整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

どうして骨格調整をするのか。 骨格調整の意味。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールの骨格調整の授業で、最初にする話です。

骨格調整は何を目的としているのか。
骨格調整の意味は何か。
どうして骨格調整をするのか。

と言う話です。
骨格調整の授業で骨格調整の意味と言われても、困りますよね。
骨格調整の授業なんだから、目的は骨格を調整することだと思うのが普通です。
例えば歪んでいる骨を元に戻すこと。
動きにくくなっている筋肉を柔らかくすること。
もちろん骨格調整の授業ですから、骨を元に戻すようにします。
でも、てあて整体スクールでは、戻すことや歪みを取ることが目的だとは捉えていません。

動かなくなった関節の動きを出すこと。

これが骨格調整の目的です。
歪んで動かなくなった骨(関節)を動かして、元の位置に戻すようにします。
でも、元の位置に戻らなくても、その骨(関節)が動けばOKです。
関節は動くものです。
動かなくなると不具合が起きてくる。

極端な例を考えてみましょう。
膝が動かなくなると困りますね。
股関節が動かなくても困る。
肩関節が動かなくなっても困ります。
これらは沢山大きく動く関節なので、動かなくなったら困るのが分かります。

背骨も同じです。
背骨が普段とちょっとだけ、ほんの少しだけズレて動かなくなっていても、やっぱり困るんです。
その動かない部分があることで、他の部分がより大きく動くことになります。
負担が大きくなる。
筋肉も引っ張られるかもしれないし、縮んでいるかもしれない。
また、動かない関節の周りの血流が悪くなっているかもしれない。
だから動かします。
もちろん、関節の位置やズレが元に戻るに越したことはない。
でも、それよりも問題の関節を動かすことの方が大切です。

筋肉は分かりやすいですね。
硬くなっている筋肉を柔らかくすることで動きが出ます。

では、歪みはないけど動きが悪い、動いていない関節はどうするか。
もちろん動かします。
関節の動きが改善するように、動くように調整します。
背骨が真っ直ぐでも、動きがないと色々と困りますから。

触診1

最近の授業 〜 骨格調整・ストレッチ・指針整体 〜

読了までの目安時間:約 3分

今月の授業は骨格調整やストレッチ、指針整体などをやっています。
骨格調整の授業の一環として、全身の関節全部動かしてみた時のことを先日書きました。
全身の関節全部動かすのはカリキュラムにはありません。
ただ、新入生が何人か集まったので、人の体に触れるのに慣れるためと、関節の位置を実際に動かして確認するためにやりました。
指針整体の授業の時は、指針整体の前に必ず全員分の触診をやります。
触診の練習。
触診はやっぱり沢山やることが上達につながりますから。


触診1

昨日の授業では骨盤の三方向からの調整をやりました。
骨盤は調整を三方向に分けると、一つ一つの調整は単純になります。
三次元空間ですから垂直に交わる三方向の軸に対して調整すれば、空間的な位置関係は整います。
なんてことは別に分からずとも、三方向に分けた調整法が出来るようになれば、骨盤は生理的な位置関係に戻ります。
そしてその前にベッドを使った触診も行いました。
床でする触診と少し体の使い方が違いますから。


触診

ところで骨格調整は位置を整えるように関節を動かしますが、位置が元通りに戻ることが目的ではありません。
ズレたまま固定されている関節を、元の位置に戻るような方向に動かすことが目的です。
関節は動くものですから。
動く状態にする事を目的としています。


ストレッチ

ストレッチの授業もあります。
患者さんにストレッチ方法を教える授業です。
腰痛や肩こりなどセルフケアの一つとして、それぞれの人に必要なストレッチ方法を教えられるよう、準備段階の話や方法について話をします。
ストレッチは実際にやってみて、どんな感じなのかも理解してもらいます。
床にうなだれているみたいに見えますが、肩周りのストレッチをしています。
腰痛の時には先ず最初にアキレス腱(フクラハギの筋肉)のストレッチを、ストレッチボードでやってもらいます。
その時のビフォーアフターがこんな感じ。(上:ビフォー、下:アフター)


ストレッチ

ストレッチボードに2分のるだけで、こんなに柔軟性が変わります。
患者さんに説明する時には、こんな風に写真を取って確認をします。
視覚情報はかなりインパクトが強いですからね。
そして指針整体。


指針整体

指針整体はてあて整体スクール独特の手技です。
力を使わない。
押さない揉まない体重をかけないユニークな整体です。


授業見学や整体の体験を受け付けています。
連絡お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230

今月の名古屋教室授業が終わりました。

読了までの目安時間:約 3分

名古屋教室

今月の名古屋教室は21日の木曜日で終わりました。
現在、てあて整体スクール名古屋教室に通っている生徒さんは二人です。
仕事を持っている方々なので、都合が合わず授業に出られない時があります。
今月は金曜日に授業に来られる人がいなかったので、授業は木曜で終了しました。


写真は水曜日の授業の風景です。
この日は一人だけの参加だったので、指針整体の手技を教えるのに骨格模型を使いました。
荒木が生徒さんの体に指針整体をしている時の動画を撮り、終わったところで骨格模型を相手に体の使い方を解説します。
何故か骨格模型が寝ているのがツボにハマったみたいで、面白いと写真を撮っていました。
ま確かに面白いですね。
骨格模型は大体立ってますから。


授業に参加されるのは生徒さんだけではありません。
木曜の授業は卒業生が3人やって来ました。
整体師として既に20年のキャリアのある先生。
今まさに出張や自宅で整体を始めたばかりの先生。
そしてピラティスのインストラクターをしている先生です。
考えてみると先生ばっかりでした。
開業したばかりの先生が20年選手の先生にいろいろ聞いていたり、逆にアドバイスしていたりと、なかなかに賑やかな日になりました。


来月は5月24日から27日までの4日間。
骨格調整の授業があります。
4日間集中の授業なので、骨格調整専科としてスクール生以外でも受講することが出来ます。
脊椎や骨盤、膝関節などに加え、腸腰筋や梨状筋など筋肉の調整も行います。
他の療法やセラピーで開業している先生や、揉みほぐし系で働いていてこれから開業を目指している先生。
整体がどんなものか先ずは調整法から学んでみようと考えている人など。
さまざまな方々が受講されました。
ご希望の方は連絡をお待ちしています。
東京では5月1日から毎週日曜(1・8・15・29日)に授業があります。
名古屋とは別のコースですが、こちらも骨格調整専科として受講出来ます。
問い合わせはメールでお願いします。( teate@nifty.com )


明日からまた東京で授業です。

骨格調整専科@東京コース @名古屋集中コース 5月

読了までの目安時間:約 2分

5月に骨格調整専科を東京と名古屋で行います。


東京は5月1日から毎週日曜の4回コース。
名古屋は5月24日から27日までの4日連続集中コースです。
どちらも4時間×4日で16時間のコースです。
てあて整体スクールの骨格調整授業に参加して頂く形で行われます。
終了時には終了証と記念品をお渡しします。
また特典として受講後はスクールの骨格調整授業を、1回=1000円でリピート受講することが出来ます。


手技はボキボキしない骨格調整・筋肉調整のマッスルエナジーテクニックをメインに行い、骨格調整だけでなく筋肉調整も行います。
頸椎、胸椎、腰椎、骨盤(仙腸関節など)、膝関節。
腸腰筋、梨状筋、大腿四頭筋など。
安心して使える手技を身につけて下さい。


骨格調整専科@東京コース
日時:5月1日・8日・15日・29日
   16:00〜20:00
場所:東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
   てあて整体スクール東京校
料金:88、000円
申込:teate@nifty.com


骨格調整専科@名古屋集中コース
日時:5月24日10:00〜14:00
場所:愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
   てあて整体スクール名古屋教室
料金:88、000円
申込:teate@nifty.com





膝の触診2

名古屋授業2

骨盤周りの調整法セミナー(3/27) 開催します。

読了までの目安時間:約 2分

骨盤周りの調整法セミナーを開催します。


整体師やセラピストの基本は骨盤周りの調整です。
ここが出来なければ整体師ともセラピストとも言えません。
腰痛や肩こりなど筋骨格系の症状を診る時にも、姿勢やO脚などを調整するにも。
骨盤周りの調整は必須の技術です。
てあて整体スクールで指導しているマッスルエナジーテクニック(MET)は、骨盤の3方向からの調整だけでなく、腸腰筋や梨状筋の調整もすることが出来ます。
ボキボキしない。
小さな力で出来る調整法を学んで下さい。


・骨盤3方向からの調整
・腸腰筋の調整
・梨状筋の調整


骨盤周りの調整法セミナー
日時 : 3月27日(日)10:00〜15:00
場所 : てあて整体スクール 東京校
     東京都練馬区東大泉 5−27−178ーA
料金 : 33,000円
定員 : 4名
申込 : teate@nifty.com
     メールにお名前と参加希望と記入して下さい。
内容 : マッスルエナジーテクニック(MET)による骨盤3方向・腸腰筋・梨状筋の調整
     虚血性圧迫(腸腰筋、梨状筋)


名古屋授業2
骨格調整・てあて整体スクール

骨盤調整は三方向から

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールの骨盤調整は三方向から行います。
骨盤のズレを三方向に分けて触診して調整します。


前から見た時の右と左の骨盤(腸骨稜)の高さ。
上から見た時の右と左の骨盤(寛骨)の開き具合。
横から見た時の骨盤(寛骨)の前後の傾き。


この書き方だと分かりにくいかもしれませんが、3つの方向から見た歪みを別々に調整すると言うことです。
この調整方の良い点は、骨盤という立体的なモノの歪みを3つに分けているので、一つ一つの歪みは分かりやすいと言うこと。
そして3つに分けているので、一つ一つの調整は単純で難しくなく、調整されたかどうかも分かり易いと言うこと。
良くない点は三方向に調整しなければいけないので、一回で出来る方法があるのであれば、それよりは面倒かもしれません。
また、覚えることも3つなので、最初は戸惑いがあるかもしれません。
三方向のうちどれか整っている方向があれば、その方向については調整する必要はありませんけど、3つ知って出来なければ実際には使えませんからね。


荒木が最初に習った骨盤調整は、骨盤の捩れを一つの手技で治していました。
これも効果的で有効です。
でも、熟練に時間がかかる手技だと思いました。
立体的な歪みを一つの手技で行っていましたから。
そこで整体スクールではマッスルエナジーテクニックで出来る三方向からの調整法を教えるようにしました。
三方向を知っていれば色々なことに応用も出来る可能性もあります。
関節をどんな風に動かしているのかが理解出来て体に入ってくれば、違った姿勢(腹臥・側臥・仰臥)でも調整することが出来ます。


動画は骨盤周りの調整法の授業風景です。
梨状筋(臀部)と腸腰筋(腹部)の調整の後に、骨盤の歪みを調整しています。


骨盤調整出来なければ整体師ではない。

読了までの目安時間:約 1分

整体師なら骨盤調整はみんな出来ます。
逆に言えば骨盤調整出来なければ整体師とは言えません。
もちろん方法は様々です。
触れただけで調整する先生もいるし、ボキボキ調整する先生もいます。
てあて整体スクールではマッスルエナジー・テクニックを使って三方向から調整します。


調整しているように見えなくても調整している先生もいます。
たまに、触れているだけで治すという先生もいます。
いろんな方法がありますけど、どんな整体師も骨盤調整は出来ます。


骨盤は体の中心です。
骨盤あたりで上半身と下半身が別れます。
大腿骨は骨盤から出ているし、背骨(脊椎)も骨盤から出ています。
だから脚の問題も影響するし、上半身や腕の問題も影響します。
骨盤が整えば、脚や上半身や腕に影響もでます。
だから、骨盤の調整は必須です。


骨盤の調整が出来ない整体師は整体師ではありません。

骨格調整でやろうとしている事。

読了までの目安時間:約 3分

骨格調整と言えば体の歪みを調整する事です。
確かにその部分が大きいと思います。
でもそれだけではない。

骨格調整で考えているのは、歪んだ位置で固定されてしまっている関節を動かす、という事です。

一般的だと思いますが、骨格調整をする時の目的は、サブラクセーションとフィクセーションの調整です。
サブラクセーションは亜脱臼と整体学校では学びました。
歪みのことです。
歪みとは関節(骨と骨)が本来の位置関係にない状態です。
背骨のうちの何本かが捻れているとか、骨盤にある関節がズレたようになっているとか、そういうことです。
(骨盤の関節のズレについては諸説あり)
フィクセーションは動かない、可動域が極端に少なくなってしまった状態のことです。
本来は動くはずの関節が動かない状態になっている。
背骨(脊椎)は24個の骨で出来ていますが、それらが一つ一つ別々に動くのが生理的な状態ですが、どれか一つだけだったり幾つかの骨が動きが制限されている状態です。

フィクセーションが問題だと考えて調整しています。

関節は元々動くものです。
その動くはずの関節が動かないということは、本来は動くはずの周りの筋肉や筋膜や腱、血管や神経などの組織もうごきずらくなっている状態です。
人は生きている間は常に動いています。
動きがあるのが生きている状態です。
それが動きがなくなれば問題が出てくる。
例えば普段動いている関節が動かなければ、物理的に伸び縮みしている筋肉も伸び縮みせず、血流も悪くなります。
血流が悪くなれば、組織を作っている細胞に酸素や栄養素が届かなくなるだけでなく、代謝産物や老廃物も排出しずらくなります。
良くないことばかり。
だから、動きの悪い関節を動かそうとします。
例えば背骨の触診をして、まっすぐ並んでいたとしても、動きがなくコチコチに固まったようになっていたら、動かします。
動きが出るように調整します。
もちろん歪みがあればそれも調整しますけど、動きの調整の方を重要だと考えています。

骨格調整で何をやろうとしているのか。
骨格調整だから歪みを調整するんだ、というだけの考えだと、臨床で困ることが出てくるかも知れません。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230


骨格調整2007022

骨格調整の手順は覚えなくても大丈夫。

読了までの目安時間:約 3分

覚えると忘れてしまう。
これ荒木の経験です。
なので、覚えないようにする。
でもそれだと再現出来なくなるので、メモや自分のテキストを作っておく。
それを見ればすぐに再現できるようにしておく。
そうすれば覚えてなくても再現が出来ます。





骨格調整を勉強し始めると、最初はとても難しいことをやっているように思います。
やったことのない体の使い方をするし、初めての手順だし、患者さんの体勢を変えなきゃいけないし、自分の立ち位置や添える手も覚えなきゃいけない。
その上、マッスルエナジーテクニックは直接患部を押したりせずに遠くから調整するしで、なかなか覚えられません。
複雑で一つ抜けてしまうと全然出来なくなる。
そんな風に思ってしまいます。


覚えなくて良いんです。
あえて覚えない。


その替わりにメモや自分なりのテキストを作ってもらいます。
荒木のオリジナルテキストに書き込みをしても良いし、テキストと授業中のメモを合わせて自分オリジナルのノートを作っても良い。
どんなものでも良いので、自分でまとめたものを作ってもらいます。
それを見たら習ったことが再現出来るようなメモやテキストやノートです。
そして、家ではそれを見て自分が調整している手順や方法をイメージする練習をしてもらいます。
覚える必要はありません。
覚えると忘れるから。
それよりもそうやって何度も自分が作ったメモなどを見て練習をすることが大切です。
何度も何度も練習をしていれば、知らず知らずのうちにやることやっていることが体と頭に入ってきます。
覚えようと思わなくても出来るようになる。
そうなってくると、自分が何をやっているのかも分かるようになってきます。
当然、授業中にもそのメモやテキストやノートを見て構いません。
いやどんどん見てもらいたいくらいです。
見れば出来るようになっていることが大切です。
ただし、見ながらはダメです。
片手にメモを持って患者さんの体を扱うなんてダメですし、見えるところに貼ったり置いたりして見ながらやるのもダメです。
見てイメージして、そして患者さんに向かう。
これが出来るようになってもらいたいと思います。


覚えなくても良いです。
その替わり自分のノートを作ってもらいます。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
愛知県名古屋市千種区今池 2−1−16−408
teate@nifty.com
03-3922-7230

整体(骨盤調整)で痩せるのか?

読了までの目安時間:約 3分

整体で痩せますか?と聞かれることがあります。
たぶん無理なんでしょぅ?というような顔で聞かれます。

そうですねぇ。
整体ではねぇ。
なんて答えた後に少し説明をします。

全否定はしませんが、整体で痩せるのはなかなか難しいと思います。

整体で痩せると初めて聞いたのは、たぶん15年位前だったんじゃないかと思います。
えっ!?と思って少し調べました。
どんな根拠でそんなこと言っているのか。
調べていくと、整体や骨盤調整をして体の歪みが取れ整うと、内臓の働きが改善され消化吸収が良くなって痩せる、というのがありました。
同じように整体や骨格調整をすることで血流が良くなり、むくみが取れるので痩せるというのもあったと思います。
消化吸収が良くなって痩せるというのは、余程、標準体重よりもオーバーしている場合に可能性がゼロではないと思います。
ただ、目に見えて痩せるかというと、それは難しいかなと思います。
血流が改善して水分が出てしまって痩せるというのは、見た目的には可能性があります。
ただ、その場ではウェストや脚が少し細くなることはありますが、同じような食生活や生活習慣だとまたすぐに浮腫みます。
それに体重は一時的に減るかもしれませんが、水分が抜けているだけですから、痩せるというのとは少し違うかもしれません。
いずれにしても、整体や骨盤調整で痩せる、というのは少し無理があるのかなと思います。

ですよねぇ。(笑)

質問した方はだいたいそんな感じですね。
まあ、整体だけで痩せるなんて虫の良い話はないよなと思っているようです。
整体は腰痛や肩こりや膝痛など、筋骨格系の痛みや症状に対して骨格調整をしたり筋肉を整えたりしすのが得意です。
でも実はそれだけが整体でやろうとしていることではありません。

体の調子を良くする。
元気になる。
その人本来の体を手に入れてもらう。

みたいなことも目指しています。
ストレッチや姿勢や歩き方や日常的に気を付けることをアドバイスするのは、そう言うことも考えてのことです。

1 2 3 9
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019