整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

触診の授業は独立しています。

読了までの目安時間:約 3分

触診の授業

てあて整体スクールには触診の授業があります。
どんな整体学校や整体スクールでも触診はやっています。
骨格調整の前に患者さんの体がどんな状態になっているのか調べるためです。
骨盤の調整をするにも、骨盤の歪みが分からなければ調整はできません。
背骨の調整もどこがどちらに曲がっているのか(ズレているのか)が分からなければ、調整のしようがありません。
でも、触診だけを授業として扱っているスクールや学校は聞いたことがありません。
骨格調整の授業の時に、歪みを診てから調整するというように、ついでのような形でやっていることが殆どです。


てあて整体スクールでは触診だけで授業を行っています。
そして指針整体の練習をする時には、必ず触診の練習をしています。
骨格調整や歪みの調整をしないのにです。


触診でやっていることは簡単で単純です。
患者さんの体に手指を置いて触れるだけです。
置くだけなので、その動作は誰でも出来ます。
問題はそこからです。
手指を置いて患者さんの状態が分からなければ意味がありません。
関節がズレているのか(歪んでいるのか)、動きはどうなのか、筋肉に張りはあるのか、熱感は、硬さは。
血流や反応はどうなのか。
触診で色々なことが分かりますが、それが分からなければいけない。
だから練習します。
何度も何度も練習して精度を上げて行きます。
その時に自分の体の使い方や手指の使い方に、コツのようなものがあります。
触れた時により分かりやすくなるような、体の使い方や手指の使い方です。
体の使い方が上手く行っていなくても、触診の動作は出来るし、患者さんの状態も分かります。
でも分かりにくい。
分かりにくい上に精度が低い。
そして触れ方によっては患者さんの状態が変わってしまうこともあります。


患者さんの体の状態を変えず。
歪みや動きや硬さや熱感が分かり。
しかも、練習しているうちに、どんどん精度が上がり解像度が上がるような触れ方をしたい。
そのための授業です。

整体スクール授業再開しました。

読了までの目安時間:約 2分

指針整体

8月20日から営業自粛に伴って整体スクールの授業をお休みしていましたが、今日から再開しました。
今日の授業は触診と指針整体です。
触診は指針整体の授業の時や骨格調整の授業でも練習しますが、触診の授業では解説をします。

どうして触診するのか。
触診で何が分かるのか。
手指の使い方。
体の使い方。

などです。
触診は患者さんの体に触れて、どうなっているかを触知する方法です。
骨格の歪みや関節の動き。
筋肉の張りや体表温の違いなど、さまざまなことがわかります。
でも、「悪いところ」は探しません。(良い悪いを決めない。)
体に触れて悪い場所を見つける訳ではありません。
体が今現在どうなっているのか。
どんな状態にあるのかを過不足なく知るためです。
痛みや症状の原因がどこにあるのかなど、色々なことを考えるのはその後です。
硬くなっているところが悪いんだろうとか、冷たくなっているところが良くないんだろうなどとは思わないように。
ここは硬い、ここは柔らかく動きやすい、ここには熱感がある。
あるがままを知ることが大切です。
そのための、自分の使い方や触れ方などを勉強しました。

通常通りの授業が戻ってきます。
見学や体験など希望の方は連絡下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230

触れてはいけない部位

読了までの目安時間:約 3分

今日は整体スクールの骨格調整の授業でした。
授業中に患者さんの位置を変える必要がある生徒さんがいました。
こういう時どうすれば良いんでしょう?というような質問でした。
側臥位(横向きに寝ている)の患者さんを少し手前に移動させたい場面でした。

患者さんは女性で術者は男性。
手技を長くやっている先生なら問題なく出来ることですが、勉強を始めたばかりの生徒さんには意外に難易度が高いことがあります。
どこに触れて移動させれば良いのか、どこを持てば良いのか、どんな風に移動したら良いのか。
変なところに触れららないし、かと言って移動しなければいけないし。
というところです。
後ろ側から前に手を回して、上前腸骨棘の下と脇腹に手がかかるあたりに前の手を置き、後ろの手は腸骨稜あたりに置いて一気に後ろに動かします。
一瞬でというのがポイントです。

患者さんの体で触れてはいけない部位があります。
そしてなるべく触れない方が良い部位もあります。
施述上どうしてもという場合を除いては、やり辛くても出来るだけ触れないようにします。
また、触れる時に自分の手指のどこで触れるかというのも問題になります。
同じ部位でも触れる手指の部分が違うと印象が変わります。

会陰部はとうぜんどんなことがあってもダメ。(昔は治療に使っていたと聞いたことがありますが、今はどんなことがあってもダメですね。)
女性のバストもダメ。
次になるべく触れない方が良い部位があります。
概ね関節の内側。
脇の下、膝の裏、肘の内側、首(顎の下)あたりです。
出来ればあまり触れないようにする部位もあります。
お腹、内転筋。
最後に患者さんの体を扱う(動かす)時に、別の方法があれば別の側を使ったほうが良い部位として。
腕の内側、脚の内側(内転筋だけでなく、フクラハギの内側)などがあります。

触れられると、なんとなく気になる部位ですね。
だから出来るだけ触れない。
でも触れなければいけない場面もあります。
施述上しかがたないようなときです。
(それでも、会陰とバストはダメです。)

触れ方・使う手指も色々あります。
それはまた別の機会に。

意外に気にしていないことがありそうなので、確認のために書きました。
参考まで。

触診の授業

読了までの目安時間:約 3分

触診・てあて整体スクール

今日の授業は触診でした。
授業では触診の練習もしますが、触診の時の考え方や触れ方、体の使い方などをまずは学ぶ授業です。
手前味噌ですが触診を授業としてカリキュラムに入れている整体学校はほかにはないと思っています。
難しい手順や技術がある訳ではなく、気をつけておくべきことや、考えておくべきことがあると言うことをお伝えしています。
知っているのと知らないのとでは、のちに大きな差になってくると思っています。

てあて整体スクールを卒業した人は、全身の筋肉を緩め軽く動きやすいものにし、体の歪みや関節の動きの悪さを調整することが出来るようになっています。
その上で腰痛や肩こりなどの患者さんをどうやって診ていくのか、どんな風に考えをまとめていくかの基準を知っています。
でもこれらはどこの整体学校や整体スクールに行っても身に付くものだと思います。
他校とのいちばんの違いは多分、触診だろうと思います。
触診がある程度出来るようになっていること。

これ実はかなり重要です。

触診さえ出来るようになっていれば、あとはどうするかを考えるだけです。
でも、触診が出来なければ、患者さんの体を調整することができません。
歪みや動きの悪さが分からない訳ですから。
硬くなっていれば柔らかくする方法を考える。
歪んでいれば元に戻すことを考える。
どんな方法だって良いです。危険でなければ。
その時に骨格調整の手技や指針整体など全身を緩め軽く動きやすくする手技があれば、すぐにでも手をつけられることになります。

患者さんの言っている痛みや体の調子をそのまま聞けば良いと言うことはありません。
患者さんは自分の症状を伝えたいがために痛みや症状を強調して言うこともあるし、逆に口下手な人は症状を軽く言ってしまうこともあります。
例えば患者さんと自分の感覚の違いもあります。
けっこう痛い、と言ってもどれくらいなのか。
腰が痛いと言っても、腰のどのあたりなのか。
肩が痛いと言っても、肩や首や腕のどのあたりなのか。
触れてみて、実際にソコがどうなっているのか。
腫れているのか、熱感があるのか、歪みはあるのか、可動域はどうなっているのか。
触診ができるようになっていれば、患者さんの言葉とのギャップも分かります。

卒業時に触診が出来る様になっていると言っても、完璧に全てわかるようになっているわけではありません。
調整が出来る程度には出来るようになっています。
卒業後もどんどん精度は上がっていきます。
どんどん精度が上がっていくことが出来るような状態で卒業してもらうと言うことです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

触診の落とし穴

読了までの目安時間:約 3分

今月の名古屋教室は骨格調整の授業です。
調整をするためには、歪みや可動域を手で調べる必要があります。
今月の名古屋はまだ始めたばかりの人たちだったので、触診に時間を取りました。
触診は手技の基本です。
どんなに詳しく説明しても、すぐにできるようになるものではありません。
ただコツのようなものを知っておくと、より早く精度が上がっていきます。


てあて整体スクールでは触診の練習をするのに、触れる部位を決めています。
脊椎棘突起、腸骨稜、後上腸骨棘、大転子、坐骨、脚長など。
とくに最初は腸骨稜や後上腸骨棘の場所が分かりにくいようです。
分かりにくのには幾つか理由があるように思っています。


一つは体の中のどのあたりに腸骨稜や後上腸骨棘があるのか、イメージしていないで触れている場合です。
大体この辺りにあると目安をつけて触れていない。
砂の中に落ちている何かを探すように、無闇に骨に触れようとします。
そうすると、あれもこれも全部それのように感じてしまい、どれがどれだか分からなくなります。
もう一つ、イメージはある程度しているんですが、イメージが間違っている場合です。


触診の落とし穴

イラストを描いて説明しました。
身長に対する骨格の大きさは大体決まっています。
大きさと言うのは横幅についてです。
例えば身長160センチの人なら、50キロの人も150キロの人も骨盤の大きさ(横幅)は大体同じです。
横幅の大きな人を目の前にすると、ついお尻や腰の幅と同じで骨盤も大きいような錯覚をイメージします。
その大きな横幅のイメージのままに触診しようと手指を触れようとすると、全く違う場所に触れてしまうことになります。
これでは失敗。
身長からの縮尺を考えて触れるようにします。
もちろん個人差はあるし、時と場合によりますけど。
でも、そういう想像をしながら触れていくことが必要になってきます。


触診は判断する練習でもあります。
ううう〜ん、ちょと判定できないなぁ。
と言っていると、一生判定できるようにはなりません。
間違っていても良いので、決めます。
そうやって繰り返し練習していると、精度が上がっていきます。
整体師になる前には信じられないようなことが何となくわかってきたりします。
それもまた楽しみの一つです。

触診の授業

読了までの目安時間:約 4分

3月の土日は触診の授業から始まります。
今年から触診を授業として独立させて、時間を取って説明し練習の基本を教えることにしました。
触診自体は生徒さんが自分の体や手指で感じるもので、感覚を教えることは出来ませんが、どんなことを考え、どんな風にやるのか。
体の使い方や手指の使い方、患者さんの何を識ろうとして触れているのかなどを確認して行きます。





初めて人の体に触れ触診しても、最初は殆どなにも分かりません。
何となく触れている手指の下に骨的なものがあることは分かります。
ただそれが曲がっているのか歪んでいるのか、動きが良いのか悪いのかなんて分からなくて当然です。
今までやったことがなく、考えたこともなかったことは、自分の頭の中にそれを認識したりする領域が出来てませんから。
触れれば体の中の状態が分かる、と言うことを知ることが先ずは大切です。
触れてみて、手指の下に何かある。
ということが認識されれば、次が始まります。
その手指の下のものは何なのか。
何度も何度も触れていると、少しずつ違いに気が付くようになります。
その違いに気が付くことを、歪みを感じるなどと言うようになります。
違い(差異)は大きなものから気づき始め、だんだんと小さな違いにも気が付くようになります。
あれっひょっとして、これも違うの?
みたいなことです。
そうやって違いがあることを認めてあげることで、どんどんと違いに気づくことが定着して来ます。
解像度が上がる感じと良く言いますが、少しずつハッキリしてくるような感覚です。


違いにもいろいろとあります。
位置が真っすぐ並んでいない。
少し硬さが違う。
温かみが違う。
張り具合が違う。
動きのようなものを感じる。
などなど。
次には素材の違いも感じられるようになるかもしれません。
皮膚、皮下組織、脂肪、筋肉、筋膜、靭帯、腱などは全て違う素材です。
硬さも、柔らかさも、長さも、伸びる方向も、温かみも全部違います。
その違う素材が幾重にも重なっているのが体です。
重なり方も様々です。
するする動く関係もあるし、調子が悪い人なら癒着しているようなこともあります。
その違いもだんだんと分かるようになります。


大切なことはそれがどうなっているかを分かるということです。
けして、悪いところを探している訳ではありません。
今、どうなっているか。
それが分かるだけで良いんです。
どうなっているかが分かった後に、どうするかを考えます。
悪いところを捜そうとして、悪いところを見つけたと思ってしまうと、その後の整体の組み立てを間違うことがあります。
悪いところ、というイメージに引きずられてしまうことがありますから。
だから、あるがままをキャッチすることです。
面白い授業だと思っています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

触れてみる

読了までの目安時間:約 3分

頭の固さ

クラニオ(頭蓋仙骨療法)入門講座でした。
今回はスクール生ばかりの参加。
皆さん初めての参加で、クラニオがどんなものなのかから話をしました。
歴史的な話を少しした後に、どんな考えからこの療法が生まれたのかなど話をしました。

人の体には自律的な運動があります。
心臓の拍動や呼吸だけでなく、それとは別に自律的な運動があるというのが多くの手技療法で言われていることです。
確かに患者さんに触れていると感じることがあります。
ただ、最初の頃は全く分かりませんでした。
頭蓋骨が動いているとか、仙骨と後頭骨が呼応して動くだとか。
全身が膨張収縮を続けているという先生もいらっしゃいます。
マジカ!?
と思ったこともありましたが、今はそういうことなんだろうなと思います。

その自律的な運動が阻害されたら。
頭蓋骨が歪んだり、全身を構成している膜組織の硬さに偏りが出たり。
筋肉や筋膜の硬さ、靭帯の状態などで、全身の膨張収縮や仙骨後頭骨の動きのリズムは崩れることがあります。
崩れるが言い過ぎなら、動きが歪むことがある。
そうすると例えば、頭が固くなったりします。
ストレスや緊張が原因だったりすることが多いように思います。
それは皮下組織の状態が変わるということかもしれませんし、本当に歪みで動きが阻害されたことが原因かもしれません。

頭が固い!?

参加していた生徒さん達がそこに反応しました。
頭は固くなったり柔らかくなったりするもんなんですか?
それは石頭ってことですか?
えっ私は硬いの柔らかいの?
ということで触れてみました。
一人、他の人とは違って硬い人がいました。
何人かの頭に触れると分かります。
そこで皆で人の頭に触れてみることにしました。

へ~!?
そうなんだぁ。
あっはいはい。確かに。
硬い硬い。
私は~?

触れることは大切です。
確認して自分の手や体で感じ感知します。
それがなければ先にすすみません。
あああこう言うことなんですね。
と皆さん少し納得してくれました。

この固い頭はいつも固い訳ではありません。
緊張が取れたり血流が改善したり。
歪みが取れたりすれば柔らかくなります。
日々、変わるのが身体です。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com

触診の練習法

読了までの目安時間:約 3分




触診の練習風景です。
触診では骨格の歪み(ズレ)、関節の硬さ(可動域の良し悪し)、筋肉の硬さ柔らかさ、筋肉の張り具合、体表面の温度、などなど沢山のことを知ることが出来ます。
手指で触れることで、どうなっているのかを感知します。
触れる時の注意点はいくつかあります。
強く押さないこと、軽く触れること。
自分の体勢を整えておくこと。
手指だけを動かすのではなく、身体全体を使うこと(特に股関節など)。

触診の練習を始めた頃は、全く何も分からないということもあります。
最初はそこに骨があることが分かればOKです。
分からないと何度も同じ部位を触れたりしてしまうこともあります。
何度も何度も同じ背骨を指で触れる訳です。
強く触れると相手の身体が変わります。
強く押されれば緊張することもあるし、逃げることもある。
だから軽く触れる訳ですが、つい長く同じところに留まって触れてしまいがちです。

そこでこの日は「触れるのを一瞬に」するように練習しました。

ほんの一瞬触れて手指を離す。
そうやって触診する練習です。
一瞬なので1秒もないくらの時間、手指を相手の身体に乗せます。
置いたらすぐに離す。

手指に感触が残ります。

その残った感触を再構成・再構築します。
頭の中でどんな感触だったのかを思い出し、手指が受けた感触から歪みや硬さや温かみや張りを認識する。
そういう方法です。
これ意外に出来ます。
ゆっくり触れすぎると逆に分からなくなることがあります。
そんな時は触れて一瞬で離す。

幾つかの方法を持っていれば、一つの方法が上手くいかない時に別の方法を試すことが出来ます。
そのための練習でもあります。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

骨格調整の授業

読了までの目安時間:約 4分

骨格調整2008231

今月の授業は骨格調整です。
てあて整体スクールの骨格調整は主にマッスルエナジーテクニック(MET)を使って行います。
骨格のズレや動きの悪さだけでなく、筋肉の硬さの調整(緩める)も同時に行えます。
ボキボキしない。
強い力を使わない手技なので、受けている患者さんに対して安全なだけでなく、やっている整体師も安心して使える手技です。
METは骨をテコの原理を使って動かしたり、筋肉の持っている独特の性質(等尺性収縮後弛緩)を利用して緩めます。
強い力で押したり引いたり、瞬間的な力を入れたりするものではありません。
患者さんに筋肉をゆっくり(2・30%)使ってもらい、これに最適抵抗を加えることで調整します。
どの部位も同じ原理を使っていますが、調整する場所が違うので患者さんの肢位や整体師の姿勢(フォーム)や手指の当て方などが違います。
形が違うので色々なことをやっているイメージになりますが、原理は同じ。
目的と原理を忘れなければ、自分の頭で組み立てることも出来ます。


骨格調整は触診で7割決まる。


整体業界ではよく言われることです。
歪みや状態が分かれば、後の調整は3割くらい。
本当にそうだと思います。
どんなに手技が上手く出来ても、触診で歪みが分からなければ調整出来ませんし、触診が間違っていると結果は上手くいきません。
だから触診は何度も何度も練習します。
練習して精度を上げることは、卒業しても開業しても続くことです。


骨格調整2008242

骨格調整の授業は最初に手技の説明を聞きます。
どこをどんな風に調整するのか。
METの考え方も含めて説明します。
その上で一人一人に調整を受けてもらいます。
体験し体感することで、患者さんの受けているイメージやおよその感覚を知ってもらいます。
その上で他の生徒さんが受けているところを見てもらいます。
このタイミングで動画を撮影する人が増えています。
動画は後から見直すのに有効な手段ですが、動画ばかり撮っていると自分の頭で覚えることが上手くいかなくなったりします。
個人的には写真を撮って、自分の目で見て、家に帰って自分でテキストを作る。
スクールの教科書をベースにすれば、自分オリジナルのものが出来て、後から見直した時にも使いやすいものになると思います。


手技の説明をしている時に、周辺情報をかなり話ています。
患者さんの傾向だったり、失敗談だったり、上手く出来るようになるためのコツ的なことだったり。
またその手技から派生した話だったりです。
この話は本当に大切だと思っています。
出来ればこれもメモしておくと、将来本当に役立つだろうと思います。
自分自身も勉強をしていた時に、ノートの端にメモしたことが5年くらい経ってから理解出来たことがあったり、確認出来たりということもありました。
20年の臨床経験で知った情報は、自分で得ようと思うと20年かかる訳ですから、利用しない手はないと思います。


てあて整体スクールではトントンとリズミカルな刺激を全身に入れて行く指針整体と
ボキボキしない安心で安全な骨格調整・筋肉調整のMETを教えています。
来年から授業料が値上がりします。
整体師を考えている人は先ずは授業見学にいらして下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


骨格調整2008243

正常性バイアスと同調圧力

読了までの目安時間:約 4分

新型コロナウィルス感染症の感染者数は約27,000人。
日本の総人口は1憶2600万人。
少なくとも約4600人に一人が感染していることになります。
4600人に一人だと、家族や友人知人など自分の周りの直接知っている人には感染者は殆どおらず、知人の知人に感染者がいるという人がたまにいるくらいの状態だと思います。
それが少しずつ半年かけてそうなって来ました。
感染した人も軽症者などは数週間で退院したり自宅療養を解かれ、普通の生活に戻っていると思います。
これならそんなに感染することはない。
と考える人が多くなるのも分からないでもない状況です。
正常性バイアスっていうんですかね。
(正常性バイアスとは「自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。」と、ウィキペデイアにあります。)

でも、自分が感染するかどうかは、自分の周りの人が感染しているかどうかとは全く関係がありません。
知っている範囲にいないからと言って、日本で27,000人が感染していることに変わりはない。
感染症が収束したわけでもなくなった訳でもありません。
だたまあ、緊急事態宣言は解除されたし、GoToキャンペーンは始まったしで、もう大丈夫だと認識してしまうのが仕方がない状況であることはあると思います。
でも、感染しないかどうかは分からない。

ついでに同調圧力というのもあります。
(同調圧力とは「少数意見を有する者に対して、暗黙のうちに多数意見に合わせるように誘導することを指す。」とウィキペディアにあります。)
多数意見に合わせるように誘導する、かどうかは別にして、暗黙のうちになんとなく、多数の行動に合わせてしまうような行動をとる人が多い。
赤信号みんなで渡れば怖くない、って言った人がいますが、そんな状況です。
なんとなく感染症は怖いけれど、皆が外に出ているので私も、とか、皆が行動しているので自分も大丈夫なような気がする、的な行動です。
これがどちらに働くのかが、今後を左右しているように思っています。
やはりきちんと対処しないといけないね、と働くのか。
重症化しないんだから大丈夫だと思うのか。

触診のことを話します。
触診は患者さんの体に触れて、歪みや硬さや温かさ、筋肉の張りなど、体の状態を蝕知します。
やっていることは、単に状態をつまびらかにすることです。
けして悪いところを探したり、痛みの原因を探したりしている訳ではありません。
でも、つい。
どこが悪いんだろうと探してしまうことがあります。
特に勉強を始めたばかりの人がそうです。
でもそれだと見誤ってしまうことがあります。

硬いところは悪いところだろう。
動きが悪いのは調子が良くないからだ。

そんな風に予断を持ってみていると、ありのままが目に入らなくなって、状態を正確に知ることが出来なくなってしまいます。
確かに硬かったり動きが悪いところは、調子が悪い場合が多いことは確かです。
しかしそれが一対一で対応するかというとそうでもない。
先ずは状態を正確に、予断を持たず、ありのままを知ることが大切です。

新型コロナウィルス感染症についても、テレビやニュースで発表される数字だけを見ていると、本質を見誤ることがあるかもしれません。
誰か一人の人の言うことを聞いていると、見方や捉え方に偏りが出来てしまうかもしれません。
結果の数値には嘘はありません。
なるべく元の数字を見ながら、自分で考えて行動したいと思います。

1 2 3 6
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019