東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » アーカイブ

履きやすくて脱ぎやすい靴

読了までの目安時間:約 2分

少し前にも書きましたが、最近、発売された靴(スニーカー)の話です。

しゃがまなくても足を滑り入れるだけで履ける靴。
と宣伝されていました。
滑り入れるを英語にしたような商品名です。
その靴が今度は別の宣伝文句を言うようになりました。

脱ぎやすい靴。

しゃがまなくても脱げる靴です。
手を使わなくても、しゃがまなくても履けるし脱げる靴。
楽ですね。
楽なのは認めます。
でもねぇと思います。

スネ(の前)の筋肉が張ってきます。
浮指になるかもしれません。
前ももが太くなるかもしれません。
O脚や外反母趾が心配です。

履きやすくて脱ぎやすい靴は、脱げやすい靴です。
脱げやすい靴は脱げないように足や脚を使います。
歩いている時に脱げないように、足指を広げたり、足首を伸ばさないように使ったり。
そこから関連して、前ももを前に持ち上げるように歩いたり。
そんな風な”傾向”があります。

だから心配。

心配な人は靴紐を自分で結ぶような靴を履いて下さい。
とくに外反母趾の人はです。
荒木は心配です。

膝を伸ばし過ぎると、O脚が酷くなる話

読了までの目安時間:約 2分

O脚で悩んでいる人は多いと思います。

O脚だと膝が曲がっているので、膝を伸ばして使う人も多いと思います。
曲がっているから伸ばす。
でもこれ逆効果です。
O脚の人が膝を伸ばし続けて伸ばし過ぎると、逆にO脚が酷くなります。

O脚の人の多くは内股になっています。
O脚なんだから外股ではないのかと思われるかもしれませんが、内股の人が多い。
インターネットに沢山あるO脚のビフォーアフターの、ビフォーの写真を見てみて下さい。
ほとんどの人は膝が内側に向いています。
でもつま先は前を向いている。
つまりこれ内股になっていると言うことなんです。

ところが、膝を伸ばし過ぎると、股関節は内旋、つまり内股になって来ます。
そうするとO脚が酷くなる。
だからO脚の人は膝を伸ばしすぎないように気をつけて下さい。

動画ではその時の膝や脚の動きの解説と、O脚のための運動(膝の捻れとり)をやっています。
少し長いので早送りでどうぞ。


【もっと楽に踊るためのカラダの地図】セミナーやりました。

読了までの目安時間:約 2分

もっと楽に踊るためのカラダの地図

「もっと楽に踊るためのカラダの地図」セミナーをやりました。
ボディマッピングと言われる簡単な解剖学を確認しながら自分の体の仕組みを知って今より動きやすい体になる講座、だったんですが、それだけでは収まらず、ダンスの体の使い方そのものの講座になりました。

ドゥバンに脚をバットマンするのが上手くいかない高く上がらない。
バレエを長くやっていた時には大丈夫だったターンアウトがジャズダンスを始めたら出来なくなった。
首が前に出てしまう。
体全体の左右差が気になる。
O脚が気になる。
スプリッツが開かない。

などなど。
カラダの地図ともからめ、アレクサンダーテクニークの考え方や感じ方、ダンス経験の長い整体師としての荒木として話をしました。
いや、話だけじゃなくて体に触れ動かして確認して行きました。
全員が週5回以上レッスンをしている猛者なので、同じダンス仲間としては話をしていても楽しく出来ました。
また企画したいと思います。
カラダの地図・ボディマッピングだけでなく、アレクサンダー教師や整体師としての経験も踏まえた内容に、最初からしようかなと思ったりしています。
お疲れ様でした!


もっと楽に踊るためのカラダの地図

帰り際、骨格模型が気に入ったようで・・・
もっと楽に踊るためのカラダの地図

てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT
カテゴリー
おもてなし規格認証2019