整の一つとして一緒にやっています。

次が骨盤の開き具合。
骨盤には3つの骨があります。
真ん中にある仙骨と左右二対の寛骨です。
その寛骨が前から見て、開いているかどうか。
左右のどちらの寛骨が反対側より外に開いているか。
それを調整します。

最後に回旋です。
左右の寛骨が仙骨に対して、前傾しているか後傾しているかを調整します。
どちらか片方を調整することになるので、調子が悪い方を特定するような検査をしてから調整します。
両方の寛骨が前傾していたり後傾している場合は、腰椎(腰)の湾曲の問題であることもあります。

骨盤・てあて整体スクール
三方向からの調整は、難しそうに見えるかもしれませんが、捻れの調整にはとても簡単な方法です。
一つ一つの調整は一方向だけの調整なので、左右とか前後とか上下だけの調整です。
一つ一つを順番に調整していくと、最終的に捻れの調整も出来てしまいます。
(骨盤の捻れやズレは三次元空間の位置のズレなので、ズレを三方向に分けて調整するのは、ズレの方向を分解していることになります。)
捻れの調整を一回でしようとすると、調整方向も捻れることになるので、とても複雑な難しい調整法になります。
骨盤の三方向からの調整は、難しそうなイメージがあるかもしれませんが、逆に難しい調整を簡単にしている事になります。
順番にやりさえすれば初めての人でも、意外に簡単に調整出来てしまいます。
また、三方向に分けているので、触診や検査をして問題ない方向は調整をしなくても済みます。

骨盤の調整は整体師としては必須です。
開業するのに骨盤調整が出来ない事はありえません。
腰痛でも膝痛でも肩こりでも。
体に出ている様々な症状や痛みの原因に、骨盤はかなりな部分で関係しています。
さまさまな方法がありますが、てあて整体スクールでは三方向から調整しています。

指針整体を受けるだけで調子が良くなるのは何故なのか。

読了までの目安時間:約 2分

指針整体は受けるだけで調子が良くなります。
全身をトントンと軽く刺激されるだけ・・・なんです。
本当に全身をトントン刺激していくだけで、調子が良くなります。

何故なのか。

それは指針整体の持っている構造に要因があります。
構造って言うとちょっと面倒な感じですが、指針整体のやり方が調子が良くなる原因なんです。
指針整体のやり方にはいくつかポイントがあります。

押さない。
揉まない。
体重をかけない。
トントンと軽い刺激を入れる。
全身に刺激を入れる。

これを守ることが指針整体なんですが、そこに調子が良くなる要因があります。
逆に言うとこうしないと指針整体になりません。
押したり、揉んだり、体重をかけたり。
ぎゅうぎゅう押し込んでいく刺激(押圧)をかけたり。
背中側ばかりに刺激をいれたり。(押圧したり)
そうすると指針整体ではなくなり、効果も半減します。

押さない揉まない体重をかけないことで、患者さんの負担が少なく揉み返しのような副反応みたいなことが起きません。
トントンと軽い刺激を入れることがリズミカルな刺激につながり、副交感神経を刺激してリラックス状態になります。
全身(背中側お腹側)に刺激を入れることで、背中側だけでなじゅ全身の血流が良くなり疲労物質が流れ、筋肉が軽く動きやすくなります。

だから調子が良くなります。
筋肉が軽く動きやすくなります。
揉み返しがないので、終わった後も翌日もラクになります。
そういう構造(仕組み)があるのが指針整体です。

だから卒業生にはよく言います。
指針整体を信じてやって下さい。
力を使ったりやりすぎたりしなようにして下さい。
そうすれば効果が出ます。

指針2

引き出しを多く持つことについて

読了までの目安時間:約 3分

整体師を長く続けていて、以前、良く聞いた言葉があります。

引き出しを持つ。
あるいは
引き出しを沢山持ちたい。

患者さんの症状を目の前にした時に、一つの手技しか知らないと対応のしようがないから、色々な手技や方法を持つ、あるいは沢山持ちたいというような事です。
勉強を始めたばかりの頃や、整体師としてデビューし始めの頃にはそう思った事もありました。
もっと沢山、いろいろな考え方やいろいろな手技があったらなぁ。
でも、しばらくするとそう思わなくなりました。

引き出しなんて別になくても良い。

きちんと使える手技が一つあって
軸となる芯となる考えがあれば
それで良い。
実際、10年以上続けている先生を見ていると、色々な種類の手技を身につけた先生は殆どいません。
一つの手技か一つの考え方を持って施述をしている人ばかりです。

困らないのかと思う人がいるかもしれません。
たぶん最初は少し困るかもしれません。
経験がない訳ですから。
技術的にも自分が思っているよりは未熟です。
それに目の前の患者さんがどうなっていくか分からない。
その状況で患者さんの体や痛みや症状が変わらなければ、どうしようと心配になったり困ったりします。
それは誰しも仕方がないことだろうと思います。

熟練した手技を一つ持っていて、芯となる核となる考えがあれば、その場でいろいろと工夫することが出来ます。
普段やっている事で効果が出なかった場合、芯となる核となる考え方を元に、別のアプローチを考えられます。
考えたアプローチをやるための手も出来ています。(技術を使うための体も出来ているし、使い方も熟練している。)
そうなればその場でいろいろと試す事も出来ます。
それは引き出しではなく、自分の技術を持っている身に付いていると言う事だと思います。

開業して3年は一つの手技をメインにやると良い。
と、卒業生には言うようにしています。
新しい技術を身につけるのがダメだとは言っていません。
新しい技術を身につけるにも、自分の手が出来ていないと中途半端な技術になるし、芯となる考えがぶれるようだと、後からいろいろと考えられなくなります。
芯や軸がないと、目の前でやってみた手技や技術に効果がないと、羅針盤を失った船みたいに、次に何をやれば良いか分からなくなってしまいます。

整体の勉強をするなら、基本の手技を、基本となる考えの元に教えているところが良いと思います。
てあて整体スクールもその一つです。

その手技に感動したことはありますか?

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールの授業には卒業生がよくきます。
開業前の人なら手技の練習に。
開業した後の人なら手技の確認とチェックや患者さんの症例の相談など。
また、久しぶりに顔を出すという人もいます。
開業している卒業生が来ると、在校生に仕事としての整体の話や症例の話、手技のアドバイスなどにも来てくれます。

その手技に感動した事ありますか?

今日、卒業生が在校生に聞いていました。
良い響きの言葉だなと思いました。
在校生は別の手技も勉強したことのある方で、その別の手技に感動した事がありましたか?という質問です。
感動したのであれば、それを患者さんに伝えれば良い。
色々考えずに、自分の感動した事を覚えておくことが良い。
というような話だったと思います。
それは、別の手技の事でもあり、指針整体の事でもありました。

そうだよなぁ。

指針整体は不思議な整体です。
軽くトントンされているだけみたいに感じるのに、終わるとだんだん体が軽くなります。
翌朝起きると新たに軽くなっているのを感じる事もあります。
それは荒木自身が初めて受けた時の感覚でもありました。
ちょっと言葉では言い表せないような感覚でした。

荒木が最初に指針整体を受けた時の話をちょっとします。

もう25年くらい前の話です。
青山にあるスクールで指針整体を初めて受けました。
トントン軽く指で背中や脚や腕や頭に刺激が入ります。

ナニコレ?
こんなんで効くの?
ぜんぜん入ってこないじゃん。。。
(実際には入っては来ていたんですが)
これは効かない、どうしよう。
ダメかな。
ダメだな。

というものでした。
それまで押圧系の手技と骨格調整を学んでいたので、手技は深く押すものだと思っていたし、自分自身も深い所に効かせるような手技をマスターしていました。
ダメかも、ダメだろ、と思って最初の授業が終わり、青山通りと表参道の交差点から原宿駅の方に歩いていました。
そしたらだんだん体が変わって来ました。

あれっ!
体が軽くなってきた。
脚が軽い。
呼吸も楽に入る。
体が軽い。
どうなってんだこれ!

と思いながら、ニヤニヤしだしました。
人間、体が急に楽になるとニヤニヤするみたいです。
笑みが顔の中から外に出てきた感じです。
感動でしたね。
確かに。

これ使おう!
開業する時はコレだ。
コレを身につけて、軽くなってもらおう!

そう思いました。
あの時の感覚は本当に忘れられません。
同じような感動はアレクサンダーテクニークを初めて受けた時にもありました。
だから今まで続いているんだなと思います。

今日はちょっとそんなことを思い出しました。

1 2 3 5
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT
カテゴリー
おもてなし規格認証2019