整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

整体師認定と骨格調整専科修了

読了までの目安時間:約 2分

整体師認定

おめでとうございます。
名古屋教室に通っている梅田さんが整体師に認定されました。
写真の真ん中の方です。
昨年11月から通学されていたのでちょうど一年で卒業されました。
お子さんもいて色々と忙しい中、時間を作って勉強をし、最近はモニターを募集して独自に練習も始めています。
卒業されたのでいっそう力が入ることと思います。
現在はインスタグラムでいろいろ情報を公開しながら、モニターの募集もしています。
岐阜県大垣市で女性専門のセラピストとして活動されます。
お近くの方はぜひ行ってみてください。

Instagram Page >>>
https://www.instagram.com/hand_on.seitai/


そして写真右の方は骨格調整専科を修了された深井さんです。
大阪から名古屋まで受講にきて下さいました。
今回を機にまた名古屋までリピートの来ようかとおっしゃっていました。
まずは目の前のクライアントさんの歪みや硬さを調整して実績を増やして行って下さい。
オイルマッサージで10年のキャリアがあり、手は出来ていました。
あとは臨床を増やすだけだろうと思います。
大阪で中年期女性の「腰痛・頭痛・疲れ」を和らげ「体型」まで美しくするサロン!「体型スッキリ美人サロン」【リーデルーチェ】を運営されている、オーナーセラピストさんです。
お近くの方は是非!

リーデルーチェ >>>
https://rideluce.com


お二人とも女性専用のサロンを展開されます。
同性で悩みを聞いてくれるセラピストは心強いものです。
安心して使える指針整体とマッスルエナジーテクニックで、心も体も癒される患者さん・クラインアントさんが増えると良いなと思っています。

おめでとうございます。
頑張っていきましょう。

骨格調整でやろうとしている事。

読了までの目安時間:約 3分

骨格調整と言えば体の歪みを調整する事です。
確かにその部分が大きいと思います。
でもそれだけではない。

骨格調整で考えているのは、歪んだ位置で固定されてしまっている関節を動かす、という事です。

一般的だと思いますが、骨格調整をする時の目的は、サブラクセーションとフィクセーションの調整です。
サブラクセーションは亜脱臼と整体学校では学びました。
歪みのことです。
歪みとは関節(骨と骨)が本来の位置関係にない状態です。
背骨のうちの何本かが捻れているとか、骨盤にある関節がズレたようになっているとか、そういうことです。
(骨盤の関節のズレについては諸説あり)
フィクセーションは動かない、可動域が極端に少なくなってしまった状態のことです。
本来は動くはずの関節が動かない状態になっている。
背骨(脊椎)は24個の骨で出来ていますが、それらが一つ一つ別々に動くのが生理的な状態ですが、どれか一つだけだったり幾つかの骨が動きが制限されている状態です。

フィクセーションが問題だと考えて調整しています。

関節は元々動くものです。
その動くはずの関節が動かないということは、本来は動くはずの周りの筋肉や筋膜や腱、血管や神経などの組織もうごきずらくなっている状態です。
人は生きている間は常に動いています。
動きがあるのが生きている状態です。
それが動きがなくなれば問題が出てくる。
例えば普段動いている関節が動かなければ、物理的に伸び縮みしている筋肉も伸び縮みせず、血流も悪くなります。
血流が悪くなれば、組織を作っている細胞に酸素や栄養素が届かなくなるだけでなく、代謝産物や老廃物も排出しずらくなります。
良くないことばかり。
だから、動きの悪い関節を動かそうとします。
例えば背骨の触診をして、まっすぐ並んでいたとしても、動きがなくコチコチに固まったようになっていたら、動かします。
動きが出るように調整します。
もちろん歪みがあればそれも調整しますけど、動きの調整の方を重要だと考えています。

骨格調整で何をやろうとしているのか。
骨格調整だから歪みを調整するんだ、というだけの考えだと、臨床で困ることが出てくるかも知れません。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230


骨格調整2007022

どうして体は歪むのか。

読了までの目安時間:約 4分

体が歪んでいると言われることありますね。
でもどうして体が歪むのかの話はあまりありません。

ではどうして体は歪むのか。

幾つか考えられることがありますが、その前に前提を確認しておかなければいけません。
体は骨・筋肉など・内臓・血管・神経などで出来ています。
筋肉などの「など」は筋膜や腱や靭帯などのことを含んでいると思って下さい。
体は大体は骨と筋肉で形作られています。
筋肉は骨と骨をつなげています。
骨で出来た骨格に粘土をくっつけていくように、お肉が張り付いているのではなくて、骨と骨を繋いでいる筋肉が沢山あるので、外から見たら人の形に見えているということです。
ある筋肉が縮むと、骨と骨を繋いでいるので、骨と骨が近づきます。
肘や膝が曲がったり、右を見たり下を見たり出来るのもこの働きです。

例えば右を見た時、体は正面を向いているのに頭だけ右を向くことがあります。
でもこれは体が歪んだとは言いません。
頭が右を向いたままで動かなくなっていると、体が歪んだと言われます。
また、上半身を右に捻ったとき、背骨は少しずつ捻れてむきが変わります。
これも元に戻る状態だと、歪んだとは言いません。
背骨の一部だけが、捻れたような位置で止まってしまっていると、歪んだと言われます。
ということは、骨が動いて止まってしまって、元に戻らない状態を「体が歪んだ」というということですね。

ではどうして、元に戻らなくなるのか。

筋肉が硬くなってしまっているというのは一つあります。
また、関節の周りの靭帯などが硬く動きずらくなっていることもあります。

ではどうして硬くなったり動きずらくなるんでしょう。
これも色々考えられます。
一つは長時間長期間同じ姿勢をとっていることで、血流が悪くなって靭帯や筋肉が硬くなってしまう場合。
本来はあまり動かない関節が、転んだり事故にあったりした外的衝撃で動いてしまい、動いた位置で止まってしまった場合。
あるいはひょっとして、内臓の調子が悪く、血流が悪かったり、内臓自体が硬くなることで、その後ろにある背骨の動きが制限されたり悪くなったりすることで、歪みが生まれてしまう場合。
そんなことが考えられますね。

整体スクールを卒業して実際に患者さんを診ると、整体の施述で歪みをとったり硬さのバランスを整えたりします。
でもそれだけで原因となっていることを見つけられないと、また元に戻ることがあります。
長時間長期間同じ姿勢でいることが原因だった場合、長時間長期間同じ姿勢をとる日常が変わらなければ、整体で歪みが取れたとしても、また時間をかけて歪んでいくことになります。
原因を見つけて患者さんと共有し、どうやったらそれが防げるかを考えるのも整体師の仕事だと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230


症例別授業 〜 O脚ビフォーアフター

読了までの目安時間:約 4分

月曜日、てあて整体スクールは症例別の授業でした。
症例別というのは腰痛や肩こり、膝痛やその他の痛みや症状について、どんな風に原因を考えるのかを学ぶ授業です。
腰痛や肩こりの時に、この時はこうすると決まった手順を教える授業ではありません。
患者さんが目の前に来た時に、どんな風に考えれば良いのかを学びます。
2年も3年も通う学校ではないので、限られた時間の中で自分で考えるためのベースを身につけてもらいたいと思っています。
とは言え症状の原因には傾向もあります。
傾向を知っておくことも大切なので、そんな話もします。
話が割と足早になってしまうので、聞き流してしまうと穴が空いたようになってしまうかもしれません。
そんな時は何度も聞き直して貰えば、何度も説明し直すようにしています。
出来れば一回で考え方を自分に染み込ませて欲しいんです。
2度は説明したくない。
でも、分からないままに卒業してもらうのはもっと困るので、説明は何度でもします。
ナンカ嫌味な書き方ですみません。
でも、一度で覚えてやろうと思うくらいで丁度良いと思っています。
覚えてもらうために、考え方や見方の話をします。


O脚の話をしました。
O脚にはいくつかのパターンがあります。
パターンに分類出来ない人もごくたまにいますが、パターンの考え方も知っていれば対応も出来なくはないと思っています。


O脚前から

O脚後ろから

授業に来ていた生徒さんです。
どちらの写真も左ビフォーで右アフターです。
見れば分かるくらいには変化しています。
この時は施述はしていません。
立ち方を変えてもらいました。
O脚の一つのパターンは、内股になっているパターンです。
内股になるにも色々な原因があるので、原因は問診などで聞く必要があります。
ただ結果として内股になっているO脚の人は、膝を後ろに押して伸ばしている、膝関節が捻れて膝(膝蓋骨)が内側に位置している。
ということがあります。
膝を伸ばしすぎって感じです。
なので、膝を伸ばす時に、膝を後ろに押し付けるのをやめてもらいます。
曲げた膝を少しずつ伸ばして行きますが、外見上は伸びた後も膝を後ろに押そうとするので、それをやめてもらいます。
その上でお尻を締めてもらうように立ちます。
股関節の外旋(外まわし)をすると、お尻がしまったような感じになります。
(後ろからの写真左で分かります。)
そうやって立ち方を変えただけで、膝が近寄ります。
膝を近づけようと内側に締めたりはしていません。
ウソみたいかもしれませんが、本当です。
ちょっと上手く行きすぎているのは、たまたまそう言う使い方をこの生徒さんがしていたということです。(膝を後ろに押し付けて内股)
この後、歩き方の指導もやっています。
歩き方で立ち方が代わりO脚になってしまうこともあります。


もう幾つかのパターンもあります。
そして実際に膝の調整をする時は、当然骨格調整をします。
てあて整体スクールはO脚矯正や調整を専門にやっている訳ではありませんが、考え方は知っておいてもらいたいと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
03-3922-7230

※生徒募集しています。
 興味のある方は連絡下さい。

MET(マッスルエナジーテクニック)はボキボキしない骨格調整です。

読了までの目安時間:約 3分




骨格調整の授業風景です。
最初の二つの手技は歪み調整ではなく、筋肉を緩める手技で虚血性圧迫を行なっています。
最後に出てくるのが骨盤の開き具合の調整で、マッスルエナジーテクニックを使っています。
開いているなら閉じさせる、閉じているなら開くようにしています。


てあて整体スクールの骨格調整ではマッスルエナジーテクニック(MET)という手技を使って、骨格調整と筋肉調整を行います。
骨格調整は骨格の歪み(関節の位置のズレ)と特定の筋肉の硬さを緩める手技を行います。
歪みや硬さを整えることで、本来のその人の状態に近づいてもらうのが目的です。
METは筋肉の持っている独特の性質を利用して調整する方法です。
テコの原理や使った後に緩むという性質を利用しています。
(強い)力を使って押し込んだり、急速な回転回旋運動をするわけではないので、ボキボキ音がなったりすることはありません。
患者さんに軽く動いてもらい、それに抵抗を加えることで調整します。


ボキボキするのが悪いという訳ではありません。
殆どのものはクリック音と言って、関節が動くことで起こる物理的な現象によって出る音です。
骨が折れている訳でも、何かが折れている訳でもありません。
ただ、同じことを毎日毎日何度も何度も続けると、音は物理現象ですから関節や周りの組織に軽い損傷を起こす可能性はあるかもしれません。
歪んだ骨格を調整する時に、単発で出てしまうくらいなら殆ど問題はありません。
ただ、音を出すことを目的としているような手技はいかがなものかと思います。
音は結果として出ることがあるだけで、それ(音)自体が目的ではありません。
音を追求してしまうと、つい過度な伸展や回旋をしてしまう可能性が抜けないからです。


とは言えボキボキ音がするのが怖いとか心配という患者さんもいらっしゃいます。
そんな方にはMETは安心して受けていただけます。
やっている整体師も強く引っ張ったり回転させたりしないので、安心です。
動きが小さいので安心でもあります。
それでも、ストレッチのしすぎなどには気をつけています。
てあて整体スクールではボキボキしないMETとあわせ、軽い力で刺激を入れていく指針整体を指導しています。
安心して使える整体を学んで整体師になって下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27-18-A
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

骨格調整の手順は覚えなくても大丈夫。

読了までの目安時間:約 3分

覚えると忘れてしまう。
これ荒木の経験です。
なので、覚えないようにする。
でもそれだと再現出来なくなるので、メモや自分のテキストを作っておく。
それを見ればすぐに再現できるようにしておく。
そうすれば覚えてなくても再現が出来ます。





骨格調整を勉強し始めると、最初はとても難しいことをやっているように思います。
やったことのない体の使い方をするし、初めての手順だし、患者さんの体勢を変えなきゃいけないし、自分の立ち位置や添える手も覚えなきゃいけない。
その上、マッスルエナジーテクニックは直接患部を押したりせずに遠くから調整するしで、なかなか覚えられません。
複雑で一つ抜けてしまうと全然出来なくなる。
そんな風に思ってしまいます。


覚えなくて良いんです。
あえて覚えない。


その替わりにメモや自分なりのテキストを作ってもらいます。
荒木のオリジナルテキストに書き込みをしても良いし、テキストと授業中のメモを合わせて自分オリジナルのノートを作っても良い。
どんなものでも良いので、自分でまとめたものを作ってもらいます。
それを見たら習ったことが再現出来るようなメモやテキストやノートです。
そして、家ではそれを見て自分が調整している手順や方法をイメージする練習をしてもらいます。
覚える必要はありません。
覚えると忘れるから。
それよりもそうやって何度も自分が作ったメモなどを見て練習をすることが大切です。
何度も何度も練習をしていれば、知らず知らずのうちにやることやっていることが体と頭に入ってきます。
覚えようと思わなくても出来るようになる。
そうなってくると、自分が何をやっているのかも分かるようになってきます。
当然、授業中にもそのメモやテキストやノートを見て構いません。
いやどんどん見てもらいたいくらいです。
見れば出来るようになっていることが大切です。
ただし、見ながらはダメです。
片手にメモを持って患者さんの体を扱うなんてダメですし、見えるところに貼ったり置いたりして見ながらやるのもダメです。
見てイメージして、そして患者さんに向かう。
これが出来るようになってもらいたいと思います。


覚えなくても良いです。
その替わり自分のノートを作ってもらいます。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230

骨格調整の授業

読了までの目安時間:約 1分




てあて整体スクールではボキボキしない骨格調整・筋肉調整を教えています。
マッスルエナジーテクニックという方法は、筋肉の持っている独特の性質とテコの原理を利用した方法で、強い力を使いません。
授業風景では股関節周りの腸腰筋や梨状筋へのアプローチ、骨盤の調整の一部など行っています。
授業を体験したい方は連絡を下さい。
患者さんに安心して受けてもらえて、効果の高い手技を学ぶなら。
てあて整体スクールです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16-408
teate@nifty.com
03-3922-7230

骨格調整の授業 【動画】あり

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクールで学ぶことが出来るのは、指針整体と骨格調整・筋肉調整の手技です。
骨格調整・筋肉調整はマッスルエナジーテクニックという手技で、ボキボキしたり強く押したりしない方法です。
今月(2021/04)の東京校では日曜に授業を行っていますが、5月には土曜に4回連続で授業があります。
また、名古屋教室でも5月18日から連続で授業を行います。
どんな手技を行っているのか。
先日の授業風景を動画に撮りました。


この日の授業は骨盤調整。
骨盤の歪みに対しては3方向からの調整を行います。
歪みを3方向に分けて捉えることで、ひとつずつは単純な調整法になっています。
ひとつひとつ触診をして調整します。
ボキボキしないというのはこんな感じというのが分かると思います。
ご覧になって下さい。


骨格調整専科 4月5月募集中

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールで行っている骨格調整の授業だけを履修するコースの参加者を募集しています。


脊椎、骨盤、膝関節
腸腰筋、梨状筋、大腿四頭筋など
全身の主な骨格と筋肉の調整法を学びます。
マッスルエナジーテクニック(MET)を使った調整法は、強い力を使わずボキボキというクリック音のしない調整法です。
患者さんにも術者にも安心して使うことが出来ます。
4月5月とも4回コースで、終了後はスクールの骨格調整授業に1回1000円でリピ-ト受講することが出来ます。
繰り返し練習したい人も、後になってから思いだしたい人にも最適です。
参加希望の方は連絡を下さい。


てあて整体スクール 骨格調整専科
日時 : 4月4,11,18,25日 各日曜16:00~19:00 4回コース
     5月8,15,22,29日 各土曜10:00~13:00 4回コース
場所 : てあて整体スクール 東京校
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
参加費: 72、600円
申込 : teate@nifty.com
動画 :

整体(骨盤調整)で痩せるのか?

読了までの目安時間:約 3分

整体で痩せますか?と聞かれることがあります。
たぶん無理なんでしょぅ?というような顔で聞かれます。

そうですねぇ。
整体ではねぇ。
なんて答えた後に少し説明をします。

全否定はしませんが、整体で痩せるのはなかなか難しいと思います。

整体で痩せると初めて聞いたのは、たぶん15年位前だったんじゃないかと思います。
えっ!?と思って少し調べました。
どんな根拠でそんなこと言っているのか。
調べていくと、整体や骨盤調整をして体の歪みが取れ整うと、内臓の働きが改善され消化吸収が良くなって痩せる、というのがありました。
同じように整体や骨格調整をすることで血流が良くなり、むくみが取れるので痩せるというのもあったと思います。
消化吸収が良くなって痩せるというのは、余程、標準体重よりもオーバーしている場合に可能性がゼロではないと思います。
ただ、目に見えて痩せるかというと、それは難しいかなと思います。
血流が改善して水分が出てしまって痩せるというのは、見た目的には可能性があります。
ただ、その場ではウェストや脚が少し細くなることはありますが、同じような食生活や生活習慣だとまたすぐに浮腫みます。
それに体重は一時的に減るかもしれませんが、水分が抜けているだけですから、痩せるというのとは少し違うかもしれません。
いずれにしても、整体や骨盤調整で痩せる、というのは少し無理があるのかなと思います。

ですよねぇ。(笑)

質問した方はだいたいそんな感じですね。
まあ、整体だけで痩せるなんて虫の良い話はないよなと思っているようです。
整体は腰痛や肩こりや膝痛など、筋骨格系の痛みや症状に対して骨格調整をしたり筋肉を整えたりしすのが得意です。
でも実はそれだけが整体でやろうとしていることではありません。

体の調子を良くする。
元気になる。
その人本来の体を手に入れてもらう。

みたいなことも目指しています。
ストレッチや姿勢や歩き方や日常的に気を付けることをアドバイスするのは、そう言うことも考えてのことです。

1 2 3 10
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019