整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

授業見学・整体体験 受け付けています。

読了までの目安時間:約 2分

押さない揉まない体重をかけない。
トントンと軽い刺激を全身に入れていく指針整体と。
ボキボキしない骨格調整のマッスルエナジーテクニック(MET)を教えています。
てあて整体スクールは東京練馬と名古屋に教室のある整体学校です。


2月も授業見学や整体の無料体験を受け付けています。


春から何か始めよう。
今年こそは動き始める。
将来のために今、準備を。
整体師やセラピストはどうなんだろう。
開業は出来るんだろうか。
お金はかかるのか。
時間はどれくらい。
副業っていう手もあるかもしれない。
どうしよう。
資料でも・・・


いや、そんな時は
見学に来ましょう。


資料ではどんな整体をやっているのか、どんなセラピーなのか分かりません。
どんな先生が教えているのかも分かりません。
どんな人が通っているのかも分かりません。
受けてみないと自分に出来るのかどうか分かりません。
自分に出来るかどうかより、やってみたいと思うかどうか分かりません。
卒業後のことや。
開業のことや。
準備のことや。
どうやって勉強するかとか。


いろいろ聞いて下さい。
何でも答えます。


勧誘はしません。
勧誘して入ったって続かないですから。
見に来て下さい。
で、感じて下さい。
自分の肌で感じるのが一番です。


今月も見学やってます。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


2月見学日

10日(月)
15日(土)・16日(日)・17日(月)
22日(土)・23日(日)・24日(月)
29日(土)

土・月 9:30~説明 10:00~見学
日  15:30~説明 16:00~見学

骨盤調整の話

読了までの目安時間:約 3分

骨盤調整・てあて整体スクール

てあて整体スクールでは指針整体と骨格調整の手技を指導しています。
症例別や解剖学や姿勢と歩き方、アレクサンダーテクニークなど整体師としての基本的な知識の授業もあります。
骨格調整の手技はマッスルエナジーテクニックを主に使っています。
体の調整をする手技は本当に沢山あります。
どの手技にも効果があり良さがあると思いますが、マッスルエナジーテクニックは力を使わないというのが大きな特徴です。
患者さんに筋肉を使ってもらい、この力を利用して骨の歪みや筋肉の硬さを調整しています。
骨盤調整が少し他の整体学校と比べて変わっているかもしれません。
骨盤は三方向から調整します。
一回ではなく三回に分けて歪みを調整します。


・左右の骨盤の高さ。
・骨盤の開き具合。
・骨盤の前傾後傾。


この三方向です。
前から見た左右の違い。
上から見た左右の違い。
横から見た左右の違い。
そうなんです三次元空間だから、これで空間的な位置は整うことになっている。
ナンチャッテ。
ちょっと分かりにくいかもしれませんけど。
一回で捻れていたり歪んでいる骨盤を調整するのは、難しいことがあります。
それを三方向に分けているので、かなり単純な調整法になります。
誰でも入りやすい。
そして効果が分かりやすい。


てあて整体スクールの骨盤調整は三方向から調整します。
矯正ではなく調整。
力で成形するのではなく、整える調整法です。


てあて整体スクールは東京と名古屋に教室のある整体学校です。
小さな整体学校ですが、創業15年、卒業生は200名を超えました。
開業出来る技術、整体の基本、触診・体の見方を大切に指導しています。
授業見学や整体体験が出来ます。
連絡お待ちしています。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

他の整体学校・整体スクールとの違い

読了までの目安時間:約 4分

こんにちは。
てあて整体スクールは東京と名古屋に教室のある整体学校です。
てあて整体スクールと他の整体学校や整体スクールの違いは何でしょう。


指針整体・マッスルエナジーテクニックという他にはない手技を教えている。
少人数。
院長一人が教えている。
院長が現役の整体師。
アレクサンダーテクニークを取り入れている。
姿勢と歩き方の授業がある。
ストレッチの授業がある。
卒業まで何度でも無料でリピート受講出来る。
触診に重点を置いている。
マッピングに重きを置いている。


数え上げるといろいろありました。
少人数なのは一人で教えているということもありますが、スクールの規模の問題もあります。
10人も20人も受け入れられない。
普通の家のような整体院でやっているからです。
現役整体師の院長が教えているのも、規模が小さいからということと関係しています。
スクールだけをやっている訳ではないので、先生を雇っていない。
その代わりに今も現場を持っている、患者さんを見ている整体師から学ぶことが出来る。
整体の技術は変わりませんが、受けに来る患者さんの状況は時代によって変化します。
18年前の開業当初と今では、患者さんの状況はずいぶん変わりました。
それを知って整体を学ぶことには大きな意味があると思っています。
授業の無料リピートは幾つかの学校でもやっていると負います。
そうなると、一番の違いは何か。


触診、歩き方や姿勢、アレクサンダーテクニーク、マッピングを取り入れているところだと思います。


どうしてこんなことをするのか。
触診は整体の手技ではありません。
歪みを整えたり、筋肉を柔らかくしたり、痛みを取るものではありません。
触診は一般的には歪みを整える手技の前段階として、どんな風に歪んでいるのかを鑑別するために行います。
これが実はすぐには出来ない。
すぐには出来ないけれど、やっていることは簡単です。
超簡単。
ただ触れているだけですから。
ところが触診で歪みや状態が分からなければ、歪みを整えられない。
どんな風に歪んでいるかが分からなければ、整える方向や強さが分からないからです。
姿勢と歩き方、アレクサンダーテクニークやマッピングは、患者さんだけでなく自分の見方や捉え方について学んでいます。
人の体は筋肉や骨格でできているので、普通はこんな風に動くということがあります。
生理的にはこれが正しい。
でもその生理的に正しいことが出来ないから痛みになったり症状に繋がったりします。
そんな時、触診と同じでどんな風になっているかが分からなければ、アドバイスすることが出来ません。
だから見方や捉え方を学びます。
ちょっとざっくりしていて分かりにくい説明で申し訳ないですが、そういうことです。
整体師としての視点を創るような意味合いがあります。


そこが他の整体学校や整体スクールとの一番の違いだろうと思います。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

カラダの時代

読了までの目安時間:約 3分

人体解剖図・てあて整体スクール

名古屋の生徒さんが持っていた解剖学の参考書です。
数年前に自分でも購入して、一時期はスクールで読書会をしたりしていました。
読みやすく馴染みやすい本です。
解剖学の入門書としては良いのではと思います。
それにしても、帯を見て驚きました。


80万部突破


シリーズとありますけど、80万部突破はすごい。
最初にこの本を見つけたのは、私鉄の小さな駅の改札前にある本当に小さな街の書店でした。
その入口すぐ目の前の平台に平積みされていました。
解剖学の本が街の本屋さんの店頭に平積みです。
ナンデナンダ。
と思った記憶があります。
普通の本屋さんの一番売れると思われる場所に、平積みされているなんてどうして。
読みやすいとは言え解剖学の本なのに。
でも、やっぱり売れていたんですね。
その時は15万部突破と書いてありました。
詳しくはないですが、一般に書籍は1万部売れればベストセラーに入ると聞いたことがあります。
それが10万部を超え100万部に迫ろうという勢いです。
どうしてでしょう。
解剖学の本がです。


身体論が少し話題になっているという印象があります。
身体論というとちょっと大げさですけど、カラダについてのことを知りたいと思う人が増えているように思います。
カラダと言っても純粋に身体だけのことではなく、心と体の関係だったりも含まれます。
ダイエットも美脚も美尻もボディラインを創ることも。
瞑想やマインドフルネスも。
ヨガもピラティスも。
24時間フィットネスも30分フィットネスも。


カラダから離れ過ぎたんじゃないかなと思います。
カラダを使わなさ過ぎるので分からなくなってしまった。
だから頭ではなく体がカラダを知りたいと思うようになって来たような気がする。
そういう意味ではカラダの時代だと思います。
良いことです。
東京の整体学校といえば「てあて整体スクール」
そういう意味でも頑張ります。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

猫背はどこの筋肉を鍛えれば良いのか。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールの症例別の授業でした。
今日はO脚や足首の痛みなどの話をした後に、猫背について話をしました。


猫背はやっぱり背中の筋肉を鍛えると良いんですか?
前と後ろの筋肉のバランスが悪くて、どちらかが弱いから猫背になるんでしょうか?


そんな質問がありました。
腰痛もそうですが、どこかの筋力が弱いから痛みが出たり、姿勢が悪くなったりしているという風には捉えていません。
鍛えるよりもストレッチの方が大切だと考えています。
どうして鍛えるのではなくストレッチなのか。
猫背の時に背筋(広背筋、僧帽筋等)を鍛えるというのは、筋肉が弱いために背中を立てていることが出来ず、それが原因で背中が丸くなり、肩が前に出てしまった状態、と考えているんだろうと思います。
違います。
簡単に断定は出来ませんが、多くの場合は違うと考えています。
例えば筋肉を鍛えたとしても、その筋肉を使わなければ姿勢は維持出来ません。
強い筋肉があったとしても、力が入っていなければ、背中は丸くなる可能性がある。
今持っている筋肉を使っていないから姿勢がうまく維持できていないと考えます。


哺乳類は四足で生活しています。
それが人間は直立二足歩行になりました。
四足であれば四本の足を支えに、背中側の背骨だけで姿勢は作れます。
でも二本足で立つと、背中側には背骨がありますが、腹には骨がありません。
背中側は固くて、腹側は柔らかい。
そんな印象があるんだろうと思います。
上手く脚の上に骨盤が乗り、上手く骨盤の上に緩やかにカーブのある背骨が乗り、上手く背骨の上に頭が乗っていれば、前後のバランスは取れます。
その上で姿勢を保つための必要最小限の筋肉の緊張や筋膜の緊張があれば、筋力はさほど必要ではない。
と考えます。
そうでなければ、立っているだけで力を使うことになってしまいますから。


猫背の人は体の前側を縮めて生活しています。
体の前側の筋肉は、どちらかと言えば短縮して固くなっている。
長期間そんな状態が続いて、体の前側が伸びにくくなっていると、バランス良く姿勢を作りにくくなってしまいます。
先ずはストレッチというのは、そういうことから言っています。
同じようなことが腰痛にも言えます。


どこかが弱いから痛みが出たり姿勢が悪くなっていると思う気持ちは分かります。
でも筋力よりも体の部分部分の柔らかさ、バランスの取り方、体の使い方が問題です。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

自宅サロンで困ること

読了までの目安時間:約 5分

自宅でサロンを始めるのってどうなの!?


このところ整体やセラピーに限らず、自宅でサロンを始める人が増えています。
賃料がかからないし、子供や旦那さんのこともあるという女性が多いようです。
派遣や契約で仕事をしている人の場合は、休みの日や自分で都合が付けられるタイミングで出来るので、手軽に始められるということでしょう。
とは言え、困ることもあります。


第一は部屋です。
サロンとして使う部屋をどうするか。
完全にサロンとして使う部屋をつくるのか、普段は別のことに使う部屋をサロンとして使えるようにするのか。
整体や何らかのセラピーの場合は、普段別のことに使っている部屋は難しいかもしれません。
例えば書斎的な部屋なら可能かもしれませんけど、最近は書斎って部屋はないですよね。
物置のようになっている部屋も落ち着きません。
居間では騒がしいし、やっぱり何らか施術をするようなものの場合は、それ用の部屋が必要だろうと思います。
それ用の部屋が用意出来ない場合は、サロンとして使うときだけ見え方を変えます。
日常が見えすぎるものを別の部屋に移動するとか、大きな布をかけるとか。
整体やセラピーでなければ、専用の部屋を作らなくても大丈夫なことがあります。
コーナーのような場所でも良いし、ひょっとして居間で出来ることもあるかもしれません。


次に気になるのは、宣伝の時の住所です。
自宅の住所をホームページやSNSなどに載せるのは良くありません。
誰が見ているか分かりませんから。
自宅開業する場合、住所は所番地は載せないのが基本だと思います。
予約が決まった時に相手にお知らせすることになります。
看板などをどうするかという問題もあります。
自宅前に看板が出せれば良いですが、そうはいかない場合もあります。
その場合は小さな表札のようなものだけだすことになります。


誰でも来られるようにするかどうかの問題もあります。
女性の場合、女性専用にする方が安心です。
整体やセラピーやサロンの内容にもよりますが、自宅サロンに来てくれるのは、やはり女性が多いと思われます。
整体などの場合は、患者さん(お客さん)の割合は7:3で女性が多く来ています。
男性が多い整体院もありますが、やはり体のことを考えているのは女性が多いようです。
また女性専用でも紹介の場合は男性もOKなどにすることもできます。
女性専用にすると、サロンに来る女性が安心ということもあります。
来院される方を限定するのは気になる(来院数が減る?)という方もいますが、女性専用の場合は気にすることはありません。


男性でも女性でも構わないという場合でも、同居人が反対することもあるので、同居人との相談は事前に必要だと思います。
同居人がいる場合は、そもそも自宅でサロンをすることに反対かどうかも確認が必要です。
自宅サロンに誰かが来ている時、同居人は静かにしている必要があります。
時間帯や営業日なども合わせて話をすると良いでしょう。


最初にも書きましたが、自宅サロンは賃料がかからないこと、移動時間がないこと、すぐに日常に戻れること、空いている時間を利用できること、などから何かを始める時の最初には良いと思います。
平日の子供がいない時間帯だけとか、休日だけとか。
始められる時から始めて経験を積む。
その上でカルテが溜まり経験が増えてきたら、外の物件を借りることを考える。
外の物件が大変なら、レンタルサロンを借りて始めてみる。
そんな風に少しずつ進んでいける可能性もあります。
頑張りましょう。


てあて整体スクールでは生徒さんや卒業生の、個別の開業相談を受けています。(もちろん無料)
開業講座も必要な人が居る時には、授業とは他に無料で行っています。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F (1月授業 1/21-24)
teate@nifty.com
03-3922-7230

自宅で2時間の副業

読了までの目安時間:約 3分

「自宅で2~3時間出来る範囲で整体することは出来ますか?」


質問がありました。
答えはイエス!
出来ます。
必要なのは整体が出来るスペース。
そして当然のことながら、整体の技術と知識です。
あとは集客を考えるだけということになります。


一般的な整体はベッドで行います。
骨格調整や筋肉を緩める手技もベッドの上で行うのが一般的です。
その場合はベッドが一台置けるスペースがあれば大丈夫です。
てあて整体スクールの指針整体の場合は、人が一人寝られるスペースがあればOK。
指針整体は床の上で行いますから、ベッドなどは必要ありません。
床の上に薄いマットを敷いて、その上に患者さんにうつ伏せになってもらいます。
骨格調整の手技も殆どは床の上で出来ます。
最初からベッドを使わず床の上だけでする予定の場合は、床の上でする調整方法を教えます。
てあて整体スクールの骨格調整はマッスルエナジーテクニックというテクニックを使っています。
このテクニックは原則さえ知っていれば、患者さんや施術者の肢位やフォームはいろいろにアレンジ出来るものです。


集客にはいろいろな方法があります。
自宅でという場合は、クチコミとSNSとホームページからの集客になります。
集客方法についてもスクールで指導しています。
授業時間にはカウントしていませんが、人数が集まった時に開業講座と整体師のための法律問題の授業を行います。
基本的な知識を授業で行った後、生徒さんによって事情が違うので、それぞれの状況に合わせてアドバイスをするようにしています。


整体師としての開業は初期投資が少なくて済む開業です。
在庫を持つ必要がなく、ベッドくらいしか必要なものはありません。
あとは自分の技術と知識がポイントです。
自宅で副業的に始めるのであれば、始めやすい仕事だと思います。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

開業は出来ますか?

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールを卒業して本当に開業出来ますか?
たまに聞かれる質問です。
そして入学したり見学に来た人が聞きたいと思っている質問です。
実際に聞かなくても、実は聞きたい質問ですね。
本当に出来るのかどうか。


開業は正確に言えば誰でも出来ます。
整体師は国家資格になっていない仕事なので、資格を取らなくても出来る。
でもそれじゃあ開業したことにならない。
開業して患者さんを診られるようになるか。
痛みを抱える患者さんを、良くすることが出来るかということでしょう。
出来ます。
患者さんを看て、痛みを良くするような整体を身に付けることが出来ます。
そこのところは安心してください。
指針整体やMETはそういう整体です。
その上、指針整体もMETも強い力を使わないので安全で安心です。
開業の応援もします。
開業準備や宣伝のアドバイスや授業もあります。


もし問題があるとすれば、開業する自分自身です。
開業です。
今までは誰かに雇われていた人が殆どでしょう。
雇ってくれて給料をくれる人はいません。
誰も指示はくれません。
全て自分で考えます。


開業するかどうか。
どこに開業するか。
どんな形態で開業するのか。
メニューはどうするか。
宣伝や広告はどうするか。
休みは。
患者さんが来なかったらどうするか。
患者さんが来過ぎたらどうするか。


全て自分で決めます。
全ての責任は自分にあります。
開業は出来ます。
それが嫌なら整体師にはなれません。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

プリエの感じ方

読了までの目安時間:約 3分

この記事を書くにあたってフリー素材を探してみました。
バレエに関する無料画像を探してみたんですが、プリエしているバレエダンサーの素材は殆どありませんでした。
3つのサイトで2000枚くらいみましたけど、子供が中途半端にプリエしている写真が一枚だけ。
例えば成人のダンサーがレッスンでプリエしている写真もありませんでした。
もっと探せばあるんだろうとは思います。
でもたぶん、プリエのイメージが多くの人にはないということなのかと思います。
だって目にしないんだから。


プリエの感じ方です。
昨日、書いた「ダンスの解剖学の使い方」に書いた、プリエを「体感する」ことについてです。
プリエ体感してますか?
???って人もいるかもしれません。
レッスンの最初に行うプリエ。
ターンアウトは出来ているだろうか。
引き上げは出来ているだろうか。
膝は外に向いているだろうか。
腰は落ちていないだろうか。
そんなことが頭を駆け巡っていると思います。
プリエを体感することは少ないかもしれません。


プリエをしている時にどこに力が入っているのか。
プリエはどこが動いているのか。
そんなことを感じてもらいたいと思います。


プリエをする時に一番動くのは、股関節と膝関節と足関節です。
その場所を確認してみましょう。
股関節は太ももの付け根(鼠径部=ソケイブ)の真ん中あたりにあります。

骨格・てあて整体スクール
股関節は骨盤側の臼蓋(きゅうがい)と太ももの骨の一番上で出来た関節です。
お椀のようになった臼蓋に、外から内に向かって太ももの骨の頭がはまりこんでいます。
太ももの骨の頭は臼蓋の中で、クルクル回るように動きます。
膝の関節は膝のお皿の下あたりにあります。
足首の関節は踝(くるぶし)の中にあります。
足首が曲がるのは、踵でも甲の上でもなく、踝の間です。
脚が股関節からターンアウトすると、前に曲がる向きにあった膝は、横に曲がる向きになります。
膝を横に向けなくても、股関節をターンアウトしていれば、膝は勝手に横に出ていきます。


プリエをしながら、動いている股関節・膝関節・足関節(足首)を体感して下さい。
その上でターンアウトが出来ていれば、お尻やハムストリングス(もも裏)に力が入っているのが分かります。
前ももにも少しは力が入りますが、前ももの力だけを感じていると、ちょっと違います。
それと足裏の感覚も。
足裏は足裏全体で踏みます。
指の付け根側だけでなく、踵にも体重が乗るのを体感出来ると思います。


体の使い方に注意をするあまり、自分の体がどうなっているか感じられないのでは、自分の体をコントロール出来ません。
プリエを体感してみて下さい。
体感できていないところは、注意が届かない場所です。

今年のテーマは【姿勢と歩き方】

読了までの目安時間:約 3分

今年のテーマを考えました。


【 姿勢と歩き方 】


既に数年前から整体スクールの授業に取り入れている内容です。
アレクサンダーテクニークでも良く扱う題材です。
ではなぜ今更そんな題材をテーマにと考えたのか。
分かっていることだから授業やアレクサンダーテクニークで扱っているのではないか。
確かに。
分かっている部分もあります。
でもまだ一般化出来ていない。
もっと広く分かりやすく説明したいと思っています。
それと心配も増えてきました。


「姿勢と歩き方」は自分の使い方の結果そうなったものです。
自分の使い方とは耳慣れない言葉です。
姿勢や歩き方は元々そういう風に出来ているものだと思っている人が大半だと思います。
違います。
姿勢も歩き方も、自分の体を自分が使って動かした結果そうなったものです。
姿勢は特に誤解の多いものです。
姿勢は形なので、変わらないものという意識が強くなります。
人には200くらいの骨と600くらいの筋肉があって、それらがそれぞれに関節でつながっています。
歩いたり立ったり座ったり動いたりすることが出来るのは、筋肉を使って体が動くからです。
体が動くというのは骨の位置が変わるということです。
関節で動くということです。
てことは、姿勢も変わるってことです。
猫背も反り腰も「そうしている」んです。
そうは思っていなけど。
同じように歩き方もそうです。
歩き方だけでなく様々な体の動きはそう言うものです。
癖と言われることもあるし、その人らしさと言われることもあるかもしれません。


それが変えられる。
しかも自分で変えられるんです。
ところが、そう思っている人が結構少ない。
それに体を使わなくなっているので、だんだんと体のことが分からなくなってきている状況もあります。
心配はそこです。
なんとか分かりやすく自分を分かってもらうことをしたい。
そう思っています。
だから「姿勢と歩き方」です。


セミナーやワークショップやスクールでも何でも。
このことをテーマに色々と試したりしたいと思っています。
そうやって知見を蓄積したいと思っています。
今よりも多くの人に分かりやすい内容になるように。
頑張ります。


てあて整体スク-ル

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
teate@nifty.com
03-3922-7230

最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019