整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

今月のストレッチ教室

読了までの目安時間:約 2分

今月もストレッチ教室を行います。
東京六本木と名古屋伏見。
床でゴロゴロしながら体の芯を緩めていく。
背骨を柔らかくすると全身に影響が出ます。

床の上なので転ぶ心配なし!
全く初めてでも人に見られる心配もなし!(ちょっとだけ!)
体を柔らかくしたい人。
背骨が硬い人。
ストレッチなんてやったことない人。

そろそろ始めてみましょう。


六本木ストレッチ
日時 : 2022年1月18日(火) 18:00~19:00くらい
場所 : ホール DOZ (六本木駅7分・EXシアター裏手)
     港区西麻布 1-5-11 2階
料金 : 1,000円(当日精算)
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230
備考 : 来月以降は月2回予定してます。


名古屋ストレッチ
日時 : 2022年 1月25日(火)19:00~20:00くらい
場所 : 名古屋市短歌会館 地下展示室 (地下鉄 伏見駅1分)
     名古屋市中区錦 2-13ー22(http://www.homex.jp/tanka/access/access.htm)
料金 : 1,000円(当日精算)
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230





こんなのやったりします。

今年も始まりました。 宜しくお願いします。

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。
てあて整体・荒木です。

お正月どうでしたか。
私は暮れから実家のある三重県四日市に帰っていて、2日にはこちらに戻ってきました。
例年のことですが正月三ヶ日は殆どお節を食べて過ごします。


お節

うちのお節はこんな感じ。
毎年、カミさんと母親が作ってくれるものを頂いていますが、今年は1/4くらいは出来合いのものを買ってきてようでした。
田作りや黒豆は量が多くなってしまうと難しいらしく、そういうことになったようでした。
私は食べるだけなので、何もいうことはありません。
いや、すまぬすまぬと言いつつ、ぱくぱく頂きました。
今年もですが昆布巻きが好きで、毎食ずっと昆布巻きばっかり食べていました。


今日、1月4日から「てあて整体院」の営業が始まりました。
整体スクールは8日(土)の授業からです。
8日は解剖学と指針整体、9日の症例別、10日はカラダの地図と指針整体の授業を行います。
毎年、正月の気分が薄れて行きますが、今年もやっぱり少し薄れましたね。
元旦も2日に名古屋から移動した時も、一人も晴れ着姿の方を見ませんでした。
門松はもう絶滅危惧だし、しめ縄もどんどん簡易的になって来ています。
日の丸を掲げている家は全く見ませんし、テレビ番組のお笑い番組も収録のものなのか着物を来た人や正月を感じる服装の人は激減しています。
正月に飲食店の営業が少なかったのは、街中が静かになって正月の雰囲気が少しだけありました。
ちょっと不思議な感じです。


今年はどんな年にしましょう。
正月が明けてコロナ感染者も増えてきています。
月末にかけて増えてくるのは間違いありませんが、そんなことばかりも言っていられません。
そろそろ動き出したいと思います。
コロナで固まった心身を緩め、動き出す力になるような整体師を育成したいと思います。

てあて整体スクールで勉強できる手技

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールで勉強する手技は大きく分けて二つ。
一つは指針整体でもう一つは骨格調整・筋肉調整の手技です。
同じ整体ですけど、目的が違います。
指針整体は全身を緩め軽く動きやすくする整体です。
骨格調整・筋肉調整は特定の関節の歪み(ズレ)や特定の筋肉の硬さを調整する手技です。
この二つがあって初めて整体をすることが出来ます。


世の中にはいろいろな整体がありますが、どんな整体もだいたい同じような目的を持ってやっています。
患者さんの体を調整して、元の状態に戻す。
もしくは元の状態に戻っていくように導くということです。
そのために、筋肉の状態を変えたり、骨格(関節)のズレや歪みを元に戻したり動くようにしたり、内臓の働きを変えたりします。
整体師自身の手で患者さんの体を変える。
何らかの方法を使って変えるということをしています。
そのために様々な考え方と手技があります。


てあて整体スクールでやっているのは、指針整体で全身の状態を変え、骨格調整・筋肉調整で部分的な調整をするという方法です。
指針整体では全体のおよその状態が変わります。
大きな歪みは整うし、筋肉も軽く動きやすくなる。(つまり元通りに近くなる)
それで足りない歪みやズレや動きの悪さや硬さを、骨格調整・筋肉調整の手技で調整します。
そうすることで、患者さん自身の体が元に戻っていくように導きます。
全部、治してしまうというより、道ずじをつけるようなイメージですね。


ボキボキする調整が良くないとは思いません。
強押しが悪いとも思いません。
ただ、てあて整体スクールではそれはしていないということです。
荒木自身は上手な先生に骨格調整をポキン(ボキボキではなく)してもらうことは好きだし、上手な先生に強押ししてもらいたいときもあります。
強押しやボキボキは習得するのに少し時間がかかります。
短期間で習得出来て、安心できる整体として今の方法を教えています。


てあて整体スクール授業風景

大学病院

読了までの目安時間:約 4分

今年に入って春くらいから大学病院に月1回検査に来るようになりました。
昨年の健康診断で再検査となった項目があって、それを追っているうちにお世話になる事になりました。
最初は尿に潜血と蛋白が認められると言うことでした。
専門病院に行って検査してもらってくださいと、健康診断をした病院から言われ、近くの泌尿器科に行きました。
以前、頻尿でお世話になった事があります。
1日に2リットルくらい水を飲んでください。
と言われ、一ヶ月くらい飲んでみて再検査。
でもやっぱり潜血と蛋白は変わりませんでした。
もう一ヶ月様子を見てみましょうと、水飲み生活を続けましたが、やっぱり検査で変化はなく、大学病院を紹介されました。

大学病院でも検査をして潜血と蛋白。
そこから一ヶ月毎に検査をしに来るようになりました。
最初はCTをとりました。
そしたらカルシウムが体のいろんなところに沈着しているとのことでした。
CT画像を見てみると確かに所々に白い点が見えます。
これがカルシウムと多分30代の医師は言います。
で!?と思っていたら、これがどうやら潜血や蛋白と同根らしいとのこと。
最初から言われていましたが、コレステロール値が高いのが原因ではないかとのことでした。
家族性ではあります。
母親もコレステロール値が高い。
個人的には35歳で健康診断を始めて受けた時からもう25年以上高いままです。
どうにかした方が身のためだよと、医者にちょっと怖い話をされたこともありましたが、まあまだ若いしそんなに心配することもない的な医者もいたので、そのままにしていました。
今回はそれ(コレステロール値)が原因で、血管に問題が出ているかもと言う事で次に頸動脈エコーを撮ることにしました。
頸動脈エコー診断では血管の動脈硬化が分かります。
結果、動脈硬化は疑い。
プラークはあるにはあるが、血管を細くして血流を高くしている程ではないと言うことでした。
血圧もこのところ115から120位で高い訳ではありません。
でもまあコレステロールが高いんだから一度薬で下げましょうと言う事になりました。

まあ、そろそろイイか。
歳なんだし。
と言うことでコレステロール値を下げる薬を飲みました。
一ヶ月飲んで検査をしたのが先月です。
全然下がっていない。
ん!?と言う事で、薬を倍にして3週間。
今日また検査に来たと言う事です。
もうあと30分くらいで結果が出る予定。

コレステロール値が下がって潜血や蛋白が出なくなれば良いんですが。
因果関係的にはコレステロールによる血管の問題で腎臓がどうにかなっているんじゃないかと言うことのようです。
はっきりコレ!と言う確証がないままに検査と投薬治療が進んでいるので、正直何だか良く分かりません。
症状があるわけではないので、ちょっとメンドウだなと思いかけるタイミングもありますが、今は逆に面白いなぁと思って続けています。
あとはまあ年齢なりだと思われる夜間頻尿。
ま、今は夜中に1回起きる程度なので、頻尿とは言わないか。
それも何とかなるともっと良いんだけどと思います。

大学病院

体をどう捉えるか?

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールは整体師を育成する整体学校です。
先生は荒木一人。
荒木が20年間整体師として臨床でやって来た事や知ったこと分かったことを教えます。


そんな風に考えたことはありませんでした。


最近、入学された生徒さんがよく口にします。
腰痛の患者さんに対して、腰ではなく骨盤や脚を調整するなんて思ってもみなかった。
肩こりと骨盤が関係あるとか、体の遠い場所が関係しているなんて思ったことはなかったと言います。
だって離れてるでしょ。
確かに腰痛だったら腰を揉む。
肩こりなら肩を揉む。
そういう方法もあると思います。
でも原因は違う場所にあることがあります。
というか多くの場合は、痛みや症状がある場所とは違う場所に原因があります。


膝の状態は何で決まるのか。
膝には大腿骨(太ももの骨)と脛骨(スネの骨)があります。
大腿骨は骨盤から繋がった骨です。
骨盤が歪んだり、股関節の動きが左右でアンバランスになってしまうと、当然ですけど膝の状態は変わります。
そんな時、膝に問題が出たらどうするか。
膝に痛みが出たら、どこに原因があるのか。
骨盤や股関節を調整しないと、膝の状態は変わりません。
寝ている状態で膝の調整をすれば、大腿骨と脛骨だけの関係は戻るかもしれません。
でも、立ち上がれば骨盤の歪みが膝にまた影響することになるし、歩けば膝の動きが変わります。
結局、骨盤や股関節、足関節もみていくことになります。


それだけではありません。
人の体はどんな風になっているのか。
骨や筋肉だけで出来ている訳ではありません。
体を動かしているのは、脳です。
脳の機能は心ですが、それだけではなく意識下の働きもあります。
知らないうちにやっていることがあったり、誤解して間違ったやり方をしていることもあります。(体の使い方とか)
みたいなこと。
そんなことも授業で話をします。


体を人をどう捉えるか。
整体にとっての考え方の基本を教えます。
もちろん押し付けではありません。
こんな視点もあるということを提示します。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230


見学申込ページ >>>

アレクサンダーテクニーク・グループレッスンでした。

読了までの目安時間:約 5分

アレクサンダーテクニーク・グループレッスンを毎月第一日曜の午前中に行っています。
11月のお題は「体の関節全部動かす」「触れる」にしました。


アレクサンダーテクニークは色々な説明がされます。
体の使い方。
心身の使い方。
自分の使い方。
習慣的になってしまった言動や行動から離れてみる。
無駄な力や緊張を抜いて自分本来の使い方に戻る。


なんとなく分かったような分からないような感じもしますね。
例えば、どうも体が上手く使えていないとか、違和感があるとか、ギクシャクするとか。
もうちょっと楽に何かしたいとか。
そんな時に受けに来てもらい、アレクサンダーテクニークを使うとどうなるか試してもらいます。
具体的に言うと、バイオリンやピアノなど楽器演奏が上手くいかない時とか、声が出にくくなった、ダンスが上手く出来なくなったなど。
音楽家や俳優さんやダンサーの方々は海外で知って受けにくる方がいます。
海外ではパフォーミングアーツ系の方々にはメジャーな方法です。
また一般の方なら、姿勢が悪いと言われた、歩き方や立ち方・座り方がよく分からない。
人前に出るといつも緊張する。
ゴルフやスポーツのフォームが気になるなどなど。
これなら何となく少し雰囲気はわかりますかね。
でも、これだけでなく普段の日常的な動きや体の使い方、生活している全てのことに関係があるワークです。
(このワークってのも分かりにくい言葉かもしれません。方法とかやり方とか手順とか作業・勉強・研究みたいなことです。)


でまあ、そのグループレッスンを毎月やっています。
参加者は短い方で2年くらい、長い方だともう6・7年通ってきていただいています。
となるとテーマも出尽くしていて、ことさら何かをやると言うより、自分の体や使い方に目を向ける時間として来て頂いているような感じなのかなと思います。
毎回、必ずするのはハンズオンワーク。
荒木が手で体にとても軽く触れる方法です。
触れることで自分自身に気がついてもらったり、緊張が抜けたりします。
アレクサンダーテクニークでは一般的な方法で、多くのアレクサンダーテクニーク教師がやっています。
(アレクサンダーテクニークをする側の人を教師と呼び、受ける人を生徒と呼んでいます。)


今回もハンズオンワークで自分自身を感じる時間を先ずとってもらいました。
そのあと体の関節を一つ一つ動かすワーク、と言うか練習。
普段あまり気にしていない部分として、背骨を一つづつ動かすことを解説しながらやりました。
背骨は首の骨・胸の骨・腰の骨・骨盤の真ん中の骨までで、25個以上もあります。
それを一つ一つ意識するなんてことは普段はありませんね。
だから一つ一つ動かしてみる、試してみるだけでも、普段とちょっと違った感覚があります。


アレクサンダーテクニーク

次にやったのが「触れる」です。
昨年来、実際に人と会う機会も減っていて、ましてや人に触れるなんて事あまりありません。
普段から日本人はハグもしないし、握手も普段はあまりしません。
タッチハンガー(触れるのに飢えている)なんて本を読んだこともありましたが、人に触れるのは非日常です。
触れる時に緊張したり、どこかが硬くなったり、触れる以外につい何かをしてしまうかもしれません。
それを観察しながら手を背中に置きました。
これ面白いですよ。
触れられる人にも変化があり、触れている人にも変化がありました。
普段しないことなので、さまざまな発見があったりしました。


アレクサンダーテクニーク

これがあまりにも面白かったので、来月も触れることをテーマにやろうと思っています。
アレクサンダーテクニークに昔からある練習法も取り入れようかなと思います。


毎月恒例のアレクサンダーテクニーク・グループレッスンはどなたでも参加出来ます。
参加費は3,000円。
来月は12月5日(日)10:00から12:00までの2時間です。
場所は西武池袋線大泉学園駅徒歩7分の「てあて整体スクール」でやっています。
(スクールといっても普通の家なのでご心配なく。敷居は低いですよ。)
気になる方は問い合わせ下さい。
連絡お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230

症例別の授業でやっていること。

読了までの目安時間:約 3分

症例別授業

てあて整体スクールのカリキュラムは手技の授業として指針整体と骨格調整と触診があり、座学として解剖学と症例別という授業があります。
他にもストレッチやアレクサンダーテクニークなどの授業を行っています。
症例別の授業では腰痛や肩こり、膝痛などの代表的ないくつかの症例についてと、症例全体の考え方について授業を行っています。
痛みがある患者さんが来た時に、それが腰でも膝でも肩でもなかった場合、どうやって考えれば良いのか。
その痛みの原因を考えるための考え方の土台を作るような授業です。
その考え方に沿って原因を想定して、実際に手技を行っていきますが、指針整体と骨格調整だけでは対応できない手技も出てきます。
対応出来ないというとちょっと語弊がありますが、より直接的に調整する手技をやっておくということです。


写真は呼吸が浅い人に対して行う手技ですが、胸郭の動きを出すために、背骨と肋骨の間の関節を動かしています。
関節の場所と形状が分かっていれば、その場で考えても出来ますが、こんな方法もありますよと聞いてやったことがあれば、対応も素早くできるということになります。
自分で考えるための土台となる授業になれば良いと思っています。
腰痛の患者さんはココとココとココを押せば良いとか、膝の人にはココとココを調整すれば良いとか、決まった手技を教える方法もあると思いますが、それではその手技にハマらなかった患者さんに対応できません。
面倒でも自分で考えられる整体師になってもらいたいと思っています。


てあて整体スクールでは新入生を募集しています。
入学の検討をする前には見学と指針整体やマッスルエナジーテクニック(骨格調整)の体験をしてもらっています。
受けたことがないままに入学して、しまった間違えたと思ってもらいたくないからです。
連絡をお待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230


説明会・授業見学フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

見学希望日(必須)

連絡欄(希望日と東京・名古屋の別を記入下さい。)

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れ、
最後に「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認



メール・電話での申込
teate@nifty.com
03-3922-7230

クラニオ入門講座 参加者募集! (延期しておりました)

読了までの目安時間:約 2分

8月後半から9月にかけての営業自粛により延期していた【クラニオ入門講座】の募集を始めます。


クラニオ(頭蓋仙骨療法)は身体を芯から整える、とてもソフトで軽い刺激の手技療法です。
背骨と頭(頭蓋骨)の歪みと動きを整えることで、全身の調子を穏やかに改善させる。
5グラムタッチと言われるほど、軽く触れているだけのようなタッチで大きな効果を生み出します。
てあて整体スクールでは定期的に入門講座を行って、クラニオの手技を広く多くの人に知って使ってもらいたいと思っています。
入門講座では脚から骨盤を整える方法、手でお腹や胸(腹腔・胸腔)の動きを取り戻す方法、耳を使って頭蓋骨の歪みや動きを改善させる方法を学びます。
3時間の講座ですが、トータルで20分から30分程度の施述が出来るようになる講座です。
興味のある方は問い合わせください。
ご家庭で家族の健康管理にも、整体師やセラピストの方のスキルアップの一つとしても使えます。


クラニオ入門講座


日時 : 9月19日(日)12:00〜15:00
場所 : てあて整体スクール 東京校
     東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
料金 : 一般 18,000円 スクール生・卒業生 9,000円
     リピート受講 3,000円
問合 : teate@nifty.com


クラニオ2102231

体の使い方1909255

姿勢について

読了までの目安時間:約 3分

姿勢ビフォーアフター

先日、アレクサンダーテクニーク個人レッスンを受けにいらした方の写真です。
左:ビフォー 右:アフター
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、左から右になると、体の前後の幅が薄くなっていて、首肩周りの緊張が抜けているのが分かります。
1時間位のレッスンでしたので、痩せた訳ではありません。
背骨のカーブが少なくなったことで、前後の幅が薄く見えるようになったということだろうと思います。
背骨を伸ばすようにしてもらった訳ではなく、アレクサンダーテクニークのアプローチで立ち方を見直した結果です。
左から右になった後、感想をきいてみました。
今、さっきと感じが違うところありますか?


はい、腰が丸いです。


この写真だと見づらいかもしれませんが、腰の前湾が少し減っていました。
普段と比べると前湾が少なくなっただけで、湾曲自体はありました。
でも、ご本人の感覚としては腰が丸い感じです。


ここ、ポイントです。


普段のことは普通と感じるものです。
特に何もやっていないのに、猫背の人は猫背にしているとは思っていません。
反り腰の人は普段から腰を反らせている(と思っている・感じている)訳ではありません。
でも、実際には背中を丸くしたり、腰を反らせたりしています。
ちょっと違う言い方をすれば、そういう風(丸くしたり反らせたり)に自分の体を使っています。
でも、いつものことで前からそうだし、普段と変わらないので、それを普通と感じます。
そうすると姿勢が変わった時は、普段の状態からどう変わったかを感じます。
猫背の人が真っ直ぐになると、背中を反らせていると感じます。
反り腰の人の背中の反りが減ると、背中が丸くなったと感じます。
でも、実際には背中は真っ直ぐだったり、腰はユルクではあるけど反っている。
ということを目で見て確認していく。


この方は左アフターになった時に、腰が丸くなっていると感じられたので、力は入っているかどうかを聞きました。
そうすると力は入っていない、でも丸い感じはするとのことでした。
力が入っていなくて腰は丸い感じはするけど、写真を見ると丸くはなく生理的なカーブがあるんだなぁ、ということだけ確認しました。
そういうこともあるかもしれないという可能性を感じてもらいました。


姿勢はその人が自分を使った結果そうなっている状態です。
ということは使い方を変えれば変わる可能性があります。
猫背や反り腰や巻き肩やストレートネックなど。
生まれつきだと諦めることはありません。
気になるようなら相談してください。

クラニオ(頭蓋仙骨療法)入門講座 募集始めます。

読了までの目安時間:約 2分

身体を芯から整える。
背骨と頭(頭蓋骨)の歪みと動きを整えることで、全身の調子を穏やかに改善させる。
クラニオ(頭蓋仙骨療法)は軽く触れているだけのようなタッチで大きな効果を生み出すセラピーです。
てあて整体スクールでは定期的に入門講座を行っています。
入門講座では脚から骨盤を整える方法、手でお腹や胸(腹腔・胸腔)の動きを取り戻す方法、耳を使って頭蓋骨の歪みや動きをかいぜんさせる方法を学びます。
トータルで20分から30分程度の施述が出来るようになる講座です。
8月に東京と名古屋で行いますので、興味のある方は問い合わせください。
ご家庭で家族の健康管理にも、整体師やセラピストの方のスキルアップの一つとしても使えます。


クラニオ入門講座

名古屋コース
日時 : 8月18日(水)15:00〜18:00 → 終了
場所 : てあて整体スクール 名古屋教室
     愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16-408
料金 : 一般 18,000円 スクール生・卒業生 9,000円
     リピート受講 3,000円
問合 : teate@nifty.com


東京コース
日時 : 9月18日(日)12:00〜15:00
場所 : てあて整体スクール 東京校
     東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
料金 : 一般 18,000円 スクール生・卒業生 9,000円
     リピート受講 3,000円
問合 : teate@nifty.com


クラニオ2102231

体の使い方1909255

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019