東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

春の入学応援企画 2023 (終了しました。)

読了までの目安時間:約 2分

こちらの企画は終了しました。


5月末までに入学手続きをされた方は、授業料が安くなる企画を開催中です。


整体ってどうなんだろう。
そろそろ動き始めようか。
まだもうちょっと先かな。
でも、始めるなら早い方が良いし。


将来、整体師やセラピストになろうと思っていて、何となく踏みとどまっている人の背中を押したいと思います。
春は新しいことを始める季節だし、5月は何と言っても荒木の誕生月です。
授業料が安くなっても、通い方や通学期間、勉強出来る内容は全く同じ。
何度でもリピートできて納得いくまで通うことが出来ます。


力を使わない整体。
強く押さない、揉み返しのない整体。
ボキボキしない骨格調整。
安心して患者さんを迎えられる。
けっこう歳を取っても長く続けていける。
そんな整体師になって下さい。
見学お待ちしています。


春の入学応援企画 2023

内容
5月末までに入学申込をする入学生の授業料を6万5千円減額します。

授業料 : 528,000円 → 463,000円

6月以降に入学される方には適用されません。
ただし、5月末までに入学申込があれば、6月から通学の場合には適用します。
東京校・名古屋教室とも同じ内容です。
詳しくはお問い合わせください。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230

染井吉野

読了までの目安時間:約 2分

桜

染井吉野は桜の名前。
この桜、全てはクローンだと言うのは良く言われていることです。
種が出来ないそうですね。
いや、種が出来たとしても染井吉野が生えてこない。
染井吉野は染井吉野を接木したりして作っているものです。
江戸時代からそうやって増やして、今のような状態になったと思うとちょっとなんか空恐ろしいような感じもします。

桜の見頃は満開の一時期だけで、すぐに散り始めて儚い感じがしますね。
でも個人的にはその後、緑の葉が出てくる頃が大好きです。
葉桜になる寸前くらい。

桜は冬の間は遠くから見ると、真っ黒な幹と枝で、冬空のひび割れのように見えます。
それが気がつくと少し臙脂色(えんじいろ)のように見え始め。
しばらくするとその臙脂に色が刺してきて、先に薄いピンクが見え始めます。
毎日見ていると、日々変化があって、色が少しずつ変わってきます。
ある時から薄いピンクの花びらで一体が埋め尽くされます。
そんな時でも、黒いひび割れはその中にあって、ちょっと気味が悪いと思うこともあります。
そして一気に散っていく。
そんな所も空恐ろしい。

空恐ろしい桜の時期が終わると春です。

暦の上ではもうずいぶん前から春ですけど、やっぱり桜が終わる頃からが春の印象です。
緩み始める。
動き始める。
前に進み始める感じがします。

ぎっくり腰と寝違いの季節

読了までの目安時間:約 4分

ぎっくり腰と寝違いの季節です。
春や秋。
どちらかと言うと春の方が多いと思います。
今、ちょうど今がギックリ来る季節です。
ヤですよね。
どうしたら防げるか。


疲れがベースにあります。
ストレスもあるかもしれませんが、その場合ストレスによる疲れなのかと思います。
疲れを溜めないというのは基本中の基本です。
そして運動不足。
冬に固まった体が緩み動き出す季節ですが、体全部が均等に緩む訳ではありません。
動かすところは緩みますが、動かしていない部分は緩みません。
緩んだところと固まったところの間で歪みやズレがが起こって痛みになったりします。
疲れで固まってしまった体を動かすというのも大切です。
ちょっと似てますが、寝不足というのもあります。
夜眠れない。
いや、眠らない。
スマホを布団の中まで持っていくのはやめましょう。
そして湯船に浸からない。
最近はかなり増えているようです。
湯船に浸かると深部体温が上がるし、血流も良くなる。
そしてリラックス効果もあります。
シャワーは汚れが取れるだけだと思った方が良いです。
時間がかかると思っているかもしれませんが、浸かっている時間はシャワーにあたっている時間とそんなに変わらないと思います。
数分でも良いんです浸かるのは。
ポイントはつかるかどうかなんですから。
お湯を溜める時間がかかるという人がいますが、そんなのずっと見てなくて良いです。
お湯を溜めながら何か他のことをやりましょう。
ということで湯船に浸かる。


意外かもしれませんが食べ過ぎというのもあります。
食べ過ぎはお腹が疲れます。
そしてお腹が動きにくい時間が長くなる。
お腹は内臓のある場所で、その背中側は腰です。
お腹が動きずらければ腰も動きずらくなります。


まずは疲れを溜めないことが予防につながります。
気がつきましょう。
自分が疲れているかもしれない事。
いや、気分的に疲れていなくても、体は硬く動きにくくなっているかもしれません。
そこに気がつくことが大切です。
湯船に浸かった後には、軽い運動やストレッチ、そして睡眠を出来るだけ確保する。
ご飯はちょっと軽めにしてみる。
あるいは食べ過ぎていないか気にしてみる。
ウォーキングは運動不足に最適です。
ほんの少しで良いので外で歩いてみて下さい。
そしてストレッチを一つだけ紹介します。
いつも紹介しているストレッチボードです。
これに乗るだけ。
なければ段差のあるところに足指の付け根を乗っけて、踵は床につけましょう。
立ってるだけでOKです。
朝夕2分やりましょう。
荒木はこれとウォーキングだけで腰痛を治したりしています。


ストレッチボード

寝違いも疲れがベースにありますね。
スマホやPCを長時間見ていて姿勢が悪くなっているということも関係したりしています。
ぎっくり腰と同じように、疲れを溜めないように、湯船や睡眠や軽い運動などやりましょう。
こっちの運動は腕を回すこと。
首を動かすと痛みが増してしまいます。
首ではなく肩や腕や手首や手指を動かしましょう。
どんな方法でも大丈夫です。
回すのが基本です。
指は回すの難しいので押したり摘んだりマッサージしたりしてみて下さい。
特に首が動きにくい時には、動かない側の指のどこかに押すと痛みの出る部分があるかもしれません。
そこを押したり摘まんだりして下さい。
(薬指の爪の付け根の小指側が痛くなることが多いので、薬指の小指側を爪から付け根まで押してみても良いかも。)


ぎっくり腰と寝違いに気をつけましょう。

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019