整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

感染防止徹底宣言 ステッカー

読了までの目安時間:約 4分

感染拡大防止ステッカー

新型コロナウィルス感染症の拡大防止宣言ステッカーを東京都に申請して取得しました。
とこう書くと何やら凄いことのように聞こえますが、インターネット上で幾つかの項目にチェックをしたら5分位で取得することが出来ます。
正直言ってナンダコレ、という感じでした。
内容的には業種別に「新型コロナウィルス感染症の拡大防止チェックシート」というのがあり、てあて整体院・てあて整体スクールの場合は全業種共通編で内容をチェックしました。


1.手洗いの徹底・マスクの着用
2.ソーシャルディスタンス(できるだけ2mの距離を保つ)
3.「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けて行動
4.施設の清掃・消毒
5.利用者・従業員の体調管理


いずれも既に行ってきたことで、整体施術をする時のソーシャルディスタンスは取れませんが、替わりに患者さん術者ともマスク着用、患者さんの顔に触れる手拭いなどは一回一回替えて洗濯、同様に患者着も一回一回洗濯、整体後のお話は1.5mくらいの距離を取った上でお互いに斜め前を向きながら(対面せず)話をするようにしています。
他のものについては当たりまえと言えば当たり前で、普通に気を付けて行っていることです。
気になったことがありました。
ステッカーと一緒についてきた「『感染防止徹底宣言ステッカー』の利用について」という説明書に気になる箇所がありました。


◆免責事項
1.東京都は申請を受けて発行したステッカーの内容並びに、本フォームにつき、事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信憑性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害など含みます。)が無いことを明示的にも黙示的にも保証しません。また、東京都は申請者に対して、かかる瑕疵を除去してステッカーを提供する義務を負いません。


とありました。
当然と言えば当然ですが、これではあまりにも誤解を生みかねないステッカーだなと思いました。
結局このステッカーは東京都が感染拡大防止に必要と考えているチェック項目を、その事業者が読んでやりますと宣言したこと位しか表現していないってことです。
都民の皆さんはこのステッカーがあれば安全と思って入店などするんだろうと思いますが、きっとステッカーが貼ってないお店は対策をしていないのではなく、面倒だったりパソコン仕事に慣れていなかったりという位の理由ではないかと思います。
逆にパソコンに慣れていれば、対策をしていなくてもステッカーはもらえてしまいます。
やっぱり大切なのは自分の目で見て確認することですね。
もちろん
てあて整体院・てあて整体スクールは出来る限りの感染防止対策を行っています。
元々、3密にはならない空間ですけどね。


てあて整体スクール・てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

COCOA(新型コロナウィルス接触確認アプリ)入れましょう。

読了までの目安時間:約 2分

実は先日やっとスマホユーザーになりました。
これまではガラホと呼ばれているガラケー型の携帯を持って使っていたのですが、iPadが使えなくなったのを機にスマホを試してみることにしました。
自分のサイトがスマホでどう見えているかが分からないままにサイト作りをしているのもどうかなと思ったり、支払いやポイントのこともありで決めました。

そして手に入れたスマホに最初に入れたアプリは、COCOA(新型コロナウィルス接触確認アプリ)です。
新型コロナウィルス感染者と1メートル以内で15分以上居た時に、濃厚接触の可能性ありということで通知が来ます。
個人情報が抜かれることはなく、ただアプリの入っているスマホの位置情報でやりとりするだけのようです。
いろいろ心配は尽きませんが、自分に感染の可能性があるかもしれないと、事後的ではあれ確認出来るというのはありがたいことだと思います。
整体スクールの生徒さん卒業生のみなさん
そして心配している皆さんもこのアプリをインストールしてはどうでしょう。
今のところ20%くらいの普及率のようです。
増えれば増えるほど効果は出てきます。


新型コロナウィルス接触確認アプリ(COCOA)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html


COCOAは厚生労働省が作ったアプリですが、これとは別に19歳の学生が作ったCOCOAを補完するようなアプリもあります。
こちらは積極的に感染防止をするのに効果があります。
3密状態にあるかどうかを確かめるアプリです。
こちらもどうぞ。


3密チェッカー
https://play.google.com/store/apps/details?id=rabbitp.check.threec&hl=ja

正常性バイアスと同調圧力

読了までの目安時間:約 4分

新型コロナウィルス感染症の感染者数は約27,000人。
日本の総人口は1憶2600万人。
少なくとも約4600人に一人が感染していることになります。
4600人に一人だと、家族や友人知人など自分の周りの直接知っている人には感染者は殆どおらず、知人の知人に感染者がいるという人がたまにいるくらいの状態だと思います。
それが少しずつ半年かけてそうなって来ました。
感染した人も軽症者などは数週間で退院したり自宅療養を解かれ、普通の生活に戻っていると思います。
これならそんなに感染することはない。
と考える人が多くなるのも分からないでもない状況です。
正常性バイアスっていうんですかね。
(正常性バイアスとは「自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。」と、ウィキペデイアにあります。)

でも、自分が感染するかどうかは、自分の周りの人が感染しているかどうかとは全く関係がありません。
知っている範囲にいないからと言って、日本で27,000人が感染していることに変わりはない。
感染症が収束したわけでもなくなった訳でもありません。
だたまあ、緊急事態宣言は解除されたし、GoToキャンペーンは始まったしで、もう大丈夫だと認識してしまうのが仕方がない状況であることはあると思います。
でも、感染しないかどうかは分からない。

ついでに同調圧力というのもあります。
(同調圧力とは「少数意見を有する者に対して、暗黙のうちに多数意見に合わせるように誘導することを指す。」とウィキペディアにあります。)
多数意見に合わせるように誘導する、かどうかは別にして、暗黙のうちになんとなく、多数の行動に合わせてしまうような行動をとる人が多い。
赤信号みんなで渡れば怖くない、って言った人がいますが、そんな状況です。
なんとなく感染症は怖いけれど、皆が外に出ているので私も、とか、皆が行動しているので自分も大丈夫なような気がする、的な行動です。
これがどちらに働くのかが、今後を左右しているように思っています。
やはりきちんと対処しないといけないね、と働くのか。
重症化しないんだから大丈夫だと思うのか。

触診のことを話します。
触診は患者さんの体に触れて、歪みや硬さや温かさ、筋肉の張りなど、体の状態を蝕知します。
やっていることは、単に状態をつまびらかにすることです。
けして悪いところを探したり、痛みの原因を探したりしている訳ではありません。
でも、つい。
どこが悪いんだろうと探してしまうことがあります。
特に勉強を始めたばかりの人がそうです。
でもそれだと見誤ってしまうことがあります。

硬いところは悪いところだろう。
動きが悪いのは調子が良くないからだ。

そんな風に予断を持ってみていると、ありのままが目に入らなくなって、状態を正確に知ることが出来なくなってしまいます。
確かに硬かったり動きが悪いところは、調子が悪い場合が多いことは確かです。
しかしそれが一対一で対応するかというとそうでもない。
先ずは状態を正確に、予断を持たず、ありのままを知ることが大切です。

新型コロナウィルス感染症についても、テレビやニュースで発表される数字だけを見ていると、本質を見誤ることがあるかもしれません。
誰か一人の人の言うことを聞いていると、見方や捉え方に偏りが出来てしまうかもしれません。
結果の数値には嘘はありません。
なるべく元の数字を見ながら、自分で考えて行動したいと思います。

新型コロナ 感染防止はこれからが本番です。

読了までの目安時間:約 3分

緊急事態宣言も東京アラートも解除されて、やれやれこれで少し安心して日常生活が送れると思っている人が多いように思います。
でも、感染防止対策はこれからが本番です。
気を緩めない。
というような心持とは別に、考えながら行動をしなければいけないと思っています。
2月3月に新型コロナウィルス感染症が広がりを見せ、海外などの事例や研究とこれまでの感染症への対策対応を元に、様々な対策がなされ様々な対応がされました。
外出自粛だったり営業自粛だったり。
マスク・手洗い・ソーシャルディスタンス。
除菌や殺菌など様々な対応がされ、それがやっと多くの場面で取り入れられて普及し始めたのが今だろうと思います。

結果、一時的に感染者数の拡大は抑えられ、入院患者さんも減り、ということは病院のキャパや対応も以前よりは良くなって来ていると思います。

でも、ワクチンもなければ薬もないのには変わりありません。
症状のあるなしにかかわらず、感染者と不用意に接触したり近づけば、自分に感染のリスクが増えることには変わりありません。
ウィルスがなくなった訳でもありません。
緊急事態やアラートが解除されたからと言って、今までの感染防止の対応を忘れて良い訳ではありません。

緊急事態や東京アラートが解除された時、「やっと〇〇が出来るようになりました。」的な報道が多くありました。
これつまり、禁止されていたことが出来るようになった、やっとだね、少し明るい雰囲気になれたね、解放されるね。
と言うような意味を含んだ言い回しのように感じます。
緊急事態や東京アラートはウィルスが無くなったことを宣言している訳ではありません。
感染者がいなくなったことも宣言していません。
現状の様々な対応をしていると、原因はあまり定かではないがどうやら感染者は爆発はしない、かもしれない。
と言っているだけです。

だから、気を付けておくことは前提で。
これから多くの店舗が営業を再開し、様々な日常活動が再開されてからが、感染防止の本番だと思っています。
用心は常にしましょう。
心配はしてもしょうがないかもしれないですけど。

用心と心配と

読了までの目安時間:約 3分

新型コロナウィルス感染症で緊急事態宣言が発令され、事態が少し収まって来たからと解除された。
この間、3月くらいからストレスが溜まっている人が増えているように思います。
確かに心配です。
4月からは外に出ることも控える期間が長くなったこともあって、少しでも人が近づくと気になったり、人が触れた可能性があるものに触れるのを避けるようになっていると思います。


誰かからどこかでうつるのではないか。
自分も感染してしまうんじゃないか。
感染しても薬もワクチンもないと聞いている。
病床はどうなっているんだろう。
PCR検査が少なくて本当はもっと感染者は多いんじゃないか。
感染したら治るんだろうか。
治らなかったらどうなるんだろう。
誰かにうつしたらどうしよう。
仕事も休まなくてはいけなくなるのか。


そうやってどんどんどんどん心配になります。
確かに心配です。
心配ですけど、どうしようもない部分もあります。
自分に出来ることは決まっている。
やれることしか出来ないし、避けることが出来ないことは避けられない。


用心するのは生産的だけど、心配はしても仕方がないのかなと思います。


なるべく密は避ける。
買い物は素早くする。
出口でアルコール消毒する。
家に帰ったらうがい手洗いを徹底する。
外出する時はマスクをする。
人とは対面するのではなく、同じ方向を向いてちょっと横眼で見ながら話しをする。
タッチパネルは指の背で押す。
あとは気が付いたことをする。


後は仕方がないと思います。
それで感染するとしたら、何やったってうつります。
それに少なくとも日本は諸外国と比べれば、感染者も志望者数もケタ違いに少ない。
だから安心て訳じゃないですよ。
でも、この感染症のリスクよりも高いリスクのものは他にもあります。
思いださなかったり日常的に心配してなかったりするだけで。


用心はしましょう。
心配は出来れば横に置いておく。
そうやって暫くはやり過ごしましょう。

再開一週間

読了までの目安時間:約 4分

約一か月営業自粛をしていて、再開してから一週間が経ちました。
自粛って言葉を聞くと何やらイカガワシイことでもしたのかと思ったりすることも平時はありますが、そんなことはなく。
新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止になればとお休みしていた訳です。

疲れる。

こう言うことを言ってはいけませんが、疲れます。
疲れるとは体力的なことを言っています。
一か月も休んで入れば仕事筋が衰えて普通です。
これは筋力が落ちたのではなく、使っていなかったんだから血流が悪くなり、筋肉の伸び縮みが上手くいかなくなっている状態。
ってことでしょう。
だから暫くすれば戻ります。
それにダンスオンラインレッスンまで同時に始めちゃったもんだから尚更です。
そりゃそうだ。
あれもこれも一気に手を出すからいけない。
とは言えついやりたくなります。
少しはストレスでも溜まっていたんでしょう。
自分では殆ど感じていませんが、少しはね。
あると思います。
来週には仕事筋も戻って、いつも通りになるだろうと思います。

二週間前に申請した持続化給付金も、10日前に申請した協力金も、まだ振り込まれていません。
こんなもの一か月くらいかかると思っていましたが、今日になって知人の整体師が給付金が振り込まれていただとか、バレエ教室経営の患者さんが協力金が入っていただとか言われると、ついなんだか、遅い!みたいに思ったりします。
いや、たぶん申請が遅かったから当然だとは思うんですけどね。

来週の名古屋はやっぱり自粛することにしました。
愛知県は緊急事態宣言は解除されましたが、関東は解除されていません。
都府県をまたぐ移動は出来れば避けてくれと、知事さん達も言っています。
でもたぶん今月が肝なんだろうと思って、もう一か月だけ我慢することにしました。
もし来月もこの状態だったら車で行こうかと密に考えていたりします。

コロナ大変ですね。
でも着実にコントロールされているように思います。
ニュースでは殆ど言ってませんが、連休終わりくらいから急に退院された方の人数が増えています。
昨日現在で確か1万人を超えたと思います。
医療崩壊が心配されていますが、少しは軽減されているんじゃないかと思ったりしています。
逆に少し気のゆるみが出ていて、それが今月末くらいにまた出て来るんじゃないかとまた少し心配したりしてます。
それにしてもどうして最近の報道は現場にあまり行かないんでしょう。
関係者のお話ばっかりで現場があまり見えて来ません。
事件は現場で起こってるんだ、会議室で起こってんじゃねぇ。
って誰かが言ってましたね。
人の言うことを鵜呑みにするのではなく、実際に見てみることが大切だと思います。

これから少しずつ書くことも出てくると思います。
コロナばっかじゃつまんないですね。
もう少し。
頑張りましょう。
いや頑張んないでもイイか。
のらりくらりとやり過ごしましょう。

緊急事態宣言と営業自粛について

読了までの目安時間:約 5分

今日で丸々一か月営業自粛をしました。
一か月もの間、営業をしなかったのは、開業前に会社を辞め半年は遊んで暮らそうと思っていた時だけです。
実際には半年間も遊んで暮らすことは出来ず、2か月くらいで仕事をしたくなり、会社を設立し物件探しをし開業準備をしました。
人間、意外に遊んでばかりはいられません。
今回の営業自粛も、整体とスクールはやっていませんが、ストレッチ動画の更新だったりブログの更新だったり、スクール資料の見直しやパンフレット作り、オンライン講座の準備と実施や、マスク作りなんてのもやっていました。
こういうの貧乏性って言うんでしょうか。


緊急事態宣言はきっと延長されると思います。


とはいえ、営業自粛は5月6日で終わりにするつもりです。
二か月以上も患者さんを待たせる訳にはいかない、という気持ちです。
今日も電話を頂いて、来週の日曜に予約を頂きました。
営業自粛して協力金を申請する方が、資金的には楽なんじゃないかと思ったりしますけど。
それよりも、これ以上デスクワーク的なことばかりでは、気分的にも持たないし。


ニュースやテレビやインターネットから様々な情報が入ります。
どれもが信ぴょう性がありそうにも見えるし無さそうにも見えます。
昔から人の言っていることをそのまま鵜呑みにしない性格で、今回も自分で考えるために数値をチェックしました。
東京都が新型コロナウィルス感染症対策サイトというのを立ち上げています。
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
ここには様々な数値が掲載されてます。
ここで3月からのPCR検査の検査数と陽性者(感染者)数が出ています。
この二つの数値を表にしてみました。
検査数と陽性者を1週間ずつ合計を出して陽性率を計算しました。
一週間というのは、1~7日、8~14日というように、計算するのではなく、1~7日、2~8日、3~9日と言うように毎日その日までの一週間の合計を出して、それを比較していきました。(移動平均法というのだと思う)


検査数は4月第一週から、ずっとおよそ週2000件で推移しています。
陽性者数は4月14日までの週で1124名となったのがピークで、それ以降徐々に減少して27日までの週は764名となっています。
また、陽性率は4月18日の64%をピークに、27日では38%まで下がってきています。


感染者数のグラフを作ってカーブを眺めていると、感染者数が一桁に落ちるのにはあと1か月くらい掛かりそうです。
とは言え感染者数も減少傾向にあるのは間違いがないと思います。
感染率が下がっていないということが言われていますが、ここに書かれている数値を見ている限り、4月中旬以降から下がっているんだろうと思います。
もちろん3月には10%から30%くらいだったので、そこと比べると上がっていますが、トレンドとしては漸減傾向にあると言えます。
この数値に含まれない感染者や死亡者などがいると言われているのも知っています。
しかし現状は全体の傾向はこの数値で見るしかないと思っています。
まだまだ、気を緩めるには早いことは分かっていますが、てあて整体院の患者さんの殆どは地元で自転車か徒歩でいらっしゃいます。
電車を使う方も通勤途中で降りて来るという方々です。
新たに外出機会を増やすことには、ほぼつながらないかと思っています。
また、一対一ではありますが対面には殆どならないし、マスクをし窓を開け手洗い消毒などを行いながらやろうかと思っています。
スクールもこのタイミングで同時に始めます。
こちらはリピート受講や繰り返し練習が出来るので、それぞれの判断で通学するかは決めてもらいたいと思っています。


という訳で来週から営業を再開するつもりです。
断定しないのは、何があるか分からないからですが、よほどのことがない限り始めます。
皆さん宜しくお願いします。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

整体師やセラピストの仲間に

読了までの目安時間:約 5分

フェイスブックにだけ書く文章てのが実はあるんですが、今日はそのフェイスブックにだけ載せようと思って書いた文章をブログにも載せます。
ブログの方は一般の方が読むことが多いだろうと思っているので、内輪の話に留めておこうかと思っている内容は書かなかったりすることもあるんですけどね。
なんとなく整体師やセラピストもこんなこと考えてるって話です。

****************************************

整体師やセラピストに

新型コロナウィルス感染症に関連して緊急事態宣言がなされました。
外出自粛から始まり営業自粛の要請へと、事態はどんどん変化しています。
整体院やサロンをやっている先生方も色々な対応をされています。
荒木の「てあて整体院」は4月1日から営業自粛を始め、5月6日までそれを続けることにしています。
終われば何があっても再開する、というのが今の考えです。

整体師やセラピストの友人知人の殆どは営業を続けています。
東京都では整体院は、営業自粛要請の対象と対象外になっています。
身体の調整などを行う目的の場合は医療関係に近く自粛対象外で、そうでない場合は自粛対象となっています。
(もう少し詳しく聞くと、資格の問題になりますが、たぶん個別に違ってくるのではと思ったりしています。ただしこれは個人的見解。)

悩みどころですね。
患者さんに対して、こんなにストレスフルで身体を調整したり、休めたり癒したりしたい時期はありません。
そして患者さんにとってそれが必要な時期であることは間違い、ということも知っている。
それを一番知っているのは整体師やセラピストです。
とは言え、荒木のように感染させる側に回るリスクを考えて、行動を決める先生もいます。
実のところ、普段は軽口言っている整体師も、笑顔で明るく楽しいセラピストも、自分のことだけでなく患者さんのことや世の中のことを考えています。
それはそれぞれに状況が違い、経験値が違い、患者さんの層も違い、地域も違い、というところからでもあります。
どちらの選択をした先生も正しく、そして苦汁の決断をしていることと思います。

若い整体師やセラピストや経験の少ない先生は大変だろうと思います。
長くやっていて経験があってさえ、こんなこと初めてで経験値が生かせるものでもないですから。
とは言え、経験と言うより他の先生よりも歳を余計にとっている整体師として思うところもあります。

そのうち何とかなります。

軽く聞こえるかもしれませんけど、本当です。
そして心配だけしていても始まりません。
ちょっと言い方を変えれば、なるようになります。
すべきことを考え日々やって行けば、すべきことをしたような結果になります。
心配だけして何もしなければ、何もしなかったような結果になります。
だから、すべきことを考え、日々やっていく。
心配が出て来たら、何が心配の原因か考え、仕方がないことなら仕方がないと思い、対処できることなら対処して、それでも心配なら、この心配はまあ仕方がないかと、心配していることを分かっておく。
最善の方法がなければ次善の策を考えて行動する。
考えているだけでは物事は変わりません。
行動を伴うことが大切です。

とまあそんなことを考えています。
超個人的なことを書けば、身体が”心配”を少し避けている印象があります。
心配が自分のうちのどこかにあるのは間違いないんですが、それがなかなか出てこないように、自分の中の何かが働いている。
これってひょっとして自律神経系の働きなのか!?と思ったりします。

今は何となく心配があることはありますが、5月7日再開に向けて少しの準備と、その後の資金のために感染拡大防止協力金などの手続き準備をしています。

皆さん
頑張りましょう。

****************************************

宜しくお願いします。


てあて整体スクール・てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@noifty.com
03-3922-7230

自分の時間を作る。

読了までの目安時間:約 3分

緊急事態宣言が出てから2週間。
それ以前からの外出自粛などを含めると、1か月近くも今のような状態が続いています。
いろいろと大変だと思います。
荒木は大丈夫、ってこともなかなか言えません。
ストレスは溜まっているだろうし、身体も変調をきたしているかもしれません。
問題はそれを自分で分かっていないというところだろうと思います。


自分の時間を作りましょう。


毎日、自宅にいて自分の時間ばかりだと思っているかもしれません。
でも実際には自分の時間になっていないことが殆どです。
隣にいる家族のことを気にしたり。
テレビから流れてくるコロナ情報に引っ張られたり。
SNS上の噂や陰謀論のようなものに気もそぞろになったり。
つい肩が硬くなったり。
呼吸が浅くなったり。
自分のことを忘れて、周りに流れている情報や人のことばかりで頭が充満してしまったりします。


一人になれる場所を探しましょう。
そこで仰向けに横になります。
手足を大の字に広げます。
ゆっくり深呼吸。
頭の中にはまたコロナの心配が出てくるかも知れません。
まあそれは放っときましょう。
今はまあ仕方がない。
それよりも。
仰向けの背中と床がくっついているところを観察します。


後頭部と床。
肩甲骨と床。
腕や肘や手の甲と床。
背中と床。
腰と床。
お尻と床。
脚の裏と床。
ふくらはぎと床。
踵と床。


左右に違いがあるかもしれません。
脱力するとか関係ありません。
どうなっているか確認するだけで良いです。
上から下に、どんな感じか確認していきます。
そこで大きく息を吸って。
はきます。
2から3倍くらいの時間をかけてゆっくりはきます。
それを何回かやります。


あきて来たら今度はイメージを使います。
鼻から吸ってお腹にためて口から出します。
頭のてっぺんから吸って、お腹にためて脚を通って足裏から出します。
これは何回か。
頭のてっぺんから吸って、お腹にためたら腕を通って手の平から出します。
これも何回か。
最後にカラダの全面全部から吸って、背中全部から床に出していきます。


はい終わり。
これだけです。
たまにやってみて下さい。
難しく考えないで、まずはやってみて下さい。


てあて整体スクール・てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

6割と7割と8割の大きな違い ~ 新型コロナウィルス感染症 ~

読了までの目安時間:約 3分

新型コロナウィルス感染症対策で「人との接触を8割減らす。」ことが求められています。
クラスター対策班の北海道大学教授西浦先生は7割ではなく8割というところがポイントと言っています。
7割でも8割でもそんなに変わらないんじゃないか、なんなら6割だって結構減らしている印象があります。
そこで、ちょっと計算してみました。
前提は一人の感染者が2.5人に感染を広げるというところです。


人との接触機会が6割減になると、いつもと比べて4割の人と会うことになります。
すると、一人が2.5人に感染させていたのがその4割ですから、1人が1人(=2.5×40%)に感染させるということになって、全然減らないことになります
これが7割減になると、いつもと比べて3割の人と会うことになりす。
すると、1人が0.75人(=2.5×30%)に感染させることになって、少しずつ減っていくことになります。
これが、8割減だと2割の人と会うことになって、1人は0.5人(=2.5×20%)に感染させることになって半減していきます
計算式だけ書くとこんな感じ。


6割減(いつもの4割の人と会う) → 2.5人 × 4割 = 1人
7割減(いつもの3割の人と会う) → 2.5人 × 3割 = 0.75人
8割減(いつもの2割の人と会う) → 2.5人 × 2割 = 0.5人


結局、感染はさせて行くんですが、会う人が2割になる(8割減)と急に半減するってことのようです。
この土日はけっこう人でが少なかったようです。
自粛だけでここまで人の出が少なくなるのは、たぶん日本くらいのものでしょう。
個人的には国には私権の制限をして欲しくないので、なんとか自粛だけでコロナ禍をなんとか乗り切りたいと思っています。
いろいろ大変ですが、もう少しです。
頑張って行きましょう。


家で出来るストレッチや軽い運動の動画のページを作りました。
連休明けまでは毎日新しいものをアップします。
たまに除いてやってみて下さい。

◆今日もストレッチ >>> https://teate.co.jp/dailystretch

あと、今週末に整体スクールのオンライン説明会を行います。
興味のある方はメール下さい。
Zoom招待状を送ります。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019