整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

コミュニケーション

読了までの目安時間:約 4分

中学生からツィッターやインスタグラムのメッセージ機能で連絡が来ました。
ツィッターやインスタグラムからの連絡は最近になって少し始まりましたが、これまではメールが主流でした。
18年前に開業した頃は電話の方が多かったと思うので、コミュニケーションの方法もずいぶん変わったなと思います。
メールでもそうですが、コミュニケーションツールが変わるとコミュニケーションの方法も少し変わります。
これがなかなか面白いと思っています。


最初、インスタグラムで予約など連絡をとっていたんですが、ある時からメールに変えて欲しいと言われました。
インスタグラムを使わななくなるからだとのことでした。
初回こそ自分の名前を名乗って連絡が来ましたが、二回目からのメールには名前がありません。
パソコンのメーラー(と言うんでしょうか)で見ているので、メールアドレスしか表示がされず誰なのかは以前のメールを探さないと分かりません。
お手数をかけて申し訳ないですがと断って、名前を入れて欲しいと伝えました。
それが伝わらない。
届いたメールをパソコンで見ると名前が出ないと言うことが分からないそうなんです。
スマホで見ているとそういうことはないんでしょう。(実は荒木はスマホではありません。)
一度、メールを送ったのに名前が出ないのが分からない、どういう状態なのか教えて欲しいとのことでした。
そうです。
ツールが違うと言うことは、全く別の見方をしていると言うことでした。


そう言えばメールには元々名前を入れない人が沢山いました。
それもきっとスマホから送っているからなんでしょう。
最近になってそれに気がつきました。


荒木の年代ではたぶんメールには宛名としての相手の名前と自分の名前を入れる人が多いと思います。
手紙を書いていた時代の人だからでしょう。
でも、最初からメールを書いている人は、誰から来たかは相手のアドレスを登録しておけば、次からは画面に表示されるので、自分の名前を書く必要はなくなります。
そして、手紙は届いた時に、封を開けるまで誰宛か分からないので、宛名がありますが、メールは直接送るので宛名は必要ありません。
そうです。
必要がないってとこがポイントですね。
おじさんとしは必要のあるなしに関わらず、相手が見るものだから宛名と自分の名前を入れる訳ですけど。
必要のないことをするのは無駄だし、見ている方も面倒でしょ。
と言う考えも分かることは分かります。
効率を追求するような教育がなされて来てますからね。


時代が変わるってのはこういうことなんでしょう。
伝え方が変わるので、理解していないと、相手が失礼だとか物知らずだとか誤解してしまうことがある。
そこから思いが上手く伝わらなくなって、お互いが分からないと言うことになってしまう。
気を付けようと思います。

リハビリメニュー

読了までの目安時間:約 2分

長く整体師をやっていると色々なことがあります。
患者さんが入院したり怪我をしたりすることもあります。
一般には怪我をしたり症状があったりで来院される訳ですが、来院されてその時の症状がなくなった後も、てあて整体院には継続して通う患者さんが沢山います。
月に一度のメンテナンス。
調子を整えてまた一ヶ月頑張るぞって感じです。


たまにリハビリメニューを作ったりします。
理学療法や作業療法の勉強をした訳ではありませんが、動きが悪い筋肉や硬くなっている筋肉は分かるので、その筋肉をストレッチしたりトレーングしたりするメニュー作りです。
今日もそんなことをやっていました。
今回は主に股関節周りについて作りました。
動きが悪いのは筋肉が弱いのではなく、持っている筋肉を使えていない。
というのが荒木の基本的な考え方です。
使えていない筋肉を使うために、その筋肉を使う練習をします。
これがなかなか面倒。
面倒と言うのは複雑と言うことではなく、簡単な動きだし小さな力で良いのに、その筋肉に力が入らない。
入る気がしない。
どの筋肉を使えば良いか分からない。
その筋肉がないような気がする。
みたいなことが起こります。
だから一つ一つ説明しながらやっていきます。
沢山やって筋肉をつける必要はないと思っています。
スポーツ選手なら別ですけど。
普通の人は普通に使えれば良い。


リハビリメニュー

以前はゴルフスィングが上手く出来ないから、ストレッチと運動のメニュー作ってくれって患者さんもいました。
本人の特性があるので、いろいろですけど、股関節と肩周りがポイントでしたね。
整体師はこんな仕事もしています。

連休終わっちゃいましたね。

読了までの目安時間:約 2分

平成令和の10連休も今日で終わり。
明日からは仕事です。
長かったですか?
それとも。
短かったですか?

今年は連休中ずっと整体院も整体スクールもオープンしていました。
整体もやったしセミナーも何本かやりました。
とは言え正直言うとちょっと静かな連休でした。
周りも静かでしたけど、てあて整体も少し静か。
でもおかげでいろいろと考えることが出来ました。
普通は時代が変わる前にいろいろ考えるんでしょうけど、のんびりしているもので遅くなってしまいました。
明日からばりばりやっていこうと言う気になっています。
何だか一周遅れてるんじゃと思ったりもしますが、いえいえどうして、これで良いペースなのかもしれません。

春は何かを始めるのに良い時期です。
それに改元まであって。
スタートする時になって来た印象があります。
何か始める。
いや、始まる開ける感じなのかもしれません。

実は連休前から始めたことがあります。
簡単トレーニングと縄跳び。
ちょっと前に写真を載せたので見た人もいるかもしれません。
これがなんと続いている。
簡単トレーニングはスクワット=プリエ=しゃがむです。
脚を横に開いて合計で60回から70回。
少ないですね。
でも毎日続けることが大切です。
腰を膝の高さまで下ろすので結構効きます。
縄跳びは300回。
最初は200回でゼエハア言ってました。
でも今は300回でゼハ位です。
継続は力。
これからも続けていこうと思います。

明日からの仕事やだな~
って人もいるかもしれません。
でもまたスタートが切れるってのは良いことです。
体に気をつけて頑張って行きましょう。

平成令和の10連休

読了までの目安時間:約 3分

三宝寺池1

10連休が始まった時は平成でしたが、終わると令和になっている。
連休もあと2日となりました。
どんな連休だったんでしょう。
てあて整体院も整体スクールも営業しましたが、大混雑にはなりませんでした。
全く暇な日もあり、ぼちぼち患者さんが入る日もありでした。
カミさんも仕事や予定があったので、まあ今年もこんなものかと思っています。
途中、半日だけ時間が合ったので、一緒に石神井公園の三宝寺池まで散歩に行きました。
シャレじゃないですよ。
サンポウジにサンポ。
なんつって。(笑)
いや。
いや。。
失礼しました。

この連休に整体スクールの外を歩いている人を見ていたら、いつもと少し違っていました。
夫婦ずれが多い。
40代50代60代位の御夫婦づれ。
いつもは二人づれで歩いていることはほとんどありません。
そういう人を見かけないし、それにいつも歩いている風には見えない。
微妙なよそよそしさみたいな薄らした緊張感みたいなものがあったりしました。
そして普段は走っていない人が走っている。
連休後半は特にそうでした。
明らかにしばらくぶりに走ったと言うのが、フォームからも着ているものからも、走り方からも、体つきからも分かります。
なんとなく微笑ましいと言うか、良いお休みだなと思います。

もうあと2日で連休も終わります。
明日は午前は練習会をやって、明後日最終日の午前は自主練をやります。
練習会はクラニオでこれはお仕事。
自主練は体を動かす。
動けるための練習でフロアワークと軽いステップなんかやります。
床の上でゴロゴロしながら伸びしたり動いたり。
楽しいですよ。
無料開放しているので、希望の方は連絡下さい。
5月6日(月祝)10:00から12:00。
場所は東大泉中央地域集会所。(大泉学園駅北口3分)
https://www.city.nerima.tokyo.jp/shisetsu/community/chiikishukaijo/higashioizumichuo.html

ところで三宝寺池には美しい花が咲いていました。
それがアヤメなのか菖蒲なのかカキツバタなのかが分からない。
いずれも美しいんですけどね。
好きな花です。

残り2日良い休日を。


三宝寺池2

三宝寺池3

連休どうします?

読了までの目安時間:約 5分

連休はどうしますか?
前の記事でも書きましたが私は仕事です。
と言うか営業をしています。
営業をしていても患者さんや生徒さんが来てくれないことには開店休業ってなことになりかねません。
当日でも良いので整体受けたいアレクサンダー受けてたい個人セッション受けたいと言う方は連絡下さい。
最近休みの話になりますね。
働き方改革。
有給休暇を取得させないと普通の会社は罰則がつくという。
有給休暇は本人の申告ではなく上司から話をするようになるとかならないとか。
だとすると今年の新入社員と上司の最初の打ち合わせで君はいつ有給取りたいいやこの日に有給とりなよてな話になっているんだろうか。
隔世の感があると言うよりは隔世です。
最近ブラック企業と言う言葉を聞きます。
パワハラやセクハラは別にして残業や休日については自分が入社した1980年代は殆どの会社が今で言うならブラックでしたね。
そんな話は良くします。
でもだから良いとか今は楽だねとか言いません。
有給は取って普通だし残業はないよう人員配置がされていないとおかしいでしょ。
と思っています。
それはまあ個人で仕事をするようになって10年くらい経ってから分かるようになったことですけどね。
そうだ。
話がそれた。

連休はどうしますか?
何度も言いますが私は仕事です。
とは言えそんなにぎゅうぎゅうに詰まっているなんてことはありませんん。
たぶんここに来てメールチェックをし数人の患者さんを見たり授業をやったりしたら時間が出来て昼寝してブログ更新をして連休明けにある講座の資料を作ってまた昼寝して帰るって感じでしょうか。
途中でストレッチもやったりします。
近くの公共施設を借りてちょっと体を動かします。
週に1回くらいしかダンスレッスンに言っていないので足りなくなって来ています。
本当はたぶん週に3回くらい動かさなければ体が劣化!?していく感じがしたりしてますから。
だから近くの公共施設の会議室なんか借りて動きます。
【フリーストレッチ】なんて言って告知しますから動きたい方は来て下さい。
誰か来たら動きながら何をやっているか喋ります。
タダ・無料だから教えたりはしません。
ただ動きたいと言う方がいたら来ていただいてもOKと言う。
そんな感じです。

5月は良い季節です。
風が良い。
年に数週間ですが窓を全開にして風を通して施術が出来る時があります。
それに何より私が生まれた月ですから。
ははは。
別に祝うような年齢ではないのでアレですけどね。
それでもまあ毎年ああこんな歳になったかと思うくらいはします。
今年は知り合いの舞台が見に行けると言うとても良い感じの日になりそうです。

このところアレクサンダー・テクニークを受けに来てくれる方が増えました。
これはどうしてなのか。
理由は分かりません。
世の中の流れなのかどうなのか。
流れは見える時もありますが見えない時もある。
どうしてアレクサンダーなのかは何か理由があるんでしょう。
皆自分に興味を持ち始めたのかもしれません。
自分のことだから当たり前と思っているとそうでもない人が以外に多いことに驚きますから。
自分の中で起きていることよりも自分の外にあることのほうが大切だったりする人が多いように思います。
何をどうすればこんな時は良いんだろうと考えるよりも何をどうすれば良いんですか?と人に聞くみたいな人が多い。
そう言えば最近は金を出せばなんでも教えてくれるやってくれるようになりました。
何しろやる気がなかったらやる気を出させてくれる会社まであるんですから。
モチベーションを上げるための薬まであったりして。
個人的にはモチベーションは生まれるもので作るものではないと思っていたりします。
自分の中のことは自分で何とかしたい。
そう思う人が増えてきたのなら良かったなぁと思います。
アレクサンダー・テクニークは自分が変わるワークです。
そこのところは整体などのセラピーとの一番の違いかなと思ったりします。
整体は自分を誰かに変えてもらえます。
柔らかくしたり曲がってるのを直してもらったり。
でもアレクサンダー・テクニークは自分が変わる。
面白いですね。

連休どうですかね。
今年は改元もあるし。
そう言えばこのタイミングで免許の書き換えが来ています。
平成36年までにするのか令和5年までにするのか。
あと一週間で考えます。

労働なんかしないで光合成だけで生きたい

読了までの目安時間:約 2分

スガシカオさんの新曲です。
「労働なんかしないで光合成だけで生きたい」
ハハハ。
面白い。
そんな気になることあります。
スガさんを初めて知ったのは「夜空ノムコウ」だったと思います。
サラリーマンを辞める時に同僚の女性が板橋区役所前のカラオケで歌ってくれました。
何故だか女性二人が歌っていたのを覚えています。
特に私のためにと言うことではなったようでしたけど。
SMAPのこの唄が売れていた後に会社を辞めました。

あの頃の未来に僕らは立っているのかな・・・ ♪♪♪

と言う歌詞をよく覚えています。
会社を辞めるにあたってはそんな気持ちがどこかにありました。
この人誰だろと思っていたらラジヲに出てきて話をしていました。
スガさんは新卒でサラリーマンになって5年くらいは営業職として働いていたとのことでした。
20代の最後にやっぱりどうしても一度は自分を試してみたいと、1年間だけ期間を区切って楽曲を作り、レコード会社に売り込んだというようなことを聞きました。
ああこの人も脱サラだったんだと思いました。

声が割れているのが好きです。
吉田拓郎もそうですけど、声が割れている。
そこがきっと好きなんだと思います。
歌詞はなんだか面白いけど。
なんかたまに聞くとしみじみしたりして。
この曲はまだじっくり聞いてません。
ハハハ。
どんな曲なんですかね。


全体と繋がりを見る目

読了までの目安時間:約 2分

世の中はどんどん細かくなって来ていますね。
重箱の隅をつつくようなと言われますけど、確かにそんな感じがします。
イターネットの浸透も一役買っていると思います。
そして科学や文化がどんどん進歩しているということも言えると思います。
それは良いことです。
でも良いことだけではありません。
細すぎる。
細かいことだけに拘泥する、囚われてしまうこともあります。
医学では分野がさまざまに分けられ、どんどん細かくなることによって、原因が分かるようになったという利点はあります。
逆に病気は見ているけれど病人は見ていない、人は見ていないということになっている部分もあります。


整体や手技療法でも部分だけを見る傾向が少し出てきているようなイメージがあります。
原因と結果を一体一に繋げてしまうような考え方です。
この場合はコレ。
みたいなことですね。
分かりやすいし簡単です。
どんどん細かく見ていけば対処も出来ることがあります。
でも、その人は見ていない。
そんなことが起こってしまいます。
全員じゃないですよ。
でもそんなことも増えてきているように思います。


体は全部繋がっています。
繋がっていないものは体とは言わないし、その人とも言われないと思います。
繋がりに変化があれば、状態も変わります。
繋がりが見えないということは、部分だけを見ているということかもしれません。


部分も大切です。
ひとつひとつの事象を細かく見ていく。
それが分かった上で、繋がりを見る。
繋がりを見ていく中で、その人がどうなのかを見る。
体の状態だけではない部分もあるかもしれません。

やっぱり体の調子が良いと気分が良い。

読了までの目安時間:約 2分

今日は気分が良い。
季節が良いと言うのもあるとは思うが、体の調子が良いのが大きいと思う。
水曜日にダンスレッスンを受けました。
15:00から17:00までフロアワーク。
床の上でゴロゴロするコンテンポラリーダンスのレッスンです。
そして17:00から19:00までコンタクト。
コンタクトとは接触。
触れることをきっかけに出来てくる動きを追いかけるダンスの一種です。
最初はダンスではなかったようですが、今はダンスの一つの分野として認識されていることが多い。
異論もあるかもしれないけど。
結局4時間。
動いていました。
持つのかなぁと思いつつ参加しましたが、持ちました。
と言うかたぶんアドレナリンですね。
動き始めると体は動く。
その日は少し飲みました。
これが良くない。
いや悪い訳ではないんですが、体には負担が大きい。
20代30代ならガンガン飲んでました。
それが目的的なところもあった。
でももうウンジュウダイです。
沢山動いた後に飲むと翌日が大変な年代。
案の定。
大変でした。
木金と大変で。
昨日は小康状態でした。
そして今日。
やっと絶好調。
木金土曜と酒を抜きました。
なかなか出来ることではありません。
飲まない人には分からないでしょうが、汗の後の泡、疲れた後のアルコールは格別です。
それをやめてみた。
そうすると楽。
体が楽になります。
同時に気分も良くなる。
やっぱり。
どうしても体が辛いと気分も上がりません。

調子が悪い時は酒を抜いて早く寝る。
これだけでも調子が回復することがあります。

意外に踊れる整体師

読了までの目安時間:約 5分

勉強会1・てあて整体スクール

昨日は本当に久しぶりに一日整体のことを考えない休みでした。
休みとは言っても朝から勉強会。
なんだ仕事じゃん。
いやいやちがいます。
勉強会と言っても今回はアロマの講座でした。
講座ってやっぱり仕事じゃん。
いやいやそうじゃないんです。
アロマをネタに集まって話をして花見的なお昼にしましょうということでした。
講師は整体仲間性でもう15年も心理療法やカウンセリングを中心にアロマセラピーや整体も織り交ぜたセラピーをやっている素敵な女性です。
原宿のオフィスに伺って5人ほどでスキンクリームを作りました。
今回は男性が多かったので肌に良いものということで、マカデミアナッツオイルと甘草水を乳化剤で合わせ、精油を数滴垂らしました。
精油は当然、肌の老化やらたるんだ肌を引き締める効果のあるものなど。
フランキンセンスと檜の葉と言えば分かる人には分かるかもしれません。


勉強会2・てあて整体スクール

勉強会4・てあて整体スクール

精油選びは効用はもちろんですけど、香りがポイントです。
何十種類もの精油の香りを選んでいるとナンカちょっと分からなくなる。
最初は甘い香りやさっぱりした香りが良いなぁと思っていましたが、自分の肌につけることを考えるともう少し落ち着いたものということでこの二つになりました。
もう一滴だけ何かと言うなら、華やかなミドルノートを入れるかもしれません。
そして今回は何といってもお昼。
PARYAと言うお店のランチボックスを頂きました。
PARIYAと聞けばおおおおおおとなる女子もいるかもしれませんが、おじさんは良くわかっていませんでした。
良く分かっていませんでしたが、旨い。
非常に旨い。
しかもけっこうお腹に溜まる。
満足感がある。


勉強会3・てあて整体スクール

ここで他の皆は窓の外の桜をチラ見しつつ昼ビールを楽しんでいたんですが、荒木は茉里花茶。
この後ちょうど同じ原宿でダンスのワークショップがあるので、申込をしていたんです。
お昼を頂いたらそそくさと外に出てスタジオに向かいました。
原宿の渋谷側から代々木側に移動です。
もう15年も前にコンテンポラリーダンスを始めた頃に、同じスタジオで一緒に踊っていた大学生が今はさまざまな舞台に出るようになっていて、たまに東京で公演やらワークショップやらをやっています。
そのワークショップにタイミングがあったので、これは!?と思い申込をしました。


前半2時間はフロアワーク。
後半2時間はコンタクト。
持つのかなぁと思いつつ、でもかなりリーズナブルな金額だしと両方申込ました。
フロアの方は俳優さんもやっている男性で、昔馴染みの女子大生のお知り合い。
内容は実は懐かしく、ちょうど15年前に始めたときのフロアワークととても似た内容でした。
知った動きはけっこう楽に動けます。
とは言え2時間。
はあはあ言いつつ何とか乗り切りました。
そしてコンタクト。
こちらは知り合いがリード。
この日のテーマはカウンターバランス。
基本中の基本でしたが、これが意外に難しい。
いや難しいと言うより慣れていない。
久しぶりだったこともあって最初は少し戸惑いました。
初めましての人たちとくっ付きあいながら動きます。
個人的には最後にやった「X(ばってん)」が面白く良かった。
「人」みたいな格好なら良くあるけど、お互いに前を向いて体の前面をくっつけて、しかも「X」になって動いていく。
舞台の最初で照明が入って、ホリゾント側から歩いてくるだけで画になるなぁと思ったりしました。


終わって打ち上げ的な食事会。
これも随分久しぶりでした。
最近はレッスンを受けたら帰るだけ、みたいなことになっていましたが、こう言うのやっぱり良いね。
コンタクトをした後だったこともあると思うけど、いろいろと話が弾みました。
夏には合宿があるかもしれないとのこと。
時間を作って行けたらなと思います。


一日、仕事のことは全然考えず、年齢のことも全然考えず、色々な人と会えて良い一日でした。
そうだ仕事のことで一つだけ考えたことがあった。
「 意外に踊れる整体師 」
って言葉が頭にずっと浮かんでいました。
年齢や見た目よりは意外に踊れる。
でっ!?
このキャッチコピーはどこかで使うのか?
なんてことは今日になって考えていました。

まるごと一人で踊る 〜 セッションハウス松本クラス

読了までの目安時間:約 3分

ダンスを踊っています。
もう35年になります。
このところは神楽坂セッションハウスの松本大樹さんのクラスに出ています。
いつもはレギュラー月曜クラスですが、今回は木曜のクラスに2ヶ月間出ていました。
「REH.2019」「まるごと一人で踊る。」 最終回でした。
2ヶ月かけて1つの作品を一人で最初から最後まで踊る。
最終回はソロを踊る、ショーイングをするクラスでした。
6回のうち最初の2・3回で振りを貰い色々な話をし、2回位は振りの確認と作品の解釈や表現についての話、前回は殆どダンサーに任されて数人で通したりした。
そして最終回はソロを踊る。
色々な話を本当にたくさん聞き考えた。

自分がやっていると思っている事。
自分に出来ている事。
見る人が捉え感じる事。
自分の伝えたい事。
自分がやりたいと思う事。
表現。
想い。
動き。
それらの関連。

考えて考えて。
考えすぎて分からなくなって。
結局、「語るように踊る」事をしようと思って踊った。
作品の解釈はせず、前半部分は回想、後半部分は我に帰るように。
それだけを思って踊った。

自分の他の参加者の作品も見た。
それぞれにそれぞぞれの表現があった。
こんなにも違うものnあのかと驚く。
そして刺激されるものもある。
ああこう言う表現があったのか。
これもイイ。
ああこんな方法も解釈もあるんだ。

語るようにと決めたのには理由がある。
3回目のクラスで松本さんが通して踊ってくれた時、音がダンサー松本さんを追いかけてきていた。
音は松本さんの身体表現を盛り上げ装飾するBGMになっていた。
ところが自分の動画を確認すると、どんなに良く見ても音楽のバックダンサーでしかなかった。
音を引き連れる。
空気や空間を引き連れる。
そうなっていなかった。
「語るように踊る」事でそれが出来るのではと思ったのが理由だった。

終わって感想や解釈や論評を聞きました。
ダンサーそれぞれの話も松本さんからの感想も印象的でした。
見にきてくれた直子さん、しほちゃん、ときさん。
ここで聞いた事は心に残る。
それにしても何人も泣くなんて思ってもみなかった事だった。

ソロは難しい。
でもとても面白い。
色々なものが出る。
色々なものが出ない。
半端では出来ない。
良い経験と時間でした。
これからの自分のダンスを想う上でも、自分のカラダを想う上でも。
こんな経験が出来てとても良かったと思います。
セッションハウス、直子さん、松本先生に感謝です。

ダンスに限らず、長く続けている何かから学ぶものがあるように思います。
まだまだこれからも続けられたらと思っています。

1 2 3 23