整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

今日から名古屋で授業です。

読了までの目安時間:約 3分

名古屋スクール・てあて整体スクール


名古屋で授業が始まりました。
一昨日は舞台でダンスを踊っていて、昨日には名古屋に移動。
今日から四日間は整体スクールの授業です。
何だか少し不思議です。
こんな生活がもう20年位続いています。


会社辞めて整体師として独立してからの1・2年は、舞台には出ていなかったと思います。
さすがに色々と大変で仕事を最優先に、レッスンに週に一回くらい行っていました。
しばらくして仕事が何とかなって来た頃から、また舞台に出るようになって来ました。
40台でしたね。
50台になると少し変わりました。
ちょっと外に出たくなった。
それまでは20台から始めたダンスの知人友人仲間たちの舞台に出ていました。
それが、全然知らない人たちの中で踊ってみたい、と思うようになった。
50と言うのが何かあったのか、そうでもなかったのか。
52の時に小野寺修二さん(カンパニーデラシネラ)のショーイングワークショップに出て、5日間で作品作りをし舞台でパフォーマンスするところまでやりました。
正直きつかった。
体力的にはもちろん。
参加者が自分以外はプロあるいはプロを目指す人たちでした。
でもそれで味をしめた。
そこから今回のセッションハウスのパフォーマンスに繋がっていったと思います。
もう50を随分過ぎてからでした。


タイミングが絶妙ですよね。
あと5年遅かったらやれてないだろうし。
5年早かったら始められなかったかもしれないし。
世の50オーバーのおじさんは新たに何か始めるんだろうか。
偉そうに言えませんけど、やってみると楽しいし意外に出来たりします。
それは多分何でも。


今日はこの後、中学生のバレエを診ます。
体の使い方のアドバイスです。
もう最近は整体師なんだか何なんだか分かりませんけど。
それで良いのかと思っています。


金曜まで暑さの名古屋で頑張ります。

オーバー50でも現役で踊るヒミツ

読了までの目安時間:約 3分

嫌なんですよねぇ歳なんだからとか。
分かってるんですけどね。
いや、歳は歳ですよ。
でもそれを理由にするのが嫌と言うか。
別にだから諦めると言うか、やめる必要はない訳でしょ。
だから始めてやろうかなと思って。
逆に。
チーム組んだんですよ。
チーム。


先日、来院された同年代の患者さんと話ていたら、機関銃のように口から出てきた言葉でした。
やっぱり同年代の方が分かってくれるんじゃないかと思ってね。
それにダンスを知ってる人って少ないじゃないですかこの年齢で。
とも言っていました。
確かに。
そうかもしれません。
と言うかたぶんそうでしょう。
現役で踊っているアラカンの整体師なんて希少です。
最近そのことに気がつきました。
希少なんだ自分。


【 アラカンでも現役で踊れる理由 】と言うお話会のようなものをやります。
既に告知を始めていますが、ネーミングがあれでしたかね。
アラカンと言うと還暦。
60歳前後って言われるとちょっと行きにくいと言うのもあるかもしれないですね。
年齢層は45歳以上くらいを考えています。
50歳超えても踊れるのかなぁなんて思っている、あなたです。
オーバー50が見えてきた方。
そしてオーバー50の皆さんです。


今のところ考えている話の内容は。

・年代別の故障について
・心と体と外見と
・ケアの方法と考え方

みたいな内容になるかと思います。(変わる可能性あります。)
あとは個別の相談と荒木の舞踊歴など話をするかもしれません。
気になる方は問合せ下さい。


【 アラカンでも現役で踊れる理由 】

日時 : 8月 9日(木) 10:00~11:30
場所 : てあて整体スクール 東京
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 6,000円(当日精算)
申込 : teate@nifty.com
     03-3922-7230

7月17日からは名古屋教室の授業です。

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール・荒木です。
今月の名古屋教室の授業は7月17日から20日まで。
千種駅1分の整体ハスハナで行います。
今月の授業内容は症例別。
腰痛や肩こりや膝痛。
その他にも様々な症状について話をします。
話と同時に手技も練習します。
基本的な手技は指針整体と骨格調整の授業でやりますが、他にも覚えておきたい手技があります。

今月も授業見学を受け付けています。
全く初めて。
整体学校を探しているけど、どこが良いか分からない。
どうやって整体スクールを選べば良いか分からない。
整体師になりたいけど、どうやればなれるのか分からない。
通えるのかどうか分からない。
そんな方はぜひどうぞ。
見学だけでも無料で整体の体験が出来ます。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230
名古屋教室ページ >>>
https://teate.co.jp/nagoyaschool

ビジョンとかミッションとか

読了までの目安時間:約 6分

最近、ビジョンとかミッションについて少し考えています。
会社を辞めて独立開業した時に、正直言うと凄い目標があった訳ではありませんでした。
格好良い何かがあれば良かったんですが、そうでもなかった。
そこで色々と考えて、あえて言うならと思ってその時考えたミッションが。


世界平和


でした。
世界平和って・・・
ちょっとアレですよね。
シジュウ(40)を超えたおっさんが大きな声で言えるシロモノではありません。
でも、色々と考えて敢えて言うならと、独立開業した時の究極の目的は”世界平和”だった。
これはミッションに近いものだと思います。
自分に与えられた使命的なもの。
ではビジョンはと言うとあまりなかった。
これも敢えて言うなら、整体院やセミナーや講座で食って生きながら、最終的には世界平和に繋がることをやっていたい。
とまあそんな感じでした。
世界平和と整体の関係について簡単に書くと。
やっぱり個人の幸せが周りの幸せに繋がるってことです。
整体で痛みが取れて体が軽くなって笑顔になって、笑顔が増えると戦いも減って、でまあ平和になると。
そんな感じでした。
本当にです。
そう考えていました。


それが少し変わってきました。


世界平和は悪くないんですが、遠すぎる。
ちょっと向こうにありすぎて実感が湧きにくいですね。
そこでだいぶ手前に視点を引っ張ってきて考えました。
そして自分のことも合わせて考えた。
そしたら少し変わりました。


自分の経験を伝えていく。
あるいは残していく。


個人的なことに聞こえると思います。
でも個人的な感じではない。
それとは随分立ち位置が違うと思っています。


荒木は整体師になって20年経ちました。
整体スクールで教え始めて15年になります。(予備期間を含めて)
その経験を伝えたい。
整体の技術やテクニックを教えることはもちろんなんですけど、それとは違って経験を伝えたい。
教えると言うよりは伝える。
それはなかなか難しいことだと思います。
経験がない人に経験を伝えることは、口で言うのは簡単だけど実はかなり難しいことです。
「1+1」を教えることと、「1+1」を教えたら教えられた人はどうなるかを教えることは違っていて、どうなるかはなっていないので実は分からないんです。
そこのところをどうにかして伝えられないかと思っています。
それが経験を伝えるということ。
そのために整体では触診を続けています。
いや、実はそのためではなく始めたことでしたが、結果として経験を伝えるために触診は不可欠のものだと思うようになりました。
整体の経験が少ない人に、経験を味わってもらうためには触診などの手の感覚を養ってもらうのは必須です。
手の感覚からしか実は話が出来ないから。
失礼。
書いていてちょっと熱くなりました。(笑)


もう一つは整体スクールではなく患者さんに対してです。
荒木は今年60歳になりました。
60歳になったと言うことは、50代も40代も30代も20代も経験しています。
20代のことも30代のことも40代のことも50代のことも、分かっているかどうかは別にして経験済です。
そこを伝えたい。
後から来る人や同年代を生きる人に。
こんな感じだから大丈夫とか、こんな時はこうすれば楽だとか。
もしくは、こんな感じだよねとか、今はこんな風に切り抜けているとか。
特にダンスをしている人、バレエをしている人に伝えたいと思います。
大人からバレエを始めた人が増えています。
大人からバレエを始めると、大人バレエな人にしか分からない悩みがある。
でも、その大人バレエな悩みに応えられる人が今は多くない。
バレエの悩みには答えられます。
テクニックや練習方法は答えがあるし、指導人材もいる。
でも、大人からバレエやダンスを始めて60になるまで続けている人はそう多くはありません。
だったらやっぱり使命的なことがあるのかなと思っています。


ついでに言うと、大人バレエな悩みを診られる整体師を育成するってのも、経験を伝えていくことにつながるのかと思っています。
他にはなかなかいないから。
自分にしか出来ない。(って言うと偉そうだけど。)
他にはなかなかいないってのは、やれっ!ってことなんだろうなぁと思うようになりました。


会社員時代にマーケッティングだとか何だとかで聞いていた、ビジョンやミッションについて。
実感として感じるようになったのは最近です。
ひょっとしたら感じようとしているのかもしれない。
起業のためのマーケティングの一貫として、なんてのは嫌なので避けていましたが、実感が伴うのならやってみようかと思います。

7月15日は授業も見学会もありません。

読了までの目安時間:約 2分

21スタッフ見せ・てあて整体スクール

てあて整体スクール・荒木です。

7月15日(日)は整体スクールの授業がないため、授業の見学や整体体験が出来ません。
申し訳ありませんが、見学希望の方は他の日をお選び下さい。
7月14日(土)・16日(月)は通常通り授業もありますし、授業見学も出来ます。
翌週以降もいつも通りに授業をしています。
見学をしたい方は問合せお願いします。
宜しくお願いします。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


この日は荒木が舞台で踊ります。
神楽坂セッションハウスで開催される【シアター21フェス】に、荒木自身が創作したソロ作品を踊ります。
整体スクールの授業をお休みしての出演になり、生徒さんや見学希望の方には申し訳ありません。
でもこれをするために会社を辞め独立したというような所もあるので、お許し頂ければと思います。
写真は先日行われたスタッフ見せ(照明や音響やきっかけ合わせ)の写真です。

最初は人差し指の方が分かりやすかった。

読了までの目安時間:約 3分

触診・てあて整体スクール

最初は人差し指の方が分かりやすかったんですよね。
でも最近はやっぱり中指の方が分かりやすい。


てあて整体スクールでは毎回のように触診をします。
触診が出来ないと整体師としては致命的だと思っているからです。
骨格調整にしても筋肉を調整するにしても、触診が出来なければどこをどう調整するか決められません。
調整手技が出来ても調整しようがない訳です。
逆に言えば触診が出来れば、調整手技がなくたって何とかすることは出来るかもしれない。
右に曲がっているなと思ったら、左に押せば良い訳です。
調整されるかどうかは分かりませんが、元に戻るように何かをすることが出来る。
それが触診が出来ていないと、どちらに調整するか決められません。


整体学校や整体スクールで教えている調整法は、長いあいだ先達が使ってきて洗練された方法です。
だから効率が良い。
出ているから押すという方法よりも、上手く行く確率が高くなる。
でも、目的は同じです。
それが触診が出来ていないと、調整すら出来ません。
だからやっぱり触診が大事。
そのために毎回練習します。


練習する時には洗練されていくために、手順や方法を教えます。
てあて整体スクールでは、脊椎の触診をする時、中指を脊椎の両脇に当てて、中指を人差し指で押さえるようにして触診する方法を取っています。
これは荒木がずっとやって来て、最終的に一番効率が良いと感じているからです。
でも最初は人差し指や何本かの指を使って触れたくなります。
それだと最終的に上手くいかなくなる。
初心者が磨かれていない手で工夫しても、初心者の工夫になってしまいます。
大人になってから工夫もしないで言われた通りに練習するのは嫌なものです。
分かります。
でも暫くはそのままお願いしています。
そうすることの方が最終的に効率がよくなるからです。


工夫をするのは卒業して開業してから3年目位にしてもらいます。
それくらいになれば整体師やセラピストの体になっていると思います。

てあて整体スクールはダンスとダンサーの故障に強い整体スクールです。

読了までの目安時間:約 4分

ダンス整体2

ダンスやダンサーの故障を診たい
ダンサーの故障を診たい。
ダンスの故障を何とかしたい。
てあて整体スクールに入学してくる生徒さんには、自身のダンス経験からダンスやダンサーの故障を診たいという人が何人もいます。
ダンスやダンサーの故障を診たいのなら、てあて整体スクールで整体師になることを考えて下さい。
普通の整体スクールにはない勉強をすることが出来ます。


ダンスやダンサーの故障
ダンスやダンサーの故障を診る時に気をつけることはあるんでしょうか。
また、ダンスやダンサー独特の故障はあるんでしょうか。
実はダンスの故障もダンサーの故障も普通の人と同じです。
骨格も筋肉も同じですから、故障自体は同じ。
でも、ダンスやダンサーに起こりやすい故障はあります。
それは体の使い方が違ったり生活パターンが違ったりするからです。
そこにはそれなりの視点が必要です。
また、ダンスで使う言葉が独特で、ダンサーは普通の整体院やセラピストには言葉を分かってもらえないという不満があります。


スクールで何が勉強出来るのか
てあて整体スクールで勉強出来るのは、骨格や筋肉を調整する手技(緩めたり歪みを整えたり)、腰痛や肩こりなどの症状がどんな原因でどんな風に対処するのかを考える授業(症例別)、解剖学などの座学です。
ここまでは普通の整体スクールや整体学校で教えているものと同じです。
授業内容で普通と違うのは、「姿勢と歩き方」「アレクサンダー・テクニーク」です。
この二つは姿勢や動きの見方と捉え方です。
でもここまででも他の整体スクールにあるかもしれません。

一番の違いは教えている荒木です。
荒木自身が35年のダンス歴があり現在も踊っているということ、整体師としてダンサーを20年診てきたということ、ダンススタジオやダンサーに対してセミナーやWSや講座を開いて来たということ。
そう言う経験の中から授業ではダンスやダンサーの故障を例に出して話をしています。
症例別の授業などでもダンサーの故障を取り上げています。
毎年行っている現代舞踊協会でのダンサー向けの講座と個人セッションには、ダンサーを診たい生徒さんをアシスタントとして連れて行っています。(2011年から継続)
また、生徒さんのダンス仲間や先生の故障を一緒に診たり、診るためのアドバイスや視点を与えたりします。


2011年から2016年までの5年で、全体のバレエ人口は減っていると言う研究があります。
ところが中で50代から70代のバレエ人口は増えているという結果だったそうです。
バレエやダンサーの故障は増えることが考えられますが、それを診られる整体師やセラピストはまだまだ足りていないのが現状です。
ダンスやダンサーの故障を診たいのなら、てあて整体スクールで整体師になることを検討してみて下さい。

カラダの座学 @ RADA舞踊学校3DAYS

読了までの目安時間:約 2分

8月3日から5日まで開催される『 RADA 舞踊学校 3DAYS 』で【カラダの座学】やります。

大人バレエな皆さん
ダンスをやっている皆さん
体に興味のある人はぜひどうぞ。

場所は日本橋三越前駅から1分のStudio RADAさんです。
舞踊学校では色々と面白いワークショップなど目白押しなので、時間を作って行ってみてはどうでしょう。
そして荒木のやっているカラダの座学にもぜひいらして下さい。

踊る人は知っておいて損はない。
実は勘違いしている体の形。
関節や筋肉のことをちょっと確かめるだけで、自分の動きが変わります。
簡単な解剖学を使いますが、難しい専門用語は出てきません。
見て触れて動かして確認をするワークショップです。
新しい発見があると思います。
お待ちしています!

【 カラダの座学 】

日時 : 8月5日(日)14:00~15:45
場所 : 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-1-5 日本橋ビル4F
     studio RADA(スタジオ・ラダ)
料金 : 2,500円
問合 : 直接スタジオRADAさんにお願いします。
     Studio RADA >>>
http://studiorada.tumblr.com/post/174939811040/83fri85sun-rada舞踊学校-3days開催決定


※スタジオRADAさんのサイトに昨年の写真があります。
上から2枚目が【カラダの座学】なんですが、さて荒木はどこにいるでしょう。
見えそうで見えない。
でも写ってます!


↓ 昨年の写真です。
カラダの座学4・てあて整体スクール

RADA1・てあて整体スクール

てあて整体スクールの解剖学授業

読了までの目安時間:約 3分

誰でも最初は初めてです。

解剖学の授業でした。
解剖学の授業は色々な本を紹介するところから始まります。
解剖学というと難しい漢字の並んだ専門書を覚えなければいけないというイメージがあるかもしれません。
最初からそんな専門書を読むと嫌になる。
嫌になると勉強は楽しくありませんね。
だから入りやすいところから入りたいという気持ちがあります。
そこでいろいろな本です。
先ずは読み物から入ります。
読みものと言っても、誰でも分かる云々とか超入門とかではありません。
それよりも前に読みたいもの。
セラピストのための解剖生理学の本だとか、おもしろ解剖学読本だとか、そんな本です。
それに加えて養老先生の「解剖学教室へようこそ」とか福岡伸一先生の「動的平衡」などもそう。
解剖学あるある、みたいな本ですね。
そうやって馴染んでいくところからです。


それが終わったら解剖学の入門書を一冊。
自分が読みやすいものを探して読みます。
先ずは最低でも3回読んでくださいとお願いします。
3回くらい読まないと初めてだと分からない。
これは頑張って読んでもらいます。
その後に1冊は手元に置いてもらいたいのが、解剖学アトラス系の本ですね。
解剖図が沢山描いてあるものです。
お薦めしているのは「プロメテウス解剖学アトラス」(運動器)か「ネッター解剖学図譜」です。
持ち歩きは出来ませんけど、家で眺めているだけでも良い本ですい。
本を読んだたら骨格や筋肉の名前を覚えるに越したことはありません。
でも、それよりも大切なことがあります。
見て形を知り頭にイメージ出来ることです。


整体師は体の調整をします。
調整をするのに、どこに何があるのか分かっていないと出来ません。
骨の形。
関節の位置。
筋肉の形。
筋肉の位置。
それらをイメージ出来ることが大切です。
先ずはそこからです。


誰だって最初は初めてですから。


解剖学の本がある程度読めるようになって来たら、脳科学の本などは面白いですね。
痛みの原因を考える時の参考になります。

東京整体 ~ 突撃隣の整体院

読了までの目安時間:約 3分

東京整体1・てあて整体スクール

卒業生の整体院を訪問して来ました。
つい最近オープンしたばかりの【東京整体】です。
東中野駅から徒歩10分ちょっと。
グーグルマップだともう少しかかるように表示されるようですが、近道を通って行くと10分位で着く距離です。
遠いよなぁ。
と思っていました。
話を聞いた時には、どうしてまたそんなに駅から遠いところで開業するんだろうと思いました。
過去に開業した卒業生の中でも3番目か4番目位の遠さです。


東京整体2・てあて整体スクール

公園が見えました。
その前にあるマンション。
一階のオートロックを入って奥の左。
扉を開けるとありました。
【 東京整体 】
おおお。
なるほど。
そう言うことか。
確かにここで整体をやりたくなる。
入ってすぐに感じました。
卒業生だから言っている訳ではありません。
本当に良い空気の流れる場所です。


東京整体3・てあて整体スクール

調度品で整体をする訳ではありません。
でも環境は患者さんの体に影響を与えます。
居心地の良い空気や空間はそれだけで体を整えます。
静かに話の出来る雰囲気も、目を楽しませてくれる小物たちも。
院長先生の森本さんは、てあて整体スクールを卒業して5年になります。
卒業して暫くは単身赴任で仕事をしていましたが、数年前から毎週整体授業のリピートを続け、モニターの患者さんの整体も続けて来ました。
やっと、ここにたどり着いた。
そんな感じです。


東京整体4・てあて整体スクール

開業してまだ1ヶ月足らず。
森本先生は患者さんへの告知の時期だと言っています。
来てみて分かりましたけど、ここじゃなきゃいけない理由があります。
それがホームページなどに表現されていない。
そんな話をしました。
東中野駅から10分の住宅街の中。
公園の目の前のマンションの一階奥。
静かなワンルームでゆったりと自分の体と向き合う。
一人の患者さんに120分の時間を確保しているとのことです。
毎週通ってどうのこうのという整体ではありません。
月に一回。
今の自分を確認し整え明日の準備をする場所です。
ご贔屓に!


【 東京整体 】

東京都新宿区北新宿4-11-3
朝日クレス・パリオ新宿 107号室
090-3313-1090
tokyoseitai2018@gmail.com

https://tokyoseitai.tokyo/shinjuku/


東京整体5・てあて整体スクール