整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

11月の授業体験・スクール見学について

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールは整体師やセラピストを育成する整体学校です。
押さない揉まない体重をかけない指針整体と、ボキボキしない骨格調整・筋肉調整をするMETは、他の整体学校やスクーでは殆ど学ぶことの出来ない手技です。
触診や患者さんの体の見方や捉え方に力を入れることで、自分で考えられる、患者さんの悩みを聞ける整体師になってもらいたいと思っています。
東京練馬区と愛知県名古屋市に教室があり、授業体験やスクールの見学など受け付けています。

てあて整体スクールにはどんな方が入学されているのか。
入学願書に書かれたいた志望動機のリンクを貼っておきます。
最近、増えているアラサー女性の気持ちがストレートに伝わります。

入学動機 ~ 生きる力をつくる ~ >>>

11月の授業体験の予定が決まりました。
興味のある方は先ず問合せして下さい。
東京のカリキュラムが変わり、来年から少し授業料が値上がりします。
気持ちがあるのであれば、先ずは体験をしてみましょう。


てあて整体スクール・東京校
場所 :
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
(西武池袋線大泉学園 7分)

日程 :
  -     1日(日)・ 2日(月)
 7日(土)   -     9日(月)
14日(土)・15日(日)・16日(月)
21日(土)・22日(日)・23日(月)
28日(土)・29日(日)・30日(月)

時間 :
土曜・月曜 9:30~、日曜15:30~

問合 :
teate@nifty.com


てあて整体スクール・名古屋教室
場所 :
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
(西武池袋線大泉学園 7分)

日程 : 17日(月)・18日(土)・19日(日)・20日(月)

時間 : 9:30~

場所 :
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
(西武池袋線大泉学園 7分)

問合 :
teate@nifty.com

スクールの始まる30分位前に来て頂ければ、カリキュラムや通い方などの説明をして、他の疑問点などについてお答えします。
授業が始まったら生徒さんと一緒に授業を体験して下さい。
骨格調整などは出来ませんが、触診など触れる練習は一緒にやってもらいます。
また、指針整体を一通り受けて頂くことも出来ます。(無料)
整体は人に触れ、自分の身体でする仕事です。
どんなものか見て、体感しないと検討は難しいと思います。


姿勢を気にする整体スクール

整体師の「覚悟」について

読了までの目安時間:約 3分

腸腰筋圧迫

先日の整体スクール授業は骨格調整。
骨格調整の最初には骨盤の調整を行います。
てあて整体スクールの骨盤調整は三方向に分けて、順番に調整をしていきます。
三方向の調整が終われば、全体の歪みが整っていることになります。
次に骨盤の前後の筋肉の調整をします。
上の写真は腸腰筋というお腹の中にある筋肉の調整法です。
腸腰筋は股関節を曲げる筋肉で、膝を持ち上げる動きをする筋肉です。
この筋肉の調整法の一つに虚血性圧迫というのがあります。
筋肉を垂直持続圧をかけていくものです。


間違って押してしまうことってありますか?


生徒さんの質問です。
当然ですが練習中に間違って、違う筋肉や内臓を押してしまうことも可能性としてあります。
だから練習をする。
何度も繰り返し練習することで、自分の指が腸腰筋に当たっているのかどうかが分かるようになる。
分かるようになるまで繰り返しやります。


もし間違ったらどうしよう。


その気持ちは分かります。
間違えないようにしよう、安全にしよう、という気持ちは大切です。
でも、間違ってしまわないか、間違ったらどうしよう、間違いたいない。
そういう気持ちだと困ります。
整体は医師とは違い、画像診断が出来ません。
手指に頼って患者さんに触れることになります。
頼れるのは自分自身だけということになります。
自分を頼れなければ、整体師にはなれません。


そこで「覚悟」です。


覚悟をする必要があります。
整体師になる覚悟。
整体師になると起きる可能性があることがあります。。


患者さんが来ないかもしない。
患者さんが来なくて生活出来ないかもしれない。
患者さんが来たとしても、来た患者さんが治らないかもしれない。
治らないばかりか、痛みが取れないかもしれない。
痛みが取れないばかりか、痛みが増すかもしれない。


これらのことを覚悟する必要があります。
言葉を変えれば、それらを全部飲み込まなくてはいけない。
承知した上でしか整体師として仕事も出来ないし、開業も出来なません。
難しいかもしれないし、難しくないかもしれません。
ただ、間違っちゃいけないのは、自信は必要ないということです。
自信がないから、覚悟が出来ないというのは違います。
自信はなくても構いません。
自信とは関係なく、上に書いたような可能性を全て受け入れて飲み込んでおく。
そうなることもあるかもしれないと思っておくことです。


腸腰筋調整

入学時期と授業内容

読了までの目安時間:約 4分

7月以降にきちんと発表しますが、てあて整体スクールのカリキュラムや受講期間・授業料などを大幅に改定する検討をしています。


このところスクール生の平均在籍期間が約2年になって来ていて、半年をベースにしたカリキュラムでは少し忙しい感じがしています。
とは言え、最初から2年を予定して入学される方も少ないように思います。
一年位なら先のこととしても見える範囲なんだろうと思い、1年をめどにカリキュラムの検討を進めています。
ベースとしての指針整体とマッスルエナジーテクニックをベースにした骨格調整は変わりません。
また、リピート制もそのままにしようと思います。
他の授業についても幾つか考えているものがあります。
「姿勢と歩き方」の授業はアレクサンダーテクニークの授業の一環として行うことが出来ないか考えています。
また、触診は授業として独立させようと思っています。
解剖学の授業の他に「カラダの地図」を増やそうかと思います。
同じ内容で重なる部分が殆どですが、患者さんへのアドバイスをするものとして、別に授業を作っても良いかと思っています。
( 本も出版したしね。 「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! >>> )


入学時期を毎月とするのは難しそうです。
今までの入学生の様子を見ても、症例別や骨格調整の月に入学された方は、最初かなり苦労されている様子でした。
そうなると入学月は指針整体の月にしたい。
たぶん、3月、6月、9月、12月の年4回の入学時期になると思います。
そして夏休みと冬休みを少し長めに取ることにしようと思っています。
夏休み冬休みと言っても授業がないだけで、自主練やモニターやセミナー・ワークショップなど、授業以外の課題を考えようかと思っています。
限られた入学時期にすることは、経営的には少し不安な部分もあります。
入学出来ない月が出来る訳ですから。
でも、入学して学びやすい環境が必要かと思っています。


今月一杯はいろいろ考えます。
どんなものになるのか、自分でも興味があります。
1年コースにして誰も来なかったらどうしようなんて思うこともありますが、本当にダメだったらまた半年に戻します。
あまり固定して考えないようにすることも、大事だろうと思います。
そういう態度はスクール生にとっても良い影響を与えると思います。
整体師は個人で仕事をする人で、自分で考え身軽に動けるところが強みでもあります。
いずれにしても、授業内容の幹の部分と曜日は変えないので、スクール生に迷惑はかけません。
もう少しお待ちください。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

※てあて整体スクールに対する疑問・質問・問合お待ちしています。
 何でもどうぞ。

カリキュラム・授業料などの変更について

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。
てあて整体スクール 荒木です。


てあて整体スクールは現在(2020年6月)、新規の生徒さんの募集を止めております。
新型コロナウィルス感染症の影響で4月5月は募集を中止しておりましたが、その後の6月も募集をやめているのには理由があります。
カリキュラムや授業の受け方や授業時間、授業料などの見直しを考えています。
少し前にこのブログに書いた時には、見直しを考えているがそのままになるかもしれないと書きましたが、たぶん変更になると思います。
授業内容はそれほど大きな変更にはなりませんが、授業の受け方についてはかなり大きな変更になると思います。
今のところ6ヶ月のカリキュラムを12ヶ月(実質10ヶ月)にしようと思っています。
倍ですね。
期間が倍になります。
替わりに1日当たりの授業時間を4時間から3時間に変更する予定にしています。
とは言えこれまで通り、授業の無料リピート制は継続する予定です。


ここのところ3年位の卒業生の在籍日数を計算してみました。
驚くことに約2年(24ヶ月)在籍されていました。
基本のカリキュラムは6ヶ月なので、平均して4クール受講していることになります。
同じことを4回も受けてから卒業される方が殆どだったということになります。
(3年前に特に長い期間在籍される方が多かったので、直近2年だともう少し短い期間になります。)
驚きました。
ちょっと本当に驚きました。
ここ5年くらいはそういう傾向があると思っていました。
スクールを始めた15年前は平均して、8ヶ月から10ヶ月くらいで殆どの方が卒業されていました。
それが最近は2年近くになっていたことになります。
そして基本カリキュラムは6か月です。
こうなると、荒木の指導法や心構えが実情と合っていないことになります。
半年から1年の間に卒業してもらおうと思って指導しているのと、(結果的にではありますが)2年近くをかけて卒業している生徒さんとでは、一回当たりの授業に求めるものも違います。
ゆっくり勉強しようと思っている人に、今日、覚えてもらおうと指導している訳ですから。
リピート受講はきちんと出来るようになってから卒業するためには必要なシステムだと思っていますが、それが逆に長期間いることが出来るための甘えになっていないかという気持ちもあります。


今回、基本的なカリキュラムを1年(12ヶ月)にしようと計画しているのは、その溝を埋めようと思ったことが一つです。
1年位をかけて手技や整体師・セラピストとしての考え方を体に染み込ませるように指導するように、指導方針を変えます。
そのために入学してすぐの時期には指針整体を受けてもらえるようなカリキュラムにする。
そうなると、入学時期がいつでもOKというのは難しくなります。
現状では年に4回の入学時期に変更して、それ以外の月には入学が出来なくすることになると思います。
その上で時間がやっぱり足りない人にはリピート受講をしてもらえるようにリピート制は残します。


もう一つは必要最小限だけでなく、プラスアルファを身に着けて貰いたいと思います。
半年間6か月で整体師に必要な最小限の技術知識を身に着けてもらうということを目的に指導して来ましたが、必要最小限の技術・知識では心配がぬぐい切れない人が増えました。
10年前と違い慎重になっている人が多いということだと思います。
大丈夫だよ。
心配しないで。
やってみれば良い。
というのは簡単です。
だってやってみれば出来し、それだけの技術・知識は身についているから。
でも、心配があってはそれが出来ません。
心配を減らすためには、臨床経験が必要です。
それをカリキュラムやカリキュラム以外にも組み込んでいくことを考えています。


もう暫くしたら新たな体制で募集を始めようと思います。
入学を考えている人で何か疑問や質問があれば、いつでも連絡下さい。
お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

アフターコロナは選ばれる時代

読了までの目安時間:約 3分

患者さんと話をしていました。
薬剤師の女性。
数か月に一度、不定期にやって来ます。
家が近くなので、前日や当日に連絡があり、空いてますか?と聞かれます。
薬剤師と言っても調剤をしている訳ではなく、治験などの仕事をしている方です。

美容師さんの話になりました。
個人でやっている美容院に連絡をしたら、今とても忙しくて大変みたいなことを言われたようです。
話を聞くと、何人かの美容師が居る店は少し心配なので、個人でやっているところを探して来るお客さんが増えているとのことで、新しいお客さんがとにかくどんどん増えているらしい。
飲食業やスポーツクラブなど大変な業種が沢山ある中、そうやって増えているところもあるんですねという話。
で、整体の話になりました。

整体師さんや美容師さんでもアレですね。
選ばれる時代になりますね。

という。
今までみたいにテキトウと言ってはなんだけど、直接接客してくれるようなお仕事は、この人に会いに行きたい、と思う人やところじゃないと淘汰されますね。
みたいな話でした。
ニコニコ笑いながら話してくれるということは、荒木は淘汰されない側だと思って話をしてくれているんだろうと勝手に思ってました。
そうですよねぇ。確かに。
テキトウなところで試してみるかってことにはならないですね。
そう言えば私の知人の整体師なんかは、このさなかずっとやっている人が殆どでした。
繁華街の真ん中で街に人がいなくなった人を除いては、殆どの先生がやってましたね。
それはありがたいと思ってますけど。

テキトウな整体師はだから大変になるだろうとも言ってました。
単に痛みが取れるってだけじゃなくて、この人に任せようと思わなければ、なかなか行きづらいですもん。
話が出来るとかね。
なんとなく安心とか。

整体師にとっては逆に良い時代になるのかもしれないなと、ちょっと思いました。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20 (月4日 在名)
teate@nifty.com
03-3922-7230

授業見学・整体体験 受け付けています。

読了までの目安時間:約 2分

押さない揉まない体重をかけない。
トントンと軽い刺激を全身に入れていく指針整体と。
ボキボキしない骨格調整のマッスルエナジーテクニック(MET)を教えています。
てあて整体スクールは東京練馬と名古屋に教室のある整体学校です。


2月も授業見学や整体の無料体験を受け付けています。


春から何か始めよう。
今年こそは動き始める。
将来のために今、準備を。
整体師やセラピストはどうなんだろう。
開業は出来るんだろうか。
お金はかかるのか。
時間はどれくらい。
副業っていう手もあるかもしれない。
どうしよう。
資料でも・・・


いや、そんな時は
見学に来ましょう。


資料ではどんな整体をやっているのか、どんなセラピーなのか分かりません。
どんな先生が教えているのかも分かりません。
どんな人が通っているのかも分かりません。
受けてみないと自分に出来るのかどうか分かりません。
自分に出来るかどうかより、やってみたいと思うかどうか分かりません。
卒業後のことや。
開業のことや。
準備のことや。
どうやって勉強するかとか。


いろいろ聞いて下さい。
何でも答えます。


勧誘はしません。
勧誘して入ったって続かないですから。
見に来て下さい。
で、感じて下さい。
自分の肌で感じるのが一番です。


今月も見学やってます。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


2月見学日

10日(月)
15日(土)・16日(日)・17日(月)
22日(土)・23日(日)・24日(月)
29日(土)

土・月 9:30~説明 10:00~見学
日  15:30~説明 16:00~見学

骨盤調整の話

読了までの目安時間:約 3分

骨盤調整・てあて整体スクール

てあて整体スクールでは指針整体と骨格調整の手技を指導しています。
症例別や解剖学や姿勢と歩き方、アレクサンダーテクニークなど整体師としての基本的な知識の授業もあります。
骨格調整の手技はマッスルエナジーテクニックを主に使っています。
体の調整をする手技は本当に沢山あります。
どの手技にも効果があり良さがあると思いますが、マッスルエナジーテクニックは力を使わないというのが大きな特徴です。
患者さんに筋肉を使ってもらい、この力を利用して骨の歪みや筋肉の硬さを調整しています。
骨盤調整が少し他の整体学校と比べて変わっているかもしれません。
骨盤は三方向から調整します。
一回ではなく三回に分けて歪みを調整します。


・左右の骨盤の高さ。
・骨盤の開き具合。
・骨盤の前傾後傾。


この三方向です。
前から見た左右の違い。
上から見た左右の違い。
横から見た左右の違い。
そうなんです三次元空間だから、これで空間的な位置は整うことになっている。
ナンチャッテ。
ちょっと分かりにくいかもしれませんけど。
一回で捻れていたり歪んでいる骨盤を調整するのは、難しいことがあります。
それを三方向に分けているので、かなり単純な調整法になります。
誰でも入りやすい。
そして効果が分かりやすい。


てあて整体スクールの骨盤調整は三方向から調整します。
矯正ではなく調整。
力で成形するのではなく、整える調整法です。


てあて整体スクールは東京と名古屋に教室のある整体学校です。
小さな整体学校ですが、創業15年、卒業生は200名を超えました。
開業出来る技術、整体の基本、触診・体の見方を大切に指導しています。
授業見学や整体体験が出来ます。
連絡お待ちしています。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

他の整体学校・整体スクールとの違い

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。
てあて整体スクールは東京と名古屋に教室のある整体学校です。
てあて整体スクールと他の整体学校や整体スクールの違いは何でしょう。


指針整体・マッスルエナジーテクニックという他にはない手技を教えている。
少人数。
院長一人が教えている。
院長が現役の整体師。
アレクサンダーテクニークを取り入れている。
姿勢と歩き方の授業がある。
ストレッチの授業がある。
卒業まで何度でも無料でリピート受講出来る。
触診に重点を置いている。
マッピングに重きを置いている。


数え上げるといろいろありました。
少人数なのは一人で教えているということもありますが、スクールの規模の問題もあります。
10人も20人も受け入れられない。
普通の家のような整体院でやっているからです。
現役整体師の院長が教えているのも、規模が小さいからということと関係しています。
スクールだけをやっている訳ではないので、先生を雇っていない。
その代わりに今も現場を持っている、患者さんを見ている整体師から学ぶことが出来る。
整体の技術は変わりませんが、受けに来る患者さんの状況は時代によって変化します。
18年前の開業当初と今では、患者さんの状況はずいぶん変わりました。
それを知って整体を学ぶことには大きな意味があると思っています。
授業の無料リピートは幾つかの学校でもやっていると負います。
そうなると、一番の違いは何か。


触診、歩き方や姿勢、アレクサンダーテクニーク、マッピングを取り入れているところだと思います。


どうしてこんなことをするのか。
触診は整体の手技ではありません。
歪みを整えたり、筋肉を柔らかくしたり、痛みを取るものではありません。
触診は一般的には歪みを整える手技の前段階として、どんな風に歪んでいるのかを鑑別するために行います。
これが実はすぐには出来ない。
すぐには出来ないけれど、やっていることは簡単です。
超簡単。
ただ触れているだけですから。
ところが触診で歪みや状態が分からなければ、歪みを整えられない。
どんな風に歪んでいるかが分からなければ、整える方向や強さが分からないからです。
姿勢と歩き方、アレクサンダーテクニークやマッピングは、患者さんだけでなく自分の見方や捉え方について学んでいます。
人の体は筋肉や骨格でできているので、普通はこんな風に動くということがあります。
生理的にはこれが正しい。
でもその生理的に正しいことが出来ないから痛みになったり症状に繋がったりします。
そんな時、触診と同じでどんな風になっているかが分からなければ、アドバイスすることが出来ません。
だから見方や捉え方を学びます。
ちょっとざっくりしていて分かりにくい説明で申し訳ないですが、そういうことです。
整体師としての視点を創るような意味合いがあります。


そこが他の整体学校や整体スクールとの一番の違いだろうと思います。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

カラダの時代

読了までの目安時間:約 3分

人体解剖図・てあて整体スクール

名古屋の生徒さんが持っていた解剖学の参考書です。
数年前に自分でも購入して、一時期はスクールで読書会をしたりしていました。
読みやすく馴染みやすい本です。
解剖学の入門書としては良いのではと思います。
それにしても、帯を見て驚きました。


80万部突破


シリーズとありますけど、80万部突破はすごい。
最初にこの本を見つけたのは、私鉄の小さな駅の改札前にある本当に小さな街の書店でした。
その入口すぐ目の前の平台に平積みされていました。
解剖学の本が街の本屋さんの店頭に平積みです。
ナンデナンダ。
と思った記憶があります。
普通の本屋さんの一番売れると思われる場所に、平積みされているなんてどうして。
読みやすいとは言え解剖学の本なのに。
でも、やっぱり売れていたんですね。
その時は15万部突破と書いてありました。
詳しくはないですが、一般に書籍は1万部売れればベストセラーに入ると聞いたことがあります。
それが10万部を超え100万部に迫ろうという勢いです。
どうしてでしょう。
解剖学の本がです。


身体論が少し話題になっているという印象があります。
身体論というとちょっと大げさですけど、カラダについてのことを知りたいと思う人が増えているように思います。
カラダと言っても純粋に身体だけのことではなく、心と体の関係だったりも含まれます。
ダイエットも美脚も美尻もボディラインを創ることも。
瞑想やマインドフルネスも。
ヨガもピラティスも。
24時間フィットネスも30分フィットネスも。


カラダから離れ過ぎたんじゃないかなと思います。
カラダを使わなさ過ぎるので分からなくなってしまった。
だから頭ではなく体がカラダを知りたいと思うようになって来たような気がする。
そういう意味ではカラダの時代だと思います。
良いことです。
東京の整体学校といえば「てあて整体スクール」
そういう意味でも頑張ります。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

猫背はどこの筋肉を鍛えれば良いのか。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールの症例別の授業でした。
今日はO脚や足首の痛みなどの話をした後に、猫背について話をしました。


猫背はやっぱり背中の筋肉を鍛えると良いんですか?
前と後ろの筋肉のバランスが悪くて、どちらかが弱いから猫背になるんでしょうか?


そんな質問がありました。
腰痛もそうですが、どこかの筋力が弱いから痛みが出たり、姿勢が悪くなったりしているという風には捉えていません。
鍛えるよりもストレッチの方が大切だと考えています。
どうして鍛えるのではなくストレッチなのか。
猫背の時に背筋(広背筋、僧帽筋等)を鍛えるというのは、筋肉が弱いために背中を立てていることが出来ず、それが原因で背中が丸くなり、肩が前に出てしまった状態、と考えているんだろうと思います。
違います。
簡単に断定は出来ませんが、多くの場合は違うと考えています。
例えば筋肉を鍛えたとしても、その筋肉を使わなければ姿勢は維持出来ません。
強い筋肉があったとしても、力が入っていなければ、背中は丸くなる可能性がある。
今持っている筋肉を使っていないから姿勢がうまく維持できていないと考えます。


哺乳類は四足で生活しています。
それが人間は直立二足歩行になりました。
四足であれば四本の足を支えに、背中側の背骨だけで姿勢は作れます。
でも二本足で立つと、背中側には背骨がありますが、腹には骨がありません。
背中側は固くて、腹側は柔らかい。
そんな印象があるんだろうと思います。
上手く脚の上に骨盤が乗り、上手く骨盤の上に緩やかにカーブのある背骨が乗り、上手く背骨の上に頭が乗っていれば、前後のバランスは取れます。
その上で姿勢を保つための必要最小限の筋肉の緊張や筋膜の緊張があれば、筋力はさほど必要ではない。
と考えます。
そうでなければ、立っているだけで力を使うことになってしまいますから。


猫背の人は体の前側を縮めて生活しています。
体の前側の筋肉は、どちらかと言えば短縮して固くなっている。
長期間そんな状態が続いて、体の前側が伸びにくくなっていると、バランス良く姿勢を作りにくくなってしまいます。
先ずはストレッチというのは、そういうことから言っています。
同じようなことが腰痛にも言えます。


どこかが弱いから痛みが出たり姿勢が悪くなっていると思う気持ちは分かります。
でも筋力よりも体の部分部分の柔らかさ、バランスの取り方、体の使い方が問題です。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019