整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

2021年 今年観た映画

読了までの目安時間:約 7分

今年はどれくらい映画を観たのか。
チケットを放り込んでいた缶から取り出して書き出してみます。


01/10 フォードvsフェラーリ
02/07 パラサイト 半地下の家族
02/20 嘘八百 京町ロワイヤル
03/24 ハーレクインの華麗なる覚醒
04/02 一度死んでみた
06/09 幸福なラザロ
07/08 一度も撃ってません
07/09 ドロステのはてて僕ら
07/15 クソみたいな映画
07/16 ゲキ×シネ 「けむりの軍団」
07/28 コンフィデンスマンJP
07/31 パブリック 図書館の奇跡
08/06 今日から俺は! 劇場版
08/27 コリーニ事件
09/17 グッバイ リチャード!
09/23 オフィシャル・シークレット
10/02 マイルス・デイヴィス クールの誕生
10/22 プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵
11/19 ストックホルム・ケース
11/26 ホテルローヤル
12/02 トルーマン・カポーティ 真実の


合計21本。
7月が6本は多いですね。
暇だったのかと思って手帳を見ると、忙しい。
少し気が緩んでいたのか、4月は営業自粛をしていて5月はスクールもオンライン。
映画を観たいと思っていたけど、映画館ではジブリ作品ばっかりで新しいものがなかった時期が続きました。
それが明けてってことだったんでしょうか。
記憶は定かでないので分かりませんが、とにかく何でも観たかったんだろうとは思います。

邦画9本、洋画12本。
邦画しか観ない時期があり、洋画しか観ない時期もあり、結果、関係なくなっている時期に入っています。
戦争映画は観ないと決めていますが、気が付いたら「コリーニ事件」「オフィシャル・シークレット」「プリズン・エスケープ」と3本も観てしまいました。
観るまで戦争の映画だとは知らずに見ましたが、結果としては戦争にまつわる話で、いろいろとというかかなり考えさせられました。

並べてみて今年一番はどれだったかと考えると難しいですね。
映画としては「フォードvsフェラーリ」が良かったと思いますが、ぐぐぐっと迫って来たのは「ゲキシネ 『煙の軍団』」でしたかね。
「フォードvsフェラーリ」はマットデイモンが好きで観に行きましたが、共演のクリスチャン・ベールがとても良かったです。
「煙の軍団」は映画ではなく劇団新幹線の舞台を映画館で上映したので見たんですが、古田新太さんの演技と早乙女太一の殺陣がとにかく絶品で一度に好きになりました。
ノンフィクションでしたが「オフィシャル・シークレット」は好きなストーリー展開というかプロット(ま、ノンフィクションですけど)でしたが、描き方が少し薄い感じで、それがなければもっと良かったのにと思いました。

「マイルス・ディビス」と「トルーマン・カポーティ」は数年前から流行っている手法の映画で、残された映像や記録と本人にまつわる人たちのインタビューなどから構成された映像作品で、意外に見ているのが好きなタイプの映画です。
過去にはジェームス・ブラウンを描いた「ミスター・ダイナマイト」やマイケル・ジャクソンの「ディスイズイット」もそうなのかな。
そしてこれはご存命の方々ですが、昨年の細野晴臣さんの「ノースモーキング」や、ヴィヴィアン・ウエストウッドの「ヴィヴィアンウエストウッド 最強のエレガンス」などもそうでした。
好きな方々のこうした映画はどうしても観に行っちゃいますね。

本当は「コンフィデンスマンJP」が今年の一番になるだろうと思って期待していましたが、映画はとても良かったんですが前作には少し劣るかなと思いました。
それと、三浦さん竹内さんのこともあって、今年の一番とは言えないなぁと思ってしまいました。
「コンフィデンスマンJP」の次回作は難しいかなと、三浦さん竹内さんの訃報を聞いて思っていましたが、逆に次回作をきちんと作ることで、彼らのためにもなるんじゃないかと思ったりもしています。

日本映画では「今日から俺は」面白かった。
何も考えずに笑えて良かったなと思っています。
他の日本映画「京町ロワイヤル」は安定の作品、「一度死んでみた」はどうなんだろう、「一度も撃ってません」は石橋蓮司さん大楠道代さん岸部一徳さん桃井かおりさんですから、これ以外に作りようがないという作品、「ドロステの果てで僕ら」は意外にというと失礼ですが面白い小品だなと、「クソみたいな映画」はノンスタイル石田さんが創ったということで観に行きましたが次回作に期待です。
「ホテルローヤル」はまあこんな感じかなと。

「ハーレクイン」は解説抜きに面白かった。
「幸福なラザロ」は何だか分かりません。
「パブリック図書館の奇跡」は実話だそうですが、少し盛り上がりに欠ける感じ。
「ストックホルムケース」も実話でストックホルム症候群の語源となった事件だそうですが、これはけっこうおもしろかった。
そしてアカデミー賞を受賞した「パラサイト」、これは正直、普通の映画だったなと思いました。
ただ、主人公のソンガンホが好きなので、面白く観る事が出来ました。
パラサイトがアカデミー賞を受賞するのなら、韓国の映画には今後も可能性がかなりあるんじゃないかなと思いました。
ソンガンホ面白いし。

と言うことで今年の映画でした。
沢山観たようでもあり、それほどでもないようでもあり。
映画を観ることで気持ちを安定させていた時もあったかもしれません。
内容よりも観に行くという行動が、ですね。
全ての映画は平日、ほとんど午前中の上映でしたので、人数はパラパラ。
多くても15人くらいしか入っていない劇場で観ました。
少ないと2人という時もあり。
来年も観に行くと思います。

お気に入りの映画館は、渋谷・吉祥寺アップリンク、伏見ミリオン座(名古屋)、大泉学園Tジョイあたりです。

シアター21フェス vol.122参加作品 動画公開 【男は孤独を嫌う】

読了までの目安時間:約 2分

今年の夏に神楽坂セッションハウスで行われた、シアター21フェスvol.122に参加した時の映像を公開します。
2020/08/08 19:00-

【 男は孤独を嫌う 】

当日はいつもの1/3のお客さんに絞り、オンラインでの配信も行いました。
コロナ禍で行われたパフォーマンス。
スタジオの皆さんやスタッフの皆さんの努力の賜物だと思います。
4月に予定されていたフェスが8月になりましたが、幻の作品にならずに良かったと思います。
昨日、アレクサンダーテクニークの母校に行って今年の話をしていた時、荒木が60代に入っても踊っていることに力を貰うと言われました。
本人はやめる理由もなく、ただ好きでやっていますが、それが力になるんなら、ありがたいことだなと思いました。
どうしようかなと思っていましたが、そうんな風に思って頂けるならと公開させてもらいます。
61歳で踊るつもりでしたが、誕生日が過ぎていたので62です。


ワタリウム美術館

読了までの目安時間:約 2分

【 生きている東京展 】

ワタリウム美術館で開催されている展覧会を観に青山まで行ってきました。
ワタリウム美術館は主に現代美術の展示をする小さな美術館です。
夏位にクラウドファンディングを始めていて、それに参加。
せこいとは思いましたが、Tシャツとバッグと入場チケットを頂きました。
今回はそのチケットで観に行きました。


ワタリウム1

ワタリウム2

展示の中に寺山修司さんのものがあり、75年位の荻窪辺りでの野外演劇(今でいうインスタレーション的なもの)の映像がありました。
バスを待つ観客女性の一人が、taka-Qのロゴ入りの紙袋を持っていて、それがずっと写っていたのを発見。
なんだかとても懐かしく思ってしまいました。
観終わって近くの美術系写真集本屋さんやお洒落花屋さんを冷やかしながら、原宿まで散歩。
原宿ではマークジェイコブズの本屋!?がありました。


外苑の書店

外苑の花屋

ダラ灰

まーくジェイコブズの本屋で山口小夜子さんを発見して、70’sの原宿写真集を買ってしまいました。


マークジェイコブズ

70’s写真集

塩分控えめには慣れない、でも外国に来たみたいと思うと楽しいかもしれない。

読了までの目安時間:約 3分

塩分控えめ生活も1ヶ月近くになりました。
1ヶ月も経つと慣れる!?と思っていましたが、慣れることはありませんね。
目玉焼き問題はいまだにくすぶっていますが、当面はケチャップに頑張ってもらっています。
ケチャップだけだとパンチがない時には胡椒をかけることにしています。
胡椒のパンチでケチャップも少し良い味出してくれる感じです。

塩味はどうしようもないですね。
目玉焼きや天ぷらやカツなど揚げ物なんかに塩は鉄壁です。
しかしその塩を登場させられない状況なので、別物で代用することになります。
いや代用というのではないな。
ここポイントです。
代用と思ってしまうと、悲しい。
薄ら寂しい気分が立ち上がって来ます。
なので、別物と思うようにしました。
全く別の食い物を食べている。
そう思うとこれが意外に大丈夫です。
いや大丈夫と言うか別物ですから。
違う食べ物になる。
同じ目玉焼きですが違うメダマヤキになる。

外国に来た感じと言えば良いんでしょうか。

とても似た食べ物が出て来るのに、全く違う味付けがされている外国。
そんな感じです。
何でも和食にするのに醤油をかけてしまう人がいますが、アレの逆です。
???
何言ってんだか分からなくなってきた。
いや、分からなくなくはないか。

キャベツの千切りにはレモンと塩です。
餃子は酢胡椒で食べてます。
昼に弁当のお供にカップ麺を食べてたんですが、それはほぼやめにして、それでも週に1回位食べる時には塩分40%カットのものにしています。
ラーメンは出来るだけ食べません。
先月からは食べてません。
味噌汁も出来る時は少し残したりしています。
すまぬすまぬと言いつつですね。
私の年代は出されたものを残すなんて失礼で勿体ないというような教育を受けているので、最初は若干苦痛でした。
しかしまあアレです。
人間そういうことには慣れたりします。
良いことなのか良くないのかは分かりません。

どこまで続くのか。
またたまにご報告します。

STARS展 ~ 現代美術のスターたち ー 日本から世界へ

読了までの目安時間:約 2分

先週の休みに観に行ってきました。
六本木 森美術館でやっている「STARS展」。
お目当ては奈良美智さん、草間彌生先生、村上隆さんです。


stars1

stars2

stars3

stars4

stars5

奈良さん草間先生は安定の良さだったんですが、村上さんが何故か迫力を感じなかった。
どうしてなんだろうと思いますが、展示方法だったんじゃないかと思ったりしました。
大きな像がありましたが、照明が明るすぎる。
村上さんで良かったなと思ったのは、「原発を見に行くよ」という映像作品でした。
現代美術でも言葉や言語を使ったり、張り付いた意味のある何かを使った作品は苦手ですが、これは違いました。


stars6

それともう一つ、奈良さんの家の周りに貼ってあった白いテープに書かれていた、本人自筆の注意書き(学芸員確認済)も良かったな。


stars7

STARS展は来年1月3日まで。
ネット予約をすると1200円で入場することが出来ます。(通常2000円)
森美術館でこの値段はお安いと思います。
人も少なくて見やすいので、時間がある方はどうぞ。
それにしても森美術館の出口が分かりにくいよね。
いつもウロウロしてしまいます。


【 STARS展 】

STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ
世界が認める現代アートのトップランナー6名
その初期作品と最新作をつないで見せる待望の展覧会!

2020.7.31(金)~ 2021.1.3(日)

https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/stars/


外にはこんな像もありました。
stars8

出口で迷う直前なのに写真撮ってる荒木です。
stars9

トルーマン・カポーティ

読了までの目安時間:約 2分

トルーマン・カポーティ

吉祥寺アップリンクで「トルーマン・カポーティ」を観た。
以前、恵比寿のガーデンシネマで「カポーティ」という映画を観たことがあり、主演のフィリップ・シーモア・ホフマンの演技が素晴らしく、トルーマン・カポーティにも興味があったので観に行くことにした。
今回はドキュメンタリー。
当時の映像や文章や、周りの人たちの証言などをちりばめた映像だった。

凄い時代に生きた凄い人だったんだなと思った。
前回の映画では「冷血」というノンフィクション小説というジャンルを確立した作品をメインの題材にしていたが、今回は最初期の作品から未完の最後の作品までが語られていた。
「ティファニーで朝食を」の作家さんだとは知らず、その後に「冷血」が続き、最後の未完作品に繋がっていく。
1960年代70年代のアメリカ、NY。
世の中がまだまだ洗練されていない時代。

小綺麗で洗練された時代になると、世の中はつまらなくなるのかもしれない。
昔は良かったってのは、不完全さの肌触りが懐かしいってことなのかと思ったり。
少し溜息をつきつつ、深呼吸したくなる作品でした。

常連客にはなりません。

読了までの目安時間:約 3分

たまにお酒を飲みに行きます。
今年に限って言えば一度も行ってませんが、普段はたまに行きます。
ほとんどは一人。
行く店はほどんと決まっています。
最寄り駅の居酒屋です。
先日、整体スクールに通っている会社員の方と話をしていました。
どんな所に呑みに行くんですか?とか、馴染みの店はありますか?なんて話です。
話をしていて気が付きました。

お店の人に「毎度っ!」とか「いつもありがとうございます。」なんて言われると、その店には行きたくなくなります。
馴染みになりたくない。
「いつも来て頂いてるんで。」なんて言われて、ちょっと料理をサービスされるのも苦手です。
いや、どちらかと言うと困ります。
もう二度と行けなくなるかもしれないから。

変わってますねそれ。と言われました。
そう言えばそうかもしれません。
一人で呑みに行って、隣に座った人と喋ることはありません。
お店の店員さんとも話をすることはない。
自分だけ良くされたり、お馴染みになるのは避けるようにしてます。
いつも、しれっと入って、しれっと飲んで、しれっと帰りたい。

自分にだけサービスなんて言われると、この店はエコヒイキをする店なんだろうかと思ってしまいます。
毎度!と言われると、なんとなく恥ずかしい。
いつもありがとうございます、と言われると、穴があったら入りたくなります。
こっちは好きで呑みに来ているだけで、別に感謝されようとして呑みに行ってる訳じゃない。
なんて。
ちょっとやっぱり変ですかね。

そう言えば、30年以上前から通っている美容院があります。
とは言え、今年は坊主にしてしまったので、行ってませんが。
その美容院の担当美容師さんは30年間ずっと一緒です。
彼女とはプライベートの話もするし、家族の話もします。
では馴染みになっているかというと微妙です。
その美容院はお客さんのことを「様」付で呼びます。
あらきさま。
これが良いのかもしれません。
距離が微妙にある。

どうなんだろう。
でも、やっぱりちょっと変わってますよ先生。
普通は良くされたら喜ぶもんです。
と言われました。
てことは普通じゃないってことなんだろうか。

会いたくなる先生

読了までの目安時間:約 2分

たまに会いたくなる先生がいる。

どうしているんだろう。
元気 ・・・ なんだろうな。
一度、会いに行くか。
いや、会わなくても元気かもしれない。

あの手に触れてもらいたくなる。
あの顔を見たくなる。
話を聞きたくなる。
話を聞いてもらいたくなる。

そんな先生がいます。
手技療法の先生でも数人。
アレクサンダーテクニークの先生も数人。
かと言って会いに行く訳でもない。
懐かしい人と何もないのにコンタクトを取ることをしないので、そうなってしまうのかもしれないけど。
SNSで直接間接に分かっている部分で安心してしまう。

とは言え手技やアレクサンダーの先生にはたまに会いに行く。
会いに行くと言っても、予約をして施術を受けに行く。
会いに来ました、なんてことは言いませんが、心のどこかには会いに来たという気持ちがある。

あれは何でしょう。

その先生の所に行くと一発で治る、というものでもありません。
調子が劇回復するという訳でもない。
何か安心するというか、軽くなるというか。
深呼吸が出来るようになることもあったり。
体が真っすぐになったような気がすることがあったり。
少し口角が上がり気味になったり。
不思議です。

自分もそんな先生になりたいと思っています。

【セッションハウス ダンスブリッジ2020 どこでもシアター 松本大樹監修 ダンスは時代と共に】

読了までの目安時間:約 3分

【セッションハウス ダンスブリッジ2020 どこでもシアター 松本大樹監修 ダンスは時代と共に】


いつもレッスンや作品発表でお世話になっている、神楽坂セッションハウスで行われている「ダンスブリッジ2020」をオンライン視聴した。
クラウドファンディングに参加して観ることが出来た。
8月に自分の作品を観て以来、他にもいくつかオンラインでダンス作品を視聴したが、今回はこれまでにも増して良かった。
本当に。
素晴らしく素敵だった。


以前、オンラインでダンスを見た時には、気になったことがありました。
数台のカメラを使った場合
カメラの切り替え(スィッチング!?)と言うんでしょうか、カット割りと言うんでしょうか。
舞台上での位置とは別に、画面の中での位置だったり切れ方・消え方だったりの構成や演出などが、作品の振付家・演出家と打ち合わせされていないんじゃないか?というような作品が観られました。
いや、たぶん打ち合わせはあったかもしれませんが、殆どはカメラのスィッチングをする人に任されていたんじゃないか。
もうちょっと全体を見たいと思っている時に、急にカメラが寄って見たり、下半身や上半身が切れていたりで、作品が現場で見るよりも見ずらい印象になったものがありました。


ところが今回はそれがない。


というか映像作品としても完成度の高いものだったと思います。
2作品あってどちらもそう思いましたが、特に中村蓉さん演出・柿崎麻莉子さん作出演の『drug』にはそれを感じました。
もちろんパフォーマンスが素晴らしいということが前提されますが、カメラワークというんでしょうか、切り替えや画面の中での見え方も素晴らしかった。
2作品ある中で、たった一度一場面一瞬だけのカメラまであったと思います。


以前から何度か作品創りをして舞台に上げることはありましたが、通常、照明案のようなものには、音楽と舞台装置とダンサーと照明の案が書かれていて、カメラワークなどの絵コンテのようなものはありませんでした。
「drug」にはそれがきっとあったんだろうと思います。
現場で生で舞台を見た人でも、後でオンラインで動画を見ると、別の良さを感じるだろうと思います。
ひょっとして別の作品のように見えるかもしれません。


どんどん進化している。
素晴らしいと思います。
良いものを観させて頂きました。
ありがとうございました。

大鳩園

読了までの目安時間:約 5分

名栗村の奥にある大鳩園というキャンプ場に行きました。
休みを利用してのディキャンプです。
キャンプはたぶん15年ぶりくらい。
息子が小さい頃には、山梨県の道志川沿いに良く行きましたが、整体スクールを始めたあたりからは行かなくなりました。
行こう行こうと思っていて、なかなか腰が上がらず、結局15年ぶりくらいになってしまいました。
行くに当たって、タープ位は持って行こうと思い、引っ張り出して風呂で洗ったりしました。
テーブルも引っ張り出したら壊れていたので新しく買い。
椅子は埃にまみれていたのを洗って使うことにしました。
何か温かいものを食べたいと思ったので、携帯用バーナー(コンロのようなもの)も購入。
恰好から入る人だと自覚してしまいました。(笑)

朝、ちょっとゆっくりでしたが9時前には出発。
11時前には到着していました。
大鳩園に来るのは初めて。
何度も電話しましたが全く通じず、ネットで見ると予約なしでも大丈夫と書き込みがあったので、そのまま行くことにしました。
到着して管理棟のような売店に行くと誰もおらず、小さな張り紙に電話番号が書いてあったのでしてみました。
案の定、家電にはかからず、携帯番号があったのでそちらにするとかかりました。
料金はポスト(!?)に入れておいてくれとのことだったので、ポチ袋に入れて投函しました。
いや、投函とは言わないのか。
場所はどこでも良いとのことだったので、一通り回ってみて決めました。
川沿いに約1キロのキャンプ場でしたが、先に来ていたのは2組だけ。
とてもゆったりと場所を確保することが出来ました。


大鳩園1

大鳩園2

で、タープを張りました。
張ってみて分かったのは、タープ裏の縫い目に貼ってあった防水テープのようなものが剥がれているということでした。
仕方がないですね。
何しろ15年以上はほったらかしでしたから。
劣化するのは当然です。
ひょっとしてと思い、テントも張ってみることにしました。
天日干しというか陰干しというか。
暫く空気に触れていなかったので、風を通してやろうと思いました。


大鳩園3

テントも組み立ててみると、やっぱり縫い目の防水処理が経年劣化していました。
晴れてれば良いですが、雨だとちょっと厳しい。
それに中が温まって夜露が溜まるとダメだろうなと思いました。
帰って来たら修理かなにか考えたいと思います。
新しいのを買う手もありますが、長年使っているし、そんなに頻繁には使わないので、なんとかダマシダマシやりたいと思います。
昼の温かいものはラーメン。
ラーメンと言えばサッポロ一番。
ということで、温かいの作りました。


大鳩園4

こういうトコで食えば何だって旨い。
ついでにコーヒーを沸かして飲みました。(インスタント・ドリップ)
本など読んでみっかと、シーナ本を出して読みましたが、20分もすると寒くて寒くて。
吐く息が白くなってきて、パーカにダウンベストでも寒いので、テントの埃など取ったりして時間をつぶしました。
晴れているうちは良いですが、この日は殆ど曇り。
曇っていると余計に寒くなるようです。
途中で若い警察官が見回りに来て話をしていきました。
最近僕もキャンプ始めたんですよ。この辺り良いですよね。
なんて、言っておりました。
言いながら、左手で拳銃に手を置いているのが気になって気になって。(笑)
ああいうクセは出来ればやめてもらいたいものだと思います。


大鳩園5

たまに、こういうところに来ると気分が変わります。
気分はきっと体が変わるからだろうと思います。
具体的になにがとは言えませんが。

空気や。
湿度や。
日当たり。
風や川の流れや。
川の音。
森の木々の枝のこすれる音。
土や砂の触感。
などなど。

数時間いただけですが、それらの中に居る事で体が変わります。
体が変われば気分も変わります。

たまにまた来たいと思います。

1 2 3 30
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019