整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

今週と来週の予定 (5/16-29)

読了までの目安時間:約 4分

今週から来週にかけての予定です。


5月17日(火)19:00~
コア・ストレッチ教室 >>>
 https://teate.co.jp/blog/blog1605081.html

六本木ホールDOZでコア・ストレッチ教室をやります。
まだ受けたことのないかたはいらして下さい。
体が硬い!と言う人でも、ダンスをがんがんやっている人でも
体の芯から緩めていくストレッチです。
待ってます。
※24日には名古屋でもコア・ストレッチ教室やります。


5月19日(木)16:45~
現代舞踊協会主催の【5月の祭典】で踊ります。

『午後8時 -男と女とピアニスト-』(池田素子作品)
昨年の「時代を創る現代舞踊展」で奨励賞を頂いた作品の再演です。
自分で言うのもなんですが、素敵な作品です。
お時間あったらいらしてください。


5月22日(日)11:00~12:30
【神楽坂ダンス学校】(セッションハウス)『カラダの座学』
>>> http://www.session-house.net/dance_school.html
神楽坂にあるダンススタジオで行われるワークショップ週間で、講座を担当します。
体の構造を簡単な解剖学と触れることを通じて感じてもらいます。
ダンスをする体にはとても良いと思います。
まだ、申込出来ますよ。


5月24日(火)~27日(金)10:00~14:00
てあて整体スクール・名古屋教室授業
 >>> https://teate.co.jp/nagoyaschool
24日からは名古屋教室の授業があります。
今月の授業は骨格調整です。
骨格調整専科の受付もまだ大丈夫です。
見学ももちろん。
連絡お待ちしています。(電話 03-3922-7230 mail teate@nifty.com)


今週と来週はなんだか色々とあります。
ギリギリになったけど大丈夫かなぁ?
と思ったら、とりあえず連絡下さい。
セミナーやスクールの参加は前日でも大丈夫です。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

整体師の資格

読了までの目安時間:約 4分

整体師の資格はどこで取れるんでしょうか。
どんな整体学校や整体スクールに行けばきちんとした整体師の資格が取れるんでしょうか。
法律的に決まっていることがあるんでしょうか。


実は整体師の資格は法律的には決まりはありません。


柔道整復師やあん摩マッサージ師などの国家資格とは違い、整体師は民間資格です。
国家資格になっている職業は業法と呼ばれる法律で、国家資格の取り方や開業した時の決まりごとなどが決まっています。
でも整体師などの民間資格にはそれに該当する法律がありません。
そのため民間で整体を教える整体学校や整体スクールには法律的な基準がなく、業界内の自主規制などがあるだけです。
極端に言えば「私は整体師です。」と言えば、勉強をしていなくても整体師として仕事をすることが出来ます。
もちろん整体師法がないからと言って、何をやっても良いと言うことはありません。
柔道整復やあん摩マッサージ他の法律になっているいるものではない業務行為で、しかも健康に害を及ぼすおそれのない業務行為でないといけません。


「資格」と言う言葉には、技術的なことや法律的なことやステイタスなどを感じます。
「整体師の資格」を持っていれば、仕事があってその仕事に就くことが出来るような印象を持つのかもしれません。
でも、整体師の資格は民間の整体学校や整体スクールが発行するもので、法律的に基準がある訳ではありません。
就職の時に資格があるからと言って優遇される訳ではありません。
もちろん、整体学校や整体スクールが経営している整体院などに就職する場合は別ですよ。
同じ経営ですから。
そうでない場合は「資格」と言う紙切れではなく、本人の技量が問われることになります。
資格を取ったから就職出来るとか、資格を取ったから開業して成功すると言うものではないんですね。
これについては、国家資格についても同じような傾向があるのかもしれません。
資格ではなく技術や技量やその人そのものが問われるんだろうと思います。


整体スクールや整体学校はだから、その学校やスクールで学べる技術や知識が大切です。
使える技術や知識、結果の出る手技、受け入れられ求められるテクニックを教えられるかどうかがポイントです。
他の仕事でも同じことですが、整体師は資格ではなく技術・知識・その人自身、が大切と言うことです。


MET

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

てあて整体スクール 学校見学

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでは学校見学・授業体験をすることが出来ます。
スクールで教えている指針整体やマッスルエナジー・テクニック(MET)は、普通の整体スクールや整体学校で教えている手技とは違います。
特殊と言うことでもないですが一風変わった手技(やり方)なので、言葉の説明だけで考えるよりも実際に受けて見て貰いたいと思っています。
授業見学に来れば指針整体とMETを受けることが出来ます。


■てあて整体スクール 授業見学

日時 : 21・22・23日、28・29・30日 → 東京
     24・25・26日 → 名古屋
場所 : 東京・練馬区東大泉 5-27-18ーA
     名古屋・名古屋市東区葵 3-14-20
問合 : 電話 03-3922-7230
     mail teate@nifty.com


指針整体のやり方は全身を流れる経絡の上を、リズミカルに軽れるように押して触れてスッと引きます。
けして押さない揉まない体重をかけない手技です。
そのことで血流や骨格の並びが改善され、むくみが取れ歪みが整い体が軽くなります。
マッスルエナジー・テクニックは患者さんの筋肉を2・3割の力で動かしてもらい、それに抵抗を加えることで筋肉を緩めたり骨格を調整したりします。
ボキボキ調整する方法ではなく、ゆっくり整えていく骨格調整・筋肉調整の手技です。
と、言葉では説明出来ますが、なかなか伝わりにくいですね。
実際に受けに来て下さい。


指針整体

骨格調整1604182・てあて整体スクール

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

悪い気をもらったらどうするか?

読了までの目安時間:約 4分

整体の授業中に聞かれた質問です。
「悪い気をもらったらどうするんですか?」
「先生はもらったりしますか?」
もう何度か書いていますが、僕は悪い気は貰いません。
今まで一度も貰ったことがない。
どうしてかは分かりませんが、そうなんです。
敢えて言うなら「受け流して」います。


右から~♪♪♪
左へ~♪♪♪
受け流すぅ~♪♪♪


失礼!(笑)
そんな感じです。
そしてこれもいつも言っていることがあります。


患者さんから悪い気をもらうことがもしあるのなら、こちらから良い気を患者さんにあげれば良い。


敵を作りそうな発言ですね。(笑)
ちょっとブラックアラキです。
でも本当にそうです。
では貰うってどういうことなんでしょう。
確かに患者さんが調子が悪い部位が調子が悪くなったり、同じ場所が痛み出したりすることはあるようです。
ミラー細胞などから、患者さんと同じ筋肉の動きが再現されてしまうと、自分も調子の悪い体の使い方になってしまい、同じような痛みや調子の悪さが再現される。(可能性がある。)
また、抑鬱状態の人の話を聞いていると、ネガティブなことが多くてそんな気分になることもあるようです。
自分自身ですごく気をつけていることはありませんが、敢えて言うなら上に書いたように”受け流す”です。
一旦、受けてから流してしまう。
受けないで流してしまうと、無視したことになります。
受けて流さないと、溜め込んでしまうことになります。
だから受け流す。


それでも整体仲間や業界での話を聞くと、過半数よりもかなり多い人が「悪い気を受ける」と言います。
そして悪い気を受けた時の対処法もあって、いろいろと聞いたことがあります。
水が関係していることが多いようです。


・水を飲む。
・手に水をつけて頭の上で振って水滴をほんの数滴かぶる。
・湖や川など水のある所に行く。
・大きな木を抱える。(常に水を吸い上げている。)


もし気になるようなら自分が気持ちの良いことをすれば良いだろうと思います。
気を貰うとかもらわないとかは、その人の捉え方だろうと思います。
貰うと思えば、貰わないようにしたり、流すようにしたりすれば良いし、もらわないと思うんだったらそうすれば良い。


貰った時の兆候があると聞いたことがあります。

・あくびがでる。
・ゲップがでる。

だそうです。
開業当初はありましたが、今はありません。
これはどういうことなんでしょう。
考えてみると面白いかもしれません。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

一生懸命と力を入れることは別のこと。 ~ 大人バレエな皆さんへ ~

読了までの目安時間:約 4分

一生懸命に何かをする時、身体に力が入ってしまうことが良くあります。
逆に力を入れて何かをしている時、一生懸命にやっている気分になったりします。
でも


一生懸命やることと力を入れることは別のことです。


てあて整体院には大人からバレエを始めた方が良くいらっしゃいます。
腰痛や膝痛などで来られる人もいます。
バレエの体の使い方が分からないからと、質問をしにいらっしゃる人もいます。
「どうしても力が抜けない。」
「知らないうちに力が入っている。」
レッスンの時に何かをしようとすると、知らず知らずのうちに力が入っていることがあると言うんです。
先生から注意されたことを頭に描き、そのことに注意を払って動いているとそうなります。



肩の力を抜いて!



先生からはそんな風に言われます。
それをどうにかしよう、何とかしようと、一生懸命頑張っている時には上手くいきません。
それが、注意していることを確認しようと、力を抜いて鼻歌を歌うようなイメージで形だけやってみていると。。。



そう!
それそれっ!
それでイイの!
出来るじゃな~い!(笑)



なんて言われます。
「えっ!全然、何もしてないのに!」
そんな風に思う訳です。
実際、自分としては注意をしているのではなく、どこを注意しようか考えているだけで、気をつけるところを気をつけて動かしてはいません。
ようするに、自分としては何もしていない。
注意していない。
全然、ちゃんとやっていない。
と思っている時に限って、『それでイイ!』と褒められてしまう。
そんなことが良くあります。


何かをする時に、力を入れなくても出来ることがあります。
力を入れないことが、出来ることに繋がることがあります。
でも、力を入れないと、出来るように思わない。
それは一生懸命と力を入れるが一緒になっちゃってるからです。


もう一つ。
自分がやってること(自分が体をどう動かしているか)と、実際の動きが違うってこともあります。
これはアレクサンダー・テクニークでも良く言うことです。
注意をして一生懸命やろうとして、自分としてはそうなっていると思っていることが、実際にはそうなっていない
ならば、一生懸命やろうとせず力を入れずにやってみることが解決に繋がるかもしれない。
だって、一生懸命やろうとすると、力が入って別のことをしてしまっているかもしれないんですから。
やっかいですね。(笑)
でもそう言う方法もあります。


とは言っても、基礎練習は大切です。
基礎的な練習が出来ていれば、力を入れずに(一生懸命と思わずに)出来る可能性があるってことですから。




■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

整体て何なんだろう。

読了までの目安時間:約 3分

今年で整体院をオープンして15年になります。
割合と長いことやってる整体師だと思いますが、これくらい長くなってくると色々と考えなくてもイイことなんかも考えますね。
整体て何なんだろうとか。


身体の痛みを取りたい故障を治したいと思って始めた整体でしたけど、その後は痛みの出にくい身体の状態にするためにストレッチ教えたり日々の気をつけることを指導したり。
それからしばらく経つと、身体を不調にしないような身体の使い方を教えるようになったりしました。


診る(見る)のは、最初は歪みや硬さや動きの悪さから、最近は流れや関係までになって来たり、骨や筋肉をみていたのが、血流や神経の繋がりや、身体全体の呼吸だったり、恒常性みたいな部分にまで気が行くようになったりします。
最近はエネルギーやヒーリング的なことも気になります。
(やりはしませんけど気にはなりますね。)


どうなんでしょうか。
整体師個人としては全うな方向なのかもしれません。
見えるものは増えてきます。
勉強を始めたころは骨があるのさえおぼつかなかったのに、歪みが分かり動きが分かり、そのうち筋肉の質やその質から生活まで分かったりするようになります。
そうするとそれをどうにかしたいような気分にもなる。
でもね。
患者さんは先ずは痛みや症状をなんとかしたいと思って来ます。
そこがベース。
先ずはそこ。
ひょっとしたらソコだけでもイイかもしれません。


ひゃ~ありがとう先生。
良くなった。
”また調子悪くなったら来ます。”


なんて言われて。
悪くなるのはこういうことだから、日々はこんなことに気をつけてとか。
それでもダメなら悪くなる前に連絡下さいとか。
そんなことを言っています。
そうやって付かず離れず居られれば良いのかと思ったりします。


どこまでが整体なんでしょうか。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

骨盤ダイエット 筋膜リリース・ダイエット

読了までの目安時間:約 4分

先日、TVの情報番組を見ていたら「筋膜リリースで痩せ体質」と言うような特集が組まれていました。
筋膜リリースと言う言葉をあまり耳にしたことがないと思います。
筋膜とは筋繊維を包んでいる膜のことで、筋繊維一本一本を包んでいて、尚且つその筋繊維が何本かで束になっており、その束になった筋繊維がまた束になっています。
その束が束になっている一つの単位に名前がついて何々筋肉と呼ばれたりします。
筋肉は一本一本の筋繊維だけで出来ているのではなく、筋膜の中に筋繊維が詰まった組織なんです。
筋繊維一本一本は一つの方向に伸び縮みします。
ゴム紐が伸び縮みするのと同じような方向ですね。
横には伸びない。
(ただ、筋繊維は縮む時に力を発揮します。)


筋膜は様々な方向に伸びる可能性を持った組織です。
規則正しくはありませんが、網目のようになっていると考えると似ています。
その筋膜を緩めていくのが筋膜リリースです。
筋肉をストレッチしたとしても、筋膜に伸び縮みしにくい部分があると、筋肉の伸びも制限されることになります。
ちょうど網目の一部だけがこんがらがったところを、ほぐして緩めて伸びるようにしてあげるようなことです。
筋膜リリースは一般的には他動的にやっていました(整体師やセラピストがやっていた)が、ストレッチのような方法で筋膜を緩めていく方法もあります。
その、筋膜リリース(ストレッチ)をすると痩せやすい体質になるとのことでした。


んんん~ちょとなぁと思います。


筋膜をリリースすると、筋肉の動きが良くなり代謝が上がって、ダイエットに良いと言うような説明でした。
以前、骨盤を整えるとダイエットに良いと言うような話がありましたが、その時も似たような説明でした。
骨盤を調整すると内蔵の働きが良くなり、消化吸収が促進され代謝がアップ、痩せやすい体質になると言うようなことだったと思います。
全く否定する訳ではありません。
でも、ちょっと遠すぎるように思いますね。
風が吹いたら桶屋が儲かる的な感じですね。
もちろん、健康な身体を作るのに、筋膜リリース(ストレッチ)や骨盤を整えることはすごく大切です。
特に運動が極端に少なくなっている現代の人にとっては、身体を動かすことは良いことです。
とっても良いことですが、でもダイエットとくっつけるのはどうなのか?と思っています。
なんでもかんでもダイエットと繋げれば注目を浴びるというのはどうなんでしょう。


でもきっと、最近の皆さんはそれくらいはお見通しだったりして。
分かっていて身体に良さそうだから取り入れるってのなら、とても良いことだと思います。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

アレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 4分

毎月1回、アレクサンダー・テクニークと整体を受けに来ている患者さんがいます。
ピアノの先生で子供にピアノを指導しています。
アレクサンダー・テクニークはピアノやバイオリンなど楽器演奏家や、ダンサーや俳優さんなど身体を使う職業の人が多く受けに来ます。
てあて整体スクールでは自分の身体を見直し整える一つの方法として、アレクサンダー・テクニークのグループレッスンを授業に取り入れています。


アレクサンダー教師がピアノあバイオリンを弾ける訳ではありません。
ダンスやお芝居が出来る訳でも声楽が出来るありません。
それなのにプロとして演奏やお芝居やダンスをする方々が来ます。
なぜでしょうか。


人の身体の使い方には二種類のことがあると思います。
一つは基本的な身体の使い方。


・指を曲げる。
・腕を回す。
・脚を動かす。
・胴体をひねる。
・首を曲げる・
・頭を回す。 などなど


そしもう一つが専門的な何かに特化した身体の使い方。


・ピアノの弾き方。
・踊り方。
・唄の歌い方。
・テニスのサーブの仕方。
・整体の手技。
・自転車の乗り方。
・卵焼きの焼き方。(フライパンの使い方)
・人前での話し方。 などなど


この二つの身体の使い方の、前者(基本的な身体の使い方)を扱うのがアレクサンダー・テクニークです。
厳密には”身体の”使い方だけでなく、自分の使い方なんですけどね。
(身体と心は切り離せないと言う考え方がアレクサンダーにはあります。)
だからアレクサンダー教師は様々な専門的な職業の身体の使い方を診ることが出来ます。


今日は指の使い方でした。
僕はピアノを弾くときの指の使い方を教えた訳ではありません。
その時の自分の使い方を一緒にやりました。
身体の使い方だけでなく、その時の考えやイメージなどの話をしました。
いつもはハンズオンワークと言う手で触れるワークをしますが、今日はハンズオンせずに自分自身で自分を感じてもらいながら進めてみました。
自分で感じることだけで変化があれば、帰ってからもやりやすいだろうと思ったからです。
結果、なかなか良かったみたいです。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

会社を辞めようと思ったら、1年後に早期退職に引っかかることが分かった。 どうする!?

読了までの目安時間:約 5分

脱サラ
転職
独立起業
開業
個人事業



会社を辞め新しい仕事に向かう時、早期退職優遇制度があと1年や2年で来ると分かっていたらどうするか。



15年前、あら木もそれまで勤めていた会社を辞めて、独立起業しました。
あと1年半位で早期退職優遇制度の年齢・勤続になる時期でした。
正直、少しは考えました。(笑)
時期をそれまで待って割増退職金を受け取ってから辞めても良いのではないか。
その方が退職後が楽になるんじゃないか。
それ以前に希望退職を募る時期もありました。
その時は上司にも聞かれました。
「 どうする!? 居てほしいとは思うけど、僕は止めないよ。 」
その時の退職金は早期退職の退職金よりも多く出ました。


あ~
割増退職金を貰ってから辞めようかなぁ~
そんな風にも思ったので、偉そうなことは言えません。
でも、退職金を辞める時期を考えるファクターの一つにはしない方が良い。
けっこう辛い選択だと思いますよ。
でも、今だと思ったら今辞めて新しく始める方が良い。
勇気が必要と言うか周りの説得が大変だとか、心配もあるだろうし、だいたい損したみたいな気分にもなりますしね。
でも


幸運の神様には前髪しかない。


と言います。
思い立った時にしか、幸運は訪れない。
今だと思った時に行動をしないと、掴もうとした幸運の神様には後ろ髪はなくて、掴み損ねてしまいます。
チャンスはタイミングです。
その時に勢いをつけて始めないと、波や流れに乗れません。
波や流れなんて抽象的なことと思うかもしれません。
でもこれ、抽象的でもなんでもないんです。
今だ!と思った時は、たぶん頭の中では沢山の要因が検討され組みあがってココだと判断がされています。
言葉では上手く言えないことでも、年齢や知識や経験や情報や社会情勢や仲間や家族やもちろん貯金やなんやかやが、ちょうど噛み合っていると自分では思える時期なんです。
そう言う時期はなかなか来ません。
今だと思える時期を逃すと、次はなかなか来ません。
今だと思っていない時期に独立したり開業したりすると、年齢や知識や経験や情報や社会情勢や仲間や家族は全てが変わります。
変わってしまった状況を打破するには、今がタイミングだと思っている時とは別の力が必要になる。
その別の力が実はかなり大変です。
だから、思い立った時がやめ時だと思います。


ただし。
たまに、今だと思った時期が時期尚早な場合があります。
自分では最適なタイミングだと思っているのに、条件が整っていない場合。
それはどうやって見分けると良いんでしょう。
これ、自分で考えるしかないんですけど、一つだけ参考になることがあります。
辞める話を上司や同僚にした時に、強く否定されたり遺留されなかったら少し早いかなと。
う~んそうかぁなんて、話をすぐに受け入れられたら、時期尚早かもしれない可能性があると思うと良いかもしれません。
ヒトに必要とされている時は、新しいことを始めるには良いタイミングだと思います。


そうだもう一つ
会社から辞めてはどうか?と聞かれたら辞めない方が良いと思います。
独立するなら会社は自分から辞めるべきです。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

頭とカラダで覚えること。

読了までの目安時間:約 3分

有史以来2000年までに流通した情報と、2000年から2015年まで流通した情報の総量が同じ、と聞いたことがあります。
何を根拠にと思いますが、最近の情報量が多くなっていることは間違いのないことです。
情報はどんなことでも増えているように見えます。
情報が増えると専門化し細分化されどんどん細かな情報が増えてきます。


それは一面では良いことですが、また一面では良くないこともあります。


一面では良いことです。
どんなことでもすぐに調べられます。
理由が分かり結果もわかりやすい。
何かをする為のコツやノウハウや方法を知っていれば、今まで掛かってきた時間を短縮することが出来るかもしれません。


〇〇のやり方
△△の上達法
◇◇のコツ


一面では良くないことも起きます。
木を見て森を見ず、と言う言葉があります。
一本一本の木を見て良くその木を知ることが出来ても、木の集合体としての森のことが分からないと言うようなことです。
やり方が分かって結果も出ているのに、自分が何をしているのか分かっていないことがあります。
頭で分かって理解しても、カラダがついていかないことがあります。
知っているけど出来ないとなったりします。


どちらかと言えば
放っておけば
知らず知らずのうちには
情報が先に入ってきます。
頭で理解出来てしまいます。
でも
やっぱり体験が大切です。
体験して体感すること。
情報を(頭ではなく)カラダに覚えさせること。
筋感覚で腑に落ちさせること。
そこがやっぱり大切だと思います。


やっぱり
人間ですから。


指導者として考えるのは、そこの塩梅です。
情報も大切だけど、カラダで感じ身体が知ることも大切。
そこをどう伝えていくか。
日々、考えながらやってます。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"