整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

【ダンサーのための解剖学】 チャコット名古屋スタジオでやりました。

読了までの目安時間:約 2分

ダンサーのための解剖学

11月17日にチャコット名古屋スタジオで特別講座【ダンサーのための解剖学】を行いました。
夏に続き2度目の開催でした。
平日昼間の開催でしたが5名の皆さんに参加いただくことができました。
バレエの先生にも参加頂いて、これからの指導に生かして頂けたらなと思います。


解剖学の講座と言っても筋肉や骨の名前を覚えたりするものではありません。
ボディマッピングという手法で、外から見た体と内側の仕組みの違いを確認し、実際に動く場所を触れたり動かしたりする講座です。
腕や肩や脚など、言葉で呼んでいる場所も、実際にはもっと遠くから繋がって動いているものです。
それを知ることで、バレエやさまざまなダンスの時の動きがより楽になったり優雅になったりすることを目指しました。
一人一人の体に触れて、首と頭の骨の関節の位置を確認し動かしてみたり、椅子に座って骨盤と股関節と背骨の関係を確認したり。
なかなか充実した時間でした。
アレクサンダーテクニークにも興味を持っている方がいらっしゃったので、アレクサンダーテクニークの説明や少しワークも行いました。
今度はアレクサンダーテクニークのワークショップなんかも良いかと思っています。

参加された皆さんお疲れ様でした。
ありがとうございました。


ダンサーのための解剖学2

この日の内容は拙著「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!」(さくら舎刊)に書いてあることと共通しているので、宣伝させて頂きました。
まだまだ発売中です。
よかったらどうぞ。


『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!」(さくら舎刊) >>>

【ダンサーのための解剖学】 来週です。

読了までの目安時間:約 2分

来週、8月16日にチャコット名古屋スタジオさんで「ダンサーのための解剖学」を行います。


解剖学と言っても解剖学の知識を使って、体に触れたり動かしたりしながら、自分の体を再確認していく講座です。
さまざまなダンスやバレエを始めて、踊れるようにはなってきたけど、どうしても体が言うことを聞かないときがある。
なんとなくギクシャクしてやりにくい動きがある。
先生が言っていることは頭では分かるけど、自分の体で表現しようとするとできなくなってしまうとか。
それひょっとして体に対する認識の間違いからきているかも知れません。
関節や骨や筋肉のつき方は、体の外からはわかりません。
衣装を着ていたり、皮膚の上から見ているのと、実際に動く場所は違っていたりします。
それを確認して感じてみて下さい。
名古屋では久しぶりの開催です。
興味のある方はチャコットさんに直接申し込んで下さい。


ダンサーのための解剖学
日時:8月16日(月)16:45〜18:05
場所:チャコット名古屋スタジオ(栄)
料金:会員2,640円(非会員 3,300円)
申込・詳細:下のリンクをクリックして下さい。

https://www.chacott-jp.com/lesson/studio/nagoya/schedule/detail022306.html


8月16日アレクサンダーWSチャコット名古屋

ここからいふ広場で解剖学セミナー

読了までの目安時間:約 1分

ここからいふ2103271

宇都宮雀宮にある「ここからいふ広場」で解剖学セミナーでした。
参加者はここからいふ広場上田さん主宰の和ごころ式セラピーの受講者です。
これからクラニオを使ったセラピストになられる方々です。
まだまだ勉強を始めたばかりの方々でしたので、解剖学の導入のような内容でした。
短い時間の講座なので、勉強の方法とか読むべき本、セラピストとして知っておいてもらいたい考え方などについて話をしました。
質問時間では皆さんいろいろな悩みというか疑問があって、けっこう白熱した質問時間になったと思います。

同じメンバーが参加する講座が来月もあります。
来月は体の使い方。
アレクサンダーテクニークをベースに、考え方や実際の使い方などもやります。
楽しみです。


ここからいふ2103272

1月からNHK文化センター柏教室でアレクサンダーテクニーク

読了までの目安時間:約 2分

2021年1月からNHK文化センター柏教室でアレクサンダーテクニークの講座を再開することになりました。
3回コースで毎月第四日曜日10:00から2時間枠で行います。
今年の春から秋まで行っていましたが、また来春から再開できることになりました。
コロナ禍でお声をかけて頂いたことに感謝しています。
12月に入ったNHK文化センターからも募集が始まりますが、こちらでもお知らせをしておきます。
柏方面で体の使い方や姿勢に興味のある方は問い合わせ下さい。


【 アレクサンダーテクニーク ~姿勢と自分の使い方~ 】

日程 : 1月24日、2月28日、3月28日(第4日曜)
時間 : 10:00~12:00
場所 : NHK文化センター 柏教室 >>>
案内文 :
体の歪みや動かし方が気になりませんか?
アレクサンダー・テクニークでは習慣的な使い方を見直し、自分本来の楽な使い方を学びます。
自分を感じるワークでクセや習慣を手放し、忘れていたアノ楽な感じを思い出しましょう。
立つ座る歩く。
自分の姿勢を感じ見直す。
楽器演奏やダンスやヨガなども。
体の見方・捉え方を見直し、今の自分を感じるところから始めます。

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)をテキストとして使います。


NHK文化センター柏・荒木

NHK柏でのアレクサンダーテクニーク 継続します。

読了までの目安時間:約 2分

昨日はNHK文化センター柏教室でアレクサンダーテクニークのグループレッスンでした。
参加者は5名。
当初8名の申込でしたが、雨だったからかいらっしゃらない方がいました。
内容はアレクサンダーテクニークの紹介と、ハンズオンワーク、姿勢を整える時の自分の在り方のようなことをやりました。


NHK文化センター柏

少し広い教室を用意して頂いて、広々とした中でレッスンでした。
ハンズオンワークという手で触れるワークがありますが、一人一人終わるごとに手をアルコール消毒して行いました。
また、生徒さんとは正面にはならず、マスクをしたまま横からだったり斜め後ろから話しかけていました。
少し気になるかと思っていましたが、殆ど気にならずにレッスンを進められました。
昨日もボディマッピング(カラダの地図)のことを少し話をしましたが、来月からの講座でもこれをやろうということになりました。
ちょうど先月上梓した本を使って、姿勢や体の使い方について、カラダの中身がどうなっているかを確認するところから始めるようなクラスにしようと思っています。
書籍代金分は受講料を安くしてもらうことにしたので、受講すると本が手に入り、講座が終わっても読み返したり確認したり出来るのかと思っています。
これから、内容を少し詰めて、連絡することになります。
募集が始まったらまた告知します。
NHK文化センター柏教室はJR常磐線柏駅すぐ隣、徒歩でも3分くらいの場所にあります。
7月から9月までやった後はどうなるのか、さすがにそこまでは話していませんが、継続もあるのかなと少し思っています。


※ 「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! (さくら舎刊)全国書店、アマゾンなど通販でも購入出来ます。
  アマゾンの「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!」のページ >>>


NHK文化センター柏・荒木

ここからいふ広場で解剖学講座やりました。

読了までの目安時間:約 3分

ここから20061

先週土曜日、宇都宮市雀宮にある「ここからいふ広場」で解剖学の講座をやって来ました。
ここからいふ広場はセラピストを養成したり、セラピー関連やお母さんと子供のためのセミナーや講座をやったり、クラニオのサロンとしても機能していたり、こども食堂をやったりするという、マルチな活動のハブとして活動されています。
主宰の上田さんとはもう10年近く前にクラニオを学ぶ場でご一緒させて頂き、東日本大震災後の手技のボランティア活動からは今回の講座に繋がるセミナーなどを一緒にやって来ました。
土曜日の解剖学は上田さんが指導している和ごころ式セラピスト養成講座の一環として行っています。
自分でもスクールをやっていながら、他の方の講座でも教えるというのは考えてみると面白い関係と言えなくもありません。


今回参加された方々はクラニオ(頭蓋仙骨療法)セラピストになるべく勉強を始められた方々です。
普段は介護士や看護師、アロマセラピストや整体セラピーのセラピスト、保健師やスポ-ツ栄養学の指導者や、カフェオーナーや主婦までいらっしゃいました。
看護師・介護士の方と勉強を始めたばかりの主婦の方に、一緒に解剖学の話をするのは意外にチャレンジなことでした。
でも逆にセラピストにとっての解剖学のエッセンスをお知らせすることが出来たかと思います。
初めて解剖学に出会うと、どうしても難しい漢字で書いてある専門用語を覚えないといけないと思ってしまいます。
でも、セラピストにとっては専門用語を覚えることも大事ですが、それよりもセラピーをするに当たって大切な解剖学的な見方や捉え方、解剖学をどうやって使っていくかなどが重要になります。
そんな話が出来たかと思います。


次回も同じ方々にアレクサンダーテクニークと体の使い方について話をする機会を頂きました。
これもまた「自分の体をどうやって使うか」という、考えてみれば不思議な話をすることになります。
だって自分の体なんですから、今までずっと自分で使って来てますよね。
その使い方を人から教えてもらうんです。
ちょっと面白い。


てあて整体・荒木は交通費と日当を頂ければ、全国どこでも出張します。
解剖学やアレクサンダーテクニークに基づいた様々なセミナーやワークショップを企画することが出来ます。
ダンサーのための解剖学
セラピストのためのアレクサンダーテクニーク
長時間座っても疲れないための解剖学・アレクサンダーテクニーク
歩き方のアレクサンダーテクニーク・解剖学
などなど
連絡お待ちしています。
※日当はそんなに高くないですよ。(笑)


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


ここから20062

ここから20063

ここから20064

NHK文化センター、現代舞踊協会、スタジオボディーMでの講座は延期・中止です。

読了までの目安時間:約 3分

幾つか先週になって決まったことがあります。
NHK文化センターや現代舞踊協会で予定していた講座が、延期になったり中止になったりしています。
確認とお知らせです。


NHK文化センター柏教室でのアレクサンダーテクニーク講座
柏教室では今回初めて講座を持つことになっていましたが、4月26日、5月24日、6月28日に予定していた3回講座のうち、4月26日の分は当面中止とします。
現在のところ5月6月は開催予定にしています。
3回を2回にするのか、どこかにもう1日追加して4月分の補講をするのかは決まり次第お知らせします。
5月6月は開催予定なので、NHK文化センター柏教室に問い合わせ下さい。

NHK文化センター柏教室 >>>



現代舞踊協会《実践体験型ワークショップ》
このところ毎年行っている現代舞踊協会主催の《実践体験型ワークショップ》で、ダンサーのためのヘルスケア講座として「カラダの解剖学」の講師をやっていましたが、今年はその会場となる「選抜新人舞踊公演オーディション」が中止となりました。
これにともないワークショプも中止となりました。
ここれについては延期ではなく中止です。
毎年、50人近くのダンサーにカラダの話が出来るのは、とても有意義で楽しいものでしたが残念です。


アレクサンダーテクニ-ク・ワークショップ
スタジオボディMという名古屋でダンス指導をしている南さんに招聘されて、2月に同講座をやりました。
ダンス指導者やピラティスインストラクターなどに参加して頂き、とても好評だったので4月にも再度開催予定にしていましたが、当面延期をすることにしました。
4月末くらいには5月に行うかどうか決める予定です。


ばたばたと色々な講座が延期や中止になっていますが、今はまあ仕方がないと思っています。
ゆっくり体を休めて英気を養いたいと思います。
頑張って行きましょう!


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

5月連休中のセミナーや講座について

読了までの目安時間:約 3分

今年の5月は改元もあり10連休です。
この連休にいくつかのセミナーや講座を予定しています。
気になるものがあったらチェックして下さい。


大人バレエな人のための『カラダの座学』【5月3日】

大人からバレエを始めた方やベリーダンスやタンゴやフラダンス、ジャズダンスやソシアルなどさまざまなダンスをしている方々のための超簡単な解剖学です。
解剖学と言っても骨や筋肉の名前を覚えるものではありません。
外から見えているヒトの外形と実際に動く場所(関節や筋肉)の違いを確認して、頭の中にある体の地図を書き換える作業です。
実際に動かしたりしながら確認をしていきます。


セラピストのためのダンスの話【5月4日】

さまざまなセラピストやピラティスやヨガのインストラクター向けの、ダンスの話です。
大人になってバレエやダンスを続けている人が、どんなことに悩んでいるのかを解説していくシリーズです。
初回は「ターンアウトが出来ない。(5月4日)」以降、「体が硬い。」「脚が上がらない。」「背中を反れない/アラベスクが出来ない。」「足首が伸びない/足の甲が出ない。」「腕と肩/腕が柔らかく使えない(仮)」と続く予定です。


クラニオ練習会【5月5日】

クラニオ(頭蓋仙骨療法)の練習会・おさらい会です。
これまでに一度以上てあて整体スクールでクラニオのセミナーを受けた方のための練習会の時間を作りました。


骨格調整専科 名古屋集中コース 【5月21-24日】

連休中ではありませんが、5月に骨格調整の4日間集中コースを名古屋で行います。
骨格調整専科は整体スクールの骨格調整授業を受講するコース。
終了後も何度でもリピート受講出来るので、安心して受けることが出来ます。
4月中の申込には早割もあります。


以下は4月中の募集コースです。
アレクサンダー・テクニークとストレッチ・トレーニング。
自分の体に気づき動かす時間です。
お待ちしています。


アレクサンダー・テクニーク グループレッスン 【毎月開催】

名古屋4月17日、東京4月30日にやります。
一人からでも申込出来ます。


マダカラ ~まだまだ動けるカラダを創る【名古屋4月16日、東京4月23日】

名古屋4月16日、東京4月23日にやります。
ひとつひとつの関節を動かすことから始めて、コンテンポラリー・ダンスのフロアワークに進み簡単なステップをいくつか踏みます。
体を動かしトレーニングするクラスです。

現代舞踊協会さんで【カラダの解剖学講座】やって来ました。

読了までの目安時間:約 3分

現踊1・てあて整体スクール

2018年6月26日 渋谷区総合センター大和田の伝承ホール練習室で【カラダの解剖学講座】をやって来ました。
この企画は文化庁委託事業として現代舞踊協会さんが委託されているもので、次代の文化を創造する新進芸術家育成事業の一環として行われているものです。
何だかものものしいですね。(笑)
もうちょっと分かりやすく言うと、これからのダンサーにダンスだけでなくきちんとした周辺知識を付けてもらい、レベルアップと言うかスキルアップと言うか自力アップと言うか底上げをしていきたいと言うことらしい。
なので解剖学の他にも照明や音楽や舞台そのものについてやメイクアップや、今回はアロマの講座もありました。
解剖学の話はダンススキルは素晴らしいのに、故障をしてしまうダンサーや、振り付けの時の動きのことを考えるために必要なものをと思って、講座をするようにしています。


2011年に初めて参加させて頂いたので、今回で8回目になります。
前回までは参宮橋のオリンピック記念センターでしたが、今回からは渋谷になりました。
骨格模型など車で運んだんですが、渋谷の街は苦手です。
歩くのは良いんですが、車だと一方通行が多くて困ります。
ま、田舎もんだってことなんですけどね。


講座はとても楽しく時間が短く感じる位でした。
解剖学と言ってもマッピングと言われる分野で、体の中の構造を知って動きを再確認していくと言うようなものです。
通常は2時間くらいかけて話す内容を1時間にしたので、実際に短かったのかもしれません。
それでもとても反応が良く、体の中の感覚と見たもの説明されたものを照らし合わっせて、おおおおお~っ!と目を輝かせてくれたのは嬉しかったです。
この講座は単発でたまに色々なところでやっています。
次は8月5日に三越前にあるStudio RADAさんでやります。
スケジュールがまだ出ていないので、出たらお知らせします。
お昼の時間にやる予定です。

希望があれば全国どこでも出張講座やります。
スタジオの先生!
呼んで下さい。
交通費と日当が出れば喜んで行きます。
連絡待ってます!


現踊2・てあて整体スクール

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019