東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

開業して長く続ける整体師の資質って?

読了までの目安時間:約 3分

整体師になったら開業や副業を目指したい。

本当はそう思っている人もいると思います。
でも開業はそんなに簡単じゃなさそうだし。
失敗したら大変だし。
誰しもそう思います。
開業して長く続ける整体師の資質って何だろうと思いますよね。

幾つか必要なスキルがあると思っています。

・整体のスキル
・コミュニケーションのスキル
・宣伝広告のスキル

整体のスキルは当然です。
でも、高い技術が必要な訳ではありません。
基本的なスキルを持っている必要がある。
患者さんの骨格を調整出来て、筋肉を調整出来る。
そこがポイントです。
一発で治せます的なスキルは、あっても良いですがなくても大丈夫です。
ほんの一部の先生以外は、だいたいは普通のスキルを持っている先生方です。

コミュニケーションのスキルも大切。
どこかで書きましたが、整体の効果にも影響があるし整体のリピートにも影響がある。
そもそもコミュニケーション全般が出来ないと、患者さんの状態も正確に分からないし、こちらの意思や意図も伝えられない。
でもこれも高いコミュニケーションが必要な訳ではありません。
話上手な必要もありません。
口下手でもきちんとコミュニケーションが取れて、患者さんに安心が伝えられれば大丈夫です。
コミュニケーションは受け取る事です。
患者さんの状態や話ぶりや身振り手振りや様子から分かる事を受け取る事。
受け取ってますよというのを相手に伝える事。
あなたの事を見ているし聞いているし分かろうとしている、ということを相手に伝える事です。
伝えなければ相手には伝わりません。

宣伝広告のスキルはとても大切です。
開業当初、宣伝広告をしないと誰も来ません。
一人も来ない。
SNSでの情報発信やHPの更新、その他のネット広告や、アナログ(チラシ・看板など)の宣伝。
自分で無理な部分は外注も必要です。
ここをおろそかにすると失敗します。

整体師の開業は簡単です。
整体師です!って宣言すれば良いだけですから。
でも、続けていくのは難しい場合もあります。
そのために、必要な事は揃えておきましょう。

てあて整体スクールは副業や開業を目指す整体師を育成しています。
必要なスキルを身につけてもらうための整体学校です。
スクール見学や整体体験を受け付けています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT

※スクール見学・整体体験申込ページ
見学体験

続けることについて 開業23年目の話

読了までの目安時間:約 3分

昨日、久しぶりに会計士とミーティングをしました。
申告の問題や税金の話ということでもなく、久しぶりに会いますかという事で赤坂まで行ってきました。

てあて整体スクールは(有)アクティブケアコンサルティングという会社の営業部門です。
と言っても一人でやっている会社なので、個人事業のようなものですが。
23年前に会社の設立時に登記などをお願いしたのが、件の会計士さんです。
知り合ってからは25年以上になります。
彼がまだ事務所勤めをしていた頃に知り合って、独立して恵比寿のワンルームで仕事を始めた時に一升瓶を下げてお祝いに行きました。

荒木さん89番目の通しナンバーが付いています。
でも、今は3番目に古い顧客になりました。

彼が開業したのが2000年前後で、しばらくして2001年に私も登記をしたので、最初の頃の顧客ということになりました。
それが今では3番目に古い顧客になった。
つまり、86社は廃業したか会社整理をしたかということです。

89社開業して86社が廃業です。

10年前にも同じような話をしたことがありました。

荒木さん10年ですね、素晴らしい。
10年経つと1割も残ってないんですよ。

本当かなと思いました。
私の周りの整体師はけっこう継続してやっていたし、今もやっているからです。
開業して15年20年経っている仲間は沢山います。
というか殆どが残っている。
でも、世の中的には20年経つと89が3になって、5%も残らないということのようです。

頑張って下さいね。

はい、頑張ります。
という話をしました。
そしてまた色々な話もしました。
年齢的なことから今後のことも少し話をしました。
事業をどんな風にしていくのか。

続けることは難しい事なのか、簡単な事なのか分かりません。
やめるのは簡単だろうと思います。
ただ、続けるのが難しいとも思えない。
自分にとっては続ける選択肢しかないですからね。

自分が70歳くらいになったら、また会いに行こうかなと思います。
彼はその時は63歳になるのかな。
彼がどんな形で続けているのかも楽しみです。

開業へのプロセス

読了までの目安時間:約 4分

新卒で就職してから一つの組織でずっと働き続け、他の会社や社会を全く知らないんです。
「開業へのプロセス」が分からないので、お話を聞きたい。
とスクール見学に来た方に聞かれました。

開業と言えども、どんな種類の話が聞きたいのかが分からなかったので、幾つかの話をしました。

整体師は国家資格になっていない民間資格の仕事です。
なので開業する時に所轄の官庁への届出はありません。
接骨院やあんまマッサージ院などは保健所への事前届出が必要ですが、それが民間療法ではありません。
代わりにというか、会社をやめて仕事を始める時には、「開業届」を所轄の税務署に届け出る必要があります。
これは、今度、新たに仕事を始めるので税金を納める可能性があります、という宣誓みたいなもんですね。

開業というと店舗を借りて始めるイメージがある人がいますが、さまざまな形態があります。
副業として始める場合は、自分の休日や夜や朝の時間を利用して仕事として始めるパターンです。
この場合は自宅の一室やレンタルルームを借りる、または出張で始めるという人が多いようです。
また、知り合いに整体をやってお金を頂くのも開業です。
金額の多寡によらず、代金が発生したら開業と思っておくことです。
それは整体師としても納税者としてもです。

店舗を借りる場合もあります。
店舗を借りる場合は、物件探しから始まります。
整体など不特定多数が出入りする場合、商業店舗なら構いませんが、マンションやアパートで始めたい場合は、不動産家さんに整体をするからと言って探す必要があります。
気に入った物件でも、整体や商売はダメということもあるし、良かったとしても看板が出せなかったり表札に表示出来なかったりする事があります。

物件探しには2ヶ月程度時間を考えておきます。
すぐに決まる場合もありますが、実際に見に行ったりを考えるとそれくらいの時間は必要になります。

開業時期が2・3年後の場合は、3ヶ月単位くらいの計画を立てておく必要があります。
勉強の時期、臨床経験の時期、物件探しの時期、店作りの時期、SNSなど始める時期などなどです。
もし一年以内に開業を考えている場合は、月単位で同じような計画が必要です。
のんびりしていると一年はあっという間に過ぎていきます。
月別の計画を立てて、修正しながらやっていくようにして下さい。

そして一番大切な事。
開業を決めたら最初にする事は、整体・開業で何をやりたいか、です。
開業自体が目的になっていると、失敗する事が多いように思います。
開業自体は誰でもすぐに出来ます。
届出もない訳ですから、手を挙げて開業しましたと言えば、それで開業です。
これでは患者も来ないし、認知もされません。

整体で開業して、何をやりたいか。
どんな人に何を届けたいか。
誰にどんな風になってもらいたいか。
そこを決めておきます。

主婦にゆっくりしてもらいたいのであれば、整体だけでなくリラックスする方法の提案も必要かもしれないし、アロマを教えたり提案したりも出来るかもしれない。
お子さんが静かになったり眠るためのグッズを教えたりするのもありかもしれない。
目的があって初めて、具体的に何をするかが決まります。
店の場所を決めるにも、料金設定するにも、営業時間を決めるにも、宣伝用のSNSを決めるにも、目的が必要です。
闇雲に開業を目指すのではなく、自分が整体の開業で何をしたいのかが大切です。


というような話をしました。
聞きたい事にはある程度答えられたようです。
開業を目指している人には、個別に話を聞いてアドバイスしています。
何でも聞いて下さい。

整体師入門 ショート動画

読了までの目安時間:約 1分

ユーチューブで整体師入門というシリーズのショート動画を公開しています。

触診について6本
骨格調整について5本
症状の考え方について5本
悪い気について3本
筋肉を緩める方法について5本(番外含む)
整体師の体について4本
整体師の見方・考え方について3本
開業について8本(番外含む)

このシリーズは合計で39本あります。
他に肩こりや腰痛予防などのシリーズもあります。
全く関係ない趣味動画もありますけど。

コチラ↓です。

https://www.youtube.com/@ch.4925/shorts

最近の整体業界

読了までの目安時間:約 2分

整体師になりたい人は増えているように思います。
整体学校や整体スクールは増えている様な気がするし。
そこに通う人も増えているように思います。
ただ、何か少し気になる。

増えている整体師と増えていない整体師がいる。

整体師に大きく二種類いるとすると、一方は増えていて、もう一方は増えていない。
リラクゼーションや雇われ整体師は増えていると思う。
そしてこの雇われ整体師やリラクゼーション系の整体師を、一般的な整体師と思っている人が多いような気がする。
その一般的な人たちは就職率を謳い文句にしている整体学校や整体スクールに向かう。

これに対し開業系や調整系の整体師は増えていない様に思う。
ただ、だ。
雇われ整体師やリラクゼーション系の整体を、調整系の整体と考えているんじゃないかと言う気がする。
ようするに、就職しても整体は整体で、調整するような事をしているんじゃないか。と思っているような。
整体に対する認識に少しズレがあるような気がしている。

開業や調整を謳い文句にしている整体学校や整体スクールは殆どない。
それは就職を目的の一つとして整体師を目指す人が多いからかもしれない。
でもなぁ。
本当にそうなんだろうか。
リラクゼーション系や揉みほぐし系の整体師になりたいんだろうか。
それが将来の希望なんだろうか。

揉みほぐし系やリラクゼーション系と調整系は全く違うと思う。
やってる事が違う。
ファストファッションとセレクトショップみたいなもので、どちらも必要でどちらも大切だけど、やってることは違うんだよなぁ。

整体師として開業して、どうやれば成功するか

読了までの目安時間:約 1分

究極の問題ですね。

どうやれば成功するのか。

答えがあば皆んなやってる。
確かにそうです。
整体師を25年くらいやってきて、沢山の人が開業し沢山の人が廃業していきました。
自分の周りにはありがたいことに、長く続けている先生が沢山います。
成功している先生に、共通する事と共通しない事があります。

共通しない事は、年齢・性別・キャリア・手技・立地・開業形態・地域、患者さんの層・得意な症状などです。
ようするに皆んなバラバラで何も共通項はない印象です。

ただ、一つだけ共通する事があります。
何か一つこだわりがある。
曲げない部分がある。
そしてそれを続けている。
意外に難しいです。
調子が悪くなると変えてみたくなる。
でも、そこをあえて曲げない。

失敗しない方法はやめないこと、と誰かが言いましたけど、本当にそうかもしれません。


てあて整体スクールLPバナー

整体師の就職と開業の違い

読了までの目安時間:約 2分

整体師も大きく分けると二種類になります。

就職する整体師
開業する整体師

どう違うんでしょうか。
同じ様に感じているかもしれませんが、けっこう違います。

就職すると殆どの場合は、自分の判断で施述の内容を変えられません。
それぞれの先生に患者さんを全面的に任せる整体院もないことはありませんが、求人を出している殆どの整体院は患者さん(お客さん)にする施述内容が決まっています。
そして時間もおよそ決まっていることが殆どです。
60分ではこれ、90分ではこれ。
整体師に裁量権は殆どありません。
あるとしても患者さん(お客さん)の言う、強くして弱くしてに合わせるくらいです。

開業すると全く違います。
整体の内容、その日の組み立ては全部自分で決めます。
誰の指示も受けません。
就職する整体師と同じ手技の種類であったとしても、やっている事は違ってきます。
時間もおよそは決まっていますが、完全に一緒ということはありません。
もちろん、メニューちして時間を決めている場合は違います。
とは言えその時間も自分で決めたものです。

患者さんの言う事は基本的には聞きません。
施述内容は整体師の専権事項です。
今の状態を改善させるための方法は、患者さんの好みではなく整体師が決めます。
その整体院に行くかどうかは患者さんが決めますが、来た患者さんに何をするかは、整体師が決めます。

就職した整体師と開業整体師では、やっていることがかなり違います。
どちらをやりたいかは人それぞれです。

てあて整体スクールは副業や開業も目指せる整体師を育成しています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
mail:teate@nifty.com
LINE:https://lin.ee/H5NyjYT
LINE QR

開業整体バナー

整体師の開業 開業を決めたら最初に考える事

読了までの目安時間:約 2分

整体師やセラピストとして開業や副業をしようと思ったら。
最初に考えなければいけないことがあります。

整体やセラピーで何をしたいのか。

整体やセラピーで開業や副業にするのは、手段です。
自分が何をやらいたいのか。
もし開業が目的なら、なぜ、整体やセラピーで開業するのか、を考える必要があります。
どうしてこれなのか。

整体やセラピーで疲れている人を癒したい。
仕事でいっぱいいっぱいの20代女性を助けたい。
体に無理が効かなくなって来た50代の男性を楽にさせてあげたい。
子育てが大変なお母さんを少しでも楽にしたい。
ダンスの故障の悩みを解決したい。

どんな人をどうしたいのか。
何(目的)を提供したいのか。
そこを考えるのが最初です。

それがなければ、開業形態も決められないし、店を借りるにしてもどこに借りるのか決められません。
営業時間やメニューや内装やユニフォームなども決まらない。
宣伝をするにしてもどの媒体を使うのかが決められません。
全て目的に沿った内容にしなければいけません。

開業を決めたら、開業で何がしたいのかを考えます。
そこを突き詰めておくのが最初です。

※開業や副業もできる整体師になりたい人が学んでいます。
 てあて整体スクールの特設サイト >>>
 https://teate1.hp.peraichi.com

てあて整体スクールLPバナー

整体師の開業 どんな開業スタイルがあるの?

読了までの目安時間:約 3分

整体師の開業について。

どんな開業スタイルがあるのか。
だいたい自分が思っているスタイルが普通だと思うものです。

仕事を辞めて店舗を借りて開業。
自宅の一室を施述部屋にして開業。
副業として始める。
週末だけ始める。
夜の時間だけ始める。
カフェの空きスペースで始める。
レンタルルーム・オフィス、シェアオフィスを借りて始める。
週一のマルシェで初めてみる。
整体スタジオのスペースを借りる。

開業する場所だけでもたくさんの選択肢があります。
どれも可能性がありどれもリスクがあります。

自分やっている整体だけで開業する。
ストレッチやトレーニングと組み合わせて始める。
ピラティスやヨガのスタジオメニューとして取り入れる。
ダンススタジオのメニューとしてパーソナルの一環で始める。
占いと整体を組み合わせる。
薬膳と整体を組み合わせる。
体の使い方セミナーと合わせる。
ウォーキングのワークショップを併用する。
企業や店舗と組んで始める。

さまざまなものと組み合わせる事ができます。
今は組み合わせている人が半数くらいいます。
開業の場所や時間とも合わせると無限にあるようにも感じます。

専業で始める。
副業で始める。
整体院や接骨院で週の半分は働いて、残りを自分だけで起業する。

スタイルもさまざまです。

荒木が開業した23年前はある程度のスタイルが決まっていました。
でも今は全く決まっていないと思って良いでしょう。
問題は自分が何をやりたいかです。
整体やセラピーを使って何がやりたいか。
主婦を助けたいのなら、保育所と併設しても良いし、ベビーシッターのいる整体院もありかもしれない。
時短レシビで料理作りの教室をやりながらも良いかもしれない。
もしくは自宅に伺う方法もある。

決めない事です。
開業のスタイルは開業する人の数だけあります。

てあて整体スクールは副業や開業を目指す人の整体学校です。


※スクールの内容をまとめたページ ↓
てあて整体スクールLPバナー

整体師の開業 届出ってどうするの?

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。
整体師の副業や開業を応援しています。
てあて整体スクール・荒木です。

整体師として開業する時に届出は必要ですか?

整体師や整体院としての届出は必要ありません。
整体は民間療法と言われていて、まだ法制化されていません。
整体自体を扱う法律がないんですね。
接骨院や整骨院、はり灸院、あん摩マッサージ指圧院などは、それぞれ国家資格になっている療法なので、保健所への事前届出が必要です。
これらの資格は厚生労働省の所管なので、保健所に届け出ることになります。

では全く何も届出が必要いかというと、少し違います。
会社を辞めて個人事業で始める場合、開業届を税務署に届け出る必要があります。
それまでは給与天引きで税金を納めていたのが、開業後は別に納税するということになるからです。
開業届は最近はオンライでも出来るようですし、所轄の税務署に連絡すれば親切に教えてもらえます。
届出は開業後1ヶ月が原則です。

てあて整体スクールは副業や開業を目指す皆さんを応援します。
開業前や開業後にやるべきことも相談に乗っています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT
LINE QR
新入生応援キャンペーン

1 2 3 23
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019