整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

てあて整体スクールではどうして触診に時間を取るのか?

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでは指針整体の練習の前に必ず触診の練習をします。
毎回毎回、授業に参加した生徒さん全員と荒木の体を触診します。
時間がかかります。
骨格調整の授業でもやります。
見学に人が来たら触診の練習をさせてもらいます。
見学の人にも触診だけはやってもらったりします。


どうしてでしょう?


他の整体スクールや整体学校では、これほど繰り返しはしていないと思います。
少なくとも荒木が学んだ整体学校では、触診方法を調整手技とは別に習った記憶はありません。
やらなかった訳ではないと思いますが、時間を取って説明された事はなく、繰り返し触診だけ練習した事はありません。


触診で調整の7割は決まる。
この業界(手技療法業界)で聞く言葉です。
臨床を20年やっていて、確かにそうだと思います。
歪みを調整するのに、歪みが分からなければ調整は出来ません。
だから慎重に触診します。
もちろん長くやっていれば分かるようになります。
でも開業当初はそうではありません。
それに触診は歪みだけを見ているだけではありません。
熱感や張り具合を見ます。
筋肉の硬さや関節の動きも見ます。
これぐらいの事は整体師になった時には出来るようになっていてもらいたい。
そう思って何度も何度も練習します。


さらに触診を続けていると、患者さんの状態が分かるようになります。
疲れていそうだとか、緊張が抜けていないとか。
寝不足なんだなとか、ストレスがあるとか。
そんな事も分かってきます。
そして数多く触れる事で整体師自身に安心が湧きます。
整体師の安心は患者さんに伝わります。
緊張している手は、硬かったり震えていたり冷たかったり動きが不自然だったりします。
そんな手で触れられたら、患者さんの体の状態も変わります。
緊張するかもしれないし、体が硬くなってしまうかもしれない。
それでは分かるものも分からないし、良くなるものも良くならない。


だから繰り返し練習します。
何度も何度も練習します。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

開業の不安

読了までの目安時間:約 2分

「心配なんですよね。」
授業時に生徒さんから出た言葉です。
開業して整体をするのが心配だと言います。
「心配で心配で、だから解剖学の勉強や授業のまとめしているんですが、それでも心配で。
これまでの卒業生や生徒さんたちはどうしていたんでしょうか?
座学の勉強や整体の勉強はどれ位されたんでしょうか?」
そんな風に聞きます。

練習や勉強を幾らやっても不安は増すばかりです。
実際に第三者に整体をするしかありません。
それでも不安は消えません。
練習や勉強をすると、知識が増え出来る事が増えます。
その事で、自分の知らない事が沢山あり、出来ない事が沢山ある事に気付くようになります。
だから不安が増す。
ある所まで来たら、後は実践をするしかありません。
実践をすると、自分の出来ない事も分かりますが、自分に出来る事も分かるようになります。
でも不安は消えません。
相対的に不安が減ったようになります。

ある所とはどこなのか何時なのか?
それは荒木が見ています。
ある所まで来たら、実践するしかありません。
そこからいくら練習したり勉強したりしても、技術や知識は増えても不安は減らないし消えません。

夏休み特別企画 中高生ダンサーの【カラダの座学】

読了までの目安時間:約 3分

夏休み特別企画として中高生限定のワークショップを行います。
中学生でバレエやダンス習っている人のための超入門解剖学講座です。
【カラダの座学】は外から見る体の形と、実際に動く骨や筋肉の構造を知って、今よりも動きやすい体を手に入れるワークショップです。
難しいレッスンや繰り返し練習をしなくても、体の仕組みを知るだけで動きは変わります。
頭の中にある体の地図が違っていると(勘違い)、人はその間違った地図に沿って動こうとします。
それを元に戻す。
ここ数年は現代舞踊協会でダンサーとダンス指導者が受講している講座です。

夏休み期間に東京名古屋開催します。
終了後はバレエやダンスに関する質問タイム設けます。
今回は中高生だけしか参加出来ません。


カラダの座学@東京
日時 : 8月16日(金) 10:30〜12:00
場所 : てあて整体スクール 東京
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
(西武池袋線 大泉学園駅 徒歩 7分)
料金 : 5,000円
定員 : 8人
条件 : 中学生、高校生、中学生に同伴する親
(親御さんも参加費頂きます。)
申込 : teate@nifty.com
03-3922-7230


カラダの座学@名古屋
日時 : 8月23日(金) 14:30〜16:00
場所 : てあて整体スクール 名古屋
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
水素ハスハナ内
(JR・地下鉄千種駅 徒歩1分)
料金 : 5,000円
定員 : 8人
条件 : 中学生、高校生、中学生に同伴する親
(親御さんも参加費頂きます。)
申込 : teate@nifty.com
03-3922-7230

どうして病院で取れない痛みが整体で取れることがあるのか?

読了までの目安時間:約 3分

不思議に思う人も多いと思います。
だから怪しいと思う人もいると思う。
病院で良くならなかったものが、整体などの民間療法や手技療法で良くなることがある。
もちろん全部じゃありません。
でも痛みが取れることがある。
どうしてでしょう。


病院では検査・診断・治療を行っています。
どこが原因か調べて(検査)、どんな病気なのかどんな状態なのかを判断して名前をつけ(診断)、原因を取ったり症状がなくなるような処置や処方をします。
これら全てにエビデンス(証拠)があります。
エビデンス・ベイスト・メディスン。
証拠による医療です。
ここが民間療法との決定的な違いです。
証拠とはさまざまな実験や治験などによる、数値や影像で表されます。
ちょっと極端に言えば、誰がやっても同じ確率で結果が出ることになります。
だから安心。
でも民間療法にはエビデンスが殆どありません。
もちろん民間療法でも実験をして数値や映像化したものを元に施術をしているものもあります。
でも一般的にはそうではない。
でも結果が出ることがある。
痛みが取れたり症状が取れたりする。


それはたまたまそうなっただけ。
元々良くなる時期だったタイミングだった。
と言われることもあります。
それもない訳ではないと思います。
でもそれだと見誤ることもあります。


民間療法の殆どはエビデンス・証拠が取れないけれども、結果が出たことをやっています。
だから民間療法でやっていたことでも、証拠が数値化・映像化出来れば医療に取り込まれていくものもあります。
もうひとつ、エビデンスや証拠が取れないものを扱っていることもあります。
痛みや症状には複雑な原因が関係しています。
その複雑な原因を全て数値化・映像化することが難しいこともある。
そんな場合は、数値化・映像化出来ていなことを元に施術をしたりします。


数値化・映像化できていないことを扱うのは危険だというのも当然です。
そう言う人にとって整体などの民間療法は、不思議で怪しいものです。
でもやっている者にとっては体感的に当然のことだったりすることもあります。
数値にならないこと、映像として表せないことを扱っている訳ですから。
もちろん前提として安全で人の健康に害を及ぼすおそれのないものというのは当然です。
(法解釈上もそう)
でも、世の中には数値化・映像化出来ないことも沢山ある。
世の中の殆どのことは分かっていない。
そう思っているので、整体などの民間療法にしか出来ないことも逆にあると思っています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

7月16日から19日は名古屋です。

読了までの目安時間:約 3分

7月16日(火)から19日(金)までは名古屋教室で授業です。
今月の授業は症例別です。
症例別の授業では腰痛・肩こり・膝痛・その他の症例症状について、原因はどこなのかどんな手技を使って整体するのかなどを学びます。
指針整体とマッスルエナジーテクニックの授業でやっていない手技やテーピングなどの練習も行います。


腰痛の患者さんが来たら腰を揉めば良いのではありません。
肩こりや腕が上がらない患者さんが来たら、肩や腕を揉めば良い訳ではありません。
それぞれに触診や検査などをして原因を考え、その上で整体を組み立てて行きます。
てあて整体スクールの卒業生の整体のベースは指針整体です。
殆どの患者さんに指針整体をします。
その上で骨格の歪みを調整したり、硬くなって動きにくい筋肉を動きやすくしたりします。
そのことで体の歪みや動きの悪さアンバランスを整え、元の健康で自然な状態に戻すようにします。
腰痛では体にどんな傾向があるのか。
肩こりや首が回らない人の傾向は何か。
そんな話をします。


授業は見学出来ます。
毎日、10:00から14:00まで行っています。
見学の方は9:30に来て頂いて、簡単な説明を聞いたら授業に参加して頂きます。
少人数でやっているので、見学の方は恰好の練習台です。
練習だからと言って調子が悪くなったり痛めたりということはないので安心してください。
また、見学に来ていただいた方は、指針整体やマッスルエナジー・テクニックを受けることが出来ます。
どこか調子が悪い人は良くなって帰ることが出来ると思います。
見学や問合せお待ちしています。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
(JR・地下鉄 千種駅1分)
teate@nifty.com
03-3922-7230
※ 7/16-19開催


骨格調整19058

骨格調整19054

骨格調整19051

セラピストのための解剖学講座

読了までの目安時間:約 2分

8月7日に練馬区大泉学園で解剖学講座やります。

解剖学と言っても筋肉や骨の名前を覚えるようなものではありません。
そもそも解剖学って何!?
関節って何!?
覚えるのなら何を覚えれば良いの?
セラピストになるのに知っておく必要のあることって・・・
みたいなことから始まります。

セラピストを目指す人なら、どんな所から勉強を始めれば良いか。
膨大な解剖学の中でどんなことが大切になってくるか。
(全部大切ですけどね優先順位を考える)
骨や筋肉の名前を覚えなくても良いなら、何が大切で何を覚えるべきなのか。
セラピストの視点を養うための講座になっています。

元々は東日本大震災のボランティアで福島に行くようになって始まりました。
セラピストとしてのスキルを持っている地元のお母さんが、自信を持って安心して仕事を始められるように、解剖学や体の話をして欲しいと依頼されました。
だからこの講座だけはボランティア料金で続けています。
これからセラピストを目指す方や初めての方でも大丈夫です。
お待ちしています。


セラピストのための解剖学講座
日時 : 2019年8月7日(水) 10:00~15:00
場所 : てあて整体スクール(西武池袋線大泉学園駅徒歩7分)
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金 : 8000円(当日精算)
申込 : teate@nifty.com
詳細 : https://www.facebook.com/events/2561781007166102/


解剖学1906282

解剖学1906281

ここからいふ19033

どんな人に入学してもらいたいか。

読了までの目安時間:約 3分

押さない揉まない体重をかけない指針整体と
ボキボキしない骨格調整・筋肉調整のMETで整体師を育てる
練馬区大泉学園と名古屋市千種の整体学校・てあて整体スクール・荒木です。


何かが違うと思っている人。
もうそろそろどうにかしたいと思っている人。
今のままで良いのかなと考えている人。
本当はもうちょっとアレなんだけどと思っている人。
自分の好きに働きたいと思っている人。
こんなんじゃなかったと思っている人。
もう少し実感が欲しい人。
喜ばれる仕事をしたい人。


てあて整体スクールではそんな人に入学してもらいたいと思っています。


今のままで良いのかずっと考えていて、最初の一歩が踏み出せない人。
てあて整体スクールの技術は地道に勉強し練習すれば誰でも身につく技術です。
特に指針整体とMETは複雑なテクニックではなく、基本的でベーシックで単純な手技です。
その手技を繰り返し練習することで身に付けてもらいます。


開業や起業をするのはハードルが高い。
でも本当はそう言うこともしてみたい。
そんな人のサポートとお手伝いをします。
荒木自身が20年近く努めた会社を辞め、一人で整体院を開業しました。
順調に来たようで、なかなか順調じゃない時もあった。
そんな経験もお話し、準備や練習や計画の立て方や進め方などをサポートします。
授業時間には含めていませんが、開業講座と関連法規の授業は課外授業として無料で行っています。
テキストもあり一人一人の状況に合わせて話をして行きます。
いきなり開業を薦めてはいません。
先ずは週末に副業として始め、経験と実績を積んだ上で、集客のノウハウや技術の蓄積から開業に進んでも良いし。
そのまましばらくは副業・複業のままで続けるも良いと思います。


目の前が晴れない。
どうも閉塞感がある。
ブレイクスルーして次の世界を見たい。
整体やセラピーでそれを目指そうと考えている人は連絡下さい。
待ってます。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
teate@nifty.com
03-3922-7230


てあて整体スクール院長・荒木

予約キャンセル

読了までの目安時間:約 5分

一昨日の夕方電話がありました。



「すみませんん整体受けたいんですけど予約って出来るんですか?」

はい出来ますよ。

「何時位までやってますか?」

19:00位までに入っていただけると助かります。

「明日とか空いてますか?」

はい大丈夫です。何時頃来られますか?

「じゃあ19:00でお願いします。」

はいでは、9日火曜日の19:00ですね。 お名前は ・・・



で昨日。
19:00に来ない。
19:30になっても20:00になっても20:30になっても来ない。
通常、1人に90分くらい時間を取っているので、そこで待つのをやめて帰ってきました。
終了時間ですからね。


予約キャンセルについて書きます。


整体院をやっていると予約キャンセルはつきもの。
だとは思いません。
今回のようなドタキャンと言うのか予約があったのに来ないと言うことは、20年近く整体院をやっていますが数回です。
たぶん3回目か4回目じゃないかと思います。
それくらい少ない。
連絡があってキャンセルになることはあります。
それは年に数回ある。
事前に連絡を頂いて、別の日に設定したりします。
あるいは時間になって来ないので、連絡したら失念していたと言うこともある。
そんな場合は予約日時を変更して受けに来て頂いています。


忘れることってあります。
自分だってあるんだから患者さんだってあります。
だから出来るだけ日時をお互いに確認するようにしています。
それでも忘れることはある。
朝、手帳を見て確認して今日だったと分かっていて、仕事が終わって家に帰ってきてしまうことだってある。
手帳に記入を間違えることだってある。
日時を確認しているのに書き間違えることがある。
だから、忘れたりキャンセルには腹が立つことはあまりありません。
殆どない。
ゼロってことはないかもしれないけど、殆ど腹は立ちません。
それより、ちゃんと確認したっけ?とか、自分が日時を間違えていたらどうしようとか。
そんなことを思います。
昨日は連絡先を確認しなかった。
だから連絡が取れませんでした。
これは自分のミスですね。
過去数回の連絡なしキャンセルの場合は、メールや電話をしても連絡が取れませんでした。


キャンセル料は頂いていません。
整体の予約だけでなくセミナーやワークショップや講座でも頂きません。
だってしょうがないことってあるじゃん。
と言うのが主な理由です。
理由になっているようなならないような理由です。
そんなの理由にならん、と言われそうです。
ネット申込だとキャンセルが多いと聞きました。
だからネット申込をやめた同業者もいます。


てあて整体院の場合は電話かメールなので、キャンセルが少ないのかもしれません。
予約をするとその分の時間を確保する訳だから、キャンセルになると機会損失が起きる可能性があります。
だからキャンセル料を頂くのは当然の権利です。
分かってます。
でもまあ、しょうがないことってあるじゃん、と思ってしまいます。
セミナーやワークショップや講座の場合は、売上としても大きいです。
仕事としてやっているんだから、経営的にも予約キャンセルは痛い。
だからキャンセル料を頂くのは当然です。
でもまあ、と思ってしまいます。


今後もそうです。
キャンセル料を頂くことはありません。


自分の仕事に矜持を持っているのか!
仕事としてやってるんだから!
甘い!
なんて言われそうですけど。
経営を圧迫するほどキャンセルが多い訳ではないので、好きにやります。
好きにやるために会社辞めたんだから。
私の場合はキャンセル料頂かない方が楽なんです。

形に囚われない。

読了までの目安時間:約 3分

形と言うのはルールとか常識とかそう言うものの話です。
整体院でもサロンでも、今までの常識やこういう物だと言う考えはもういらないと思います。
自分がやりたいことを組み合わせれば良い。
最近はいろいろなものが組み合わさったり集まったりして、どう呼べば良いか何と説明すれば良いか分からないようなサロンが増えているように思います。
たぶんそう言う時代に来ているんだと思います。

ざっくりと大きく幾つかのことに分けて分類し、その他はどちらかに含めてしまう。
病院と言えばこういうもの、整体院と言えばこういうもの、整体師ってこういう人、会社員ってこういう人みたいな。
大きなくくりで捉えるよりも、もっともっと小さく細分化されて個人に帰結するようなイメージになって来たと思います。
ちょと違う視点から考えてみます。
100年位前には個人はいませんでした。
家があり長男や次男と言う属性がありました。
たとえば武家の〇〇家の長男は後継で、こういう振る舞いをしなければならない。
個人がどう考えるかではなく、長男としての一般的な考え方があった。
それがだんだんと個人になって来ます。
今、〇〇家の長男だからどうこうなんて話は殆どないでしょう。
長男だけど自分はこう考えるみたいな。
個人はひとりひとり考え方が違います。
同じように整体院とは言え、それぞれに考え方や目指すところは違う。
今までは同じようにやっていれば良かったけれど、今はそんな時代ではありません。
受ける側の個人が確率されつつあるので、多様なニーズと言うか必要性に合うような、ひとりひとりの希望していることが提供されているような場が必要です。
逆に整体師の側もそうです。
整体師としてではなく自分個人として何をやりたいか。
それが整体だけである必要はありません。
たとえば占いを組み合わせても良いし、料理を作っても良いかもしれない、カフェを併設したいかもしれないし、芝居をやるかもしれない。
自分がやりたいと思うことが表現されて、それを求めて来る人がいれば、それで成り立つ可能性があります。
最初から整体だとかサロンだとか、昔の形に固執していると、なんだそれだけしかないのかと思われてしまうかもしれません。
もちろん、だけしか出来ないと言うのは、分かりやすく受け入れられやすいかもしれない。

やりたいことは何ですか。
やりたいことなら何でも出来る。
これから開業起業に必要なことだと思います。

関節って柔らかいんですか?

読了までの目安時間:約 3分

東京都練馬区と愛知県名古屋市に教室のある整体学校
てあて整体スクールの荒木です。


関節ってゴムみたいになっていて柔らかいんですか?


先日、質問をされました。
そうなんですね。
体のことばかり考えていると、そう言うことはなんとなく皆んな分かっていると思ってしまいますが、意外に知らない。
関節はゴムのような素材では出来ていません。
関節軟骨なんて言い方があるので、それ自体が軟らかいもので出来ているんじゃないかと思っている人がいてもおかしくはないですね。


関節は骨と骨が隣り合っている場所のことです。
骨と骨は靭帯という伸び縮みしないモノで繋がっています。
靭帯が短くて骨と骨を動かないように繋げていると、関節は殆ど動きません。
逆に靭帯が長くて骨と骨に動く余裕があると、関節は動きます。
関節の動きは靭帯の長さでも変わりますが、骨の形でも変わります。
骨と骨が隣り合っている所の、骨の形です。
股関節は脚の側の端っこが丸く球のようになっています。
反対側の骨盤の側の端っこはお椀のようになっています。
お椀の中に球が入っているようになっているので、クルクル動きます。
だからいろんな向きに動くことが出来ます。


靭帯の他に関節は関節包というもので包まれています。
そして、骨と骨は筋肉で繋がっています。
筋肉は同じ骨から骨にはつながっていなくて、別の骨同士をつなげています。
筋肉が縮むことで、骨同士が近くなる。
関節は靭帯で繋がっているので、一方向の筋肉が縮めば、関節が曲がるということになります。
だから正確には関節は曲がるのではなく、骨と骨が関節の所で動いています。
関節の形も色々あるので、関節の動きもいろいろです。
球関節はクルクル回るし、平面関節という関節は骨の端が平面と平面なので滑ったりズレたりします。
体の中がどんな風になっているかを知るだけで、動きが変わったりします。
人は考えているように動かそうとしますから。
今までゴムみたいに曲がると思っていた関節が、骨と骨がズレたり動いたりすると思うと違う感じになったりします。
関節の位置も勘違いが多いので確認すると面白いです。
てあて整体スクールの解剖学ではこんな話もします。
全く初めて勉強をする人には必要なことだと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


スクール見学申込フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号(必須)

住所(必須)

見学希望日(必須)

連絡欄

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れ、
最後に「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認