整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

今月のストレッチ教室

読了までの目安時間:約 2分

今月もストレッチ教室を行います。
東京六本木と名古屋伏見。
床でゴロゴロしながら体の芯を緩めていく。
背骨を柔らかくすると全身に影響が出ます。

床の上なので転ぶ心配なし!
全く初めてでも人に見られる心配もなし!(ちょっとだけ!)
体を柔らかくしたい人。
背骨が硬い人。
ストレッチなんてやったことない人。

そろそろ始めてみましょう。


六本木ストレッチ
日時 : 2022年1月18日(火) 18:00~19:00くらい
場所 : ホール DOZ (六本木駅7分・EXシアター裏手)
     港区西麻布 1-5-11 2階
料金 : 1,000円(当日精算)
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230
備考 : 来月以降は月2回予定してます。


名古屋ストレッチ
日時 : 2022年 1月25日(火)19:00~20:00くらい
場所 : 名古屋市短歌会館 地下展示室 (地下鉄 伏見駅1分)
     名古屋市中区錦 2-13ー22(http://www.homex.jp/tanka/access/access.htm)
料金 : 1,000円(当日精算)
問合 : teate@nifty.com
     03-3922-7230





こんなのやったりします。

首の違和感のある人が増えています。

読了までの目安時間:約 2分

このところ首の付け根が痛いとか動きずらいとか肩にかけてピキピキとか、首の違和感のある患者さんが増えています。


触れてみるとちょっとしたズレがあったり、ストレートネック気味になっていたり、動きが悪く固まったようになっていたりします。
何が原因かは人それぞれですが、寒くなって来ていることや、体を動かす機会が減っていることが関係しているのは間違いないようです。
それに加えて睡眠不足とお風呂など時間が取れない。
ストレスも関係あるかもしれませんが、それよりも寒さや体を動かさないこと睡眠不足の方が対処できるし自覚もしやすいかなと思います。
整体では全身の筋肉を緩め、骨の動きを出し(関節の動きを良くします)、歪みをとり、筋肉の硬さのアンバランスを調整します。
骨の動きだしってイメージが湧きにくいかもしれませんが、沢山の骨で出来ている背骨を一つ一つ隣の骨との関節を動かします。
てあて整体院ではボキボキしないで動かします。
ゆらゆら船に揺られているような感じです。
筋肉のアンバランスは、その時の姿勢などから硬い筋肉と弛んでいる筋肉が出来てしまうので、本来、弛んでいるべき筋肉を緩めるようにします。
そうすることで姿勢が元に戻りやすくなります。


出来るだけ。
風呂に入って湯船に浸かる。
エレベーター使わないで階段登るなど、体を動かすようにする。
スマホを見る時間を減らして睡眠時間を確保する。
くらいはやってみて下さい。
日々の体が少し楽になります。
それでもダメなら整体院に連絡を。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com

※年内は12月29日まで営業、年始は1月4日から営業します。


骨格模型

脊柱はお好きですか?

読了までの目安時間:約 5分

2016年10月3日に書いたブログに「頸椎と胸椎と腰椎の違い~解剖学ページ~」というページがあります。
( 興味のある方はどうぞ >>> https://teate.co.jp/blog/blog1610032.html )

何が書いてあるかと言うと題名の通り、頸椎と胸椎と腰椎の違いについて書いてあります。
解剖学を学んだ人なら誰でも知っていることです。
知っていることなんですけど、改めて言われると、ああそうだったかそうだったよねと、何となく膝を打ちたくなるという種類の情報です。
あれっそう言えば気が付かなかったというようなことも含まれているのかもしれません。
この記事がとにかく毎日10数回も閲覧されています。
公開から今日までの4年半で17,842回です。
4年半以上、毎日10回以上見られているなんて、ちょっと本当に不思議です。
皆さんそんなに脊柱好きなんですかね。
それとも気になるんでしょうか。

頸椎と胸椎と腰椎には違いがあります。
当たり前です。
違いがないのなら脊椎1番から24番までなんて名前になっていたかもしれません。
整体的に確認したくなるのは、棘突起の向き、関節面の向きです。
この違いが体幹の動きの違いに影響しています。
ついでに胸椎12番の形と付着している筋肉も確認したくなるところです。
名前が違うということは、区別されるべき機能があったり構造があったりするということです。
同じ名前で番号が付けられたりしているということは、機能が同じであったり構造の基本が同じだったりということだろうと思います。
そして、人は名前が付いていると、それはあると認識していることが殆どです。
たまに話をしますが、「ドーナツの穴」はドーナツなしには存在しません。
そのもの自体はないんですけど、ドーナツを持ってくると急に穴が存在するという。
面白いですね。
いや、そう言うことが体を解釈する時にも大切になってくるという話です。

これも良く話をしますが、肩は肩だけで存在しません。(ちょっと大げさですけど。)
胴体と腕の途中辺りのことを、そう呼んでいます。
肩はひとそれぞれ違います。
違うというのは認識が違うという話です。
認識が違うと使い方が変わる可能性があります。
腕だと思っていれば、肩や肩甲骨は動くものとして使われる可能性がありますが、胴体だと認識していると動かないものとして認識されているので、無意識のうちに固定しているかもしれません。
以前、大阪なおみさんがテニスの大会で優勝した時のトロフィーを掲げた時の写真について書いたことがあります。
彼女がトロフィーを掲げた写真を思い浮かべてみて下さい。
両腕が耳にくっつくくらい、肩と一般に呼ばれいている部分が持ち上がっています。
子供のようです。
普通の大人はあんな風に掲げないことが殆どです。
腕と耳の間には空間が空きます。
彼女はきっと肩を腕として使っています。
認識がどうかは分かりませんが、その方が腕(肩を含む)の可動域は増えます。
パワーも増えるのかもしれない。

頸椎と胸椎と腰椎は別々の名前がついていますが、同じ脊柱の一部です。
それぞれが独立して動くことは出来ません。
別々の名前がついていると別々に認識してしまうのが人間でしょう。
首と背中が一緒に動くなんてねぇ。
でも考えてい見ると、頸椎と胸椎は同じ脊柱の一部で繋がっています。
たまたま違う名前を付けられただけとも言えます。
もちろん、胸椎には肋骨がついているので動きに制限がかかるのは当然です。
でも、頸椎と胸椎は別々には動けません。
何しろ繋がっているんですから。

話が長くなりました。
解剖学の本を読んだり見たいしている時、そんなことを考えながらいつも見ています。
何か発見があると嬉しいものです。

【四つ這いストレッチ】@今日もストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

緊急事態が発令された2週が経過しました。
今週末は東京は雨。
ということもあってステイホームの方が多いと思います。
家で出来るストレッチを上げて来ましたが、今回は四つ這いで出来るストレッチです。
背骨周りと首肩周り、腰辺りも動かすストレッチです。

動かなさ過ぎて固まって来たなぁと思ったら、四つ這いになってやってみて下さい。
最初は意外にも動かない自分に驚くかもしれませんが、ぼちぼちやってると動くようになって来ます。
肩こり腰痛気分転換ストレス発散に。
是非!


てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019