東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

背中を緩めるストレッチ【動画あり】

読了までの目安時間:約 1分

年齢を重ねると背中が硬くなります。
背中や背骨が硬いと腰痛や肩こりの原因に。
これを予防するストレッチを動画にしました。


脚からスライム


コツは脱力と脚の重さを使うことです。
体をうつ伏せにしたり仰向けにしたりする運動ではなく、脱力して体を動かすことで、細かな関節をストレッチしていく運動です。
やってみて下さい。


6月9日に大泉学園でストレッチ教室をやります。
こんな感じのストレッチを幾つかやります。
床に寝たまま、自分のタイミングで出来るストレッチです。
詳しくはコチラ >>>


背中・背骨・上半身の捻りストレッチ 【 スライム 】

読了までの目安時間:約 1分

引っ張らなくてもストレッチ
今回は背中や背骨・上半身の回旋(捻り)のストレッチです。
【スライム】という名前をつけたこのストレッチは、荒木がやっているストレッチ教室の代名詞とも言えるものです。
と言ってもコンテンポラリーダンスのフロアエクササイズ(床基礎練習)では基本中の基本。


ポイントは脱力です。


腕・肩甲骨などを動かすことで上半身・下半身が引っ張られ、体が結果的に捻れていきます。
腰が浮く辺りで下半身や臀部に力が入りそうになりますが、そこで脱力をします。
最初は無理だと思うかもしれませんが、とにかく脱力。
荒木はこれが脱力して出来るようになるのに、3ヶ月くらいかかりました。
最後は諦めてやっていると出来たって感じです。
上半身を緩めるのに良いので、肩こりや腰痛予防にも良いと思います。
連休期間にどうぞ。


年齢は背中に現れる

読了までの目安時間:約 3分

ダンスレッスンに行くとたまに動画を撮ります。
後ろから撮った動画を後でチェックするんです。

嗚呼

あああ

ああああああああ

背中が。
ぽっちゃりとは言いません。
ぽてっとした質感があるんです。
家に帰って背中を摘んでみます。
以前は(と言ってもおじさんの以前なので30年ほど前の話ですけど)皮一枚だけニュルっとつまめました。
手の甲の皮のような薄っすい皮です。
それがどうでしょう。
もう1センチ位の厚みのある、「皮+皮下組織」をつまむことになります。

まあ当然です。
60も超えたおじさん(お爺さん?)が背中の皮下脂肪の1センチや2センチ。
普通です。
あたりまえ。
でも気になる訳です。
前はこうじゃなかった、と他人が言っていたら馬鹿じゃない!?と思うような事を思ってしまいます。

年齢は背中に出ます。
皮下組織だけの事ではありません。
背中が動きづらくなる。
動きづらくなるから厚みを増すという事もありますが、動きづらくなる。
動かさないから動かなくなるという部分もありますが、やはり華麗・・いや加齢と言う事もあります。
人は年齢を重ねるとソフィスティケイト(洗練)されますから。
動きにも無駄がなくなる。
子供なんか見ていると無駄な動きばかりでしょ。
あれは筋肉と神経系を試行錯誤しながら鍛えている育んでいるということなので、良いんですが。
大人になるにつれ無駄な動きは減って来ます。
省エネですね。
無駄に動くより最短距離で極小のエネルギーで最小の動きで物事を達成します。
それ自体は素晴らしい。
でも無駄な動きがなくなって、運動量が減ることで皮下組織は厚みを増します。
まして背中はどんどん動かさなくなる。
反らなくなるでしょ。
大人になると。
子供はのけぞるからね。
いやこれは冗談ですけど。
でも、動きが洗練されて無駄な動きが少なくなると言うのは本当でしょう。
そして食べる量がそれほどは減らない。
もう、そんなに食べなくても良いのに、つい食べる。
それだけが楽しみになったりしちゃったりするもんだから。
まあね。

ということで無駄に動かないとなと思います。
そうしないと背中の皮下が重厚になって来てしまいます。
悪い事ではないんですが、避けたい気持ちもありますから。
もう少し動きやすい状態に持っていきたいと思ったりします。
動けるかな。。。


レッスン動画は後ろから
この写真は1年半前。。。

肩こりストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

「コロナ疲れ」という言葉が少し増えて来たようです。
昨年から続く自粛生活や心配事で、ストレスが溜まったり疲れが溜まったり。
整体院の患者さんを診ていても、背中が硬くなっている人が増えています。


肩こりのストレッチをまとめました。
ストレッチだけでなく肩こりの解説もしています。
簡単に出来るものばかりを集めましたので、出来るものからやってみて下さい。


てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019