整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

歩き方の授業

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールには「歩き方」の授業があります。
患者さんに歩き方を教えるための授業です。
どんな風に歩くのが良いのか。
どんな風に歩き方を見ていくのか。
どんな風に指導をするのか。
そんなことを授業で行っています。


歩き方

汚いイラストですみません。
歩き方の授業で書いたイラストです。
どんな歩き方が良い歩き方なのか、形や体の使い方ではなくどんな状態なのかという話をします。
これ姿勢も同じです。
姿勢は形ではなく状態ですから、それがどんな状態を良いと捉えるのか。
そして歩き方です。


イラストの上が歩き方のイメージイラストですが、下のような体のイメージで体を使って歩いている人が増えています。
結果だけ言うと足首を曲げ伸ばししていない。
足首が動いていたとしても、足指は使っていない。
そんな歩き方です。
てあて整体スクールでは前もも歩きとか膝上げ歩きと呼んだりします。
この歩き方をすると、内股、O脚、冷え性、むくみ、脚が太くなる、お尻が垂れるなどする可能性があります。
嫌ですよね。
だからこうならない歩き方を教えます。


教え方もちょっと独特だと思います。
こんな風に歩いて下さいとコツを教えるのではなく、後ろ歩きをしてもらいます。
後ろ歩きの歩き方は幾つか注意します。
それを何度かやっていると、前に歩いた時に歩き方が変わっている。
そんな指導法です。
明日は姿勢の授業です。
姿勢も状態なので、形を教えるような方法ではありません。


てあて整体スクールで整体師になりませんか?
押さない揉まない体重をかけない指針整体と、ボキボキしない骨格調整は安心して患者さんに使えます。
姿勢や歩き方まで学ぶことが出来る整体スクールです。
見学・体験など問い合わせお待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com

症例別授業 〜 O脚ビフォーアフター

読了までの目安時間:約 4分

月曜日、てあて整体スクールは症例別の授業でした。
症例別というのは腰痛や肩こり、膝痛やその他の痛みや症状について、どんな風に原因を考えるのかを学ぶ授業です。
腰痛や肩こりの時に、この時はこうすると決まった手順を教える授業ではありません。
患者さんが目の前に来た時に、どんな風に考えれば良いのかを学びます。
2年も3年も通う学校ではないので、限られた時間の中で自分で考えるためのベースを身につけてもらいたいと思っています。
とは言え症状の原因には傾向もあります。
傾向を知っておくことも大切なので、そんな話もします。
話が割と足早になってしまうので、聞き流してしまうと穴が空いたようになってしまうかもしれません。
そんな時は何度も聞き直して貰えば、何度も説明し直すようにしています。
出来れば一回で考え方を自分に染み込ませて欲しいんです。
2度は説明したくない。
でも、分からないままに卒業してもらうのはもっと困るので、説明は何度でもします。
ナンカ嫌味な書き方ですみません。
でも、一度で覚えてやろうと思うくらいで丁度良いと思っています。
覚えてもらうために、考え方や見方の話をします。


O脚の話をしました。
O脚にはいくつかのパターンがあります。
パターンに分類出来ない人もごくたまにいますが、パターンの考え方も知っていれば対応も出来なくはないと思っています。


O脚前から

O脚後ろから

授業に来ていた生徒さんです。
どちらの写真も左ビフォーで右アフターです。
見れば分かるくらいには変化しています。
この時は施述はしていません。
立ち方を変えてもらいました。
O脚の一つのパターンは、内股になっているパターンです。
内股になるにも色々な原因があるので、原因は問診などで聞く必要があります。
ただ結果として内股になっているO脚の人は、膝を後ろに押して伸ばしている、膝関節が捻れて膝(膝蓋骨)が内側に位置している。
ということがあります。
膝を伸ばしすぎって感じです。
なので、膝を伸ばす時に、膝を後ろに押し付けるのをやめてもらいます。
曲げた膝を少しずつ伸ばして行きますが、外見上は伸びた後も膝を後ろに押そうとするので、それをやめてもらいます。
その上でお尻を締めてもらうように立ちます。
股関節の外旋(外まわし)をすると、お尻がしまったような感じになります。
(後ろからの写真左で分かります。)
そうやって立ち方を変えただけで、膝が近寄ります。
膝を近づけようと内側に締めたりはしていません。
ウソみたいかもしれませんが、本当です。
ちょっと上手く行きすぎているのは、たまたまそう言う使い方をこの生徒さんがしていたということです。(膝を後ろに押し付けて内股)
この後、歩き方の指導もやっています。
歩き方で立ち方が代わりO脚になってしまうこともあります。


もう幾つかのパターンもあります。
そして実際に膝の調整をする時は、当然骨格調整をします。
てあて整体スクールはO脚矯正や調整を専門にやっている訳ではありませんが、考え方は知っておいてもらいたいと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230

※生徒募集しています。
 興味のある方は連絡下さい。

姿勢の授業

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールには「姿勢」の授業があります。
患者さんや誰かに姿勢を教えるための授業です。
姿勢を教えるのは意外に難しい。

先ず良い姿勢とは何かということから始めます。
良い姿勢は沢山あります。
人によって良い姿勢は違います。
だからまず整体師にとっての良い姿勢の定義をすることになります。

良い姿勢は「血流と呼吸が阻害されない姿勢」と考えています。

一般に耳垂と肩と大転子と外踝が上下に一直線に並んでいるとか。
壁を背に立って、踵とお尻と肩甲骨あたりと頭の後ろが壁についているとか。
などと言われます。
いずれの場合も形や位置関係のことを言っています。
でも、てあて整体スクールでの良い姿勢の定義は、形ではなく状態だと捉えています。
人の体は常に動いています。
生きている限り呼吸は止まらないし拍動も止まりません。
その他にも自律的な動きがあると考えているセラピーもあります。
止まらないものを内包した体を、固定された形で捉えることには無理があります。
また、個体差や個人差もあって、一概に位置関係や形だけで言うことは難しくもあります。

では、状態である姿勢をどう作るのか。

姿勢を形で捉えるのならば、位置関係を動かせば変わります。
猫背の人には胸を張ってもらえば、姿勢は良く見えるようになります。
鳩胸の人には少し猫背気味にして貰えば、見た目が変わります。
でもそれでは姿勢が良くなったことにはなりません。

そうするのではなく、そうあると言う状態を作るのが姿勢を見る上では大切です。
そのために、呼吸しやすく血流が良い、歪んでいない、力んでいない状態を作ります。
(作り方は授業で。)
その感覚を覚えてもらう。
胸を反らせたり、猫背気味にしたりするのではなく、なんとなくそうなっている、何もしていないのにこうなっていると言う状態を作ります。
それを体感してもらう。
それが体感出来れば、いつもの姿勢や感覚とは違う自分でいられる可能性が生まれます。

なんだかちょっと分かったようなわからないような・・・
でもそんな感じです。
一回の授業で全て出来るようになる訳ではありません。
そんな考え方があると言うことを知ること、こうやれば可能性があると言うことを知ってもらいます。
その上で多くの人を見てもらう。
それも大切になってきます。

明日は歩き方の授業です。
これもまた、体感してもらう授業です。

名古屋教室で症例別の授業でした。

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール・名古屋教室

名古屋教室で整体スクールの授業でした。
今月の授業は症例別。
腰痛や肩こり、膝痛などについて解説をしました。
腰痛の場合は臀筋を緩めて、肩甲骨とこうして、と手順が決まっているような方法を教える教え方もあります。
ところが、てあて整体スクールではそういう教え方をしていません。


そもそも痛みって何だ。
というところから始まり。
痛みってこういうモノだから、手技療法としてはこ原因をここに求めればこういう対処ができます。
てあて整体スクールで教えていることだけが、痛みの原因ではありません。
でも、手技療法として出来ることにはやっぱり限界があります。
その限界の中で対処するためには、痛みをこんな風に捉えておくと良いよ。
というところから始まります。


手順を教えるというよりは、考え方を教える感じです。
ちょっと面倒かも知れません。
でも考え方が一つあれば、どんな痛みや症状に対してもある程度対処することが出来ます。
手順を覚えてしまうと、その手順で効果が出なかった場合に、次にできることがなくなってしまいます。
他の方法を考えられなくなる。
それは嫌だなと思っています。
出来れば自分で考えて欲しい。
面倒かも知れませんが、将来を考えればそのほうが良いのかなと思っています。
手技は手技で別に授業がありますから。


明後日から東京で授業です。
スクール見学など受け付けています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230


症例別・てあて整体スクール

てあて整体スクールで身につけることが出来ること。

読了までの目安時間:約 6分

てあて整体スクールは独立して独りでやっていけるようになるためのスキルを教えています。
その内容は荒木が開業以来20年やってきた実績と経験に基づいたものになっています。
指針整体やマッスルエナジーテクニックなどの手技もほかとは違いますが、姿勢や体の見方捉え方などを教えているのも他校との違いになっています。
腰痛や肩こりなど症例についても、体の見方や捉え方からの視点を大切にしています。
以下に授業の内容はどんなものなのか解説をします。
どんなことが勉強できるのか確認して下さい。
もっと知りたい方はどんどん連絡してきて下さい。( teate@nifty.com )


患者さんの身体を整える手技
整体学校で学ぶと言えばこれを思い浮かべると思います。
てあて整体スクールで教えている整体の手技です。

種類は大きく二つ。
指針整体と骨格調整・筋肉調整の手技を学びます。
指針整体は押さない揉まない体重をかけない、「引く刺激」を全身にいれていく他にはないユニークな手技です。
力を使わないので施術側も患者さんも安心して受けることが出来ます。
骨格調整・筋肉調整の手技の殆どはマッスルエナジーテクニックと呼ばれている方法を使います。
ボキボキしない調整法で、患者さんに筋肉を使ってもらいそれに抵抗を加えることで調整します。
こちらも力を使わないので、ボキボキする骨格調整が苦手な方にも喜ばれます。
手技はどちらも力を使いませんが、効果は押したり揉んだりボキボキしたりするものと同じす。
荒木が開業以来20年使ってきたもので、実績のある手技を教えます。


患者さんの症例に対応する方法
症例別という授業があります。
腰痛や肩こり・膝痛など患者さんが持ってくるさまざまな症例にどう対応するのかを学びます。
腰痛の場合はこうだとか肩こりならこうと決まった手順を教えるのではなく、原因がどこにあるのかを知りそれをどんな風に調整していくのか。
そもそも痛みをどう捉えれば良いのか、などについて話をします。
自分で考えて組み立てが出来る整体師になってもらう為の勉強です。


解剖学や体の捉え方について
整体を全く初めて学ぶ方が多くいらっしゃるので、体の仕組みについて学びます。
解剖学はオリジナルテキストを用意して、整体師やセラピストにとって必要な視点を入れたものを教えます。
また、どんな風に勉強したら良いのか、どんな本を読むと良いのかなど、個人個人にアドバイスします。
これとは別にボディマッピング(体の地図)の視点を持ってもらいたいので、解剖学の授業のほかに体の地図についての時間を作っています。
体の捉え方の違いで、腰痛や肩こりになる人もいます。
解剖学は知っているだけではつかえません。
患者さんへのアドバイスに使える解剖学を、知識だけでなく指導法としても知ってもらいます。


触診
触診は全ての手技の基本です。
患者さんの状態が分からなければ骨格調整も出来ないし筋肉調整もできません。
どんなふうに組み立てて整体をしていくのかもきめられません。
指や手の触れ方、自分の体の使い方から、患者さんのどこに触れるのかなど。
また、触れてはいけない場所や、触れる時に気をつけておかなければいけないこと。
触診については入学から卒業まで徹底的に練習もします。


ストレッチ
患者さんにストレッチを教える為の授業があります。
ストレッチとはどんなものなのか。
腰痛や肩こりなどに対してどんなストレッチをするのか。
どんなアドバイスをするのかなどについて学びます。


姿勢と歩き方
姿勢や歩き方が腰痛や肩こりの原因になっていることがあります。
姿勢と歩き方の見方と指導方法について学びます。
体の地図やアレクサンダーテクニーク(後述)を使って教える方法。
姿勢や歩き方にはどんなタイプがあるのかなどを知っておくことで、患者さんに安心してアドバイスすることが出来ます。


アレクサンダーテクニーク
整体師が自分自身を整えられなければ、患者さんを良くすることはできません。
アレクサンダーテクニークは自分の使い方のワークと呼ばれます。
整体師が整体をやっている時の、体の使い方や整え方、患者さんに自分の使い方を教えるときのヒントを学びます。
アレクサンダーテクニークは訓練を受けたアレクサンダーテクニーク教師だけが指導することが出来ます。
荒木は国内の教育機関で訓練を受け認定を受けたアレクサンダーテクニーク教師です。


開業相談
開業するときの準備や考え方、開業後にしなければいけないこと等について、課外授業を行っています。
どこから手をつけて良いか分からないとか、何か抜けていることはないかなどの心配を払拭します。
卒業してから開業する人も多いのでので、開業については個別に相談に乗っています。


整体師の法律問題
整体師やセラピストは民間療法です。
国家資格になっている柔道整復師や按摩マッサージ指圧師などとの違いについて法律的な話をします。
知っておかなければいけないことですが、意外に知らない整体師が多いことです。



無料ZOOM事前相談

入学時期と授業内容

読了までの目安時間:約 4分

7月以降にきちんと発表しますが、てあて整体スクールのカリキュラムや受講期間・授業料などを大幅に改定する検討をしています。


このところスクール生の平均在籍期間が約2年になって来ていて、半年をベースにしたカリキュラムでは少し忙しい感じがしています。
とは言え、最初から2年を予定して入学される方も少ないように思います。
一年位なら先のこととしても見える範囲なんだろうと思い、1年をめどにカリキュラムの検討を進めています。
ベースとしての指針整体とマッスルエナジーテクニックをベースにした骨格調整は変わりません。
また、リピート制もそのままにしようと思います。
他の授業についても幾つか考えているものがあります。
「姿勢と歩き方」の授業はアレクサンダーテクニークの授業の一環として行うことが出来ないか考えています。
また、触診は授業として独立させようと思っています。
解剖学の授業の他に「カラダの地図」を増やそうかと思います。
同じ内容で重なる部分が殆どですが、患者さんへのアドバイスをするものとして、別に授業を作っても良いかと思っています。
( 本も出版したしね。 「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! >>> )


入学時期を毎月とするのは難しそうです。
今までの入学生の様子を見ても、症例別や骨格調整の月に入学された方は、最初かなり苦労されている様子でした。
そうなると入学月は指針整体の月にしたい。
たぶん、3月、6月、9月、12月の年4回の入学時期になると思います。
そして夏休みと冬休みを少し長めに取ることにしようと思っています。
夏休み冬休みと言っても授業がないだけで、自主練やモニターやセミナー・ワークショップなど、授業以外の課題を考えようかと思っています。
限られた入学時期にすることは、経営的には少し不安な部分もあります。
入学出来ない月が出来る訳ですから。
でも、入学して学びやすい環境が必要かと思っています。


今月一杯はいろいろ考えます。
どんなものになるのか、自分でも興味があります。
1年コースにして誰も来なかったらどうしようなんて思うこともありますが、本当にダメだったらまた半年に戻します。
あまり固定して考えないようにすることも、大事だろうと思います。
そういう態度はスクール生にとっても良い影響を与えると思います。
整体師は個人で仕事をする人で、自分で考え身軽に動けるところが強みでもあります。
いずれにしても、授業内容の幹の部分と曜日は変えないので、スクール生に迷惑はかけません。
もう少しお待ちください。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

※てあて整体スクールに対する疑問・質問・問合お待ちしています。
 何でもどうぞ。

てあて整体スクールで教えている事。 症状別

読了までの目安時間:約 2分

整体スクールの授業で症例別を教える時に心がけていることは、患者さんの症状を聞いたり状態を見たりした時に、自分で考えられるという事です。
自分で考えられるとは、誰かに教えられた手順をただ繰り返すのではなく、目の前にいる患者さんの症状や状態に対応するという事です。
とは言え、整体スクールに来ているのは、基本的には整体師になる前の人達です。
卒業して初めて患者さんを見たり調整したりする人達です。
だから最初から複雑なことは教えないようにしています。
しばらく勉強していると、もっと専門的で複雑なことを知りたいと思い始めるものですが、それでも基本的な事ベーシックな事を教えます。
触診で得られる情報は信じられないほど大きなものですが、最初は歪みと硬さを触知する事が目的です。
それ以上は臨床に出るようになってからで十分です。


基本は2つです。
形と動き。


あるいは歪みと働き。
もしくは構造と機能、と言っても良い。
関節の歪み位置のズレと、関節の動き(筋肉の硬さ)です。
これを整える。
これだけ。
そこから入ってもらいます。
患者さんを見て、この2つを探し調整します。
それが出来るようになるための授業をします。
もちろん症状別に傾向の話はしますけどね。
でもそれには引きずられない方が良い。
あとは調整のための手技を使えるものにすることと、患者さんの歪みと硬さが分かるようになる事。
つまり触診です。
地味ですけど、そこからしか始まりません。

PNFとストレッチ

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでは今年から新しい授業が始まります。
新しいと言っても全く初めての授業ではありません。
一昨年までやっていて昨年お休みをしていた授業です。


PNF
ストレッチ


PNFはプロプリオセプティブニューロマスキュラーファシリテーションと言う、どうにもこうにも長い名前の頭文字を手技のことです。
プロプリオセプティブ(P)とは固有受容性→固有受容器によると言うような意味、ニューロマスキューラー(N)は神経・筋の造語、ファシリテーション(F)は促通のこと。
運動療法の一つで短時間で筋肉の動きを活性化させ、パフォーマンスをあげたりストレッチに利用したりします。
全てを学ぶには時間もかかるので、いくつかのパターンを作って体の使い方や患者さんの扱い方の方法として練習して行きます。
MET(マッスルエナジー・テクニック)と似た部分のある療法なので、どちらも学んでおけば応用が利きやすくなります。


PNF1・てあて整体スクール

ずいぶん古い写真ですみません。
PNFでの上肢のパターン運動をしている時のものです。
上肢(肩関節)などの動きを出していく手技です。
患者さんに上肢を動かしてもらい、それに最適抵抗を加えていくことで、パフォーマンスを上げていきます。
ストレッチにも利用出来、トレーニングにもパフォーマンスアップにも使えます。


ストレッチの授業はストレッチの考え方と患者さんへの指導方法について。
セルフケアの方法が指導出来るのは、整体師には今はもう必須のことです。
どんな所に気をつけるのか、症状別に指導する内容が違うのかなどを学んで行きます。
あら木がやっているコア・ストレッチの方法も学ぶことが出来ます。
知っているようで知らないことが多いストレッチです。
安全に自分で出来る方法を学ぶことで、患者さんにも指導しやすくなります。
興味のある人はご連絡下さい。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019