整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

整体師認定です。

読了までの目安時間:約 2分

久喜理想整体

新しい整体師の認定です。
染谷さんは定年退職後の人生を、人の笑顔のためにと整体師の道を選びました。
昨年、秋に入学して1年。
晴れて整体師に認定されました。
おめでとうございます。


実は開業準備は整っています。
整体院の名前は【久喜理想整体】。
既に場所も借りてモニターの患者さんを診ています。
これからは本格的に宣伝を始め、営業をしていくことになります。
とても知識豊富で好奇心も旺盛。
武術や運動にも長けています。
日本全国だけでなく海外への旅行も多く、話をするだけでも緩んでしまうような先生です。
もちろん整体師は技術と知識です。
その点も問題ありません。


先月にはスクールでもモニターを募集し、整体をしてもらいました。
モニター患者さんからは高い評価を頂きました。
後は実際の臨床を積み重ねて行くだけです。


公務員をされていた染谷さんに話を伺うと、第二の人生は関連の会社や知っている人のところで働くつもりは全くなかったそうです。
それよりも自分一人の裁量で自由にやって行きたいとのことでした。
最初から1年位を目処に勉強をして開業をするつもりでした。
途中でタイ式の勉強にも出かけ、手と体を作っていました。
良い先生になってくれると思います。
がんばって下さい。

引き出しはいらない

読了までの目安時間:約 2分

整体師として開業する時に、「引き出しが欲しい」と言うようなことを聞きます。
患者さんを前にして、様々な症状や体の状態に対して対処するための「引き出し」です。
使える様々な手技の種類を多く欲しいと言うことだと思います。
気持ちは分かります。
少ない経験の中で患者さんに対応するには、より多く手持ちの手技がある方が対処しやすい。
そう思うでしょう。


たしかに沢山の種類のネジを回すのには沢山の種類のドライバーな時はあります。
でも、沢山の種類のクギを打つには一つのカナヅチがあれば事足りることもあります。
一つのカナヅチを工夫して使えば全てのクギを打つことが出来ることがあります。


持っているものは使い方次第です。
最近はカスタマイズと言うことが良く言われます。
自分にあったように使いやすいように、調整して自分用にしてしまうと言うようなことでしょう。
便利です。
楽ですね。
自分が合わせる事が少なくなりました。
相手が合わせてくれる。
あるいは合うように調整される。
自分が合わせて何かをする事が減りました。
機会が減ると下手になります。
だから練習ですね。
現場対応。
無茶ぶりに対応する練習です。


基本的には、手技や技法は一つか二つで大丈夫です。
心配の必要はない。
それがきちんと使えれば、殆どのことに対応出来ます。
昔からある手技や技法はそんな風に出来ています。
中途半端なものは残っていません。
出来たことがあったとしても時間が経てば淘汰されます。


引き出しはいりません。
持っているもので対応するのは自分です。
それが難しいと思っているとするなら、単に自分(の手技)に自信がないだけです。
持ってる手技をもっと練習しましょう。

ニーズからコーズの時代

読了までの目安時間:約 4分

ニーズ = needs = 必要性
コーズ = cause = 理由


5年くらい前から少しずつ変わってきているなと思っていました。
整体師やセラピストなどの個人や少人数での開業についてのことです。
それまでは世の中のニーズを掘り起こして、それに自分の能力や持っているものスキルを当てていく。
マーケッティングのような手法で開業している人が上手くいっているような印象でした。
それが少しずつ変化して来た。
変化していることだけは分かりましたが、なかなかどういう変化なのかが分からなかった。
というか言葉に出来なかった。


業界が成熟して来て沢山の整体院やサロンが出来たことで、やっていることの訴求方法が変わったんだろうと一旦は思っていました。
整体とかリフレクソロジーとか腰痛とか肩凝りとか、そう言う具体的な技術や症状を全面に打ち出していた時代が終わって、それをするとどうなるのか、を打ち出すようになって来た。
サロンやスタジオの開業をして成功している人たちは、何が提供出来るかではなく、結果どうなっているかを訴求しているようでした。
「〇〇な自分になる。」
みたいなことです。
一時期はそうだったのかもしれません。
でもまた少し変わってきているように思います。


ニーズに合わせて開業したり宣伝していたものが、コーズを持ってそれを訴求することで開業したり宣伝したりしている。
コーズとは理由です。
それをやる理由。
自分はどうしてコレを提供したいのか。
どうしてコレを提供しないといけないのか。
そんなことを打ち出して告知したり宣伝したりしている人たちが上手く行きだしているような感じです。
今までは患者さんやクライアントさんなど相手側に合わせていいたものが、こちら側提供する側のことを語るようになって来ています。


それがこのところ顕著になって来た。
たぶんチェーン展開のサロンが増えたことも関係があるように思います。
整体やセラピー関係で全国に何百も展開しているチェーンがいくつもあります。
まが30店から40店くらいを地域限定で展開しているチェーン、60分2980円なども増えました。
これらが一般的に認知されたことが原因の一つのように感じます。
体を休めたり緩めたり、ちょっとした腰痛や歪みはアソコにと言うチェーンが認知された。
そうなると、個人でやっている整体やサロンは別のことで訴求をしなければ受け入れられません。
腰痛や肩凝りなどの症状でもなく、整体やセラピーなどの技術でもない。
私は〇〇をしたいんです。
だからこう言うことを提供しているんです。
と言う訴求ですね。


まあ、個人的な分析ですけどね。
こう言う分析大好きですから。
ではどうするか。
整体スクールやっているので、生徒さんや卒業生にこうやってお知らせしたりしますね。
整体院もやっているので、表現を少し変えていくかなと思います。


ダンス整体2

ダンスと整体

読了までの目安時間:約 2分

sessionhouse

神楽坂セッションハウス松本クラスを受けた直後。
スタジオの中で撮った写真です。
意識朦朧なところが良く出てます。
ははは。
インスタグラムに載せた時に書いた文章はこんな感じでした。

**********************************************************
動きを踊りにするレッスン。
自分の解釈を体で表現するレッスン。
ために解釈が必用になり、解釈を表現出来るテクニックが必要になる。
**********************************************************

翌日になって今日になってハタと気づきました。
整体に似ている。
手技療法に似ているってことです。


技術や知識を治療にするのがソレ(整体・レッスン)です。
整体師やセラピストになると言うことは、患者さんの体を変化させ施術し治療すると言うことです。
それは技術を使うと言うだけのことではありません。
知識を使うと言うだけのことでもありません。
治療方針を自分で考え(解釈が必要)、知識と技術を組み合わせ治療方針を具体的にやる(解釈を表現出来るテクニック)と言うことです。
知ってるだけ。
出来るだけ。
そのどちらかだけではもちろんダメで。
知っていて。
出来る。
その上でそれを使ってどうやるかを考えられ、考えたことをすることを決断出来る。
と言う話です。
自分で考え組み立てたことを、持っている知識と持っている技術を使って実行する。


ドユコト
と思った人は自分の治療を考え直してみてください。
あたりめぇだろう
と思った人は笑ってスルーしといてください。

開業準備と開業後

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールのサイトにこんなページがあります。
( 開業準備と開業後 >>> https://teate.co.jp/openandafter )
整体院やサロンなどの開業準備と開業後のことについて書きました。
これから開業しようかなと考えている人や将来開業する時のことを考えている人には参考になると思います。
実は荒木は某一部上場企業で事業計画を立てたりしていました。
流通業でしたのでバブル期には沢山の新店を出店していたので、その新店の出店計画や資金回収計画なども立てていました。
整体学校に勤めていた頃には、開業講座の担当として生徒さん達に開業指導などもしていました。
開業準備と開業後のページの目次はこんな感じです。


■開業準備

・開業で何をしたいのか。
・スケジュール
・事業計画と資金調達
・物件探し
・内装
・開業準備
・ホームページ、ブログ、SNS
・SEO対策

■開業後

・患者さんを増やす。


参考にしてみて下さい。

開業準備と開業後

腰痛はしかたがないのか。

読了までの目安時間:約 3分

直立二足歩行を始めた人間にとって腰痛は仕方がない。
そんな風に言う人がいます。
てあて整体スクールではそう考えていません。
直立二足歩行する人間がみな腰痛になるのなら、人になる前のサルは直立せず二足歩行をしなかったと思います。
直立二足歩行には痛みがないから、そうすることを選んだ。
そう思っています。
ではなぜ腰痛になるのか。
成人の8割以上が腰痛の経験があると聞いたことがあります。
それほど多くの人が腰痛になるのに、二足歩行をしていることが原因ではないのだとしたら、どうして腰痛になるんでしょう。
原因はヒトが直立二足歩行を始めた頃と今との違いにあると考えます。
その頃と今の違いは何か。


靴がない。(靴下もない。)
縫製された服がない。
道がない。(舗装されていない。)
自転車・バイク・車・電車・飛行機がない。(移動手段は脚。)
建築された家がない。


つまり自然と人工の違いです。
土や草や木や川や海や丘や森や山や谷や崖などで生活していたものが。
家の中で寝起きし、体に合った(と見える)服や靴を履いて、電車や車で移動して、会社の中で座って仕事をする。
現代の社会になる前は、座るのは石や地面の上だったでしょう。
歩くのは裸足で凸凹の土や草の上だったでしょう。
人工物は”同じ”というのがポイントです。
舗装道路は殆ど平らで殆ど真っ直ぐ続きます。
靴を履けば足裏の状態はいつも一緒です。
地面の上であれば、様々な形状に常に対応して座ったり立ったりしますが、椅子の高さは殆ど一緒で座面は殆ど平らです。
同じような状態が多くあるので、その場その場で対応するよりも、いつもと同じ体の使い方をしがちです。
それが偏った使い方に繋がっている可能性があります。
また、人の体に合った椅子や車や家を設計されているとは思いますが、人の体の変化に対応して変化はしていません。
人工物はいつも最初と同じ状態であります。


腰痛のためのケアを患者さんに話をすることがあります。
アキレス腱伸ばし(ストレッチボード)
ウォーキング
この二つだけです。
たったこれだけ?と思う人が多いようですが、殆どの腰痛はこれで治ります。
この二つがやっていることは。
骨盤の動きを出すために下肢の後ろ側をストレッチすること。(アキレス腱)
全身の筋肉と関節の動きをスムーズにすることと血流改善によって疲労物質を流すこと。(ウォーキング)
です。
難しいことを考えるより、体を動かすことがポイントです。


腰痛は直立二足歩行だから仕方がない、ってことはありません。

てあて整体スクール 生徒募集中

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。


てあて整体スクールは今年で15年になる小さな整体学校です。
教室は練馬区大泉学園と名古屋市千種にあります。
名古屋の教室には月に4日平日に連続で行っています。
東京の教室では毎週土日月と授業があります。
てあて整体スクールには二つの特徴があります。


力を使わない指針整体。
卒業まで授業は何度でも納得いくまでリピート受講出来る。


指針整体は他の整体と違って力を使いません。
押さない揉まない体重をかけない整体です。
なのに体が緩み筋肉が軽くなり動きやすくなります。
とは言え、手品や不思議な整体ではなく、理論に裏付けされた整体です。
手技は単純。
繰り返しの刺激を入れていきます。
患者さんにとっては強い力で押されないので、安心して受けられます。
また当然安全な整体でもあります。


授業は何度でもリピート受講出来ます。
卒業までは無料で、卒業後も1回1000円で出来ます。
納得いくまで身につくまで繰り返し練習出来るのが特徴です。
期間が来たらはいおしまいでは、身につかないうちに卒業してしまうかもしれません。
安心して身に付くまで通うことが出来ます。
身に付かなければ意味がないでしょ。


安全で安心の整体技術を何度でも練習することが出来る。
最後まで面倒見るのが小さな整体学校の特徴でもあります。
てあて整体スクールでは生徒さんを募集しています。
整体師になりたい。
家族の健康をケアしたい。
バレエやダンスの故障を診たい。
セラピストとして独立したい。
自分の思うような形で仕事がしたい。
人生の後半は好きな仕事をしていたい。


先ずは授業の見学に来て下さい。
説明会も授業見学も整体の体験も無料で受けられます。
説明や見学希望の人は、希望日時とお名前や住所など記載して連絡下さい。
申込フォームからも受け付けています。
( 申込フォーム >>> )


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


骨格調整名古屋18112

開業して上手くいく人

読了までの目安時間:約 3分

今日、そんな話になりました。
開業したら何パーセント位の人が食べていけるんですか?


5%くらい


えっ!?
質問した人は目が点になっていました。
たったの5%デスカ・・・
みたいな感じ。
確かに少ない感じがしますね。
でも、てあて整体スクールを卒業した人たちの開業成功率ではありません。
一般論です。
てあて整体院を開業して10年目に会計士と話をしたことがあります。
会社を立ち上げて登記をして、10年後に残っている割合はだいたい20社に1社だそうです。
5%です。
会計士の先生の話ですから、業種や業態を問いません。
全体を見て一般的な話をしています。
だから、荒木さん凄いんですよ10周年と言うのはと言われました。
自分のこととしては凄いなんて思ってませんけどね。
だいたい他に職を変える気がない。


一般論ではなく、てあて整体スクールの卒業生だとどうなるのか。
卒業生が200人くらいいます。
開業したのは3割くらい。
およそ60人くらいだと思います。
整体院と言うだけでなく、ピラティスのインストラクターとしてとかパーソナルトレーナーとしてとか様々ですが、合計するとそれくらいかもう少し多め。
で、開業した後に閉めた人は何人くらいいるか。
4人か5人くらいだったと思います。
理由は様々ですが、売上が悪くてと言うだけで廃業した人はいません。
健康や家族の転勤や家庭の事情で仕事を変えざるを得なかったりと言った理由でした。
珍しいと思います。
一般的にはここまで続けている人が多いスクールはないと思います。
理由はたぶん、固執していないからだと思います。
学んだ手技や方法や開業形態などに固執していない。
だから、大成功と言う訳ではないですが、ぼちぼち続けている人が多いように思います。
上にも書きましたが、整体院だけでやっている人もいますが、ピラティスやヨガやパーソナルトレーニングやダンスなどとコラボして仕事をしている人が沢山います。
他にはないスタイルなのかもしれません。


極端に言えば何でもイイんです。
上手く行くんなら、荒木から学んだ手技は端っこになっても良いと思っています。
それよりも長く続けて行ってくれることが大切。
だから整体だけでなく開業のことや宣伝のことや、様々な情報も提供するようにしています。

2018年12月 スクール説明会

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールの2018年12月スクール説明会の日程が決まりました。
今年はスクールを創業して15年の節目でした。

押さない揉まない体重をかけない。
安全で患者さんにも安心して受けてもらえる指針整体を広めたいとやって来ました。
だから骨格調整も安全で安心して受けられるMET(マッスルエナジー・テクニック)を指導しています。
ボキボキしない骨格調整と筋肉調整で、患者さんの歪みや骨のズレ、筋肉の硬さのアンバランスを整えます。
力を使わない整体は他にもありますが、こんなに体が軽く動きやすくなる整体は受けたことがありません。
METを調整に使っている先生もいますが、全身をMETで整える整体スクールは殆どありません。
整体師として20年やってみて、やっぱりこの手技を使ってもらいたいと思います。

12月もスクール説明会があります。
説明会でスクールの説明を受けた後には、授業を生徒さんと一緒に受けて下さい。
どんな質問でも歓迎です。
心配を取り払って納得して勉強を始めてもらいたいと思います。
スクール説明会も授業見学も整体の体験も無料です。
気軽にどうぞ。


てあて整体スクール 説明会
東京校
京都練馬区東大泉 5-27-18-A

日程 : 12月
 1日(土)・ 2日(日)・ 3日(月)
 8日(土)・ 9日(日)・10日(月)
15日(土)・16日(日)・17日(月)
22日(土)・23日(日)・24日(月)

授業時間 :
土曜・月曜 10:00~14:00、日曜 16:00~20:00

名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20

日程 : 12月18・19・20・21日
授業時間 : 10:00~14:00

※それぞれ授業前30分から授業の最後まで見学出来ます。

問合・申込 :
teate@nifty.com
03-3922-7230
※氏名・年齢・希望日を記載下さい。

申込フォーム >>> https://teate.co.jp/form


名古屋から戻りました

読了までの目安時間:約 3分

金曜日に名古屋から戻りました。
土曜からまた東京で整体授業をやっています。
土曜日はスクール見学に静岡県清水市から女性がいらっしゃいました。
清水市からどうやって通うのか?
まだ入学するとも決まっていないのに聞いてみました。
通学出来るのかというのが大切なことです。
入学してみたは良いがやっぱり遠くて通えないと言うことがあっては困ります。
大丈夫です、高速バスを使えばそんなに交通費も大丈夫だし。
と言う答えを頂きました。
過去に広島県福山市から東京に通うと連絡をくれた人がいました。
名古屋教室がない頃でした。
それはちょっと遠いんじゃないか?と言うと、いやいやそんなことはない絶対に通えますと言う。
だったら一度見学に来て下さいと通学を想定して見学に来て頂きました。


やっぱり無理です。
スクールに着くなりそう言われました。
でしょ。
でも来てみると言う行動力は素晴らしいと思いました。
彼女(女性でした)はタイ式マッサージをやっていて店舗を持っていましたが、そちらの従業員達にマッスルエナジー・テクニックを学ばせたいと福山まで呼んでくれました。
セミナー場所と宿と参加者を確保して待っていてくれました。


逆にこりゃ無理だろうと思っても通ってきた方もいました。
先月、名古屋で卒業した女性は、兵庫県から名古屋の授業に毎日通学していました。
通常名古屋に通う遠方の方は、4日間宿泊して通いますが、彼女は新幹線通学でした。
新幹線通学と言えば、山形県から東京まで毎週通っていた男性や宮城県仙台市から通っていた女性もいました。
新幹線ではありませんでしたが、栃木県の小山市や足利市から毎週来ていた方もいました。
皆さん通学だけで4時間位かかっていたと思います。
頭が下がります。


通学が遠いのか近いのか。
大丈夫だと思うのか無理だと思うのか。
それは人それぞれです。
やる気があれば遠くたって通えるはず、と言うのは意外に無理のある考え方です。
それぞれの環境や状況や条件は全く違います。
通学の時間が取れないと言うこともあります。
時間が取れるのに取らないと言うのは論外ですけど。


今年もあと1ヶ月になりました。
てあて整体スクールでは入学生を募集しています。
12月から初めても良いし、1月から初めても大丈夫。
押さない揉まない体重をかけない。
だから安全で患者さんにとっても安心の指針整体を学んで下さい。


1 2 3 95