整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

腰痛はやっぱり腹筋が弱いからですか?

読了までの目安時間:約 3分

腰痛になると腹筋を鍛えた方が良いと言われることがあります。
どうしてでしょうか。
そして本当でしょうか。


腰は胴体の背中側。
手で触れて分かるように、硬い筋肉があります。
腰痛の時は特に硬くなっていることが多い。
その反対側の腹は柔らかいですね。
骨もないし、筋肉もそんなに硬くない。
だから、前後のバランスが悪くて腰に痛みが出るんです、と言われます。
または、腹筋が弱くて腹圧が低く、胴体を立てていられないので腰に痛みが出る、と言われます。


殆どの場合、違います。


骨格模型

腰のあたり、肋骨と骨盤の間に腰の骨があります。
良く見ると、腰の真ん中あたりに骨があります。
太い骨が上下に重なっています。
胴体はこの骨で立っています。
腹筋が弱くて腹圧が低いと立てない訳ではありません。
筋肉はどんなに硬くしても、骨よりは硬くないですから。


腰痛の原因はその上下に並んでいる骨の位置関係が普段と違ってしまうことで起きます。
それは腹筋が弱いからでしょう!
と言われる訳ですが、違います。
骨を上下に並べられれば、筋肉はそんなに使いません。
元々、背骨(頸椎、胸椎、腰椎)は少し前後に湾曲があります。
その湾曲は骨と骨を繋いでいる靭帯でキープされています。
ところが姿勢が悪かったり、どこか筋肉が硬かったりすると、骨盤が歪んでしまい、骨盤に繋がっている腰の筋肉が引っ張られます。
そして痛みにつながる。


腰痛にならないためには、殆どの人はストレッチです。
骨盤が歪んで動きがイビツになっているのを、歪みが取れるように、楽に動くようにするためのストレッチ。
沢山の患者さんを診てきて、下肢後面=お尻から下の脚の後ろ側をストレッチすることで、骨盤の動きが楽になり歪みも改善されます。
腹筋やるよりストレッチです。


ただ、たまに筋肉量が足らなくて、体を支えられない人がいます。
そういう人でも腹筋ではなく、全身の筋肉量を増やすことが大切です。
大きな車を動かすのに、小さなエンジンしか持っていない感じですね。
たまに女性でいますが、普通の体型で体重も普通なのに、体脂肪率が35%くらいある人が要注意です。
こう言う人は体脂肪が多い分、筋肉量が少なくなっています。
筋肉が少ないと血液の流れも悪く、体も支えられないので、冷え性だったり腰痛・肩こりだったり、生理痛や浮腫(むくみ)などの人もいます。
凄いトレーニングをする必要はないですが、毎日5000歩くらいウォーキングしてみるのが良いかなと思います。
もちろん何かスポーツを始めるのも良いです。

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019